メンズ 日焼け止め・UVケア
  • 2018.10.10 メンズ 日焼け止め・UVケア

    男性の老け顔対策に!男性日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選

    年齢の割に老けて見えてしまって悩んでいる方は、どうにかして若く見られるようになりたい、年相応に見られたいと思っているのではないでしょうか?また、若く見られようと思って、服装を変えてみたり話し方やしぐさを変えてみたりといろいろと試している方もいるのではないでしょうか?ですが、老け顔に見せている一番の原因は見た目、それも顔です。でも顔なんてなかなか変えられない…と思っていませんか?実は老け顔をつくっているのは日常生活の様々なことが原因になっています。そこで今回は老け顔に見える原因、そしてその中でも皆さんがあまりしていない老け顔対策におすすめの日焼け止めをご紹介します。

男性が老け顔になる原因

男性が老け顔になる原因

・男性の老け顔に見られる特徴
それではまず最初に皆さんが悩んでいる老け顔に見えてしまうのはなぜなのか、老け顔に見られる特徴についてご紹介します。老け顔の方は自分がどの特徴に当てはまるのか、またどこを改善させたらいいのかを考えながら見ていきましょう。もちろん今は老け顔が気にならない方でも、いつ老け顔になるかは分からないのでそうなる前に対策する必要があるので、まだ何も対策をしていないという方はぜひ確認していきましょう。

1.顔のたるみが目立つ
顔の筋力が衰えて皮膚がたるんでしまうと、老け顔に見えるだけでなくシワも目立ちやすくなってしまいます。また、見た目がのっぺりとした平らなイメージの顔になってしまいます。

2.クマが目立つ
毎日働いている男性はなかなか睡眠がとれないかと思います。そんな睡眠不足や疲れが溜まってしまっていると、目の下にはクマができています。クマがある人は疲れているような顔に見えてしまうため、実年齢と比較した際に5歳増しで老けて見えると言われています。また、見た目の年齢を上げてしまうだけではなく、肌荒れの原因にもなってしまうため、クマがお肌に与える影響は大きいものになります。

3.シミやシワ、ほうれい線が目立つ
シミ・シワ・ほうれい線は加齢によってでるものの代表でもあり、老け顔の最大の特徴です。この3つについて悩んでいる方は少なくありません。ですが、シミ・シワ・ほうれい線は決して若いからないというわけではありません。もちろん20代でもシミやシワ、ほうれい線に悩む方はいますし、反対に40代でもシミやシワ、ほうれい線に悩んでいない方もいます。なかなか消すことができないのも特徴で、さらに歳を重ねるごとにシワやほうれい線ははっきりとしてきます。

4.肌荒れしている・顔色が悪い
男性は皮脂量が多いため、ニキビなどの肌トラブルを招きやすいのですが、その肌トラブルは汚らしくみえてしまうだけでなく、老け顔として見られてしまいがちです。また、顔色が悪いと不健康に見えてしまいますし、そのせいで老けて見えてしまうこともあります。肌荒れ・顔色が悪いといったことは老け顔の原因だけでなく、周りの人からの印象が変わってしまうので、特に気をつけたいものです。

5.ヒゲが濃く青髭になりやすい
10代の頃からヒゲが濃くて悩んでいた方、今でも朝髭を剃っても夕方には青髭になってしまうという悩みを持った方は多いかと思います。もちろん通常のヒゲが伸びっぱなしの状態でも清潔感はあまりないのですが、それよりもさらに老け顔に見せてしまうのが青髭です。青髭は実年齢に10歳増し程度で見られることが多く、老け顔に見られてしまう大きな原因になります。

6.面長・一重の人
面長の顔の人は老け顔に見えてしまうことがあります。また、一重の人も老けて見えることがあるので、面長で一重の方は余計にそう見られてしまいますよね。

ここに書いた条件が1つでも当てはまっていれば老け顔に見えてしまう方もいますし、複数当てはまらないと老け顔に見えない方もいます。個人差はありますが主な理由を参考にしていただいて、それぞれの対策を行っていきましょう。

・紫外線対策をしないと老ける?
次にそれらの老け顔の原因にもなる紫外線についてです。女性は夏になると紫外線対策のために日焼け止めを塗ったり日傘をさしたり、暑くても長袖やアームカバーをつけて外出していますよね。徹底している人ですと、季節関係なく常に日焼け止めを使用している方もいます。紫外線は夏のイメージが強いですが、実は一年中紫外線が出ているのです。ですが、男性はどうでしょう?夏に日傘をさしたり日焼け止めを塗っている方ってそんなに多くはないですよね?この紫外線はただお肌を焼くだけではなく、お肌に様々な影響を与えるのです。
通常紫外線に当たるとお肌の細胞が破壊されてしまうのですが、それを守るためにお肌はメラニン色素を作り出して壊されないように防ごうとします。ですが、紫外線に当たる量が多いと、その分多くのメラニン色素が作り出されてしまいます。するとお肌に沈着してしまい、それがお肌のシミと呼ばれるものになってしまうのです。さらにお肌の細胞が破壊されてしまうと、お肌のターンオーバーと呼ばれるお肌のサイクルが乱れてしまい、古い角質などによってニキビ・肌荒れといった肌トラブルを起こす原因になってしまうのです。
せっかくの夏だしお肌を焼きたいと思っている男性は多いかと思います。もちろんお肌が少し焼けている男性の方が健康的で魅力的に見えますよね。ですが、それと同時に日焼けはお肌を大切にしていない証拠になってしまいます。今はこんがり焼けてかっこいいかもしれませんが、数年後に様々なお肌のトラブルが出てきたとき焼かなければよかった…と後悔するかもしれません。日焼けは火傷と同じでシワ・シミの原因になってしまうので、今こんがり焼いて数年後後悔することになるのか、今からしっかりと対策をして数年後も若々しいきれいなお肌をキープし続けるのかはあなた次第ですよ。

