健康グッズ
  • 2018.11.13 健康グッズ

    健康サンダルのおすすめ人気ランキング10選

    室内を歩き回ったり、営業職で1日中駆け回っている方、立ち仕事をしている方も、皆さんそれぞれ足の疲れを感じますよね。また、靴が自分の足に合っていないと、足が痛くなってしまい、疲れがさらに増えてしまうこともあります。原動力となる足が疲れていては、やる気も起きなくなってしまいます。そんな時に疲れを軽減してくれるものが、健康サンダルです。そこで今回は、おすすめの健康サンダルをご紹介させていただきます。

健康サンダルとは

健康サンダルとは、足裏から体の健康をサポートするために作られたサンダルです。健康サンダルと聞くと、運動がしにくくなってしまった年配の方が使うような印象を持っている方も多いと思いますが、近年では自宅やオフィスなどで手軽に履け、マッサージができるとして若年層でも使用している方が多くみられます。まだあまり認識されていない方たちにとっては、健康サンダルは単純に足や体が良くなるサンダルとだけ思っている方もいるでしょう。しかし健康サンダルは、健康関連製品として販売されており、医学的な効果や治療効果は立証されていないため、医療器具ではありません。そのため、民間療法で行う足裏マッサージを自宅やオフィスなどで手軽にできるものくらいに認識しておきましょう。それではなぜ、医療器具でもないのに健康サンダルというのでしょうか。それは健康サンダルの凸凹で足裏を刺激することにより、血行促進を促し、疲労を軽減してくれる効果が期待できるからです。また、サンダルとしての機能があり、通気性が良く楽に履けるため、軽く足をケガ してしまい靴が履けない時や、水虫の対策としても使えるのもメリットです。
健康サンダルには様々な形状があり、一般的に主流なのは、硬めの凹凸の突起があり、足裏のツボを刺激するタイプのものですが、滑らかで大きな柔らかい突起で土踏まずなどを指圧するものもあります。最近では形を不安定にすることで、体幹や足などの筋肉を鍛え、ダイエット効果を促すような健康サンダルも数多く販売されているなど、履く人の悩みに合わせて選べるようになっており、健康サンダルは常に進化し続けています。
さらに健康サンダルは安価で手に入るものも多く、100円ショップなどにも置かれています。また近年、ディズニーやサンリオなどのキャラクターが描かれており見た目から可愛いものもあるため、中高生などの学生からも人気があります。
そのため健康サンダルは年齢層問わず使用者が多く見受けられる人気のある商品の1つとなっています。

足ツボの重要性

足ツボの重要性

足裏には、体全てに繋がっている約60個のツボが存在します。「第二の心臓」と言われています。足には、頭から全身を巡り、足先に下りてきた血液を心臓に送る大事な役割を担っており、その血液の循環を促進させるために歩いたり、足に刺激を与えてあげることが必要とされています。そこで効果的なのが足ツボとも言われているのです。
足ツボは反射区と呼ばれるもので、反射区は末梢神経が集中しており、それぞれが体の器官に繋がっているため、「第二の心臓」とも呼ばれています。それにより、体の器官で調子が悪く、気になるところがあれば、その反射区を刺激することによ り神経が活発し、器官機能が良くなります。これがいわゆる反射区治療といわれるもので、足ツボマッサージになります。
そのため、足ツボは体の健康を維持するためには重要なポイントになっているのです。

