レディース ボディーケア
  • 2018.11.26 レディース ボディーケア

    市販のハンドクリームのおすすめ人気ランキング10選

    乾燥しやすい寒い季節や、仕事・家事などで、手肌のカサつきや粉ふき、ひび割れやあかぎれに悩んでいる方。また特に症状は出てないけど手荒れを予防したいという方も、ハンドクリームの使用を考えている方が多いのではないでしょうか。たくさんの種類があるハンドクリームですが、効果的にケアを行うためには、自分の手肌の症状や使う目的に合わせたハンドクリームを選ぶことがポイントとなってきます。今回は、ハンドクリームの選び方や、お店でも購入できる、おすすめの市販ハンドクリームもご紹介させていただきます。

市販のハンドクリームを選ぶおすすめのポイント

自分の症状に合った市販のハンドクリームを使用する

自分の症状に合った市販のハンドクリームを使用しましょう

①手肌がカサカサしている、粉を吹いているなどの軽い症状の方や、手肌の乾燥や手荒れを予防したいという方には、「保湿系ハンドクリーム」
手荒れの症状が比較的軽めの方や、特に症状は気にならないけど予防をしたいという方には、「保湿系のハンドクリーム」の使用がおすすめです。
手肌の乾燥をケアせずにそのまま放置しておくと、症状が悪化してひび割れやあかぎれの原因になってしまうため、早めの対象が必要になります。保湿系ハンドクリームは、保湿力の高い「セラミド」や「ヒアルロン酸」「グリセリン」「シアバター」などの保湿成分が配合されているものがおすすめです。
皮膚は、外部からの物理的刺激や化学的刺激から肌を守り、皮膚の水分の蒸発も防ぐ「皮脂膜」というものに覆われています。しかし、手はもともと皮脂腺が少ないうえに、刺激を受けやすい部分でもあるため、乾燥や手洗いのしすぎ、強い洗浄剤、消毒液、摩擦などによって皮脂膜は流され、皮膚のバリア機能が低下しやすい状態にあります。
ハンドクリームはその皮脂膜の代わりになってくれるため、外部からの刺激から手肌を守ったり、皮膚の水分の蒸発を防いだりなどの効果が期待できます。保湿系ハンドクリームは、尿素系ハンドクリームのように刺激が強い成分が配合されていないため、継続的に使用することが可能です。

②ひび・あかぎれ・しもやけの改善には「ビタミン系ハンドクリーム」
ひび割れ、あかぎれ、しもやけに悩んでいる方は、「ビタミン系ハンドクリーム」を使用するようにしましょう。
肌のうるおいには、皮膚の水分と油分のバランスを整えることがとても重要ですが、ビタミンには水分と油分どちらも補給する効果があり、肌を保湿します。また、末梢神経の血行を促進するため、冷え性の改善や、皮膚の細胞が活発になってターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)が促進されます。主に、「ビタミンB₂」や「ビタミンC」「ビタミンA」「ビタミンE誘導体」などが配合されています。ビタミンCは、美白効果やたるみ改善にも効果が期待できる成分です。

③皮膚がゴワゴワしているなら「尿素系ハンドクリーム」
乾燥で古い角質が厚く硬くなり、手肌がごわついているという方には、「尿素」が配合された尿素系ハンドクリームの使用がおすすめです。
「尿素」は、古く硬くなった角質を柔らかくする皮膚柔軟作用のはたらきがあります。また、水になじみやすく、水分を引きつける作用もあるため、保湿の効果もあります。尿素が角質の成分であるタンパク質の構造を破壊することで、皮膚に水分を含みやすい状態にし、柔らかい肌に導いてくれます。しかし、皮膚は主にタンパク質でできているため、尿素は刺激が強い成分でもあります。尿素は、配合量20%までと決まっていますが、配合量が高いほど尿素による効果も高くなる一方、肌への負担も大きくなります。皮膚が硬くなっている部分にだけ使用するようにしましょう。柔らかくなってきたら尿素系ハンドクリームの使用を中止し、保湿系のハンドクリームやビタミン系のハンドクリームに切り替えてください。
刺激が強い成分のため、ひび割れやあかぎれの症状が出ているところには尿素系ハンドクリームの使用は控えるようにしましょう。

