デンタルケア
  • 2018.11.22 デンタルケア

    おすすめの歯ブラシで綺麗な歯を作りだす!人気【歯ブラシ】ランキング10選

    1日に数回、毎日使う歯ブラシ。みなさんは歯ブラシの違いをしっかり確認して選んでいるでしょうか。安いものや、普段からずっと使っているからという理由で、簡単にこれでいいやと適当に選んでいる方も多いと思います。しかし、適当に選んだ歯ブラシを使っていると、しっかり歯を磨けていないかもしれません。人それぞれ歯並びや歯茎の状態は異なるため、歯ブラシにも相性があるのです。そこで、意識せずに歯ブラシを選んでいたみなさんに、今回はおすすめの歯ブラシをご紹介させていただきます。

歯ブラシの必要性

毎日行う歯磨き。時々面倒くさくなり、手を抜いて磨いてしまう方もいるのではないでしょうか。しかし歯磨きは重要な役割を果たしているのです。口の中には大量の菌が存在しています。その菌は、歯を磨かないと1兆個、よく磨く人でも1,000~2,000億個はあります。その菌の中には虫歯菌だけでなく、インフルエンザ菌や黄色ブドウ球菌などもあるため、ほっとくと体内に取り込まれて発症してしまうことがあります。また、歯の汚れを残したままにしておくと、菌が繁殖し口臭がクサくなってしまうのです。それらを防ぐために歯磨きが重要になります。
そして、歯を磨くにあたって必要なのが歯ブラシです。歯ブラシで磨くことによって、歯垢などの汚れを、歯の隙間から落とすことができます。しかし、歯ブラシも自分に合うものを使ったり、しっかりと保管しておかないと磨いても効力が下がってしまうことがあるため気をつけましょう。

歯ブラシを選ぶおすすめのポイント

毛の硬さ

歯ブラシは毛の硬さで選びましょう

歯ブラシの毛の硬さには、「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類があります。「かため」は力強く擦れるため、歯垢を落としやすくなります。ただし、あまりに強く擦ってしまうと歯が削れてしまったり、歯茎を傷つけてしまう危険もありますので、「かため」で磨くときは力を加えることには注意しましょう。そのため、しっかり擦れる「かため」は磨く力が弱い方におすすめです。
「やわらかめ」は「かため」の反対で、擦る力が弱いことから歯茎を傷つけにくく、歯も削れません。そのため、歯茎が弱い方や歯周病の方にはおすすめです。ですが、毛がやわらかいと歯の汚れが落ちにくいため、細かく丁寧に磨くことが必要です。

特に問題もなく歯を磨ける方や、歯周病などの症状がない方であれば一般的な「ふつう」を使うのが良いでしょう。

ヘッドの大きさ

歯ブラシはヘッドの大きさで選びましょう

ヘッドとは毛が植毛されているブラシの部分のことを指します。一般的な目安として、ヘッドの大きさは上前歯2本分の大きさが良いとされています。しかし、磨き方のこだわりは人それぞれ違いますので、自分の磨き方に合う大きさのヘッドを選びましょう。効率的に磨きたいという方は、ヘッドが大きいのがおすすめです。広めに作られているヘッドで歯の表面を1回で広範囲を磨くことができます。
1本1本の歯を丁寧に磨きたい方は、小さいコンパクトなヘッドがおすすめです。コンパクトなためポイントを特定して磨くことや、奥歯の隙間まで磨けます。

目的に合わせる

歯ブラシは目的に合わせて選びましょう

歯ブラシは様々な形・タイプがありますがその時の歯の状態に合ったものを使いましょう。

【虫歯予防】
虫歯予防するためには、歯の汚れを残さないようにしっかりと落とすことが大事です。細かい汚れも磨けるように、ヘッドは小さめ・毛はふつう~かためが良いでしょう。