男性の老け顔対策に!男性日焼け止めを選ぶおすすめのポイント

男性の老け顔予防に!日焼け止めを選ぶおすすめのポイント

紫外線はお肌の敵であり、さらに老け顔にする原因ということが分かりましたか?紫外線が原因の老け顔を改善させるためには日焼け止めで対策をしたいのですが、男性の方だと特に日焼け止めを購入したことのない方は多いでしょうし、現在は男性用でもたくさんの種類の日焼け止めが発売されているため、どの日焼け止めが自分に合っているのか、またどの日焼け止めが効果が高いのかなどを判断するのは難しいかと思います。そこで、自分に合った日焼け止めを選ぶためのポイントをご紹介します。ぜひ日焼け止め選びの参考にしてみてください。

SPFとPAに注目

男性の日焼け止めはSPFとPAに注目しましょう

日焼け止めに必ず記載されているSPFとPAについてです。皆さん見たことや聞いたことはあるかとは思いますが、実際にこの2つが何を表しているのかご存知ですか?SPFとPAが何なのかについて確認をしましょう。その前にまずは、紫外線の種類について確認していくのでぜひ一度ご覧ください。
まず初めに紫外線にはUVA・UVB・UBCといった3つの種類があります。それぞれの紫外線によってお肌に与える影響は異なりますので、1つずつ確認していきましょう。

・UVA
UVAとは最もたくさん地上に到達する紫外線です。私たちが日焼け対策をしている紫外線はこのUVAになります。ここで万が一日焼け止めなどの紫外線対策を行わないと、シワやシミが作られる原因になってしまいます。また、夏の暑い日だけではなく、雨でも曇りでも秋でも冬でも季節や天気を問わずに地上に来るためとても厄介な紫外線なのです。また、室内でも窓際などの日当たりが良い場所にいると日焼けをする可能性があるので注意が必要です。このUVAは肌の奥まで浸透しやすいので徹底的に対策する必要があります。

・UVB
UVBもUVAと同じく地上に到達するのですが、UVBと違うのは全体で5%程度のごくわずかしか到達できないというところです。なかなか到達できない紫外線ですが、その分肌への影響も大きく肌を真っ赤に焼いてしまうのです。またそれだけではなく皮膚の層を破壊してしまうこともあり、そこから水ぶくれになってしまうこともあるとても嫌な紫外線です。

・UVC
最後にUVCです。UVCは人の肌に触れると皮膚が大火傷を負ってしまうほどにお肌に害のある紫外線です。ですが、この紫外線は普段日常的に私たちには届かない紫外線です。なぜなら上空10km~50kmに存在しているオゾン層という気体が、地上に届く前のUVCを遮断し地上まで到達しないようにしてくれているのです。ですがこのオゾン層は地球温暖化によりいずれ破壊される可能性もあると言われています。そうなったときにお肌へのダメージだけではなく生きられるのかも怪しいそうです。

紫外線の種類についてなんとなくでも理解できたでしょうか?しっかりと理解できたら次に日焼け止めに表示されているSPFとPAについてのご紹介をしていきます。それぞれ役割が異なっていて、これを覚えることで日焼け止めの選びやすさが変わってくるのでしっかりと覚えていきましょう。

・SPFとPAの役割
SPFはUVBを防ぐ力になります。また、SPFは10~50+の数値で表されることが多いのですが、数値が高ければ高いほど防ぐ力が強くなります。対してPAはUVAを防ぐ力のことで、「+」の数で強さが決まります。最も高いのが「++++」なので、最も強力な日焼け止めが欲しいという方にはSPF50+PA++++といった表記のされている日焼け止めを使用するのがおすすめです。ですが、それだったらSPF10の日焼け止めやPA+の日焼け止めなんて買わない方が良いんじゃないの?なんて感じてしまいますよね。ですが、強い日焼け止めには当然デメリットもあります。それはお肌への刺激も強くなってしまうということです。効果が一番あるからと少しだけ外に出るために強い日焼け止めを使用してしまうと、お肌に負担がかかってしまいます。

・SPFとPAそれぞれいくつの日焼け止めがおすすめ?
もちろん紫外線の強い場所に行く予定がある方、海外などに出かける方は強い日焼け止めを使用するのが最も効果的です。ですが、少しだけお買い物に外へ出る方などあまり外へ出る予定がない日や、外で少しだけスポーツをするといった際に、強力な日焼け止めはもったいないので、行動によっておすすめの日焼け止めの強さをご紹介します。

☆SPF10~20 PA+~++
散歩・短時間の買い物などの日常生活

☆SPF20~30 PA++~+++
屋外での軽いスポーツ

☆SPF30~50 PA+++~++++
炎天下での活動・海や山へレジャー

☆SPF50~50+ PA+++~++++
海外リゾート。紫外線が強い所への外出

大体の選び方についてご紹介していきました。これを参考に使い分けることで日焼け止めの効果もありながら、お肌に強い刺激を与えすぎずに済むのでおすすめです。ぜひこれを参考にして日焼け止めの表記を確認してみましょう。

