メンズ スキンケア
  • 2018.10.10 メンズ スキンケア

    男のカサカサな乾燥肌をなんとかしたい!おすすめのスキンケアでしっとりときれいなお肌へ!人気の【洗顔料】ランキング10選

    男性は皮脂量が多く、乾燥肌に悩んでいる人は少ないと思っている方が多いかと思います。ですが、男性のお肌は女性と比べると皮脂量が多いので、乾燥していないように感じるかもしれませんが、実は水分量は女性の半分程度なのです。そのため、お肌の表面は皮脂で覆われているのでオイリー肌に見えたとしても、お肌の内部は水分不足で乾燥しているかもしれません。そこで、乾燥肌の方はもちろん、隠れ乾燥肌の方のための乾燥対策としておすすめの洗顔料をご紹介していきます。乾燥肌に悩んでいるけどどうしたらいいのか分からない方はぜひ参考にして、乾燥知らずのお肌を目指しましょう。

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因

まずは人気の洗顔料を探す前に、乾燥肌とはどうしてなってしまうのかなど乾燥肌についてご紹介していきます。ここで乾燥肌についてしっかりと知ることで、乾燥肌をどうやって対策したらいいのかなどを学んでいきましょう。

◎乾燥肌って何?
まずは基本的なことからですが、乾燥肌とはどういった肌なのかを確認していきます。乾燥肌の方はその言葉通りお肌が乾燥している状態のことです。具体的には白く粉をふいてしまったり、痒みやつっぱり感を感じたり、ニキビやしわなど様々な肌トラブルの原因にもなります。男性は皮脂量が多いので、オイリー肌だと思っている方も多いかとは思いますが、実は男性は女性と比べて水分量が少なく水分も蒸発しやすいため、知らない間に乾燥肌だった…なんてことも少なくありません。まずは、自分の肌質をしっかりと見極めて、乾燥肌なのかそうでないのかをしっかりと確認しましょう。

◎乾燥肌の原因
次にどうして乾燥肌になってしまうのかを見ていきしょう。男性の場合、もちろん水分量が少なく蒸発しやすい肌質というのも関わってきます。ですが、それ以外にも原因になるものはたくさんあり、そういったものが積み重なることで乾燥肌を招いてしまうこともあります。いくつかあるので1つずつご紹介していきます。

1.間違った洗顔
まずは間違った洗顔方法についてです。自分のお肌に合わない洗顔料や、洗浄力の強すぎる洗顔料を使用してはいませんか?そういった洗顔料は必要な皮脂を落としてしまったり、反対にしっかりと落としきれない可能性があります。また、洗い方にも注意が必要です。強い力でゴシゴシと洗ってしまうと摩擦によってお肌の角質層が傷ついてしまい、お肌を乾燥から守ってくれるはずのバリア機能が低下してしまいます。その他にも必要な皮脂量を奪ってしまう可能性もあるので、乾燥の敵になります。洗顔に使用する温度が高すぎる場合も、必要な皮脂まで奪ってしまうので注意をしましょう。

2.間違ったスキンケア
次にスキンケアです。先程は洗顔についてご紹介しましたが、化粧水などのスキンケア用品の使用についても注意が必要です。化粧水といったスキンケア用品の成分表示を皆さんは確認しますか?実はよく確認をしてみると中にはエタノールが配合されているものがあるのです。このエタノールはメリットもあり、抗菌作用・防腐作用などの効果があるだけでなく、すーっとしたさっぱり感を感じられる清涼作用もあるのです。ですが、皮脂を取りすぎてしまう作用もあるので乾燥を招きやすくなってしまうのです。また、化粧水などは一切使用しないという方も、お肌を守ってくれるものがなくなる洗顔後は乾燥しやすくなってしまうので、適度にお肌に良い成分が配合されている化粧水などでスキンケアをしていくことが大切です。

3.間違った髭剃り
男性の皆さんでしたら、もちろん髭剃りはしたことがあるかと思います。また、今でも毎日髭剃りは欠かせないという方が多いのではないでしょうか?実はこの髭剃りも正しく行わないと、お肌の乾燥の原因になってしまうので気を付けましょう。カミソリで髭を剃るということは、肌に直接カミソリを当てて剃っていくので、髭だけではなく肌の角質層なども削ってしまうということなのです。すると、お肌に負担がかかったりまだ完成していない新しいお肌が出てくることで乾燥しやすくなってしまうので、必ず髭剃りをした後は保湿をしてあげるようにしましょう。保湿には化粧水やシェービングローション等があります。また、お肌への負担を減らすためにもシェービングフォームなどを使用することもおすすめなのでぜひ使用してみてください。またアルコール成分はお肌を乾燥させてしまう可能性もあり逆効果となってしまうので、アルコール成分の含まれていない商品を選ぶようにしましょう。

4.睡眠不足
仕事やプライベートなどと忙しい男性のみなさんは、思うように睡眠はとれているでしょうか?なかなか仕事の付き合いで飲みに行ってしまい。帰宅が遅くなると当然寝るのも遅くなってしまいますよね。ですが、睡眠不足のお肌はターンオーバーの周期が乱れてしまうので、新しいお肌がなかなか生成されなくなってしまいます。そのため、少しでも長く、いつもよりも1~2時間でも長く眠れるように日頃から心掛けてみませんか?

