レディース ボディーケア
  • 2018.11.26 レディース ボディーケア

    おすすめのハンドクリームで手荒れをしっかり改善&予防!【人気のハンドクリーム】ランキング10選

    寒い季節や水仕事など、様々な原因で手荒れに悩んでいる方も多いと思います。手はどうしても刺激を受けやすい部分なので、手荒れがひどい場合は、しみたり、痒みなどの症状があらわれるため、辛い悩みだと思います。そこで今回は、手荒れのケアに有効なハンドクリームや、保湿効果を高めるハンドクリームの使い方についてご紹介させていただきます。もちろん、手荒れの予防をしたいという方にもおすすめのハンドクリームです。ぜひ参考にしてみてください。

手荒れの原因とは

男性でも肌のタイプは人それぞれです。化粧水を選ぶにあたって自分がどの肌質なの皮膚は、わずか0.5ミクロンの薄い皮脂膜に覆われています。皮脂膜は外部からのさまざまな刺激や細菌・異物から肌を守り、皮膚の水分の蒸発も防ぐ、バリア機能の役割を担っています。この皮脂膜は、肌表面の皮脂や汗などの水分と混ざってできているもので、「天然の保護クリーム」とも呼ばれています。本来、水と油は混ざり合うことができませんが、油分である皮脂や水分である汗が混ざることができるのは、乳化作用の働きがあるリン脂質や、コレステロールなどの成分が含まれているためです。しかし、意外にも手は皮脂腺が少なく、皮脂膜が薄いため、バリア機能が弱い状態にあります。
さらに、手は外部からの刺激を受けやすい部分のため、仕事柄、一日に何度も手を洗ったり、シャンプーやパーマ剤、消毒液、洗浄剤、熱いお湯など肌に刺激があるものを扱ったり、銀行や配送業など指に摩擦や負担がかかる業務を行ったり、寒い季節やエアコンの風による空気の乾燥や、アレルギー物質によるものなど、「物理的刺激」や「化学的刺激」によるさまざまな原因で、皮脂膜によるバリア機能が低下し、手荒れを起こす・起こしやすい状態になります。また、一度手荒れを起こしてしまうと、外界からの刺激に敏感な状態になり、肌荒れや痒みを繰り返すなどの悪循環に陥ることになります。
皮膚表面にはたくさんの常在菌が存在していますが、荒れてしまった手肌は通常の皮膚よりも多くの細菌が存在しており、常在菌の一つである黄色ブドウ球菌は皮膚の刺激となって炎症を悪化させ症状がひどくなります。また、黄色ブドウ球菌はバイオフィルムを形成する場合もあり、バイオフィルムを形成した黄色ブドウ球菌は、殺菌や消毒、抗菌薬などが効きづらいという特徴があります。
手荒れの改善・予防には、低刺激性の洗浄剤を使用するなどして化学的刺激を受けないようにし、継続的な物理的刺激を受けないようにすることが大切ですが、仕事でどうしても避けられないということもあると思います。ハンドクリームは、皮脂膜の代わりとして水分の蒸発を防ぎ、肌を外的刺激から保護する役割があります。手を洗うたびにハンドクリームをつける、水仕事をする前にハンドクリームを使用して刺激から手肌を守るようにするなど、ハンドクリームで刺激を軽減させることができるため、手荒れの症状に悩んでいる方も、手肌が健康な状態を保てている方も、普段からハンドクリームを使用してこまめに手を保湿しておくことはとても大切なことになります。

手荒れに最適!ハンドクリームを選ぶおすすめのポイント

症状に合ったハンドクリームを

症状に合ったハンドクリームを選びましょう

ハンドクリームは、大きく分けて「尿素系ハンドクリーム」「ビタミン系ハンドクリーム」「保湿系ハンドクリーム」の3つのタイプがあります。手荒れといっても、手が乾燥してカサカサしている方もいれば、ひび割れやあかぎれに悩まされている方など、人により症状はさまざまです。この3種類はそれぞれ特徴が異なるため、手荒れの症状に応じて使い分けることで、効果的に手の症状を改善させることができます。自分の手荒れにはどのタイプのハンドクリームが合うのかを知り、それに合わせたケアを行えるようにしましょう。

