リラックス・マッサージ用品
  • 2018.11.22 リラックス・マッサージ用品

    疲労回復におすすめの入浴剤はこれ!【人気の入浴剤】ランキング10選

    睡眠や健康食品の摂取など、疲労を回復する方法はさまざまありますが、毎日の入浴もその一つです。疲れは自然に消えるわけではないため、疲労を慢性化させて病気を引き起こさないためにも、その日その日のうちのケアが必要になってきます。毎日の入浴に疲労回復効果のある入浴剤をプラスするだけで、次の日の体の調子もだいぶ変わってきます。こまめに疲れをケアし毎日を快適に過ごすためにも、今回は疲労回復に効果のある入浴剤についてご紹介させていただきます。

疲労回復に効果的な入浴剤を選ぶおすすめのポイント

入浴剤には種類がある

入浴剤には種類があります

入浴剤には種類があります。自分に合ったものを選べるように、まずはそれぞれの特徴を知って、効果的に疲労回復できるようにしましょう。

①無機塩類系入浴剤
無機塩類系は、現在売られている入浴剤の中でもっとも多いタイプのものです。主な成分は「塩化ナトリウム」「硫酸ナトリウム(芒硝)」「硫酸マグネシウム」「メタケイ酸ナトリウム」などがあり、これらの成分が皮膚表面のタンパク質と結合して、体の中の熱を逃がさない膜を作ります。高い保温効果があるのが特徴で、血行促進や入浴後の湯冷めを予防することができます。皮膚の修復作用や血管拡張の作用もあり、ひびやあかぎれの予防・改善、高血圧改善にも効果が期待できます。冷え・神経痛・筋肉痛・関節痛、 疲労や消化器官の回復におすすめです。温泉由来成分が配合されているため、温泉地の名称を使用した商品が多くあります。

②炭酸ガス系入浴剤
炭酸ガス系は無機塩類系に分類される入浴剤ですが、「炭酸水素ナトリウム」「炭酸ナトリウム」「炭酸カルシウム」などの炭酸塩が主な成分になっています。これらの炭酸塩にクエン酸やコハク酸、リンゴ酸などの有機酸塩を合わせることで、お湯に投入すると炭酸ガスを発生させることができます。お湯に溶けた炭酸ガスは目に見えないほど泡が細かく、皮膚から浸透して毛細血管を拡張、血流量を増加させ血行を促進し、新陳代謝を活発にします。入浴剤を投入する前のお湯の温度より2~3℃高く感じることができます。血流が改善することで、肩こりや腰痛の改善、疲労回復させる効果が期待できます。

③酵素系入浴剤
無機塩類系に、「パパイン」や「パンクレアチン」などのタンパク質分解酵素を加えたものです。酵素が皮膚表面の脂肪やデンプンを分解し、垢や汚れを落としやすくしてくれるため、無機塩類系との相乗効果で肌をきれいにしてくれます。毛穴の汚れや角質を、肌に刺激を与えずに除去することができ、汗や皮脂によるニオイや加齢臭、体のニキビのケアなどにおすすめの入浴剤になります。

④薬用植物系入浴剤
生薬やハーブが配合さえた入浴剤で、配合されている植物によって入浴剤の効果が異なります。薬用植物系の入浴剤は、独特の香りがするのが特徴で、なかでもハーブ系の入浴剤は精神的な疲労回復にもおすすめです。気持ちをリラックスさせたり、リフレッシュさせたりする効果が期待できます。薬物植物系の成分には、カミツレ、ハッカ、カッコン、ヨモギ、トウガラシ、ウイキョウ、ショウキョウ、オウゴン、オウバク、コウボク、ジュウヤク、ショウブ、センキュウ、トウキ、トウヒ、ニンジン、ユズ、モモノハ、ヨモギ、ボウフウ、甘草、ケイヒなどがあります。

⑤清涼系入浴剤
メントールやミントの冷感がある成分や、炭酸水素ナトリウムや硫酸アルミニウムなどの爽快感を感じる成分が配合されている入浴剤になります。もちろんお湯自体が冷たくなるわけではないので、入浴中はしっかり身体を温めることができ、上がった後にひんやりとした清涼感や爽快感を感じることができます。寝苦しくなる夏の季節の使用に向いています。

