メンズ 脱毛・除毛
  • 2018.10.10 メンズ 脱毛・除毛

    髭脱毛器のおすすめ人気ランキング8選【自宅で簡単に】

    男性の皆さんは毎日出勤の前に必ず髭剃りをしている方も多いかと思います。髭は生やしっぱなしにしてしまうと不潔感があり、接客業や営業の方は特に気にしているのではないでしょうか。それでも毎日剃っているとお肌に傷がついてしまったり、炎症を起こしてしまって、せっかく髭を剃ってきれいにしているはずなのに逆に汚く見えてしまうこともあります。そこでおすすめなのが自宅で使える家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器は男性でも使っている方はいて、とてもおすすめの商品なのです。そんな家庭用脱毛器の特徴や人気の家庭用脱毛器についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

髭脱毛とは?

髭脱毛とは?

◎除毛と脱毛の違い
まず最初に毛の除去方法についてみていきましょう。毛を除去する方法には大きく分けて除毛と脱毛の2つに分かれます。1つずつ確認していきましょう。
除毛は表面に出てしまった毛を取り除くことを言い、髭の処理では最も多いカミソリやシェーバーで剃ることや、除毛クリームなどで肌の表面から出ている毛を溶かすことなどが除毛になります。手軽に毛を取り除くことができるのですが、その反面、表面上の毛しか処理ができないのですぐに伸びてしまい結局こまめに毛の処理を行わないといけなくなってしまいます。
次に脱毛です。脱毛とは毛を毛根から除去することを言います。脱毛サロン・クリニックなどで行われるレーザー脱毛や光脱毛、ニードル脱毛はもちろんですし、それ以外にも一時期話題になったブラジリアンワックスや家庭で簡単に行うことができる毛抜きなど、様々なものが脱毛と呼ばれています。
そのため、一言で脱毛と言っても脱毛方法には様々なものがあるので、除毛ではなく脱毛がしたいのか、脱毛はどの方法でしたいのかなど自分に合った髭の処理方法を考えたり試したりしながら選ぶ必要があります。

◎毛の処理方法別メリットとデメリット
自分に合った処理方法を考えると言われてもどう考えていいかが分からなかったり、試すと言ってもすべての方法を試すのは経済的にも時間的にも厳しいかと思います。
そこである程度の基準となれるように、様々な毛の処理方法別のメリットとデメリットをまとめてみました。これを参考にいくつかに絞ってみるのも良いかもしれません。

▽カミソリ
メリット
・一度に広範囲を処理できるので素早い
・カミソリ1つの価格が安いので試しやすい
・手軽にできるので楽
デメリット
・剃り跡がきれいではない
・剃ってすぐ生えてきてしまう
※あまり毛が濃すぎない方、気になった時すぐに処理したい方におすすめです。

▽シェーバー
メリット
・肌トラブルを起こしにくい
・ドライシェービングが可能なのでどこでも髭を剃れる
・刃の交換頻度が低いので経済的
デメリット
・価格は様々だが高価なものもある
・細かい部分などの剃り残しがある
※全体的に毛が濃く、とにかくいつでもどこでも髭を剃りたい方におすすめです。

▽除毛クリーム
メリット
・毛を溶かすので剃り終わった後のチクチク感がない
・毛穴の開き・黒ずみの心配がない
・塗るだけなので簡単に処理できる
デメリット
・毛を溶かす成分が入っているのでお肌が弱い人にはあまり向いていない
・定期的に何度も使用するのでお金がかかってしまう
※除毛にかける金額に余裕がある方、剃った後のチクチクが気になる方におすすめです。

▽ブラジリアンワックス
メリット
・好みのデザインに脱毛できる
・脱毛効果が2~3週間ある
・一度に広範囲を脱毛できる
デメリット
・痛みが伴う
・肌への刺激が強い
※自由度が高く手早くできるので、傷みに強く敏感肌ではない方におすすめです。

