メンズ スキンケア
  • 2018.10.10 メンズ スキンケア

    メンズ乳液のおすすめ人気ランキング10選

    皆さんはスキンケアをしていますか?洗顔はするけど、特別化粧水は使用していない方や、化粧水も美容液もしっかり使用しているという方など様々かと思います。実は最近ではスキンケアは女性のすることという意識は減ってきて、スキンケアは男性女性関係なく行うことがおすすめされています。そのため、化粧水を使用しているという方も少なくないのではないでしょうか?今回はそんな化粧水を使用している男性に、もう1ステップ進んでいただくためにおすすめの乳液をランキング形式でご紹介していきます。乳液はどんな役割があるのか、どんな乳液を選んだらいいのか分からない男性はぜひ参考にしてみてください。

乳液の役割

乳液の役割ってそもそも何?

今回は乳液のランキングをご紹介していくのですが、まずは乳液にはどんな役割があるのか、どうして使用した方が良いのかについて分からない方も多いかと思いますので、そちらをご紹介します。知っている方ももしかしたら今まで知らなかった新たな発見があるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

・スキンケアをするのは女性だけじゃないの?
男性の中には「スキンケアは女性がするもの」というイメージを持っている方もいるかと思います。もちろんそういったイメージで男性はスキンケアをしていない方が多かったのですが、最近ではスキンケアは男女関係なく必要なものという認識に変わっていて、さらに言うと男性は女性よりもスキンケアをする必要があるのです。そのため、男性でもスキンケアを朝晩かかさずに行っている方も増えてきています。なぜ男性は女性よりもスキンケアをする必要があるのでしょうか?それにはいくつか理由があります。

1つ目は「男性は女性に比べて皮脂量が多く、水分量が少ないため乾燥しやすい」ということです。男性は女性に比べて皮脂量は倍以上あるのに対して、水分量は半分しかありません。すると、表面上は皮脂が多いのでオイリー肌に見えるため保湿など必要ないように見えるかもしれませんが、お肌の内部は乾燥してしまっていてすぐにでも水分補給が必要な状態になっているかもしれないのです。
2つ目は「ヒゲを剃る習慣があるため、毎日の髭剃りによってお肌がダメージを受けている」ことです。仕事をしているとどうしても髭を伸ばしたままにすることはできませんし、さらに見た目の部分でもヒゲが伸びている男性は清潔感がないと思われてしまいがちです。そのため毎日の髭剃りは欠かせない方が多いと思いますが、その毎日の髭剃りを行う代わりのケアをしてあげる必要があるのです。髭を剃る際にお肌も傷つけてしまい、その傷ついたお肌が肌トラブルや乾燥の原因になります。それを防ぐためにしっかりと保湿をしてあげる必要があります。
3つ目は「日焼け止めを塗る習慣がなく、紫外線対策をしていない」ということです。体質として日に焼けるとお肌が赤くなってしまう方もいるかと思います。そういった方は紫外線対策をしているかと思うのですが、一般的に男性で日焼け止めをしっかりと塗ってから仕事に行くという方は少ないはずです。ですが、紫外線はお肌の敵と言われるほどお肌に悪く、ダメージを与えてしまいます。それを防ぐために紫外線対策をする必要があるのですが、それをせずにそのままの方は今すぐにスキンケアを始めていきましょう。見た目ではあまり分からないのですが、積み重ねで数年後には顔中シミだらけになってしまう可能性もあります。
今ご紹介した3つが男性によくあるお肌へのダメージの原因になります。これを少しでも防ぐためにはスキンケアをしっかりと行う必要があるということです。

・乳液の効果は?
それでは乳液にどんな効果があるかについて確認していきましょう。乳液には大きく分けて3つの役割があります。ここでは1つずつ乳液の役割について確認をしていきましょう。
1.乾燥からお肌を守ってくれる
まず最初に乳液には保湿効果のある成分がたくさん含まれています。そのためお肌を乾燥から守ってくれる役割があります。男性の場合だと夏場はオイリー肌でも冬は乾燥してしまう方なども多いかと思います。そういった方は冬場だけでも化粧水を使用するかもしれませんが、化粧水のみを使用しているとあまり意味がないんです。なぜなら、化粧水にはアルコールを微量含まれているものや、成分がほぼ水分でできているものが多いため蒸発しやすいのです。せっかく化粧水を使用してもすぐに蒸発してしまっては意味がありませんし、蒸発して水分が失われるということは肌は乾燥したと勘違いし、更に皮脂を出してしまい皮脂の過剰分泌に繋がってしまいます。乾燥肌の方にとっても化粧水のみの使用はよくありませんが、オイリー肌の方も化粧水のみの使用はお肌に対して逆効果となってしまうので注意が必要です。
2.お肌のバリア機能を高めてくれる
冬の乾燥しやすい時期には皮脂は少なくなってしまい、乾燥肌になるだけではなく敏感肌になってしまいます。敏感肌になってしまうと、皮脂を分泌する機能が低下してしまい、お肌を外部の刺激から守ってくれる役割のあるバリア機能が低下してしまいます。すると、お肌は刺激を直接受けることになってしまうため、傷つきやすくなってしまいます。そこで乳液を使用してあげると、お肌のバリア機能である皮脂膜と同じ役割を果たしてくれるので、外部の刺激からお肌を守ることができます。
3.肌トラブルを予防してくれる
最後に肌トラブルの予防です。さきほど化粧水のみを使用してそのままにしていると水分が蒸発してしまい、その結果お肌が勘違いをして皮脂を分泌してオイリー肌になってしまうことがあるとお話しました。オイリー肌が悪化してしまうと肌荒れの原因になってしまうため、しっかりと保湿をしてお肌を潤わせるということが必要になります。さらに皮脂が毛穴に詰まっていくことでニキビはできやすくなってしまいます。ニキビや肌荒れを防ぐためには皮脂を過剰に分泌させない、つまりしっかりと保湿をしてあげる必要があるのです。