⑥スキンケア系入浴剤
セラミドやヒアルロン酸、ホホバ油、米胚芽油などの保湿成分が配合されている入浴剤で、お湯に広がったスキンケア成分が入浴中に肌に密着し、入浴後の肌の乾燥を予防することができます。乾燥肌の方など、肌のトラブルに悩んでいる方におすすめです。

疲労のタイプに合わせて入浴剤を選ぶ

疲労のタイプに合わせて入浴剤を選びましょう

人によって疲労の原因や症状はさまざまです。疲れの原因は何か把握しておくことは、疲労回復のための適切なケアを行ううえでとても大切なことになります。疲労回復のために入浴剤を効果的に使うためにも、症状に合わせた入浴剤を選べるようにしておきましょう。疲労は大きく分けて、「肉体的疲労」「精神的疲労」「神経的疲労」の3つのタイプに分類することができます。

①肉体的疲労
歩いたり走ったり飛んだりなどの運動による疲労やオーバートレーニングによる疲労、肉体的労働・デスクワークや運転などで長時間同じ体勢でいる、長時間同じ動きをするなどの仕事からくる疲労が身体にあらわれるのが肉体的疲労です。筋肉痛や腰痛、肩こり、全身がだるいなどの症状が挙げられます。肉体的疲労は精神的疲労にも繋がることや、痛みやだるさを慢性化させないためにも、その日のうちにケアをしておくことが必要になります。
肉体的疲労回復には、「炭酸ガス系」や「無機塩類系」の入浴剤がおすすめです。
温浴効果により血行を促進させることで、体全体を芯から温めてほぐし、痛みや疲れを回復させることができます。また、疲労回復には「睡眠」がとても重要になりますが、睡眠の質も上げる効果が期待できます。肉体的疲労は、日頃から適度に運動やストレッチを行い、バランスのいい食事をとるようにして、疲れにくい身体づくりをすることも大切です。
また、ビタミンCやビタミンB群を多く含む食品の摂取、腰痛や肩こりにはビタミンEやビタミンB₁を多く含む食品の摂取がおすすめです。

②精神的疲労
人間関係や周りの環境、仕事でのストレスや悩み、不安、緊張やプレッシャー、焦燥感など、心理的ストレスにより心が疲労している状態で、身体はどこも悪くないのに不調を感じたり、やる気がでなかったりするなどの症状があらわれます。精神的疲労は身体にも影響を及ぼし、症状としてあらわれることも多く、意欲や気力、思考の低下、全身のだるさや倦怠感を感じたりします。精神的疲労回復には、ハーブなどを使用した「薬用植物系」の入浴剤がおすすめです。香りによるアロマテラピー(芳香療法)には、ストレス解消やリラックス効果、安眠効果、集中力を高めるなど、気持ちを落ち着かせる作用があります。
身体のだるさや倦怠感には、発汗作用がある「無機塩類系」や、発汗作用のある生薬(トウガラシなど)が配合された「薬用植物系」の入浴剤を使用することで、老廃物を流すので、身体も気持ちもスッキリさせることができます。

③神経的疲労
長時間にわたるデスクワークやスマートフォンの使用により視神経や脳が緊張した状態が続くと、脳の神経細胞のダメージが蓄積され、脳疲労を起こしてしまいます。それにより、集中力が続かない、物覚えが悪くなる、仕事のパフォーマンスが落ちる、うっかりミスをするなどの不調が体にあらわれます。神経的疲労は、自律神経の機能を低下させないためにも早めの対策が必要です。
疲労してしまった神経の回復には、質のいい睡眠をとることが一番重要になってきます。「無機塩類系」や「炭酸ガス系」などの保温効果がある入浴剤は、体を休ませる働きがある副交感神経を優位にしてくれる効果があるため、緊張状態を解消させ、睡眠の質の向上にも繋がります。また、自律神経を整えてくれる成分(ハーブやラベンダーなどの香り)が配合された、「薬用植物系」などの入浴剤の使用もおすすめです。