▽毛抜き
メリット
・毛抜きが安価で購入でき、何度も使用できる
・細かい部分などもしっかりと処理できる
・持ち運びが便利
デメリット
・処理時に痛みを伴う
・毛穴へのダメージになり肌トラブルへとつながる
※しっかりと抜き方やアフターケアを理解した上でやれる方はおすすめです。

▽ニードル脱毛
メリット
・毛を生やす細胞を壊すので永久脱毛と言える
・肌が焼けていたり、ほくろが近くにあっても施術できる
・通い続けなくてもいい
デメリット
・かなりの痛みを伴う
・金額が高額になってしまう
※金額や痛みにこだわりがなく、永久脱毛に近い状態にしたい方におすすめです。

▽レーザー脱毛
メリット
・医師が施術をしてくれるので安心できる
・万が一肌トラブルが起きてもアフターケアをしてくれる
・1回の施術時間が短いので楽
デメリット
・黒い色素に反応して処理するため白髪などの色素の薄い毛に反応しない
・保険適用外になってしまうのでお金がかかる
※多少高くても安心感を重視したい方におすすめです。

▽光脱毛
メリット
・レーザーに比べると安価に処理できる
・広範囲を一気に処理することができる
・痛みが少ないので初めての人でも安心
デメリット
・シミやほくろなど黒いものがあると照射できない
・永久脱毛ではなく減毛の効果がある
※比較的安く、痛みもなく脱毛したい方におすすめです。

▽サーミコン脱毛
メリット
・痛くない
・シェーバーのように処理できるので早い
・手軽で簡単に使用することができる
デメリット
・毛を焼いて処理するため焦げ臭くなる
・脱毛効果はない
※カミソリを使わずに皮膚から出ている毛を処理したいという方におすすめです。

毛の処理方法については様々なものがあり、さらに様々なメリットやデメリットがあります。そのため、自分に合った処理方法を見つけて処理していくことが必要になります。今回は比較的デメリットの少ない家庭用脱毛器についてご紹介をしていきます。

◎家庭用脱毛器とは
家庭用脱毛器を皆さんご存知でしょうか?自宅で脱毛をするとなると、ついつい剃ったり抜いたりしてしまいますが、実は脱毛サロンやクリニックなどで行われている処理方法を自宅でもすることのできるものがあるのです。それが家庭用脱毛器になります。先程様々な脱毛方法をご紹介しましたが、その中の「レーザー脱毛」「光脱毛」「サーミコン脱毛」は家庭用脱毛器でも行うことができるので、サロンやクリニックに通うよりも安く簡単に処理することができます。サロンやクリニックに置いてある脱毛器よりも威力は弱いですが、通う必要がないのでいつでも好きな時に始められて、やめたい時にやめることができるので忙しくてなかなか通う時間のない方にもおすすめです。もちろん毛質や毛量、その時の体調などにもよりますが、個人差があり効果が出ないこともあるのでそこは頭に入れておきましょう。

自宅で簡単!髭脱毛器を選ぶおすすめのポイント

自分に合った脱毛方法を選ぶポイント

毛の処理方法、そして家庭用脱毛器についてご紹介していきましたがいかがですか?少しでも興味を持っていただけたでしょうか?次に自宅で使える家庭用脱毛器を購入する際に選ぶポイントとなるものをいくつかご紹介していきます。ぜひ参考にして自分に合った家庭用脱毛器を購入していきましょう。

脱毛方法で選ぶ

脱毛方法で選びましょう

まずは脱毛方法です。先程「レーザー脱毛」「光脱毛(フラッシュ式)」「サーミコン脱毛」それぞれの処理方法のメリットとデメリットをご紹介しました。では、どの処理方法が最も効果があるのでしょうか?伸びてきてしまった毛を処理したい方や根元からなくしたいと思っていない方は「サーミコン脱毛」がおすすめです。「サーミコン脱毛」は毛を焼き切って処理する方法なので、根元には届きませんがカミソリで剃るよりも簡単に素早く終わらせられます。毛根までしっかりとなくしたいと考えている方、サロンやクリニックは高いけどレーザーや光による脱毛が気になる方は、「レーザー脱毛」や「光脱毛」がおすすめです。
脱毛効果としては、「レーザー脱毛」と「光脱毛」が大きく、痛みは「光脱毛」と「サーミコン脱毛」があまり感じません。ここまででどの方法の脱毛器を購入しようか悩んでいる方はぜひ効果が最も高く傷みが少ない「光脱毛」を試してみてはいかがでしょうか?