・化粧水と乳液って何が違うの?
次に化粧水と乳液の違いについてです。化粧水も乳液も同じような感じだし、乳液は少しベタつく感じが嫌だから化粧水だけ使用したいと思っている方もいるのではないでしょうか?もちろん化粧水1つで済むのだったらその方が楽ですが、残念ながら化粧水と乳液ではそれぞれ役割が異なります。そのため、しっかりとそれぞれの役割を考えながら使用してあげましょう。
1.化粧水の役割
まずは化粧水です。化粧水はお肌に水分を補給してあげるという役割があります。洗顔後のお肌は皮脂や汚れが綺麗にとれている反面、お肌の水分やバリア機能も失われてしまっている状態です。そのため、水分を補給して失われてしまった役割を取り戻す必要があります。また、水分を補給してあげると説明しましたが、それだけではただの水でもいいのではないか、洗顔後に水をかければいいのではないかと思いますよね?ですが、通常の水道水だと表面は水分が付くのですが、肌の奥まで浸透させるのはとても難しいのです。しかし、化粧水は様々な成分が配合されているため、肌の奥まで水分を補給してくれるのです。化粧水でしっかりと肌の奥まで水分を補給することによって、乾燥や皮脂の過剰分泌を防ぐことができるのです。

化粧水については、以下の記事で詳しく説明しています。

2.乳液の役割
次に乳液です。化粧水で肌の奥までしっかりと水分補給をしますが、そのままにしておいては最終的にお肌の水分は蒸発してしまいます。ですが、せっかく化粧水を使用するのですからできるだけ効果を持続させたいですよね?そこで役立つのが乳液なのです。乳液にはたくさんの保湿成分や油分が入っています。それを顔につけてあげることで、お肌に幕が張り蓋をしている状態になります。そうすることで化粧水で補給した水分が蒸発することを防ぐことができ、さらに保湿をしたお肌を長時間保つことができるので、皮脂の過剰分泌も防ぐことができます。
化粧水はお肌の水分補給をしてくれて、乳液はお肌に蓋をして蒸発を防いでくれます。この2つを使用してあげることでお肌の乾燥や皮脂の分泌を防ぐことができるのでぜひ実践してみてください。また、わざわざ2つを使用するのはめんどくさいと感じる方は化粧水と乳液、さらに美容液などの効果が1つになったオールインワンタイプのものも発売されているので、そちらもぜひ使用してみてください。

メンズ乳液を選ぶおすすめのポイント

メンズ乳液を選ぶおすすめのポイント

乳液を使用した時の効果についてはしっかりと理解できたかと思います。では、実際に乳液を使用したい!と思っていてもどの乳液を購入したら良いのかが分からない方のために、乳液の選び方についてご紹介していきます。重要なポイントがありますので、しっかりとチェックしながら自分にぴったりの乳液を選んでいきましょう。

乳液の種類を知ろう

乳液の種類を知ろう

・乳液の種類
まずは乳液の種類について確認していきます。乳液には3種類あり、「保湿乳液」「UV乳液」「ティント乳液」に分かれています。その中で「ティント乳液」と呼ばれているものは、女性がメイクをする際に化粧下地として使用しているものになるので、化粧をしない男性はその他の「保湿乳液」か「UV乳液」を選びましょう。「保湿乳液」は化粧水などと一緒に並んで販売されていることが多く、アイテム数も最も多いので比較的見つけやすい商品です。「UV乳液」は通常の乳液の成分にさらに、紫外線をカットする効果のあるものや、シミ・くすみといった紫外線による肌トラブルを起こしにくくすることのできる成分が含まれているものが多いです。そのため、仕事中に屋外に出ることの多い方や、太陽の下で過ごす予定のある方は、朝スキンケアとして乳液を使用する際に日焼け止めの代わりとして使用することができます。