香りによる疲労回復効果

香りによる疲労回復効果のある入浴剤を選びましょう

入浴剤は香り選びも大切です。自分の好みの香りを選ぶことが一番ですが、香りの種類によってさまざまな効果が期待できるため、その日の気分によって使い分けてみるのもおすすめです。逆に、苦手な香りがする入浴剤だと、入浴をストレスに感じてしまうため、少量で売っているものがあれば、小さいサイズから試してみるのもいいでしょう。
香りにもさまざまな種類がありますが、どんな香りがどのような効果をもたらすのか知っておくと、入浴剤を選ぶ時の参考になると思います。例えば、緊張や不安、ストレスなどを感じている場合は、自律神経を整えてくれるラベンダーの香りがおすすめですし、気分をリフレッシュさせたい時は、オレンジやミントのさわやかな香り、リラックスしたい時は森林系の香りがおすすめです。一つの商品に何種類もの香りが入っているものを選んでみるのもいいでしょう。
また、香りがする入浴剤が苦手という方は、無臭タイプのものを選ぶようにしましょう。無臭タイプは、自分の好きな香りの精油を入れてアレンジするという使い方もできます。

・リラックス効果のある香り
ジャスミン、ローズ、シダーウッドなどの森林の香り など

・安眠効果のある香り
ラベンダー、カモミール、マージョラム など

・集中力を高める香り
ミント、レモン、ローズマリー など

・リフレッシュ効果のある香り
ジャスミン、オレンジ、ベルガモット、ヒノキ、ティートゥリー など

・元気が出る香り
レモンやレモングラスなどの柑橘系の香り、ペパーミント など

入浴剤はそれぞれ形状も異なる

入浴剤はそれぞれ形状も異なります

①粉末タイプ
粉末タイプは、お湯の量や家の浴槽の大きさに合わせて量を調節しやすいという点があります。湿気に弱い成分が含まれており、粉が固まりやすいため、湿気が少ない場所で保管し、早めに使い切るなどして、使用方法や保管方法には注意するようにしましょう。

②固形タイプ
炭酸ガス系の入浴剤に多く見られる形状です。固形タイプの入浴剤は錠剤をそのまま浴槽に入れるだけなので、手軽に使用することができます。ただし、粉末タイプや液体タイプのようにお湯の量や浴槽の大きさに合わせて量を調節できないという点もあります。また、お湯の中に完全に溶かしてから使用するようにしましょう。

③ 液体タイプ
液体タイプは粉末タイプと同じで量が調整できることや、保湿効果が高いという特徴があります。スキンケア系入浴剤は、保湿効果の高い液体タイプのものが多いです。粉末タイプや固形タイプより価格が高めになっています。

入浴剤の色

入浴剤の色

「香り」によるアロマテラピー(芳香療法)があるように、「色」によるカラーセラピー(色彩療法)というものもあります。入浴剤により、グリーンやブルー、ピンクなどに変化したお湯の入浴は、気分や体感温度にまで影響し、心理的効果を得ることができます。その日の気分に合わせて入浴剤の色を変えてみるのも、疲労がたまった日の気分転換におすすめです。

・グリーン
興奮神経を抑え、気分を落ち着かせる効果が期待できます。

・ブルー
清涼感がある色で涼しいイメージがあります。寒色系の色は体感温度を下げる効果もあるため、清涼系の入浴剤は青や緑のものが多くあります。

・ピンク
可愛らしさのあるピンク色は癒し効果があり、暖色系の色なので体感温度を上げることができます。

疲労回復に効果的な入浴剤のおすすめ人気ランキング10選

第10位バブ ナイトアロマ

  • バブ ナイトアロマ

    内容量

    40g×12錠(4種類 各3錠)

    価格

    348円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    アロマの香りでおやすみ前に贅沢な気分が味わえ、炭酸の力で芯から体を温めます。ロマンティックジャスミン、スイートカモミール、ローズハーモニー、ラベンダーの4つの香りから気分に合わせて選べます。赤ちゃんと一緒の入浴にも使用できます。

