メンズ ボディーケア
  • 2018.11.21 メンズ ボディーケア

    メンズ向けボディソープのおすすめ人気ランキング9選

    バスタイム時に、何気なく使っているボディソープ。メンズの皆さんの中には、ボディソープはどれもみんな一緒だと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、私たちが生活していくうえで欠かすことのできないアイテムでもあるボディソープは、シャンプーや化粧水などと同じように、間違った使い方をすれば、体臭の原因になったり、肌トラブルを引き起こしてしまったりする場合もある為、自分に合ったものを選定しなければなりません。最近では、子供から大人まで家族全員で使える低刺激にこだわったボディソープ、体臭対策に特化した薬用のもの、良い香りにこだわったものなど、さまざまなボディソープが販売されています。そこで、今回は、ニオイや肌荒れなど、メンズの様々な悩みをケアしてくれるおすすめのボディソープを、ランキング形式でご紹介したいと思います。それぞれのボディソープに特徴がありますので、比較しながら自分にピッタリのボディソープを見つけてみてください。

ボディソープの必要性

男性と女性の違い

男性と女性の違い

男性は、女性より肌の水分が少なく、皮脂の分泌量が多いと言われています。また、汗もかきやすい為、女性よりも不快なニオイが発生しやすいといわれています。女性は、ニオイ対策や汗対策といった身だしなみに気をつけている方がたくさんいますが、それに比べて、 男性は意識が低い傾向にある為、女性よりも汗臭・ミドル脂臭・加齢臭といったイメージを持たれやすいといっても良いでしょう。

メンズを悩ます〝ニオイ〟の種類

メンズを悩ます〝ニオイ〟の種類

皮脂量があり、汗もかきやすい男性だからこそ、身体の部位や年齢によって発生しやすいニオイは様々です。ここでは、男性を悩ます代表的な3つのニオイについてご紹介したいと思います。

・汗臭(主に10代半ば~20代半ば)脇を中心に発生
汗や皮脂にはもともとニオイはなく、皮膚の表面で汗が皮脂と混ざり合い、常在細菌がこれを代謝・分解することで汗臭が発生。酸っぱいニオイが特徴的。

・ミドル脂臭(主に30代半ば~50代半ば)後頭部~首後ろに発生
汗の中の乳酸が、皮脂の表面の常在細菌(ブドウ球菌)に代謝・分解され、〝ジアセチル〟が発生。また、皮脂をエサに、常在細菌が代謝・分解し〝中鎖脂肪酸〟を排出。この〝ジアセチル〟と〝中鎖脂肪酸〟が混ざり合うことで、皮脂に蓄積されるミドル脂臭が発生。古い油のようなニオイが特徴的。

・加齢臭(50代半ば以降)胸や背中などの体幹部を中心に発生
年齢を重ねるごとに、皮脂腺の中の脂肪酸〝パルミトオレイン酸〟が増加。また、皮脂が、活性酸素によって酸化し〝過酸化脂質〟が発生。この〝パルミトオレイン酸〟と〝過酸化脂質〟が結びついてできた物質〝ノネナール〟が加齢臭の原因。古い本や枯草のようなニオイが特徴的。

スメルハラスメント

スメルハラスメント

メンズの皆さんは、最近話題の〝スメハラ〟という言葉をご存知でしょうか。〝スメハラ〟とは、〝スメルハラスメント(smell harassment)〟の略で、ニオイを原因として、周囲の人に不快な思いをさせる行為のことを指します。ここで最も重要なポイントは、意図的なニオイだけではなく、不快なニオイを出している本人が気づかずに、周囲に嫌な思いをさせてしまっているということです。不快なニオイとは、先ほどご紹介した、汗臭・ミドル脂臭・加齢臭だけでなく、口臭や香水、柔軟剤なども含まれます。こういった不快なニオイによって、頭痛やめまい、吐き気などの症状が出てしまう方もいる為、現在では、こういった〝スメルハラスメント〟が退職理由となるケースが増えてきています。つまり、スメハラ対策の為にも、ボディソープなどによる毎日のケアは重要となってきているといっても良いでしょう。

