スキンケア・基礎化粧品
  • 2018.12.26 スキンケア・基礎化粧品

    導入液のおすすめ人気ランキング10選

    化粧水や乳液を使用してもすぐに乾燥してしまう、ちゃんとスキンケアをしているのにメイクのノリが悪い、化粧水が浸透していない感じがする、基礎化粧品を変えてみても肌への変化が感じられないなどの悩みがある方はいませんか?肌の悩みやトラブルを改善しようと毎日スキンケアを頑張っているにも関わらず、肌の調子が悪かったり、効果を感じられなかったりすると、気分も下がってしまいますよね。そんな悩みを持った方には、「導入液」の使用がおすすめです。導入液は、洗顔後すぐ使用することにより、お手持ちの基礎化粧品のスキンケア効果を高めることができます。今回は、おすすめの導入液についてご紹介させていただきます。

導入液とは

導入液とは、洗顔をした後、化粧水を使用する前につけるもので、「押し上げる」などの意味を持つ「ブースター」や「プレ化粧水」とも呼ばれています。導入液を使用することで、後に使う化粧水や美容液、乳液などの基礎化粧品の成分を、肌に浸透・吸収しやすくし、基礎化粧品の効果を最大限に引き出すことができます。また、私たちの皮膚表面は、通常、pH約4.5~6.0の弱酸性で保たれており、この弱酸性が細菌やカビなどの外部刺激から皮膚を守っています。導入液を使用することで肌はアルカリ性に傾き、アルカリ性に傾いた肌は、酸性に戻そうとして皮膚の保湿成分である「酸性物質」をたくさん分泌します。酸性物質を分泌することで皮膚の新陳代謝も促されるため、保湿効果だけでなく、肌のコンディションを整える効果も期待できます。

また、導入液以外にも、基礎化粧品の浸透を高める効果が期待できるものはいくつかあり、例えば、ピーリング効果のある洗顔料や化粧品は、皮膚の古い角質を除去してくれるため肌をやわらかくし、皮膚の新陳代謝を促進、化粧水や乳液などの成分の浸透を高める効果が期待できます。しかし、ピーリング化粧品は肌に刺激を与えるリスクもあり、乾燥などの肌トラブルを引き起こす可能性があるため、特に肌が乾燥しやすい方や肌が敏感な方は、使用する際には注意が必要です。特に肌が弱くないという方でも、ピーリングのやりすぎは皮膚に必要な保湿成分まで取り除いてしまうため、肌の乾燥に繋がります。また、洗顔後、専用のクリームやオイルを使用してマッサージを行うのもスキンケア効果を高める方法の一つですが、手間や時間がかかってしまうため、スキンケアに時間をかけられない方やかけたくない方にはあまり向いていません。それに比べ、導入液は、肌に負担がかかりにくいことや、ピーリング化粧品やマッサージ料より手軽に使用できること、手間や時間をかけずに塗るだけでスキンケアの効果を高めることができるという点からも、おすすめのアイテムになります。

導入液を使用した方が良い肌状態とは

導入液はどの肌質の方にもご使用できるアイテムです。導入液には、低下した肌のバリア機能を回復させる効果が期待でき、肌内部のうるおいを取り戻すことができます。そのため、乾燥肌で皮膚がゴワゴワしている方や硬くなっている方、エイジングケアをしたいという方が導入液を使用すると、肌の変化が特に感じやすいと思います。また、毎日ちゃんとスキンケアをしているにも関わらず肌が改善されない、スキンケアをしているのにメイクのノリが悪い、化粧水や乳液の浸透が悪い(化粧水、乳液などが肌に馴染まず表面に残っているような感じ・時間が経つとすぐに乾燥する)、いつも使っている基礎化粧品の効果が最近感じられなくなってきた、基礎化粧品を変えてみても肌質が変わらない、肌のくすみが気になるなどの悩みがある方も、いつものスキンケアに導入液をプラスすることをおすすめします。