5.偏った食生活
実は食事にも乾燥の原因となるものはたくさんあります。まず最初に、バランスが悪い食事や食事制限など無理なダイエットは栄養バランスが崩れる原因になってしまうので注意が必要です。また、辛いもの・アルコール類は血管を拡張させる効果があるため、痒みや乾燥を促進してしまいます。スナック菓子・ジャンクフードは体内の炎症によって痒みがでることがあります。また、基礎代謝を低下させてしまう冷たい食べ物や、腸内環境を悪化させてしまう甘いお菓子やジュースなども乾燥肌の原因に繋がってしまうので、注意をして食事をしましょう。

6.加齢
加齢によっても乾燥ししまう可能性はあります。ターンオーバーの周期が加齢によって長くなってしまうことがあるのです。また、皮脂や水分量が減ってしまいます。すると、乾燥肌の原因にもなってしまうのです。もちろん加齢に関しては止めることができないので、防ぐことはできません。ですが、それによって起きるお肌のトラブルを防ぐことはできるはずです。保湿成分が含まれているスキンケア商品で、しっかりとお肌を保湿していきましょう。

乾燥肌の男性に!洗顔料を選ぶおすすめのポイント

乾燥肌の男性に!洗顔料を選ぶおすすめのポイント

乾燥肌になってしまう原因については分かりましたか?次にご紹介するのは洗顔料の選び方です。男性用の洗顔料・乾燥肌の洗顔料は現在様々なメーカーから発売されています。ですがその中には良い商品もあれば、あまり使用したくない商品もあります。せっかく購入するならできるだけ失敗はしたくないですよね?そこで自分に合う洗顔料はどんなものなのか、またどんな基準で洗顔料を選んだらいいのかについてご紹介していきます。ぜひ洗顔料選びの参考にしてみてください。

洗浄力は強すぎないものを

洗浄力は強すぎないものを

まずは洗顔料の最も大部分を占めている洗浄成分についてです。洗顔料は顔の余分な皮脂や汚れを落とすために開発されているため、基本的に洗浄成分を中心とした成分配合がされています。ですが、洗浄成分には強力なものもあれば優しいものもあり様々です。乾燥肌の方の場合洗浄力が強すぎるものを使用してしまうと、お肌に必要な皮脂まで奪ってしまい、さらに乾燥してしまうということにもなりかねません。そのため洗浄成分をしっかりと確認し、洗浄力の優しい洗顔料を選びましょう。
洗顔料の洗浄成分は「界面活性剤」と呼ばれる成分になります。この界面活性剤は水と油のように混ざらないものを合わせることのできる役割があります。そのため、あまり良くない成分だと言われることもありますが、化粧品ではとても重要な成分なのです。この界面活性剤は2種類に分かれます。「天然界面活性剤」と「合成界面活性剤」です。天然界面活性剤は名前の通り天然成分を使用しているため低刺激なものが多く、合成界面活性剤は植物性のものと石油系のものがあります。この石油系の界面活性剤は洗浄力が強すぎるため、必要な皮脂まで洗い流してしまうこともあるのでできるだけ避けましょう。洗浄力は「天然界面活性剤」や「植物性合成界面活性剤」など、界面活性剤の中でも比較的洗浄力が弱く、お肌の負担にならないようなものを選んで購入しましょう。

保湿力が高いものでお肌をしっとりさせる

保湿力が高いものでお肌をしっとりさせる

次に乾燥肌の方におすすめしたいのが保湿成分です。乾燥肌の方は洗浄力を重視して強いものを選ぶと、どうしても洗い上がりにお肌がつっぱっているような感覚になることが多かったり、皮脂がとれすぎてしまって乾燥してしまうなんてことも多いですよね。そこで、洗い上がりに乾燥しすぎないためにも保湿成分がしっかりと配合されている洗顔料を使用しましょう。「ヒアルロン酸」「コラーゲン」は保湿力の高い成分になるので、購入前にこれらの成分が配合されているかどうかを確認しましょう。また、保湿力が高い洗顔料を使用すれば乾燥しないというわけではないので、化粧水や乳液などを使用して、しっかりと保湿し水分が逃げないように蓋をしてあげましょう。