メンズ向けボディソープを選ぶおすすめのポイント

有効な成分を含んだもの

有効な成分を含んだボディソープを選びましょう

男性の肌は、女性に比べて水分量が少なく、皮脂量が多いと言われています。皮脂の分泌量が多ければ酸化してニオイの元になりやすい為、消臭成分を含んだものを選ぶようにしましょう。水分量が少ないということは、乾燥しやすいということ。テカリやベタつきが出やすい方は、乾燥によってカサついた皮膚を皮脂が保護しようとして、皮脂を過剰に分泌している可能性があります。その為、男性がボディソープを選ぶ際は、消臭成分や保湿成分が配合されているかチェックするようにしましょう。また、ニキビや肌荒れのトラブルになるアクネ菌などに有効な殺菌効果のある成分が含まれているものもおすすめです。ここでは、 ボディソープに含まれている一般的な消臭成分・保湿成分・殺菌成分についてご紹介したいと思います。

【消臭成分】
・柿渋(柿タンニン)
柿渋は、柿渋の果汁を発酵させて作られています。柿渋は、防腐・防虫・防水効果がある為、昔から利用されてきました。この柿渋の成分である柿タンニンは、悪臭の成分と結び付き、別の成分に変化させ、ニオイを消してくれる強い消臭作用があります。また、殺菌や防菌といった作用もある為、ニオイの元やニキビの原因になる雑菌の繁殖を防いだり、汗や古い角質の分解・発酵を抑えたりする効果が期待できます。

・茶カテキン
チャ葉エキスの中に含まれている茶カテキンは、様々な効能があります。一般的に知られているのが、整腸作用や脂肪燃焼効果。その為、最近では特定保健食品などにも良く使用されています。茶カテキンは、ニオイの元となる成分と結合して、中和してくれる働きがあります。また、皮脂の酸化によるニオイを防ぐことができる抗酸化作用もある為、加齢臭予防にも効果的です。ニオイの原因の一つともいえる雑菌の繁殖を防ぐ抗菌作用もある為、様々なデオドラント商品に含まれています。

【保湿成分】
・ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、高い保水力を持っており、1gで6ℓの水分を抱えることができます。その為、うるおいを保ちながら肌にハリや弾力を与えてくれます。ヒアルロン酸は、元々人間の身体にある成分ですが、加齢とともに減少していく為、肌ケアなどには欠かせない成分といっても良いでしょう。

・水溶性コラーゲン
水溶性コラーゲンは、粘性が強くコラーゲンの純度が高いのが特徴です。不純物が少ないことから、様々なスキンケア・ボディケア商品に使用されています。粘りが強く、保水力に優れている為、肌にのせると皮膚に薄い膜を作り、水分の蒸発を防いで保湿効果を高めてくれます。

・セラミド
セラミドは、肌の保湿機能の改善や水分が蒸発するのを防ぐ効果があります。また、メラニンの合成を抑え、シミやシワ、肌荒れを防ぐ美肌効果も期待できることから、様々なスキンケア・ボディケア商品に使用されています。外部からの刺激や細菌の侵入防ぐ働きもある為、乾燥によるトラブルを防ぎ、うるおいのある健康肌にしてくれます。

【殺菌成分】
・グリチルリチン酸ジカリウム
漢方の原料として知られている甘草の根や茎に含まれる成分です。雑菌の繁殖を防ぐ、 強い殺菌効果がある為、ニキビケアに有効です。また、抗アレルギー作用や抗炎症作用がある為、 肌荒れなどにも効果的です。

・イソプロピルメチルフェノール(o-シメン-5-オール)
強力な殺菌作用により、ニキビの原因となるアクネ菌や、雑菌の繁殖を防いでくれます。かきむしりによる化膿も防いでくれるなど、様々な肌トラブルに有効です。また、制汗作用もある為、身体のニオイが気になるメンズにもおすすめです。

泡立ちが良いもの

ボディソープは泡立ちが良いものを選びましょう

ボディソープは、毎日のバスタイムには欠かせないアイテム。しかし、消耗品の為、使い続けられる価格のものを選ぶことが大切です。まず、ポイントは、泡立ちです。少量のソープで泡立ちが良ければ、コストパフォーマンスも高くおすすめです。泡立ちの良さは、 身体を洗う際の肌への摩擦を減らしてくれます。キメの粗い泡では、肌を洗う刺激により肌を傷めたり、皮脂や汚れを洗い落としきれなかったりする可能性があります。結果として、たくさんのソープを使用することにつながる為、良質で濃厚な泡立ちボディソープを選ぶようにしましょう。しかし、泡立ちの良さは、実際に使ってみなければわかりません。そこでチェックしていただきたいのが口コミサイトです。口コミサイトは、テクスチャーや香りといったことだけでなく、コスパや使用感といった様々なことが投稿されています。利用する場合は、サイトの規模に関わらず、複数の口コミサイトで商品をチェックするようにしましょう。肯定的な書き込みもあれば、批判的な書き込みもあります。自分の中で情報を精査しながら、利用してみてください。