・皮膚がガサガサして硬くなっている方は、「尿素系ハンドクリーム」
乾燥のし過ぎなどで角質化が進み、皮膚が硬くなってガチガチ・ガサガサ・ゴワゴワ状態になっている方には、「尿素」が配合された尿素系のハンドクリームの使用がおすすめです。「尿素」は、皮膚に存在する天然保湿因子(NMF:Natural Moisturizing Factor)に約7%含まれている成分で、水になじみやすいという特徴があり、ガチガチに硬くなった角質を柔らかくする皮膚柔軟作用のはらたきや、保湿効果、軽い殺菌作用などがあります。尿素に保湿効果や皮膚柔軟作用があるのは、尿素に水分を引きつけるはたらきや、角質の成分であるタンパク質の構造を壊すはたらきがあるからです。しかし、皮膚の主成分はタンパク質であることから、尿素は刺激がある成分でもあります。尿素系のハンドクリームを使用する際は、皮膚が硬くなっている部分にだけ塗るようにしましょう。ひび割れやあかぎれの症状が出ている部分には刺激が強いため、逆にバリア機能を低下させる原因になってしまいます。クリームの使用は控えるようにしましょう。また、皮膚が柔らかくなってきたら、尿素系クリームの使用を中止し、ビタミン系のクリームや保湿系のクリームに切り替えるようにしましょう。

・手や指のひび割れ・あかぎれに悩んでいる方は、「ビタミン系ハンドクリーム」
ビタミン系ハンドクリームは、ビタミンCやビタミンB₂、ビタミンA、ビタミンE誘導体などの成分が配合されたハンドクリームです。ビタミンには末梢血管の血行を促す効果があり、血行促進で新陳代謝が良くなることで、皮膚の細胞が活性化され、肌のターンオーバー(古い肌が新しい肌へ生まれ変わる周期)を促進させたり、皮膚の老化予防、老廃物の排出を促します。さらに、水分と油分を補うため、ビタミン系ハンドクリームは、ひび割れやあかぎれの改善におすすめです。ビタミンEには冷え性改善、ビタミンCには美白効果やたるみ改善にも効果が期待できます。

・手が少しだけ荒れている、軽いかさつきや乾燥には、「保湿系ハンドクリーム」
手荒れを予防したい方や、手が少しだけカサカサしている、粉が吹いているなどの軽めの症状の方には、保湿系のハンドクリームがおすすめです。保湿系のハンドクリームには、セラミドやヒアルロン酸、シアバター、グリセリンなどの保湿成分が配合されているのが特徴です。保湿成分が肌の角質層まで浸透して、皮膚の表面と内側のうるおいを保ちます。
セラミドやヒアルロン酸などはもともとヒトの皮膚に存在しているものですが、加齢や悪い生活習慣などの影響によって減少していきます。そのため、保湿成分は、クリームなどを使用して外から補う必要があります。シアバターはシアの実から採取された植物性油脂で、保湿効果が非常に高い保湿成分です。また、人間の皮脂と性質が似ており、肌へのなじみが良いのが特徴です。保湿系のハンドクリームは、特に症状がない場合でも毎日使用できるため、尿素系のハンドクリームとは違い、継続的な使用が可能です。

・予防するだけならワセリンの使用もおすすめ
手荒れを予防したいというだけなら、ワセリンの使用もおすすめです。ワセリンは、原料である原油から高純度に生成された、油性の皮膚保護剤です。尿素系ハンドクリームやビタミン系ハンドクリームと違い、炎症や傷を修復する作用はありませんが、肌の水分蒸発を防ぎ、外的刺激から手肌を守る効果があります。日常づかいできるものから医療用のものまでさまざまです。
白色ワセリンや黄色ワセリンなど、ワセリンにも種類がありますが、これは純度の違いによるものです。黄色ワセリンは精製度が低く不純物も多く含まれていますが、特に肌が敏感ということでなければ問題なく使用することができます。薬局やドラックストアで手軽に購入できる種類です。
白色ワセリンは黄色ワセリンより精製度が高く、不純物の含有量が少ないため、価格は高めですが肌への負担は少ないです。医薬品などに分類されます。また、ワセリンは無香料のものがほとんどのため、香りを気にする職場で働いている方(飲食業、接客業など)の方におすすめです。