自分の使いやすい形状の洗顔料

自分の使いやすい形状の洗顔料

洗顔料には、固形石鹸タイプ・チューブタイプ・泡タイプ・パウダータイプなど様々なタイプのものがあります。それではどんな形状のものが良いのでしょうか?基本的には自分の使いやすいものを使用するのが良いでしょう。出張が多く持ち運びやすいものが良い方はチューブタイプ、泡を作るのに時間をかけたくない方は泡タイプといったように選ぶのが良いのですが、それでも悩んでしまうという方に、形状別の特徴をご紹介していきますので、ぜひ参考に自分に合う形状を見つけてみてください。

◎固形石鹸タイプ
固形石鹸は自分で泡立てなくてはいけませんが、泡立てネットなどを使用するとキメの細かい泡が作れます。さらにチューブタイプや泡タイプなど他の洗顔料の形状に比べて、長持ちがしやすいのも長所の1つです。ですが、濡れたまま保管をしてしまうと菌が繁殖してしまうため保管が難しく、使用後に必ず乾かさなければならないというのを手間に感じてしまう方もいるかもしれません。

◎クリームタイプ
クリームタイプのものは自分で泡立てなければならないので面倒に感じる方もいるかとは思いますが、チューブに入っているものも多いため、持ち運びが簡単ので出張が多い方、旅行が趣味の方などどこでもいつもの洗顔料を使用したい方には人気があります。また、種類も最も多く配合されている成分にはそれぞれメーカーごとに特徴があるので、自分の求めている成分の配合されている洗顔料を見つけやすいのも良いですね。洗浄成分に洗浄力が強い石油系界面活性剤が使用されていることもあるので、しっかりと見極めることが必要です。

◎泡タイプ
ポンプタイプでプッシュすると毎回決まった量の泡が出てくるので簡単で、さらに時間短縮にもなります。種類も豊富のため、様々な肌質の人が使用できるのも人気の秘密で、中にはシェービングフォームとして使用できるものもあります。刺激や洗浄力が強すぎてしまうこともあるので、しっかりと成分を確認してから購入する必要があります。また、時間が経つと泡がしぼんでしまう可能性もあるので注意が必要です。

◎ジェルタイプ
最近ではジェル状の洗顔料も種類が増えてきて、注目を集めるようになっています。特徴としては、ジェル状なので水分量が多く、使用した感じがとても良い洗顔料になります。ですが、使用感が良い反面心地よくなりついつい擦りすぎてしまうこともあるので、そこは我慢をして優しく洗っていきましょう。

◎スクラブタイプ
スクラブタイプとは細かい粒子の入った洗顔料になり、通常の洗顔料ではなかなか手の届かない皮脂・汚れなどを落とせるため、オイリー肌の方には人気の洗顔料です。しかし、粒子が入っているためお肌を傷つけてしまうことがあったり、洗浄力が高いため乾燥肌の方はできるだけ控えた方が良い洗顔料になるので注意をしてください。

添加物は含まれていない方がお肌にやさしい

添加物は含まれていない方がお肌にやさしい

成分や形状については良いかと思いますが、含まれていない方が良い洗顔料についても確認をしていきましょう。それは添加物と呼ばれている成分です。防腐剤・香料・着色料・石油系界面活性剤などの、化学合成成分のことをまとめて添加物と呼ばれています。もちろんまったく不要なわけでなくそれぞれ商品にとって必要な役割を担っているのですが、敏感肌や乾燥肌の方はもちろん、オイリー肌の方でも入っていない方がお肌のためには良いでしょう。無添加という表示のある洗顔料でも、化学合成成分の中のどれか1つでも配合されていなければ無添加という表示をすることができてしまうので、無添加という表記がされている場合はどの成分が無添加なのかというのを確認する必要があります。
次にそれぞれの成分の表記例をご紹介しますので、確認する際の参考にしてください。
◎防腐剤
…メチルパラベン、プロピルパラベン、オルトフェニルフェノールなど
◎香料
…合成香料、アニスアルデヒド、フェネチルアルコールなど
◎着色料
…タール系色素など
◎石油系界面活性剤
…ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウム(ラウレス~、ラウリル~、~硫酸)など