時間短縮には泡ポンプタイプ

ボディソープの時間短縮には泡ポンプタイプを選びましょう

ボディソープの中には、泡立てネットやボディタオルで泡立てる手間を省くことができる、泡ポンプタイプのものが販売されています。疲れた夜のバスタイムの時間短縮にもつながる為、おすすめです。面倒くさいからと、泡立たせず液状のままのボディソープで洗ってしまうと、肌への摩擦が増えて皮膚の負担になってしまうことがあります。ボディソープは、泡立たせることによって毛穴の皮脂や汚れを吸着して落としやすくしてくれる効果もある為、泡立たせて身体を洗うことは大切です。また、液状のまま肌に直につけると、洗い流す際に毛穴に残りやすく、場合によっては、ニキビといった肌トラブルの原因になってしまうことがあります。その為、泡立たせる手間をかけたくない方は、泡ポンプタイプのボディソープを選んでみるのも良いでしょう。

好みの香り

好みの香りのボディソープを選びましょう

ボディソープは、固形石鹸などに比べると、香りを楽しめる商品がたくさんあります。最近では、女性だけでなく、男性もバスタイム中に使用するシャンプーやボディソープなどの香りにこだわる方が増えてきています。もちろん、効能は大切ですが、ボディソープは使う頻度が多い為、同じ商品を継続して使用し続けるのであれば、爽やかな柑橘系や石鹸系の香りなど、自分の好みに合った香りを見つけてみるのもポイントです。もちろん、香りで選ぶ際には、香りの持続力も通販サイトの口コミなどでチェックしましょう。香料を含んでいないボディソープもある為、香り自体を好まない男性は無香料のものを選んでみるのも良いでしょう。

メンズ向けボディソープのおすすめ人気ランキング9選

第9位メイドオブオーガニクス オーガニック モイストリペア フォーミング ボディ ソープ

  • メイドオブオーガニクス オーガニック モイストリペア フォーミング ボディ ソープ

    内容量

    370mℓ

    価格

    2,052円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    乾燥性敏感肌のメンズにおすすめの米ぬかオイルとココナツ由来の洗浄料のボディソープ。天然ヒト型セラミドを配合し、乾燥による肌荒れなどのトラブルを防いでくれます。肌への摩擦を防ぐクッション泡が素肌を優しく洗い上げます。様々なオーガニック成分を配合しているのも魅力のひとつです。

  • 成分

    ※アロエベラ液汁、ヤシ油アルキルグルコシド、※グリセリン、※コメヌカ油、セラミドAP、セラミドNP、※カミツレ花油、セイヨウノコギリソウ油、タラゴン油 、ヤギ乳末、※テルミナリアフェルジナンジアナ果実エキス、※カニナバラ果実エキス、グリコシルトレハロース、加水分解デンプン、クエン酸、ソルビン酸K、香料 など
    ※はオーガニック成分

第8位シャボン玉石けん 無添加ボディソープたっぷり泡

  • シャボン玉石けん 無添加ボディソープたっぷり泡

    内容量

    570mℓ

    価格

    1,026円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ビタミンやポリフェノールを含んだグレープシードオイルをカリ石ケン素地の原料にした、シャボン玉石けんの無添加ボディソープです。植物性の油脂から出来ている為、 肌が必要とするうるおいを残したまま、しっとりと洗い上げてくれます。470mlの詰替え用が販売されているのも嬉しいポイント。香料・着色料・酸化防止剤・合成界面活性剤を使用していない、メンズの肌に優しい特徴です。

  • 成分

    水、カリ石ケン素地

第7位クリアネオ ボディソープ

  • クリアネオ ボディソープ

    内容量

    300mℓ

    価格

    3,480円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    加齢臭用のデオドラント商品によく配合されている柿渋エキスをはじめ、チャエキスやシャクヤクエキスなどニオイを抑えてくれる植物成分を含んだクリアネオのボディソープ。抗菌成分も含まれている為、汗や皮脂が多いメンズやワキガに悩むメンズにおすすめです。パラベンフリーなど、7つの無添加も嬉しいポイント。クリアでシャープなユーカリの香りが特徴的です。