化粧水や乳液などの浸透が悪くなる理由

肌の乾燥やターンオーバー(皮膚が新しく生まれ変わること)の乱れが原因で皮膚が硬くなったり厚くなったりすると、化粧品などの成分が浸透・吸収しにくくなります。肌が硬く厚くなっている状態では、どんなに効果が期待できる基礎化粧品を使用しても、有効成分が浸透していかないため、基礎化粧品の効果を十分に発揮することができませんし、化粧品の無駄遣いにも繋がってしまいます。また、ターンオーバーの乱れにより古い角質が残ってしまうと、肌がゴワついて硬くなるだけでなく、メラニン色素が排出しづらくなり、くすみやシミなどの原因にもなってしまいます。ターンオーバーが乱れる原因はさまざまあり、睡眠不足や食生活の乱れ、紫外線、乾燥、ストレス、疲労、運動不足、便秘、喫煙、ホルモンの影響、加齢、誤ったスキンケア(洗顔し過ぎ、強い力でのマッサージなど)、過度なダイエット、冷えなどがあります。肌を健やかに保つためには、導入液を使用して基礎化粧品の成分の浸透を良くするのはもちろん、睡眠時間の確保やバランスの良い食生活を心がけるなど、改善が可能な部分は改善していくことも大切です。

「導入美容液」と「美容液」、「導入化粧水」と「化粧水」の違いについて

導入液は、商品によってテクスチャーのタイプが違うこともあり、「導入化粧水」や「導入美容液」など、さまざまな名称で売られています。通常の化粧水や美容液との大きな違いは、使用するタイミングです。先ほども説明したとおり、導入液は肌をやわらかくし、基礎化粧品のスキンケア効果を高めてくれるものです。そのため、洗顔後すぐに使用するものになります。肌に水分や栄養を与える化粧水や美容液とは違い、導入化粧水や導入美容液などの導入液は、皮膚のバリア機能が正常で基礎化粧品が浸透しやすい肌の土台づくりをしてくれる役割があります。

導入液を選ぶおすすめのポイント

導入液の種類で選ぶ

導入液は種類で選びましょう

導入液には、さまざまなテクスチャーのものがあり、自分の肌質や好みの使用感に合わせて選ぶことができます。

・美容液タイプ
ジェル状やオイルベースなどさまざまなテクスチャーのものがあります。油分を多く含んでいるものや、保湿成分が多く配合されているものもあるため、特に乾燥肌で悩んでいる方におすすめのタイプになります。また、ジェル状の導入液は、敏感肌の方でも使いやすいテクスチャーになっています。

 
・拭き取りタイプ
拭き取りタイプは、コットンに導入液をしみ込ませ、肌の余分な皮脂を取り除きます。また、毛穴に詰まった角質をやわらかくするため、肌のザラザラも抑える効果があり、さっぱりした使用感です。テカり・ベトつきが気になる脂性肌の方や、毛穴の汚れ、角質、黒ずみなどが気になる方におすすめです。乾燥肌や敏感肌の方には刺激になる場合があり、注意が必要です。

 
・ミルクタイプ
配合されている成分がやさしく、肌への摩擦が少ないテクスチャーです。敏感肌の方におすすめです。

配合されている成分なども確認

導入液の配合されている成分なども確認しましょう

導入液は、商品によってそれぞれ特徴があり、メーカー独自の成分が配合されているものも多くあります。どんな成分が配合されていて、どんな効果がある成分なのかをしっかりチェックし、自分の肌の悩みにアプローチできる商品を選ぶようにしましょう。また、導入液は洗顔後の肌に毎日使用していくものになります。そのため、肌が敏感な方は特に、自分に合わない成分や刺激になる成分が配合されていないかどうかを確認し、アレルギーテスト済みのものなど、肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。
また、肌質は人それぞれなので、実際に使用してみないと分らないこともあります。試供品がある場合は、試供品から試してみるのがおすすめです。商品の口コミなどを参考にしてみる方法もあります。肌のトラブルを避けるためにも、安心して使用できるものを選びたいですね。香りがするものが苦手な方は、無香料のものを選ぶのがおすすめです。