自分に似ている肌質の口コミを参考にしよう

自分に似ている肌質の口コミを参考にしよう

最近では様々な口コミサイトがあり、またショッピングサイトでもレビューが書けるようになっています。皆さんはそういった口コミを確認してから商品を購入していますか?そういった口コミサイトは全てが事実とは限りませんが、ある程度のポイントが分かっていると購入の際の参考になります。まず、全ての口コミを信じないというのはもちろんなのですが、洗顔料などお肌に付けるものの場合は自分の肌質と似た肌質のレビューを参考にするのが良いです。サイトによっては肌質ごとで絞り込みもできるのでとても便利です。また、その人の書いた他の商品のレビューも参考してみましょう。複数あるレビューの中で1商品だけ高評価などの不自然な口コミは、悪質なものの可能性もあるのでそういったものを見極めることも大切です。

乾燥肌の男性に!洗顔料のおすすめ人気ランキング10選

乾燥肌の男性に!洗顔料の人気おすすめランキング10選

洗顔料の選び方を確認したところで次に乾燥肌でなやんでいる男性に人気の洗顔料をご紹介します。それぞれの特徴や成分までご紹介しますのでぜひご覧ください。

第10位ニベアメン フェイスウォッシュモイスト / 花王

  • ニベアメン フェイスウォッシュモイスト / 花王

    内容量

    100ℊ

    価格

    489円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    100gで持ち運びも簡単にできる洗顔料です。皮脂汚れやベタつきをしっかりと浮かばせてきれいに洗い流してくれるのに、低価格で購入できるのが人気の秘密です。皮脂を吸着してくれるのは「セリサイトアパタイト」、また潤い成分として「グリセリン」「ソルビトール」が配合されています。泡立ちがとてもよくもっちりとした泡を作ることができるので、お肌にも優しく顔を洗うことができます。保湿成分もしっかりと配合されているおかげで、洗い上がりにつっぱるような感覚もなく、しっとりと洗い上げてくれます。香料も使用されていますが、ナチュラルグリーンの香りですっきりと癒してくれるので、洗顔料に香りが付いていてほしいという方に人気です。

  • 成分

    水、ミリスチン酸、グリセリン、ステアリン酸、PEG-8、水酸化K、ラウリン酸、ソルビトール、ラウラミンオキシド、パルミチン酸、ステアリン酸グリセリル、ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸ジオクチルドデセス-2、マイカ、ヒドロキシアパタイト、エチドロン酸、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ポリクオタニウム-7、PEG-45M/酸化亜鉛/水酸化Na/BHT/EDTA-2Na/安息香酸Na/香料

第9位専科 パーフェクトホイップu / 資生堂

  • 専科 パーフェクトホイップu / 資生堂

    内容量

    120ℊ

    価格

    518円

    使用日数

    約1ヶ月

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    天然の白まゆからとれる「セリシン」とまゆ糸の中心部にある「加水分解シルク」を配合することにより、しっとりと潤う濃密な泡が優しくお肌を包んでくれます。加えて2種類のヒアルロン酸を配合することで、さらに保湿力を高めてくれます。保湿に特化しているのはそれだけではありません。資生堂の独自技術であるうるおい導入技術を採用しており、保湿成分がお肌の奥にさらに入りやすくなっています。香りはフローラルの香りですが、女性だけでなく男性でも使用しやすい香りかと思うのでおすすめです。自分用に購入するのも良いですが、家族や恋人などみんなで使用できるのも嬉しいポイントです。

  • 成分

    水、ステアリン酸、PEG-8、ミリスチン酸、水酸化K、グリセリン、ラウリン酸、エタノール、BG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ポリクオタニウム-7、PEG・PPG-14・7ジメチルエーテル、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、セリシン、加水分解シルク、EDTA-2Na、ピロ亜硫酸Na、クエン酸、ソルビン酸K、安息香酸Na、香料

第8位ミスター フェイシャルクレンザー / ORBIS

  • ミスター フェイシャルクレンザー / ORBIS

    内容量

    110ℊ

    価格

    1,404円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    女性用コスメで有名なオルビスでは男性用の洗顔料も発売されています。男性は女性に比べて皮脂量が約3倍、水分量は約1/3という男性特有のお肌の特徴に注目して開発された商品です。男性は女性よりも乾燥しやすいためスキンケアが必要ですが、スキンケアをしている男性は少なく肌トラブルで悩んでいる方は多いようです。そんな男性のために皮脂汚れ・毛穴詰まりをしっかり取れるよう炭とモロッコ溶岩クレイという2つの吸着洗浄成分を配合しています。無香料・無着色なのでお肌にも優しく、さらにメントールを配合していないので男性の洗顔料にありがちなスース―した感覚もありません。ですが、皮脂などはしっかりと洗い流してくれるので、お肌はナチュラルにさっぱりとさせることができます。ニキビが改善されたという声も上がっているので、ニキビに悩む乾燥肌の方にはおすすめです。

  • 成分

    水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、BG、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、炭、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-7、セルロースガム

