メンズ ボディーケア
  • 2018.11.21 メンズ ボディーケア

    メンズボディクリームのおすすめ人気ランキング10選

    最近はスキンケアを行う男性が増えてきています。スキンケアといってもフェイシャルケアが多く、ボディケアもしている男性はまだまだ多くは見られません。ですが、男性の肌は女性よりも乾燥しやすいため、ボディケアも重要な身だしなみになってきます。また、メンズ用ボディクリームは香りがついていても強く香らないため、香水の代わりとして使えて人気がでてきています。そこで、今回はおすすめのメンズ用ボディクリームをご紹介させていただきます。

ボディクリームとは

ボディクリームとは、油分や水分を含んでおり、保湿効果のあるクリームです。肌を保湿して水分が蒸発してしまうことから防ぎ乾燥から守ることが目的とされており、肌のうるおいを補給しなめらかに整えてくれます。
ボディクリームは女性に人気のボディケア用品で、男性の認識率はまだ高くありません。ですが、近年は花粉などのアレルギーの影響で肌が乾燥してしまう方も多くみられます。そのため、ボディクリームを使用する男性も増えてきていると同時に、男性用のボディクリームも多く売られるようになってきています。

乾燥肌になってしまう原因

乾燥肌になってしまう原因

乾燥肌とは肌の水分が不足しており、うるおいがない状態の肌のことを指します。
ではなぜ乾燥肌になってしまうのでしょうか。
皮膚の表皮には角質層があります。角質層は水分の蒸発を防ぎ、外側の刺激から守るようにバリア機能の働きをしてくれます。この角質層が割れてめくれあがってしまうことで、肌のバリア機能が低下します。そのめくれあがった角質の隙間から水分が逃げだし、不足することで乾燥肌になってしまうのです。

乾燥する原因としては、冬場の乾いた空気が一番知られていると思いますが、それだけではありません。年齢を重ねるにあたって、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの、水分保持機能の働きがある成分が減少してしまうこと。偏った食事による栄養バランスの崩れや、ストレス・睡眠不足による生活習慣の乱れなどによっても、皮膚細胞が衰えバリア機能が低下してしまいます。

〇肌を触るとガサガサしている
〇皮膚から白い粉が吹いている
〇肌が痒くなる
これらが乾燥肌の主な特徴です。1つでも当てはまるメンズは乾燥肌になってしまっている可能があるため、ボディクリームなどでしっかりとした保湿ケアをしてあげることが必要です。

メンズボディクリームを選ぶおすすめのポイント

肌に合わせた保湿力

ボディクリームは肌に合わせた保湿力で選びましょう

ボディクリームで一番重要なことが保湿です。特に冬場の空気は乾いているため、肌が乾燥しやすくなってしまいます。そんな時にしっかり保湿をしておくことで、うるおいのある肌を保つことができます。
ボディクリームの保湿力は高いものもあれば低いものあり、商品によって異なります。そのため、痒みを感じるほどの乾燥肌になっている方は、保湿力が高いものを見極めることが必要です。また、そんなに乾燥していないという方は、保湿力が低いボディクリームを使いましょう。保湿力が高いクリームは油分が多く入っているため、乾燥していない肌に塗ると油分が増えすぎて、肌が荒れてしまうこともあります。そのため、自分の肌状態に合わせた保湿力のボディクリームを選びましょう。

保湿以外の期待効果

ボディクリームは保湿以外の期待効果で選びましょう

ボディクリームはエイジングケア成分や美白成分など、保湿以外にもアプローチしてくれる成分が入っているものが多数あります。そのアプローチしてくれる効果によって選ぶこともポイントの1つです。
例えば、美白成分が配合されているボディクリーム。美白成分にはシミやそばかすの原因となるメラニンを抑制する効果があります。そのため、外出が多く紫外線を浴びやすい方や、日焼けをしてしまった方には美白成分が配合されているものがおすすめです。ただし、あくまでもメラニンを抑制してくれるものであり、肌を白くしてくれるものではありませんので間違えないようにしましょう。
また、肌の引き締め効果のある成分が配合されているものもあります。引き締め、ハリのある肌にしてくれるため、エイジングケアに良いでしょう。年齢による肌の衰えを感じて、悩んでいる方はぜひ使ってみてください。