  • 成分

    水、カリ石ケン素地、コカミドプロピルベタイン、PG、コカミドメチルMEA、塩化Na、トゲキリンサイ/ヒヂリメン/ミツイシコンブ/ウスバアオノリ/ワカメエキス、アロエベラ葉エキス、オウゴン根エキス、カキタンニン、クマザサ葉エキス、シャクヤク根エキス、チャ葉エキス、ドクダミエキス、ユーカリ葉油、ヒアルロン酸 Na、グリチルリチン酸2K、BG、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、炭酸Na、炭酸水素 Na、エタノール、EDTA-4Na、o-シメン-5-オール、クロラミンT、フェノキシエタノール

第6位Dr.アシュケア 薬用メディソープ

  • Dr.アシュケア 薬用メディソープ

    内容量

    700mℓ

    価格

    2,160円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    濃厚な泡がこわばったメンズの肌を負担をかけずに、しっとりと洗い上げてくれるボディソープ。体だけでなく顔にも使えるところは、面倒くさがりなメンズにも嬉しいポイントです。抗菌力のあるヒノキチオールを配合している為、ニキビが出来やすい体質のメンズにもおすすめ。グリチルリチン酸ジカリウムも含んでおり、肌荒れやあせもにも効果的です。

  • 成分

    【有効成分】
    グリチルリチン酸ジカリウム
    【その他の成分】
    水溶性コラーゲン液(3)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム液、サボンソウエキス、水素添加大豆リン脂質、大豆リゾリン脂質液、ヒノキチオー ル、ミリスチン酸、ラウリン酸、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル重合体液、グリシン、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム、水酸化カリウム、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポリ塩化ジメチルメチレンピペリジニウム液、ヒドロキシエチルエチレンジアミン三酢酸三ナトリウム液、1,3-ブチレングリコール、塩化アルミニウム、フェノキシエタノール、精製水

第5位shiro ホワイトリリー ボディソープ

  • shiro ホワイトリリー ボディソープ

    内容量

    250mℓ

    価格

    3,024円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    スキンケアから食品まで、幅広く商品展開しているshiro のボディーソープ。スッキリと清潔感溢れるホワイトリリーの香りが特徴的です。カリ石ケン素地をベースに、泡立ち・泡切れが良く、さっぱりとした洗い上がりになります。シンプルでスタイリッシュなボトルは、男女問わずにおすすめです。

  • 成分

    水、カリ石ケン素地、グリセリン、香料、PEG-60水添ヒマシ油、オリーブ脂肪酸K、フェノキシエタノール

第4位ウェリナオーガニクス 全身シャンプー・ママ&キッズ/アーキ

  • ウェリナオーガニクス 全身シャンプー・ママ&キッズ/アーキ

    内容量

    275mℓ

    価格

    2,376円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    面倒くさがりのメンズにもおすすめの髪から足の先まで使える全身シャンプー。ハワイアン海洋深層水をベースにゼラニウム油やローズウッド油など天然植物成分を贅沢に配合し、紫外線などの外的要因でごわついた男性の肌を優しく洗い上げてくれます。ゴージャスなウッディフローラルの香りも特徴的です。

  • 成分

    水(ハワイアン海洋深層水由来)、ココイルメチルタウリン Na、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、セテアレス -60ミリスチルグリコール、ゼラニウム油、ローズウッド油、オニサルビア油、アトラスシーダー樹皮油、ベンゾインガム、ニュウコウジュ油、ククイナッツ油、マカデミアナッツ油、カンゾウ根エキス、アロエベラ液汁末、ポリクオタニウム-10、サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、スイカズラ花エキス、グレープフルーツ果実エキ

第3位DiNOMEN 薬用デオドラントボディソープ

  • DiNOMEN 薬用デオドラントボディソープ

    内容量

    700mℓ

    価格

    1,458円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    柿渋エキス・お茶エキスなどの加齢臭を含む、メンズの様々なニオイの悩みに対応してくれるDiNOMENのメンズ薬用ボディソープ。皮脂や汚れをしっかり吸着して、毛穴の奥まで、洗い流してくれます。イソプロピルメチルフェノール配合により、ニキビができやすい方にもおすすめです。メントールが爽快感を与えてくれます。