症状がひどい場合は「医薬部外品」のものを

症状がひどい場合は「医薬部外品」のハンドクリームを選びましょう

ハンドクリームには、パッケージに「医薬部外品」と記載されているものがあります。
「医薬部外品」とは、厚生労働省により効能や効果が認められた成分が一定量配合されているもののことをいいます。ひびやあかぎれの症状が重症化している場合は、有効成分が配合されている、医薬部外品扱いのハンドクリームを選んでみるのもいいでしょう。もちろん、医薬品ではないため、肌荒れの症状が軽い方や、肌荒れを予防したいという方にもお使いいただけます。効果を重視したいという方におすすめです。

好きな香りで選ぶ

ハンドクリームは好きな香りで選びましょう

保湿系のハンドクリームは、香りのバリエーションが豊富な商品が多くあります。香りもさまざまな種類があり、自分の好きな香りを選ぶことで、リラックス効果や気分をリフレッシュさせる効果などを得ることができます。香りは主に、ラベンダーやゼラニウム、ローズ、ジャスミンなどのフローラル系、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系、ピーチなどのフルーティー系、石鹸などがあります。しかし、好みは人によりさまざまで、香りが強いハンドクリームもあるため、周囲の人や使う場所を気にせずにいつでも使用できるようにしたいという方は、無香料のハンドクリームを選ぶことをおすすめします。

ライフスタイルに合わせて選ぶ

ハンドクリームはライフスタイルに合わせて選びましょう

ハンドクリームには、主にチューブタイプやジャータイプがあります。どちらも持ち運びはできますが、外出先でも常に持ち歩いていたいという方は、大きさや形状から、チューブタイプの方が使いやすくおすすめです。また、菌が侵入しづらいため、衛生的に使用することができます。ジャータイプは大容量で、家族で使用するのにもおすすめの形です。量の調節もしやすいという点があります。

手荒れに最適!ハンドクリームのおすすめ人気ランキング10選

第10位キスミー 薬用ハンドクリーム

  • キスミー 薬用ハンドクリーム

    内容量

    75g

    価格

    648円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    保湿効果が8時間も持続し、有効成分と保護成分のW効果で肌荒れをケアします。薬用の独特な香りが特徴的ですが、繰り返すひび割れや、ガサガサした頑固な手荒れにも高い効果を発揮してくれます。家族で使える大容量。

  • 成分

    有効成分:トコフェロール酢酸エステル、イソプロピルメチルフェノール
    その他の成分:精製水、濃グリセリン、PG、ステアリン酸、ミリスチン酸イソプロピル、セタノール、SEステアリン酸PG、フェニルエチルアルコール変性アルコール、水酸化K、dl-カンフル、パラベン、黄4

第9位メンソレータム メディカルビタミンクリーム

  • メンソレータム メディカルビタミンクリーム

    内容量

    145g

    価格

    1,512円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    2種類のビタミンが血行を促進させ、皮膚のはたらきを活発にすることで、肌荒れやしもやけ、ひび、あかぎれなどを予防・改善。皮膚の水分を補うなどの効果も期待できます。オレンジ色のビタミンの粒が配合されており、消えるまで塗りこむことで、マッサージの効果で新陳代謝が活発になります。

  • 成分

    有効成分(1g中):リボフラビン(ビタミンB2)・・・0.1mg
    酢酸トコフェロール(ビタミン E 誘導体)・・・2mg
    その他の成分:ビタミンCテトラヘキシルデカン酸、ビタミンB6、カロットエキス、パルミチン酸オクチル、モノステアリン酸グリセリン、POEセチルエーテル、濃グリセリン、セタノール、TEA、dL-カンフル、カルポキシビニルポリマー、高融点ポリエチレン末、ヒドロキシプロピルセルロース、黄酸化鉄、エチルセルロース、エデト酸塩、PG、パラベン