④手湿疹
湿疹の症状が出ている場合は、皮膚の炎症を抑えるヘパリン類似物質が配合されたクリームの使用がおすすめです。ヘパリン類似物質が配合されたクリームは、ひびやあかぎれの改善にも効果が期待できます。一般用医薬品扱いです。また、化学成分などでアレルギー症状を起こしている場合は、まずはアレルギーの原因になっているものの使用を控えるようにしましょう。

⑤予防だけならワセリンも
ワセリンは、油性の皮膚保護剤です。保湿系のハンドクリームや、有効成分が配合されたビタミン系のハンドクリーム、尿素系のハンドクリームとは違って、手肌にうるおいを与えたり、血行を促したり、皮膚を修復したりするなどの効果はありません。
ワセリンは皮膚に浸透することなく皮膚表面にとどまり、皮脂膜のように手肌の水分蒸発を防いで、外的刺激から守る効果があります。ワセリンは、日常づかいできるものから医療用のものまでさまざまあります。
また、ワセリンには種類があり、純度の違いによって白色ワセリンや黄色ワセリンなどがあります。黄色ワセリンは精製度が低く不純物も多いですが、敏感肌ということでなければ問題なく使用することができます。薬局やドラックストアで手軽に購入できます。白色ワセリンは医薬品などに分類されます。黄色ワセリンより精製度が高く、不純物の含有量が少ないため、肌への負担が少なく、価格は黄色ワセリンより高めになります。
ワセリンは無香料なので、飲食店など、特に手を洗う機会が多く、香りも気にする場での使用にも向いています。

症状が強い場合は医薬部外品扱いのハンドクリーム

症状が強い場合は医薬部外品扱いのハンドクリームを選びましょう

ハンドクリームには、「医薬品」や「医薬部外品」と記載されている商品もあります。
まずは医薬品や医薬部外品などの違いについてご説明させていただきます。

・医薬品
「医薬品」とは、厚生労働省が症状に対して高い効果があると認めた成分が配合されているもので、治療を目的とした薬のことをいいます。効果が高い分、副作用のリスクも高いです。医薬品には、医師の処方箋が必要になる「医療用医薬品」と、薬局やドラッグストアなどで処方箋なしで購入できる「一般用医薬品」、一般用医薬品で薬剤師からの説明を受けないと購入できない「要指導医薬品」があります。

一般用医薬品は、第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品の3つに分けることができます。
第1類医薬品は、副作用や飲み合わせなどに特に注意が必要な医薬品です。薬剤師にしか販売が認められておらず、薬剤師からの説明を受けないと購入することができません。また、手が届きづらい場所に陳列するように決められています。
第2類医薬品は、副作用や他の薬との飲み合わせに注意が必要なものです。第2類医薬品のうち、特に注意が必要な成分が含まれているものは、指定第2類医薬品になります。薬剤師や登録販売者から購入することができます。
第3類医薬品は、第1類医薬品や第2類医薬品と比べてリスクが低い医薬品で、薬剤師や登録販売者から購入することができます。

・医薬部外品
厚生労働省が許可した、症状に対する効果が期待できる成分が一定量含まれたものを、「医薬部外品」といいます。治療が目的の医薬品に対して、医薬部外品は主に症状の改善や予防が目的になっています。よくパッケージなどに記載されている「薬用ハンドクリーム」の「薬用」というのは、医薬部外品のことを指します。医薬品と比べると効果はゆるやかに現れますが、副作用のリスクは低いです。

・化粧品
医薬品や医薬部外品の表記がされていないものは化粧品扱いのハンドクリームになります。
皮膚や髪の毛など身体を清潔に保つなどの目的があり、効果は緩やかにあらわれます。

手荒れの症状が悪化し、強い痒みや痛みなどを伴う場合は、炎症を抑える効果のある医薬品扱いのクリームや、医薬部外品のハンドクリームを使用することをおすすめします。しかし、それだけでは改善しないという場合は、さまざまなハンドクリームを試してみるより、一度皮膚科を受診し、早めに治療をするようにしましょう。

UVカット機能やエイジングケアができる市販のハンドクリームも

UVカット機能やエイジングケアができる市販のハンドクリームもあります

ハンドクリームには、保湿成分だけでなく、紫外線をカットする機能や、美白成分、エイジングケア成分が配合されたもの、ネイルケアが可能なものまで、さまざまな種類があります。UVカットの効果があるハンドクリームには、パッケージや商品にSPF値やPA値が記載されていますが、これは紫外線の防止効果を表したものです。