  • 成分

    【有効成分】
    イソプロピルメチルフェノール
    【その他の成分】
    ラウリン酸、ミリスチン酸、水酸化K、濃グリセリン、PG、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、メントール、薬用炭、グリセリン、チャエキス(1)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、カキタンニン、グリシン、オリーブ油、バラエキス、セイヨウハッカエキス、水溶性コラーゲン液、BG、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、硫酸亜鉛、エデト酸塩、 粘度調整剤、フェノキシエタノール、パラベン、香料

第2位ドクターブロナー マジックソープ サンダルウッド&ジャスミン

  • ドクターブロナー マジックソープ サンダルウッド&ジャスミン

    内容量

    236mℓ

    価格

    1,188円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    スペインのカスチール地方で天然オイルを元に作られた石鹸を使用したオーガニックソープ。体だけでなく、洗顔料としても使えます。肌にある余分な皮脂や角質取り除いてくれる為、くすみやすいメンズの肌をきれいな素肌へと導いてくれます。 原料のオイルはオーガニック100%であるのも魅力の1つです。

  • 成分

    【リキッドタイプ】
    水、ヤシ油、水酸化K、パーム核油、オリーブ果実油、香料(植物由来)、アサ種子油、ホホバ種子油、クエン酸、ビタミンE

第1位&GINO プレミアムボディーソープ デオラ

  • &GINO プレミアムボディーソープ デオラ

    内容量

    480mℓ

    価格

    3,980円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    加齢臭に有効な抗酸化作用や殺菌・消臭効果のある柿タンニンを配合。女性に比べて皮脂が多く汗をかきやすい男性におすすめの&GINOのメンズボディソープです。グリーンシトラスの香りが、洗い上がりを爽やかに演出してくれます。石けん素地には、植物性油脂を使っている為、クリーミーな泡立ちで優しく肌にうるおいを与えてくれます。

  • 成分

    グリセリン、水、ミリスチン酸、パルミチン酸、水酸化K、BG、エタノール、グリチルリチン酸2K、サリチル酸、カキタンニン、炭、シクロデキストリン、(クロロフィリン/銅)複合体、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、トレハロース、ケイ酸(アンモニウム/銀/亜鉛/Al)、メントール、炭酸水素Na、炭酸Na、メントキシプロパンジオール、ヒドロキシエチルセルロース、香料

メンズ向けボディソープの使い方

身体を洗う前にシャワーを浴びる

ボディソープで身体を洗う前にシャワーを浴びましょう

まず、身体を洗う前にシャワーを浴びるようにしましょう。身体の血行を良くして、毛穴が開き、皮脂や汚れを浮かして落としやすくしてくれます。特に、身体の部位の中でも、皮脂が多い場所を重点的に浴びるのも良いでしょう。額・胸・背中の中心などは、過剰に分泌された皮脂により雑菌を繁殖させニオイの原因にもなる為、おすすめです。また、わきの下や足の裏など、汗やニオイが出やすい場所も、意識してシャワーを浴びるようにしましょう。シャワーを浴びる際は、38度くらいがおすすめです。シャワーの温度が高かったり、長時間にわたって浴びたりすると、乾燥により肌トラブルを起こすこともある為、手際よく行いましょう。

身体を洗うタイミング

ボディソープで身体を洗うタイミング

身体を洗うタイミングですが、洗髪よりも後がおすすめです。実は、洗髪の際に洗い落としたはずのシャンプーやコンディショナーが、背中などの毛穴に詰まってしまっている場合があります。このままで放置すると、雑菌が繁殖してニオイを出す原因になったり、ニキビなどの肌トラブルを起こす原因になったりしてしまいます。洗髪よりも後に身体を洗えば、毛穴に残ったシャンプーやコンディショナーも体を洗う際に洗い流せる為、もし、普段洗うタイミングを気にしていないのであれば、身体は1番最後に洗うようにしてみましょう。

柔らかい素材のタオルや手を使って洗う

ボディソープは柔らかい素材のタオルや手を使って洗いましょう

メンズの皆さんの中には、摩擦によって身体を洗っていると実感しやすく、ナイロンのボディタオルやボディブラシ等で身体を洗っている方もいるのではないでしょうか。洗い上がりはさっぱりとするかもしれませんが、必要以上に強い素材で肌をゴシゴシと強く洗ってしまうと、摩擦により、保湿の役割を持つ肌表面の皮膚膜を傷つけて取り除いてしまう可能性があります。皮脂が多い部位は洗っても問題ない場合もありますが、男性は、女性に比べて力がある為、肌を擦る加減が難しいと言えます。身体を洗うとは、擦ることが重要ではなく、泡を使って皮脂や汚れを落とすことが重要です。肌への負担を最小限に抑える為にも、柔らかい素材のタオルや手で洗うようにしてみましょう。