第7位キュレル 泡洗顔料 / 花王

  • キュレル 泡洗顔料 / 花王

    内容量

    150㎖

    価格

    1,296円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    乾燥性敏感肌の方におすすめの洗顔料です。乾燥性敏感肌はセラミドが不足している可能性があるというところに注目し、セラミドを守りながら洗える洗顔料を開発しました。潤い成分であるセラミドは守りますが、お肌に必要のない余分な皮脂や汚れはしっかりと洗い流してくれるので、とてもおすすめです。泡タイプの洗顔料なので、必要な回数プッシュすればすぐに洗顔をすることができます。有効成分である「グリチルリチン酸2K」を配合しているので、消炎効果が働き肌荒れを防いでくれます。お肌にやさしい弱酸性なのはもちろん、香料・着色料・アルコール不使用でアレルギーテストもしてあるため、お肌が敏感で心配という方も安心して使用できる商品です。

  • 成分

    グリチルリチン酸2K、精製水、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na液、マルチトール、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、PG、PEG6000、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルエチルヘキシルエーテル、水酸化カリウム液(A)、エデト酸塩、フェノキシエタノール、パラベン

第6位ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース / ロゼット

  • ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース / ロゼット

    内容量

    120ℊ

    価格

    648円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    価格が安く、でもお肌をきれいにしてくれるととても大人気なのが、ロゼッタ洗顔パスタです。様々な種類が出ているのですが、男性の乾燥肌におすすめしたいのは「海泥スムース」です。その秘密は配合されている成分にあります。ミネラルを豊富に含んでいる「海泥」は、お肌にある余分な皮脂や汚れをしっかりと吸着して洗い流してくれます。また、お肌にもやさしい「植物由来成分」を配合しているので潤いを保ちつつ、すべすべなお肌にしてくれます。また、ローズフルーツエキスを配合することによってお肌を引き締める効果もあるので、乾燥だけでなく男性でも気になる様々なお肌の悩みも解決してくれそうです。

  • 成分

    水、ミリスチン酸K、ステアリン酸、グリセリン、ステアリン酸K、DPG、含硫ケイ酸Al、ラウリン酸K、ラウラミドプロピルベタイン、タルク、カオリン、オクテニルコハク酸トレハロース、ノイバラ果実エキス、グリチルレチン酸、エタノール

第5位どろあわわ / 健康コーポレーション

  • どろあわわ / 健康コーポレーション

    内容量

    110ℊ

    価格

    2,678円

    使用日数

    約30回

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    肌をやわらげてくれる「ほぐし洗顔」をモットーに開発された洗顔料になります。お米成分である「米麹エキス」と「米ぬか発酵エキス」の2種類を配合し、発酵の力でお肌を柔らかく、さらに潤しながらほぐしてくれます。もちろん商品名にもある通り泥成分もたくさん入っているので、しっかりと汚れを吸着して洗い流してくれます。また、どろあわわの最大の特徴は濃密泡です。この濃密泡は弾力がとてもあるため、洗顔をする際には手がお肌に触れる心配もなく泡で洗うことができます。コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分も配合されているので、お肌がつっぱるなどの心配もなさそうですね。

  • 成分

    水、グリセリン、ベントナイト、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ジステアリン酸PEG-150、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、海シルト、タナクラクレイ、アスペルギルス・コメ発酵エキス、加水分解コンキオリン、乳酸桿菌・コメヌカ発酵液、シロキクラゲ多糖体、サクシノイルアテロコラーゲン、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

第4位THE FACE WASH / BULK HOMME

  • THE FACE WASH / BULK HOMME

    内容量

    100ℊ

    価格

    2,160円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    男性用の洗顔料は、どうしても皮脂が多い男性向けのため洗浄力が強く、また本来ならば必要な皮脂までも洗い流してしまいます。ですが、バルクオムの洗顔はしっかりと男性のお肌について調べられて開発されているので、皮脂は落としてくれるのですが決して取りすぎず、必要な分はしっかりと残してくれるのです。洗顔時に摩擦によってお肌が傷ついてしまうこともあるので、それを防ぐために「生石けん」を使用し、キメの細かい弾力性のある泡を実現しています。成分にかなりこだわって作られている洗顔料なので、男性の中でも人気は高く利用している方も多いようです。おしゃれなパッケージも目を引くこと間違いありません。

  • 成分

    カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、水酸化Na、グリシン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