また、男性に多い悩みが体臭です。体臭には、汗によって菌が繁殖し匂ってしまうものや、年齢を重ねることで発症しやすい加齢臭などたくさんあります。
加齢臭は主に40代を過ぎると、ノネナールとういう物質が生まれることが原因で発症してしまいます。これは男女関係なく発症しやすいため、体臭の大きな悩みの1つです。自分では気づきにくいため、家族や知人に教えられて気付くこともあるでしょう。その加齢臭に効果的なカキタンニンなどの成分が配合されているボディクリームもありますので、ニオイケアとして使用してみてはいかがでしょうか。

香水の代わりになるもの

ボディクリームは香水の代わりになるものを選びましょう

ボディクリームは肌を保湿して乾燥から守ることが大きな目的ですが、それだけではありません。ボディクリームには様々な香りがついているものがあるため、それを塗って香水代わりとして使うことができます。
ボディクリームの香りは香水と違って強いものが比較的少なく、さりげなく香らせることができます。そのため周りに迷惑になりにくく、仕事中でも使いやすくなっています。
ただし、ボディクリームを塗り過ぎてしまうと、香水のような強い香りになってしまう可能性があります。そうすると、仕事先や取引先で迷惑になってしまうため、香らせ過ぎないように注意しましょう。
ただし、店頭で購入する場合は実際に香りを確認してから選べますが、ネット通販では香りがわかりません。そんな時は自分が好きな系統を把握し、それに近そうな香りがついているものを購入するようにしましょう。
ボディクリームを香水代わりに使うことで、近づいた時にさりげなく良い香りがする男性は、細かな所まで気を使っていると感じ、男女問わず好感を持ってもらえるでしょう。
また、無香料のボディクリームもありますので、香りが苦手な方や香りをつけたくない方は、無香料のものを選びましょう。

敏感肌にもやさしい成分

敏感肌にもやさしい成分のボディクリームを選びましょう

敏感肌のメンズは肌のバリア機能が低下し、外側からの影響を受けやすい状態になっています。少しでも強い刺激を受けてしまうと、ヒリヒリとした痛みを感じて肌トラブルを起こしやすくなってしまうため気をつけましょう。
ボディクリームは品質の劣化を防ぐために、添加剤などが含まれているものが多いです。それらは成分が強く刺激があるため、特に刺激を受けやすい敏感肌には注意が必要です。そのため、敏感肌のメンズは無添加やアルコールフリーのボディクリームを使うようにしましょう。また、天然由来の成分で作られているものや、肌のバリア機能を助けてくれる成分など、肌にやさしい成分が配合しているものがおすすめです。

肌のベタつき感

ボディクリームは肌のベタつき感で選びましょう

ボディクリームは油分を多く含んでいるため、肌に塗るとどうしてもベタつきを感じやすくなってしまいます。そのベタついた肌が気になってしまうメンズや、ベタついた肌のまま服を着ることに不快感を感じてしまうメンズは、ジェルタイプのものがおすすめです。
ジェルタイプはクリームタイプよりも油分が少ないためベタつきを抑えられます。サラッとしたつけ心地で、塗った後すぐに服を着ても大丈夫。ただし、クリームタイプより油分が少なくなっているため保湿力は弱くなってしまいます。そのため重ね塗りをして保湿力を高めましょう。

メンズボディクリームのおすすめ人気ランキング10選

第10位DHC MEN オールインワンモイスチュアジェル

  • DHC MEN オールインワンモイスチュアジェル

    内容量

    200mℓ

    価格

    1,620円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ボディクリームだけでなく、化粧水やアフターシェーブローションとしての役割も発揮してくれる優秀なジェル。1本でフェイシャルを含め、全身に使えるため、メンズも手軽にボディケアができます。また、サラッとしてベタつきが抑えられているのも嬉しいポイントです。

  • 成分

    水、BG、グリセリン、ユビキノン、トレハロース、ウメ果実エキス、チャ葉エキス、加水分解コラーゲン、メバロノラクトン、セラミド3、ペンタペプチド-18、チューベロース多糖体、DPG エチルヘキシルグリセリン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、ポリソルベート80、PEG-40水添ヒマシ油、PEG/PPG-30/10ジメチコン、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、香料