照射回数を確認

脱毛は照射回数を確認しましょう

次に照射回数についてです。脱毛器にはそれぞれ照射回数というものが決められており、その照射回数分だけ脱毛することができます。そこで照射1回あたりいくらでできるのかといったことを考えてお得なものを選ぶのも良いですし、カートリッジの付け替えや買い替えが面倒だと感じる方であれば1つの本体でたくさん照射できるものを選ぶのもいいでしょう。
また、照射回数だけでなく照射レベルという脱毛の強さも選べるものだと、部位によって強さを変えることもできますし、自分のお肌の状態に合わせて強さを変えることもできるので使用しやすいものになります。購入を悩んでいる方は照射回数・照射レベルについても確認してみるのが良いでしょう。

照射面積も調べる

脱毛は照射面積も調べましょう

照射面積も商品によって異なります。基本的には髭専用の家庭用脱毛器というものはなく、全身に使用することができるものが多いです。そのためあまりに照射面積が大きくても髭を脱毛したい方は使用しにくいかと思います。ですが、髭も脱毛したいけどせっかくなら体の気になる部分も脱毛したいと考えている方は、照射面積が小さいものだと他の部分を脱毛する際に時間がかかってしまいます。そのため、自分の脱毛したい箇所によって照射範囲の大きいものや小さいものと分けて選ぶのがおすすめです。また、唇の周りにも髭が生えますが、そういった部分に使用する際にあまりに面積が大きいとうまく使用することができません。そのため、髭のみに使用したい方はできるだけ細かく処理のできる面積の小さいものを選んで購入すると良いでしょう。
照射面積は自分が剃りたい箇所に合ったサイズのものを選ぶと、脱毛がさらに楽になるのでおすすめです。脱毛器の中にはカートリッジの照射面積が様々な大きさの物を販売していることもあるので、ぜひ一度参考にしてみてください。

国内の製品の方が安心できる

脱毛は国内の製品の方が安心できます

家庭用脱毛器は肌に直接触れるもので、さらに熱によって毛を処理していくものになるので安全面はしっかり気にするようにしましょう。もちろん使用方法にはしてはいけない使い方や、気を付けることなどが記載されています。ですが、どんなに使用方法を守って使用していても不具合が起きる可能性はあります。あまりに安くしっかりとしていない商品だと火傷などのトラブルを起こすこともあります。せっかく購入して傷になったり嫌な思いはしたくないですよね?そこでできるだけ信頼のできるメーカーが開発した製品や、販売実績がしっかりあるメーカーの製品、口コミや知り合いが使用していてメーカーの実際の対応についてなどを参考にしつつ選ぶのが大切です。
また、安全面はもちろんなのですが、何かあったときのための対応についてもしっかり確認していきましょう。万が一脱毛器が故障してしまった場合に修理をしてくれるメーカーもあれば、対応してくればいメーカーもあります。購入時のメーカー保証については期間だけでなく内容に関してもしっかりと目を通してみましょう。
ここまでだと国内産なのか国外産なのかはそこまで関係ないように思えるかもしれませんが、海外の商品だと保証が受けられない可能性だけでなく、脱毛器自体も海外の人の毛質に合わせて開発されているものになるので、日本人の我々の肌には合わないかもしれませんし、もしかしたら効果がないかもしれません。使用してみなくては分かりませんが、そういった失敗を防ぐためにも国内のメーカーが開発した商品を選ぶと良いかもしれません。