第8位ロクシタン(L’OCCITANE) シア ハンドクリーム

  • ロクシタン(L'OCCITANE) シア ハンドクリーム

    内容量

    30ml

    価格

    1,512円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    天然保湿成分のシアバターを20%配合し、手肌にうるおいを与えしっかり保湿。クリームが角層まですばやく浸透し、やわらかい肌に導きます。飽きのこないほどよい香りも人気の一つです。世界中で3秒に1つ購入されているという、ロクシタンのベストセラー商品です。

  • 成分

    水、シア脂、グリセリン、ジメチコン、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、アマ種子エキス、ハチミツエキス、アーモンド果実エキス、アルテア根エキス、ヤシ油、アブラナステロールズ、ローズマリー葉エキス、ヒマワリ種子油、キサンタンサンガム、セテアレス-33、ポリアクリルアミド、ステアリン酸PEG-100、PG、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7、エチルヘキシルグリセリン、安息香酸、デヒドロ酢酸、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、エタノール、香料

第7位パックス お肌しあわせ ハンドクリーム

  • パックス お肌しあわせ ハンドクリーム

    内容量

    50g

    価格

    648円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    保湿成分のトレハロース、肌の柔軟性と潤いを保つローズヒップ油を配合し、手肌のしっとり感を持続させます。合成界面活性剤・合成防腐剤・合成着色料不使用で、安心して使用できる肌にやさしいハンドクリームです。天然精油のラベンダーとゼラニウムのフローラル系の香りに、柑橘系のオレンジ果皮油が組み合わさり、甘く爽やかな香りになっています。

  • 成分

    水、グリセリン、カリ石ケン素地、ハイブリッドヒマワリ油、ホホバ油、ローズヒップ油、スクワラン、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、トレハロース、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、オレンジ果皮油、トコフェロール、キサンタンガム、ローカストビーンガム、ヒノキチオール、エタノール

第6位薬用ハンドクリーム モアディープ

  • 薬用ハンドクリーム モアディープ

    内容量

    100g

    価格

    648円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    肌を乾燥から守るはたらきがあるうるおい成分のキシリトールが配合され、オレンジ色のマッサージパウダーが血行を促進。保湿と血行促進の2つの効果により、肌荒れを予防します。乾燥などで硬くなってしまった肌をやわらかくしたいという方におすすめです。無香料。

  • 成分

    有効成分:尿素
    その他の成分:精製水、酢酸dl-α-トコフェロール、濃グリセリン、流動パラフィン、セタノール、ジプロピレングリコール、オクタン酸セチル、自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、メチルポリシロキサン、キシリット、ステアリン酸、モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリン、ポリエチレン末、グリシン、水酸化カリウム、エチルセルロース、パラオキシ安息香酸エステル、黄酸化鉄、ベンガラ

第5位アベンヌ 薬用ハンドクリーム

  • アベンヌ 薬用ハンドクリーム

    内容量

    102g

    価格

    1,438円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    敏感肌の方におすすめの低刺激性処方です。乾燥、ひび、あかぎれ、しもやけなどのケアや予防をし、手肌をスベスベに保つ薬用ハンドクリーム。アベンヌ温泉水や天然油分ミツロウ等を配合した、保湿効果の高いアベンヌコールドクリーム成分が、肌表面に膜を作り有効成分などを閉じ込め、乾燥や外部刺激から手肌を守ります。ベタつきが気にならない使用感です。

  • 成分

    有効成分:グリチルリチン酸モノアンモニウム、酢酸DL-α-トコフェロール
    その他の成分:水、グリセリン、セトステアリルアルコール、モノラウリン酸グリセリル、流動パラフィン、セタノール、ミツロウ、パラフィン、フェノキシエタノール、セトステアリル硫酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸エステル、モノステアリン酸グリセリン、ベンジルアルコール、セチルリン酸カリウム、水酸化ナトリウム

第4位アトリックス エクストラ プロテクション

  • アトリックス エクストラ プロテクション

    内容量

    70g

    価格

    678円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    高密封集中リペア処方により、撥水性と耐水性のある膜が水や乾燥などの外部刺激から手肌を守り、2つの薬用成分を閉じ込め角層深くまで浸透させます。落ちにくく何度も塗り直す必要がないため、水仕事などの前に使用するのもおすすめです。有効成分がひびやあかぎれも予防します。無香料。