第9位DiNOMEN デオケアクリーム

  • DiNOMEN デオケアクリーム

    内容量

    40mℓ

    価格

    1,620円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    体臭ケアしてくれるカキタンニンや、エイジングケアをしてくれるコエンザイムQ10などを贅沢に配合。メンズの汗臭や加齢臭など気になる体臭にひと塗りでアプローチします。長時間続くグレースライムの香りが、1日を爽やかな気持ちにしてくれます。

  • 成分

    水、BG、グリセリン、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、ワセリン、スクワラン、セタノール、香料、パラフィン、ステアリン酸、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル、セテス-3、ステアレス-11、ラベンダーエキス、シメン-5-オール、カキタンニン、チャ葉エキス、キュウリ果実エキス、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス、ローズマリーエキス、ビルベリー葉エキス、乳酸Na、10-ヒドロキシデカン酸、セバシン酸、1,10デカンジオール、カオリン、ユビキノン、シクロデキストリン、フラーレン、ガリカバラ花エキス、デキストリン、クロルヒドロキシAl、セトリモニウムブロミド、エタノール、ルイボスエキス、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸Na、フェノキシエタノール

第8位NULL パヒューム クリーム

  • NULL パヒューム クリーム

    内容量

    30mℓ

    価格

    4,980円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    高級保湿クリームにも入っているグリセリンを配合しているため、しっかりと保湿してくれるメンズにおすすめのクリーム。女性に好かれる自然な香りがついており、汗にも強くて落ちにくいため、長時間汗をかいても香りを楽しめます。

  • 成分

    水、カカオ脂、シクロペンタシロキサン、スクワラングリセリン、ステアリン酸グリセリル(SE)、香料、べヘニルアルコール、BG、シア脂、セタノール、ステアリルアルコール、ステアリン酸PEG-25、エタノール、フェノキシエタノール、ステアロイルグルタミン酸Na、メチルパラベン、カルボマー、水酸化K、トコフェロール

第7位レイヤードフレグランス クレムドゥパルファム

  • レイヤードフレグランス クレムドゥパルファム

    内容量

    50mℓ

    価格

    3,672円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    クリームを塗った瞬間、香りが一緒に肌に馴染みます。肌からさりげなく漂う香りは近づいた人にしかわからず、大人の男性の魅力を感じさせるでしょう。浸透力のあるクリームは伸びがよく、なめらかでやわらかな肌に整えてくれます。香りも4種類あるため、好きな香りを選べます。

  • 成分

    記載なし

第6位ホワイトムスク ボディクリーム

  • ホワイトムスク ボディクリーム

    内容量

    200mℓ

    価格

    3,240円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ボディケア用品の専門店である、ザ・ボディショップで人気のクリーム。優しく香るやわらかいホワイトムスクが、魅惑的な印象を残してくれます。ホワイトムスクのシリーズで香水やハンドクリームもあるので、しっかり香りづけしたいメンズは併用するのもおすすめ。

  • 成分

    水、グリセリン、オリーブ油、シア脂、ババス油、カプリル酸ヤシ油アルキル、ステアリン酸グリセリル、ゴマ油、ステアリン酸PEG-100、ヒマワリ種子油、セテアリルアルコール、カカオ脂、香料、トロロアオイモドキ種子エキス、ジメチコン、マルトデキストリン、キサンタンガム、クエン酸、EDTA-2Na、トコフェロール、安息香酸Na、フェノキシエタノール

第5位ボトコラックス ブラック ハンド&ボディクリーム オーシャン

  • ボトコラックス ブラック ハンド&ボディクリーム オーシャン

    内容量

    65mℓ

    価格

    864円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    保湿には欠かせない生コラーゲンなどを配合し、メンズの顔・体を乾燥から守ってくれます。香水と同じように、トップ・ミドル・ラストと香りの変化を楽しめて飽きさせません。みずみずしいベルガモットグリーンの香りも一度嗅いだら癖になるでしょう。

  • 成分

    水、ペンチレングリコール、セタノール、スクワラン、オリーブ果実油、ベルガモット果実油、カキタンニン、チャ葉エキス、ヒアルロン酸Na、塩化亜鉛、クロラミンT、セルロースガム、炭酸水素Na、白金、銀、ケイヒエキス、水溶性コラーゲン、アセチルヘキサペプチド-8、加水分解アルギン、紅藻エキス、ワカメエキス、ジグリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、カルボマー、ベタイン、水酸化K、PEG-40水添ヒマシ油、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10ー30))クロスポリマー、EDTA-2Na、フィチン酸、トコフェロール、エタノール、BG、グリセリン、香料、フェノキシエタノール