無理のない価格のものを選ぶ

導入液は無理のない価格のものを選びましょう

導入液は、千円台で買えるものから一万円以上するものまでさまざまあります。導入液は毎日使用するものですし、いつも購入している基礎化粧品にプラスするということもあり、続けやすい価格というのはとても大切なことです。値段が高い導入液を購入しても、継続的な購入ができず一時的な使用になってしまったり、他の基礎化粧品の購入が難しくなってしまったりすると、導入液を使用する意味もなくなってしまいます。また、化粧品は、人によって合う・合わないがあるため、価格が高いものが必ずしも肌に合うとは限りません。肌への効果や使用感はもちろんのこと、無理せず購入できる範囲の価格で、継続した使用を心がけるようにしましょう。

導入液のおすすめ人気ランキング10選

第10位エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス

  • エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス

    内容量

    90g

    価格

    3,132円

    使用日数

    約90回分/朝晩使って約45日分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    炭酸入りのパチパチした泡が特徴の導入美容液です。マイクロマッサージ処方により、血行を促進させる効果が期待できます。紫外線や乾燥などが原因で厚くなったり硬くなってしまった肌もやわらかくほぐし、この後につける化粧水や乳液の浸透率を格段にアップさせます。

  • 成分

    LPG、水、エタノール、グリセリン、二酸化炭素、ジメチコン、ミリスチン酸イソプロピル、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、キサンタンガム、酢酸トコフェロール、ローズマリー葉油、ベタイン、DPG、ポリソルベート20、タルク、クエン酸Na、クエン酸、香料

第9位ドクターシーラボ アクアインダーム
導入エッセンスEX

  • ドクターシーラボ アクアインダーム 導入エッセンスEX

    内容量

    50ml/100ml

    価格

    5,940円/10,584円

    使用日数

    100mL:2~3ヶ月、50mL:1~1.5ヶ月

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    美容液そのものの粒子を微細化したスピードアドバンスト製法により、角層のすみずみまで美容成分が浸透します。さらに、「インダームフォースEX」を採用し、古い角質をはがれやすくしたり、成分が浸透しやすい肌環境に整えたり、成分の浸透を促進したりするなどの効果も期待できます。無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリー。

  • 成分

    水、BG、グリセリン、DPG、ジグリセリン、ミクロシトルスオウストララシカ果実エキス、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル) コポリマー、酢酸ヘキサノイルジペプチド-3ノルロイシン、リゾレシチン、アセチルヘキサペプチド-37、加水分解アカシアマクロスタチア種子エキス、テトラヒドロピペリン、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、酵母エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキス、ジセチルジペプチド-9、ホルモイルグルタミン酸ジステアリルPEG-18、オリゴペプチド-24、プラセンタエキス、アデノシン三リン酸2Na、リンゴ果実培養細胞エキス、PCA-Na、海塩、乳酸、リボース、チューベロース多糖体、ウンカリアトメントサエキス、アランギウムサルビホリウム樹皮エキス、イソマルト、ジパルミトイルグリセロホスホコリン、コレステロール、パルミチン酸、トコフェロール、(PEG-8/SMDI)コポリマー、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、(エイコサン二酸/ テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PPG-9ジグリセリル、レシチン、水添レシチン、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-80水添ヒマシ油、コリアンダー果実油、オレンジ油、ニオイテンジクアオイ油、セージ油、グレープフルーツ果皮油、メントール、1,2-ヘキサンジオール、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、カルボマー、マルトデキストリン、ペンテト酸5Na、エタノール、変性アルコール

第8位無印良品 導入化粧液

  • 無印良品 導入化粧液

    内容量

    200ml

    価格

    1,290円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    無印良品の、岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズの一つです。無香料・無鉱物油・無着色・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリーで、天然のうるおい成分である5種類の植物エキスとアンズ果汁が配合されています。化粧液ということもあり、さらっとしていて軽いつけ心地です。

  • 成分

    水、プロパンジオール、DPG、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ペンチレングリコール、ツバキ種子エキス、ミツバアケビ茎エキス、ジャノヒゲ根エキス、コメヌカエキス、アンズ果汁、スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸Na、オレイルアルコール、グリセリン、BG、エチルヘキシルグリセリン、ポリソルベート80、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール

第7位なめらか本舗 美容液N

  • なめらか本舗 美容液N

    内容量

    150ml

    価格

    1,296円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ナノ化処理技術により、皮膚の角質層までぐんぐん浸透して、うるおいのあるもっちりした肌に仕上げます。導入型美容液ですが、洗顔後はこれ1本でケアができます。遺伝子組み換えでない大豆を使用した、大豆エキスや植物性コラーゲンを配合。無香料、無着色、無鉱物油。

  • 成分

    水、スクワラン、BG、グリセリン、エタノール、豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ダイズタンパク、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コリマー、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、カンゾウ根エキス、クエン酸、クエン酸Na、グリコシルトレハロース、ステアリン酸グリセリル、ベタイン、ベヘニルアルコール、ポリソルベート60、加水分解水添デンプン、水酸化Na、メチルパラベン

第6位アスタリフト ジェリー アクアリスタ

  • アスタリフト ジェリー アクアリスタ

    内容量

    40g/60g

    価格

    9,720円/12,960円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    赤色のジェリー状の導入美容液です。うるおい成分として、保湿力の高いWヒト型ナノセラミドや3種のコラーゲン、アスタキサンチン、リコピンなど、肌が欲している成分をたっぷり配合。肌馴染みも良く、吸い込まれるように浸透していきます。

  • 成分

    水、グリセリン、ベタイン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、BG、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、アセチルヒドロキシプロリン、加水分解シロバナルーピンタンパク、トコフェロール、コレステロール、エチルヘキシルグリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸) グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸スクロース、レシチン、ダマスクバラ花油、ラウリルカルバミン酸イヌリン、オレイン酸、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール、メチルパラベン

第5位明色スキンコンディショナー

  • 明色スキンコンディショナー

    内容量

    200ml

    価格

    1,026円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    洗顔によってアルカリ性に傾いてしまった肌を弱酸性に整えるバッファ効果で、健やかな素肌に導きます。整肌成分であるヴェルサイユローズエキスやオーガニックローズ水が、皮脂やテカリ、お化粧くずれも防ぐ、さっぱりした使用感です。

  • 成分

    水、エタノール、BG、ダマスクバラ花水、ハマメリス葉エキス、ハトムギ種子エキス、ソルビトール、乳酸、クロルヒドロキシAl、乳酸Na、クエン酸、ソルビン酸K、安息香酸Na、メチルパラベン、エチルパラベン、香料

第4位クリニーク クラリファイング ローション2

  • クリニーク クラリファイング ローション2

    内容量

    100ml/200ml/400ml

    価格

    2,700円/3,672円/6,048円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    皮膚科学の理論のもと開発された、角質ケアができる拭き取りタイプのローションです。さっぱりした使用感で、毛穴の汚れや肌のゴワつき、くすみなどが気になる方におすすめです。ローション2は乾燥~混合肌用で、他にも脂性肌用などがあり、自分の肌タイプに合わせて選べます。

  • 成分

    水、変性アルコール、ハマメリスエキス、グリセリン、エタノール、トレハロース、アセチルグルコサミン、メントール、ヒアルロン酸Na、BG、紫401、リン酸2Na、赤201、クエン酸、赤227、リン酸、フェノキシエタノール

第3位ソフィーナiP ベースケア エッセンス〈土台美容液〉

  • ソフィーナiP ベースケア エッセンス〈土台美容液〉

    内容量

    90g

    価格

    5,400円

    使用日数

    朝晩使用で約1.5ヵ月分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    独自のiPパワー処方EXにより、毛穴よりも小さい、マイクロ炭酸泡を実現。約2000万個のクリーミーな炭酸の泡が肌の上でとろけ、美容液が角層の最深部にまで速攻浸透します。乾燥でゴワゴワしたり硬くなってしまった肌も、生まれ変わったかのようにうるおいとハリのあるなめらかな肌に整えます。

  • 成分

    水、DPG、ジメチコン、二酸化炭素、イソノナン酸イソトリデシル、プロパンジオール、PEG-32、(メタクリル酸ラウリル/メタクリル酸Na)クロスポリマー、PEG-60 水添ヒマシ油、PEG-3ジメチコン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、リン酸K、香料、EDTA-2Na、ナイアシンアミド、フェノキシエタノール、メチルパラベン

第2位バリアリペア プライマルブースター

  • バリアリペア プライマルブースター

    内容量

    75ml

    価格

    1,296円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    フィチン酸、イノシトール、コメ胚芽油カプセル、コメヌカエキスの4種の成分で構成された「ライスミルクコンプレックス」が、外的刺激やストレスが原因で起こる肌のくすみやハリ不足、メイクののりが悪いなどの肌不調をケアします。肌の油分や水分を補い、バリアヴェールを形成して皮膚の水分保持をサポートします。

  • 成分

    水、BG、グリセリン、水添レシチン、イソステアリン酸PG、ベヘン酸グリセリル、オクタステアリン酸ポリグリセリル-6、スクワラン、ジメチコン、イノシトール、(エチルヘキサン酸/ ステアリン酸/ アジピン酸) グリセリル、オクテニルコハク酸デンプンAl、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル、コメヌカエキス、カプリリルグリコール、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、カルボマー、水酸化K、オクトキシグリセリン、PG、フィチン酸、ポリオキシエチレンフィトスタノール、キサンタンガム、オクチルドデカノール、ダイズステロール、セラミド2、コメ胚芽油、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

第1位コスメデコルテ モイスチュア リポソーム

  • コスメデコルテ モイスチュア リポソーム

    内容量

    40ml/60ml

    価格

    10,800円/14,580円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    美容成分が詰まった直径0.1ミクロンのマイクロカプセルが、外側から少しずつ溶けていく仕組みで、美容成分を長時間放出することができます。マイクロカプセルは1プッシュに数兆個も含まれており、角層深くまで浸透。乾燥部にもしっかり密着しうるおいを届ける、高い保湿力を持った美容液です。ハリのあるなめらかな肌へと導きます。

  • 成分

    水、BG、グリセリン、水添レシチン、PCA-Na、アセチルグルタミン、オオウメガサソウ葉エキス、スギナエキス、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、ホップエキス、マツエキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、レモンエキス、ローズマリーエキス、オキシベンゾン-5、カルボマー、キサンタンガム、コレステロール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

導入液の使い方

導入液を使うタイミング

導入液を使うタイミング

導入液は、必ず、洗顔で肌を清潔な状態にしてから使用するようにしましょう。導入液は、スキンケア成分の浸透や吸収を高めてくれるアイテムなので、使うタイミングとしては、洗顔→導入液→化粧水→美容液→乳液→保湿クリームの順になります。商品にもよりますが、基本的には、朝と夜の1日2回の使用になります。また、導入液は、洗顔後すぐにつけるのがポイントです。洗顔後の肌は、皮膚のうるおいを保つ皮脂などの保湿成分が洗い流されているため、非常に乾燥しやすい状態にあります。洗顔後、スキンケアをせずに放っておくと、肌の水分量はどんどん減少していきます。逆に、洗顔した後すぐの、肌がやわらかい状態で導入液を使用すれば、導入液に配合されている有効成分も浸透しやすくなり、導入液としての効果をより高めることができます。顔を洗った後は、タオルでゴシゴシこすらず、軽く押さえるようにしてタオルドライし、水分をしっかり拭き取った状態にしてから使用するようにしましょう。ただし、洗顔後、顔が濡れたままの状態で使用するタイプの導入液もあるため、各商品の使用方法は必ず確認するようにしましょう。

また、スキンケアを行う際、手は必ず清潔な状態にしておくようにしましょう。

ハンドプレスでやさしく馴染ませる

導入液はハンドプレスでやさしく馴染ませましょう

導入液は、肌に浸透させるようなイメージで、手のひら全体を使って肌をやさしく押さえて馴染ませていきます。手の温度で温めながらハンドプレスを行うことで、成分も浸透しやすくなり、導入液の効果をさらに高めることができます。ハンドプレスは、一回最低5~10秒は行うようにしましょう。また、導入液だけに限らず、基礎化粧品を使用する際は、肌に浸透させようとしてゴシゴシこすったり、強い力で塗りこんだりするのは、肌への刺激となり皮膚にダメージを与えてしまうため、常にやさしい力加減を心がけるようにしましょう。

拭き取りタイプはコットン使用

拭き取りタイプの導入液は、手でつけると拭き取りの意味がなくなってしまうため、必ずコットンを使用します。肌はデリケートですので、コットンを使用する際は、コットンの繊維で肌を傷めないよう、強くこすったりパッティングしたりせず、やさしく押し当てていくようにします。

