レディース スキンケア
  • 2018.11.21 レディース スキンケア

    プチプラのセラミドクリームのおすすめ人気ランキング8選

    三大保湿成分のコラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドは、もともと私たちの肌に存在しています。その中でも、乾燥肌や敏感肌の方に特におすすめの、肌のバリア機能を強くしてくれる〝セラミド〟について、お話したいと思います。また、今回は、セラミド配合のスキンケアアイテムの中でも、手軽に試しやすい 2,000円以下のプチプラセラミドクリームをランキングでご紹介したいと思います。是非参考にしてみてください。

セラミドとは

肌のセラミドの働き

肌のセラミドの働き

セラミドは、表皮の角質層の一番外側に存在し、角層細胞同士の間を埋める細胞間脂質の約50%を占め、肌の水分の蒸発を防いでいる主要の成分です。保湿成分のセラミドは、肌のバリア機能を備えており、紫外線・乾燥 ・埃などの外部刺激から私たちの肌を守っています。このセラミドが不足すると、肌のバリア機能が低下してくる為、乾燥や肌荒れといった肌トラブルの原因となり、結果的に肌の老化を進めてしまうことにつながります。 また、私たちの肌の中に存在しているセラミドは、加齢やストレスにより減少してしまう為、日頃から、セラミド成分配合の化粧品や食べ物など、体の外側だけでなく内側からも補っていくことが大切です。

セラミド減少の原因

セラミド減少の原因

・加齢
加齢とともに、細胞間脂質のセラミドは減少していきます。実は、セラミドの量は赤ちゃんの時がピークで、30代くらいから急激に減少。一般的に50歳を過ぎると20歳の時の約半分になってしまうと言われています。

・ストレス
セラミドは、ストレスでも減少します。ストレスは、セラミドを分解してしまう酵素〝セラミターゼ〟を発生。また、肌の血行不良や新陳代謝を低下させてしまう為、セラミドの生成に悪影響を及ぼすことにつながります。

・洗顔&クレンジング
洗顔やクレンジングの間違った方法により、セラミドが減少することがあります。洗顔の際の洗顔料の泡立ては、肌の汚れを落とす為だけでなく、皮膚との摩擦を減らして肌への負担を減らす目的があります。摩擦が起これば、肌のバリア機能を壊し、セラミドの働きを低下させる原因になります。また、合成界面活性剤などを含んだ洗浄力の強いクレンジング料もセラミドを減らす原因となります。セラミドも脂である為、洗浄力の強いクレンジング料は、メイクや皮脂汚れだけでなく、必要以上に肌の水分や皮脂と一緒にセラミドまでも落としてしまうことがあります。

・アレルギー体質
アレルギーを持っている方の中には、先天的に体内のセラミド量が一般的な量に比べて少ない方がいます。原因は不明ですが、もともとセラミドが少ないということは、肌のバリア機能も弱く、デリケート状態であるということ。外部刺激にも耐えることができず、中にはアトピー性皮膚炎になる方もいます。肌のバリア機能が弱まれば、肌の痒みや痛みなどを引き起こし、様々な肌トラブルを引き起こす要因となります。

肌のセラミドの種類

肌のセラミドの種類

肌のセラミドの種類は、実はまだ発見や解明に至っていないものもあります。ここでは、一般的に良く聞く、代表的なセラミドについてご紹介したいと思います。

・外部の刺激から肌を守るバリア機能を持ち、水分保持をする働きがある〝セラミド 1〟
・水分保持力が高い〝セラミド 2〟
・シワを抑制し、水分保持力がある〝セラミド 3〟
・水分保持力があり、角質の脂質バリア層をつくる〝セラミド4 ・5〟
・新陳代謝の促進やシワの抑制、水分保持力がある〝セラミド 6〟
・細胞の増殖分化をコントロール。皮膚にある常在菌のバランスを整える〝セラミド 7〟

共通して言えることは、すべてのセラミドが角質層の水分を保持する役割があるということです。また、この中で私たちの肌に多く含まれている重要なセラミドが〝セラミド 2〟です。多く含まれている分、肌への影響力もあると言われています。乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎、角化症、魚鱗癬などは、〝セラミド1・3・6〟不足の影響も原因の1つであると考えられています。

