ベースメイク・メイクアップ
  • 2018.12.10 ベースメイク・メイクアップ

    ”クマを隠すコンシーラー”で美肌演出しよう!おすすめの【コンシーラー】人気・ランキング9選

    クマがある自分の顔を見慣れてしまってはいませんか。実は、そのクマ、キレイに隠すことができます。 コンシーラーを上手に使うことで、クマやくすみのない、素肌感100%を演出することができるかもしれません。更に、最近のコンシーラーは、ただクマを隠すだけではなく、美容成分を配合したものもある為、クマを隠しながらケアしてくれるおすすめの商品がたくさんあります。そこで、今回は、人気のクマを隠すコンシーラーとクマの原因と対策について、ご紹介したいと思います。

クマの種類

日々、私たちを悩ませている目の下のクマは、3種類のタイプに分けられます。クマも種類によって原因は様々。自分に最適なコンシーラーの色やタイプは、クマの種類によって異なります。クマのないスッキリとした印象の顔になる為にも、まずは、自分の顔に出来てしまったクマの種類をチェックしてみましょう。

◆青クマ
目元の血行不良が原因でできるクマです。目の周りは、皮膚が薄い為、血液循環が悪くなると、青黒いような静脈が肌を通して見えてしまいます。目元の血行不良の原因として言われているのが、冷え性・ストレス・眼精疲労・寝不足・運動不足などです。
[青クマチェック]
・クマ付近の皮膚を引っ張ってみても、クマが動かない。
・朝起きると、顔全体の血色が悪い。
・クマの色は、青黒い、又は青い。
・冷え性や肩こりである。
・長時間、パソコンやスマートフォンを使用している。

◆茶クマ
目元の色素沈着が原因でできるクマです。ターンオーバーも上手くいかずに、目元が薄茶色になってしまっている状態です。3種類のクマの中では、一度できてしまうと、なかなか改善が難しいと言われています。主な原因としては、肌の摩擦・メイクの落とし残し・紫外線などです。特に、肌への摩擦は、アレルギーによる目の擦り過ぎやメイク落とし、洗顔の際の擦り洗い等、様々です。
[茶クマチェック]
・クマ付近の皮膚を引っ張ると、クマが動く。
・マスカラなどにウォータープルーフを使っている。
・クマの色は、薄茶色でくすんでいる。
・普段から、UV対策などはあまりしていない。
・目を擦る癖がある。

◆黒クマ
目の周りのハリがなくなり、目の下のたるみみやむくみなどが原因でできるクマです。皮膚のたるんだ場所が影のようになり、黒く見えてしまう状態になります。特に、加齢により出現しやすいと言われています。主な原因としては、コラーゲンなどの低下・乾燥・筋力低下などがあげられます。
[黒クマチェック]
・シワが増え始めた。
・目元の皮膚を引っ張ると、クマが消える。
・目の下に凹みがあったり、膨らんでいたりする。
・コンシーラーを使っても隠しづらい。
・スキンケアをしてもすぐにカサつく。

クマを隠すコンシーラーを選ぶおすすめのポイント

コンシーラーの種類

クマを隠すコンシーラーはコンシーラーの種類で選びましょう

青クマ・茶クマ・黒クマだけでなく、ニキビ跡やシミ、ほうれい線などの肌悩みを隠してくれるコンシーラーは、毎日のメイクで必要不可欠な存在になっています。しかし、クマを隠すコンシーラーといっても、様々なブランドから、たくさんの種類のコンシーラーが出ており、何を基準にどれを選んで良いかわからない方もいるのではないでしょうか。
そこで、まずは、一般的に販売されているコンシーラーの種類と、その特徴についてご紹介したいと思います。それぞれのコンシーラーに、メリット・デメリットがある為、自分に合ったものはどのタイプのものか、チェックしてみましょう。

◆リキッドタイプ
コンシーラーの先が、チップや筆ペンのようになっていたり、リップグロスのようになっていたりするものを指します。水分と油分が混ざり合った液状で、少しとろみのあるテクスチャーです。肌に馴染みやすいリキッドファンデーションと同じような使い心地で、重ね塗りもできるタイプです。
[メリット]
肌につけると、伸びが良く、肌馴染みも良いことから、コンシーラー初心者の方にもおすすめ。厚塗りにはならず、自然にカバーできる。
[デメリット]
水分の比率が多い為、他のタイプに比べると、カバー力が少し劣る。薄づきということもあり、傷跡や濃いシミを隠すには、かなり重ね塗りが必要な場合がある。