【歯周病】
歯周病は歯茎が弱くなっており刺激を受けやすいため、少しでも傷つけてしまうと血がでてきてしまいます。さらに、歯と歯茎の隙間に汚れが詰まってしまうため、隙間まで磨ける歯ブラシを使いましょう。ヘッドの大きさは自由に選んでいただいて大丈夫ですが、毛は極細などの細めのもので、やわらかめがおすすめです。

【歯並びが悪い】
歯が前後に生えてしまったり高さが合わなかったりして歯並びが悪いと、隙間が磨きづらくなってしまっています。そのような方にはヘッドが小さめ・毛はやわらかいものを選ぶことで、隙間にしっかりと入り込んで汚れを落としてくれます。

【高齢者】
高齢者はエナメル質が減少して、歯が傷つきやすい状態になってしまいます。そのため、歯を傷つけにくいやわらかめの、ソフトな毛の歯ブラシを使いましょう。また、開口も小さくなってくるため、ヘッドも小さいものを選んでください。磨く力も衰えてしまうので持ち手もストレートタイプで力を入れやすいものにしましょう。また、小刻みに動かすのが苦手になってきたのであれば、電動歯ブラシの使用も検討してみてはいかがでしょうか。

歯ブラシのおすすめ人気ランキング10選

第10位歯ブラシ職人 田辺重吉の磨きやすい歯ブラシ 極

  • 歯ブラシ職人 田辺重吉の磨きやすい歯ブラシ 極
  • 商品の特徴

    これまで数々の「磨きやすい」歯ブラシが作られた中の最上級である極。
    凹凸を作ることで持ちやすい形状になっており磨きやすさを追求。歯ブラシ職人である田辺重吉さんが自信を持って開発されています。

第9位エビス プレミアムケアハブラシ 7列レギュラー ふつう 3本組(色おまかせ)

  • エビス プレミアムケアハブラシ 7列レギュラー ふつう 3本組(色おまかせ)
  • 商品の特徴

    7列にしたことで幅が17.2mmと広くなり、効率的に広範囲を磨けます。
    小さいヘッドで細かく磨くことが苦手な方におすすめの歯ブラシ。ヘッドが大きいため口が小さい方は大変かもしれません。

第8位つまようじ法歯ブラシ レギュラーヘッド 10本入

  • つまようじ法歯ブラシ レギュラーヘッド 10本入
  • 商品の特徴

    毛束を2列にし、内側に斜めに付けることでV字のような形になっています。
    そのV字にしたことで歯の隙間にも入りやすくなりました。歯茎のマッサージとしても使えるため歯周病の方にもおすすめです。

第7位MISOKA

  • MISOKA
  • 商品の特徴

    歯磨き粉を使わずに水だけで磨けてしまう斬新な歯ブラシ!毛先1本1本にミネラルコーティングを施したことで、汚れを磨き上げてくれるだけでなく、歯をツルツルに仕上げてくれます。1本が1,000円以上するため、プレゼントにもおすすめです。

第6位Ciメディカル ゼブラシ

  • Ciメディカル ゼブラシ
  • 商品の特徴

    1袋にゼブラを思わせる白と黒の歯ブラシが2本入っています。柄も独特な並みを打っている形のため、置いておくだけでもおしゃれな感じが漂ってきます。ヘッドの裏面には通気穴が作られているため、ブラシも乾きやすく衛生面も良いです。

第5位デラピス ワンタフトブラシ 6本セット

  • デラピス ワンタフトブラシ 6本セット
  • 商品の特徴

    歯の隙間に溜まりやすい汚れを掻きだしてくれるよう開発された歯間ブラシです。しっかりと隙間に入り込んでくれるので、歯並びが不揃いな方や隙間を磨くのが苦手な人におすすめ。矯正装置の隙間や入れ歯の手入れにも使えます。

第4位TePe スプリームコンパクト 5本セット

  • TePe スプリームコンパクト 5本セット
  • 商品の特徴

    長いテーパー毛と短めのラウンド毛の2層構造にしたことで、歯間部や歯周ポケットにしっかり入ってくれます。柄もサムパッド(親指当て)と背面にTPEの滑りにくい素材が使われているため、手に馴染み、磨きやすくしてくれます。

