ベースメイク・メイクアップ
  • 2018.12.10 ベースメイク・メイクアップ

    荒れない口紅のおすすめ人気ランキング9選

    たった一瞬で人の印象を大きく左右する唇。どんなにキレイな色の口紅をつけていても、カサカサして荒れた唇ではマイナスな印象に受け取られてしまことも。
    しかし、日頃の唇のケアによっては、唇が顔の印象までも変えてくれる武器になってくれます。そこで今回は、荒れない口紅やその使い方だけではなく、内部からの唇ケアについてもご紹介したいと思います。参考にしてみてください。

唇が荒れる原因

唇が荒れる原因

【乾燥】
唇は、乾燥などによって影響を受けやすい部位です。角質層がとても薄い唇は他の皮膚とは違い、皮脂腺や汗腺が存在していません。また、皮脂膜もない為、うるおいを保ちにくく、バリア機能が低いと言われています。乾燥が悪化すると、唇が荒れてひびができたり、皮がむけたりします。

・空気の乾燥
湿度が低い冬場の時期や、エアコンによる室内の乾燥は唇荒れを悪化させる要因となります。

・唇をなめる癖
唇をなめる癖がある方の唇も、乾燥しやすいと言われています。唇をなめると、一見は、唾液によってうるおいを与えたように感じる方もいると思います。しかし、唾液が蒸発する際に、唇の水分までも必要以上に奪ってしまう為、より一層、乾燥を悪化させてしまう原因となります。

・口呼吸
皆さんの中には、口角筋の衰えや鼻炎、花粉症などの理由により、口呼吸している方もいるのではないでしょうか。しかし、口呼吸は、呼吸をするたびに口から息を出す為、唇に空気が触れることにより、乾燥を招いてしまいます。

・水分不足
外的要因がないのにも関わらず、唇が乾燥している場合は、水分不足が原因である可能性があります。特に冬場は、夏場に比べて暑くならない為、水分を摂取する量がかなり減ります。体内の水分量が減れば、唇も乾燥しやすくなります。

【摩擦】
食事の後、口をふく際に強くゴシゴシ擦ったり、洗顔やクレンジングの際に強く擦ったりといった摩擦により、唇は荒れやすくなります。また、唇ケアのつもりで行っているリップクリームを頻繁に塗ることも、過剰な唇への摩擦となり、唇荒れの原因となります。

【紫外線】
唇は、他の皮膚と比べて、紫外線が皮膚の奥深くまで入り込むのを防いでくれるメラニン生成を行う細胞〝メラノサイト〟が少ないと言われています。その為、紫外線の影響をダイレクトに受けやすく、唇荒れの原因となります。唇が紫外線の影響を受けた場合、荒れるだけではなく、痛みや、皮膚が剥けたり、水ぶくれが出来たりしてしまいます。

【食生活】
実は、唇荒れは胃腸が弱っている可能性があります。お酒の飲み過ぎや食べ過ぎなど胃腸に負担をかけてはいませんか。東洋医学では、上唇が胃、下唇が腸の状態を表していると言われています。
また、飲酒やストレスなどにより、ビタミンB群やビタミンCが不足すると、唇の皮膚や粘膜が弱くなってしまいます。唇の皮膚が弱くなれば、唇荒れにつながります。

唇荒れの対策

唇荒れの対策

最初の〝唇が荒れる原因〟の部分で、紫外線や乾燥などの外的なものだけではなく、食生活等の内的部分にも原因があるということをお話ししました。ここでは、唇荒れの予防の為に普段から行える、体の内側からできる対策についてご紹介したいと思います。

【胃腸を休める】
上唇が胃・下唇が腸の状態とお伝えしたように、胃腸と唇は、深いかかわりがあると言われています。 まずは、胃腸の調子を整えることが、結果的に唇荒れを治すポイントです。普段から暴飲暴食をしている方は、食事の仕方から見直すようにしましょう。唇荒れがなかなか治らない場合は、しばらくは、胃に優しい消化の良い食事をとるようにしてください。
また、元々、辛い物などの刺激物等が好物な方は、香辛料による刺激により胃腸を弱めてしまっている可能性があります。もちろん、辛い物は、胃腸の負担だけではなく、直接食べた際に唇へダイレクトに刺激を与えることになります。その為、唇が荒れてしまった際には、辛い物を食べることを控えて、胃腸を休めることも大切です。