スキンケアの前に蒸しタオルを使用することで効果アップ

導入液のスキンケアの前に蒸しタオルを使用することで効果アップします

スキンケアの効果をより高めるために、スキンケアを行う前に蒸しタオルを使用するという方法があります。蒸しタオルで肌を温めることにより毛穴が開いた状態になり、毛穴の汚れが落としやすくなります。スキンケア成分も浸透しやすくなり、毛穴の引き締め効果で毛穴を目立たなくしていく効果も期待できます。夜はお風呂上がりにスキンケアを行う方がほとんどだと思いますが、お風呂上がりは毛穴が開いている状態なので、スキンケア前の蒸しタオルは、朝の時間に行うのがおすすめです。
また、蒸しタオルの効果は、スキンケア成分の浸透を高めるだけではありません。肌を温めることで、血行が促進され、からだの老廃物の排出も促すため、血行不良が原因によるくすみ・クマ・肌荒れ・むくみなどの改善、免疫力を高める、リラックス効果なども期待できます。

・蒸しタオルのつくり方
水に濡らしたタオルを軽く絞ったあと、そのまま耐熱皿に置くか、タオルをラップでくるみ、500~600Wの電子レンジで約1 分温ます。肌に刺激を与えないように、温めすぎには注意するようにしましょう。

・蒸しタオルの当て方
蒸しタオルを顔全体に当て、そのままタオルが冷めるまでの約30秒~1分間のせていきます。この時、顔をゴシゴシこすったり、強い力で押し込んだりしないよう、やさしく当てるようにしましょう。また、冷めてしまったタオルは逆効果になるため、使用しないようにしてください。

・蒸しタオルを当てるタイミング
基礎化粧品のスキンケアの浸透を高めるには、洗顔後に蒸しタオルを使用するのがおすすめですが、毛穴の汚れに悩んでいる場合は、クレンジングの前に蒸しタオルを当てるのがおすすめです。また、毛穴の開きっぱなしは汚れが詰まってしまい、毛穴が開いてしまう原因にもなります。蒸しタオルで毛穴を開いた後は、化粧水などを使用して、毛穴の引き締めも必ず行うようにしましょう。

導入液の注意点

導入液を使用した後は必ずスキンケアを

導入液を使用した後は必ずスキンケアをしましょう

導入液には、商品によっては、高い保湿力やエイジング効果などが期待できるものもあります。しかし、導入液はあくまでこの後に使用する化粧水や美容液、乳液などの基礎商品の効果を高めるためのものなので、導入液だけで肌の保湿ケアはできません。単体での使用は避け、導入液をつけたあとは必ずスキンケアを行うようにしましょう。また、商品によっては、1本で化粧水や美容液など複数の機能を兼ね備えているものもあるため、その場合は、足りない機能を補うなど、使うものに応じてスキンケア方法を変えるようにしましょう。

適量を肌につける

導入液は適量を肌につけましょう

導入液は、つける量が少なすぎると導入液としての効果を十分に発揮することができないですし、肌に馴染ませる際に摩擦が起きやすくなるというデメリットもあります。逆に、つける量が多いと、この後に使用する基礎化粧品の成分の浸透力が高くなりすぎて、肌への負担となり、皮膚のバリア機能を壊してしまう可能性があります。導入液は、各商品に記載されている使用量を目安に、適量を使うようにしましょう。

まとめ

今回は導入液をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分の肌や悩みに合ったものを使用する
・無理のない価格帯のものを選ぶ
・導入液単体での使用は控え、必ずスキンケアを行う
ということです。

同じ基礎化粧品でも、導入液を使用するのと使用しないのとで、肌への効果が大きく変わることがあります。肌が硬い、ゴワゴワしている、保湿してもすぐに乾燥する、化粧水の浸透が悪いなどの肌悩みがある方はもちろん、自分がいつも使っている基礎化粧品の効果が最近感じられない方や、基礎化粧品を何回か変えてみたけどどれも効果がいまいちという方も、ぜひ導入液を使用して、まずは基礎化粧品が浸透しやすい肌作りをしてみてはいかがでしょうか。

Share on

Share on

PAGE TOP