第3位ライオン DENT.EX システマ

  • ライオン DENT.EX システマ
  • 商品の特徴

    ライオン独自の、細くしなやかなスーパーテーパード毛を採用したことで、ストレスを最小限に抑えたやさしい磨き心地を味わえます。歯間部などの隙間にも無理なく入ってくれるため歯周病ケアにも最適。

第2位GC ルシェロ P-20 5本セット

  • GC ルシェロ P-20 5本セット
  • 商品の特徴

    大人の女性のためにコンパクトな形にした歯周病用歯ブラシ。美しいデザインも女性が使いやすくなっています。4列の植毛に先端が集中しているブラシで端まで汚れを逃がしません。

第1位タフト24 10本セット

  • タフト24 10本セット
  • 商品の特徴

    一般的な歯ブラシは毛先がバラバラになっていますが、このタフト24は1本1本を揃えて、なめらかにカットされています。水を含んでもしっかりと戻るコシのある毛先にしており、毛束の密度も高く、効率的に磨けるようになっています。

歯ブラシを使うポイント

基本動作

歯ブラシの基本動作

歯ブラシで歯を磨くときの基本動作を確認しましょう。幼少時から毎日していることだから知ってるよ、と思われるかもしれませんがまずはこちらからご紹介させていただきます。
まずは歯ブラシの毛先を歯の側面や歯肉との境目にしっかりと当てます。次にその歯に当てた歯ブラシを、5~10mmほど小刻みで上下に動かします。この時、あまり力は入れずに毛先が潰されて広がらないくらいの、150ℊ~200ℊ程度の力加減で磨きましょう。
これが歯を磨くときの基本動作になりますので、今正しく行えているか確認しておきましょう。

場所によって磨き方を変える

歯ブラシは場所によって磨き方を変えましょう

磨き方は歯の部分により、汚れを落としやすい磨き方がありますので確認しましょう。

《歯の表面》
歯や歯茎が健康で問題がない方は、歯ブラシを横にして、歯の表面にブラシ全体がくるように当てて磨きます。歯周病や歯周病対策の場合は隙間を磨くように、歯茎から45°曲げて磨きましょう。

《噛み合わせ部分》
小さく小刻みに動かします。噛み合わせ部分は凹んでいるためブラシの先で1本1本しっかりと丁寧に磨きましょう。

《前歯の裏側》
前歯の裏側はカーブしているため、横磨きをすると歯ブラシがうまく当たらず、磨けないことがあります。そのため、歯ブラシを縦にして上下に動かしながら、ブラシの先やかかとで磨きましょう。

《奥歯の裏側》
歯ブラシを横にして斜めから入れます。奥歯は歯茎が近いため、歯茎を傷つけないように、小刻みに動かして磨きましょう。特に聞き手側の奥歯は磨き残しが多くなってしまうため念入りに磨きましょう。

《歯が凸凹の部分》
歯が前後に生えているなど並びが凸凹になっている部分は、横磨きにすると他の歯が邪魔をしてブラシが当たりません。そのため、凸凹している歯は歯ブラシを縦にして、1本ずつ磨きましょう。

《他より低い歯の部分》
生えきっていないものや、削れてしまって低くなっている歯が奥にあるほど、他の正常な歯を磨いているときにブラシが当たらなくなってしまいます。そのため、歯ブラシを45°斜め横から入れて、低い歯の部分だけ当たるようにして磨きましょう。

歯ブラシを1本だけにしない

歯ブラシを1本だけにしないようにしましょう

歯ブラシを衛生的に保っておくために、歯ブラシ2本以上を使い分けることもおすすめです。歯ブラシを使ってから、しっかりと乾くまでにはかなりの時間を要します。そのため、完全に乾く前に歯ブラシを使ったことも、経験があるのではないでしょうか。ですが、湿ったままの歯ブラシは衛生的にとても悪いです。そのため、2本以上の歯ブラシを用意しておくことで乾いた方を使うなど、使い分けることで衛生面は安心できます。朝・昼・晩と1日3回磨く方は3本用意しておくことも良いのではないでしょうか。衛生面を気にする方はこのように歯ブラシを2本以上用意して使ってみてください。