洗う順番

ボディソープで洗う順番

身体を洗う順番は、性別に関係なく、〝上から下へ〟を基本に洗うようにしましょう。
①首から耳後ろにかけて洗う。
②脇の下を含めた、肩・腕・手のラインを両腕洗う。
③鎖骨・胸・ウエストを洗う。
④背中・おしりを洗う。
⑤下半身を洗う。
※ここで注意していただきたいのが、〝④背中・おしり〟です。先ほど、洗うタイミングでもお伝えしたように、シャンプーやコンディショナーが毛穴に入り込み、残っている可能性があります。皮脂量も多くニキビもできやすい為、念入りに洗うようにしましょう。また、最後のすすぎの際は、流し残しで肌トラブルを起こさないように、しっかりと洗い流しましょう。

メンズ向けボディソープの注意点

洗う頻度

ボディソープで洗う頻度

体臭に悩む方や汗をかきやすいメンズは、毎日欠かさず身体を洗いたいですよね。基本的に、汗臭やミドル脂臭・加齢臭に悩む方は、1~2日に1回洗うと良いでしょう。逆に、乾燥しやすい方は、身体を頻繁に洗うと乾燥が悪化し、肌トラブルを招いてしまうこともある為、3 ~7日に1回程度を目安に行っても良いと思います。また、乾燥しやすい体質で、汗臭やミドル脂臭・加齢臭といったニオイ対策をしたいのであれば、皮脂の分泌量が多い場所や汚れが溜まりやすいところをだけは毎日洗うようにしてみるのもおすすめです。このように、それぞれの体質やライフスタイルによって、身体を洗う回数は変わってくる為、必ずしも「〇日に1回で洗ってください」とは言えません。そこで大事になってくるのが、洗う頻度だけではなく洗い方です。ボディソープの使い方の部分でもお話したように、身体を洗う際に、肌に必要以上に強い摩擦を与えてしまうと、皮膚を傷つけて様々な肌トラブルを起こす原因となってしまいます。身体は強く洗えば洗うほど良いというものではありません。肌トラブルを起こさない為にも、自分の肌の状態を確認しながら、洗い方や洗う頻度に気を付けるようにしましょう。
※汗をかきやすい夏は多めに、乾燥しやすい冬は少なめなど、季節によって洗う頻度を変えてみるのも一つのポイントです。

保湿をする

ボディソープで洗った後は保湿をしましょう

最初にお話ししたように、男性は女性に比べて、皮脂の分泌量が多く、水分量が少ないと言われています。その為、日常的にテカリやベタつきで悩んでいる男性は、身体をボディソープで洗ったバスタイム後、一切ケアせずに放置している方もいるのではないでしょうか。しかし、ボディソープで洗った肌は、非常にデリケートな状態です。そのままにしておくと、乾燥する肌を守る為に皮脂が過剰に分泌し、結果的に男性肌に多いテカリやベタつきを招いてしまいます。肌がしっかり保湿されていれば、皮脂の過剰分泌を抑えてくれる為、身体を洗った後は、ボディクリームなどで必ず肌にうるおいを与えるようにしましょう。

まとめ

今回は、メンズにおすすめのボディソープについてご紹介しましたが、いかがでしたか。
男性の肌は、女性よりも水分が少なく皮脂や汗が出やすい傾向にある為、乾燥や肌荒れだけでなく、汗臭・ミドル脂臭・加齢臭といったニオイに対しても多くの方が悩んでいるのではないでしょうか。特に、前半でお話ししたように〝スメルハラスメント〟といった言葉が話題になるということは、性別に関係なく、ひとりひとりのニオイに対する意識が変わってきているということなのかもしれません。〝スメルハラスメント〟は相手に指摘をしにくいということが問題といわれています。私たちは、生きている限り、ニオイを出し続けています。自分のニオイは気づきにくい為、まずは、基本の身体を洗う為に使うボディソープから、見直してみてはいかがでしょうか。様々なブランドから、メンズにおすすめの高コスパのボディソープが出ています。是非、自分にピッタリのボディソープで正しい身体の洗い方を習慣づけてくださいね。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

PAGE TOP