SPF値(=Sun Protection Factor)は、シミやそばかす、皮膚がんなどの原因になる紫外線B波をどのくらい防止するかの指標で、1~50+までの数値で表されます。数値が高いほど紫外線の防御力は高くなりますが、どの数値を選ぶかは季節や場面ごとで使い分けるようにしましょう。例えば、ちょっとした買い物など日常生活で使用するならSPF10~20のものを、スポーツやキャンプなど外で過ごすことが多い日はSPF30くらいのものを、炎天下のアウトドアにはSPF50がおすすめです。

PA値(=Protection grade of UVA)は、シワやたるみなどの原因にもなってしまう紫外線A波を、どのくらい防止するかの指標になります。PA値は「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階で表され、「+」の記号が多くなるほど紫外線A波の防御力が高くなります。SPFと同様、場面ごとに使い分けるようにしましょう。SPF値やPA値は高ければ高いほど紫外線への効果が大きくなりますが、その分肌に負担がかかってしまい、肌荒れを起こしてしまうリスクが上がります。敏感肌の方は特に注意が必要です。しかし、UVカット機能があるハンドクリームには、今のところSPF50までの効果がある商品はないので、肌が弱い方でも安心して使用できるものがほとんどになっています。美白効果やエイジングケアの効果も欲しいという方は、配合されている成分に着目して商品を選ぶようにしましょう。
美白成分には、メラニンの生成を抑制する「プラセンタエキス」「トラネキサム酸」「アルブチン」「エラグ酸」「t-AMCHA」「カモミラET」や、メラニン還元作用がある「ビタミンC誘導体」などがあり、手肌のしみのケアをしたいという方はそれらの成分が配合されているハンドクリームの使用がおすすめです。また、保湿効果の高い「ヒアルロン酸」や「セラミド」、「プラセンタ」、シワの改善効果がある「レチノール」、たるみ予防などの効果がある「エラスチン」などは、エイジングケアに有効な成分であり、「コエンザイムQ10」は、抗酸化作用で老化を防止する効果が期待できます。

使用感で選ぶ

ハンドクリームは使用感で選びましょう

ハンドクリームは、通常のクリームの他に、濃厚で少し固めのこっくりしたクリームや、ハンドジェルのようにサラサラした使用感のものもあります。乾燥や手荒れの症状がひどい場合や、水仕事をする前、就寝前のハンドケアには、少し濃厚なものを使ってしっかり保湿をしたり、軽度の手荒れや、日中手を使う仕事をしているけどこまめにケアをしたいという場合は、サラッとしたテクスチャーのものを使用するなど、手の症状や塗りたいタイミングに合わせてテクスチャーを選んだり使い分けてみたりするのもいいでしょう。

香りで選ぶ

ハンドクリームは香りで選びましょう

特に保湿系のハンドクリームは、香りのバリエーションも多くあるのが特徴です。自分の好きな香りのハンドクリームを使用することで、手肌を保湿しながら、気分転換やリラックス効果も得ることができます。香りでクリームを選ぶのもおすすめです。

市販のハンドクリームのおすすめ人気ランキング10選

第10位ユースキン ハナ ハンドクリーム ジャパニーズローズ

  • ユースキン ハナ ハンドクリーム ジャパニーズローズ

    内容量

    50g

    価格

    756円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ひびやあかぎれに悩む方に人気のビタミン系保湿クリーム「ユースキンA」の技術である「高浸透エマルジョン」が角層深く浸透し、高い保湿力を実現。アルコール・鉱物油・パラベン・動物由来成分無添加です。コクのある濃厚クリームなのにベタつかず、日中にも使いやすい使用感の市販のハンドクリームです。

  • 成分

    グリセリン、水、ステアリン酸、ミリスチン酸イソプロピル、ステアリン酸グリセリル(SE)、TEA、酢酸トコフェロール、ピリドキシンHCl、シアノコバラミン、水添ココグリセリル、ポリソルベート80、ステアリルアルコール、香料