  • 成分

    有効成分:アラントイン、酢酸DL-α-トコフェロール
    その他の成分:水、グリセリン、ジメチコン、ワセリン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、シクロペンタシロキサン、ベタイン、ヒアルロン酸Na-2、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、架橋型ジメチコン、アクリル酸アルキル共重合体ジメチコンエステル、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、硫酸Mg、エデト酸塩、無水エタノール、クエン酸Na、フェノキシエタノール、パラベン

第3位ニュートロジーナ インテンスリペア ハンドクリーム 超乾燥肌用 無香料

  • ニュートロジーナ インテンスリペア ハンドクリーム 超乾燥肌用 無香料

    内容量

    50g

    価格

    678円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    空気中のうるおいを引き寄せる、99%純グリセリンを配合。クリームが角層の奥まですばやく浸透し、ガサガサに荒れた超乾燥肌も、うるおいのあるやわらかい肌に導きます。高い保湿力なのにベタベタしない、快適な塗り心地のハンドクリームです。

  • 成分

    水、グリセリン、セテアリルアルコール、フェノキシエタノール、セテアリル硫酸Na、エチルヘキシルグリセリン、パルミチン酸、ステアリン酸、硫酸Na、トコフェロール

第2位パックスナチュロン ナチュロンハンドクリーム

  • パックスナチュロン ナチュロンハンドクリーム

    内容量

    70g

    価格

    864円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    サラッとしたぬり心地で、ベタつきが気にならないのにしっとり感が持続します。
    合成界面活性剤・合成防腐剤・合成着色料不使用。アロエエキス、オリーブスクワランなどのうるおい成分が配合され、少量でも伸びが良く、肌なじみが良いハンドクリームです。無香料でベタつきも気にならないため、場所を気にせずいつでも使用できます。

  • 成分

    水、グリセリン、カリ石ケン素地、ホホバ油、スクワラン、ハイブリッドヒマワリ油、キダチアロエエキス-2、トコフェロール、ヒノキチオール、エタノール

第1位ユースキン製薬 ユースキンA

  • ユースキン製薬 ユースキンA

    内容量

    120g

    価格

    1,339円

    使用回数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    「ビタミンB2」の色である黄色が特徴のクリームです。ひび、あかぎれ、しもやけなどのトラブルに悩んでいる方におすすめ。血流改善や消炎作用などの効果がある4種類の有効成分と、2つのうるおい成分が配合されて、水分が保たれた健康的でやわらかい肌に導きます。

  • 成分

    有効成分:ビタミンE酢酸エステル
    グリチルレチン酸
    dl-カンフル
    グリセリン

手荒れに最適!ハンドクリームの使い方

肌荒れに効果的な使い方

肌荒れに効果的なハンドクリームの使い方

①手肌を温める
皮膚が冷たいままだとクリームの浸透性は悪くなります。クリームを塗る前に、まずは手肌を温めるようにしましょう。手をマッサージしてみたり、ぬるめのお湯や蒸しタオルなどを使用する方法などがあります。手を温めることでクリームの伸びも良くなり、肌に馴染みやすくなります。

②クリームを塗る前に化粧水で水分を与える
仕事などで外出をしている際は難しいかもしれませんが、就寝前のケアなどにおすすめなのが、ハンドクリームを塗る前にお手持ちの化粧水で手肌に水分を与えておく方法です。皮膚のうるおいは水分と油分のバランスが整っていることが大事ですが、ハンドクリームはほとんどが油分でできています。あらかじめ手肌に化粧水を浸透させておくことで、手肌に水分を補うことができ、肌がしっとりするため、この後に塗るクリームのなじみも良くなります。また、補水後のクリームが蓋代わりとなって水分を閉じ込めるので、保湿効果をさらに高めることができます。