第3位然-しかり- よかせっけん / 長寿の里

  • 然-しかり- よかせっけん / 長寿の里

    内容量

    88ℊ

    価格

    1,944円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    天然のミネラルをたっぷりと含んでいる「シリカ」を配合しているため、汚れの吸着力に優れた練り石鹸です。お肌に負担をかけずに汚れをしっかりと落とせる石鹸と言われている通り、お肌に負担をかけないための「ミクロ加工」と毛穴の奥まできれいにできるための「バルーン加工」と加工にもこだわっています。完全無添加なので敏感肌の方でも安心して使用できるのもポイントの1つです。購入特典としてセラミックボール入りの泡立てネットが付いてくるのですが、このネットを使用して泡立てると水素が発生し、洗浄力が上がります。また、泡立てるととてもしっかりとした弾力性の泡が出来上がるので、お肌を傷つけずに優しく汚れを洗い流すことができます。

  • 成分

    グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、水酸化カリウム、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、黒砂糖、ケイ酸・ケイ酸アルミニウム焼成物、酸化チタン、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、水溶性コラーゲン液(3)、ローヤルゼリーエキス、アロエエキス(2)、加水分解コンキオリン液、チャエキス(1)、ウーロン茶エキス

第2位武装ソープ / MEN’S SOAP BUSO

  • 武装ソープ / MEN'S SOAP BUSO

    内容量

    100ℊ

    価格

    2,808円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    男性用の洗顔料のため、男性のお肌の特徴について考えて作られている商品です。テカリも気になるけど実は乾燥している、そんな悩みを解決するために必要な保湿成分をたっぷりと配合している石鹸です。また、時間もコストも機械で作るよりもかかってしまう枠練り石鹸なので、崩れにくく長持ちしてくれます。防腐剤や凝固剤などの化学合成添加剤は不使用なので、お肌に不安のある方も安心して使用できます。石鹸を購入すると一緒に専用の泡立てネットが付いてくるので、泡立てネットを持っていない方でもすぐにしっかりとした泡で洗顔をすることができます。泡はもちもちとした気持ちの良いキメ細かい泡で、男性の洗顔料にありがちな洗い上がりのつっぱる感じもありません。

  • 成分

    石ケン素地、水、スクロース、グリセリン、ソルビトール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、カキタンニン、チャカテキン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ハチミツ、セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、タチジャコウソウエキス、メリッサエキス、オノニスエキス、スギナエキス、セロリエキス、フキタンポポ花エキス、尿素、フルボ酸、カワラヨモギエキス、ドクダミエキス、イソプロパノール、フィチン酸、エタノール、BG

第1位Dスキン メン ワイルド&クールウォッシュ / アンファー

  • Dスキン メン ワイルド&クールウォッシュ / アンファー

    内容量

    100ℊ

    価格

    2,000円

    使用日数

    約2ヶ月

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    沖縄県の中南部でのみ取れる泥「パワーイオンクレイ」を配合しており、高い吸着力で皮脂や汚れを洗い流してくれます。さらに特徴的なのがスクラブ入りでスース―とした清涼感があるというところです。ですが、スクラブは痛いしお肌にダメージが…と思っている方もいますよね?そこで洗顔ネットなどを利用してしっかりと泡を作ってみてください。すると、キメの細かい泡ができると同時にスクラブも消えていきます。また、スース―とした清涼感も泡立てることで控えめになります。洗い上がりもお肌がつっぱるわけでもなく、でも余分な汚れや皮脂は洗い流していてサッパリし、ほのかな良い香りも人気です。自分の好みに合わせて使用できるので、兄弟や親子で使用するのも良いかもしれません。

  • 成分

    水、ミリスチン酸、グリセリン、ラウリン酸、水酸化K、PEG-6、パルミチン酸、ステアリン酸、コカミドプロピルベタイン、結晶セルロース、ステアリン酸グリセリル、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドDEA、オレイン酸Na、海シルト、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-2、ヒトオリゴペプチド-11、ヒトオリゴペプチド-13、加水分解レピジウムメイエニ根、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、BG、水添レシチン、ダイズ油、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-64、マルトデキストリン、酢酸トコフェロール、エチドロン酸、EDTA-4Na、EDTA-2Na、グンジョウ、メントール、香料

乾燥肌の男性に!洗顔料の使い方

乾燥肌の男性に!洗顔料の使い方

ここでは洗顔料の正しい使用方法・洗顔方法についてご紹介していきます。洗顔をしたことがないという方は少ないかとは思うのですが、正しい洗顔方法で洗顔を行っている方は少ないのではないでしょうか?せっかく乾燥肌対策として洗顔料を購入するのであれば、さらに効果を高められるように洗顔方法にも気を付けていきましょう。