第9位メンソレータム薬用ハンドベール うるおいさらっとジェル

  • メンソレータム薬用ハンドベール うるおいさらっとジェル

    内容量

    70g

    価格

    648円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    さらっとした使用感が特徴の市販のハンドジェルです。うるおい成分を抱えたジェルが、手肌に塗るとすばやく浸透します。少しカサカサしている軽度の乾燥や、手肌にトラブルはないけど乾燥や手荒れの予防をしたいという方におすすめです。また、塗った後すぐ手を使うことができるため、デスクワークなどの手を使う仕事や、家事をする前の使用にも向いています。

  • 成分

    有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、トコフェロール酢酸エステル
    その他の成分:加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Na-2、加水分解コラーゲン末、パンテノール、アロエエキス-2、カロットエキス(植物コラーゲン)、水解シルク液、濃グリセリン、BG、オクタン酸セチル、流動パラフィン、ヒドロキシプロピルセルロース、ベタイン、アルギニン、オウバクエキス、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、パルミチン酸デキストリン、水添大豆リン脂質、エデト酸塩、パラベン、エタノール、PG

第8位ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム

  • ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム

    内容量

    130g

    価格

    2,376円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    抗炎症作用のあるグリチルレチン酸と、ビタミンEの2つの有効成分を配合した市販のハンドクリーム。こっくりとした重めのテクスチャーですが、少量でも伸びが良く、ベタつきが気になりません。紫外線防止効果はありませんが、日焼けや雪焼けによるしみを防ぐ効果もあるため、ちょっとした外出時の使用にもおすすめです。手だけではなく、顔も含めた身体全身に使用することができます。無香料・無着色。

  • 成分

    ■有効成分:グリチルレチン酸(甘草から抽出)、ビタミンE(酢酸トコフェロール)
    ■保湿成分:ホホバ油、卵黄油、グリセリン
    ■指定成分:酢酸トコフェロール、パラベン、ミリスチン酸イソプロピル、トリエタノールアミン、プロピレングリコール、ステアリルアルコール、エデト酸塩

第7位アトリックス エクストラ プロテクション

  • アトリックス エクストラ プロテクション

    内容量

    70g

    価格

    678円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ひび割れやあかぎれで悩んでいる方、なりやすい方におすすめの市販の薬用ハンドクリームです。水仕事の前などに使用することで、撥水性と耐水性のある密閉膜が手肌を乾燥や刺激から守ってくれます。落ちにくいので、何度も塗り直す必要もありません。また、薬用成分を閉じ込めて角層深くまで浸透させます。

  • 成分

    有効成分:アラントイン、酢酸DL-α-トコフェロール
    その他の成分:水、グリセリン、ジメチコン、ワセリン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、シクロペンタシロキサン、ベタイン、ヒアルロン酸Na-2、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、架橋型ジメチコン、アクリル酸アルキル共重合体ジメチコンエステル、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、硫酸Mg、エデト酸塩、無水エタノール、クエン酸Na、フェノキシエタノール、パラベン

第6位薬用ハンドクリーム モアディープ

  • 薬用ハンドクリーム モアディープ

    内容量

    100g

    価格

    648円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    尿素系の市販のハンドクリームで、硬くなった肌をやわらかくしたいという方におすすめです。うるおい成分であるキシリトールが手肌を保湿し、オレンジ色のつぶつぶがマッサージにより血行を促進させます。ジャータイプで容量も多く、無香料なので家族でも使いやすいです。

  • 成分

    有効成分:尿素
    その他の成分:精製水、酢酸dl-α-トコフェロール、濃グリセリン、流動パラフィン、セタノール、ジプロピレングリコール、オクタン酸セチル、自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、メチルポリシロキサン、キシリット、ステアリン酸、モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリン、ポリエチレン末、グリシン、水酸化カリウム、エチルセルロース、パラオキシ安息香酸エステル、黄酸化鉄、ベンガラ

第5位ニュートロジーナ インテンスリペア ハンドクリーム 超乾燥肌用 無香料

  • ニュートロジーナ インテンスリペア ハンドクリーム 超乾燥肌用 無香料

    内容量

    50g

    価格

    678円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    空気中の水分を引き寄せる、99%純グリセリンを配合した高い保湿力のあるハンドクリームです。ベタつきが気にならないので、こまめなケアにも向いています。超乾燥肌用ということもあり、ガサガサした手肌にも、クリームが角層のすみずみまでしっかり浸透します。