セラミドと食べ物について

セラミドと食べ物について

・セラミドを含む食べ物
前半にお伝えした通り、私たちにとって欠かせない成分のセラミドは、加齢とともに減少していきます。その為、外側からの化粧品による対策だけでなく、内側からもセラミドを補っていくことが大切です。食べ物によってはセラミドを増やしてくれるものだけでなく、減らすものもあります。毎日の食生活を変えることで、改善できることもある為、ここでは、セラミドと食べ物について、ご紹介したいと思います。まず、セラミドを含んだ食べ物を摂取すると腸によって吸収され、糖・脂肪酸・スフィンゴシンの3つに分解。この分解されたうちの1つ、スフィンゴシンが表皮の角質層に働きかけることによってセラミドが生成を促し、肌のバリア機能を高めてくれます。セラミドを多く含んでいる食べ物で代表的なものは、小麦・そば・ひじき・わかめ・コーヒー・紅茶・こんにゃく芋・牛乳・大豆・黒豆などです。この中で最強と言われている食べ物がコンニャク芋。カロリー制限する必要のある食品素材にも良く使われているコンニャク芋に含まれているセラミドは、小麦などの7~16倍もあるといわれている為、おすすめです。

・セラミドの生成を促す食べ物
食べ物自体にセラミドが含まれていなくても、セラミド生成を助けてくれる食べ物があります。毎日の食事にバランスよく取り入れることで、肌ケアの効果をより高めることが期待できる為、おすすめです。まず、最初におすすめしたいものが、抗酸化作用のある食べ物です。実は、人間が生体内で発生している活性酸素は、セラミド生成の邪魔をします。その為、活性酸素に効果的な抗酸化作用のある食べ物を摂取するように心がけましょう。

【抗酸化作用】・・・・パプリカ、パセリ、ゴーヤ、トマト、レモン、キウイ、アセロラ、モロヘイヤ、カボチャ、ニラ、マンゴー、プルーン、ナッツ類など

また、血行不良は肌のセラミドの生成へ悪影響を及ぼします。体の血流を良くすることが、セラミドを効率よく運ぶサポートをしてくれることにつながる為、積極的に食事に取り入れてみましょう。

【血行促進効果】・・・・玉ねぎ、キャベツ、ジャガイモ、里芋など

※セラミドを減らす食べ物
揚げ物、マーガリン、インスタント食品、ベニ花油 など

プチプラのセラミドクリームを選ぶおすすめのポイント

セラミドの種類を確認

セラミドの種類を確認してセラミドクリームを選びましょう

化粧品に配合されているセラミドは、ヒト型セラミド・天然セラミド・植物性セラミド・合成セラミドの4種類に分類されています。セラミドクリームの成分を確認して、自分に合ったものを選びましょう。

①ヒト型セラミド
私たちの肌に含まれているセラミドと同じ化学構造をしており、酵母を利用して人の肌のセラミドに合わせて作られている、まさに〝ヒト型〟のセラミドです。肌への親和性が高い反面、水溶性がひくく、肌へ浸透しづらさが難点。バイオセラミドとも呼ばれています。 ※化粧品原料のヒト型セラミド成分名は、肌のセラミド成分名と表記が異なるものある為、チェックしてみてください。

表記例
セラミド1➡セラミドEOP
セラミド2➡セラミドNG・セラミドNS
セラミド3➡セラミドNP
セラミド4➡セラミドEOH
セラミド5➡セラミドAS
セラミド6➡セラミドAP

②植物性セラミド
主に、米・大豆・こんにゃく芋・トウモロコシなどの植物由来のセラミド成分のことです。植物由来の為、人の身体に優しく刺激になりづらいといわれています。しかし、人によってはアレルギーになる方もいる為、選ぶ際には注意が必要です。

表記例
・コメヌカスフィンゴ糖物質(米ぬから抽出)
・加水分解コンニャク根(コンニャク芋から抽出)
・グルコシルセラミド(米から抽出)
・セラミド糖脂質含有米エキス(米から抽出)
・セラミド含有米抽出物(米から抽出)
・トウモロコシ胚芽抽出物(トウモロコシから抽出、セラミド含む植物油)
※植物セラミドの中でもコンニャク芋から抽出されたセラミドは、アレルギーになる確率も低く、アトピーの方にも安心してご使用いただけます。