健康サンダルを選ぶおすすめのポイント

足に合うサイズ展開

健康サンダルは足に合うサイズ展開を選びましょう

健康サンダルを選ぶ際には、まず足に合うものを選ぶことが大事です。面倒くさがり、足を測らずに適当なものを選んでしまうと、自分の足に合わないものを購入し後悔してしまいます。そのためには、まず自分の足裏のサイズを測り、把握しておくことが必要です。
健康サンダルは、女性用のものであれば、S・M・Lなどのサイズ展開が主流ですが、男女共用のものであれば1サイズしか作られていないものもあります。家族や同居している方と、ベランダなどで一緒に使用する場合は、その1サイズを共有するのも大丈夫ですが、サイズが合っていないと正しく足ツボが押せていないことがあり、足ツボの効果が得られず、痛みを感じてしまいます。そのため、足ツボの効果を一層期待したい場合や、より心地の良いマッサージ効果を得たい場合は足裏のサイズに合うものが最適です。
次に、足の横幅で検討することも大事なポイントです。横幅は専門用語で「ワイズ」と言い、親指と小指の根元部分の一番広がっている部分のことを指します。ワイズも狭い方や広い方など様々な人がいます。足がもともと小さい方や、特に問題を抱えていない方であれば狭い方もいますが、足になんらかの原因があり、ワイズが広くなってしまう方が比較的多くいます。例えば、女性で多く発症されているのが外反母趾です。外反母趾はハイヒールなどの、幅が狭く、踵が高い靴や、つま先が細くなっている靴などを履くことにより、親指や小指が圧迫されてしまうため、内側に押しこまれ、付け根の骨が外側に突出し変形してしまうのが原因とされています。早い場合は10代の頃から発症してしまう方もいるので注意が必要です。そのようなワイズが広がってしまっている方は、狭いものを履くとさらに悪化してしまう可能性があるため、広めのサンダルを選ぶようにしましょう。
最後に、足のサイズやワイズだけでなく、足の甲の高さも重要になってきます。足の甲が健康サンダルより低い場合は、隙間ができブカブカになってしまうことで、歩きにくくなってしまい、脱げやすくなってしまいます。反対に足の甲が健康サンダルより高い方はサンダルがきつくなり足を痛めてしまいます。そのためサンダルの甲の高さも確認するのがベストです。販売されている健康サンダルの中には、足の甲のサイズを調節できるものもあるので、そのような健康サンダルを選ぶのもおすすめです。

使いやすいデザイン

使いやすいデザインの健康サンダルを選びましょう

健康サンダルは、一般的につっかけのように甲の部分のベルトのみで支えており、つま先と踵があらわになっているものが多くみられます。しかし最近の健康サンダルはデザイン性に優れているもが増えてきています。
健康サンダルと言っても、マッサージをしつつ、足を綺麗にみせるようなヒールがあるものは女性にとっても嬉しいデザインです。また、バックストラップ型の健康サンダルは、甲を支えることはもちろん、踵をベルトで留めることで脱げにくく、安定感のある歩き心地を得られます。さらにバックストラップがあるサンダルは、車の運転も認められているため、遠出の外出もできます。しかし、バックストラップは踵をベルトで留めてしまうため、脱ぎ履きがスムーズにできないのがデメリットです。だからといって時々、踵のベルトをつけずに、踏んでしまう方がいますが、間違った履き方をしたままだと、何かの拍子に引っ掛けて転倒してしまう恐れもあるため大変危険です。なにより、サンダルの形がくずれてしまい、綺麗な形を保てなくなってしまうのでやめましょう。
自分の好きなデザインの健康サンダルを履くだけでも気分を上げることができるのでぜひ自分のお気に入りの1足を見つけましょう。

室内履きか、外履きか

健康サンダルは室内履きか、外履きかで選びましょう

健康サンダルは、自宅やオフィスなどで使用する室内履き用と、外出時やベランダで使用する外履き用があり、用途が分かれています。
室内にいても、テーブルの角に足をぶつける、足の上に物を落とす、落ちているものを踏んでしまったりと、足をケガしてしまう原因はたくさんあります。そのような時でも室内で健康サンダルを履いていれば、それらの原因から足を守ってくれる役割もしてくれます。寒い冬場では健康サンダルを履いて移動することにより、冷たい床を 歩かずに済み、血行促進にもなるため、女性の悩みの1つでもある足の冷えも軽減してくれることに期待ができます。
外履き用は、ベランダで洗濯物を干す際や、タバコを吸いに出る際など、ちょっと外に出たい時に使用するにはとても便利で、つっかけタイプであればすぐに履け、ベランダに出やすいです。また、ソールが合成ゴムのものであれば雨や風に吹かれても、布地のサンダルよりは比較的汚れにくく、洗いやすいためおすすめです。また、外履き用を仕事に使いたいという方には凸凹の突起ではなく、大きな柔らかい 突起の指圧で土踏まずを押してくれるタイプの方が健康サンダルを履いていると分かりにくいので使いやすいのではないでしょうか。
それらを踏まえ、健康サンダルを購入する際には、どの用途で使いたいかを考え、目的に合わせたものを選びましょう。また、室内履き用、外履き用の両方を状況に合わせて使い分けるのも良いでしょう。