・男女兼用でも大丈夫?
乳液には見た目が女性向けのようなものもたくさん発売されていますが、基本的に乳液は男性・女性どちらが使用しても問題のない商品です。そのため、自分で使用してみた時の使用感や価格、香りに抵抗がないようでしたら好きなものを使用できます。また、女性ものの乳液では油分が少ない女性のために油分を多めに配合してつくられたものもあります。商品によってしっとりとさっぱりなど分かれているものもあるので、そういったものの場合にはさっぱりを選ぶなどして工夫をしましょう。

・肌質による違い
男性のお肌を大きく2つに分けるとオイリー肌か乾燥肌になります。オイリー肌の方には遺伝やホルモンバランスなどが原因でなっている方と、夏・冬にオイリー肌になってしまう方がいます。遺伝などが原因のオイリー肌の方は乳液を選ぶ際に、皮脂の分泌をコントロールしてくれる作用のある成分が含まれている乳液を選ぶようにしましょう。また、夏・冬にオイリー肌になる方、そして乾燥肌の方は乾燥を防ぐために保湿効果の高いもの、そして夏の紫外線をカットするためにUV乳液を選ぶのがおすすめです。

保湿成分がたくさん入っている

保湿成分がたくさん入っている

種類を理解したら保湿成分について確認をしていきましょう。乳液を選ぶ際に最も重要なのがこの保湿成分なのです。なぜ保湿成分が重要なのかというと、乳液は化粧水でお肌に水分を補給した後にその水分が蒸発しないようにするためにお肌に蓋をするものなのです。その蓋をする方法が油分化保湿成分によるものになります。男性のお肌は女性のお肌と比べた時に、皮脂が倍以上多いとご紹介しましたが、そんなお肌にたくさんの油分を補充してしまうとさらに油っぽくなってしまいます。そこで、保湿成分を使用してお肌にふたをしてあげる方がいいのです。代表的な成分には「セラミド」「ヒアルロン酸」「プラセンタ」「アミノ酸」また、それ以外にもメーカーごとに独自で開発した保湿成分が配合されているものもあるので、そういった成分に注目してあげるのも良いでしょう。乳液を初めて使用するという方はそういった成分に注目してあげると失敗しにくくなります。その中でも特に人気があるのが「セラミド」です。ではセラミドとはどんな成分なのか、またどんな効果があるのかを詳しくご紹介していきます。
セラミドというのは、人間のお肌の表皮の一番上の層である角質層と呼ばれる部分に存在しており、水分を保持する力とバリア機能を持っています。そのため水分をお肌の外へ出さないようにしたり、外部からの刺激を守ってくれる成分なのでとても注目をされています。先程ご紹介したコラーゲン・ヒアルロン酸といった成分は保湿力もあり、お肌の弾力もつくってくれます。ですが、セラミドは人間のお肌へ浸透する力が非常に高く、科学的にも実証されているため専門家からも認められている成分なのです。さらに、アトピーや敏感肌の方にも効果があるということが実験で出たそうで、さらに今後注目を浴びる成分となるでしょう。セラミドはお肌の水分と油分の量のバランスをみて保湿をしてくれるので、使用した際にその効果を実感することができるはずです。そして、そんなセラミドの中にも種類があり、その中でも成分表記でセラミドの後ろに数字かアルファベットが書かれているものは「ヒト型セラミド」と呼ばれており、人間のお肌に元々あるセラミドと似た化学構造で作られている成分のため、他のセラミドに比べて保湿力・浸透力に優れた成分になります。また、その中でも特に効果が期待されている成分が「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3(セラミドNP)」と表記されているものです。セラミド1は保湿力・バリア機能を持っており、セラミド2は最も高い保湿力を持つ成分です。セラミド3(セラミドNP)がアンチエイジングにも優れた成分を持っている成分なのでおすすめです。

使用感もしっかり確認

使用感もしっかり確認

乳液は基本的にクリーム状のものがほとんどだと思われがちですが、さっぱりとした仕上がりにするために油分を使用していないものなど様々なものがあります。もちろん自分の肌質に合ったものを使用する必要があるのですが、乳液のベタつきが気になる方はさっぱりとしたものを、しっとりさせたい方は重めのクリームタイプを選んで使用すると良いでしょう。また、乳液によるベタつきが気になる方は少量ずつ乳液を手にとりお肌に薄く延ばすように使用してあげると、ベタつきも抑えられますし少量で済むので家計にも優しくなれます。