第4位ロクシタン シアリッチボディクリーム

  • ロクシタン シアリッチボディクリーム

    39198_A1.tif

    内容量

    200mℓ

    価格

    5,832円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    保湿効果の高いシア脂を使用しており、やさしく肌を包み込んでくれます。冬の乾いた空気や静電気などの刺激から守り、乾燥を防ぎます。主張をしない自然な香りのため、香水のようなはっきりとした香りが苦手なメンズでも使いやすくなっています。

  • 成分

    水、シア脂、炭酸ジカプリリル、グリセリン、タピオカデンプン、セテアリルアルコール、ジメチコン、ステアリン酸グリセリル、アマ種子エキス、ステアリン酸PEG-100、PCANa、ソルビトール、ヒマワリ種子油、アンズ核油、アーモンド果実エキス、アルテア根エキス、ローズマリー葉エキス、セテアレス-33、エチルヘキシルグリセリン、ハチミツエキス、安息香酸、フェノキシエタノール、デヒドロ酢酸、ポリアミノプロピルビグアニド、クロルフェネシン、ポリアクリルアミド、PG、(C13.14)イソパラフィン、エタノール、ラウレス-7、キサンタンガム、EDTA-2Na、トコフェロール、香料、ベンジルアルコール、リナロール、クマリン、シトロネロール、ヘキシルシンナマル、α-イソメチルイオノン、リモネン、安息香酸ベンジル、ゲラニオール

第3位スチームクリーム

  • スチームクリーム

    内容量

    75mℓ

    価格

    1,809円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    高温の蒸気を用いて作られているため、肌なじみは抜群です。顔や体だけでなく、水分が足りないパサパサな髪までも保湿できてしまいます。スチームクリームの特徴である缶はデザインが豊富にあるため、男女問わずプレゼントにもおすすめです。

  • 成分

    水、カラスムギ穀粒エキス、オレンジ花水、アーモンド油、カカオ脂、グリセリン、ステアリン酸、TEA、ホホバ種子油、ラベンダー油、ビターオレンジ花油、カミツレ花油、ダマスクバラ花油、セテアリルアルコール、香料、メチルパラベン、プロピルパラベン

第2位エリザベスアーデン グリーンティーハニードロップボディクリーム

  • エリザベスアーデン グリーンティーハニードロップボディクリーム

    内容量

    500mℓ

    価格

    7,560円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    保湿成分であるオレンジ色のハチミツの粒が、肌にのせた瞬間に溶けてしっかり馴染んでくれます。女性にも好まれるグリーンティの香りが全身をふんわりと包み込み、心から癒してくれます。大容量でたっぷり使えるのも嬉しいポイント。

  • 成分

    水、セテアリルアルコール、ミネラルオイル、香料、グリセリン、ステアリン酸グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、酢酸セチル、カカオ脂、安息香酸アルキル、(C12-15)、ジメチコン、セテアレス-20、コムギ胚芽脂肪酸グリセリル、コムギ胚芽油、トリセテアレス-4リン酸、カルボマー、TEA、シクロペンタシロキサン、フェノキシエタノール、安息香酸Na、結晶セルロース、酢酸ラノリル、アロエベラ液汁、メチルパラベン、乳糖、PG、エトキシジグリコール、BHT、プロピルパラベン、PEG/PPG-18/18ジメチコン、ハチミツ、カラギーナン、BG、酢酸トコフェロール、シア脂、クロルフェネシン、トウキンセンカエキス、イチョウ葉エキス、ローマカミツレエキス、チャ葉エキス、酸化鉄

第1位PROUDMEN グルーミングバーム

  • PROUDMEN グルーミングバーム

    内容量

    40mℓ

    価格

    3,024円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ほのかに香りメンズ用フレグランスクリーム。少量でも香りは長時間持続し飛びにくいため、何度も塗りなおす必要はありません。体臭ケアとして使えるので、お出掛けやビジネスシーンにもおすすめです。小さくて持ち歩きやすいため、どこでもケアが可能です。