  • 成分

    有効成分:炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウム(無水)
    その他の成分:フマル酸、PEG6000、ブドウ糖、グリシン、酸化マグネシウム、ショ糖脂肪酸エステル、ミリスチン酸イソプロピル、香料、(+/-)青1、黄4、赤102、赤106、赤227

第9位日本の名湯 登別カルルス(北海道)

  • 日本の名湯 登別カルルス(北海道)

    内容量

    450g

    価格

    1,080円

    使用日数

    15回分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    温泉科学プロジェクにより、各温泉地と共同企画のもと開発された入浴剤です。厳選した温泉地の湯質を徹底的に分析し、「湯色」や「香り」も表現。カルルス温泉の気分を味わえます。疲労回復に効果のある乾燥硫酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムなどの有効成分が配合され、肩こり、冷え性、腰痛などの改善にも効果が期待できます。

  • 成分

    有効成分:乾燥硫酸ナトリウム、炭酸水素Na、塩化K、沈降炭酸Ca
    その他の成分:デキストリン、酸化Ti、無水ケイ酸、香料

第8位アユーラ  メディテーションバスα

  • アユーラ  メディテーションバスα

    内容量

    300ml

    価格

    1,944円

    使用日数

    約12回分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    アロマティックハーブのこだわりの香りが人気の入浴剤です。水性の保湿成分と、油性のエモリエント成分の2層になっており、肌にうるおいを与える効果とうるおいを逃さない2つの効果で、なめらかでしっとりとした肌に導きます。からだも心もリラックスでき、ストレスで低下した免疫力をアップさせる効果もあります。

  • 成分

    ミネラルオイル、グリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、オレス-5、エタノール、香料、水、ハイブリッドヒマワリ油、クチナシ果実エキス、ウイキョウエキス、アカヤジオウ根エキス、ビワ葉エキス、トコフェロール、BG、赤504、緑201

第7位ホットアルバム 薬用ホットタブ 重炭酸湯

  • ホットアルバム 薬用ホットタブ 重炭酸湯

    内容量

    15g×100錠

    価格

    7,236円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    重炭酸イオンと水素イオンが発生し、クエン酸との相乗効果で、高い保温効果と美容効果を発揮します。肌の保湿成分を保ちながら、毛穴・毛根にこびりついた汚れも除去。水素イオンがお湯を柔らかくし、敏感肌の方でも安心して使用できる商品です。

  • 成分

    有効成分:炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム
    その他の成分:無水クエン酸、PEG6000、他2成分

第6位きき湯 ファインヒート レモングラスの香り

  • きき湯 ファインヒート レモングラスの香り

    内容量

    400g

    価格

    950円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    「きき湯 ファインヒート」は、温泉科学と生薬を組み合わせたプレミアムEX処方で、「きき湯」の約4倍の濃厚炭酸ガス、温泉ミネラル、ジンジャー末が配合されています。肩こり、腰痛、冷え症、疲労回復におすすめです。入浴が短めの方でもしっかり体を温めることができる、濃厚炭酸湯です。

  • 成分

    有効成分:ショウキョウ末、炭酸水素Na、炭酸Na、乾燥硫酸ナトリウム
    その他の成分:コハク酸、フマル酸、DL-リンゴ酸、L-テアニン、パルミチン酸イソプロピル、L-グルタミン酸ナトリウム、テトラオレイン酸POEソルビット、オレイン酸POE(6)ソルビタン、オレイン酸PEG、PEG(120)、無水ケイ酸、香料、黄202(1)、青1

第5位クナイプ グーテナハト バスソルト ホップ&バレリアンの香り

  • クナイプ グーテナハト バスソルト ホップ&バレリアンの香り

    内容量

    850g

    価格

    2,592円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ストレス解消や質のいい睡眠をとりたい方におすすめです。ハーブの精油と岩塩を精製した天然の塩から生まれるドイツのバスソルトで、ハーブは、リラックス効果や安眠作用のある「ホップ」や「バレリアン」が配合されています。
    防腐剤・パラフィン・シリコン・ミネラルオイル不使用。