予洗い

予洗い

まずは予洗いをしていくのですが、その前に洗顔をする時の準備を確認していきましょう。まずは髪の毛をまとめるためにヘアバンドをしましょう。これは髪の毛が長い方だけでありません。短めの方でもヘアバンドをすることで、髪の毛の生え際やフェイスラインなどの洗い忘れがなくなりますし、髪の毛に洗顔料が付くこともないのでおすすめです。
次に手洗いです。手のひらにはたくさんの雑菌がいます。もちろん帰宅後や食事の前などに手をしっかり洗っているという方も多いかとは思います。ですが、たくさんの場所を直接肌が触れる機会の多い手のひらは、すぐにまた雑菌だらけになってしまいます。そんな手で顔を洗ってしまうと顔に雑菌が付いてしまい、肌トラブルの原因になります。そこで、手洗いをして雑菌を先に落とすことで顔に菌が付着するのをしっかりと防ぎましょう。
そしてここまでしっかりと準備ができたら予洗いをしていきます。予洗いというのは毛穴を開いて汚れを落としやすくしたり、顔の表面に付いている汚れなどをお湯で落とすために行います。お湯の温度は30~35℃程度のぬるま湯を使用してください。たまに体を洗う時と同じく熱いお湯を使用したり、反対に水を使用して洗顔する方もいます。ですが、熱いお湯は必要な皮脂までも洗い流してしまったり、角質を取りすぎてしまうので乾燥へと繋がってしまいますし、水だと毛穴が開かなかったり皮脂が溶けなかったりします。なので、洗顔の際の温度設定は30~35℃程度にしましょう。もちろん個人差はあるので、その中で自分がちょうどいいと思った温度を設定してください。また、お湯をかける際には優しく丁寧にかけましょう。顔は皮膚が弱く特にデリケートな部分ですので、刺激は与えないように気を付けましょう。

泡立て

泡立て

予洗いが丁寧に行えたら次に洗顔料を使用していきます。洗顔料を使用するのですが、すぐに顔に付けようとしている方はちょっと待ってください。洗顔料を使用する際は、そのままつけて洗う方もいるかとは思いますが、もっとお肌にやさしく、そして洗顔料のもつ効果を引き出したくありませんか?そこで洗顔料を泡立てていきます。洗顔料をしっかり泡立てるには、まずは使用量を手に取りそこにぬるま湯を少しずつ足しながら泡を作っていきます。この時に水は泡立ちがあまり良くないのでぬるま湯を使用しましょう。
自分の手ではなかなか泡立たない・泡立てるのが苦手といった方もいるかと思います。そんな方々におすすめなのが泡立てネットです。女性は使用している方が多いのですが、男性の方だとなかなかそこまでできないですよね。ですが、この泡立てネットを使用するとキメの細かい泡を素早く作ることができるので、泡を上手に作れない方だけでなく、少しでも時間短縮をしたい方にもおすすめなのです。泡立てネットは100円ショップでも気軽に購入できますし、ランキングで紹介した商品の中でも洗顔ネットがセットで付いてくるものもあります。ぜひチェックしてみてください。
洗顔料によっては元々泡立たないものもあります。そういった商品はそのまま使用するため、しっかりと使用方法を確認しましょう。クレイ(泥)が入った商品に多いので注意をしてみてください。

洗顔

洗顔

皆さんキメの細かい泡は作れましたか?それではいよいよ顔を洗っていきましょう。この時に注意してほしいのが力の入れ具合です。ついつい洗顔を行う時は洗顔料をつけて顔をゴシゴシと強い力で洗いたくなりますが、洗顔料は元々洗浄力が強めに作られています。そのため、お肌の上に洗顔料が乗るだけでも十分に汚れを洗い流してくれますし、吸着成分などが含まれている場合さらに強いものになります。そこでお肌のダメージの敵になる摩擦をできるだけ起こさないように、優しく洗いましょう。
泡を顔に乗せるときはそっと、そして洗う時は肌に手が触れないように泡を転がすイメージで洗ってください。商品によってはマッサージをしながら洗うものなど使用方法が異なりますので、使用方法が書かれているものはそちらの方法に従って洗いましょう。
泡を付けていく順番ですが、基本的には皮脂量の多い部分から少ない部分の順番で付けていきます。そうすることで、皮脂量の多い部分の皮脂の洗い残しや、反対に皮脂量の少ない部分の皮脂の取りすぎを防ぎます。そのため、まずはTゾーンと呼ばれている額と鼻に泡をつけます。次にUゾーンと呼ばれる頬と顎に泡をつけていきます。最後に最も皮膚が薄くデリケートな目元と口元に泡をつけます。全体に泡をつけることができたら、優しく泡で撫でてあげましょう。