成分に注目

男性の日焼け止めは成分に注目しましょう

次に成分です。日焼け止めもお肌に塗る商品なのでできるだけお肌に良い成分が配合されたものを使用したいですよね。そんな方におすすめなのは保湿成分や美肌成分です。乾燥しやすい肌質の方には「ヒアルロン酸」や「セラミド」といった保湿成分が含まれているものが人気です。また、お肌を整えたい方には植物エキスなどの美肌成分が含まれているものをしようするのがおすすめです。現在は日焼け止めでもただ紫外線から守るだけでなく、お肌の調子を整えたり、乾燥肌を守ってくれたり、敏感肌でも使用できるようにお肌にやさしい成分を使用しているものもたくさんあります。自分の理想のお肌になるために必要な成分が配合されているものを選ぶのもおすすめなので、ぜひ配合成分にも注目してみてください。

落とし方に注目

男性の日焼け止めは落とし方に注目しましょう

次に落とし方です。皆さん日焼け止めは何で落とすかご存知ですか?すべての日焼け止めがお湯で落とせる、または体を洗う時のボディーソープや顔を洗う時の洗顔料で落とせると思っていませんか?実はそれは間違いなんです。日焼け止めを落とす方法には3種類あり、お湯・石鹸(洗顔料など)・クレンジングです。お湯や石鹸などで落とせる日焼け止めでしたら、簡単に落とすことができるので良いかもしれませんが、自分が買おうと思っていた日焼け止めがクレンジングが必要なものだったらどうでしょうか?もちろんクレンジングが家にあるという方なら問題ないですが、持っていない方はわざわざ新しく購入しなければならないのでめんどうですよね。また、クレンジングを使用しないと落ちないということを知らなければ、家にクレンジングがあっても当然使用しないので意味がありません。そういったことを踏まえて、日焼け止めを購入する際は何で落とすことができるのか、クレンジングが必要かどうかといったことをしっかりと確認しましょう。

付け心地に注目

男性の日焼け止めは付け心地に注目しましょう

付け心地にも注目しましょう。現在日焼け止めにはたくさんの種類が出ており、化粧水のようなさらさらとしたタイプ・乳液やクリームタイプ・スプレータイプのものまであります。使用感の好みは人それぞれでしっとりした感じが好きな方は乳液タイプの方が良いでしょうし、あまりべたつかずにさらっとしているものが良い方はローションタイプがおすすめです。髪の毛もしっかりと紫外線対策をしたい方はスプレータイプが良いと思いますが、スプレータイプは使用が難しく、慣れるまではなかなかうまくいかない可能性もあるので、自信がない方は避けましょう。初心者の方でもむらなく綺麗に塗りやすいのは乳液・クリームタイプです。大抵白っぽいものなのでどこに塗ったのかが分かりやすくなっています。家ではしっかりとクリームを使用して、出先ではスプレーなんて使い方も良いかと思いますので、ぜひ様々な日焼け止めを試して自分に合った商品を見つけましょう。

価格に注目

男性の日焼け止めは価格に注目しましょう

最後に価格です。様々な選ぶためのポイントをご紹介してきましたが、その中でも種類は多く価格も様々です。もちろんお値段が高い日焼け止めはその分お肌に良い成分が配合されていることもありますし、それ以外にも差はあるかと思います。ですが、日焼け止めは毎日使用する必要があるものなので、使い続けられる価格の物を選ぶ必要があります。あまり高いものを購入してしまうと使い続けることができなくなってしまったり、少量の日焼け止めでなんとかしようと思ってしまいますね。ですが、継続して適量を使用し続けることで効果があるものなので、無理のない価格の範囲で選びましょう。

男性の老け顔対策に!男性日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選

男性の老け顔予防に!日焼け止めの人気おすすめランキング10選

日焼け止めについて様々なご紹介をしてきましたがいかがでしたか?なかなか自分に合いそうな日焼け止めが見つからない方、どれを購入したらいいのか分からない方のために、人気の老け顔対策におすすめの日焼け止めをランキング形式でご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

第10位ビオレ UV アクアリッチ ウォータリージェル / 花王

  • ビオレ UV アクアリッチ ウォータリージェル / 花王

    内容量

    90㎖

    価格

    768円

    SPF / PA

    SPF50+ / PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    汗や水などに強いスーパーウォータープルーフタイプタイプの老け顔対策におすすめの日焼け止めです。80分間の耐水試験でしっかりと確認済なので安心して使用することができます。お肌になめらかに密着し、しっかりとお肌にとどまってくれるジェルタイプで、ウォーターカプセルが入っているので伸びが良く、全身にしっかりと使用することができます。美容液成分としてヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス・シトラスMIXが配合されているので、乾燥しがちなお肌の方でもしっかりと保湿してくれます。ウォータープルーフタイプですが、洗顔料や石鹸などで落とすことができてクレンジングいらずなので、使用しやすいのも人気の1つです。口コミサイトではお肌の弱い方には刺激が強い可能性もあるという声が多くあがっているので、お肌が心配な方はパッチテストを行ってみてください。

  • 成分

    水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、(メタクリル酸ラウリル・メタクリル酸Na)クロスポリマー、酸化チタン、安息香酸アルキル(C12-15)、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ジメチコン、エチルヘキシルトリアゾン、キシリトール、パルミチン酸デキストリン、含水シリカ、ヒドロキシエチルセルロース、ステアリン酸グリセリル、(ビニルジメチコン・メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、トリエトキシカプリリルシラン、(アクリレーツ・アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、セタノール、パーフルオロアルキル(C4-14)エトキシジメチコン、水酸化Al、水酸化K、ステアリルアルコール、ステアリン酸、カンテン、ポリビニルアルコール、イソセテス-20、ステアロイルメチルタウリンNa、AMP、ステアロキシPGヒドロキシエチルセルローススルホン酸Na、グルタミン酸、ローカストビーンガム、マルトース、BG、PG、ヒアルロン酸Na、ローヤルゼリーエキス、オレンジ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、レモン果実エキス、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、BHT、香料