【ビタミン摂取】
ビタミンが不足すると、唇が荒れるだけでなく、肌荒れ等の様々な肌トラブルを引き起こします。ターンオーバーのサイクルが乱れてしまう為、日頃の食事に、ビタミンを多く含んだ食品をバランスよく取り入れるようにしましょう。ビタミンといっても、いくつもの種類がありますが、唇荒れに摂取すると効果的なビタミンは、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCです。ここでは、これらのビタミンを含んだ代表的な食べ物についてご紹介したいと思います。

◆ビタミンB2
レバー・ハツ・ウナギ・ウニ・すじこ・いくら・鯖・納豆・モロヘイヤ・マイタケなど
◆ビタミンB6
レバー・マグロ・鰹・鰯・秋刀魚・鴨・ささみ・ピスタチオ・ごま・抹茶など
◆ビタミンC
ゴーヤ・ケール・ピーマン・パセリ・モロヘイヤ。レモン・柿・キウイ・ブロッコリー など

※ビタミン不足は食生活だけでの問題ではありません。実は、食生活だけでなく、お酒・タバコ・カフェイン摂取等により、ビタミン不足に陥ってしまうケースもあります。また、過剰なストレスも必要なビタミンを体外に出してしまう為、毎日の食事だけではなく、日常的な習慣の見直しをすることが大切です。

荒れない口紅を選ぶおすすめのポイント

保湿成分などが配合されているもの

荒れない口紅は保湿成分などが配合されているものを選びましょう

唇が荒れやすい方は、保湿成分を含んだ口紅を選ぶようにしましょう。発色をメインに作られた保湿成分を含まない口紅を使用し続けると、他の皮膚とは違うデリケートな唇は、すぐに乾燥でカサカサになってしまう可能性があります。皮脂膜なしでうるおいが保ちにくく、バリア機能が低い唇だからこそ、保護をする為にも、保湿成分や美容成分を含んだ口紅を選ぶようにしましょう。こういった有効成分を含んだ口紅は、一般の口紅に比べると、塗り心地は滑らかで、しっとりとした仕上がりになる為、おすすめです。
また、今回ご紹介した口紅の中には、天然・植物由来成分を配合した口紅も含まれています。もともと敏感肌や乾燥肌で悩んでいる方などは、最初からナチュラル志向に特化した成分を中心に作られている口紅を選ぶと良いでしょう。ここでは、荒れにくい口紅に良く含まれている、代表的な保湿成分などをご紹介したいと思います。選ぶ際の参考にしてみてください。

良く使われている保湿成分一例
シアバター・オリーブ油・ホホバ油・アーモンド油・ミツロウ・アロエベラ
ヒアルロン酸・セラミド・ハチミツ・スクワラン・コラーゲン など

似合う色

荒れない口紅は似合う色を選びましょう

どんなに保湿成分を含んだ荒れない口紅を選んだとしても、自分に似合わない色の口紅を選んでしまっては、メイクの際に唇だけ浮いた存在になってしまいます。どのブランドの口紅も、カラーバリエーションは豊富です。その中から、自分の肌の色や、使いたいシーンに合わせた口紅の色を選ぶようにしましょう。

◆自分の肌の色で選ぶ
【ブルーベース・イエローベース】
まずは、自分の肌の色が何色のベースであるのかを知ることが大切です。私たちの肌は、大きく分けて〝ブルーベース〟と〝イエローベース〟に分けられています。肌のベースの色で口紅の色を絶対選んでという訳ではありません。しかし、肌のベースの色に合った口紅の色を使うことによって、肌は明るく、唇はより美しく魅せてくれる為、おすすめです。
ここでは、この2パターンの肌の色のわかりやすい特徴をご紹介したいと思います。自分の肌がどちらに当てはまるかチェックしてみてください。

〝ブルーベース〟
ブルーベース(略:ブルべ)は、この名の通り、青みがかった肌のことです。一般的に、シルバーのアクセサリーが似合うことで知られています。その他の特徴は下記の通りです。
・手首などの血管は青色をしている。
・日焼けをすると、肌の色は赤くなりやすい。
・髪の色や瞳の色は、黒or茶で分けるなら、どちらかといえば黒。
似合う色 ➡ 青みのあるピンク系や紫がかったローズ系、ピンクベージュなど
馴染みづらい色 ➡ 黄色が強調されているオレンジ系

〝イエローベース〟
イエローベース(略:イエベ)は、この名の通り、黄みがかった肌のことです。一般的に、ゴールドのアクセサリーが似合うことで知られています。その他の特徴は下記の通りです。
・手首などの血管は緑色をしている。
・日焼けをすると、肌の色は黒くなりやすい。
・髪の色や瞳の色は、黒or茶で分けるなら、どちらかといえば茶。
似合う色 ➡ 黄みがかったオレンジ系やベージュ系、サーモンピンクなど
馴染みづらい色 ➡ 青みが強調されているピンク系

◆シーンに合わせて選ぶ
【オフィス・デート・女子会】
第一印象の大事なポイントでもある口元。いくら、肌の色に似合う口紅の色があっても、時と場所、場合に応じて口紅の色を選ぶことも大切です。ここでは、シーン別に適した口紅の色をご紹介したいと思います。

〝オフィス〟
サーモンピンク・コーラルピンク・ピンクベージュ・ローズベージュなどの主張しすぎない落ち着いた色がおすすめ。

〝デート〟
コーラルピンク・ピンクなど、濃さに関係なく、唇をふっくら艶っぽく魅せてくれるものがおすすめ。

〝女子会〟
オレンジ・ローズピンクなどの明るい色で元気なイメージを与えるものがおすすめ。

荒れない口紅のおすすめ人気ランキング9選

第9位クレ・ド・ポー ボーテ ルージュエクラC(237 Ice Honey)

  • クレ・ド・ポー ボーテ ルージュエクラC(237 Ice Honey)

    内容量

    2g

    価格

    ホルダー 1,620円 レフィル 3,780円

    カラー

    全20色

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    誰もが憧れる資生堂の高級ブランド〝クレ・ド・ボーテ〟のルージュ。スクワランやヒアルロン酸を配合し、スキンケア美容液のように唇にハリと潤いを与えて艶やかなしっとりとした唇に仕上げてくれます。断面は細目で小さく出来ている為、リップブラシなしでも、はみ出しにくく綺麗に塗れる人気の荒れない口紅です。

  • 成分

    水添ポリイソブテン、ダイマージリノール酸(フィトステリル/ベヘニル)、スクワラン、トリイソステアリン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ポリエチレン、マイクロクリスタリンワックス、ホウケイ酸(Ca/Al)、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ヒドロキシアパタイト、アルガニアスピノサ油、PEG/PPG-36/41ジメチルエーテル、モルティエレラ油、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、リンゴ酸ジイソステアリル、トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、ジイソステアリン酸グリセリル、ケイ酸(Na/Mg)、トコフェロール、グリセリン、水酸化Al、メチコン、テトラデセン、シメチコン、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、BHT、シリカ、香料、(+/-)酸化チタン、酸化鉄、硫酸Ba、赤202、赤201、赤218、青1、マイカ、黄4、橙201

第8位アクア・アクア オーガニックスイーツリップ(04 ピンクグレープフルーツ)

  • アクア・アクア オーガニックスイーツリップ(04 ピンクグレープフルーツ)

    内容量

    4.2g

    価格

    1,620円

    カラー

    全7色

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ぽってりとした口元に見せてくれる、〝アクア・アクア〟の美容リップ。口紅のような発色の良さが、ナチュラルメイクの方などに人気です。植物由来の成分を中心に配合されています。唇を柔らかくしてくれるメドウフォーム油が、保湿を補い、荒れない唇へと導いてくれます。タール色素を使用していないところも嬉しいポイントです。

  • 成分

    オリーブ果実油、コメヌカ油、メドウフォーム油、キャンデリラロウ、ミツロウ、セスキオレイン酸ソルビタン、カルナウバロウ、オレンジ油、オリザノール、トコフェロール、カプリル酸グリセリル、デキストリン、酸化チタン、酸化鉄、カルミン

第7位オーブクチュール 美容液ルージュ(RD613)

  • オーブクチュール 美容液ルージュ(RD613)

    内容量

    5.5g

    価格

    3,456円

    カラー

    全16色

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    この口紅を塗ることによって唇荒れを防いでくれる、美容液ルージュです。カミツレ花エキスやスクワランを配合し、唇にうるおいを与えて、乾燥による唇の皮むけなどをケアしてくれます。容器は、残量がわかる窓がついている為、交換目安がわかります。ノーカラーも販売されている為、口紅の下地としても人気の荒れない口紅です。

  • 成分

    ミネラルオイル、マイクロクリスタリンワックス、ワセリン、水添ポリイソブテン、リンゴ酸ジイソステアリル、イソノナン酸イソトリデシル、スクワラン、パルミチン酸デキストリン、パラフィン、パルミトイルヒドロキシプロピルセルロース、カミツレ花エキス、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、グリチルレチン酸ステアリル、酢酸トコフェロール、ミリスチン酸オクチルドデシル、シメチコン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、フェノキシエタノール、エチルパラベン、BHT、(+/-)マイカ、タルク、酸化チタン、酸化鉄、シリカ、合成フルオロフロゴパイト、トリイソステアリン酸イソプロピルチタン、ホウケイ酸(Ca/Al)、水酸化Al、酸化スズ、赤201、赤202、青1、黄4

第6位セザンヌ ラスティンググロスリップ(PK1)

  • セザンヌ ラスティンググロスリップ(PK1)

    内容量

    3.2g

    価格

    518円

    カラー

    全13色

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    オリーブ油・シアバター・ホホバ油などの植物由来の美容オイルを配合したセザンヌの荒れない口紅。毎日使うのには嬉しい試しやすい価格も魅力のひとつです。
    唇にのせると、柔らかいリップがスーッと溶けて、うるおいを与えてくれます。
    見た目よりも薄づきでナチュラルな仕上がりになります。重ね塗りすると艶やかな口元に仕上げてくれる為、メイクや服装によって使い分けるのもOK。

  • 成分

    テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、エチルヘキサン酸セチル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、合成ワックス、水添ポリイソブテン、ポリエチレン、シア脂、オリーブ果実油、ホホバ種子油、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール、ジメチコン、ヘプタ(ベヘン酸/ステアリン酸)ポリグリセリル-10、(+/-)酸化チタン、マイカ、ジメチルシリル化シリカ、硫酸Ba、水酸化Al、酸化鉄、グンジョウ、黄4、赤202

第5位ナチュラグラッセ ルージュ モイスト(04コーラルピンク)

  • ナチュラグラッセ ルージュ モイスト(04コーラルピンク)

    内容量

    2.3g

    価格

    3,456円

    カラー

    全8色

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    オーガニック成分を配合し、天然由来にこだわったナチュグラッセのスキンケアしているかのような荒れない口紅。ナチュラル使用にもかかわらず、お茶を飲んでも落ちづらく、カップの口紅の跡が気になりません。なめらかなつけ心地で、程よいマットな仕上がりはおすすめのポイントです。

  • 成分

    トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル−2、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、キャンデリラロウ炭化水素、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ヒマワリ種子ロウ、ミツロウ、ダイマージリノール酸水添ヒマシ油、炭酸Ca、オリーブ果実油*、スクワラン、ホホバ種子油*、ヒポファエラムノイデス果実油*、カニナバラ果実エキス*、アロエベラ葉エキス、カルナウバロウ、キャンデリラロウエステルズ、トコフェロール、水、BG、(+/−)酸化チタン、酸化鉄、マイカ、合成金雲母、酸化スズ、カルミン、シリカ、水酸化Al *オーガニック成分

第4位マキアージュ エッセンスジェルルージュ(BE202)

  • マキアージュ  エッセンスジェルルージュ(BE202)

    内容量

    6g

    価格

    2,484円

    カラー

    全16色

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    資生堂の人気ブランド、〝マキアージュ〟のジェルルージュ。形状記憶のジェル層が、乾燥などによる唇の縦ジワをぷっくりと仕上げてくれます。もちろん、水溶性コラーゲンやヒアルロン酸などのうるおい成分を配合している為、うるおいも唇に与えてくれる荒れない口紅です。

  • 成分

    水添ポリイソブテン、ジフェニルジメチコン、ワセリン、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、パルミチン酸デキストリン、シリカ、ジメチルシリル化シリカ、グルコシルヘスペリジン、ナイロン-12、ユキノシタエキス、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、マイクロクリスタリンワックス、ホウケイ酸(Ca/Al)、DPG、リンゴ酸ジイソステアリル、トリイソステアリン、ジイソステアリン酸グリセリル、ケイ酸(Na/Mg)、トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、水、エタノール、ステアリン酸Ca、グリセリン、トコフェロール、シメチコン、オレンジ油、水酸化Al、メチコン、テトラデセン、含水シリカ、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、酸化スズ、フェノキシエタノール、(+/-)酸化チタン、マイカ、酸化鉄、硫酸Ba、赤202、赤201、青1、赤223、黄4、橙201

第3位オンリーミネラル ミネラルルージュN(キャメルベージュ)

  • オンリーミネラル ミネラルルージュN(キャメルベージュ)

    内容量

    3g

    価格

    3,240円

    カラー

    全8色

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ミネラルと天然由来成分100%で仕上げた〝オンリーミネラル〟のこだわりの荒れない口紅。オーガニックアルガンオイルを含めた5種のボタニカルオイルが、口紅なのにグロスを重ねづけしたようなツヤのある仕上がりにしてくれます。唇の荒れを防ぐ、マキシリップを増やし、かさつきのない唇へと導いてくれます。

  • 成分

    ヒマシ油、オリーブ果実油、イソステアリン酸イソステアリル、ミツロウ、スクワラン、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、キャンデリラロウ、カルナウバロウ、イソステアリン酸デキストリン、カプリル酸グリセリル、トコフェロール、パルミチン酸エチルヘキシル、アボカド油、シア脂、アルガニアスピノサ核油、トリベヘニン、ハチミツ、イソステアリン酸ソルビタン、パルミトイルトリペプチド−1、(+/−)酸化チタン、酸化鉄、マイカ、グンジョウ、水酸化AI、シリカ、カルミン

第2位オルビス ピュアルージュリッチ(プラムコンポート)

  • オルビス ピュアルージュリッチ(プラムコンポート)

    内容量

    価格

    1,296円

    カラー

    全13色

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    まるで、スキンケアをしたようなしっとりとした仕上がりになる〝オルビス〟口紅。
    ひと塗りするだけで発色も良く、植物性の保湿成分を配合することで、うるおいのある美唇を演出してくれます。無香料も唇に優しい嬉しいポイントです。

  • 成分

    リンゴ酸ジイソステアリル、パルミチン酸エチルヘキシル、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリエチルヘキサノイン、セレシン、合成ワックス、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、ワセリン、キャンデリラロウエステルズ、セラミドNP、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、スクワラン、ヒアルロン酸Na、メチコン、合成金雲母、シリカ、カルナウバロウ、トコフェロール、トリエトキシカプリリルシラン、ジメチコン、酸化チタン、マイカ、酸化鉄、黄4、赤202

第1位エトヴォス ミネラルシアールージュ(プライムレッド)

  • エトヴォス ミネラルシアールージュ(プライムレッド)

    内容量

    2g

    価格

    3,240円

    カラー

    全6色

    楽天で購入する Amazonで購入する Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    敏感肌の方にも愛用者が多い〝エドヴォス〟の口紅。今まで唇が荒れて、リップしか使用できなかった方にも試していただきたい低刺激処方の商品です。
    アルガンオイルやアロエベラ葉エキスが唇にうるおいを与えて、ラズベリー種子油が唇荒れを防いでくれます。クレンジングなしで、石けんで簡単に落とせるところも魅力のひとつです。

  • 成分

    ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、キャンデリラロウ、トリベヘニン、水添ヤシ油、(ラズベリー種子油/コハク酸トコフェロール)アミノプロパンジオールエステルズ、メドウフォーム油、ヒマワリ種子油、シロバナルーピン種子エキス、アルガニアスピノサ核油、ヤシ油、アロエベラ葉エキス、トコフェロール、(+/-)酸化鉄、ジイソステアリン酸ダイマージリノレイル、マイカ、カルミン

荒れない口紅の基本の塗り方

下地を塗る

口紅の基本は下地を塗りましょう

スキンケアをしたついでに、唇もケアできていると思っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、化粧下地を肌に塗るように、荒れない唇も口紅の前には、下地が必要です。毎日、乾燥や紫外線などの外部刺激から唇を守る為にも、荒れない口紅を使用する前には、必ず、口紅専用の下地を塗るようにしましょう。また、口紅下地は、外部刺激から唇を守るだけではなく、下地を使わずに口紅を使用するよりも、口紅自体の発色を良くし、思い通りの色を演出してくれます。さらに、唇のシワなどによる凹凸を減らして、なめらかに口紅を塗ることができる為、おすすめです。もちろん、口紅を長持ちさせる効果もあり、化粧直しも頻繁にせずに済みます。

※もしも、唇が少し荒れている場合に口紅下地を使用する際は、クリームタイプの口紅下地が良いでしょう。基本的に、口紅下地は、スティックタイプのものよりも、クリームタイプの方が、比較的低刺激なものが多い為おすすめです。

リップライナーを使う場合

口紅とリップライナーを使う場合

唇をより一層魅力的にしてくれるリップライナーは、便利なアイテムです。唇に自信がない方も、口紅を付ける前にこのひと手間を加えるだけで、美唇に仕上げてくれる為、是非活用してみてください。

①上唇の輪郭を描く
少し丸みを意識したラインにしましょう。
②下唇の輪郭を描く
肌と唇の境目がわかりづらい部分を、少し外側に描くのがポイントです。
③輪郭の内側を軽く塗りつぶす
輪郭の内側の部分を軽く塗りつぶすことで、キレイな仕上がりになります。
④いつも通り、口紅を塗る

※自然な仕上がりにしたい方は、上唇・下唇の中心の輪郭だけ描き、描いた部分を指で馴染ませるようにすると唇を強調しすぎることなく、おすすめです。逆に、ハッキリと唇を強調させたい方は、リップライン自体を、使用する口紅よりも濃い色を選ぶと、魅力的な口元に仕上げてくれます。

指でつける場合

口紅を指でつける場合

口紅を指でつけると自然な色に仕上がりやすく、色の濃さを調節できるというメリットがあります。
また、濃い色の口紅を使う場合などは、指でつけることにより、つけ過ぎて不自然な仕上がりになる心配もない為、ナチュラルメイク派の方に特におすすめです。

①口紅を手に取る
②唇の中心から外に向かってポンポンと軽く塗る
③ティッシュで軽く押さえる
④もう一度、口紅を取り、ポンポンと軽く塗る

※2度に渡ってポンポンと軽く塗る為、ふっくらとした自然な仕上がりになります。

スティックで直接つける場合

口紅のスティックで直接つける場合

口紅のスティックは太い為、唇の口角部分が少し塗りづらいですが、リップブラシや指で塗るのに比べて、ラフな印象にしてくれます。また、手を汚すこともなく、手間もかからず塗れるというメリットがあります。

①口紅を1〜1.5㎝出す
②口を軽く開ける
③上唇の唇の端から山型の中心に向かって口紅を塗る
④③と同じように、今度は反対の端から中心に向かって口紅を塗る
⑤下唇の唇の端から山型の中心に向かって口紅を塗る
⑥⑤と同じように、今度は反対の端から中心に向かって口紅を塗る
⑦塗り残しあれば、塗る
⑧ティッシュで軽く押さえる

※口紅を長持ちさせるのであれば、⑧の後に2度塗りを行うと良いでしょう。

リップブラシで塗る場合

口紅をリップブラシで塗る場合

荒れない口紅をスティックごと直接塗るよりも、リップブラシを使用した方が、唇の細かいシワなどを隠すことができておすすめです。また、ブラシは、毛先が細かい為、唇の端まできれいに塗ることができます。

①リップブラシに口紅をとる
②上唇の輪郭をリップブラシで描く
③下唇の輪郭をリップブラシで描く
④②と③で描いた唇の輪郭を唇の中心に向かって指でポンポンと軽く馴染ませる
⑤唇の内側に口紅を塗る
⑥リップブラシで唇の中心を塗る
⑦唇を軽く合わせて馴染ませる
⑧口角の部分をリップブラシで塗る
⑨しっかりと塗りすぎていれば、ティッシュで軽く押さえる

荒れない口紅の注意点

中折れ

荒れない口紅の中折れに注意しましょう

口紅は、唇に塗りやすいように柔らかく作られています。また、製品の特性上、保湿成分等を含んだものは、普通の口紅に比べて折れやすいものもあります。折れないようにするには、使用の際は約1㎝くらい出すようにし、押し付けずに塗るように心がけることが大切です。どうしても中折れしやすい方は、リップブラシを使って口紅を塗るようにしてください。口紅自体に唇を押し当てず負担を減らすことができる為、中折れの心配もありません。
また、口紅は、温度の高い場所での保管は、中折れの原因になります。40℃以上の温度になると、口紅は柔らかくなり溶けてきてしまうことがある為、特に夏の暑い時期は、車内でなどの保管はしないように注意しましょう。

自宅で簡単!唇のスペシャルケア

自宅で簡単!唇のスペシャルケア

【ワセリン】
外部から刺激をシャットアウトし、肌の水分の蒸発を防いでくれるワセリンのリップパック
準備・・・コットン又はタオル、ワセリン、サランラップ

①コットン又は、タオルをお湯につけて温め、固く絞る。
②①を唇に優しく当てて、約1分、温めて蒸す
③指で円を描くように、ワセリンを唇に塗りながら軽くマッサージをする
※この時点で、柔らかくなった角質が剥がれてきたら、コットンやタオル等で優しくとる
④ワセリンを唇よりもやや広め・厚めに塗る
⑤唇全体がかぶる、10×10(㎝)程度に切ったサランラップを、唇の上にのせる
⑥⑤の上に、蒸しタオルをのせて、5~10分パック
※蒸しタオルの作り方
濡らして絞ったタオルを電子レンジ入れ、500Wで1分温める

 

【オリーブオイル&ハチミツ】
抗酸化作用のあるオリーブオイルと保湿力のあるハチミツを合わせたリップパック
準備・・・コットン又はタオル、ハチミツ、オリーブオイル、サランラップ

①オリーブオイルとハチミツ(各ティースプーン1杯)を混ぜて乳化させる
②コットン又は、タオルをお湯につけて温め、固く絞る
③②を唇に優しく当てて、約1分、温めて蒸す
④①を唇に塗りながら、指で円を描くように、軽くマッサージをする
⑤唇全体がかぶる、10×10(㎝)程度に切ったサランラップを、唇の上にのせる
⑥5~10分くらいパック

 

【卵白】 保湿作用により、唇のうるおいを守りながらハリを与えてくれるリップパック
準備・・・コットン又はタオル、卵白、泡立て器、ボウル

①コットン又は、タオルをお湯につけて温め、固く絞る
②卵白(卵1個分)を泡立て器を使用してメレンゲを作る
③①を唇に優しく当てて、約1分、温めて蒸す
④②を唇に塗る
⑤基本は5分程度のパック

※パック時間は、長時間やれば良いというものではなく、唇にツッパリを感じたら、洗い流すようにしましょう。

まとめ

今回は、荒れない唇を目指す皆さんにおすすめしたい口紅と、唇荒れのケアなどについてご紹介しましたが、いかがでしたか。
人と話をする時、無意識に目がいってしまう相手の口元。口元の印象によっては、見た目年齢にも影響を及ぼす可能性があります。唇荒れがあるからと、口紅を使うことをあきらめるのではなく、是非自分にあった〝荒れない口紅〟を見つけて、トラブルのない魅力的な美唇を目指してみてくださいね。

Share on

Share on

PAGE TOP