  • 成分

    塩化Na、香料、ポリソルベート20、コウスイガヤ油、青2、セイヨウカノコソウ根油、ホップエキス

第4位バブ メディキュア 森林の香り

  • バブ メディキュア 森林の香り

    内容量

    70g×6錠

    価格

    645円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    通常の「バブ」より泡の数が10倍もある高濃度炭酸で、現代人の蓄積された疲労をケアします。大きめの錠剤がパワフルに発泡し、湯上り後の温かさも長続き。血行を促進させて体をほぐし、神経痛や腰痛、肩こりなどの改善にも効果を発揮します。

  • 成分

    有効成分:炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム
    その他の成分:フマル酸、PEG6000、還元水アメ末、テトラオレイン酸POEソルビット、トレハロース、酸化マグネシウム、ブドウ糖、グリシン、イソステアリン酸イソステアリル、パルミチン酸イソプロピル、ミリスチン酸イソプロピル、POEステアリルエーテル、POEトリデシルエーテル酢酸Na、ショ糖脂肪酸エステル、POE水添ヒマシ油、POE(23)ラウリルエーテル、オレイン酸、ステアリン酸、ベヘニン酸、水酸化ナトリウム、香料、青1、黄4、赤102、赤106、赤227

第3位バブ 厳選4種類の香りセレクトBOX

  • バブ 厳選4種類の香りセレクトBOX

    内容量

    48錠

    価格

    1,671円

    使用日数

    約1.5か月分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    「炭酸力」が温浴効果を高めて体の芯まで温めほぐし、肩こり・腰痛・冷え症・疲労回復に効果が期待できます。「あったかベール成分」が配合されて、湯あがりも心地よさが続きます。その日の気分に合わせて4種類の香りから選べる大容量サイズです。

  • 成分

    ・ゆずの香り、森の香り
    有効成分:炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム
    その他の成分:フマル酸、PEG6000、ブドウ糖、グリシン、酸化マグネシウム、ショ糖脂肪酸エステル、デキストリン、ケイ酸Ca、香料、(+/-)青1、黄4
    ・ラベンダーの香り、ベルガモットジンジャーの香り
    有効成分:炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウム(無水)
    その他の成分:フマル酸、PEG6000、ブドウ糖、グリシン、酸化マグネシウム、ショ糖脂肪酸エステル、ミリスチン酸イソプロピル、香料、(+/-)青1、黄4、赤102、赤106、赤227

第2位高陽社 薬用入浴剤 パインハイセンス

  • 高陽社 薬用入浴剤 パインハイセンス

    内容量

    2.1kg

    価格

    3,000円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    パインニードルオイル(松葉油)が配合された、弱アルカリ性の薬用入浴剤です。疲労回復や神経痛・肩こり・しもやけの改善など、全部で16のすぐれた効能があり、気軽に温泉気分を味わうことができます。保温効果を高める数種類の成分が配合されているため、肌もしっとりします。

  • 成分

    有効成分:塩化Na、炭酸水素Na、セスキ炭酸Na、無水硫酸Na、ホウ砂、テレビン油
    その他の成分:PEG6000、香料、黄202(1)

第1位シークリスタルス エプソムソルト

  • シークリスタルス エプソムソルト

    内容量

    2.2㎏

    価格

    1,300円

    使用回数

    約14回分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    海水由来のミネラル「硫酸マグネシウム」100%配合の、肌にやさしい入浴剤です。無色・無臭で、浴槽を傷める心配もありません。血行を促進し、新陳代謝を活発にします。エプソムソルト(硫酸マグネシウム)は、衛生環境が良質でないと入浴剤として販売することができないため、国産食品添加物グレードの原材料を使用し、化粧品製造基準の工場で生産している、安心・安全の商品です。