第9位パーフェクトUV スキンケアミルク / ANESSA

  • パーフェクトUV スキンケアミルク / ANESSA

    内容量

    60㎖

    価格

    2,678円

    SPF / PA

    SPF50+ / PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    UV防御力はアネッサの日焼け止め史上最高で、さらにスキンケア成分を50%配合しています。従来のアネッサの日焼け止めで使用されていた技術であるアクアブースター技術にさらに耐こすれ機能でUV効果がアップしています。美容成分には保湿・整肌効果のあるヒアルロン酸やコラーゲンを中心とした成分を配合、さらにこれからのお肌を美しくしてくれる緑茶エキスなどの美容成分を配合しているので、UVカットだけでなくお肌のことも考えられてつくられた商品です。香りは爽やかなシトラスソープの香りなので、男性が使用しても不自然ではありません。

  • 成分

    ジメチコン、水、酸化亜鉛、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、タルク、ミリスチン酸イソプロピル、メタクリル酸メチルクロスポリマー、シクロペンタシロキサン、イソドデカン、オクトクリレン、酸化チタン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、グリセリン、セバシン酸ジイソプロピル、(ビニルジメチコン・メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、シリカ、パルミチン酸デキストリン、キシリトール、トリメチルシロキシケイ酸、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、PEG・PPG-14・7ジメチルエーテル、塩化Na、チャエキス、サクラ葉エキス、カニナバラ果実エキス、アセチルヒアルロン酸Na、トルメンチラ根エキス、アロエベラ葉エキス、水溶性コラーゲン、PPG-17、トリエトキシカプリリルシラン、イソステアリン酸、ジステアリルジモニウムクロリド、ジステアルジモニウムヘクトライト、水酸化Al、ステアリン酸、EDTA-3Na、BHT、トコフェロール、イソプロパノール、BG、ピロ亜硫酸Na、フェノキシエタノール、香料

第8位ビオレ UV さらさらパーフェクトミルク / 花王

  • ビオレ UV さらさらパーフェクトミルク / 花王

    内容量

    40㎖

    価格

    564円

    SPF / PA

    SPF50+ / PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    徹底した耐水試験をクリアした汗・水に強いスーパーウォータープルーフタイプの老け顔対策におすすめの日焼け止めになります。スーパーウォータープルーフなのにベタつかずサラサラの肌触りを実現。強力な紫外線から全身を守れるように全身に使用できる日焼け止めです。夏の定番である海や山だけでなく、外でのスポーツ時・スポーツの応援時にも使用することができます。日焼け止めにありがちな塗ると白くなってしまうということもない、塗ると透明になっていくミルクです。顔についた日焼け止めを落とす際はメイク落としが推奨なのですが、ぜひお試しください。

  • 成分

    シクロペンタシロキサン、水、エタノール、酸化亜鉛、ジメチコン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、(メタクリル酸ラウリル・メタクリル酸Na)クロスポリマー、息香酸アルキル(C12-15)、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、酸化チタン、ポリメチルシルセスキオキサン、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、タルク、メチコン、PEG-12ジメチコン、PEG-3ジメチコン、ポリシリコーン-9、アルミナ、シリカ、ヒアルロン酸Na、フェノキシエタノール、香料

第7位ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス / 花王

  • ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス / 花王

    内容量

    50ℊ

    価格

    698円

    SPF / PA

    SPF50+ / PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    他のビオレの日焼け止めと同様にこちらの日焼け止めも汗や水などに強いスーパーウォータープルーフタイプです。さっぱりとしたクリームタイプ日焼け止めなので、付けた瞬間に伸びの良さを感じることができます。乾燥しやすい方の場合はさっぱりしすぎて物足りないと感じてしまうかもしれませんが、弾性に多いオイリー肌の方にはおすすめで、UVもカットできてさっぱりしっとりした日焼け止めになります。もちろん保湿成分も配合されていますし、フレッシュフルーツアロマの香りでさっぱりとさせてくれます。クリームは黄色っぽいものなので、お肌に塗った際白くなってしまうということもないようです。価格も高くなく、ドラッグストアなどで購入できる手軽さもおすすめです。

  • 成分

    水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、(メタクリル酸ラウリル・メタクリル酸Na)クロスポリマー、安息香酸アルキル(C12-15)、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ジメチコン、エチルヘキシルトリアゾン、ジメチルシリル化シリカ、DPG、キシリトール、パルミチン酸デキストリン、(アクリレーツ・アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(ジメチコン・ビニルジメチコン)クロスポリマー、ポリシリコーン-9、ステアリン酸グリセリル、AMP、(ビニルジメチコン・メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、カンテン、イソセテス-20、アルキル(C30-45)メチコン、ポリビニルアルコール、オレフィン(C30-45)、水酸化Na、BG、PG、ヒアルロン酸Na、ローヤルゼリーエキス、オレンジ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、レモン果実エキス、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、BHT、香料

第6位ニベアメン UVプロテクター / 花王

  • ニベアメン UVプロテクター / 花王

    内容量

    40㎖

    価格

    825円

    SPF / PA

    SPF50+ / PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    花王から発売されている老け顔対策におすすめのニベアメンの男性用日焼け止めです。耐水性試験はしっかりと行われており、強力な紫外線をしっかりとカットしつつ、汗や水には強いため簡単には落ちません。高い耐汗性に加えてウォータープルーフ処方のため、汗はもちろんマリンスポーツなどをしても落ちにくいのが人気の秘密です。また、男性ならではの皮脂吸着成分も配合しているため、皮脂によるテカリ・ベタつきを抑えてくれます。クールシトラスの香りでさっぱりさせてくれるところも男性用日焼け止めの大きな特徴の1つです。1つあたりの量が少なく感じるかもしれませんが、少量でもしっかりと伸びるので毎日使用しても意外ともちが良いようです。