香りが好きなものだと続けたくなる

香りが好きなものだと続けたくなる

乳液はメーカーにもよりますがそれぞれ香りが付いているものもあります。できれば香料などの不要な成分は使用していない方が良いのですが、それでもせっかく使用するなら良い香りの乳液を楽しみたいという方もいるかと思います。万が一口コミなどでも人気の乳液を少し高いけどと思って購入して、香りが好みでなかった場合どうしますか?乳液は顔に塗る、つまり香りが鼻に届きやすいものです。余計香りが気になりますよね。なので、香りに妥協をせずに選んで購入するのがおすすめです。好きな香りのものを使用すれば毎日のスキンケアも楽しくなりますし、癒されるはずです。また、乳液にも無香料タイプの商品もあります。気に入った香りがない方、スキンケア商品は無香料が良いという方はそういった商品を選びましょう。

金額は無理せずに

金額は無理せずに

化粧水は出来る限りたくさん使用することで効果がアップするのですが、乳液はたくさん使用すれば良いというものでなく適量を使用するのが一番で、たくさん使用してしまうとお肌に付けきれずに浮いてしまいます。つまり、乳液の場合は使用量が決まっているのでその一定の使用量の中にどれだけお肌に良い成分が含まれているかによって効果が変わってきます。また、乳液は少し値段が変わると配合されている成分やその効果がかなり変わってくるものになります。そのため、人によって予算は異なってくるかとは思いますが、自分が無理をしない程度の金額の中で出来るだけ良いものを使用してみましょう。また、使用しない場合と比べると低価格の乳液でも使用する意味はあるので必ず使用するようにしましょう。

メンズ乳液のおすすめ人気ランキング10選

メンズ乳液のおすすめ人気ランキング10選

次にメンズに大人気の乳液についてランキング順にご紹介いたします。もちろんそれぞれお肌に合う乳液は違うのですが、どれも効果のある商品なのでぜひ気になる乳液があったら詳しく見てみてください。

第10位日本酒の乳液 / 菊正宗

  • 日本酒の乳液 / 菊正宗

    内容量

    380㎖

    価格

    907円

    使用日数

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    見た目は真っ白のボトルにピンクの文字と女性用のようなボトルですが、日本酒の乳液ということでお酒が好きな男性には思わず目を引くのではないでしょうか?気になる成分ですが、3種類のセラミドが配合されています。しかも全てヒト型セラミドです。その他にもプラセンタ・アルブチンと、さらに日本酒一升分のアミノ酸も配合されています。保湿成分がしっかりと配合されているので、保湿効果については問題がなく、乾燥が気になるお肌にも十分です。また、日本酒の会社ならではなのが、日本酒「菊正宗」を配合しているので香りもほんのり日本酒の香りです。お酒が好きな方はテンションが上がりそうですね。ボトルはポンプ式なので使用しやすいところもメンズにおすすめです。

  • 成分

    水、グリセリン、ミネラルオイル、トリエチルヘキサノイン、コメ発酵液、グルタミン酸、アルギニン、ロイシン、グリシン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、プラセンタエキス、アルブチン、グリチルリチン酸2K、コレステロール、フィトスフィンゴシン、ラウロイルラクチレートNa、PEG-9ジメチコン、イソステアリン酸PEG-20ソルビタン、カルボマー、キサンタンガム、(アクリレーツ・アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、EDTA-2Na、フィチン酸、ベヘニルアルコール、水酸化K、酸化銀、フェノキシエタノール、香料

第9位ミノン アミノモイストチャージミルク / 第一三共ヘルスケア

  • ミノン アミノモイストチャージミルク / 第一三共ヘルスケア

    内容量

    100ℊ

    価格

    1,880円

    使用日数

    約66日

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    コクがある濃厚なテクスチャーの乳液ですが、ベタつきはなくさらに伸びが良いのが人気です。お肌に塗るとすーっと馴染んでくれてしっかりと潤いを閉じ込めてくれます。乾燥によりごわつきやすいメンズの肌をなめらかで柔らかい肌に仕上げてくれます。乾燥肌の方でもしっかりと保湿をしてくれる優れものです。

  • 成分

    水、BG、グリセリン、キシリトール、リンゴ酸ジイソステアリル、ジメチコン、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、ペンチレングリコール、ミツロウ、(アクリル酸ヒドロキシエチル・アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ステアリン酸グリセリル、アラキルグルコシド、フェノキシエタノール、スクワラン、トリメチルシロキシケイ酸、シクロペンタシロキサン、カプリル酸グリセリル、ポリソルベート60、グリチルレチン酸ステアリル、キサンタンガム、ジメチコノール、カルノシン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、ヒスチジン、タウリン、リシンHCl、ポリクオタニウム-61、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、1,2-ヘキサンジオール、フェニルアラニン、水添レシチン、アルギニン、プロリン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na