  • 成分

    硫酸マグネシウム

疲労回復に効果的な入浴剤の使い方

疲労回復におすすめの使い方

疲労回復に効果的な入浴剤の使い方

入浴には、保温効果や清浄効果、血行促進効果、保湿効果などがあります。入浴剤は、その入浴の効果を更に高めてくれるものです。どんなに効果のある入浴剤を使用しても、正しい入浴方法や正しい使い方をしなければ、本来の効果を発揮することができません。入浴剤の正しい使用方法とともに、疲労回復に効果のある入浴方法についてもご説明させていただきます。

まず、入浴剤を使用する際のお湯の温度は、38~40℃のぬるま湯が最適と言われています。高温のお湯に入浴剤を投入してしまうと、入浴剤の成分が壊れてしまう可能性があります。さらに、ぬるま湯での入浴は、体をリラックスさせるはたらきがある副交感神経を優位にさせるため、寝つきが良くなり、睡眠の質を高めることにも繋がります。また、高温のお湯は肌に必要な皮脂や皮膚の保湿成分まで流してしまい、乾燥肌の原因にもなるため、肌へのダメージを考えてもぬるま湯での入浴がちょうどいい温度になります。ただし、温度が適温でも、長時間の入浴は身体に良くありません。疲労回復に効果的で、肌へのダメージも抑えられる入浴時間としては、約20分~30分がおすすめです。
また、入浴剤は、完全に溶け切ってすべての成分がお湯全体に広がることで、初めて入浴剤としての効果を発揮します。特に炭酸ガス系は、お湯に入れた瞬間発泡しますが、発泡している間に入浴しても成分が溶けきっていない状態なので、入浴剤としての効果を得ることができません。固形タイプの入浴剤は他のタイプとは違い、溶けきるまでにも時間がかかるため、早めにお湯の中に入れておくようにしましょう。炭酸ガスは時間が経つと抜けていくため、2時間以内の入浴がおすすめです。
入浴剤を使用した入浴後は、シャワーで身体を洗い流さないようにしましょう。肌をコーティングしている成分が流れてしまうためです。また、肌の乾燥を防ぐためにも、ボディクリームなどで体を保湿し、しっかりスキンケアを行うようにしましょう。
入浴後はカフェインの摂取などを避け、体が温かいうちに就寝するようにしましょう。

疲労回復に効果的な入浴剤の注意点

追い炊き機能に注意

入浴剤は追い炊き機能に注意

入浴剤にはたくさんの種類がありますが、違う種類のものを混ぜて使用することお風呂の追い焚き機能は、ぬるくなってしまったお湯を温めなおしてから再び排出するというお湯を循環させるタイプのものと、熱いお湯を追加することでお湯を温めるというタイプのものがあります。お湯を循環させるタイプの追い炊き機能は、入浴剤の成分でパイプを痛めてしまうため、入浴剤の使用を控えるか、追い炊き機能を一時的に停止して入浴剤を使用する必要があります。心配な方は、給湯器の説明書などを参考にしていただければ、使用を控えなければならない入浴剤の種類が記載されているのでチェックしてみてください。
また、ほとんどの入浴剤には、浴槽を傷めるような成分は含まれていませんが、硫黄や塩分、オイル系が配合された商品には注意が必要です。金属を腐食させてしまう可能性があります。どのタイプの入浴剤でも、入浴剤を使用した後はなるべく早めにお湯を流して水洗いをするように心がけましょう。入浴剤を入れるとお湯が濁るタイプのものは、木造の浴槽での使用に注意が必要です。白色の汚れが付着し、落ちにくくなる場合があります。

まとめ

今回は疲労回復におすすめの入浴剤をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分の疲れの種類に合わせて入浴剤を選ぶ
・入浴剤の「香り」や「色」で選ぶ
・疲労回復に効果的な入浴方法を心がける
ということです。

体の不調や精神的疲労などで悩んでいた方も、いつものお風呂に入浴剤を入れるだけで手軽に疲労のケアを行うことができます。慢性化するといつものケアでは回復が難しくなり、病気を引き起こす可能性も出てきてしまいます。心と体の健康のためにも、ぜひ自分に合った入浴剤や好みの入浴剤を探して、毎日を快適に過ごせるようにしましょう。

Share on

Share on

PAGE TOP