◆スティックタイプ
皆さんも、ドラックストアやデパートなどで、一度は目にしたことがある、定番ともいえるタイプ。その名の通り、リップクリームや口紅のようにスティック状のコンシーラーです。少し硬めのテクスチャーが特徴的です。
[メリット]
あまり伸びずに、肌に密着する為、カバー力がかなり高く、濃いシミやクマ、ニキビ跡などのポイントを集中的にカバーしたい方におすすめ。直接肌に使用できる為、手が汚れにくい。
[デメリット]
クリームタイプやリキッドタイプに比べると、保水力や保湿力が劣る為、乾燥しやすい肌質の方は、肌馴染みしづらく、肌浮きしてしまう事がある。硬すぎる素材のスティックタイプもあり、色ムラやシワになる場合がある。

◆ペンシルタイプ
名前の通り、鉛筆の形をしたようなコンシーラーです。一般的には、シャープナーで削るものと、繰り出して使うものと2種類あります。また、他のコンシーラーに比べると、ペンシルタイプは商品が少ないのが特徴です。今回ご紹介している4種類のタイプの中では、最も硬いテクスチャーと言われています。
[メリット]
他のタイプのコンシーラーに比べて、ペンシルの先が細い為、口角などの口まわりや目元、小鼻といった細かい部分をカバーするのにおすすめ。さらに、小さなそばかす・シミ・ほくろなどだけではなく、口角の修正などにも良く使われている。
[デメリット]
ペンシルの先が細い分、くすみや肝斑などの広範囲をカバーしなければならない肌悩みには、あまり適さない。テクスチャーが固い分、無理に強く描くと、肌を痛めてしまう場合がある。

◆クリームタイプ
クリーム状のコンシーラーです。主に、ジャータイプのものと、コンパクトに入っているタイプの2種類があります。
油分が多い為、肌につけるとマットな感じというよりは、ツヤ感のある仕上がりになります。伸びが良く、柔らかいテクスチャーです。
[メリット]
比較的、薄づきの仕上がりになるが、リキッドタイプよりカバー力があり、スティックタイプより伸びが良い。保湿力や保水力に優れたものが多い為、肌に密着しやすく、乾燥肌などの方にもおすすめ。
[デメリット]
指やブラシで取って使う為、指の場合は、衛生面では少し不安がある。しっとりとした質感は、夏などの汗をかきやすい時期などは、ベタつきやすくなる可能性がある。また、広範囲に渡って使いすぎると、厚塗りになる可能性大。

適したカラーを選ぶ

クマを隠すコンシーラーは適したカラーを選びましょう

最初にお話しましたが、クマには、〝青クマ・茶クマ・黒クマ〟の3タイプがあります。その為、3タイプのクマそれぞれに、最適なクマを隠すコンシーラーを選ぶようにするのもポイントです。色のチョイスを間違えれば、かえって、不自然な肌色に見えてしまう事もある為、コンシーラーの特徴を最大限発揮できる色を選ぶようにしましょう。
ここでは、クマ別に適したコンシーラーの色をご紹介したいと思います。

◆青クマ
オレンジやアプリコット系のコンシーラーがおすすめ。肌馴染みしやすい色で、血色良く見せてくれます。

◆茶クマ
明るいイエロー系やベージュ系のコンシーラーがおすすめ。透明感を出し、イキイキとした目元に見せてくれます。

◆黒クマ
パール入りや、ハイライト効果のあるベージュ系オークルのコンシーラーがおすすめ。素肌に近い、自然な仕上がりに見せてくれます。

クマを隠すコンシーラーのおすすめ人気ランキング9選

第9位ナチュラグラッセ  コレクティング スティック 03ライトカラー

  • ナチュラグラッセ  コレクティング スティック 03ライトカラー

    内容量

    4g

    価格

    3,888円

    カラー

    全4色

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    マリーゴールドから抽出したキサントフィルを配合することにより、紫外線だけでなく、ブルーライトからも肌を守ってくれます。ライトカラー(03)・ヘルシーカラー(04)・ハイライト(01)が特にクマ隠しに効果的です。うるおい成分のクパスバターなどにより、なめらかなテクスチャーは、肌ツヤの良いキレイな仕上がりにしてくれるクマを隠すコンシーラー。(SPF50+・PA++++)