第8位なめらか本舗乳液Na / SANA

  • なめらか本舗乳液Na / SANA

    内容量

    150㎖

    価格

    972円

    使用日数

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    保湿成分として豆乳発酵液・ダイズ種子エキスを配合しています。お肌の内側に弾力や潤いを与えてくれるので、メンズの肌をふっくらとしたもちもちの弾力のあるお肌へと導いてくれます。少量ずつ手に取り少しずつ広げていくのがおすすめです。無香料無着色なのも良いところですし、ボトルは大きすぎず太すぎずちょうどいい大きさで持ちやすいです。ワンタッチキャップなので出しやすく、さらに詰め替え用も発売されているので経済的にもお得な商品です。

  • 成分

    水、エタノール、グリセリン、スクワラン、豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ダイズタンパク、BG、アルギニン、カルボマー、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、ステアロイルグルタミン酸Na、セタノール、ポリアクリル酸Na、ミツロウ、メチルパラベン

第7位キュレル 乳液 / 花王

  • キュレル 乳液 / 花王

    内容量

    120㎖

    価格

    1,780円

    使用日数

    約3ヶ月

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    肌荒れやカサつきが気になる方など乾燥性敏感肌におすすめの乳液です。保湿成分にはセラミド機能成分・ユーカリエキスが配合されており、角層の奥までしっかりと浸透してくれます。さらに有効成分として消炎剤も配合されているため肌荒れも防いでくれ、しっとりふっくらと潤ったお肌に近付けます。乳液タイプですが、実際に使用してみると通常の乳液と比べてかなりサラサラとした液状に近い乳液で、伸びも良いです。男性が使用するにはちょうどいいテクスチャーかと思います。ボトルもプッシュ式のため必要な量を出しやすく簡単なところもメンズにおすすめです。

  • 成分

    アラントイン、精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、ユーカリエキス、スクワラン、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジメチコン、ステアリン酸POEソルビタン、BG、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、イソステアリン酸コレステリル、コレステロール、ステアリン酸ソルビタン、ステアロイルメチルタウリンNa、コハク酸、セタノール、ステアリルアルコール、パラベン

第6位THE LOTION 乳液 / BULK HOMME

  • THE LOTION 乳液 / BULK HOMME

    内容量

    100ℊ

    価格

    3,240円

    使用日数

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    この商品は「肌にとって最適な水分&バランスを供給する」ということをコンセプトに開発されたメンズスキンケアブランドの乳液です。このコンセプト通り、水分バランスを整えてくれる効果のある成分を中心に保湿・整肌にこだわって配合されて作られています。また、この商品はメンズのお肌に合わせて作られた商品なので、メンズが使いやすい商品にするための努力がされています。乳液は保湿力が高いのでどうしてもベタつきがちになってしまうのですが、それを抑えサラサラの肌触感でベタつきがない乳液を完成させました。さらに容器も白と黒でつくられたシンプルでおしゃれなものなので、旅行や出張先に持って行っても恥ずかしくありません。男性人気はかなり高い商品ですが、ベタつきが気になる女性にも人気の商品です。

  • 成分

    水、グリセリン、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、BG、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、クレイミネラルズ、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、トコフェロール、ベヘニルアルコール、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、パルミチン酸セチル、ステアロイルグルタミン酸Na、キサンタンガム、レシチン、エタノール、水酸化K、水酸化Na、グリシン、カルボマー、フェノキシエタノール、香料

第5位メンズケシミン乳液 / 小林製薬

  • メンズケシミン乳液 / 小林製薬

    内容量

    110㎖

    価格

    1,296円

    使用日数

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    CMでもケシミンを製造している小林製薬から発売されているメンズケシミン乳液です。ケシミンという商品名からも分かるように、シミへのアプローチもしてくれる乳液です。ビタミンC誘導体であるL-アスコルビン酸2-グルコシドを配合することによって、角質層の奥までしっかりと浸透し、シミの元になっているメラニンの生成を抑えてくれます。そのため、シミだけでなくそばかすも防いでくれるのです。保湿成分としてはヒアルロン酸を配合しているため、メンズ特有の髭剃り後の肌荒れも防ぐことができます。それ以外にも様々なお肌のトラブルを解決してくれ、使用感もべたつかずにしっかりと浸透して潤ってくれます。シミに対する効果は個人差がありますが、使用した途端に効果が出るわけではないので、まずは毎日使用し続けるところからやってみましょう。

  • 成分

    L-アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸2K、精製水、濃グリセリン、エタノール、BG、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、水酸化K、トリエチルヘキサン酸グリセリル、メチルフェニルポリシロキサン、カルボキシビニルポリマー、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、パラベン、フェノキシエタノール、ミリスチン酸デカグリセリル、キサンタンガム、香料、クエン酸Na、ヒアルロン酸Na-2、海藻エキス-1