凸凹の素材の違い

健康サンダルは凸凹の素材の違いで選びましょう

健康サンダルにも、凸凹の突起がついているものに関してはいくつかの素材があります。素材によってそれぞれ違いがあるのでそれらを理解していきましょう。
凸凹の突起の素材として主なものはゴム・プラスチック・天然石があります。それらは硬さや大きさの違いが特徴となっており、ツボ押しやマッサージ効果の感じ方が変わります。
まず硬さですが、比較すると「ゴム<プラスチック<天然石」になります。ゴムが一番柔らかく、痛みも比較的軽いので初心者の方はこちらから使うのがおすすめです。天然石はとても硬いためマッサージ効果は強く得られますが、慣れていない方には強い痛みを感じてしまうことがあるため気をつけましょう。おすすめとしては、ゴムから使用し、ツボ押しやマッサージ効果に慣れて物足りなく感じて来たら、プラスチック、天然石と段階を踏んで使えば痛みを感じにくく、足への負担も少なります。
次に大きさですが、ゴム・プラスチックは機械で形が決まっているため、凸凹の大きさや形が左右均等のものが多く作られています。しかし、天然石は石の素材を活かしており、同じ形のものがないため、大きさやバランスが均等ではありません。また、天然石はゴムやプラスチックのものほど突出しているものがなく、丸み帯びて滑らかな形なので足裏に一番違和感を感じにくくなっています。
これらを踏まえて硬さや大きさなどから選ぶことも忘れないでおきましょう。

口コミも確認してみる

健康サンダルの口コミも確認してみましょう

健康サンダルも商品によって硬く感じたり、柔らかく感じたりなど感じ方は人それぞれ違います。そのため、気になる健康サンダルを見つけたら口コミを確認しておくことも重要です。やはり使用感は実際に試した人でないとわからず、商品紹介を見ているだけでは気付かなかった悪いところなども口コミで判明することもあります。そのため、良い口コミと、悪い口コミの両方を確認してから選びましょう。また、口コミでは普段使用している靴よりもサイズが大きかったなどの、サイズ感を書いている方もいるのでそれらの意見を参考にするのも良いでしょう。

健康サンダルのおすすめ人気ランキング10選

第10位ボディポップ

  • ボディポップ

    サイズ展開

    23cm~28cm

    価格

    5,292円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    約1000個の天然ゴムと、エラストマーという衝撃吸収材で優しく足裏を刺激してくれます。足の形に合わせて突起の高さが調整されているため、土踏まずや踵もサポートながら足全体を包み込んでくれます。サイズ展開も豊富なので女性だけでなく男性も履けるため、ぜひこの優しい気持ちよさを感じてみてください。

第9位Natural Stone

  • Natural Stone

    サイズ展開

    SS・S・M・L

    価格

    2,999円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ソールは天然石と天然木で作られている自然派素材のサンダルです。天然石は樹脂でコーティングされているので足裏が傷つかないように保護されており、甲のレザーバンドも調節ができるため、どなたでも安心して履いていただけます。天然石は同じ形がないため左右でデザインが違い、同じものは2つとないオリジナルの健康サンダルというところもポイント。

第8位NEWスタイルツーアップ健康サンダル

  • NEWスタイルツーアップ健康サンダル

    サイズ展開

    S・M・L

    価格

    2,982円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    細身のサンダルに約8.5cmのヒールがついているため、室内や職場内でも足を綺麗に見せながら、筋肉を刺激してくれる優れもの。可愛いリボンもついており、いつでも美しく見せたい女性の味方です。親指部分に凹みがあるので高いヒールでも力が入れやすく歩きやすくなっています。指先以外の全体にある凸凹が硬めになっており、足裏のツボ押しもしてくれるため、気持ち良い歩き心地も◎。

第7位体幹筋シェイプスリムサンダル

  • 体幹筋シェイプスリムサンダル
  • 商品の特徴

    アウトソールの突起で、前太もも・裏太もも・せなか・おなか・すねの5カ所を鍛えてくれます。それにより体感を鍛え、代謝を上げてくれるので歩くだけでトレーニングになります。インソールも足裏にフィットし、疲れにくい構造になっているため、誰でも楽に着用できます。室内だけでなく、外でのお買い物や散歩にも履いていけるデザインなので、履く場所を選ばずに使えます。