歯ブラシと併用するのもおすすめ

歯ブラシとデンタルフロスを併用するのもおすすめです

どうしても歯ブラシだけでは落ちにくい、歯と歯の間の汚れもあります。その汚れが残っていることが気になって、不快になってしまうこともありますよね。そのような時には、デンタルフロスを併用するのがおすすめです。
デンタルフロスとは細いナイロン繊維の糸でできており、それを歯と歯の間に通すことで効率的に汚れを落とすことができます。デンタルフロスは繰り返し使えるタイプのものもありますが、使い捨てタイプもありますので、何回も使うのが嫌だという方でも安心して使えます。そのため、汚れが残っているけど歯ブラシで取れない場合は、こちらのデンタルフロスを使いましょう。
ただし、デンタルフロスは必ず歯ブラシで磨いた後に使用してください。また、デンタルフロスは歯と歯の間を通すため、力を入れ過ぎて歯茎を傷づけてしまう可能性があるため注意が必要です。

歯ブラシの注意点

時期をみて新しい歯ブラシに交換する

時期をみて新しい歯ブラシに交換しましょう

歯ブラシは1日に数回、毎日使うものです。それに消耗品のため、使ったら使った分だけ形も変わってきてしまいます。形が変わった歯ブラシで磨いても、ブラシに隙間ができて磨き残しができてしまったり、衛生面も良くありません。そのため、歯ブラシも時期や状態をみて新しいものに交換しましょう。
状態としては、歯ブラシのヘッドの背中側から見て、毛がはみ出ていれば交換するサインだと思ってください。また、時期は使用してから1ヶ月を目安に交換するのが良いでしょう。
新しい歯ブラシを使えば、衛生面も安心して気持ち良く磨けます。歯ブラシは高価なものでなく、気軽に購入できるものなので常に新しいものに交換するよう心掛けましょう。

使用後の保管方法

歯ブラシの使用後の保管方法

歯ブラシは使い終わったら汚れを残しておかないように、しっかりと水洗いすることが大切です。ただし、水洗いは溜め水ではなく、必ず流水で洗ってください。
また、歯ブラシを洗った後はどのように歯ブラシを置いていますか?置き方によっては歯ブラシが乾かずに、菌が繁殖してしまうかもしれません。そんな歯ブラシで磨くのは気持ちが良いものではありません。そのためご自身で行っている歯ブラシの置き方が大丈夫なのか確認してみましょう。

《良い置き方》
水気が残ったままの歯ブラシは湿ってしまい、菌が繁殖するにはもってこいの環境になります。そのため、歯ブラシは風通しが良く、歯ブラシがしっかり乾かせる場所に置いておく必要があります。
そこでおすすめなのが、歯ブラシスタンドです。歯ブラシは置いておくタイプのものや、壁や鏡に貼り付けるタイプのものなど様々あります。歯ブラシを1本1本分けて保管しておくことで、他人の菌が移ることを防げますし、歯ブラシのブラシだけでなく持ち手の部分も乾きやすくなります。そのため歯ブラシスタンドを使用して保管することが良いでしょう。

《悪い置き方》
歯ブラシスタンドや置くところがない場合、洗面台に直接置いたままにしたり、タオルの上に置く人もいるでしょう。しかし、歯ブラシが濡れている状態でそのような置き方をしてしまうと、密着している部分に風が当たらず、乾かなくなってしまいます。また、洗面台やタオルについていた菌などが付着してしまう可能性があるため良くありません。
また、家族みんなの歯ブラシを1つのコップに立てて保管しているという方もいるのではないでしょうか。一見、歯ブラシを立てているからブラシも乾いて問題ないかと思ってしまいます。しかし、これも大きな間違いです。歯ブラシを立てていても、何かの拍子で誰かの歯ブラシにくっついてしまい、菌を移してしまいます。そのためこのような置き方もおすすめできません。