価格もしっかりと確認

脱毛は価格もしっかりと確認しましょう

最後に価格にもしっかりと注目しましょう。家庭用脱毛器は通常のカミソリなどとは違うので、かなり価格も高いものが多いです。そのため、自分が無理せずに購入できること、また今後も継続して使用することができることを考えて自分で予算を決めて購入しましょう。永久脱毛というわけではないので一度使用すれば生えてこなくなるわけではありません。使用し続ければ薄くなっていくかもしれませんがそれも個人差はありますし、使用をやめれば当然髭は伸びてきてしまいます。つまり、定期的に使用する必要があるのでそのためにも無理をしない価格のものを選ぶ必要があります。
また、脱毛器では種類によっては交換式のカートリッジが発売されているものもあります。そういったものを購入すると、最初に購入した本体の照射回数が終了しても付け替えるだけで使用することができますが、カートリッジが発売されていないものだと付け替えることができないので本体ごと購入し直さないといけません。せっかく何万円もかけて購入した脱毛器も、照射回数が上限に達してしまうと使用できなくなってしまいます。そうなると処分してもう一度本体を買い直し…するとお金もその分かかってしまいますしもったいないですよね?カートリッジ式のものは最近ではたくさん販売されているので、選択肢も少なくないはずです。

自宅で簡単!髭脱毛器のおすすめ人気ランキング8選

髭を脱毛したい人におすすめ家庭用脱毛器ランキング

それでは自宅で手軽に行える家庭用脱毛器のおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。それぞれに良いところがあり、とても良い商品ばかりです。周りの人が使用していればその人の声を参考にするのも良いですし、いなければ口コミサイトなどの口コミを参考にして自分に合いそうな商品をぜひ見つけてみてください。

第8位2PS / Pro-Max社

  • 2PS / Pro-Max社

    価格

    49,800円

    照射回数

    13万2千ショット(レベル4使用時)

    照射範囲

    3.1cm×2.1cm

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    脱毛サロンなどで使用されているIPL(インテンスパルスライト)方式を使用しているため、通常の脱毛器よりもより本格的な脱毛を自宅で気軽に行うことができます。照射面積は大きいので1回に照射する回数は少なくて済み、さらに1回照射ごとの待ち時間は3秒と待ち時間も少なく使用することができるので、従来の家庭用脱毛器よりも早く処理をすることができます。業務用で使用できるほどの強力なパワーをもつWフラッシュを採用しているので、毛の悩みも解決できるはずです。パワーは強力なのですがそのパワーは一瞬だけ働くので、個人差はありますが痛みもありません。オートショット機能もあるので初めての方でも自宅で簡単に脱毛を行うことができます。

第7位hikari epi / JAPAN GALS

  • hikari epi / JAPAN GALS

    価格

    24,800円

    照射回数

    1500発

    照射範囲

    3.5cm×2.3cm

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    価格が安く購入しやすいのがおすすめの1つです。脱毛器は使用したことがない方、初めて使用するのにいきなり高価なものは購入できないと思っている方は、手の届きやすいこちらで試してみるのも良いかもしれません。交換用のカートリッジも4千円程度で購入が可能なので継続もしやすそうですよね。ただ、1つのカートリッジでの照射回数が1500発とほかの家庭用脱毛器に比べて少し少ないので、髭だけでなく全身使用したいという方には少し物足りないかもしれません。照射レベルに関しては3段階で設定ができ、一番低いレベルは美顔器としての効果があるので女性も使用したくなる商品です。そのため奥さんや彼女など男女で仲良く使用するのも楽しそうです。

第6位メンズ・レイボーテEX / ヤーマン

  • メンズ・レイボーテEX / ヤーマン

    価格

    39,960円

    照射回数

    照射範囲

    2cm×1cm

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    エステサロンなどの業務用として使用されている「キセノンフラッシュ」を採用している脱毛器です。さらに髭を目立たなくさせるためだけの商品ではなく、がさついてしまった男性のお肌もケアできるように、通常の脱毛器よりも美肌効果のある波長が長くなるように作られています。そのため自宅でも気軽にエステサロンのようなケアが可能になっています。男性の髭をしっかりと脱毛できるように、小さめの照射面積なので細部までしっかりと処理をすることができます。さらに日本人男性のお肌に合わせてつくられた商品なので、様々な肌の方が使用することができます。通常の照射レベルは5段階あり、その他にも敏感肌モードという弱めのフラッシュを5回高速連射してくれるお肌に優しいモードや、パワーモードと呼ばれる最も強いモードで毛の濃く太い男性でもしっかりと効果があるはずです。