第6位アーチフィッター 402 O脚

  • アーチフィッター 402 O脚

    サイズ展開

    S・M・L

    価格

    6,480円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    日本人女性の9割がO脚、もしくはO脚気味で歩行が不安定になってしまったり、疲れやすくなってしまうなどの負担が掛かっています。こちらの402は3層構造のソールを使い、内側へ足を傾ける構造によってO脚補正をサポートし、バランスの良い歩行へと誘導してくれます。また、幅も広めに作られているので足の甲幅が広い方でもらくに履けます。

第5位アーチフィッター 406 O脚バックベルト

  • アーチフィッター 406 O脚バックベルト

    サイズ展開

    S・M・L

    価格

    7,020円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    第6位でご紹介した402と同様、O脚を補正してくれるサンダルです。こちらはバックベルトがあるため、402より更に安定した履き心地や歩きやすさ、いざという時に軽く走っても脱げる心配がありません。ヒールも高低差が2cmのみで、クッション性も良く、歩いた際に体に響きにくくなっているので疲れを感じさせません。すっきりとしたデザインなのでオフィスなどでも大活躍間違いなしです。

第4位アーチフィッター 304 ワーク

  • アーチフィッター 304 ワーク

    サイズ展開

    S・M・L

    価格

    7,776円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    立ち仕事やフットワークの多い仕事をしている方におすすめな304ワーク。足裏にかかる体重を分散させ、足裏全体に行き渡らせることで負担を軽減します。また、安定感抜群のソールを使用することでふらつきを防ぎ、無駄な筋力を使わないように抑制してくれます。裏生地は高メッシュ素材になっているため、1日歩き回ったり、立ち続けても、通気性が良く、ムレる心配もありません。ぜひ足を酷使するお仕事の方に使っていただきたい1足です。

第3位アーチフィッター 141 アーチクッションサンダル

  • アーチフィッター 141 アーチクッションサンダル

    サイズ展開

    S・M・L

    価格

    5,832円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    120ℊという履いているのかを忘れてしまうような軽さで、アーチフィッター商品の中でも最軽量のサンダル。甲部が開き、調整ベルトもあるのでどんな足にもフィットするように微調整できるため履く人を選びません。また、幅広でゆったり履けるため、外反母趾や足がむくんでしまう人にもおすすめです。室内履きとして人気だった商品が外履きにも使用できるようになり、ヒール高低差が1.3cmと低いのでどこへでも履いていけるサンダルです。

第2位O脚防止サンダル

  • O脚防止サンダル
  • 商品の特徴

    商品名通り、O脚防止サンダルなので、内側に傾いているソールにより履くだけで筋肉をバランスよく鍛えるよう誘導し、O脚を防止してくれます。また、突起のあるソールが足ツボを刺激してくれることにより、血行不良や、お通じ改善などの体の内面でも健康になるようサポートしてくれる、一石二鳥のサンダルです。

第1位アーチフィッター 603 指圧

  • アーチフィッター 603 指圧

    サイズ展開

    S・M・L・LL・3L・4L

    価格

    14,800円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    第3位で紹介した141と同タイプで、こちらは室内用サンダルです。適度な指圧により足裏の疲れや痛みをサポートしてくれます。こちらはサイズ展開も6種類あり、カラーも2018年秋冬の新色が追加され6色になりました。カラーは色とりどりで、イエローやローズなど明るい色味もあるため、目立ちやすく可愛く履けます。口コミでも疲れや痛みが軽減され履きやすいからとリピートしているという方も多くみられます。1度履けばその魅力に取りつかれるかもしれません。

