コスメ
  • 2018.8.9 コスメ

    アイブロウのおすすめ人気ランキング10選

    人に印象を与えるときには目で決まると言われますが、眉毛もその中の一部であり、眉毛1つでも印象を変えることはできます。外出する時にメイクをするのが面倒くさくてサングラスを掛けたりマスクをつける人もいますが、どちらも眉毛だけは隠せません。なので眉毛は必須なメイク場所になるのです。そこで今回は初心者でも使いやすいおすすめのアイブロウをご紹介させていただきます。

アイブロウを選ぶおすすめのポイント

アイブロウのタイプが豊富

アイブロウのタイプが豊富

眉毛を作るアイブロウには「ペンシルタイプ」「パウダータイプ」「リキッドタイプ」「マスカラタイプ」があるので自分に使いやすいものを選びましょう。
【ペンシルタイプ】
ペンシルの名前の通り、鉛筆のような細い形をしてます。比較的硬めになっているのでしっかり描きたいときや1本1本描きたいときには使いやすいタイプ。ふんわり感がだせるパウダーがついていたり、眉毛を整えたり描きすぎてしまったところをぼかしたりできるブラシがついているものもあります。鉛筆と同じようなものなので使っていると短くなるため、鉛筆削りのようなシャープナーなどで削って使う必要があります。シャープナーは基本、鉛筆型を扱っている化粧品メーカーであれば別売りで販売されているので一緒に揃えておくと良いでしょう。

【パウダータイプ】
基本的に明るい色から濃い色の2~5色のセットになっており、パウダーなので眉にのせるとふんわりとしたやわらかい印象の眉毛を作れます。自分の髪色に合わせた色味がなくてもセットされている何色かを混ぜることで自由に調整できるので印象を変えたい時などにも便利。グラデーションのように使用することで立体的な眉を演出できますし、明るい色などはハイライトに使ったりノーズシャドウとしても使えるものが多いので、1つ持っていれば様々な使い方ができとても優秀です。今流行りの太眉を作るにはこちらが一番おすすめです。

【リキッドタイプ】
リキッドタイプはペンシルタイプと似ていて、1本1本描いていくタイプですが、描く先がやわらかい筆になっています。またペンシルタイプよりも長持ちするのでペンシルタイプで落ちやすいという方はこちらを使ってみるのもおすすめです。

【マスカラタイプ】
こちらは元々の眉毛の色を変えてしまうマスカラタイプです。髪色が明るいのに眉毛が黒いままだと違和感から不自然な感じになってしまうので、ペンシルタイプやパウダータイプで描いてから最後にマスカラタイプをつければ髪色と同じ自然な眉色を作れます。また、しっかりと眉毛に絡みついてくれるマスカラタイプは落ちにくいのでメイク直しができない方にもおすすめです。元々の眉が整っていて、色を変えたい方にも人気のタイプです。

色選びのポイント

アイブロウの色選びのポイント

アイブロウの色を選ぶときに適当に決めてしまうと、後々使ってみた時に色が合わない場合ムダになってしまいます。そのためしっかりと自分に合う色を選びましょう。
色を選ぶ基準としては2つあり、1つ目は髪の色で合わせる。髪の色で選ぶといっても髪と同じ色を選んでしまうと暗くなり重たく見えてしまいます。そのため良いと言われているのが髪の色よりワントーン明るい色を選ぶことです。ワントーン明るくすることであか抜けた感じがあり柔らかい印象も与えることができます。また、ブラウン系に髪を染めている方は黄みが強いブラウンや赤みが強いブラウンなどで違ってくるのでそこも間違えないように注意しましょう。
2つ目は瞳の色で合わせることです。昔は日本人の瞳は黒いと言われていましたが今では1人1人瞳の色が黒や茶色など様々です。なので自然でナチュラルな眉を作りたいのであれば瞳の色に合わせて選ぶこともOKです。ただし、瞳で合わせる場合は髪色が暗めの人でないと髪色との差で違和感がでてしまうので気を付けましょう。

付属品の使いやすさ

アイブロウの付属品の使いやすさ

ペンシルタイプやパウダータイプなら付属しているブラシなどの使い勝手で選ぶのもありです。1つ1つの商品でブラシの形状や質感などが違うので、自分の描きやすいものや触り心地などでストレスなく使用できるものを選びましょう。マスカラタイプでも眉毛を1本1本塗っていかないといけないので、細かなところまで塗れるブラシかどうかも気にしながら使いやすいものを見つけましょう。

アイブロウのおすすめ人気ランキング10選

第10位ジルスチュアート ブロウ&ノーズシャドウパウダー

  • ジルスチュアート ブロウ&ノーズシャドウパウダー
  • 商品の特徴

    アイブロウとノーズシャドウの2つの役割をもっており、3色のグラデーションで自然な眉と鼻筋を作りだしてくれます。ブラシも2種類入っており、折りたたみ式なので伸ばせば描きやすい長さになり使い勝手は◎。植物オイルなどの美容成分が配合されているのも嬉しいところです。