  • 成分

    水、グリセリン、セテアリルアルコール、フェノキシエタノール、セテアリル硫酸Na、エチルヘキシルグリセリン、パルミチン酸、ステアリン酸、硫酸Na、トコフェロール

第4位ロクシタン(L’OCCITANE)シア ハンドクリーム

  • ロクシタン(L'OCCITANE)シア ハンドクリーム

    内容量

    30ml

    価格

    1,512円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ロクシタンのベストセラー商品。肌なじみが良い天然保湿成分のシア脂を20%配合し、肌に溶け込んで手肌にリッチなうるおいを与えます。ベタベタせず持ち運びもしやすいです。飽きの来ない香りも人気で、プレゼントとして購入する方も多いです。

  • 成分

    水、シア脂、グリセリン、ジメチコン、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、アマ種子エキス、ハチミツエキス、アーモンド果実エキス、アルテア根エキス、ヤシ油、アブラナステロールズ、ローズマリー葉エキス、ヒマワリ種子油、キサンタンサンガム、セテアレス-33、ポリアクリルアミド、ステアリン酸PEG-100、PG、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7、エチルヘキシルグリセリン、安息香酸、デヒドロ酢酸、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、エタノール、香料

第3位アトリックス ハンドミルク 無香料

  • アトリックス ハンドミルク 無香料

    内容量

    200ml

    価格

    437円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    食器洗いや手洗い後、水仕事の後の濡れた手にそのままワンプッシュして塗りこむ市販のハンドミルクです。手肌に馴染ませた後に水で流すことで、手肌をしっとりさせることができます。塗れた状態でもすぐにクリームが塗れるよう、使いやすいポンプ型になっています。

  • 成分

    水、ミネラルオイル、エタノール、グリセリン、ワセリン、水添ポリイソブテン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、カミツレ花エキス、スクワラン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、BG、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

第2位ユースキン製薬 ユースキンA

  • ユースキン製薬 ユースキンA

    内容量

    120g

    価格

    1,339円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ひび、あかぎれ、しもやけのトラブルに悩んでいる方におすすめです。血行を促すビタミンE、抗炎症作用のあるグリチルレチン酸、dl-カンフル、肌の柔軟性を回復させうるおいを高めるグリセリンの4つの有効成分と、2つの保湿成分が配合され、水分が保たれている健康的でやわらかい肌に導きます。クリームの黄色は「ビタミンB2」の色で、肌に伸ばすと消えます。

  • 成分

    有効成分:ビタミンE酢酸エステル
    グリチルレチン酸
    dl-カンフル
    グリセリン

第1位パックスナチュロン ナチュロンハンドクリーム

  • パックスナチュロン ナチュロンハンドクリーム

    内容量

    70g

    価格

    864円

    使用回数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    合成界面活性剤・合成防腐剤・合成着色料は不使用で、顔や全身、小さなお子様にも安心してお使いいただける、肌にやさしい保湿系の市販のハンドクリームです。アロエエキス、オリーブスクワランなどのうるおい成分が配合されています。少量でも伸び、肌なじみが良く、サラッとしたぬり心地なのにしっとり感が持続します。無香料なので使う場所を選びません。

  • 成分

    水、グリセリン、カリ石ケン素地、ホホバ油、スクワラン、ハイブリッドヒマワリ油、キダチアロエエキス-2、トコフェロール、ヒノキチオール、エタノール

市販のハンドクリームの使い方

使い方次第で効果アップ

ハンドクリームは使い方次第で効果アップします

① 使用する前に手を洗う
市販のハンドクリームを使用する前に、手を洗って清潔な状態にしておきましょう。
雑菌や汚れが手肌に付着したままだと、その上からクリームで菌や汚れを閉じ込めてしまうことになります。また、クリームは油分なので、次の手洗いの際に汚れが落ちにくくなってしまいます。清潔な状態を保つためにも、手を洗ってからハンドクリームを塗るように心がけましょう。

②浸透を良くするために手肌を温める
肌は、冷たい状態の時より温かい状態のほうが浸透しやすくなります。また、手肌と一緒にクリームも温めておくことで、クリームが伸びやすくなります。
手を握る、ホットタオルを使用する、ぬるま湯などを使って手全体をあらかじめ温めておくようにしましょう。

③化粧水で手肌に水分補給
就寝前のケアでは、市販のハンドクリームを塗る前に、手持ちの化粧水を使用して、皮膚に水分を与えておくと保湿効果をさらに高めることができます。皮膚のうるおいは水分と油分で保たれており、この後に塗るクリームで水分を閉じ込めることができるのです。また、化粧水を使用することで肌に水分が含まれ少しやわらかくなり、クリームの馴染みも良くなって皮膚の摩擦も抑えることができます。

④クリームの量にも注意
ハンドクリームの量は、少なすぎるとハンドクリームとしての効果が薄れ、少ないことで摩擦が生じてしまい、肌を傷める原因になってしまいます。目安は、人差し指の指先から第一関節のあたりで、これはワンフィンガーチップユニット(1 FTU=Finger Tip Uni)といって、ステロイド外用薬などを塗る際の目安量としても用いられている方法です。また、ハンドクリームを多く出しすぎてしまった場合は、傷んだ髪の毛に塗るなど、ヘアクリームとしてもお使いできるので、おすすめです。

⑤クリームはやさしく丁寧に塗る
強い力で肌に摩擦を与えないように、やさしい力でクリームを塗っていきます。適量のクリームを、まずは手の甲や手のひらにつけて、クリームを少しずつ広げていきます。手肌全体に軽く広げたあと、指1本1本軽く握って、指と指の間や指の付け根の部分、爪周り、指のシワにもしっかり塗りこんでいくようにしましょう。また、クリームを塗りながら親指と人差し指の間の「合谷穴」というツボを押すと、血行促進の効果を得ることもできます。

⑥クリームを塗った後は、保湿用手袋でうるおい成分を閉じ込める
就寝前のハンドケアにおすすめなのが、市販のハンドクリームで保湿をした後、保湿用を使用してうるおい成分を密閉させる方法です。保湿手袋を使用することにより、手肌の水分の蒸発や乾燥を予防することができます。また、かゆみがある場合は、就寝中無意識に掻いてしまうのを防いだり、保温効果で冷え性を予防するなどの効果も期待することができます。

手袋の素材は、綿や絹、麻がありますが、手肌の状態に合わせて選ぶのがおすすめです。綿の手袋は、ドラッグスアなどでも簡単に手に入れることができる、丈夫で柔らかい素材のものですが、湿疹の症状がひどく、患部から汁が出ている状態の方は、綿の手袋を使用すると逆にかゆくなってしまうという場合があります。保湿性にはすぐれていますが、ひび割れやあかぎれの症状で悩んでいる方におすすめしたい素材になります。絹の手袋は肌触りが良いしっとりした柔らかな素材の手袋で、保湿性、吸湿性、保温性にすぐれています。綿より値段は高めです。どの症状にもお使いいただける素材になっています。麻(ヘンプ)は、保湿効果だけでなく抗菌作用もあり、雑菌の繁殖を抑え、何度洗濯機しても効果が落ちません。衛生的に使用することができ、どの症状の方にもお使いいただけます。

市販のハンドクリームの注意点

使用期限を守る

ハンドクリームは使用期限を守りましょう

ハンドクリームには使用期限があり、未開封の商品は3年以内、開封後の商品は1年以内となっています。ハンドクリームは、同じものを長い間使用していると、酸化が進んでいき雑菌が繁殖していきます。使用頻度が少ないという方も、開封後の1年以内には使い切るように心がけましょう。無添加のハンドクリームは肌にやさしい成分のためおすすめですが、防腐剤やパラベン不使用のため品質が劣化しやすく、雑菌も繁殖しやすいため、使用期限には特に注意が必要になります。

まとめ

今回は、市販のハンドクリームをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・手肌の悩みを改善・予防できる成分が含まれているものを選ぶ
・症状が強い場合は薬用ハンドクリームを使用してみる
・ハンドクリームは使い方次第で効果がアップ
ということです。

手荒れによる痛みや痒みは辛い症状ですし、人に見られやすい部分でもあるため、周りの視線を気にしてしまう方もいると思います。市販のハンドクリームにはたくさんの種類がありますが、症状に合った種類のもの、正しい塗り方をすれば、効果的に症状を改善することができます。自分に合ったハンドクリームを見つけて、自信の持てるすべすべの手肌を目指していきましょう。

Share on

Share on

PAGE TOP