  • 成分

    水、シクロペンタシロキサン、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化亜鉛、トリシロキサン、ジメチコン、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、イソノナン酸イソノニル、タルク、ポリメチルシルセスキオキサン、オクテニルコハク酸デンプンAl、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、トリエトキシカプリリルシラン、エチルヘキシルトリアゾン、セチルPEG・PPG-10・1ジメチコン、ヒドロキシアパタイト、アセチルヒアルロン酸Na、(アクリレーツ・ジメチコン)コポリマー、マイカ、酢酸トコフェロール、硫酸Mg、BHT、フェノキシエタノール、香料

第5位薬用サンプロテクトEXa / サンメディックUV

  • 薬用サンプロテクトEX a / サンメディックUV

    内容量

    50㎖

    価格

    2,268円

    SPF / PA

    SFP50+ / PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ただの老け顔対策の日焼け止めではないのがこの商品です。もちろん日焼け止めとしてもしっかりしており、汗や水などに強いウォータープルーフタイプです。また、お肌の気になるトラブルにもアプローチしてくれます。シミ・そばかす・肌荒れ・乾燥を防ぎ、乾燥によって起きる小じわを目立たなくしてくれます。化粧水・美容液・乳液の効果もあるので朝はオールインワンでお肌のお手入れが終了し、今までスキンケアをしていなかった方にもスキンケアが定着するはずです。無添加処方でお肌にやさしいので、敏感肌などお肌に心配のある方でも異常なく使用することができるので、様々な肌質や悩みを持った方から人気の日焼け止めです。ジェル状なので日焼け止めでは恒例の振る時間も必要なく、またジェルがお肌にしっかりと定着、伸びも良いので大人気です。

  • 成分

    トラネキサム酸、タイムエキス(1)、ウコンエキス、ユビデカレノン、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、精製水、デカメチルシクロペンタシロキサン、パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル、1,3-ブチレングリコール、メチルポリシロキサン、濃グリセリン、ジプロピレングリコール、含水ケイ酸、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、α-オレフィンオリゴマー、デカメチルテトラシロキサン、ポリプロピレングリコール、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸、2,4-ビス-[{4-(2-エチルヘキシルオキシ)-2-ヒドロキシ}-フェニル]-6-(4-メトキシフェニル)-1,3,5-トリアジン、イソステアリン酸、トリエタノールアミン、キシリット、2-[4-(ジエチルアミノ)-2-ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステル、ヘキサメチレンジイソシアネート・トリメチロールヘキシルラクトン架橋ポリマー、架橋型N、N-ジメチルアクリルアミド-2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸ナトリウム共重合体、セスキイソステアリン酸ソルビタン、サクシノグルカン、クエン酸、ジブチルヒドロキシトルエン、エデト酸二ナトリウム、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、無水ケイ酸、クエン酸ナトリウム、トリメチルシロキシケイ酸、フェノキシエタノール、低温焼成酸化亜鉛

第4位ボトコラックス ブラックマルチUVジェル オーシャン / BOTOCOLLAX

  • ボトコラックス ブラックマルチUVジェル オーシャン / BOTOCOLLAX

    内容量

    70ℊ

    価格

    1,180円

    SPF / PA

    SPF40 / PA+++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ボトルからも分かるおしゃれで高級そうなデザイン。ですが、おしゃれなのはボトルだけではありません。香りは日焼け止め特有のあの嫌なニオイを避けるために、ベルガモットグリーンの高級感のある華やかな香りになっています。これを使用して外に出れば、すれ違いざまに女性が振り返る可能性もあります。そこまで強力なものではありませんが、ある程度のレジャーまでならしっかりと対応してくれます。ジェル状なので使用した際の伸びも良く、塗った際にベタつきも感じない使用感です。からだ・顔だけでなく髪の毛にも使用できるので、頭皮の日焼けが気になる方にもおすすめです。また、日焼け止めの効果だけでなく、生コラーゲンを配合することによって保湿効果もしっかりとある。機能性も抜群の商品です。サイズも大きすぎないため、お出かけの際に持ち歩くことも可能です。

  • 成分

    水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エタノール、BG、シリカ、パルミチン酸エチルヘキシル、グリチルリチン酸2K、カキタンニン、チャ葉エキス、セルロースガム、ルイボスエキス、ヒアルロン酸Na、ビルベリー葉エキス、水溶性コラーゲン、炭酸水素Na、銀、白金、ジエチルアミノヒドロキシベンソイル安息香酸ヘキシル、イソステアリン酸、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、香料、(アクリレーツ・アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、メチルパラベン、トコフェロール、ユビキノン、エチドロン酸4Na、乳酸Na

第3位UVプロテクトジェル / プラウドメン

  • UVプロテクトジェル / プラウドメン

    内容量

    60ℊ

    価格

    1,944円

    SPF / PA

    SPF50 / PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    老け顔対策におすすめのジェルタイプの日焼け止めになります。そのためとても塗りやすく伸びがいいですが、ベタつかないので不快感はありません。日焼けを防ぐだけでなく、保湿成分としてアロエベラ葉エキス・コラーゲンなど5種類の成分を配合しているので、紫外線で乾燥してしまったお肌も優しくしっとりと保湿してくれます。また、顔・身体に使用できるため1本あれば対策できますし、グルーミングシトラスの香りがとても良い香りなので、紫外線対策をしながら良い香りも身にまとえるため毎日の紫外線対策がとても楽しくなりそうです。量に対して価格が少し高めなので無理せずに使用したり、SPF・PAともに高いので日常生活では少し弱いものを使用して、野外で長時間遊ぶときなど特別な時にだけ使用するのもおすすめです。