③天然セラミド
馬や豚などの動物由来のセラミドです。ヒト型セラミドと同じく親和性があります。浸透しやすいと言われていますが、他のセラミドに比べ、価格が高いのが難点。

表記例
・ウマスフィンゴ脂質(馬の生体成分を原料)
・セレブロシド(馬の脳や脊髄から抽出)
・ビオセラミド(動物の脳や脊髄から抽出)
・ウマスフィンゴ糖脂質(馬由来セラミドと糖がついたもの)
・ガラクトシルセラミド(馬精髄由来)

④合成セラミド
石油原料から化学合成されて作られたセラミドです。疑似セラミドとも呼ばれ、多くの化粧品に配合されています。安価で大量生産も可能です。しかし、ヒト型セラミドや天然セラミドなどに比べると、保湿力は劣ると言われています。

表記例
・ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド
・L-グルタミン酸
・ラウロイルグルタミン酸ジフィトステリル/オクチルドデシル
・N―(テトラデシトキシヒドロキシプロピル)N-ヒドロキシデカナミド
・セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド

セラミドの配合量をチェック

セラミドクリームはセラミドの配合量をチェックして選びましょう

プチプラセラミドクリームを選ぶ際に、商品の全成分をチェックしてみてください。実は、化粧品の成分表示は、成分が多い順に並んで記載されています。数値で記載されている訳ではない為大雑把なチェックになってはしまいますが、表記が後半であればあるほど、少ないということ。せっかくセラミドの配合されたクリームを選んでいるのにも関わらず、肝心のセラミド配合量が少なければ、セラミドの効果を得るのは難しいかもしれません。プチプラのセラミドクリームを含む化粧品におけるセラミド成分の表示例は、先ほどお伝えしたセラミドの種類にて確認することができます。成分のチェックは細かい作業になる為、手間がかかると思う方もいると思いますが、美肌を目指す為にも、プチプラセラミドクリームを購入の際は一度成分表示の順番をチェックしてみるのも良いでしょう。

好みの使用感

セラミドクリームは好みの使用感で選びましょう

肌のバリア機能を高めて、外部刺激から守る働きをしてくれるセラミドは、乾燥肌・敏感肌、中には、アトピー肌の方にまで愛用されています。つまり、種類によっては、かなりしっとりとした仕上がりになるものもあります。その為、特に肌トラブルの少ない普通肌の方にとっては、ベタつきが気になってしまうことも。そこで、購入する前には、使用感やテクスチャーを公式サイトや口コミサイトでチェックするようにしてみましょう。特に、公式サイトは、どういった肌質の方に合う商品であるのか、細かく記載されていることが多い為、おすすめです。
また、口コミサイトは、いろいろな肌タイプの方が口コミを投稿している為、様々な意見を確認することができます。どんなに優れた人気の商品で合っても、感じ方は十人十色。中には、〝使用後のベタつきが気になり、冬だけ愛用している〟といった投稿もあります。さらに、普通肌で、今までは肌トラブルのなかった方が、セラミドクリームを塗り過ぎてしまうと、肌表面の角質層が水分を吸って膨れてしまいます。吸って膨れれば、肌がもろくなってしまうことも。また、ベタつきのある湿った肌では、埃や雑菌がつきやすく、肌トラブルの原因になる可能性もあります。塗り過ぎによる肌のフタは、肌の毛穴のつまりや皮脂によるニキビなどの原因にもなる為、気に入ったセラミドクリームを見つけたら、まずは、公式サイトや口コミを使って、好みの使用感のものを選ぶようにしましょう。

プチプラのセラミドクリームのおすすめ人気ランキング8選

第8位Duplair ダブル セラミド 馬油クリーム

  • Duplair ダブル セラミド 馬油クリーム

    内容量

    180mℓ

    価格

    1,296円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ヒアルロン酸よりも保湿力があると言われている、ヒト型セラミドが贅沢に配合されたクリーム。カミツレ花エキスやアロエベラ葉エキスなどの10種類の天然保湿成分や馬油を配合し、ハリのある美肌へと導いてくれます。クリームマスクとしても人気のプチプラ商品です。

  • 成分

    水、グリセリン、セタノール、パルミチン酸エチルヘキシル、BG、ステアリン酸、馬油、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、加水分解コラーゲン、セラミドNG、セラミド3、尿素、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ローマカミツレ花エキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、ヤグルマギク花エキス、ミネラルオイル、ダイズステロール、ベヘニルアルコール、水添レシチン、ステアリン酸ソルビタン、ジメチコン、フェノキシエタノール、水酸化K、EDTA-3Na、ポリソルベート60、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料