すすぎ

すすぎ

泡が全体について洗えたら、すぐにすすいでいきます。洗顔料を顔に付けたまま放置してしまうと、必要な分の皮脂までとってしまい乾燥の原因にも繋がります。また、すすぎ残しがあると肌トラブルの原因に繋がってしまうので、ここではすすぎ残しに特に気を付けていきましょう。すすぐ時のお湯の温度は予洗いの時と同じく30~35℃程度です。この時も予洗いの時と同じく少し冷たいくらいの温度で洗ってあげることで、皮脂の落としすぎや毛穴が閉じてしまうのを防ぎます。そして、洗い残しがないようにしっかりとすすいでいくのですが、その際にも擦らないよう優しくお湯を顔にかけてあげましょう。特に髪の毛の生え際・もみあげ・顎の下・髭部分・小鼻は洗い残しが多い部分なので、特に意識して洗うようにしましょう。すすぎは丁寧に確実に行う方が良いので、洗い流せたと思った後にさらに何度かお湯をかけてあげると確実になります。
すすぎが終わったらタオルで顔を拭いていきます。この時にもポイントがあります。まず、タオルは清潔でできるだけ肌触りの良いものを使用しましょう。洗顔用のタオルは顔を拭くだけなので、あまり汚れることもないですしそこまでびしょびしょにもならないので、ついつい乾燥させて使いまわしてしまうなんて方も多いかと思います。ですがその濡れたタオルは菌が繁殖しやすいため、よく見ると雑菌だらけ…なんてこともあります。そこで必ず使用するたびに新しいタオルを使用するようにしましょう。また、タオルで拭くときも摩擦でのダメージはあるので、余計なダメージを与えないようにできるだけ肌触りの良いタオルを使用し、ゴシゴシと拭くのではなくやさしくポンポンと水気をタオルに移すようにしてあげましょう。

気をつけたいこと

気をつけたいこと

最後に洗顔をする際によくある質問をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.洗顔は1日何回していいの?
洗顔は朝と夜の1日2回にしましょう。1日に何度もする方もいますが、皮脂を取りすぎてしまうと乾燥や皮脂の過剰分泌、肌トラブルの原因になってしまいます。また、朝はお湯だけで洗顔し、夜は洗顔料を使用して洗顔するというのも皮脂の取りすぎを防ぐという意味では良いのでおすすめです。また、洗顔シートや汗ふきシート、おしぼりなどでも顔を拭く方は結構いますよね?夏になると暑くなってしまいますし、ついつい拭いてさっぱりさせたいですよね。ですが、そこでも注意が必要です。なぜなら拭く際に摩擦によってお肌が傷ついてしまう可能性があるからです。それによって肌トラブルの原因にもなってしまうので、注意をしましょう。

2.男は化粧水は使わなくて平気?
男性でも化粧水などを使用したスキンケアは必要です。男性は女性と比べて皮脂量が多く水分量が多く乾燥しやすいと説明をしました。つまり、男性は女性よりも乾燥しやすい肌質のため、むしろお手入れをした方が良いのです。化粧水だけでなくその後に乳液やクリームなどで蓋をしてあげるとさらに乾燥しにくくなるのでおすすめです。

3.洗顔料の使用量は?
商品にはそれぞれ使用量が決められているのでその表示に従って使用するのが最も効果的です。高い洗顔料を使用しているとどうしても、通常の使用量よりも少なめにとってしまいがちですが、それでは泡立たせたときの泡の密度も変わってきますし、吸着力も変わってきます。そのため、価格も気にしながら、自分が適量を毎日使い続けられるものを使用するようにしましょう。

4.シャワーを直接顔にかけた方が確実にすすげるはず
すすぎがかなり重要というのはご紹介しましたし、なんとなくでも理解してもらえたかと思います。ですが、すすぎのために時間をかけたくないという方は、シャワーを直接顔にかけてすすいだ方が早いのではないかと思っていませんか?それは絶対に行わないようにしましょう。なぜなら洗顔後のお肌は皮脂や汚れが取れてお肌のバリア機能が弱くなっているので、デリケートで傷つきやすくなっているため、シャワーの水圧でもお肌にダメージを与えてしまうからです。予洗いもすすぎも必ず手にお湯をためて顔に優しくかけてあげましょう。

まとめ

まとめ

今回は乾燥肌に悩んでいる男性でも安心して使用できる洗顔料についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
大事なポイントは
・乾燥肌の原因を知り、改善していく
・洗浄力に気を付けて洗顔料を選ぶ
・様々な洗顔料のタイプの中から自分に合っているものを選ぶ
・洗顔をするときはとにかく優しく洗う
ということです。

ぜひ乾燥肌の男性におすすめの洗顔料を使って、みなさんも乾燥肌を改善して肌トラブルの少ないしっとりしたお肌を手に入れましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

PAGE TOP