  • 成分

    スクワラン、酸化チタン、イソステアリン酸イソステアリル、カルナウバロウ、キャンデリラロウ、オリーブ果実油*、ホホバ種子油*、ヒポファエラムノイデス果実油*、テオブロマグランジフロルム種子脂*、ロドデンドロンフェルギネウムエキス*、キサントフィル、グリセリン、ミツロウ、水添ヒマシ油、カプリル酸グリセリル、スクロース、タピオカデンプン、トコフェロール、水、水酸化Al、酸化鉄、マイカ、シリカ *オーガニック成分

第8位ケサランパサラン ペンシルタッチアップ04

  • ケサランパサラン ペンシルタッチアップ04

    内容量

    価格

    2,160円

    カラー

    全3色

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    よれにくいペンシルタイプのクマを隠すコンシーラー。ファンデーションの後に使っても、クマやシミやそばかすを自然に隠すことができます。唇の口角を上げる修正用としても人気が高い商品です。すべらかな描き心地で使い勝手も良く、程よいしっとり感は、肌への負担も軽減してくれます。

  • 成分

    ステアリン酸オクチル、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、マイカ、キャンデリラロウ、水添パーム油、イソノナン酸イソノニル、シリカ、水酸化Al、ポリエチレン、ジメチコン、セレシン、カルナイバロウ、ヒドロキシステアリン酸コレステリアル、酸化ジルコニウム、イソステアリン酸、ラウロイルリシン、トコフェロール、酸化チタン、酸化鉄

第7位ドーリーコスメ マルチコンシーラー

  • ドーリーコスメ マルチコンシーラー

    内容量

    価格

    1,706円

    カラー

    全1色

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    気になるクマ・ニキビ跡・ホクロ消しだけでなく、眉毛消しにも使えちゃう優秀なクマを隠すコンシーラー。普段のメイクだけでなく、コスプレ仕様の時にもおすすめです。
    保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲン、ハチミツ成分を配合し、粘度の高い使用感になっています。コンシーラーに不慣れな方でも塗りやすい、スティックタイプもポイントです。

  • 成分

    記載なし

第6位ピュアクリスティアーティザン コンシーラー

  • ピュアクリスティアーティザン コンシーラー

    内容量

    6g

    価格

    1,980円

    カラー

    全1色

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ウォータープルーフタイプの為、水・汗・皮脂にも強いクマを隠すコンシーラー。少量でも伸びが良く、気になる部分を軽く叩くだけで肌に馴染みます。年齢肌に悩む方には嬉しい美容成分も豊富に配合。ビタミンC誘導体やピーナッツオイルなどにより、シワ・クマ・毛穴などのエイジングケアが期待できます。ニキビ跡による肌の凹凸も、なめらか肌へと仕上げてくれる人気の商品です。

  • 成分

    シクロメチコン、シクロベンタシロキサン、ジメチコンコボリオール、エタノール、シリカ、水、(アクリレーツ/メタクリル酸ポリトルメチルシロキン)コボリマー、ジメチコンクロスポリマー、 テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ローヤルゼリーエキス、ソルビトール、水添レシチン、バンテノール、バルミチン酸レチノール、ピーナッツ油、スクワラン、グリセリン、トコフェロール、クオタニウム-18ヘクトライト、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄、ミリスチン酸亜鉛、タルク、カオリン、メチコン

第5位クリオ キルカバー リキッドコンシーラー 03リネン

  • クリオ キルカバー リキッドコンシーラー 03リネン

    内容量

    7g

    価格

    2,300円

    カラー

    全4色

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    クマやシミ、くすみだけでなく、陰影にも使えるリキッドタイプ。キレイに隠して、すべらかな素肌を演出してくれます。黄みがかったナチュラルベージュ(03)・ローズベージュ(02)・クマに効果的なミディアムベージュ(04)、シックで落ち着いた色味のブラウンベージュの4色展開です。肌にのせると、薄い膜を張るような仕上がりになり、厚塗り感もないクマを隠すコンシーラーです。

  • 成分

    記載なし

第4位エクスボーテ アイコントロールカバー

  • エクスボーテ アイコントロールカバー

    内容量

    2.5g

    価格

    3,456円

    カラー

    全1色

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    クマやくすみをカバーして、イキイキとしたハリのある目元に仕上げてくれるクリームタイプ。目元に出やすい、疲れや色素沈着に有効なスーパーヒアルロン酸やゲンチアナエキスを配合することで、美容液のような機能も兼ね備えているクマを隠すコンシーラーです。コンシーラーにイエローカラーを使うことで、明るい印象に見せてくれます。

  • 成分

    スクワラン、オクチルドデカノール、カオリン、カルナウバロウ、セレシン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸デキストリン、ジパルミチン酸アスコルビル、アセチルヒアルロン酸Na、ニコチン酸トコフェロール、イチョウ葉エキス、パンテノール、アルゲエキス、ナギイカダ根エキス、ツボクサエキス、トウキンセンカ花エキス、オウゴンエキス、オリザノール、ソメイヨシノ葉エキス、ゲンチアナ根エキス、グリチルリチン酸アンモニウム、セスキオレイン酸ソルビタン、グリチルレチン酸ステアリル、水、(メタクリル酸ラウリル/ジメタクリル酸グリコール)クロスポリマー、PG、ジカプリリルエーテル、ホホバ油、BG、キサンタンガム、ジポリヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル-2、水酸化Al、シリカ、トコフェロール、メチルパラベン、(ジメチコン/メチコン)コポリマー、酸化チタン、酸化鉄

第3位イヴサンローラン YSL ラディアントタッチ コンシーラー 1

  • イヴサンローラン YSL ラディアントタッチ コンシーラー 1

    内容量

    価格

    5,400円

    カラー

    全6色

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    発売から20年以上たった今も、昔と変わらず愛され続けているイヴサンローランの筆ペンタイプのクマを隠すコンシーラー。クマやくすみやニキビ跡も、ナチュラルな仕上がりにしてくれます。年齢を重ねるごとに出てくる、いらない影をカバーして、ハリのあるイキイキとした透明感のある素肌に見せてくれる人気の商品です。クマが気になる方は、ルミナスピンク(1)・ラディアンスシルク(1.5)・ルミナスアイボリー(2)がおすすめです。

  • 成分

    記載なし

第2位ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー 1.5ナチュラルベージュ

  • ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー 1.5ナチュラルベージュ

    内容量

    6.5g

    価格

    500円

    カラー

    全8色

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    よれずにキレイにカバーしてくれるザ セムのリキッドタイプのクマを隠すコンシーラー。アロエベラ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキスなども配合し、カバーした肌のうるおいも守ってくれます。薄づきな為、重ね塗りしても厚塗り感が出ず、自然な仕上がりになります。クマ隠しには、リッチベージュ(02)などが、おすすめです。
    (SPF28・PA++)

  • 成分

    記載なし

第1位ヴァントルテ ミネラルコンシーラー #01

  • ヴァントルテ ミネラルコンシーラー #01

    内容量

    3g

    価格

    2,484円

    使用日数

    全1色

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    シミ・ニキビ跡・毛穴・ほうれい線・クマなどにおすすめの使いやすいスティックタイプのコンシーラー。ホホバ種子油やシルクやセラミドなどの保湿成分を配合し、なめらかでしっとりとした使用感です。石油界面活性剤・紫外線吸収剤などを使わず、肌に優しい仕様です。石けんで落とせるのも嬉しいポイント。(SPF25・ PA++)

  • 成分

    ヒマシ油、スクワラン、オリーブ果実油、ミツロウ、キャンデリラロウ、コメヌカロウ、ホホバ種子油、マカデミア種子油、アボカド油、アンズ核油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、セラミド3、シルク、(+/-)酸化チタン、マイカ、水酸化Al、シリカ、酸化鉄

クマを隠すコンシーラーの使い方

クマの消し方

コンシーラーのクマの消し方

クマをキレイに隠して自然な素肌に魅せる為には、ポイントがあります。使い方を間違えれば肌浮きしたり、厚塗りになったりと不自然な仕上がりになってしまいます。ここでは、クマを消すのに効果的な、基本のコンシーラーの使い方についてご紹介したいと思います。

①クマとの境界線付近に、点状にコンシーラーをのせる。
②専用のメイク道具や指、綿棒を使ってトントンと叩いて馴染ませる。
③足りない場合は、少量コンシーラーをのせ、重ね塗り。

※一度にたくさんのコンシーラーを肌につけないことがポイントです。少量ずつのせることで肌馴染みが良く、ナチュラルな仕上がりになります。
※目のふちのギリギリの涙袋までコンシーラーをのせないようにしましょう。場合によっては、目が小さく見えてしまう事があります。

コンシーラーを使う順番

クマを隠すコンシーラーの使う順番

ベースメイクはコンシーラーだけではありません。一番重要といっても良い、ファンデーションがあります。ファンデーションの種類によって、コンシーラーの使う順番が変わってくる為、ここでは、基本のベースメイクの順番についてご紹介したいと思います。

[パウダーファンデーションの場合]
化粧下地
  ↓
コンシーラー
  ↓
パウダーファンデーション

[リキッドファンデーションの場合]
化粧下地
 ↓
リキッドファンデーション
 ↓
コンシーラー
 ↓
フェイスパウダー

※ベースメイクの基本は、この流れになりますが、場合によっては、フェイスパウダーや日焼け止め、コントロールカラーなどのアイテムも含まれることもあります。

クマの対策&予防

コンシーラーによってキレイな素肌に演出することは大事です。しかし、いずれは、コンシーラーを使わなくても良い、クマのない素肌になりたいですよね。そこで、ここでは、それぞれのクマに効果的な対策について、ご紹介したいと思います。今現在、クマに悩んでいる方だけでなく、まだ、クマがない人も予防策として、実践してみてください。

クマの対策&予防

◆青クマ
[蒸しタオル]
血行不良によりできてしまう、青クマにおすすめなのが、目元の血流をUPするのに効果的な蒸しタオルです。手間をかけたくない方は、市販されている、目元専用湯たんぽやホットアイマスク等を使用するのもOKです。ここでは、自宅で簡単にできる、蒸しタオルのやり方についてご紹介したいと思います。

①フェイスタオルに水を含ませて絞る
②電子レンジで500W、1分ほど加熱する。
③肌に当てても火傷しない程度の温かさまで、冷ます。
※おおよそ、40℃くらいが目安
④目を閉じて、蒸しタオルをまぶたの上にのせる。
⑤約5~10分間、温める。
⑥保湿する。

[食生活]
血行不良を改善する為には、毎日の食事も重要になってきます。青クマは、目の下の血液が滞り、流れが悪くなっている為、血流促進に効果がある食べ物や、血液をサラサラにしてくれる食べ物を積極的に食事に取り入れるようにしましょう。
血中のコレステロールの酸化を抑制し、血流改善に効果がある〝ポリフェノール〟、血管の拡張を促す働きがある〝ビタミンE〟、血を作るビタミンとも呼ばれている〝葉酸〟、全身の血行を良くする働きを持つ〝ビタミンK〟などを含んだ食べ物が効果的です。

◎ポリフェノール
赤ワイン・緑茶・ココア・カシス・ぶどう など
◎ビタミンE
植物油・アーモンド・すじこ など
◎葉酸
ほうれん草・春菊・グリーンアスパラガス・鶏レバー など
◎ビタミンK
納豆・ひじき・わかめ・ほうれん草・紫蘇・春菊 など

◆茶クマ
[ビタミンC]
ターンオーバーが上手くいかずに、目元の色素沈着が原因でできる茶クマにはビタミンC誘導体が配合されたものでスキンケアを行うのが効果的です。さらに、ビタミンC誘導体は、美白効果だけでなく、肌のターンオーバーを促す効果も期待できる為、おすすめです。いつものスキンケアにプラスして、美白をメインにビタミンC誘導体含んだ美容液や目元専用のアイクリーム等を使ってみるのも良いでしょう。
また、ビタミンCによる対策は、外側からだけでなく、内側からの対策も効果的です。日頃から、ビタミンCを多く含んだ食べ物を積極的にとるように心がけましょう。

◎ビタミンC
レモン・柿・キウイ・イチゴ・ピーマン・ゴーヤ・ブロッコリー など

[紫外線対策]
私たちは、毎日、紫外線を浴びています。紫外線によるダメージにより、メラニン沈着が起こってしまう為、日頃から季節を問わず、紫外線対策をするようにしましょう。日焼け止めはもちろんのこと、サングラスや日傘や帽子なども活用しましょう。特に、顔に日焼け止めを塗る際は、目の周りもしっかり塗りましょう。夏場は、汗などにより取れやすくなる為、こまめな塗りなおしも大切です。

[洗顔&クレンジング法]
最近、ウォータープルーフのアイライナーやマスカラが増えてきています。汗や水、皮脂に強いウォータープルーフの化粧品は、専用のリムーバーで落とすようにしましょう。一般的なクレンジング剤では、洗い落としきることができず、皮膚に残ってしまう可能性があります。皮膚に残った色素が、酸化し、紫外線を浴びると、色素沈着を起こしてしまうことがある為、しっかりメイクをした際などは、必ず、専用のリムーバーで落とすようにしましょう。
また、茶クマの原因の一つと言われている摩擦による刺激は、今、行っている洗顔法が原因の可能性があります。目元の皮膚は非常に薄くデリケートです。メイク落としの際も同じですが、洗顔は、皮膚を強く擦ることのないように、優しく行いましょう。洗顔料を直接肌につけるのではなく、泡立ててから泡で顔を洗うように心がけてください。

◆黒クマ
[眼輪筋トレーニング]
黒クマの正体でもある、目元のたるみなどが起こる原因の一つとして言われているのが、加齢による皮膚や脂肪を支える顔の筋肉の衰えです。この筋肉の衰えは、黒クマとして出るだけではなく、目が小さく見えるようになったり、二重の人が一重になってしまったりと様々な影響を及ぼします。
ここでは、目の周りにある眼輪筋を鍛える方法をご紹介したいと思います。

①目をギューッと閉じて、5秒間キープ。
②目の力を緩める。
③眉を上げて、目を思い切り見開き、5秒間キープ。
④目の力を緩める
※このトレーニングを1日5回くらい行いましょう。また、瞬きやウインクなどをするのも、効果的です。

[エイジングケア]
目元は、皮膚が薄く、皮脂腺が少ない為、乾燥しやすいと言われています。シワやたるみなどのエイジングサインも目立ちやすく、日頃からのスキンケアが重要といえます。黒クマを悪化させないためにも、エイジングケア用の化粧品を取り入れて、肌にハリと弾力を与えましょう。私たちの肌に元々存在している、コラーゲンなどの生成をサポートしてくれる成分を含んだものが、特におすすめです。

◎おすすめのエイジングケア成分
ビタミンC誘導体・ビタミンA誘導体・エラスチン など

クマを隠すコンシーラーの注意点

厚塗り

クマを隠すコンシーラーは厚塗りしないようにしましょう

クマを隠そうと、重ね塗りしすぎて、厚塗りしてしまうと、目元の小じわに入り込んだり、肌浮きしてしまったり、不自然な状態になってしまいます。また、厚塗りは、時間が経つと、その部分だけ更に目立つようになり、メイク崩れの原因になることも。万能なコンシーラーで美肌を演出するはずが、かえって老け顔に見える原因をつくってしまうということのないように、厚塗りにはならないように気を付けましょう。

まとめ

今回は、クマを隠すコンシーラーとクマの原因と対策についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

クマのない素肌は、理想です。しかし、忙しい毎日を過ごす皆さんにとって、クマの悩みを無くすことはなかなか難しい課題となります。瞬時にクマを無くす万能薬はない為、今回ご紹介しました、日頃からのクマの対策&予防が大切になってきます。
そんな時、メイクをする上で、欠かすことのできない必須アイテムともいえるコンシーラーは、目元にあるクマを隠すだけで、若々しい美肌を演出し、自信の源になってくれます。もちろん、クマだけではなく、くすみ・ほくろ・ニキビ跡・タトゥーやあざ、傷跡などの悩みや、唇や眉毛の形を整える際にもおすすめです。コンシーラーは、市販や通販で手軽に購入できる為、メイク初心者の方にもおすすめです。
是非、今回ご紹介した選び方や口コミ等も参考にしながら、自分に合った最高のクマを隠すコンシーラーを見つけて、美肌に変身してみましょう。

Share on

Share on

PAGE TOP