  • 成分

    【02 mocha】
    タルク、ポリパーフルオロメチルイソプロピルエーテル、ポリメタクリル酸メチル、合成ワックス、ジメチコン、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、アボカド油、アンズ核油、トコフェロール、ラベンダー油、ローズマリーエキス、BHT、(アクリレーツ/アクリル酸ステアリル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、トリエトキシカプリリルシラン、ミツロウ、ミネラルオイル、メチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、ワセリン、メチルパラベン、香料、グンジョウ、マイカ、酸化チタン、酸化鉄

第9位K-パレット ラスティングアイブロウティント

  • K-パレット ラスティングアイブロウティント
  • 商品の特徴

    今人気のティントをアイブロウにして開発されました。一度塗って剥がせば約1週間持続するのに色素沈着しないので肌にも優しく、朝の忙しい時にメイクの手間が省けて時短にもなります。汗や水にも強いので激しいスポーツをする方でも安心して使えます。

  • 成分

    水、ジヒドロキシアセトン、ポリビニルアルコール、グリセリン、エタノール、BG、1,2-ヘキサンジオール、プロパンジオール、PVP、ピロ亜硫酸Na、ヒアルロン酸Na、センブリエキス、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、ベヘネス-30、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、(+/-)赤227、青1、黄4

第8位ケイト デザイニングアイブロウ3D

  • ケイト デザイニングアイブロウ3D
  • 商品の特徴

    アイブロウだけでなくノーズシャドウやシェーディングとしても人気のデザイニングアイブロウ3D。付属のブラシも好評で、芸能人やヘアメイクさんたちが愛用しているという声も多数聞くほど支持されています。パッケージもシンプルなブラックなのでどんなシーンでも持ち運びやすいです。

  • 成分

    タルク、マイカ、カオリン、フェニルトリメチコン、ジメチコン、ステアロイルグルタミン酸AI、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル、ミリスチン酸亜鉛、エチルパラベン、メチルパラベン、デヒドロ酢酸Na、(+/-)グンジョウ、酸化鉄

第7位ナチュラグラッセ アイブロウペンシル

  • ナチュラグラッセ アイブロウペンシル
  • 商品の特徴

    やわらかいペンシルで目尻の細かい部分もにじみにくく、なめらかに描くことができるので初心者でも扱いやすいアイブロウです。「セージ」が配合されており眉毛にハリやコシを与えてくれますし、眉毛の毛流れを整えられるブラシもついているので自然な眉を演出できます。

  • 成分

    ステアリン酸、モクロウ、水添ヒマシ油、タルク、ミツロウ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、水添ヤシ油、オリーブ果実油、スクワラン、ホホバ種子油、ヒポファエラムノイデス果実油、アルガニアスピノサ核油、セージ葉エキス、水添パーム油、水添パ ーム核油、イソステアリン酸ソルビタン、レシチン、トコフェロール、水、BG、(+/-)酸化チタン、酸化鉄、マイカ、水酸化AI

第6位ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト

  • ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト
  • 商品の特徴

    明るい色から濃い色まで5色がセットになったアイブロウパウダー。色を混ぜることで自分に合わせた色が自由に作れるので髪色を変えた時にも使い続けられます。色が豊富なのでアイブロウとしてだけでなく、アイシャドウやアイライナーとしても使えるほどの万能コスメです。

  • 成分

    タルク、マイカ、合成フルオロフロゴパイト、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル、フェニルトリメチコン、ステアロイルグルタミン酸2Na、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ジステアリン酸、ジメチコン、イソノナン酸イソトリデシル、水酸化Ai、シルク、メチコン、(ジメチコン/メチコン)コポリマー、ミリスチン酸亜鉛、スクワラン、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸、乳酸オクチルドデシル、ヒマワリ種子油、ダイズ油、ミリスチン酸、ニンジン根エキス、エチルパラベン、メチルパラベン、デヒドロ酢酸Na、(+/-)グンジョウ、シリカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化スズ

第5位シュウウエムラ ハードフォーミュラ

  • シュウウエムラ ハードフォーミュラ

    内容量

    記載なし

    価格

    2,700円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    鉛筆のような細さで細かい部分も大丈夫。ちょうどよい硬さなのでやわらかくもしっかりも描けて使いやすいです。カラーバリエーションも豊富で定番色だけでも10色以上あり、限定色は変わった色も販売されているので冒険して楽しんでみるのもOK。

  • 成分

    水添ヒマシ油、ステアリン酸、マイクロクリスタリンワックス、キャンデリラロウ、カルナウバロウ、モクロウ、水添ヤシ油、水添パーム核油、水添パーム油、[+/-]マイカ、酸化鉄、酸化チタン

第4位キャンメイク ミックスアイブロウ

  • キャンメイク ミックスアイブロウ
  • 商品の特徴

    コスパに安定感のあるキャンメイクのアイブロウ。3色入ってこの価格はお財布に優しく本当にありがたいです。安いからといって質が悪いことはなく、粉飛びもせず肌にしっかりフィットしてくれます。ブラシも2タイプついているので眉と鼻筋の陰影もバッチリ描けます。

