メンズシェービング用品
  • 2018.11.27 メンズシェービング用品

    シェービングジェルのおすすめ人気ランキング10選

    男性にとって毎日の髭剃りは欠かせないもので、日課になっていませんか?ですが、髭剃りを間違った方法で毎日していると、カミソリ負けを起こしてしまったり、出血をしてしまったりと様々な肌トラブルを招くことになります。仕事にもよりますが、人と接することは日常で欠かせないことなので、そんな中でお肌が肌トラブルで汚く見えてしまうと与える印象も良いものではなくなってしまいます。そこで、正しくできるだけお肌を傷つけないようにできるシェービングジェルを今回ご紹介します。

シェービングジェルとは

シェービングジェルってどんな商品?

まず最初はシェービングジェルについて詳しく知っていきましょう。シェービング剤にはどのようや役割があるのか、使用するのとしないのとでは何が違うのか。さらにシェービング剤といってもジェル状のものだけではなく、泡タイプなど様々なものが存在しているのでそれぞれのメリットやデメリットについてご紹介していきます。シェービング剤について知ることで必要性も分かりますし、ジェルを探していたけど他の種類も気になる方はそちらを探すのも良いかもしれません。ジェルタイプが欲しいと少しでも感じた方はぜひ最後まで記事を読んでみてください。

シェービングジェルとは何か

男性の皆さんは毎日髭を剃っていますか?おそらく毎日最低1回は剃っている方がほとんどかと思います。髭が濃い方の場合、朝剃っても夕方には青髭になってしまうという方も多く、そういった方は1日に2回以上剃っているのではないでしょうか?男性にとって髭剃りは身だしなみとして気を付けている方も多いですし、髭が伸びている状態で仕事をすると、周りからも清潔感がなさそうなイメージを持たれてしまうかもしれません。
ですが、髭を剃るという行為は髭だけを剃っているわけではなく、お肌の表面をカミソリや電気シェーバーの刃が当たり摩擦を起こすことで、お肌の表面にある角質層が傷ついてしまいます。すると、乾燥の原因になったり、菌がそこから侵入することで様々な肌トラブルの原因にもなってしまいます。
また、カミソリ負けで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?朝時間のない中急いで剃ったら血が出てしまってそのまま仕事に…なんてことありませんか?自分はそこまで痛くなくても周りから見たら痛々しいですし、印象も清潔感とは程遠くなってしまいます。
こういったトラブルは男性全員に可能性があるので、どんな方でも注意しなくてはならないのですが、より気を付けてほしいのが敏感肌などお肌が弱い方です。敏感肌とは肌を保護してくれる機能であるバリア機能がうまく働かないために、刺激に弱い肌のことを言います。そういった方は特に髭剃りによるダメージを受けやすく、肌トラブルを招きやすいので気を付ける必要があるのです。

ここまでで髭剃りの危険性は理解できたかと思います。ですが、これはあくまで何も対策せずに髭を剃っている場合のことで、しっかりと対策をしていればそこまでひどくなることもないはずです。その対策として今回おすすめするのがシェービング剤です。
よく言われているのは乾いた状態の髭は、同じ太さの銅線と同じくらい硬いということです。そのため、化膿した状態の髭を剃るということは、銅線を無理やりカミソリや電気シェーバーで切断しようとしているのと同じで、刃の負担になるだけでなくお肌への負担がとても大きなものになります。また、硬い髭はきれいに剃りにくいため、ついつい力を入れて無理やり剃ろうとしてしまいます。そうするとお肌に必要な角質層まで傷つけてしまい、肌トラブルを起こしてしまいます。ですが、シェービング剤を使用することで、髭は根元からしっかりと柔らかくすることができ、髭を剃りやすくすることができるだけでなく、お肌へのダメージも減らすことができるのです。きれいに髭を剃るために、またお肌へのダメージを減らすためにはシェービング剤の使用が必要不可欠なのです。
また、シェービング剤を使用しているのにお肌の状態が良くない方もいるかもしれません。そういった方に考えられるのは、自分の肌質に合うシェービング剤を使用していないということです。シェービング剤は男性ものや女性もの、肌質によっても変わってくるので自分の肌質などを理解した上で選ぶことで、失敗も少なくなるはずです。

シェービング剤の種類

次にシェービング剤の種類についてです。シェービング剤には様々なものがあり、それぞれ特徴も異なります。どのタイプのシェービング剤が自分に合っているのかを考えるためには、それぞれのメリットやデメリットを知ることです。そうすると、自分の肌質に合ったシェービング剤が分かるようになるので、ぜひシェービング剤の種類で悩んでいる方は参考にしてみてください。
シェービング剤には大きく分けて4種類あります。ジェルタイプ、フォームタイプ、ジェルフォームタイプ、ソープタイプです。この4種類について詳しくご紹介していきます。

<ジェルタイプ>
まずは今回ランキングでご紹介するジェルタイプについてです。ジェルタイプは透明のジェル状なので、剃りたい部分の髭をしっかりと確認しながら剃ることができます。そのため、シェービング剤をつけて髭を剃ることに慣れていない初心者の方が誤ってお肌を傷つける可能性も少なく、髭のデザインにこだわっている方が残しておきたい部分の髭を剃ってしまうということもないので、とても人気のシェービング剤です。それだけではなく、刃の滑りが良くなるので無理に力を入れなくてもきれいに深剃りすることができるため、お肌への負担も減らすことができます。また、ジェルタイプのシェービング剤は塗ってから時間の経過とともに髭を柔らかくしてくれる効果があります。そのため、口周りの髭など硬い髭でも塗った後に少し放置をすると、剃りやすさも変わります。もちろんデメリットもあり、洗い流す際に時間がかかってしまうため、手間に感じる方もいるかと思います。また、成分としてメントールが配合されているものが多く、お肌が弱い方には刺激を感じてしまう可能性もあります。そういった場合は成分表などを確認して、メントールが配合されていない商品を選ぶなどの対策をしましょう。

<フォームタイプ>
フォームタイプは泡状のシェービング剤のことで、よくテレビや映画でも使用しているのを見かけたことがある方は多いのではないでしょうか?ジェルタイプと同様に人気のあるタイプなので、使用している方はとても多く、その分発売されている種類も豊富です。ジェルタイプと同様に、使用し始めてから時間の経過と共に段々と髭が柔らかくなっていき、泡がシェービングをする際にお肌を保護してくれるので、とてもお肌に優しく剃ることができます。固めの泡によってカミソリなどの刃の刺激からお肌を守ることが得意なので、お肌の弱い方や敏感肌の方でも使用できるのが嬉しいですね。また、剃った部分は泡がなくなるので、どこまで剃ったか分かりやすいのも人気です。ですが、剃る前の状態では泡で覆われてしまっているため、どこに髭があるのかを確認しにくく、使用後はお肌が乾燥しやすいためスキンケアを丁寧に行う必要があります。

<ジェルフォームタイプ>
ジェルフォームタイプはその名前の通り、ジェルタイプとフォームタイプの両方の特徴をもったシェービング剤です。取り出してから塗り初めまでは透明なジェル状なので、ジェルが髭にしっかりと密着してくれます。その後、お肌に馴染ませるようにつけていると、フォームタイプのように泡状に変化するので、さらにしっかりと浸透してくれます。そのため、髭をしっかりと深剃りしたい方にはとても人気のタイプです。また、ジェルタイプのデメリットの塗りムラを泡状になることによって防いでくれますし、お肌への負担は少ないのでお肌が弱い方、敏感肌の方でも安心して使用できるのも人気のポイントです。

<ソープタイプ>
ソープタイプはあまり種類がなく、最近では発売されていることも珍しくなってきているのですが、せっけんタイプのシェービング剤のことを言います。その中でも種類は粉末・固体・液体などと様々あり、お湯と一緒に混ぜながら使用していきます。床屋さんなどでも容器に入ったシェービング剤を特殊なブラシで混ぜて使用するのが主流だったので、一度は経験したことのある方もいるのではないでしょうか?自分で泡を作れるので、自分の好みのキメの細かい濃密な泡を作って髭を剃ることが可能になります。ですが、泡を一から全て自分で作らなくてはならないので、忙しい方や朝を有効に使いたいという方には、少し手間に感じるかもしれません。

<その他タイプ>
ここまででシェービング剤の4タイプをご紹介しましたが、その他にもまだまだシェービング剤の種類はあります。そこで、その他のシェービング剤のタイプをいくつかご紹介します。

・ローションタイプ
ローションタイプはさらさらとした水のようなシェービング剤です。さっぱりと爽快感を得られる使用感なので、顔がべたべたするのが気になる方におすすめです。ローションタイプはその他のシェービング剤と比べて、潤いが残りにくく、乾燥しやすい特徴もあります。そのため、刃が抵抗を受けやすくなってしまったり、乾燥肌や敏感肌など乾燥に気を付けている方にはあまりおすすめできません。

・オイルタイプ
オイルタイプはオイルというだけあって潤滑性に優れています。そのため、髭を剃る際の刃の滑りはとても良く、引っかかりもなくきれいに剃ることができるところが人気のシェービング剤です。また、肌を保護する点でも優れているのでお肌を傷つけたくない方、肌トラブルに悩んでいる方に人気です。
オイルタイプの場合、刃に剃った後の細かい髭が詰まりやすくなってしまうので、髭剃り後のこまめなお手入れは重要になります。

シェービングジェルを選ぶおすすめのポイント

それでは次に、シェービングジェルを選ぶ際のポイントをご紹介します。このポイントは様々なものがあるため、最低でも最初の3つのポイントまでは気にして選びましょう。そうすることで、自分のお肌に合わないシェービングジェルを購入してしまうという失敗もある程度防ぐことができるはずです。また、価格もそこまで高価なものはないので、万が一お肌に異常が現れたりしても簡単に諦められるはずなので、無理して使用し続けないようにしましょう。

カミソリ用?電気シェーバー用?

シェービングジェルはカミソリ用か電気シェーバー用かで選びましょう

まずは自分が何を使って髭を剃っているかです。T字カミソリを使用している方もいれば、電気シェーバーを使用して髭を剃っている方もいるかと思います。実はシェービングジェルにも種類があり、カミソリ用か電気シェーバー用かで分かれているのです。そのためカミソリで髭を剃っているという方はカミソリ用のシェービングジェルを、電気シェーバーで髭を剃っているという方は電気シェーバー用のシェービングジェルを選ぶようにしましょう。
また、電気シェーバーの場合は必ずしもシェービングジェルが使用できるとは限りません。電気シェーバーもお風呂でそれたり、シェービング剤が使用できるように防水機能のついているものと、お肌が乾いた状態でのみ使用できるものがあるのです。そのため、電気シェーバーで髭を剃っていた方は全員がシェービングジェルを使用できるとは限らないので、商品の説明をしっかりと見てウェットシェービングと呼ばれるシェービング剤を使用する剃り方に対応しているか確認しましょう。

お肌に嬉しい成分が含まれている

シェービングジェルはお肌に嬉しい成分が含まれているものを選びましょう

次に成分に注目しましょう。毎日使用するシェービングジェルはできるだけ良い成分が配合されているものを使用したいですよね?そこで、成分にもこだわってみましょう。皆さんは商品の裏側などによく書かれている成分表を見たことはありますか?なんとなくカタカナがいっぱい書いてあるという印象の方も多いのではないでしょうか?ですが、成分について理解して成分表示を確認できるようになると、自分のお肌に良いものはどれなのか、また自分のお肌の悩みにはどの成分が良いのかなどを簡単に見つけられるようになります。成分の役割は様々なものがあり、肌荒れを起こさないようにお肌を守ってくれるもの、お肌を保護してくれるもの、保湿してくれるものなど他にもたくさんあります。いくつかご紹介するのでぜひ参考に商品を見比べてみてください。

まずは敏感肌の方や乾燥肌の方に特に人気のある保湿成分です。保湿成分が配合されているシェービングジェルは、肌と刃の間に起きる摩擦のダメージを減らしてくれる効果があります。ヒアルロン酸は知っている方が多いかと思いますが、お肌をしっかりと保湿してくれる効果があるので、女性用のスキンケア用品などでも使用されていることがあります。さらにアロエエキスは天然由来の成分ですが、同じく保湿効果のあるものです。こういった保湿成分が配合された商品は、肌荒れや乾燥を防ぐ役割があるのでお肌の調子も良くなるかもしれません。

次に肌荒れに悩んでいる方におすすめなのは、抗炎症作用のある成分、グリチルリチン酸です。この成分は薬効成分で、有効成分として表記されていることが多いので、比較的見つけやすいかと思います。
最後に清涼感についてです。この清涼感としてよく配合されているのはメントールと呼ばれる成分です。男性でさらに脂性肌の方や夏の暑い日の場合、メントールが配合されているシェービング剤を使用すると、さっぱりとした清涼感を得ることができ、朝も目が覚めるから好きという方も多いのではないでしょうか。ですが、乾燥肌やお肌が弱い方の場合はメントールによる効果は、お肌に良くないこともあるのでできるだけ避けましょう。

その他にも添加物と呼ばれている香料や着色料などにも気を遣うのもいいかもしれませんが、あまり考えすぎていつまでもシェービング剤を選べないのでは意味がないので、良いものが見つかったら試してみるのも良いかもしれません。意外と自分のお肌に合う商品が見つかるかもしれませんよ。

自分の使い続けられる価格

シェービングジェルは自分の使い続けられる価格のものを選びましょう

シェービング剤を購入する際に価格にも注意をしましょう。シェービング剤は毎日髭を剃る際に使用します。そのため、例えば効果なもののほうが良い成分が配合されているからといって購入しても、その後使い切った時に新たに買うのには高すぎると感じるかもしれません。シェービング剤は使用し続けることで肌トラブルを避けられるので、購入できないからと使用をやめてしまうのはもったいないですし、高価なものと安価なものを交互に使用しているのでは、せっかくの高価なシェービング剤の良さも最大限に生かすことはできない可能性があります。そこで、あらかじめ自分が定期的に購入することのできる程度の予算を決めておき、その予算内で商品を探すのが無駄がなくおすすめです。

購入しやすさもかなり重要

シェービングジェルは購入しやすさもかなり重要です

シェービングジェルは髭剃りをするたびに使用するものなので、毎日使用しますよね。ということは、新しいものを購入する頻度も高いために自分が購入しやすい手段があるものが良いでしょう。よくドラッグストアに買い物に行く方でしたら近所のお店で販売しているもの、買い物はインターネットでほとんど済ませている方はインターネットでの販売をしているものを選びましょう。また、万が一急に終わってしまった時のことを考えると、店頭でも販売のあるものが良いかもしれません。
人気なもので購入しようとするといつも売り切れになっているものなど、購入までに時間がかかるものは本当に欲しい時に購入できないと継続することが難しくなるため、そういった部分もしっかりと確認した上で選ぶと安心できます。

口コミも参考にして選ぼう

シェービングジェルは口コミも参考にして選びましょう

最後に口コミです。最近は口コミサイトが増えていたり、ショッピングサイトでも評価を求められたりと、実際に使用した人の声を聞きやすくなっています。シェービング剤は髭を剃る際の使用感を知りたいので店頭ではもちろんテスターなどはないでしょうし、インターネットで購入している方の場合はサンプルなどもなく実物を見る機会も少ないはずです。そこで、口コミサイトを参考にすることで少しでも失敗を防いでいきましょう。口コミサイトには様々な口コミがあります。かなり評価の良いものも、商品ではなくショッピングサイトに対するクレームのような悪いものもあります。そんな中で少しでも自分と似たような肌質の方の口コミを探してみてください。例えば乾燥肌の方が脂性肌の良い口コミを見て購入すると、乾燥しやすくなってしまったり、逆のこともあります。そういった部分に注意してみましょう。さらに、全員が真実を書いているわけではありません。誹謗中傷をしたいだけの人、あまり理解せずにただ高評価をつけている人など様々です。できるだけ複数の口コミをみてあげることで、共通した意見などを見つけられるはずなので、そういった部分から商品の特徴をつかみましょう。

シェービングジェルのおすすめ人気ランキング10選

シェービングジェル人気おすすめランキング

ここまででシェービング剤について、シェービングジェルについては何となく分かりましたか?理解はできたけど自分に合うシェービング剤を見つけるのが難しそうだと感じていませんか?そこで、男性が髭を剃る際に使用するシェービングジェルの人気ランキングをご紹介します。また、どの商品もそれぞれ個性があり、肌質によって合う商品は異なってきます。気になる商品があったらぜひ公式サイトなどもチェックしてみてください。

第10位ギャッツビー プレシェーブジェル

  • ギャッツビー プレシェーブジェル

    内容量

    140ml

    価格

    594円

    香り

    アクアシトラス

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    電気シェーバーで髭を処理している方のためのシェービングジェルです。ただのジェルではなく、スムースパウダーを配合することによって、お肌をサラサラにし剃りやすくしてくれます。さらに髭を根元から立たせることができるので、深剃りもしっかりとできます。メントールを配合しているので使用感はさっぱりと、さらにアクアシトラスの香りで爽やかさを出してくれます。保湿成分としてヒアルロン酸も配合しているので、髭剃りをすると起きるお肌の乾燥も防ぐことができます。

  • 成分

    エタノール、水、コーンスターチ、(ジメチコン/ビニルジメチコン/メチコン)クロスポリマー、イソノナン酸イソノニル、結晶セルロース、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、AMP、PEG/PPG-24/18ブチルエーテルジメチコン、メントール、BG、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、カミツレ花エキス、加水分解コラーゲン、香料

第9位シック 洗顔もできる シェービングジェル

  • シック 洗顔もできる シェービングジェル

    内容量

    180g

    価格

    635円

    香り

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    水分をたっぷりと含んだ濃密なシェービングジェルが、髭を根元から柔らかくしてくれるので、きれいにスムーズに深剃りをすることが可能です。また洗顔料としても使用でき、顔の余分な皮脂や毛穴の汚れをきれいに取り除いてくれます。忙しい朝に時間短縮を行いたいと考えている方にもおすすめできますし、経済的ではないでしょうか?シェービングジェル特有のぬるぬる感は落ちにくいこともあるようですが、購入しやすさやコスパも抜群です。

  • 成分

    水、ラウレス硫酸TEA, ラウミドプロビルベタイン、グリコロールヒドロキシプロビルエーテル、メントール、メチルパラベン、安息香酸Na 香料

第8位ギャッツビー うるおいシェービングジェル

  • ギャッツビー うるおいシェービングジェル

    内容量

    205g

    価格

    373円

    香り

    アクアシトラス

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    うるおいシェービングジェルの一番の特徴は、浸透×密着バリアジェルです。ジェルが素早くしっかりと浸透するため、髭を柔らかくしてくれます。ジェルをつけたまましばらくおくと、さらに髭が剃りやすくなるのでおすすめです。また、お肌にしっかりと密着してくれるのでお肌を保護することができます。そのため剃るたびに滑らかな剃り心地を実感することができます。保湿成分としてはヒアルロン酸を配合しているので、乾燥による肌荒れやカサつきなどを防ぐことができます。