第5位光エステ脱毛器ラヴィ / LAVIE

  • 光エステ脱毛器ラヴィ / LAVIE

    価格

    42,984円

    照射回数

    100,000発

    照射範囲

    7.4平方cm

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    自宅で簡単に脱毛をするための商品なのですが、だからこそ簡単に早くそしてきれいに脱毛ができる商品が良いですよね。そこで脱毛サロンに負けないように強力なパワーのある脱毛器、さらに脱毛サロンや美容業界など様々な場面で採用されている脱毛技術であるIPL脱毛を採用することによって、肌を傷めずに毛根までしっかりと働きかけてくれます。照射範囲は7.4平方cmとやや広めですが、別売りで細かい部分に使用できるスリムカートリッジも販売されているので、そちらを使用してお手入れをするとさらにきれいに脱毛がしやすくなります。日本製のため日本人の肌質・毛質に合わせてつくられた商品なので、安心して使用できるのもおすすめのポイントです。

第4位レイボーテ グランデ / ヤーマン

  • レイボーテ グランデ / ヤーマン

    価格

    116,640円

    照射回数

    無制限(ランプのみ約20万回で寿命)

    照射範囲

    12平方cm

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    従来品であるレイボーテ(STA-181)と比較し照射面積は2.4倍、レイボーテシリーズとしては最大のパワーのフラッシュが採用されています。さらに最速で0.5秒感覚で照射することができる高速照射を兼ね備えています。使用するランプは3種類あり、体など面積の広い箇所に使用することのできるラージランプ、髭などの顔のムダ毛を脱毛することのできるスモールランプ、さらにムダ毛ケアだけでなくスキンケアの効果もできるフェイスランプを使い分けることによって、髭だけでなく体もきれいに脱毛してくれるのでとても便利な商品です。日本製なので安心して使用できるのももちろんなのですが、クール機能として照射後に瞬時に冷却してくれる機能が備わっているので、脱毛時の冷却といった手間を1台で補ってくれます。

第3位トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4x / tria

  • トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4x / tria

    価格

    54,800円

    照射回数

    充電式(500回充電可能)

    照射範囲

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    充電式なので充電が終わればコードレスで自宅以外でも気軽に脱毛ができます。こういった脱毛器はボタンがたくさんあって機能が使いこなせなかったりともったいないこともありますが、トリアはボタンが1つだけで電源も照射レベルの調整も可能なハイテクな商品です。もっとたくさんの機能がほしいという方にはあまりおすすめできませんが、男性で髭だけを脱毛したい方や、機械が苦手で使いこなせる自信のない方はぜひ一度トリアの脱毛器の手軽さを実感してみてはいかがでしょうか?また、照射範囲も狭いので髭などの細かい部分を脱毛するにはうってつけの商品です。初めて脱毛に挑戦する方、上手にできるか不安な方はぜひお試しください。

第2位光美容液 シルク・エキスパート / ブラウン

  • 光美容液 シルク・エキスパート / ブラウン

    価格

    44,993円

    照射回数

    30万回

    照射範囲

    3.0平方cm

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    脱毛器を使用する際に肌の明るさによって光の強さを変える必要があります。そのため、通常の脱毛器では自分の肌の明るさに応じて自分で光の強さを変えていくのですが、この脱毛器は肌の明るさを自動で認識して自分の肌に合った光の強さに自動で調節をしてくれます。光の調節は全部で10段階あるので肌に合った強さをぴったり見つけることができます。エステサロンが使用しているIPL方式を採用し、医療機関でのテストも済んでいるので安心して使用することができます。初めて自宅で脱毛器を使用する方でも気軽に試しやすい商品です。