健康サンダルの快適な使い方

ホコリを取る

健康サンダルのホコリを取りましょう

健康サンダルでも大きな柔らかい突起のものであればホコリも取りやすく、洗いやすいので問題ありませんが、凸凹の突起があるものは隙間ができてしまうので、ホコリが溜まりやすくなってしまいます。ホコリが溜まったままだと衛生的にも良くないため、気になるようになったらホコリを取りましょう。健康サンダルのホコリを取るおすすめ方法は2つあります。
1つ目は、木工用ボンドを使用することです。まず、凸凹の突起がある部分の全体に、木工用ボンドを均等になるように塗ります。この時、木工用ボンドを2mmほどの厚さにして塗るのがベストです。次に、木工用ボンドを塗った健康サンダルを、太陽がでている間に1日天日干し、乾燥させます。乾いたら木工用ボンドをゆっくりはがしていくと、ホコリが木工用ボンドにくっついているため、綺麗に取ることができます。
2つ目は、厚紙、お湯、小麦粉を使用します。まず、厚紙を健康サンダルの大きさに合わし、横幅は同じ幅に切り、長さは少し長めに切っておきます。次に200㏄のお湯に小麦粉を15ℊ溶かし、健康サンダルの凸凹の隙間に流し込みます。15秒経過したら健康サンダルに流し込んだお湯を捨て、最初に切っておいた厚紙を健康サンダルに被せ、はみ出た厚紙の前後を折って固定させます。固定したら、つま先・かかと・全体を3回ずつ床に叩きつけてから厚紙を取ると、汚れが取れ綺麗になります。残ってしまった細かな汚れは水で簡単に洗い流しましょう。
使う道具も少なく簡単にできるので、おすすめは1つ目の木工用ボンドを使用する方法ですが、どちらの方法でも健康サンダルを綺麗にすることができるので、ぜひ実践してみてください。

健康サンダルを使う注意点

長時間履き続けない

健康サンダルは長時間履き続けないようにしましょう

健康サンダルを長時間履き続けると、血行が良くなっていることなどが原因で、足裏がかゆくなることがあります。また、かゆみだけでなく、同じ部分を長時間刺激されていると、足裏の皮膚が硬くなり痛くなることもあります。足裏の皮膚は通常柔らかくなっており、歩く時や走る時に、体重を分散し、足に掛かる負担を軽減してくれるクッションのような役割をしてくれます。しかし、足裏の皮膚が硬くなってしまうと、足に掛かる負担が分散されないため、下半身に直接響き腰や膝などの関節痛を起こしてしまう可能性があります。
特に注意していただきたいのが、凸凹の突起があるサンダルを長時間使用すると最悪の場合、足底角化症という疾患を起こしてしまう危険性があるということです。足底角化症とは足裏の皮膚が硬くなり、角質層が白くなります。これは角質増殖型角化症白癬という水虫の一種になるものです。足底角化症になってしまうと簡単に治せないため、長期の治療が必要になってしまいます。しかし足底角化症になってしまった患者が健康サンダルの長時間使用により発症し、中止したら症状が改善されたという結果もあるようです。
そのため、足が少しでも痛くなってしまった時はすぐに使用を中止し足を休ませるか、使用する時は使用時間の目安を決めておくのが良いでしょう。

傷や持病がある方は医師に相談を

健康サンダルを使用する際に傷や持病がある方は医師に相談をしましょう

健康サンダルは足の疲れを軽減するためのものですが、足裏に傷がある場合は、凸凹の突起に擦れ、余計に傷を深くしてしまうことがあります。また、糖尿病などの足に影響する持病を持っている方も使用は注意が必要です。
例えば、糖尿病の場合には、足の血流が悪くなってしまい、足の神経障害をもたらすことがあります。それらが進行すると足潰瘍や壊疽(えそ)してしまう可能性もあるので、足を守ることが必要になります。その際に、凸凹のある健康サンダルを履いてしまうと、かえって傷を作ってしまう原因にもなりかねません。
そのため、使用する際には専門医師へ相談してから使用するようにしましょう。

まとめ

今回は足の疲れを軽減してくれるおすすめの健康サンダルをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
大事なポイントは
・足に合うサイズを選ぶ
・素材によって硬さや、高さを確認する
・長時間履き続けない
ということです。

立っていても座っていても酷使する足。毎日使う足だからこそ1日の疲れを癒すことは次の日のためにとても大切なことです。忙しい時に健康サンダルで気軽にマッサージ効果が得られるだけで仕事も頑張ろうという気持ちに切り替えられます。ぜひ健康サンダルを使って毎日頑張ってくれている足を労わってあげましょう。

Share on

Share on

PAGE TOP