これらを踏まえて、歯ブラシは、
・風通しの良い場所に置く
・家族で置く場所を共有しない
・歯ブラシスタンドを使う
以上のことを意識して、清潔に保管しましょう。

歯を磨くタイミング

歯ブラシで歯を磨くタイミング

歯を磨くタイミングはいつになるのでしょうか。「食べたらすぐ歯を磨く」、「食後30分は歯を磨いてはいけない」、これら言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかしこの2つは言っていることが反対であり、結局どちらが正しいのかわからず混乱してしまいますよね。ですが、これはどちらも正しいのです。なんで言ってることは反対なのに正しいの?と思いますよね。なぜ正しいのかそれぞれの意味について説明させていただきます。

まず、「食べたらすぐ歯を磨く」は虫歯予防のためです。食事をすると虫歯菌が、食事で得た糖質を分解して酸を作ります。その酸によって歯が溶けてしまうことがあるのです。そのためすぐに歯を磨くことが良いと言われております。

次に「食後30分は歯を磨いてはいけない」というのは酸蝕症防止のためのものです。酸蝕症は、酸が含まれている食物を食べた際に起こってしまうことがあります。食物に含まれている酸が歯に触れると、表面にあるエナメル質が柔らかくなってしまいます。その柔らかくなっている状態で歯磨きをしてしまうと、エナメル質が傷つきやすくなってしまうのです。それにより歯がボロボロになってしまう可能性があるのです。その酸を薄くしてくれるものが唾液になるのですが、その唾液の作用が行われる時間が早くておよそ30分ぐらいのため、食後30分は歯を磨いてはいけないと言われる理由になります。

以上のように虫歯予防や酸蝕症防止で、磨くタイミングは違ってきます。しかし酸が入っている食べ物は広く普及しており、気が付かずに口に含んでいることもあるでしょう。そのため、「食べたらすぐ磨く」よりも、「食後30分は歯を磨いてはいけない」ということを守っていきましょう。

電動歯ブラシでもいいの?

歯ブラシは電動歯ブラシでもいいの?

電動歯ブラシは高速振動で上下に動いたり、ブラシを回転して磨くものなど様々です。自分の力を使わずに、歯に当てるだけで効率的に磨けてしまうため時間短縮にもなります。その便利さからつい頼ってしまいたくなりますよね。また、磨く力も強いため自分の手で磨くよりも、汚れが落ちているかのように思ってしまいます。しかし、これも歯ブラシの毛先がしっかりと歯に当たっていないと汚れは落ちません。
時間短縮のため電動歯ブラシを使うのも全然問題ありません。しかし、磨くときは電動歯ブラシだけに頼らず、しっかりと歯の隅々まで当たるようにして磨いてください。

使用済みの歯ブラシもまだ使える

使用済みの歯ブラシもまだ使えます

毛が広がってしまったりバサバサになり、新しい歯ブラシに交換しますよね。古い歯ブラシはもういらないからと、捨ててしまうのはもったいないです。そこで、古い歯ブラシは掃除に使いましょう。歯ブラシは水に強くヘッドが細いので、隙間に入りやすく掃除にはとても便利です。
特に水回りのお風呂やキッチンにできる水垢は、手では届きにくい場所にもできてしまうため、歯ブラシを使えば狭いところでも楽々汚れを落とせます。また、窓のサッシやカーテンレールなどのホコリ取りにも最適です。

まとめ

今回はおすすめの歯ブラシをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
大事なポイントは
・歯ブラシの毛の硬さとヘッドの大きさ
・目的にあったものを選ぶ
・菌が繁殖しない保管方法にする
ということです。

歯は一生を共にする大事なものです。なくなってしまったら生えてくることはありません。そのため、虫歯や歯周病を予防・悪化させないようにすることが大事です。また、笑顔になった時に白い歯を見せることで相手にも好印象を持ってもらえることもあります。
今回ご紹介させていただいた歯ブラシを使って自慢の歯を手に入れましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP