メンズ ヘアケア
  • 2018.12.26 メンズ ヘアケア

    市販のメンズ髪染めのおすすめ人気ランキング7選

    美容院に行く時間がない、なるべくお金をかけたくないという方も、今は市販の髪染めで手軽に髪を染めることができ、自分でカラーリングをする方も増えてきています。ですが、初めてセルフカラーに挑戦する方は特に、どの髪染めを選べばいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、髪染めの選び方や、メンズにおすすめの市販の髪染めなどについてご紹介させていただきます。

市販のメンズ髪染めについて

市販の髪染めは、「医薬部外品」と「化粧品」に分けられます。

① 医薬部外品:永久染毛剤、脱色剤・脱染剤

・永久染毛剤
永久染毛剤は、酸化染毛剤と非酸化染毛剤に分けられます。
酸化染毛剤(アルカリカラー)は、髪をしっかり染めたいという方に向いており、約2~3ヶ月色が持ちます。「おしゃれ染め(黒髪用ヘアカラー)」や「黒染め(髪の色を黒に戻す)」、「白髪染め(白髪用ヘアカラー)」などがあり、幅広い染毛ができるのが特徴です。脱色と染色を同時に行うことで髪を染めるしくみになっています。「おしゃれ染め」「黒染め」「白髪染め」は、それぞれ髪を染色する力や脱色する力が異なり、「黒染め」は髪を脱色する必要がないため、ブリーチ剤が配合されていません。また、「白髪染め」は、白い髪に色素を入れるため髪を染色する力が強く、おしゃれ染めより色が抜けにくいという特徴があります。
非酸化染毛剤(お歯黒式白髪染め)は、白髪を隠したい方に向いており、1ヶ月ほど色が持つものから、毎日使用するものまであります。酸化染毛剤と比べてかぶれにくいのが特徴で、脱色作用がないため髪を明るくすることができず、カラーバリエーションは黒や黒に近い色でしか染めることができません。

 
・脱色剤・脱染剤
脱色剤・脱染剤は、染料が配合されていないもので、脱色剤は髪の色素であるメラニンを脱色するもの(ヘアブリーチ、ヘアライトナー)、脱染剤は染毛した髪の染料とメラニンを脱色するもの(ヘアブリーチ)をいいます。刺激が強いため、髪が傷みやすく、頭皮の肌トラブルを起こす可能性もあるため、皮膚が弱い方は特に注意が必要です。

 
② 化粧品:一時染毛料、半永久染毛

・一時染毛料(毛髪着色料)
一時染毛料には、カラースプレーやカラースティックなどがあります。髪表面に着色剤を付着させることで、髪を一時的に染めることができます。シャンプーで洗い流すことができますが、雨や汗などでも落ちやすく、着色料が服についてしまうため注意が必要です。

 
・半永久染毛
半永久染毛剤には、カラートリートメントやヘアマニキュア(酸性染色料)、酸性カラーなどがあります。黒髪や暗い色の髪には色が入りにくく、ヘアカラーやブリーチで明るくなった色の髪や、白髪に使用するのに向いています。カラートリートメントは、その名の通りトリートメント効果があるカラー剤で、毛髪の表面を着色して髪を染めていきます。毎日使い続けることでカラーを維持することができます。ヘアマニキュアも髪の表面を着色するので毛髪内部にはほとんど浸透せず、髪へのダメージが少ないです。刺激が少ないため、アレルギー体質の方でも使いやすいという特徴があります。パーマ後もすぐに使用することができ、カラーの色持ちは約2~3週間になります。一時染毛料と同様、雨や汗などで色落ちすることもあるため、注意するようにしてください。

●「おしゃれ染め」と「白髪染め」の違い
先ほどご説明した通り、おしゃれ染めと白髪染めは髪を染める仕組みは同じですが、白髪染めは白い髪を染めることから、おしゃれ染めと比べて髪の脱色力は弱く、染色する力が強くなっています。また、黒髪と白髪を馴染ませる色味になっているため、暗めのカラーが多いという特徴があります。白髪におしゃれ染め用の髪染めを使用しても、白髪に色が入らなかったり、色味が不自然になったりして、逆におしゃれ染めの代わりに白髪染めを使用すると、染色力が強いためかなり暗めの色になり、次に髪を染める時に明るくしづらくなることがあります。髪を染める目的に応じて使い分けるようにしましょう。