  • 成分

    水、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ワセリン、スクワラン、セタノール、香料、パラフィン、ステアリン酸、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル、セテス-3、ステアレス-11、ベンザルコニウムクロリド、カキタンニン、乳酸Na、10-ヒドロキシデカン酸、セバシン酸、1,10-デカンジオール、ユビキノン、シクロデキストリン、リン酸アスコルビルMg、トリクロサン、トリクロカルバン、クロルヒドロキシAl、セトリモニウムブロミド、エタノール、メチルパラベン、ブチルパラベン

メンズボディクリームの使い方

肌が濡れている状態で使う

ボディクリームは肌が濡れている状態で使いましょう

入浴後にタオルで体を拭くと、時間が経つにつれて肌に残った水分がどんどん蒸発してしまいます。その際に肌に蓄えた水分も一緒に蒸発してしまうため、入浴後の肌はとても乾燥しやすくなっています。
ボディクリームの役目は肌の水分が蒸発することを防ぎ、うるおいのある肌をキープしておくことです。そのため肌に水分が残っている状態の時にボディクリームを塗ってあげることで、水分を閉じ込め乾燥しにくい肌にしてくれるのです。
また、入浴後は汚れが洗い流され清潔な肌になっているため、ボディクリームが肌に浸透しやすくなります。これらを踏まえるとボディクリームは入浴直後の、水分が残っている肌に塗るのがベストとなるのです。
また、保湿効果をさらに高めたい場合は、入浴直後に浴室内で塗ることをおすすめします。入浴直後の浴室内は蒸気が籠っているため水分が逃げません。その状態で塗れば十分な水分を肌に蓄えておくことができます。

ボディクリームを塗る場所

ボディクリームを塗る場所

ボディクリームは全身に塗れるクリームですが、顔には塗れません。なぜなら顔は体よりも皮膚が薄くなっているため、皮脂腺が多くあります。その皮脂が溜まっているところに油分の多いボディクリームを塗ってしまうと、ニキビや肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。そのため、顔にも使えるという表記があるもの以外は、顔への使用はやめましょう。
また、胸元・お腹・背中も皮膚が薄く皮脂腺が集まっている場所なので油分が多いクリームはおすすめできません。しかし、胸元・お腹・背中も乾燥する場所には変わりありません。ですので、ボディクリームでケアをしたい場合は、油分が少なめのクリームを薄く塗るか、水分が多いジェルタイプのものを使用しましょう。

こんな使い方も

ボディクリームはこんな使い方もあります

ボディクリームは保湿力が高いため、いざという時の代用品としても使えることができます。そこで代用品としての使い方を、いくつかご紹介させていただきます。

【ヘアクリーム】
ボディクリームは水分の蒸発を防いでくれる蓋のようになってくれます。その効果を利用してヘアクリームの代用品として使えます。髪も1本1本に水分が補給されていないと、乾かしてもパサついて、まとまりのない髪質になってしまいます。そこでボディクリームを、濡れている髪に薄く塗ってから乾かしてあげることで、水分が逃げずにまとまりのあるうるおい髪にしてくれます。
ただし、塗り過ぎてしまうとベタついて髪が脂っぽくなってしまうため、量の調節に気をつけてください。

【シェービングクリーム】
もう1つご紹介したいのが、シェービングクリームの代用品としてボディクリーム使用することです。シェービングした際に肌が傷つき、ピリピリしてしまうことがありますよね。そこでボディクリームを塗ってシェービングをしてあげると、肌が傷つきにくいだけでなく、仕上がりもなめらかにしてくれます。

ぜひ、ボディクリームを代用品として使ってみてください。

メンズボディクリームの注意点

塗り過ぎはダメ

ボディクリームの塗り過ぎはダメです

乾燥しているからといってボディクリームを大量に塗ることはやめましょう。肌には蓄えておける水分と油分の量に限界があります。そのため大量に塗ったとしても、全てが蓄えられるわけではありません。また、それ以上の効果を得られることもありません。ですので、大量に塗ってしまうとむしろベタついて、不快に感じやすくなってしまいます。
乾燥が気になるとしても大量には塗らず、量を調節しながら塗っていきましょう。