③ハンドクリームは適量をつける
クリームの量は、だいたい人差し指の指先から第一関節くらいまでの3~4cm程度を目安に、手の大きさや肌の状態に合わせて量を調節していきましょう。量が少なすぎると、ハンドクリームとしての効果を十分に発揮することができないだけでなく、量が少ないことで塗りこむ際に摩擦が生じてしまいます。また、多すぎてもベタつきの原因になるため、日中は他の作業がやりづらくなるなどで、結果的に塗りすぎた分のクリームを取ってしまうことになります。ハンドクリームは適量を塗るように心がけましょう。

④クリームも温める
手だけでなくクリームも温めておくと、クリームがゆるくなることで伸びが良くなり、手肌に浸透しやすくなります。

⑤やさしい力で少しずつ広げていく
手に取ったクリームを、手のひらや甲に少しずつ広げていきます。肌に摩擦を与えないように、やさしい力で伸ばしていきましょう。指は1本1本軽く握っていく感じで、指と指の間や指の付け根の部分、爪の周りにも塗り残しがないようにしっかり塗りこんでいきます。ムラがないように全体的に均等に広げていきましょう。

⑥マッサージで血行促進
ハンドクリームを使用する際に、マッサージをしながら塗ることで血行が促進され、リラックス効果も得ることができるのでおすすめです。

⑦手袋を着用して保湿効果をアップ
手荒れを効果的に改善させる方法として、ハンドクリームを塗って保湿した後に、綿や絹の手袋を着用し、有効成分やうるおい成分を密閉させる方法です。特に就寝前のケアなどにおすすめです。手袋で肌をカバーすることにより、乾燥や水分の蒸発を防ぐことができ、手荒れの改善や予防を効果的に行うことができます。
また、手荒れの症状が重症の場合、かゆみを伴う場合もあるかと思いますが、寝ているときに無意識に掻いてしまうのを、手袋を着用することによって防ぐことができます。有効成分を閉じ込めるため、同じハンドクリームを使用しても、手袋を装着するのとしないのとでは、手肌への効果に差が出てくると思います。
装着する手袋の素材には、主に綿や絹があります。綿は、手頃な価格で、薬局やドラッグストアなどのお店で簡単に手に入れることができ、吸湿性がある丈夫な素材です。しかし、ひび割れやあかぎれの症状がひどいと、くっつきやすくなってしまうという点もあります。絹素材はやわらかく、放湿性や吸湿性、保湿性にすぐれている素材です。綿素材より高めのものが多い傾向にあります。

手荒れに最適!ハンドクリームの注意点

衛生的に使用するようにする

ハンドクリームは衛生的に使用するようにしましょう

・清潔な手に使用する
菌や汚れがついている状態の手にクリームを塗ると、その上からクリームで蓋をすることになり、手に菌や汚れが付いたままの状態になります。また、クリームの成分が油分のため、手洗いをしても、クリームの下にある菌や汚れが落ちづらくなってしまう場合があります。ハンドクリームを使用する際は、手を清潔な状態にしてから塗るようにしましょう。

・手を洗ったら必ず塗り直す
手肌のうるおいを常に保つためには、こまめにケアを行うことが重要になってきます。水で濡らしても落ちにくいという商品もありますが、基本的には、手を洗ったらハンドクリームを使用する、水仕事をする前にクリームを塗っておくなどを、常に心がけるようにしておきましょう。

・ハンドクリームの使用期限を守る
ハンドクリームの使用期限は、基本的に、未開封の商品は3年以内、開封後の商品は1年以内と決まっています。酸化が進んでいたり、雑菌が繁殖している可能性もあるため、購入した時期を覚えていないほど昔のものは使用を控えるようにしましょう。ハンドクリームには、着色料や防腐剤などの添加物が配合されていない肌にやさしいものがありますが、劣化しやすいというデメリットもあるため、無添加のものは使用期限や使用方法に特に注意するようにしましょう。

まとめ

今回は手荒れにおすすめのハンドクリームをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・手荒れの症状に合ったハンドクリームを使用する
・自分の使いやすい形状で選ぶ
・使い方次第で保湿効果がさらにアップ
ということです。

手荒れや、手が荒れやすいことで悩んでいた方も自分に合うハンドクリームを見つけて、健康的ですべすべした美しい手を目指していきましょう。

Share on

Share on

PAGE TOP