第4位マックス LS マットリニューアルローション / ラボシリーズ

  • マックス LS マットリニューアルローション / ラボシリーズ

    内容量

    50㎖

    価格

    11,016円

    使用日数

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    マットなお肌・滑らかなお肌に整えてくれるオイリー肌の方用の乳液です。お肌に必要な潤いはしっかりと与えてくれ、さらに不要な皮脂はコントロールをして抑えてくれます。メンズに多いベタつき・テカリがちなお肌もさらさらで健やかなお肌へと仕上げて、ハリ・弾力のあるしっかりとしたお肌に導いてくれます。加齢によるお肌の様々なトラブルなどが気になっている方はお試しするのも良いかと思います。価格が高く簡単に手を出すのは難しい商品化とは思いますが、一度使用すると価格以上の価値を感じることができて戻れなくなってしまうかもしれません。購入する際はぜひ計画を立てて購入しましょう。

  • 成分

    水、BG、スクワラン、ジ(カプリル・カプリン酸)PG、ステアリン酸グリセリル(SE)、水添レシチン、メタクリル酸メチルクロスポリマー、ネオペンタン酸オクチルドデシル、スクロース、アセチルグルコサミン、ナイロン-12、ジメチコン、カギイバラノリエキス、シマテングサエキス、p-アニス酸・ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、カフェイン、グリセリン、EDTA-2Na、ツクシメナモミエキス、ラウレス-7、ヒアルロン酸Na、マイカ、酸化チタン、イタドリ根エキス、カラフトコンブエキス、リノール酸、ギンバイカ葉エキス、ブドウ種子エキス、ローズマリーエキス、ホップエキス、ノルジヒドログアイアレチン酸、ザクロ果汁、マンダリンオレンジ果皮エキス、シクロデキストリン、加水分解コメエキス、アセチルヘキサペプチド-8、エチルヘキシルグリセリン、シメチコン、リノレン酸、エチルビスイミノメチルグアヤコールマンガンクロリド、トコフェロール、酵母エキス、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、ソルビン酸、香料

第3位メンズ オードムーゲ 薬用スキンミルク / 小林製薬

  • メンズ オードムーゲ 薬用スキンミルク / 小林製薬

    内容量

    100ℊ

    価格

    1,296円

    使用日数

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    肌荒れやニキビといった肌トラブルになりやすい方、悩んでいる方におすすめの薬用乳液になります。抗炎症成分であるグリチルリチン酸二カリウムを配合することによって、メンズの肌荒れを防ぎ、さらにお肌を整えることができます。また、同じく有効成分である酢酸DL-α-トコフェロールも配合しており、血行の改善や肌荒れにさらに効果を発揮してくれます。保湿成分としてヒアルロン酸なども配合されているため、ただ肌トラブルを解決するだけではなくしっかりと保湿をし、その後のお肌の状況も改善しやすくなります。アレルギーテスト・ノンコメドジェニックテストはどちらも済んでいるため、個人差はありますが基本的には安心して使用することができる商品です。ほのかにローズの香りがするので、仕事で疲れたあなたを癒してくれるはずです。

  • 成分

    酢酸DL-α-トコフェロール、グリチルリチン酸二カリウム、1,3-ブチレングリコール、グリセリン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、サクシニルアテロコラーゲン液、スターフルーツ葉エキス、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、流動パラフィン、ミリスチン酸イソプロピル、モノステアリン酸ポリグリセリル、ローズ水、水酸化ナトリウム、クエン酸、フェノキシエタノール、パラベン、香料、精製水

第2位ラボシリーズ エイジR+ / アラミス ラボ

  • ラボシリーズ エイジR+ / アラミス ラボ

    内容量

    50㎖

    価格

    7,452円

    使用日数

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    いつまでも若いままのお肌でいたい方のためのエイジングケアができるメンズ乳液です。男性用の乳液ということもあり、男性が使用した時に使いやすい使用感の商品になっています。さらりとしたジェルタイプの乳液が、お肌にしっかりと素早く浸透してくれます。お肌を引き締めつつも、保湿成分が低下しているバリア機能を整えるので、乾燥などによっててきた小じわやダメージからお肌を守ってくれます。ハリ・弾力のある若々しいお肌を手に入れたい方はぜひチェックしてみてください。価格は量に対して高いようにも感じるかもしれませんが、伸びが良いので少量でもしっかりとお顔全体に使用することができます。使い始めの数日は刺激からピりつくこともあるそうなので、痛みが苦手な方は注意して使用をしてください。