第1位ケノン / アローエイト

  • ケノン / アローエイト

    価格

    98,000円

    照射回数

    200,000発(Lv.1照射)

    照射範囲

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    市販されている自宅で手軽に行える家庭用脱毛器の中では価格は高いのですが、その分かなりの効果がありとても人気の商品です。照射回数が終わってもそのまま付け替え用のカートリッジを取り付けられて便利なのですが、カートリッジにも種類があり「プレミアム」「エクストララージ」「ストロング」「ラージ」「美顔スキンケア」と全部で5種類あります。それぞれ特徴が違うので、使うか所によってカートリッジを分けるのも良いかもしれません。さらに、照射回数が多ければ多いほどあと何回で終わるのかが分からなかったり、使用している途中で終わってしまうなんて嫌ですよね。ケノンでは照射回数をカウントして残り回数をしっかりと表示してくれるので、数が少なくなったらカートリッジを追加購入することができます。

自宅で簡単!髭脱毛器の使い方

家でも綺麗に脱毛できる!家庭用脱毛器使用方法

家庭用脱毛器をご紹介しましたが、早速購入した方もいるのではないでしょうか?そこで次に、家庭用脱毛器を購入した方、また購入しようか悩んでいる方に、家庭用脱毛器を使用した髭の処理方法をご紹介します。購入した方・すでに使用している方はぜひ参考にして試してみましょう。これから購入するか悩んでいる方は使用方法もしっかりと知って、購入の参考にしてみてください。

脱毛前の準備

家庭用脱毛器での脱毛前の準備

すぐに脱毛をしたいとは思うのですが、まず最初に脱毛をする前の準備を行いましょう。この準備を丁寧に行うことで脱毛器を使用した脱毛の効果も変わってきます。

・シェービングで効率アップ
まずは髭を剃っていきます。脱毛器は光を照射するのですが、この光は黒い色のものに反応する性質があります。そこでその光を毛根に当てることで毛根はダメージを受け、毛を処理することができるのです。そのため、毛が伸びきった状態で使用すると光のパワーが分散してしまい、本来の力を発揮することができなくなってしまうので、毛を処理して毛根にしっかりとパワーが届くようにしてあげることで効果が変わってくるのです。また、長いまま照射してしまうと毛が発熱してしまい、その毛が肌に触れることで肌トラブルを起こす可能性もあるので注意をしましょう。
剃るタイミングですが、できるだけ毛根にのみ脱毛器の光を当てたいので1~2mm程度毛が伸びている状態で脱毛器を利用しましょう。もちろん当日にシェービングと脱毛器の使用をしてもいいのですが、あまりきれいに剃ってしまうと脱毛器が黒い色素に反応しにくくなってしまうので、少し伸びた状態で行うのがおすすめです。太い毛の場合はしかたありませんが、細い毛などは2~3日あけて脱毛器を使用するのも良いでしょう。さらにカミソリなどでシェービングをするとお肌に少しでもダメージを与えてしまいます。そこで、カミソリなどによって受けた傷を少しでも回復させるためにも間隔をあけてあげるといいでしょう。
シェービングに使用するのは電気シェーバーやカミソリがおすすめです。カミソリを使用する方は必ず剃る前にシェービングフォームなどを使用し、できるだけ傷をつけないように優しく剃っていきましょう。おすすめできないのが除毛クリームや毛抜きです。

・ほくろやシミ、傷を隠す
次にほくろやシミ、傷が脱毛したい場所にある方は注意です。脱毛器は黒い色素に反応して照射するとご紹介しました。つまり、色素の黒っぽいほくろやシミ、傷なども当然反応してしまいます。ですが、これらは毛ではないのでダメージを受けるとそこからお肌のトラブルにつながる可能性があるのです。そこでそういったトラブルを避けるためにも、ほくろやシミ、傷などがある方はその部分に脱毛器を使用しないか、肌色のテープやファンデーションなどで色をごまかして使用しましょう。髭が濃い方だとほくろを見逃してしまうこともあるので、よく確認してから使用しましょう。