  • 成分

    水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、シリカ、ペンチレングリコール、パルミチン酸エチルヘキシル、ジグリセリン、アルギニン、カキタンニン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、マグワ根皮エキス、ユビキノン、ヒアルロン酸Na、BG、トコフェロール、メントール、乳酸Na、イソステアリン酸、フェノキシエタノール、ポリソルベート60、(アクリレーツ・アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、香料

第2位BBクリーム フォーメン / アラミスラボ

  • BBクリーム フォーメン / アラミスラボ

    内容量

    50㎖

    価格

    5,724円

    SPF / PA

    SPF35 / PA+++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    こちらはただの日焼け止めではなく、美容液・日焼け止め・ファンデーションの効果をもったオールインワンのBBクリームになります。男が化粧なんて…と思う方もいらっしゃるかとは思いますがこういった商品を利用している男性は意外と多く、日焼け止めだけではなく青髭をさりげなく目立たないようにしたい方、肌をワントーン明るくしてお肌をきれいに見せたい方に利用されています。クリームはかなり明るい色ですが肌馴染みが良く、不自然な感じにならないのはとてもおすすめです。クリームには色がついているため夏場汗をかいた際にシャツで拭いてしまうと、シャツにクリームの色がついてしまうため注意が必要です。量に対しての価格に不満の声もありますが、伸びがとてもよく少量でも顔全体にしっかりと使用することができるので、そこまで悪くはないようです。

  • 成分

    水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、サリチル酸オクチル、クエン酸トリオクチルドデシル、酸化チタン、メチルトリメチコン、オキシベンゾン-3、ジメチコン、ステアロイルオキシステアリン酸オクチルドデシル、BG、酸化亜鉛、ペンチレングリコール、フェニルトリメチコン、ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ポリメチルシルセスキオキサン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸PEG-40、アセチルグルコサミン、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム・VP)コポリマー、酸化鉄、グリセリン、ネオペンタン酸オクチルドデシル、酢酸トコフェロール、スクロース、ステアリン酸、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、水酸化Al、ステアロイル乳酸Na、レシチン、コレステロール、カフェイン、キサンタンガム、スクワラン、リノール酸、PCA-Na、尿素、テトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル、ミリスチン酸イソプロピル、ツクシメナモミエキス、ステアリン酸PG、シリカ、EDTA-2Na、オリザノール、トリイソステアリン酸イソプロピルチタン、オレイン酸、ヒアルロン酸Na、ポリソルベート20、ラウリン酸ソルビタン、グリチルレチン酸、オオムギエキス、ポリメタクリル酸メチル、リノレン酸、コムギ胚芽エキス、ラウリン酸PG、ポリクオタニウム-51、トレハロース、カラフトコンブエキス、キュウリ果実エキス、リンゴエキス、アセチルヘキサペプチド-8、オウゴンエキス、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、デヒドロ酢酸Na、ソルビン酸K

第1位ボタニカルデイトリートメント&UVブロック / クワトロボタニコ

  • ボタニカルデイトリートメント&UVブロック / クワトロボタニコ

    内容量

    30ℊ

    価格

    1,998円

    SPF / PA

    SPF50+ / PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    SPF・PAともに最も高い日焼け止めで、しみ・しわ・たるみといった老け顔の原因となる紫外線を防いでくれます。美肌成分であるユキノシタエキスと浸透型ビタミンC誘導体がエイジングケアをしてくれます。さらにオイルコントロール処方のため、配合されている皮脂吸着パウダーが皮脂量の多い鼻やおでこなどのTゾーンを中心に、テカリやベタつきを長時間抑えてくれます。日焼け止めにありがちなベタつきや白浮きといったトラブルもなく、さらさらとした乳液状のウォータープルーフタイプです。ベルガモットとローズマリーがほのかに香るので、使用するたびに癒されます。口コミでは伸びやサラサラ具合などの使用感、香り、価格など様々な部分で高評価を得ており、男性に大人気の老け顔対策におすすめの日焼け止めです。

  • 成分

    水、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ネオペンタン酸イソステアリル、BG、ジメチコン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、酸化チタン、グリセリン、ポリメチルシルセスキオキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ビルベリー葉エキス、オウゴン根エキス、チガヤ根エキス、チャ葉エキス、サトウカエデ樹液、ユキノシタエキス、ベルガモット果実油、ローズマリー油、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、グリチルレチン酸ステアリル、ジメチルシリル化シリカ、(アクリル酸アルキル・ジメチコン)コポリマー、ハイドロゲンジメチコン、シリカ、ステアリン酸、塩化Na、水酸化Al、ジステアルジモニウムヘクトライト、PEG-10ジメチコン、(ベヘン酸・エイコサン二酸)グリセリル、PEG-8、カルボマー、(ジメチコン・ビニルジメチコン)クロスポリマー、ナイロン-12、フェノキシエタノール、エタノール