長期間使わない

ボディクリームは長期間使わないようにしましょう

ボディクリームは使うたびに空気や手に触れます。その際に雑菌などが入ると菌が繁殖したり、酸化が始まってしまうことがあります。そうなると、ボディクリームの効果が低下してしまい、しっかりとした効果を得られなくなってしまいます。そのため、使い始めてから長期間使用している場合は、中身が残っていても思い切って捨ててしまいましょう。新しいものを使用して常に清潔にしておくことも乾燥を防ぐポイントになります。
ボディクリームの使用期間の目安として、開封してあるものは半年から1年以内。開封していないものであれば製造から3年以内に使うようにしましょう。

肌が弱い方はパッチテストを!

肌が弱い方はパッチテストをしてからボディクリームを使用しましょう

男性の肌は一見女性よりも強く思われがちです。しかし、皮膚細胞は性別問わず、同じ生成方法になります。そのため、男性でも肌が敏感な方や弱い方はたくさんいます。そのような方の中でボディクリーム使ってみたら肌が荒れてしまったという男性もいるのではないでしょうか。
自分も肌が弱いという方は、肌トラブルをおこさないように注意が必要です。そこで行っていただきたいのがパッチテスト。パッチテストを行い、肌に異常が起こらないか確認してからボディクリームを使用することで安心して使うことができます。
自分でパッチテストを行っても不安な方は、診療代を払うと病院でパッチテストを行ってくれるところがありますので、そちらを受診してみましょう。

ボディクリームは夏でもつける?

ボディクリームは夏でもつける?

夏場は冬場と違い高温多湿で汗をかきやすいため、乾燥はしないと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、夏場でも乾燥する原因は十分にあるのです。そのため、夏場でもボディクリームで保湿することは必要です。
今回は夏場の乾燥原因も知っておきましょう。

【紫外線】
夏場は紫外線が強く、日焼け止めを使っていたとしても、汗で流れて落ちてしまえば肌に影響を受けてしまいます。紫外線を浴びてしまうと真皮層にまで侵入し、コラーゲンなどの肌組織が破壊されバリア機能が低下してしまいます。そのため保湿機能も弱くなってしまい、水分不足で乾燥してしまうのです。
紫外線は室内にいれば安心だと思われがちですが、ガラスを貫通する紫外線もあるため窓を通して浴びてしまうこともある危険な存在なのです。

【エアコン】
暑い夏場は室内に熱気がこもってしまい、エアコンの冷房をつけてしまいがちです。しかしこの冷房は冷たい乾いた風を送るため、空気が乾燥し肌から水分が逃げてしまうのです。
エアコンは自宅だけでなく、ほとんどの職場やお店でも使っているものです。特に室内で仕事をする方は1日冷房を浴び続けることもあり、乾燥しやすくなってしまうため注意しましょう。

【汗】
女性と違い、事務職よりも営業職に就いている方が多い男性は、暑い中、移動や外出することも多いでしょう。そのため汗を大量にかいてしまいます。その汗が水分と一緒に蒸発することで、乾燥する原因となってしまうのです。

【皮脂の落としすぎ】
夏場の汗はベタつきやすいです。そのベタつきからすっきりするために、すぐにお風呂やシャワーを浴びたくなってしまいます。そのため、1日に数回浴びる方もいるのではないでしょうか。しかし、1日に何度も体を洗ってしまうと必要な皮脂までもが洗い流されてしまうため乾燥してしまいます。
必要な皮脂を洗い流さないためにも、シャワーは1日に2回までにしておくことが良いでしょう。

以上のように夏場でも乾燥してしまう原因はあります。その乾燥から守るためボディクリームでのケアは必要です。夏場はベタつくからといってケアを疎かにしてしまいがちですが、こまめにケアをしておくことで健やかな肌を維持できます。油断せずに毎日のケアを心掛けましょう。

まとめ

今回はメンズボディクリームをご紹介させていただきましたが、いかがでしょうか?

保湿だけでなく、やさしい香りで体臭ケアできるメンズボディクリームは、大人の男性の必需品です。ボディクリームで整えたなめらかな肌と、優しい香りに包まれたら、彼女や奥様もあなたの魅力に惚れ直すことでしょう。ぜひボディクリームを使って、ワンランク上の大人の男性になりましょう。

Share on

Share on

PAGE TOP