  • 成分

    水、オクチルドデカノール、グリセリン、ポリエチレン、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、BG、ポリメタクリル酸グリセリル、チャ葉エキス、カプリリルグリコール、カギイバラノリエキス、(アクリレーツ・アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、トロメタミン、シマテングサエキス、アセチルグルコサミン、ジメチコン、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム・VP)コポリマー、カフェイン、ホエイタンパク(牛乳)、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、酢酸トコフェロール、アストロカリウムムルムル脂、オニサルビアエキス、(メタクリル酸ラウリル・ジメタクリル酸エチレングリコール)コポリマー、EDTA-2Na、PEG-8、グリチルリチン酸3Na、ジカプリン酸PG、パンテノール、フィトスフィンゴシン、酸化チタン、ヒアルロン酸Na、マイカ、リン酸アスコルビルアミノプロピル、オタネニンジン根エキス、酵母エキス、ラミナリアディギタータエキス、シーウィップエキス、アロエベラ液汁末、バクガ液汁、酸化スズ、マレイン酸アスコルビルトコフェリル、ブドウ種子エキス、クコ果実エキス、アセチルヘキサペプチド-8、トコフェロール、ノルジヒドログアイアレチン酸、ザクロ果汁、イタドリ根エキス、クランベリー果実エキス、ローブッシュブルーベリー果実エキス、パルミトイルオリゴペプチド、マルトデキストリン、シメチコン、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、香料

第1位モイスチャーライジングエマルジョン / 資生堂メン

  • モイスチャーライジングエマルジョン / 資生堂メン

    内容量

    100㎖

    価格

    3,780円

    使用日数

    約100日(公式サイト記載の1回の使用量が約1㎖分のためそこから計算)

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    資生堂メンから発売されている、肌をおだやかに整えることのできる大人のメンズのための乳液状の保湿液になります。さらりとしたテクスチャですが、豊富に配合されている保湿成分によってお肌の潤いを素早く補うことができます。また、潤いも長時間キープできるためすぐに乾燥が気になるなんてこともありません。さらに、乾燥や温度変化によってお肌を守り、カサつき・肌荒れといった肌トラブルも防ぐことができます。潤いは抜群ですが、男性が特に気になるベタつきも感じずに使用できるので、夏など比較的冬などと比べて乾燥しにくい季節にも使用することができます。プッシュ式のため毎回同じ量を出すことができるので、出し過ぎて余ってしまうなんてこともありません。

  • 成分

    水、変性アルコール、グリセリン、BG、DPG、フェニルトリメチコン、キシリトール、コハク酸ジエチルヘキシル、ジメチコン、エリスリトール、PEG・PPG-14・7ジメチルエーテル、ポリクオタニウム-51、グリチルリチン酸2K、チオタウリン、シラカバ樹皮エキス、シリカ、ベヘニルアルコール、カルボマー、バチルアルコール、AMP、(アクリル酸・アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、EDTA-3Na、エタノール、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

メンズ乳液の使い方

メンズ乳液の使い方

メンズ乳液のおすすめ商品をご紹介しましたがいかがでしたか?早速購入を決めた方もいるのではないでしょうか?乳液にはたくさんの保湿効果のある成分が配合されているので、せっかく乳液を購入するなら配合されている成分の効果をしっかりと引き出したいですよね?そこで次に、乳液の効果を引き出すためにより効果的な使用方法についてご紹介をしていきたいと思います。乳液前の準備から乳液をどのように使用していくかまで順番にご紹介するので、ぜひ参考に今日から実践してみてください。

洗顔でお肌をきれいに

洗顔でお肌をきれいに

まず最初にしてほしいのが洗顔です。朝起きた時、夜お風呂に入るときと洗顔は1日の始まりと終わりでするかと思います。洗顔はスキンケアの第一歩です。この洗顔を適当にしてしまうと、どんなに良い乳液を使用しても意味がなくなってしまうので、しっかりと丁寧に行っていきましょう。
洗顔をする際、まずは手洗いで手に付着した菌をしっかりと落としましょう。その後、顔を30~35℃程度のぬるま湯で優しくすすぎ、肌の表面に付いている汚れなどを落としながら、毛穴を開きます。これをすることで、この後の洗顔料を使用した洗顔で汚れがしっかりと落ちやすくなります。
次に洗顔料を泡立てていきます。できるだけきめの細かい濃密な泡を作れると良いのですが、なかなか手だけでは難しいですよね?そこで、洗顔料を泡立てるのに便利な泡立てネットを使用してみてください。簡単にきめの細かい濃密な泡を作ることができます。泡立てネットはドラッグストアでも販売していますが、今は100円ショップでも販売しており低価格で手に入れることができるので、おすすめです。
しっかりと洗顔料を泡立てることができたらその泡を使って顔の汚れや皮脂を取っていきましょう。洗顔時にやってしまいがちなのが、ゴシゴシと手で顔を擦ってしまう行為です。ですが、これは絶対にやってはいけません。顔の皮膚はとてもデリケートなため少しの刺激でも傷ついてしまうのです。そのため、洗顔をするときは先程作った濃密な泡を肌の上で転がすようなイメージで洗っていきましょう。くれぐれも手が肌に触れないように気を付けてくださいね。
最後にすすいでいきます。この時も最初のすすぎと同じく30~35℃程度のぬるま湯を使用しましょう。すすぎをする際は洗顔料がお肌に残らないようにしっかりと丁寧に洗い流しましょう。洗顔料がお肌に残ったままだと、肌トラブルの原因にもなってしまうので気を付けてください。また、洗顔後の顔を拭く際も刺激を与えないように、タオルでポンポンとかおについた水分をとるような形で拭きましょう。もちろん擦るのはダメです。
洗顔は今までしていたものよりも面倒だと感じてしまうかもしれません。ですが、お肌の悩みを解決したり、未然に防ぐためにはとても必要なことなのでしっかりと注意していきましょう。