男性の老け顔対策に!男性日焼け止めの使い方

男性の老け顔予防に!日焼け止めの使い方

それでは次に日焼け止めを老け顔対策に使用する際のポイントをご紹介します。日焼け止めはもちろんお肌に塗るのですが、どのタイミングで塗ったらいいのか、一日に何度も塗らなければいけないのかなど、様々な疑問を解決します。ですが、実際に使用する前にオススメしたいのがパッチテストです。腕の内側の部分などの目立たない部分に少量使用し、その後2日間様子を見ます。赤みやかゆみが出ないようでしたら問題なく使用できる場合がほとんどですので、安心して使用ができます。

日焼け止めを塗る

日焼け止めを塗りましょう

皆さんが日焼け止めを使用する場合、使用するのは顔・腕・足かと思います。もちろん海で水着になる場合は上半身にしっかり塗るかもしれません。基本的に服を着て肌が出ている部分にはしっかりと塗ってあげた方が良いでしょう。
まず、顔に塗る際ですが500円玉程度の日焼け止めを手にとり塗っていきます。商品によっては伸びがいいものなどもありますので最初は少量ずつ出して様子を見るのもいいかもしれません。塗る際には一度だけでなく、二・三度と何度も重ね塗りをすることで塗りむらをなくし、しっかりと紫外線対策をしましょう。また、顔に日焼け止めを使用する際鏡で見える顔の前面のみにしか使用しない方もいるかとは思いますが、それではほかの部分が紫外線の餌食になってしまいます。顔を塗るついでに一緒に首や耳などもしっかりと塗りましょう。また、髪の毛の生え際や小鼻などは塗り忘れが多い部分なので忘れないようにしましょう。
次に身体です。腕や足は夏になると嫌でも出てしまう部分なのでしっかりと紫外線対策をしましょう。腕・足には直線状に日焼け止めを出し、それを伸ばしていくイメージで全体に広げていきましょう。少しずつ下から上などにつけていくとむらがでる可能性があります。

日焼け止めは忘れずに落とす

日焼け止めは忘れずに落としましょう

日焼け止めを普段しない方は特にですが、意識して日焼け止めを落とすということはあまりしないかもしれません。ですが、日焼け止めを落とさずにそのままにしてしまうと、肌トラブルの原因にも繋がってしまいます。そこで必ず日焼け止めを使用する際には落とすことを忘れないようにしましょう。選ぶポイントでもご紹介しましたが日焼け止めを落とす方法は様々で、お湯で落とせるもの、石鹸・洗顔料・ボディーソープで落とせるもの、クレンジングで落とせるものがあります。どんな落とし方のものでも良いのですが、自分の性格に合った落とし方の商品を選ぶことで落とし忘れもなくなるはずです。
さらに注意してほしいのが、塗るときに忘れがちとご紹介した首や耳、しっかり塗れない場合のある小鼻・髪の生え際は特に意識して洗い流すことで、落とし忘れも減るはずです。

徹底するには2~3時間おきの塗り直し

日焼け止めを徹底するには2~3時間おきの塗り直しをしましょう

皆さんは1日に何回日焼け止めの塗り直しを行っていますか?朝出かける前にしか使用しない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は日焼け止めの効果はそこまで持続力がなく、目安としては2~3時間ごとの塗り直しがおすすめされています。日焼け止めは夏は特に汗などによって流れていってしまうことも多く、効果が低下することが多いのです。もちろん最近ではウォータープルーフの商品もたくさんありますが、それでも限界はあります。SPFやPAが高いものでも2~3時間おきの塗り直しがすすめられているため、どの日焼け止めを使用している方でも気を付けていきましょう。日焼け止めでもおしゃれなデザインのものやコンパクトなものはたくさんあるので、出先で使用してもおしゃれに見えるかもしれません。
万が一塗り直す際に汗をかいていたり、皮脂がたくさんある場合には、まずは塗る箇所の肌を拭いたり皮脂を取るなどしてしっかりと落としてから使用することで、より日焼け止めがお肌に密着し落ちにくくなります。少しでも長続きをさせたい方はぜひお試しください。

日焼け止めは季節を問わず使用する

日焼け止めは季節を問わず使用しましょう

夏になると日焼け止めのCMが増え、何か対策をしないとと考える方も多いかと思います。ですが、老け顔対策の為には日焼け止めは夏だけではなく冬など季節を問わず使用する必要があるのです。もちろん紫外線が強くなるのは4~9月の春から夏にかけてです。ですが、それ以外の季節でも紫外線は常にあり、あなたのお肌にまで届いているのです。そのため日焼けだけでなく紫外線対策もしっかりと徹底したい方は、1年中日焼け止めを使用することをおすすめします。

肌トラブルにならないための日焼け止め

肌トラブルにならないための日焼け止め

日焼け止めはどんな商品でも少なからずダメージを受けてしまいます。そんな中で、少しでも負担にならないようにするためにできることをしていきましょう。そのためには日焼け止めを使用する前にしっかりと化粧水で保護をしてあげることです。紫外線のダメージを防ぐための日焼け止めでお肌が乾燥してしまっては意味がありませんよね?そこで化粧水を使って最初にお肌に水分補給をしてあげることで、お肌を乾燥から守ることができます。化粧水はたっぷりと使用してあげることが大切なので、たっぷりしっかりと使用してあげましょう。しっかりとお肌に水分が浸透したら日焼け止めを塗ってあげましょう。

日焼け以外の老け顔の原因

日焼け以外の老け顔の原因

最後に日焼け以外にもたくさんある老け顔の原因についてご紹介していきます。老け顔の原因を作り出すものは日常生活にもたくさん潜んでいるので、これを参考に、日焼け止めだけではなく、ぜひ日常生活でも老け顔対策してみましょう。