・サングラスで目を守る
脱毛器には専用のサングラスが付いてくる場合が多いのですが、付いていない場合でも必ずサングラスは使用するようにしましょう。照射する光は黒目にも反応してしまいますし、毛根にダメージを与えるほどの強力な光なので、万が一目に直接光が入ってしまうと失明の恐れもあります。そういったトラブルを防ぐためにもサングラスの着用が勧められています。また、男性が使用したいと考えている髭を脱毛する際は、脱毛器と目との距離が近いのでさらに注意して使用する必要があります。

・保冷剤を用意しておく
脱毛の前後に冷却をする必要があるのですが、それをする際に小さい範囲をしっかりと冷やすことのできる保冷剤を使用しましょう。冷却は脱毛器による痛みを軽減する効果や、お肌の炎症を抑える効果もあり非常に重要な役割があるので、忘れずに準備をしておきましょう。
保冷材はわざわざ新しいものを買う必要はなく、買い物の際に付けてもらった保冷剤などを利用しても問題ありませんが、1つしか持っていない場合溶けた時の代わりがなくなってしまうので、いくつか余計に用意しておくと良いでしょう。

脱毛

家庭用脱毛器での脱毛

脱毛前に準備がしっかりとできたら次に脱毛をしていきます。

・まずは冷却(クーリング)をしてお肌を守る
痛みの軽減効果のためや炎症などの肌トラブルを起こさないためにも必ず照射前に冷却をしましょう。手間のようにも感じますが、冷却をしっかりすることで脱毛の効率も上がるのでとてもおすすめです。
保冷剤を照射するヶ所に3~5秒程度あて、しっかりと冷やします。あまりにも長時間冷却してしまうと凍傷になってしまう可能性もあるので、やり過ぎにも気を付けましょう。冬場は特に寒いのでやりたくないと思ってしまうかもしれませんが、少しの間なのでしっかりと冷却してから照射を行いましょう。

・照射レベルを調節する
次に脱毛器の照射レベルをセットしましょう。現在発売している家庭用脱毛器のほとんどが照射レベルの調節が可能なものです。もちろん強ければ強いほど脱毛効果はありますが、その分痛みも出てきます。初めて脱毛器を使用する方はどの程度の痛みか分からないですよね?そこで、まずは一番低い照射レベルにセットをし、どの程度の痛みなのかを確認しましょう。
部位によっても感じ方は変わるのですが、産毛のような細く柔らかい毛は低いレベルでも十分ですが、髭のように太く硬い毛は高いレベルの方がしっかりと脱毛ができるので、無理のない範囲で高いレベルに設定して脱毛するのがおすすめです。
もちろん肌質や部位によっても痛みは違いがあるので、軽く痛みを感じる程度で続けられるレベルを見つけましょう。無理は良くないので続けていられないと感じたらすぐに使用をやめてください。万が一肌に異常が現れた場合はすぐにかかりつけの病院で診察をしてもらいましょう。

・照射と冷却を繰り返しながら脱毛をしていく
自分に合った照射レベルが見つかったらそのレベルで照射したい部分に脱毛器をしっかりとあてて、照射をしていきます。一瞬光ることで毛根にダメージを与えるのですが、一度照射ができたら照射した部分を冷却していきます。この冷却を照射する前の冷却と同じように3~5秒程度しっかりと冷却をしていきます。次に照射したい部分を冷却してまた照射をしたら照射した部分を冷却…と冷却と照射を繰り返しながら少しずつ行っていきます。
細かく行うのが面倒だと感じる方はあらかじめ広めに冷却をして冷却した箇所全てを照射、照射が終わったら再度照射した箇所を冷却する…といった方法もあるので、そちらの方法も試してみてください。ポイントは冷却した部分が冷えている間に照射をするということなので、その間にできるように素早く行いましょう。
また、照射をした範囲が重なってしまったり、隙間ができて照射漏れをしている箇所がないようにハイライトなど化粧品で使用する白いパウダーを照射した部分に付けたり、脱毛器を当てて跡を軽くつけるなどの工夫をすることでしっかりと全体を照射していきましょう。
その他にも使用方法等に気をつけなくてはいけないことなどは商品ごとに異なる場合があるので、必ず最初に使用方法を確認してから使用しましょう。