 
●男性用と女性用の髪染めの違い
髪染めを選ぶ剤に、男性用と女性用にはどんな違いがあるのだろうと疑問に思う方もいるのではないのでしょうか。基本的に髪染めは、男性用と女性用で配合されている成分や使用方法に大きな違いがあるというわけではありません。ただ、男性は短髪の方が多いため、女性用と比べて内容量が少なかったり、塗布具が短髪に合わせた設計になっていたり、男性と女性それぞれに合ったカラー展開にしていたり、香りが男性向けと女性向けになっていたりなどの特徴があります。色味や使用感が気にならなければ、男性が女性用を、逆に女性が男性用を使用しても、特に問題はありません。

市販のメンズ髪染めを選ぶおすすめのポイント

形状で選ぶ

市販のメンズ向け髪染めは形状で選びましょう

導入液には、さまざまなテクスチャーのものがあり、自分の肌質や好みの使用感に合わ
① ヘアカラー
・クリームタイプ
液ダレしにくい粘着性のあるテクスチャーで、くしやハケ、コーム型になったノズルなどを使って髪に塗布していきます。生え際までしっかり染めることができ、部分染めにも適しています。色持ちが良いのも特徴です。ただし、粘着性があるため、丁寧に染めないと色ムラになりやすいです。

・泡タイプ
泡状の薬剤を、手を使って揉み込んでいくだけなので、頭の後ろや襟足などの見えない部分にまで簡単に染めることができます。ムラになりにくいというのも特徴です。不器用できれいに塗る自信がないという方には、泡タイプの使用をおすすめします。泡タイプは、薬剤を泡にするための界面活性剤が配合されているため、髪が傷みやすく、また、部分染めには向いていません。

 
・乳液タイプ
粘着性のあるクリームタイプと違い、乳液タイプは伸びが良く、塗布するのにあまり時間がかかりません。手を使って髪全体に馴染ませやすいのが特徴です。また、泡タイプと比べると髪も傷みにくいです。液だれしやすいため、髪に塗布する際は、目に入らないよう注意が必要です。

 
② カラートリートメント
カラートリートメントは、除染性染毛料という薬剤を使ったカラー剤で、髪をトリートメントしながら染めることができます。髪のダメージが気になっているけど髪の色を変えたい、という方におすすめです。他の色と混ぜて自分好みの色に染めることもできます。また、もともと染めてあった髪の褪色を予防する役割もあり、髪や頭皮にもやさしい成分です。ただし、色持ちが悪く、1回だけでは染まらないため継続的な使用が必要なことや、黒髪や暗い色の髪には染まりにくいという点もあり、明るい髪色の方が発色が良いです。

カラーの選び方について

市販のメンズ向け髪染めのカラーの選び方について

髪染めを選ぶ際、自分の好きなカラーを選ぶことはもちろん大切ですが、その人の瞳や肌の色に合わせた色の選び方があったり、髪質によって色の出方が違うため、同じ種類の髪染めでも、自分の髪質によって色味が変わったりします。色白の方や中間色の方は、黄味や赤味が強い、明るいカラーが似合う傾向にあり、色黒の方は、ダークブラウンやダークアッシュなどの暗い色や、金髪が似合う傾向にあります。瞳の色が明るい方は明るいカラー、瞳の色が暗めの方は暗めのカラーがおすすめです。また、髪質が硬くて太い方は赤味やオレンジ系の色が出やすく、アッシュやベージュが発色しにくいです。反対に、髪質がやわらかく細い方は黄味が出やすいため、暖色系の色味が出にくい傾向にあります。自分の髪質に合うカラーを選ぶことで、きれいに色が発色してきれいに色が抜けていきます。

トリートメント成分や保湿成分が配合されているもの

市販のメンズ向け髪染めはトリートメント成分や保湿成分が配合されているものを選びましょう

ヘアカラー剤を使用する際は、髪のダメージを極力抑えるためにも、カラー剤にトリートメント成分や保湿成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。また、商品によっては、カラーリングが終わった後のアフターケアとして、洗い流さないトリートメントがついているものもあります。髪のダメージが気になる方は、髪のダメージをケアしてくれる成分が配合されているかどうかもチェックしてみるようにしましょう。

市販のメンズ髪染めのおすすめ人気ランキング7選

第7位リーゼフォーメン ナチュラルカラークリエイター
ダークアッシュ

  • リーゼフォーメン ナチュラルカラークリエイター ダークアッシュ

    内容量

    1液24ml、2液46ml
    リペアトリートメント8g

    価格

    864円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    泡タイプのメンズヘアカラーで、濃密泡が見えない後ろや根元まで密着して髪を染めます。明るすぎない自然体のカラーが特徴の全3色展開で、時間が経っても黄味や赤味が出にくい清潔感のある色合いが続きます。毛髪保護成分配合で、アフターカラー用のトリートメント付きです。

  • 成分

    【1液】
    パラアミノフェノール*、トルエン-2,5-ジアミン*、塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール*、パラニトロオルトフェニレンジアミン*、水、POE アルキル(12~14) エーテル、ラウレス硫酸Na、MEA、エタノール、強アンモニア水、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、塩化アンモニウム、香料、無水亜硫酸Na、アスコルビン酸、ミリスチルアルコール、水酸化ナトリウム、エデト酸塩、安息香酸塩、水酸化ナトリウム液、ローヤルゼリーエキス、水解シルク液、キイチゴエキス、BG、無水エタノール * は「有効成分」無表示は「その他の成分」
    【2液】
    過酸化水素水*、水、ステアルトリモニウムクロリド、POE セチルエーテル、PG、PPG、ベヘニルアルコール、セタノール、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、軟質ラノリン脂肪酸、水酸化ナトリウム液、硫酸オキシキノリン-2、リン酸 * は「有効成分」無表示は「その他の成分」
    【トリートメント】
    水、ステアリルアルコール、ジメチコン、ステアロキシプロピルジメチルアミン、DPG、乳酸、パルミチン酸イソプロピル、香料、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸) ジペンタエリスリチル、アモジメチコン、ベンジルアルコール、ヒマワリ種子油、ラノリン脂肪酸、ヒドロキシステアリン酸水添ヒマシ油、ヒドロキシエチルセルロース、リンゴ酸、ホホバエステル、セテアレス-7、PEG-45M、カラメル、セテアレス-25

第6位アンナドンナ エブリ カラートリートメント グレー

  • アンナドンナ エブリ カラートリートメント グレー

    内容量

    160g

    価格

    1,540円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    傷んだメンズの髪の毛のダメージを補修しながらカラーリングすることができる、おすすめの市販の髪染めトリートメントです。毎日使用することで髪が自然に染まっていきます。もちろん素手での使用が可能です。白髪にも使うことができますが、もとの髪が黒の方や暗い髪には変化を感じることができません。また、他の色と混ぜて自分好みの色に調節することが可能です。カラーバリエーションは全部で9色。

  • 成分

    水、ジメチコン、セタノール、グリコールBG、グリセリン、ベヘントリモニウムクロリド、メマツヨイグサ種子エキス、オレンジ果汁、加水分解シルク、オレイン酸オレイル、ダイマ
    ージリノール酸水添ヒマシ油、アミノプロピルジメチコン、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、ステアルトリモニウムクロリド、メチルパラベン、香料、塩基性青99、塩基性茶16

第5位メンズパルティ エナジーブリーチカラー
インディゴアッシュ

  • メンズパルティ エナジーブリーチカラー インディゴアッシュ

    内容量

    1剤40g、2剤80ml

    価格

    734円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ブリーチしながら髪をしっかり染めて、発色も色持ちも良い染め上がりです。短い髪でもタレにくい乳液タイプで、髪全体に馴染みやすいです。5つのヘアトリートメント成分配合で、髪にツヤとうるおいを与えてくれるおすすめの市販のメンズ髪染めです。カラー剤のツンとしたニオイを抑えたシトラスの香り。

  • 成分

    【1剤】
    有効成分:塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール、トルエン-2,5-ジアミン、メタアミノフェノール、レゾルシン/ その他の成分: 亜硫酸ナトリウム、アルモンド油、アンモニア水、ウコンエキス、エタノール、エデト酸四ナトリウム四水塩、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、海藻エキス(1)、クララエキス(1)、ショウキョウエキス、ステアリン酸、精製水、セタノール、センキュウエキス、トウキエキス(1)、ニンジンエキス、ポリ塩化ジメチルメチレンピペリジニウム液、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、メチルフェニルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、モノエタノールアミン、モモ葉エキス、硫酸マグネシウム、流動イソパラフィン、流動パラフィン、ローヤルゼリーエキス、L-アスコルビン酸、1,3-ブチレングリコール、香料
    【2剤】
    有効成分:過酸化水素/その他の成分: エタノール、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、軽質流動イソパラフィン、水酸化カリウム、精製水、セタノール、パラフィン、パルミチン酸2-エチルヘキシル、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、プロピレングリコール、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、無水エタノール、ヤシ油脂肪酸グリセリル

第4位メンズビゲンワンプッシュ ナチュラルブラック

  • メンズビゲンワンプッシュ ナチュラルブラック

    内容量

    1剤40g、2剤40g

    価格

    920円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ブラシで溶かすだけの市販の白髪染め用メンズヘアカラー。簡単ワンプッシュボトルで2種類のクリームを同時に出すため、混ぜる手間が省けます。さらに、必要な量だけ使用できるため、残った分は取り置きでき、後でまた使用できるところもおすすめポイント。トリートメント成分配合で、髪のダメージにも配慮しています。

  • 成分

    【1剤】
    有効成分:塩酸2、4-ジアミノフェノキシエタノール、トルエン-2、5-ジアミン、α-ナフトール、パラアミノフェノール、パラフェニレンジアミン、メタアミノフェノール、レゾルシン/ その他の成分:HEDTA・3Na2 水塩、PEG-8、POEオレイルエーテル、POEステアリルエーテル、アスコルビン酸、アスパラギン酸、アラキルアルコール、エチルヘキサン酸セチル、海藻エキス-1、強アンモニア水、ステアリルアルコール、ステアルトリモニウムクロリド、センブリエキス、タウリン、チオグリコール酸アンモニウム液、テアニン、マイクロクリスタリンワックス、無水亜硫酸Na、無水エタノール、黄203、香料
    【2剤】
    有効成分:過酸化水素水/その他の成分:DPG、POE ベヘニルエーテル、イソプロパノール、クエン酸、クエン酸Na、ジメチコン、ステアリン酸ステアリル、セタノール、ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、フェノキシエタノール、ベヘニルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、ミリスチル硫酸Na、ラノリン

第3位ルシード ワンプッシュケアカラー アッシュブラウン

  • ルシード ワンプッシュケアカラー アッシュブラウン

    内容量

    1剤50g、2剤50g

    価格

    783円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    市販の白髪染めですが、黒髪部分も染めて自然な色合いになります。髪色も長持ち。初めてのメンズにもおすすめしたい、簡単に塗布できるワンプッシュタイプで、手間なくサッと塗れます。染めた後の髪のダメージや不快感に配慮し、pHを抑えて過酸化水素水を1/3カット。2種類の毛髪保護成分と、ハリ・コシ成分も配合されています。無香料、パラベンフリー。全5色です。

  • 成分

    【1剤】硫酸トルエン-2.5-ジアミン、レゾルシン、硫酸パラメチルアミノフェノール、メタアミノフェノール、塩酸2.4-ジアミノフェノキシエタノール、精製水、モノエタノールアミン、強アンモニア水、濃グリセリン、流動パラフィン、炭酸水素アンモニウム、セタノール、パラフィン、ポリエチレングリコール1500、ポリオキシエチレンセチルエーテルリン酸、セトステアリルアルコール、L-アスコルビン酸ナトリウム、キサンタンガム、エデト酸二ナトリウム、無水亜硫酸ナトリウム、カンゾウ抽出末、L-グルタミン酸、1.3-ブチレングリコール、ポリエチレングリコール、海藻エキス(1)、水溶性コラーゲン液(3)
    【2剤】
    過酸化水素水、精製水、セタノール、ポリオキシエチレンセチルエーテル、流動パラフィン、ジプロピレングリコール、ラウリル硫酸ナトリウム、リン酸、ピロリン酸四ナトリウム、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、フェノキシエタノール

第2位ギャツビー ナチュラルブリーチカラー
シアーグレージュ

  • ギャツビー ナチュラルブリーチカラー シアーグレージュ

    内容量

    1剤35g、2剤70ml

    価格

    721円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    高密着パワークリスタル処方により、きれいに発色して色も長持ちするメンズにおすすめの市販の髪染め。のびの良いクリームが髪にムラなく広がって、ブリーチしながら同時にカラー。低pH処方で、染毛時の時の頭皮の不快感を抑え、カラー剤特有のツンとしたニオイも気にならない快適な使い心地です。トップサロン「apish」による最旬の色味提案で、全10色の中から選べます。パラベンフリー。

  • 成分

    【1剤】
    有効成分:パラフェニレンジアミン、レゾルシン、塩酸2.4-ジアミノフェノキシエタノール、パラアミノオルトクレゾール/その他成分: 精製水、強アンモニア水、炭酸水素アンモニウム、濃グリセリン、セタノール、流動パラフィン、パラフィン、ポリエチレングリコール1500、ポリオキシエチレンセチルエーテルリン酸、セトステアリルアルコール、メチルポリシロキサン、リン酸ジセチル、無水亜硫酸ナトリウム、L-アスコルビン酸ナトリウム、キサンタンガム、エデト酸二ナトリウム、L-アルギニン、L-プロリン、L-グルタミン酸、ポリエチレングリコール、香料
    【2剤】
    有効成分:過酸化水素水/その他成分:精製水、セタノール、セトステアリルアルコール、ポリオキシエチレンセチルエーテルリン酸、リン酸ジセチル、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、フェノキシエタノール

第1位リーゼ プリティア メンズ泡カラー ロイヤルモカ

  • リーゼ プリティア メンズ泡カラー ロイヤルモカ

    内容量

    1液24ml、2液46ml

    価格

    779円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    泡タイプの市販のメンズ用髪染め。髪にのせてもみ込むだけで液だれの心配なく簡単に染めることができます。泡が髪の毛1本1本にピタッと密着するため、ムラになりやすい部分もしっかりきれいに染められるおすすめ商品。毛髪保護成分のシルクエッセンスや、うるおい成分のローヤルゼリーエキスを配合。全部で7色のカラーバリエーションがあります。

  • 成分

    1液:
    メタアミノフェノール*、トルエン-2,5-ジアミン*、塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール*、パラアミノオルトクレゾール*、精製水、エタノール、炭酸水素アンモニウム、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、MEA、強アンモニア水、POE(23)ラウリルエーテル、アルキルグリコシド、PPG、POEアルキル(12~14)エーテル、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液、PG、香料、無水亜硫酸Na、水酸化ナトリウム、アスコルビン酸、ミリスチン酸、安息香酸塩、ミリスチルアルコール、エデト酸塩、ローヤルゼリーエキス、水解シルク液、無水エタノール
    *は「有効成分」無表示は「その他の成分」
    2液:
    過酸化水素水*、水、POEセチルエーテル、セトリモニウムクロリド、ベヘニルアルコール、セタノール、PG、ステアルトリモニウムクロリド、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、イソプロパノール、硫酸オキシキノリン-2、水酸化ナトリウム液、リン酸
    *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

市販のメンズ髪染めの使い方

ヘアカラーの使い方

市販髪染めのヘアカラーの使い方

① 髪をとかしてブロッキングする
髪に薬剤を塗っている時に引っ掛かってしまったり、ムラになったりするのを防ぐためにも、最初にクシで髪をとかします。クリームタイプのカラー剤を使用する際は、ヘアクリップなどを使って髪をブロッキングしていきます。ブロッキングは女性のイメージが強いかもしれませんが、ヘアクリップで挟めないほど髪がかなり短いということでなければ、男性もブロッキングするようにしましょう。

 
② 保護クリームを塗る
ワセリンや保護クリームなどを、額の生え際部分やこめかみに塗っておくことで、皮膚にカラー剤の色がついてしまうのを防ぐことができます。特に肌が弱い方は、かゆみやかぶれなどの肌トラブルを防ぐことにも繋がるため、あらかじめ塗っておくようにしましょう。

 
③ 染まりにくい部分から染める
どのタイプのカラー剤も、まずは後頭部や襟足から薬剤を塗っていきます。ダメージが多い毛先や、地肌に近い根元は体温によって髪が染まりやすいことや、もちろん放置時間にも差があるため、先につけてしまうと後に塗布した部分と染まり具合が変わってきてしまいます。毛先と根元は最後に塗るようにしましょう。薬剤は染まりにくい部分から、襟足→後頭部→両サイド→前(前髪や分け目)→頭頂部(根元)、毛先の順で塗っていくのがポイントになります。薬剤をすべて塗り終えたら、クシで髪をとかすことで薬剤を馴染ませていきます。

 
④ ラップでまく
薬剤を塗布した後、頭をラップでまくことで、頭皮の体温を利用してさらに色が入りやすくなり、カラー剤が乾燥するのを防ぐことができます。放置時間は、各商品に記載されている時間を守るようにしましょう。

 
⑤ 乳化させる
薬剤を洗い流す前に、髪を乳化させることで色を定着しやすくします。乳化方法は、37~39℃くらいの少量のぬるま湯で、3分ほど頭をやさしく揉み込んでいきます。薬剤がクリーム状になってきたら洗い流すようにしましょう。また、乳化する際は手袋を着用するようにしてください。

 
⑥ しっかり洗い流す
薬剤の洗い残しはトラブルの原因になります。ゴシゴシ洗うと色が抜けてしまうため注意が必要ですが、まんべんなく流すように心がけましょう。ヘアカラーで髪が傷んでいる状態のため、洗った後は、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使用して、アフターケアも忘れずに行うようにしてください。

カラートリートメントの使い方

市販髪染めのカラートリートメントの使い方

商品によって使用方法が異なりますが、カラートリートメントは濡れている髪よりも乾いた髪に使用するのがおすすめです。また、放置時間が長いほど染まりやすくなります。

市販のメンズ髪染めの注意点

永久染毛剤は使用前に必ずパッチテストを行う

市販髪染めの永久染毛剤は使用前に必ずパッチテストを行いましょう

市販のメンズ用髪染めに配合されている成分でアレルギー反応を起こす方もいるため、安全に使用するためにも、染毛前に必ずパッチスト(皮膚アレルギー試験)を行うようにしてください。自分に合っていない成分が配合されているヘアカラー剤を使用してしまうと、かゆみ・かぶれ・発赤・水泡・血圧低下・呼吸困難などのアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性があります。ヘアカラー剤を使用したことがある方で、アレルギー反応が今まで出たことがないという方でも、前に使用した商品と全く同じものを使うという場合でも、パッチテストは必ず行うようにしましょう。アレルギーには、反応が出るまでに長時間かかる遅延型アレルギーと、アレルギー症状がすぐに出る即時型アレルギーがあります。そのため、パッチテストは、髪を染める前の48時間前と30分前の2回行います。1剤と2剤をそれぞれ少量ずつ出して清潔な綿棒で混ぜたら、二の腕の内側にうすく塗り、そのまま放置します。パッチテスト中は、テスト部位を濡らしたり擦ったりすると正しい判断ができなくなるため、皮膚につけたテスト液が落ちないよう注意するようにしてください。

色をそのまま出したい場合は髪をブリーチ

市販髪染めで色をそのまま出したい場合は髪をブリーチしましょう

特に黒髪の方や髪の色が暗い方は、髪を染めても自分の思い通りの色にならないことがあります。髪染めの色をそのまま出したいという場合は、一旦、ブリーチ剤で髪の色を抜いてから髪を染めたほうが、ヘアカラーそのものの色が出やすくなります。黒は他の色を足しても黒のままですが、白は他の色をはっきりと表してくれるように、髪の色を脱色するのは、カラー剤の発色を良くするための工程のひとつになります。また、髪を黒染めしている方は、黒色の染料を破壊しない限り、髪を明るくするのは難しいです。ブリーチ剤はただでさえ髪への負担が大きく頭皮への刺激も強いのに、黒染めだとブリーチ剤を使用しても色が抜けにくい場合があります。黒染めした後、今後、髪を明るくする可能性がある方は、1日だけ髪を黒くするためヘアスプレーや、すぐに色が落ちる1週間タイプの黒染めの使用がおすすめです。

酸化染毛剤(アルカリカラー)で髪を染める時の注意点

市販髪染めの酸化染毛剤(アルカリカラー)で髪を染める時の注意点

① 部屋の温度で染まり具合が変わる
アルカリカラーでセルフカラーする際、髪の染め具合は部屋の温度によっても左右されます。ヘアカラーは室内の温度が高いほど染まりやすく、逆に寒い部屋でのカラーリングは染まりにくくなります。そのため、室温は20~25度を目安に調整するのがおすすめです。ただし、温度が高すぎると、薬剤を塗る場所ごとでムラができやすくなるため、極端に熱い場所でのセルフカラーは控えるようにしましょう。

 
② 自分の髪の長さや髪質に合わせた使用量
メンズ用の髪染めは、短髪向けで内容量が少なめのものが多いです。そのため、髪が長めのメンズは、自分の髪の長さに合わせた量を使用するようにしましょう。薬剤は量が多ければその分髪をしっかり染めることができますが、量が少ないと、いくら放置時間を長くしても髪全体を十分に染めることができず、ムラの原因になったり、色が入らなかったりと、満足した仕上がりにはなりません。また、髪質がやわらかい方や細い方は髪に薬剤が浸透しやすく染まりやすいですが、髪質が硬い方や太い方、髪の量が多い方、カラーが初めての方は髪が染まりにくいため、薬剤の量を多めにつけることがポイントです。ただし、放置する時間が長ければ長いほど髪は傷みやすくなるため、商品の使用方法に記載されている放置時間は必ず守るようにしましょう。

 
③ 髪を染めた後、最低24時間はシャンプーを控える
カラー剤の染料は、髪内部に定着し発色するまでにとても時間がかかります。髪染めしたその日の夜や次の日にシャンプーで髪を洗ってしまうと、染料も一緒に流れてしまうため、色落ちの原因になってしまいます。髪染めした後は、最低24時間から48時間はシャンプー剤で頭髪を洗わないように心がけましょう。また、髪を染めた後、洗浄力が強いシャンプーを使用すると髪のキューティクルが剥がれやすくなり、染料が流出して褪色の原因になってしまいます。カラーを長持ちさせる方法の一つとして、シャンプーに色素が配合されているものや、髪のpHを調節するヘアカラー用のシャンプーを使用するのがおすすめです。また、低刺激性の洗浄成分には、「ココイル~」「ラウロイル~」「~ベタイン」「~グリシン」「~グルタミン酸」「~サルコシン」「~メチルアラニン」「~メチルタウリン」などがあるため、成分表示を確認するときの参考にしてみてください。

まとめ

今回はメンズにおすすめの市販の髪染めをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分が使いやすい形状で選ぶ
・その人の髪質によって仕上がりが異なる
・パッチテストは必ず行う
ということです。

髪型はその人の印象を大きく変える部分でもあります。
ぜひメンズも自分に合った市販の髪染めを見つけて、手軽にヘアカラーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Share on

Share on

PAGE TOP