1.乾燥肌は老け顔を招く
乾燥肌というと、カサカサしてしまったりお肌がつっぱるような感覚があったり痒くなったりと、普段生活している中で様々なトラブルの原因になります。その中でもシワやシミは乾燥肌によって起きることも多く、乾燥してできたシワは深くなり残りやすいと言われています。ですが、現在乾燥肌の方は生まれつき乾燥肌だったという方ばかりでしょうか?実はそうではありません。もちろん生まれつき乾燥しやすいお肌の方もいますが、それ以外の多くは日常生活に潜んでいる乾燥しやすい行動をしてしまっているからなのです。それでは乾燥しやすい行動についてご紹介していきます。

・偏った食生活
食事にも乾燥の原因があるということをご存知ですか?嫌いな人はいないと思いますが、ハンバーガーなどのファストフードや肉ばかりの食事など、欧米のような食生活をしている方は栄養が偏ってしまうので、お肌が乾燥してしまいます。反対によく販売されているダイエット食品ばかりの生活の方も、亜鉛不足となってしまいます。偏った食生活は、内側からだけでなく外側にも分かりやすい影響を与えてしまいます。どれか一種類をたくさん摂るのではなく、バランスよく摂ることでお肌に良い影響を与えてくれるはずです。

・過度な飲酒
少量の飲酒はもちろん問題ないのですが、問題なのは過度に飲酒をしている方の場合です。お酒をたくさん飲んだ後の朝は顔がむくんでいませんか?それはアルコールを代謝するために水分が使用されるためなのです。また、水分が使用されるということはお肌が乾燥しやすくなり、シワが増えたりハリが失われることにもつながるので気を付けましょう。また、過度な飲酒は肝臓に良くないというお話はよく聞くと思うのですが、それ意外にもお肌に直接的に問題を与えてしまいます。それは、お肌に良いとされているビタミン・タンパク質の吸収を阻害するということです。そうすることで、本来ならばお肌に吸収されて良い働きをするはずだった栄養が失われ、さらにダメージを与えてしまうことになります。

・スキンケアを正しくしていない
皆さんは毎日洗顔を行うかと思いますが、それは正しい方法なのでしょうか?間違った洗顔はお肌にダメージを与えてしまい、乾燥の原因になってしまいます。また、それだけではなく肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因にもなります。洗顔をする際はしっかりと洗顔料を泡立て、その泡をお肌の上で転がすように洗っていきましょう。また、洗顔だけではなく、化粧水などを使用してのスキンケアも大切です。男性は女性に比べて水分量も少ないのでお肌は乾燥しやすく、しっかりと保湿をしてあげる必要があります。男性の方はなかなか化粧水を使用するといったことは少ないかもしれませんが、それをすることによってお肌にしっかりと水分がいきわたり乾燥しにくくなったり、肌トラブルを防ぐことができます。

・髭剃りでダメージ
男性なら誰もが経験があり、また大人になってもしている方は多いはずの髭剃りですが、この髭剃りは髭剃り負けが老け顔の原因になります。髭剃りとは本来、肌の表面にある角質層を髭と一緒に剃ってしまうためお肌が傷ついてしまいます。その後にしっかりとスキンケアを行わないとお肌は乾燥してしまって老け顔に見えやすくなってしまいます。また、それだけではなくニキビなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

2.喫煙
喫煙をしている男性も多いかとは思いますが、できる限りやめていきましょう。もちろん肺がんの可能性があるということもあるのですが、老けて見えることに大きく関係しています。みなさんは「スモーカーズフェイス」という言葉を知っていますか?これはタバコを吸うことによって、皮膚がたるむ・シワやシミが増える・顔色が悪くなるといった顔つきの方のことを言います。画像を検索すると分かるのですが、どの方も年齢以上、つまり老け顔に見えてしまうのです。もちろんタバコを吸うことで生まれるコミュニティもあり、やめたくない方もいるかもしれません。ですが、老け顔のことだけでなく、健康のことまで考えるとタバコに良いところは少なく控えた方が良いのかもしれません。

3.表情筋の低下
鼻や口、目など顔のパーツを動かすために使う筋肉のことを表情筋というのですが、その表情筋を日常生活で全て使用するというのは難しいですし、ましてやデスクワークで1日中パソコンとにらめっこしている方は特に表情筋が落ちやすくなります。表情筋が落ちてしまうと毛穴が目立ちやすくなる、ハリがなくなる、たるみやシワの原因になってしまいます。

4.ストレス
男性は仕事や私生活で忙しく、なかなか休めない結果ストレスが溜まりやすくなってしまうということもありますよね。ですが、ストレスを感じると人間はホルモンバランスが崩れてしまいます。すると、皮脂が大量に分泌されるようになってしまい、その結果ニキビなどの肌トラブルの原因になります。すると、お肌は汚くなってしまいぶつぶつとした皮膚が目立つため、若く見られなくなるだけではなく清潔感がないという印象まで持たれてしまいます。

5.運動不足
運動には全身の血行改善・お肌が新しい細胞に生まれ変わるターンオーバー・ストレス解消・成長ホルモンの分泌などにとても有効な働きをしています。ですが、運動を日常的にしない方はそういったメリットもなく見た目だけでなく中身も老化が進みやすくなってしまいます。

まとめ

紫外線対策で老け顔とお別れしましょう

今回は男性の老け顔対策におすすめの日焼け止めをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・SPFとPAの意味を理解し、自分の生活に合ったものを選ぶ
・落とし方も日焼け止めによって違うので確認する
・老け顔対策にはこまめな日焼け止めの塗り直しで効果アップ
ということです。

ぜひ、老け顔対策の為に男性日焼け止めを使用して、みなさんも若かった頃の自分を取り戻しませんか?

Share on

Share on

PAGE TOP