  • 成分

    水、PEG-100 水添ヒマシ油、PEG-8、グリセリン、コーンスターチ、ジメチコン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)) クロスポリマー、カルボマー、水酸化Na、ラウリン酸ポリグリセリル-10、EDTA-2Na、ポリアクリル酸Na、メントール、BG、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、加水分解コラーゲン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

第7位アラミス ラボシリーズ マキシマムコンフォート シェーブジェル

  • アラミス ラボシリーズ マキシマムコンフォート シェーブジェル

    内容量

    198g

    価格

    3,240円

    香り

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    男性のお肌に特化しているメンズスキンケアブランドである、アラミスラボシリーズのシェーブジェルです。男性ならではのお肌の特徴を考えて作られているので、男性なら一度は使ってみたいと感じる商品なのではないでしょうか?髭を根元から柔らかくしてくれるだけではなく、トリートメント効果もあるため様々な髭にあうので、深剃りをしたい方におすすめです。ジェルからフォームタイプに変化するところも魅力で、スキンケアにもなる優れものです。

  • 成分

    水・パルミチン酸・TEA・スクロース・ミリスチン酸・イソペンタン・ステアリン酸・イソステアリン酸PG・ソルビトール・イソブタン・アロエベラ液汁・チャエキス・グリセリン・ヒドロキシエチルセルロース・カフェイン・水添レシチン・ジヒドロジャスモン酸メチル・EDTA-3Na・酢酸トコフェロール・ヒドロキシプロピルセルロース・BHT・メチルフェニルブタノール・BG・2,6- ジメチル-7- オクテン-2-オール・ポリクオタニウム-10・オレンジ油・青1・ヒアルロン酸Na・メチルパラベン・プロピルパラベン・フェノキシエタノール

第6位サクセス 薬用シェービングジェル フレッシュタイプ

  • サクセス 薬用シェービングジェル フレッシュタイプ

    内容量

    180g

    価格

    405円

    香り

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    うるおいジェル処方のされているサクセスのシェービングジェルは、お肌に優しくそしてきれいに剃れることで人気の商品です。滑らかに剃れるよう配合された「カラギーナン」と「高重合PEG」によって、なめらかな剃り心地が続きます。カミソリ負けを防ぐために「グリチルリチン酸2K」を配合している薬用タイプのシェービングジェルで、お肌を傷つけずに髭剃りをしませんか?さっぱりとした爽快感のある「メントール」も配合されているので、使用中から気持ちもすっきりさせてくれます。

  • 成分

    グリチルリチン酸2K、精製水、PEG-12、エタノール、カラギーナン、高重合PEG、チューベロースポリサッカライド液、メントール、ソルビトール、POE イソセチルエーテル、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム液、パラベン、エデト酸塩、香料、青1

第5位ジレット フュージョンハイドラシェービングジェル ピュア&センシティブ

  • ジレット フュージョンハイドラシェービングジェル ピュア&センシティブ

    内容量

    195g

    価格

    512円

    香り

    微香性

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    保湿成分として人気の高いアロエ成分を配合しているシェービングジェルなので、髭に潤いを与えてくれるので、お肌を守りながらの髭剃りが可能です。さらに剃る前の髭を柔らかくしてくれるため、剃り終わるまで快適に心地よいシェービングを体感できます。敏感肌の方でも安心して使用できるよう、できるだけお肌に良い成分を使用して作られているので、敏感肌で悩んでいる方もこのシェービングジェルで解決できるかもしれません。

  • 成分

    水、パルチミン酸、TEA、イソペンタン、オレイン酸グリセリル、ステアリン酸、グリセリン、イソブタン、ソルビトール、ヒドロキシエチルセルロース、ポリテトラフルオロエチレン、オレンジ油、レモン果皮油、ライム油、アロエベラ液汁末、PEG-90M、酢酸トコフェロール、PEG-23M、(アクリル酸グリセリル/アクリル酸) コポリマー、(メチルビニルエーテル/マレイン酸) コポリマー、PG

第4位クリニークフォーメン アローシェーブジェル

  • クリニークフォーメン アローシェーブジェル

    内容量

    125ml

    価格

    3,240円

    香り

    無香料

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    オイルフリーのシェービングジェルが、あなたの髭の深剃りを手助けします。配合されているアロエ成分はお肌に潤いを与えてくれる保湿効果があり、お肌を守ってくれます。カミソリ負けをしてしまう方にはおすすめです。無香料タイプのシェービングジェルなので、香りが強いものが苦手な方でも安心して使用することができます。また、アレルギーテスト済の商品なので、お肌が敏感な方、スキンケア用品を間違えるとお肌に異常が現れてしまう方でも、使用できそうです。