第7位菊正宗 日本酒のクリーム

  • 菊正宗 日本酒のクリーム

    内容量

    150mℓ

    価格

    1,015円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    3種のアミノ酸とセラミドを配合した、濃厚でこっくりとしたプチプラクリーム。150gと大容量で、リーズナブルな価格も嬉しいポイントです。少量を肌にのせても伸びが良く、もちもちとした肌の仕上がりになります。ほのかな日本酒の香りも魅力の1つです。

  • 成分

    水、グリセリン、ミネラルオイル、セタノール、ステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、コメ発酵液、グルタミン酸、アルギニン、ロイシン、グリシン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、プラセンタエキス、アルブチン、グリチルリチン酸2K、コメヌカ油、コメ胚芽油、ホホバ種子油、スクワラン、プロパンジオール、ジメチコン、コレステロール、フィトスフィンゴシン、ラウロイルラクチレートNa、トコフェロール、セテス-20、ステアレス-20、ステアリン酸PEG-75、カルボマー、キサンタンガム、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、EDTA-2Na、水酸化K、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、香料

第6位キュレル クリーム[ジャー]

  • キュレル クリーム[ジャー]

    内容量

    90mℓ

    価格

    1,620円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    セラミド機能成分を配合し、肌のバリア機能を高めてくれる、乾燥肌や敏感肌の方だけでなく、赤ちゃんにも使えるプチプラクリームです。顔だけでなく身体にも使えます。消炎剤も含まれている為、肌荒れやしもやけ、あかぎれなどにも有効です。弱酸性・無香料・無着色のところもおすすめのポイント。

  • 成分

    アラントイン*、精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、シクロジメチコン、トリシロキサン、スクワラン、イソステアリルグリセリルエーテル、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、イソステアリン酸コレステリル、ジメチコン、ユーカリエキス、ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ジメチルパルミチルポリシロキサン、硫酸Mg、POE水添ヒマシ油、POE・ジメチコン共重合体、パルミチン酸デキストリン、BG、コハク酸、水酸化ナトリウム液、パラベン

第5位なめらか本舗 リンクルクリーム

  • なめらか本舗 リンクルクリーム

    内容量

    50mℓ

    価格

    1,080円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    セラミド2や大豆イソフラボンなどを配合し、肌にうるおいを与えることで、ツヤとハリのある肌へと導いてくれます。肌の奥まで浸透する為、長時間うるおいが続き、濃厚なのにべたつかない使用感は、女性だけでなく男性にもおすすめしたいプチプラクリームです。

  • 成分

    水、BG、グリセリン、スクワラン、ミリスチン酸オクチルドデシル、バチルアルコール テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、ジメチコン、ジステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、水添パーム核油、豆乳発酵液、ダイズイソフラボン、ダイズ種子エキス、ダイズタンパク、パルミチン酸レチノール、セラミド NG、シクロペンタシロキサン、PEG-60水添ヒマシ油、アルギニン、エタノール、カルボマー、カンゾウ根エキス、キサンタンガム、ダイズステロール、トコフェロール、パーム核油、パーム油、ポリソルベート80、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、レシチン、水酸化K、水添レシチン、フェノキシエタノール、メチルパラベン

第4位肌をうるおす保湿クリーム 濃厚クリーム

  • 肌をうるおす保湿クリーム 濃厚クリーム

    内容量

    50mℓ

    価格

    1,728円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5などを配合し、皮膚のバリア機能を高めてくれるクリーム。濃厚な質感は、肌に塗りやすく、うるおいを持続させてくれます。使い続けるには嬉しい、45gの詰め替え用も販売されています。アルコール(エタノール)・パラベン・香料・着色料・鉱物油不使用のところも、肌に優しいポイントです。

  • 成分

    水、グリセリン、BG、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、シア脂、ベへニルアルコール、ステアリン酸スクロース、ダイズ種子エキス、加水分解ダイズタンパク、ダイズ油、ダイズステロール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6II、カルナウバロウ、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ステアロイルラクチレートNa、水添レシチン、ニンジン根エキス、トコフェロール、アルギニン、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン

第3位デリズム モイスチャーヴェール クリーム

  • デリズム モイスチャーヴェール クリーム

    内容量

    50mℓ

    価格

    1,296円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    乾燥肌や敏感肌にもおすすめのセラミドクリーム。浸透型セラミドを始め、コラーゲン、ヒアルロン酸が肌の奥までうるおいを与えてくれます。肌と同じ弱酸性であるのも、肌荒れなどになりやすい人に嬉しいポイント。皮膚のバリア機能を高めてくれる生セラミドも含んでいる為、肌トラブルになりづらい健康肌へと導いてくれます。

  • 成分

    水、DPG、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、イソステアリン酸PEG-15グリセリル、フェノキシエタノール、クエン酸Na、クエン酸、ヒアルロン酸Na、BG、加水分解ヒアルロン酸、DNA-Na、グリセリン、タウリン、ビルベリー果実エキス、サトウキビエキス、リシンHCl、セテアレス-25、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ポリクオタニウム-51、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、レモン果実エキス、オレンジ果実エキス、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、セタノール、アラントイン、フェニルアラニン、セバシン酸、10-ヒドロキシデカン酸、1,10-デカンジオール、サトウカエデエキス、アルギニン、加水分解コラーゲン、プロリン、ユーカリ葉エキス、コレステロール、セラミドNP、チロシン、ベヘン酸、ハトムギ種子エキス、セラミドNS、グアニル酸2Na、イノシン酸2Na、セラミドEOP、セラミドEOS、セラミドAP、カプロオイルスフィンゴシン、カプロオイルフィトスフィンゴシン、スクワラン、セレブロシド、ペンチレングリコール

第2位明色化粧品 セラコラ 保湿クリーム

  • 明色化粧品 セラコラ 保湿クリーム

    内容量

    50mℓ

    価格

    1,080円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    年齢とともに減少していく、セラミド1・セラミド3・セラミド6を配合し、肌の保水力を高めてくれるプチプラクリームです。セラミドと一緒に、ナノコラーゲンも配合している為、肌に弾力も与えてくれます。弱酸性でアルコールフリー、無香料・無着色の為、肌への負担を最小限に抑えたい、乾燥性敏感肌の方にもおすすめです。

  • 成分

    水、グリセリン、BG、イソペンチルジオール、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、水酸化Na、ラウリン酸K、ラウロイル乳酸Na、キサンタンガム、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、オキシベンゾン-4、BHT、エチルパラベン、メチルパラベン、プロピルパラベン

第1位ケアセラ APフェイス&ボディクリーム

  • ケアセラ APフェイス&ボディクリーム

    内容量

    70mℓ

    価格

    1,296円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    セラミド1、セラミド2、セラミド3などの7種の天然型セラミドを配合。肌の奥深くまで浸透し、潤いを与えてくれます。顔だけでなく、身体にも使えるプチプラクリームです。硬めのテクスチャーは、塗った直後はこってりとした印象ですが、じっくりと肌に浸透していき、べたつきません。弱酸性・低刺激性の為、乾燥肌や敏感肌にもおすすめです。

  • 成分

    水、BG、グリセリン、セタノール、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ワセリン、トリエチルヘキサノイン、ミネラルオイル、シア脂、PEG-60水添ヒマシ油、ペンチレングリコール、ラノリン、ジメチコン、ステアリン酸グリセリル、セラミド1*、セラミド2*、セラミド3*、セラミド6II*、セラミドEOS*、カプロオイルフィトスフィンゴシン*、カプロオイルスフィンゴシン*、ジヒドロキシリグノセロイルフィトスフィンゴシン、コレステロール、ベヘン酸、塩化Na、塩化K、ピリドキシンHCl、セリン、オリゴペプチド-24、セテアレス-25、EDTA-2Na、カルボマー、TEA、ベヘニルアルコール、フェノキシエタノール*天然型セラミド

プチプラのセラミドクリームの使い方

セラミド配合のクリームのつけ方

セラミド配合のクリームのつけ方

セラミド配合のクリームに限らず、どのような肌アイテムも、まずは、商品のパッケージ等の説明書きの使用量や使い方を確認するようにしてください。ここでは、基本的なクリームのつけ方について、ご紹介したいと思います。