・照射時に注意すること
照射する際に注意すべきことを2つご紹介していきます。
1つ目は保冷剤の水分が肌に残っていないかの確認です。保冷剤を使用すると肌に水分が付いてしまうことが多いと思います。ですが、水分がついたまま照射をしてしまうと、水分が光を吸収してしまうため、毛根に届くための熱が届かずに脱毛効果が得にくくなるのです。冷却は大切なのですが、冷却した後にしっかりとお肌を拭いて水分をとってから照射をしましょう。
2つ目は照射口が汚れていないかの確認です。照射口が汚れているまま照射をしてしまうと、肌全体に光が当たらなくなってしまい、照射漏れがある可能性があります。
そこで照射する前に必ず照射口が汚れていないか、また油分が付着していないかどうかを確認しましょう。万が一汚れている場合は除菌シートを使用するのがおすすめです。また、汚れや油分は気付きにくいこともあるので、脱毛が終わった前後にしっかりと照射口を拭き取る習慣があると常に清潔な状態で使用ができます。

脱毛後のケア

家庭用脱毛器での脱毛後のケア

最後に脱毛後のケアについてです。脱毛は照射までで終わりではなく、照射後のケアやどのように過ごすかによってお肌の状態も変わってきてしまいます。

・脱毛後はすぐに保湿をする
脱毛後のお肌は熱をもち、乾燥しやすい状態になっています。さらに刺激を与えられたことによって肌のバリア機能は低下し、肌荒れが起きやすくもなっています。そのため冷却をしっかりと行った後に必ず保湿をしてあげましょう。さらにお肌に潤いがあると毛が抜けおちやすくなることもあります。少しでも早く効果を実感したい方にもおすすめの方法なので、ぜひ試してみてください。

・湯船に浸からずシャワーだけ
脱毛してから24時間以内のバスタイムは湯船に浸からずに、シャワーだけで済ませるようにしましょう。理由はいくつかあるのですが、まずはお肌が熱を持った状態なので、さらにお肌を温めてしまうとほてり・炎症に繋がる可能性があります。また、肌の内側の水分が蒸発しやすくなっているので、脱毛で乾燥しやすい肌がさらに乾燥しやすくなってしまいます。乾燥などの肌トラブルを防ぐためにも湯船には浸からないようにしましょう。

・日焼け対策をする
脱毛後の肌はダメージを少なからず受けているので敏感な状態になっています。そんなお肌の状態で日焼けをしてしまうと、通常なら日焼けをしない程度の少量の紫外線でも日焼けをしてしまい、その結果シミの原因になってしまったり、火傷や赤み、水ぶくれといった様々な肌トラブルが起きる可能性があります。さらに日焼けをしてしまうと次の脱毛にも影響を与えてしまい、毛根まで熱が届かなくなってしまったり、やけどのリスクが高くなるため出力を下げることになってしまったり、痛みを感じるようになってしまう可能性があります。そういった次回の脱毛への影響も考えると日焼けをしないようにしっかりと対策を行う必要があります。
外出の際に日焼け止めをぬることで少しでも日焼けのリスクを避けるようにしましょう。

まとめ

家庭用脱毛器ですべすべのお肌になりましょう

今回は男性でも自宅で気軽に使用して髭を脱毛することのできる家庭用脱毛器についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分に合った脱毛方法を見つける
・製品の特徴を確認して脱毛器を選ぶ
・使用時の冷却が重要
・脱毛後はいつもよりも日焼けに注意をする
ということです。

ぜひ皆さんも自宅で簡単にできる家庭用脱毛器を使用して、髭剃りいらずのきれいなお肌を手に入れてみませんか?

Share on

Share on

PAGE TOP