  • 成分

    ※表記なし

第3位シック ハイドロ シェービングジェル

  • シック ハイドロ シェービングジェル

    内容量

    200g

    価格

    348円

    香り

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    潤い成分に2種類のヒアルロン酸を配合しているため、通常よりもお肌本来の水分をキープしてくれます。
    そのため、剃るときの嫌な刃の引っかかりなどはなく、滑らかにストレスなく剃ることができます。剃り終わったお肌は、しっとりとすべすべになっているので、乾燥肌の方でも気にせず使用することができます。透明のジェルなので、髭をどこまで剃ったか、どこを残したいかが一目でわかります。なので、シェービング剤が初めての方でもきれいに仕上げることができるのです。

  • 成分

    水、ポリソルベート20(メチルビニルエーテル/ マレイン酸) クロスポリマー、TEA、ポリクオタニウム‐39、グリチルリチン酸2K、セトリモニウムブロミド、EDTA‐2Na、安息香酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸、イソプロパノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

第2位DHCforMEN 薬用シェービングジェル

  • DHCforMEN 薬用シェービングジェル

    内容量

    140ml

    価格

    1,380円

    香り

    無香料

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    電気シェーバー用のシェービングジェルになります。そのため、電気シェーバーを使用して髭の処理を行っている方はにとてもおすすめの商品です。ジェルに2種類のパウダーを配合することで、肌表面を潤わせるだけでなく、さらさらにしてくれます。薬用成分と植物成分をたっぷりと配合しているので、肌トラブルに悩んでいるお肌にしっかりとアプローチしてくれます。ロング・クーリング成分によって、通常よりも清涼感が持続しています。T字カミソリ用も販売されています。

  • 成分

    ※表記なし

第1位サクセス 薬用シェービングジェル 多枚刃カミソリ用

  • サクセス 薬用シェービングジェル 多枚刃カミソリ用

    内容量

    180g

    価格

    1,380円

    香り

    無香料

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    男性の髭は濃いため、T字カミソリを使用している方は多枚刃、特に5枚刃のカミソリを使用している方も多いのではないでしょうか?そんな方は多枚刃用に作られたシェービングジェルがおすすめです。多枚刃のカミソリのことを考えて作られているので、繰り返し剃ってもしっかりと滑らせることができます。
    また、カミソリ負けを防いでくれる薬用タイプなので、お肌が傷つきやすい方などにも人気の商品です。
    多枚刃カミソリを使用している方は是非一度チェックしてみてください。

  • 成分

    グリチルリチン酸2K、精製水、エタノール、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、カラギーナン、高重合PEG、ソルビトール、メントール、CMC・Na、POE イソセチルエーテル、リン酸1Na、フェノキシエタノール、水酸化ナトリウム液、パラベン、エデト酸塩、香料

シェービングジェルの使い方

ここまでシェービングジェルについてご紹介してきましたが、あなたに合うシェービングジェルは見つけられましたか?すでに使用している方も、これから使用する予定の方も、最後に使用方法について確認していきましょう。髭剃りをする際のポイントもあるので、使用していない方でも参考になるはずです。少しでも正しい方法で髭剃りをすることで、お肌にも良い影響を与えてくれるはずです。

汚れを落として毛穴を開く

シェービングジェルは汚れを落として毛穴を開いてから使用しましょう

まずは髭剃りをする前に、顔についた見えない汚れや余分な皮脂を洗い流します。顔は常に外気と触れる部分であり、その分汚れが付きやすい部分になります。見た目ではあまり汚れているように見えなくても、実は見えない汚れが付着しています。また、朝も同じです。日中外出をしているときと比べると汚れは少ないですが、寝ている間は汚れるだけでなく汗をかくため余分な皮脂が付着していることがあります。汚れているまま髭を剃ろうとすると、汚れや皮脂によってきれいに剃れない可能性もあります。そこで、必ず洗顔をしてお肌をきれいにすることで、髭をできるだけ剃りやすい状態に整えてあげましょう。洗顔は32~35℃程度、手で触れた時に少し冷たいと感じる程度のぬるま湯で行うと毛穴を開く効果もあるのでおすすめです。反対に、温度が高すぎるとお肌を傷つけてしまう原因になるので気を付けましょう。
洗顔ができたら毛穴をしっかりと開いていきます。毛穴を開く方法はたくさんあるのですが、蒸しタオルで温める・お風呂で温めるなどです。朝余裕がある方でしたら、お風呂でゆっくりと毛穴を開くことも可能ですが、何かと忙しいのが朝ですよね。その場合は蒸しタオルで温めながら他の準備を進めるなどしたほうが楽かもしれません。蒸しタオルは濡らしたタオルをしっかりときつく絞り、電子レンジで約30秒温めると完成します。
簡単にできる反面、電子レンジで温めて作った蒸しタオルは冷めるのが早いのが特徴です。すぐに冷めてチンしてを繰り返すことが手間であれば、直接お湯をタオルにかけて作るのもおすすめです。少し面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで毛のできるだけ根本付近から毛を剃ることができます。さらに、髭は通常硬いのでそのまま剃ってしまうと、お肌もカミソリの刃も傷つけてしまいます。そこへ水分を与えることによって髭は柔らかくなるため、剃りやすくお肌への負担も軽くなるのです。
ちなみに皆さんはいつ髭を剃っていますか?髭を剃るのは朝仕事へ行く前か、夜仕事から帰ってからのどちらかの方が多いのではないでしょうか?
実は髭を剃るタイミングとしておすすめなのは、朝なのです。その理由は髭が伸びる時間帯に関係があります。髭が最も伸びると言われている時間帯は朝6時から10時といわれています。つまり、夜に剃ると朝にはまた伸びてしまうのです。また、睡眠をとるとお肌のダメージが修復され水分量も多くなるので、朝起きてからのお肌の方がお肌の状態が良いためカミソリ負けしにくくなります。ですが、起きてすぐに髭を剃っている人は注意が必要です。起きた直後の顔は誰でも多少はむくんでいます。その状態で髭を剃ろうとしても、髭がお肌に埋もれてしまって剃りにくくなってしまうのです。そこで、朝起きてから15~30分程度は時間をあけて剃るようにしましょう。すると、むくみもとれきれいに剃ることができるはずです。