・フェイス用
スキンケアを行う基本の順番は、化粧水→美容液→乳液(保湿クリーム)です。セラミドクリームは、一般的なクリームと同様、スキンケアの最後の段階、肌にうるおいを閉じ込めてフタをする役割を持っています。その為、化粧水や美容液をつけた後、時間を空けては、せっかく肌に与えた保湿や美容成分が蒸発してしまいます。うるおいを逃がさない為にも、速やかに、クリームを塗るようにしましょう。
①適量を手に取る。(特に使用量の記載がなければ、500円玉くらい)
②クリームを手のひらで温める。(温めることにより、肌に馴染みやすくなる)
③両頬・額・顎・鼻にクリームをつける。
④顔の中心から外側に向かって全体的に伸ばす。
※摩擦による刺激を肌に与えないように、優しく丁寧に。
⑤乾燥している部分に重ね付け。
※口や目元は特に乾燥しやすい。
⑥ハンドプレスする。
※ハンドプレスは浸透率UP・血行促進・マッサージ効果・リラックス効果が期待できます。押さえることが重要ではなく、手のひらを肌に密着させることが重要です。手のひらの温度を感じながら、頬・額・フェイスライン・鼻周り・まぶたを部分ごとに行ってください。
(各約10秒ずつ)
※肌トラブル中の方は、肌のバリア機能が低下している為、ハンドプレスが刺激となり、肌の状態の悪化につながることがあります。こういった場合は、ハンドプレスは行わないようにしましょう。

・ボディ用
ボディクリームの効果を引き出すためには、基本的に、清潔な肌に塗るようにしましょう。バスタイム後、時間をあまり開けずにボディケアを行うと、肌の水分の蒸発を防いでくれる為、おすすめです。
①適量を手にとる。(特に使用量の記載がなければ、パーツ1か所につき500円玉くらい)
②クリームを手のひらで温める。(温めることにより、肌に馴染みやすくなる)
③パーツごとに円をかきながら塗っていく。
※肘・膝・かかとは、特に乾燥しやすい為、重ね塗りもおすすめです。逆に皮脂が多くニキビなどのトラブルもが起こりやすい背中の中心のラインは、塗りすぎることの無いように気をつけましょう。

プチプラのセラミドクリームの注意点

塗りすぎ

セラミドクリームは塗りすぎに注意しましょう

つい、乾燥しているからといって、クリームを塗りすぎていませんか。しかし、クリームの塗りすぎも肌にダメージを与えます。〝好みの使用感〟のところでお伝えしたように、肌にうるおいを与えすぎると、肌表面の角質層が水分を吸って膨れてしまいます。この角質層は、外部刺激などから肌を守る重要な役割をしています。セラミドを配合したクリームで、肌のバリア機能を高めようとしているところを台無しにしてしまう為、気をつけましょう。

ジャータイプはスパチュラ使用

セラミドクリームのジャータイプはスパチュラを使用しましょう

今回ご紹介したセラミド配合のクリーム容器の種類の中には、ジャータイプのものがあります。このジャータイプは、チューブタイプに比べて、残量がわかりやすいところが人気です。しかし、ジャータイプは口が広い為、クリームを取る際は、手や指を使いたくなってしまう方もいるのではないでしょうか。しかし、ジャータイプは、指ではなくスパチュラで取るようにしましょう。指で直に取ることは、雑菌繁殖の原因となり、クリームの品質が損なわれてしまう可能性があります。このような事態を避ける為にも、衛生的にスパチュラでクリームを取るように心がけましょう。

まとめ

今回は、セラミド配合のプチプラクリームについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか? 最近は、クリームだけでなく、美容液やサプリメントなど、様々なものに配合されているセラミド。しかし、どれもみんな、効果がすぐに出る訳ではない為、根気強く、継続していくことが必要です。今回、お伝えした通り、セラミドは美容成分として欠かせない存在になってきています。特に、肌トラブルになりやすい、敏感肌や乾燥肌には必須の成分と言っても良いのではないでしょうか。どんなに優れた成分を含んだクリームだったとしても、間違った方法で使用すれば効果は半減してしまいます。セラミドの種類によっては高価なものも中にはありますが、今回ご紹介している商品は、その中でも試しやすいプチプラ価格のものになります。是非、自分に合ったベストなプチプラのセラミドクリームを見つけて、セラミドによる肌ケアを始めてみてください。

Share on

Share on

PAGE TOP