  • 成分
    タルク、ジメチコン、シリカ、ラウリン酸亜鉛、リンゴ酸ジイソステアリル、メチルパラベン、酸化チタン、酸化鉄、マイカ、水酸化Al

第3位セザンヌ パウダーアイブロウR

  • セザンヌ パウダーアイブロウR
  • 商品の特徴

    眉頭用のスポンジチップと眉尻用の筆チップで使い分けができます。眉尻用の筆チップは先端が極細なので細いところも描きやすくなっています。こちらもワンコインで買えるほどの安さなのでコスパを重視している方や学生でも購入しやすいのでおすすめです。

  • 成分

    タルク、リンゴ酸ジイソステアリル、トリエチルヘキサノイン、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、メチルパラベン、水酸化Al、トコフェロール、ステアリン酸、酸化チタン、酸化鉄、マイカ

第2位ヴィセ カラーリングアイブロウパウダー

  • ヴィセ カラーリングアイブロウパウダー
  • 商品の特徴

    ブラウンの中に1色アクセントカラーが入っているので色味の調整が幅広くできます。またアクセントカラーであか抜けた印象をだせるので個性をだすのもGOOD。3色展開なので黄み系、赤み系などで髪色の系統に合わせて選んでください。

  • 成分

    タルク、ポリパーフルオロメチルイソプロピルエーテル、合成ワックス、ジメチコン、ナイロン-12、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、BHT、(アクリレーツ/アクリル酸ステアリル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、ミツロウ、ミネラルオイル、メチコン、ワセリン、酸化スズ、水、フェノキシエタノール、メチルパラベン、(チタン/酸化チタン)焼結物、グンジョウ、マイカ、酸化チタン、酸化鉄、硫酸Ba、赤202、赤226

第1位エクセル パウダー&ペンシル アイブロウEX

  • エクセル パウダー&ペンシル アイブロウEX
  • 商品の特徴

    3機能1体型でペンシル・パウダー・ブラシが1本にすべてついている優秀なアイブロウ。1本で済みかさばらないので持ち歩きにも便利です。8色展開でシーンに合わせて選ぶのもOK。ペンシルを繰り出すところが透明なので残量も見えて急になくなる心配もありません。

  • 成分

    【ペンシル部】
    ステアリン酸、モクロウ、水添ヒマシ油、酢酸ステアリン酸スクロース、脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル)、トリエチルヘキサノイン、パパイア果実エキス、ゴレンシ葉エキス、トコフェロール、BG、スクロース、セスキオレイン酸ソルビタン、水、マイカ、酸化チタン、酸化鉄
    【パウダー部】
    タルク、トリイソステアリン、ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル、シリカ、ジメチコン、パパイア果実エキス、ゴレンシ葉エキス、トコフェロール、BG、イソステアリン酸ソルビタン、スクロース、ステアリン酸Mg、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、メチコン、水、メチルパラベン、マイカ、酸化チタン、酸化鉄

アイブロウの使い方

眉毛を整えてから

眉毛を整えてからのアイブロウ

寝ぐせなどで眉毛がいろんな方向を向いてしまうことがあるので、アイブロウを使う前には眉毛の毛流れを整えておきましょう。毛流れを整えることでそれに沿って眉が描きやすくなりキレイな眉が作れます。眉毛を整えるにはスクリューブラシがおすすめです。眉を整えるだけでなく、アイブロウをぼかすこともできるのでアイブロウについていない時にはブラシだけ購入しておいても良いでしょう。

3種類使うとパーフェクト

アイブロウは3種類使うとパーフェクト

アイブロウを1つずつ使用するのも良いですが、まとめて使用すすることで完璧な眉毛を作れます。まとめて使用するものは「ペンシルタイプorリキッドタイプ」+「パウダータイプ」+「マスカラタイプ」の3種類です。初めに「ペンシルタイプorリキッドタイプ」で眉毛の流れに沿って1本1本付け足すように描いていきます。その次に「パウダータイプ」を乗せていくことでふんわり感を演出。最後に「マスカラタイプ」で色を均等にすればパーフェクトな眉の出来上がりです。とはいっても使い方は多様にあるのでいろいろ試してみて自分にとってのパーフェクト眉を研究してみてください。

アイブロウの注意点

クレンジングでしっかり落とす

アイブロウはクレンジングでしっかり落とす

アイブロウもアイシャドウや口紅と同じ化粧品なので、1日の終わりにはクレンジングでしっかりと落としましょう。落とさずにそのまま放置してしまうと色素沈着をおこし皮膚が変色してしまったり、毛根にまで影響し抜け落ちてしまう可能性もあります。毛根から抜けてしまうと再度生えてくることが難しくなるので、そうなりたくない方はクレンジングを忘れないようにしましょう。

まとめ

今回はアイブロウをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・アイブロウは使いやすいタイプで選ぶ
・色選びは慎重にする
・アイブロウを使う前に眉毛を整えてから
ということです。

眉毛1つで可愛い印象・かっこいい印象・キレイな印象は簡単に操作できてしまいます。しかし、自分の理想とする眉毛を作りだすにはまず練習が必要になってくるので、そんなときには今回紹介したアイブロウを使用して憧れの眉毛を手に入れましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

PAGE TOP