化粧水で水分補給

化粧水で水分補給

洗顔が終わったら次は化粧水を使用します。洗顔後のお肌は汚れだけでなく皮脂もきれいに洗い流してしまうため、お肌を乾燥から守ってくれる皮脂がなく乾燥しやすくなっています。お肌の乾燥を防ぐために洗顔後はすぐに化粧水を使用して、お肌へ水分補給をしてあげましょう。
まずは適量を手に取り手のひらで温めましょう。そうすることでお肌に浸透しやすくなります。手のひらで十分に温められたら、肌に化粧水をつけていきます。この時にゴシゴシと擦ったり強く叩いてしまうとお肌は刺激に弱いため、ダメージを受けてしまいます。そのため優しくお肌に乗せるようなイメージでつけていきましょう。目元や口元など皮膚が薄く乾燥しやすい部分に関しては、重ね付けをすることで保湿をしっかりできます。
また、化粧水だけではどうしても乾燥してしまうという方には美容液がおすすめです。美容液を一緒に使用することで、美容液に含まれている保湿成分によって保湿力を高めることができます。美容液は化粧水の後、乳液の前に使用してください。

乳液でしっかりとお肌にふたをする

乳液でしっかりとお肌にふたをする

洗顔・化粧水としっかりスキンケアができたら最後に乳液を使用しましょう。化粧水はお肌への水分補給をしてくれる役割があり、乳液は補給した水分が蒸発しないように蓋をしてくれるので、化粧水と乳液の順番を間違えてしまうと、水分がお肌にしっかりと入らないまま蓋をしてしまうことになるので意味がなくなってしまいます。順番は間違えないように気を付けましょう。

しっかりと化粧水がお肌に馴染んだら乳液を顔に付けていきます。まずはしっかりと適量を手に取ります。この時に適量よりも多すぎるとベタつきの原因になってしまうので、気を付けましょう。一度に使用するとベタ付く方や伸びが良い乳液を使用している方は少し少なめに出すと出しすぎを防げます。そして、手のひらで温めてあげると浸透しやすくなるのでおすすめです。
しっかりと乳液を温めたら、頬や顎などの乾燥しやすい部分・目元・口元などの皮膚が薄く乾燥しやすい部分に先に乳液をつけていきます。この時擦ってしまうと摩擦でお肌にダメージを与えてしまうので、擦らずに優しく手でお肌を覆うようにつけていきましょう。目元・口元といった乳液が届きにくい部分に関しては、中指・薬指といった力の入りにくい指を使用して、優しく浸透するように覆ってあげます。最後に額や鼻といった皮脂量の多い部分につけていきます。Tゾーンはもともと皮脂量が多い部分なので、全体に使用した後の残った乳液だけでも十分かと思います。もしも足りない場合は少量だけ出して使用してください。
女性の場合はコットンを使用する方もいますが、コットンはコツをつかむまで難しかったり、男性の場合だと髭などでコットンの繊維が出てしまいその繊維によってお肌を傷つけてしまう可能性もあるので、無理はせず手でつけていくのがおすすめです。また、使用後にどうしてもお肌のベタつきが気になる場合はティッシュを使用し、気になる部分を押さえるように乳液をオフしていきましょう。

髭剃り後にもスキンケアを

髭剃り後にもスキンケアを

洗顔後以外にもスキンケアのポイントがあります。それが髭剃りの後です。男性の方だと毎日髭剃りを行う方が多いかと思います。ですがこの髭剃りは実はお肌にかなりの負担がかかっているのです。髭剃りによってお肌の表面を傷つけてしまうのはもちろんですが、その傷から肌の水分が蒸発していってしまったり、傷ついたお肌に菌が入り肌トラブルの原因を招く危険性もあります。そのため、髭剃り後にも化粧水と乳液を使用してしっかりとお肌を保湿してあげることで、肌トラブルを防ぎましょう。

まとめ

まとめ

今回はメンズにおすすめの乳液についてご紹介していきましたが、いかがでしたか?
大事なポイントは
・保湿成分がたくさん入っているものを見極める
・高いものの方が効果も高いが、自分が無理をしない程度の価格を決めて選ぶ
・スキンケアではとにかくお肌をゴシゴシしない
ということです。

ぜひメンズに人気のおすすめ乳液を正しく使用して、潤いのある若々しいお肌を手に入れませんか?

Share on

Share on

RANKING

ランキング

PAGE TOP