シェービングジェルを剃りたい部分につける

シェービングジェルを剃りたい部分につけましょう

では次にシェービングジェルをお肌につけていきましょう。もちろん剃りたい部分だけでいいのですが、塗っていない部分に刃が当たって傷つく可能性もないとは言い切れないので、その場合のことも考えて少し広めに塗ってあげたほうが良いでしょう。すでに蒸しタオルでしっかりと温めていると、髭は柔らかくなっているはずなので、シェービングジェルを使用していきましょう。シェービングジェルは時間の経過ともに髭を柔らかくしてくれる効果があるので、髭の硬い部分から塗ってあげるとより効果的です。順番としては、口周り髭→顎鬚→頬髭です。この順番に塗っていき30秒~1分程度待ちましょう。そうすることで、シェービングジェルの成分が髭に浸透してさらに柔らかく、剃りやすくしてくれます。
さらに時間がある方のために、特別なケアをご紹介します。シェービングジェルを顔にしっかりと浸透するように塗った後、蒸しタオルを顔に乗せたまま2~3分程度放置をしましょう。その後、顔に乗せていた蒸しタオルでシェービングジェルをさっと拭き取り、もう一度シェービングジェルを塗っていきます。こうすることで、理容室などで味わうことのできる剃り心地を体感することができるので、とてもおすすめです。

髭をしっかりと剃っていく

シェービングジェルで髭をしっかりと剃っていきましょう

シェービングジェルをお肌に馴染ませたらいよいよ髭を剃っていきましょう。髭の剃り方は電気シェーバーかT字カミソリかによって異なりますので、それぞれご紹介していきます。

まずはT字カミソリからです。
T字カミソリで髭を剃っていく場合、まずは剃りやすくするためにカミソリの刃をお湯で温めておきましょう。温め終わったら実際に剃っていきます。剃る際に刃を直接肌に当てて剃らなくてはならないため、深剃りができる反面お肌への刺激にもなってしまいます。少しでもダメージを減らすために、髭の流れに沿って剃る順剃りを行いましょう。逆剃りは確かに一度でもしっかりと深剃りできますが、その分お肌へのダメージになりやすいのです。
また、一度できれいに剃ろうとしてついつい力を入れて剃ってしまいがちですが、これもお肌へのダメージにつながる可能性があるので気を付けましょう。順剃りでもある程度剃れるはずなのですが、髭は毛の中でも太く濃い部分のため、なかなか一度ではきれいになりにくいですよね?そこで、2回ほど順剃りを行い、それでも気になる部分は逆剃りを行いましょう。逆剃りは特に力の加減などに気を付けて、お肌を傷つけないように優しく処理していきましょう。剃っている最中にカミソリに髭のカスやジェルなどがたまってきてしまったら、洗い流してきれいな状態で再度剃るときれいに剃りやすくなります。
ちなみに、顎周りの髭は生え方が他と異なっていたり、それぞれ別々の流れになっていることもあるので、毛の流れに注意をして処理をしていきましょう。

次に電気シェーバーの剃り方についてです。
電気シェーバーの場合はカミソリと違い、毛の流れに逆らって剃る、順剃りを最初から行います。逆剃りをすることで毛を立たせることができるため、電気シェーバーの毛を剃る役割のある内刃に引っかかりやすくなるからです。また、順剃りを先に行ってしまうと髭の長さが足りなくなるため、きれいにしにくくなってしまいます。逆剃りをしてもT 字カミソリと違い、ほとんどダメージにならないので安心して使用してください。
刃はお肌に対して直角をイメージして当て、そのまま滑らせるようなイメージで剃ってあげましょう。電気シェーバーの場合、お肌のダメージになりにくいからと強く押し当ててしまうのは、お肌が傷つく原因にもなってしまいます。そのため、力は入れずにあくまで優しく髭を剃っていきましょう。髭を剃っている中で剃りにくい部分もあるかと思います。例えば顎下は目には見えにくくなかなか剃れないと悩んでいる方も多いはずです。そんな時は空いている手でお肌を軽く伸ばしてあげると、髭を立たせることができるのできれいに剃ることができます。鼻の下、口周りの細かい部分の髭は、小刻みに少しずつ剃ってあげるときれいに剃ることができます。
また、もみあげの近くの髭の場合は電気シェーバーにもよりますが、トリマーなど専用の刃が付属しているシェーバーを使用してあげると、きれいに剃ることができます。
実はカミソリや電気シェーバーを使用している場合、刃の交換もかなり重要です。それぞれ交換の時期は異なりますが、刃がダメになってしまっているとお肌を傷つける原因になりますし、汚いまま放置してしまうと菌が繁殖して次に髭を剃る際に、お肌に悪影響を与えてしまいます。ですがこれは刃をきちんと交換していれば…、きれいに掃除をしていれば…というように自分で対処をすることができる問題になります。そのため、できることはして、少しでもお肌の敵を減らすようにしましょう。

刃の交換時期についてですが、T字カミソリの場合はメーカーによって異なりますが、短いもので2週間、長いと1ヶ月のものもあります。差があるのは使用頻度によって交換時期が変わってくるからです。人によっては2 日に1回しか剃らない方もいますし、1日に3回は髭を剃る方もいます。
そのため、自分の髭を剃る頻度に合わせて電気シェーバーやカミソリの刃の交換をしましょう。髭剃りのプロとも言える理容室の場合、約10人のお客様の髭を剃ったら刃を交換しているそうです。つまり、1日1回剃っている方なら10日で刃の交換を行うということです。それでも10日に1回は早すぎると考える方も多いのではないでしょうか?理容室は仕事として行っているので安全性も考えて10日に1回ですが、自分で行っている方は10日~2週間程度での交換を考えて使用しましょう。T字カミソリは使用後に冷水、ぬるま湯などで洗うと簡単にきれいにとることができますし、とても便利なはずです。

次に電気シェーバーですが、電気シェーバーも刃の交換タイミングは様々です。電気シェーバーは外刃と内刃の2種類がありますが、外刃は約1年、内刃は約2年程度での交換を考えておきましょう。もちろん製品によっておすすめしている刃の交換頻度は異なりますので、自分の持っている電気シェーバーを確認しながら交換しましょう。

ジェルをきれいに洗い流して保湿する

シェービングジェルをきれいに洗い流して保湿しましょう

髭を剃り終えたら最後は洗い流していきましょう。髭を剃った後のお肌は様々な対策をして丁寧に剃れていても、傷ついてしまっていたり、敏感になってしまいます。もちろんそれは体調によっても異なります。そのため、お肌のクールダウンをするという意味でも、毛穴を引き締めるためにも、水を使用して洗い流しましょう。ジェルタイプのシェービング剤は特になかなか落ちにくいこともあります。しっかりと落とせていないと肌トラブルの原因にもなるので丁寧に、また強い力で擦ることもお肌の刺激になってしまうのでやさしく洗い流すことをこころがけましょう。
シェービングジェルをきれいに洗い流せたら、最後の仕上げに保湿をしていきましょう。保湿をせずにそのまま放置をしていると、お肌に必要な水分は蒸発してなくなってしまうため、乾燥肌の原因や、肌荒れなど肌トラブルの原因になってしまいます。そのため、化粧水や乳液を使用してトラブルを防ぎましょう。一般的には化粧水でお肌の調子を整えて水分を補給し、乳液を使用することでお肌に蓋をすることで、水分の蒸発を防ぐことができます。最近では男性が気軽に保湿をすることのできるアフターシェーブローションと呼ばれるものを使用している方も多いと思いますが、アフターシェーブローションを使用した後も必ず乳液を使用して、保湿をするようにしましょう。敏感肌の方が特に注意したいのが、お肌への刺激が少ないものを選ぶということです。できるだけ刺激のない保湿効果のあるスキンケア商品を使用しましょう。

まとめ

シェービングジェルで今日から明るい髭剃り生活

今回は髭剃り前の準備として欠かせない、シェービングジェルについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・シェービング剤についてしっかりと知る
・選ぶ際の基準はそれぞれですが、成分には注目してみる
・正しい使用方法を覚えることできれいに剃ることができる
ということです。

ぜひ男性のみなさんはシェービングジェルを使用して、ツルツルのきれいなお肌を手に入れてみませんか?

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP