メンズ 日焼け止め・UVケア
  • 2018.12.27 メンズ 日焼け止め・UVケア

    男性のそばかす対策に!男性日焼け止めのおすすめ人気ランキング10選

    生まれつきそばかすができやすかった方など、そばかすに悩んでいる男性のみなさんは、そばかすを改善するために何をしていますか?何かしないとと思っているけど何をしたら良いのか分からない方、あまりお金をかけたくないと思っている方など、様々な方がいるかと思います。ですが、実はそばかすを予防するためには紫外線対策が効果的なのです。今回は、なぜ紫外線対策が効果的なのか、さらに男性におすすめの日焼け止めまでご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

男性のそばかすとは

男性に意外と多いそばかすはなぜできるの?

そばかすは女性だけの悩みだと思っている方も多いかと思います。ですが、実はそばかすで悩んでいる男性は多いのです。では、そばかすとは一体どういったものなのか、シミとの違いはもちろん、何が原因でそばかすができてしまうのか、日常生活で改善するにはどういったことに気を付けたらいいのかなど、そばかす対策についてご紹介していきます。

そばかすとシミの違いを知ろう!

まず最初にご紹介するのは、そばかすとシミの違いについてです。一瞬見ただけでは、シミとそばかすの区別って難しいですよね。それもそのはず、実はそばかすはシミの一種なのです。まずはそういったシミやそばかすの違いについて見ていきましょう。もしかすると今までシミだと思っていたものが実はそばかすだった、またその逆だったということもあるかもしれません。

<老人性色素斑>
別名として、「日光黒子」「日光性色素斑」ともいわれており、男性に最も多いシミの種類になります。
この老人性色素斑(日光黒子)」は名前の通り、紫外線が原因になります。紫外線を何度も浴びていると、メラニン色素と呼ばれるシミの原因になるものを作り出すことができる、メラノサイトが増加してしまいます。肌や角質層が厚くなっていくと皮膚の構造が変化し、シミになってしまいます。そのため、若い人よりも長年紫外線を浴び、さらに皮膚が厚くなってくる中年以降の方ができやすいシミの種類になります。50歳以上になると8割の人にあると言われているため、もしかするとあなたの肌にもあるかもしれません。
特徴としては直径1cm以上で丸っぽく茶色のものになります。頬骨のあたりにできることが多いため、頬骨の近くのシミはもしかしたら、老人性色素斑かもしれません。初期の状態のものの場合、美白化粧品と呼ばれるものが有効です。この美白化粧水は、紫外線を浴びて増えたメラノサイトがメラニンを作ることを防ぐことができます。つまり、できる前に対策をすることはできるのですが、すでにできてしまっているシミに関しては、効果はあまり期待できません。シミができてしまっている場合は、美容皮膚科などで行っているレーザー治療などを行うことで消すことができます。

<脂漏性角化症>
このシミは、イボ状に盛り上がっている良性の腫瘍のことを言い、別名で「老人性いぼ」とも呼ばれています。最初にご紹介した「老人性色素斑」が進行することでできることもあります。
このシミは、紫外線を浴び続けて肌や角質層が厚くなることでできてしまいます。男性の場合、女性の肌と比べて皮膚が0.5mm厚いと言われなりやすいため、注意が必要です。イボ状になっており、白や茶、黒っぽいものまで様々な色のものがあります。主にこめかみなどの髪の生え際、頬などにできることがあり、痒みがある場合もあります。この「脂漏性角化症」は、美白化粧品で改善することは難しいのですが、炭酸ガスレーザーで治療することができます。その他にも液体窒素を使用して治療することもできるのですが、液体窒素を使用すると皮膚の周りが黒ずむこともあるため、治療するのであればレーザーがおすすめです。

<そばかす(雀卵斑)>
そばかすは主に遺伝によってできるものが多いと言われています。もちろん、遺伝によってできてしまう方もいるのですが、遺伝の場合は3歳頃からそばかすが現れます。そして、思春期の終わる15~17歳頃には消えていくことがほとんどなのです。大人になってもそばかすが目立っている方の場合、紫外線や生活習慣も影響していると言われています。
そばかすを改善するには美白化粧水が人気ではありますが、実際に使用してみると、明らかに薄くなったなどと目に見えて分かる効果は出にくいものになります。また、レーザー治療によって取ることもできるのですが、再発するリスクがあります。そこを理解し、さらにどれくらいのペースで再発をするのか一度試してからの方がおすすめです。
そばかすは主に、肌が色白の方で、10代の頃から出始めることが多いです。また、鼻の付け根付近にできることが多く、紫外線によって濃くなります。遺伝の場合、防ぐことはなかなか難しいのですが、その他の原因にもなる紫外線対策や日常生活に注意をする必要があります。
その他にも「炎症性色素沈着」と呼ばれる、ニキビ跡や外傷、アトピー性皮膚炎などが色素沈着をしてできるものもあります。こういったシミなどの原因に共通して当てはまるのが、紫外線です。30歳以降の男性のシミやそばかすの原因と言われているものの、ほとんどが紫外線なのです。

紫外線がなぜシミやそばかすの原因になるの?

紫外線がシミやそばかすの原因になるとご紹介しました。では、なぜ紫外線がシミやそばかすの原因になるのでしょうか?
まず、紫外線を浴びてしまうと、肌に悪影響を与えてしまう活性酸素が発生します。それによってお肌が傷ついてしまうのです。それを防ぐために、メラノサイトと呼ばれる細胞が、アミノ酸の一種であるチロチンをメラニンに変えてしまいます。このメラニンは紫外線によって発生する活性酸素を消してくれる働きがあるのですが、このメラニンが必要以上あると、細胞を茶褐色にしてしまい、色素沈着の原因になってしまいます。その結果、シミやそばかすとして肌に残ってしまうのです。
もちろん、紫外線は悪いところだけではありません。リフレッシュ効果もあるため、晴れた日に外に出たり、運動することは気分転換になります。また、ビタミンDを生成してくれます。ビタミンDにはカルシウムの吸収を促す効果があります。デメリットだらけではありませんが、日光浴をする時間はそれぞれの肌の強さによって異なりますし、さらに日光浴をする地域によっても異なってくるので、長時間やりすぎないように注意が必要です。

紫外線の種類について

紫外線がシミやそばかすの原因になるということは理解できたかと思います。それでは次に、シミやそばかすの原因でもある紫外線の種類について知っていきましょう。毎日浴びている紫外線には、実は3種類あります。その3種類についてご紹介します。

<紫外線A波(UVA)>
紫外線A波はB波と比べても波長が長いため、肌の奥まで届いてしまいます。すると、肌の内部に活性酸素を発生させることができてしまうので、DNAを傷つけてしまったり、コラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えてしまいます。すると、シミだけでなくシワやたるみなど老化の原因や、弾力やハリを失う原因にもなってしまうのです。また、A波は1年間通してB波に比べて20倍以上の量が出ています。さらに、窓ガラスや雲なども通ってしまうため、曇りの日でも、室内にいるときでも注意する必要があるのです。

<紫外線B波(UVB)>
B波は夏場に大量に出ているものなので、夏場に注意が必要です。日焼けをした際に、肌が黒くならずに赤くなってしまう方もいるかと思います。この原因はB波で、炎症を起こしてしまっているのです。B波は夏場に出るのですが、そのエネルギーはとても強いため、皮膚の表面にダメージを与えてしまっていることが原因となっています。また、肌表面に大量の活性酸素が発生してしまうため、メラニン色素を過剰に作ってしまい、色素沈着になってしまいます。その結果、シミやそばかすの原因になってしまうのです。

<紫外線C波(UVC)>
C波は通常であればオゾン層で吸収をされるため、地上に届くことはありませんでした。ですが、近年オゾン層が破壊されていることによって、地上まで届いてしまうことが恐れられています。現段階では日焼け止めを使用しても、A波とB波のみの対策しかできないため、C波の対策については難しいそうです。
紫外線にもたくさんの種類がありますが、紫外線を対策するのであれば、夏だけではなく1年中対策する必要がありそうです。また、これらの紫外線は、シミやそばかす、シワ、たるみなど様々な原因になりますが、実はそれ以外にも影響を与えることがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

<皮膚がん>
紫外線を大量に浴びることによって起こるものの代表といえば、皮膚がんではないでしょうか。紫外線を浴びることで、細胞のDNAが傷つけられてしまいます。そして、それを修復しようとします。これを繰り返すことで、がんになる関係する遺伝子に突然変異することがあります。これだけではまだ可能性は低いのですが、そういった突然変異の細胞が増えていくとがんになる可能性もその分高くなるのです。子供の頃から紫外線を浴びていると、皮膚がんが発症する確率も高くなりますし、さらに発症する年齢も早くなってしまいます。紫外線対策は大人になってからでも遅くはないですが、子供のうちから徹底するようにしていたほうが良いかもしれません。

<白内障>
がんだけではなく、白内障も紫外線が深く関わっています。WHOの発表では、白内障の原因の20%は紫外線だと言われています。白内障は、目の水晶体と言われる部分が白く濁ってしまい、視力が低下してしまう病気です。ひどい場合は失明する可能性もあるので、気をつけたい病気の1つです。白内障にならないためにも、紫外線対策はかなり必要になります。

<火傷や水ぶくれ>
皆さんは「サンバーン」という言葉を聞いたことがありますか?「サンバーン」とは、紫外線を短時間に浴びてしまうことで起きる火傷になります。悪化すると、ただ肌が赤くなってしまうだけではなく、水ぶくれになってしまうこともあります。悪化するとただ冷やすだけでは治らなくなってしまうので、必ず病院で診てもらうようにしましょう。

<免疫力の低下>
最後に免疫力の低下についてです。実は紫外線を吸収してしまうと、免疫力が低下することもあります。免疫力が低下してしまうと、ウイルス性の病気にかかりやすくなってしまうので、非常に危険な状態になります。また、紫外線を浴びることによってヘルペスにもなりやすくなってしまいます。さらに、活性酸素が発生することによって、通常よりも体が疲れやすくなることもあるので、健康な体のためにも紫外線の対策は必要になります。

そばかす対策には日焼け止め

そばかす対策をするには紫外線対策が有効です。様々な紫外線対策がありますが、今回はそんな中でも始めやすい日焼け止めによる紫外線対策についてご紹介していきます。
女性の場合、日焼けやシミを避けるために、日焼け止めなどを使用して紫外線対策をしている方がほとんどかと思います。ですが、男性の場合はどうでしょうか?男性の中で日焼け止めを塗り直している方をあまり見かけないのではないでしょうか?普段化粧をする習慣のない方が多いため、日焼け止めを使用することにより肌のベタつきが気になってしまったり、日焼け止め特有の香りが苦手といった違和感を感じる方や、いちいち塗るのが面倒だと感じてしまう方、さらには女性に塗っているところを見られたくない・知られたくないと思っている方など様々です。ですが、そういった理由も気にならなくなるほど、日焼け止めは改良されていますし、周りの紫外線対策に対する意識も変わってきています。
例えばベタつきや香りが気になる方の場合、ベタつきの少ない、塗った瞬間にお肌がサラサラとするものや、無香料タイプのものも発売されています。塗るタイプの日焼け止めの場合は特に、塗りすぎてしまうと顔が白くなってしまうなんてこともあるので、あくまで塗りすぎないことが自然な肌に見せるポイントになります。また、女性の目や周りの友人からの目を気にしている方も多いのではないでしょうか?もちろん、男性の日焼け止めの使用に反対という意見の方もいるかと思います。ですが、そういった方々の反対の理由は、塗りすぎて白くなってしまっている場合や、こまめに塗り直している姿を見たくないといった場合になります。そのため、塗りすぎないように注意したり、周りに使用しているところを見られたくないといった方は、お手洗いの際についでに塗るなど、目につきにくいところで使用するのも良いかもしれません。
紫外線対策としてはその他にもサングラスや帽子、日傘などがあります。日傘は全体を紫外線から防ぐことができますが、男性の場合差しづらいですよね。そのため、サングラスや帽子を取り入れてオシャレに紫外線対策をするのもおすすめです。

日常生活でそばかす対策

最後に日常生活についてです。もちろん、ここまででご紹介してきた紫外線対策についてもそばかす対策にはとても大切です。ですが、紫外線対策をどんなに徹底していても、日常生活が乱れていると意味がありません。そこで、日常生活でも簡単に取り入れることのできるそばかす対策についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

<食生活>
まずは食生活から見直していきましょう。男性の一人暮らしの場合、仕事から帰ってついつい簡単に食べられるインスタント食品やコンビニのご飯、外食などに頼ってしまいがちです。また、仕事の付き合いでお酒をたくさん飲む方も多いかと思います。そういった生活を続けていると、皮膚の細胞を活性化してくれるビタミンやミネラルなどの栄養素が足らなくなってしまい、その結果活性酸素が体内に発生しやすくなってしまうのです。さらに、皮膚を生まれ変わらせてくれるターンオーバーのリズムも崩れてしまうので、そばかすに悩んでいる方だけではなく、肌荒れなどに悩んでいる方にも食生活の見直しはおすすめなのです。また、男性の中でもコーヒーが好きな方は多いですよね?ですが、このコーヒーがそばかすの原因になっていることもあるのです。コーヒーにはカフェインが含まれています。このカフェインはそばかすを拡散してしまうことがあります。もちろん、1日に1~2杯程度しか飲まないという方は大丈夫ですが、1日中コーヒーばかり飲んでいるという方は気を付けてください。
それでは実際にどのようなものを食べたら良いのかをご紹介していきます。まずビタミンCです。ビタミンCにはそばかすの原因でもあるメラニンの生成を抑えることができます。ちなみにビタミンCと聞いて最初に思い浮かぶのはレモンという方が多いのではないでしょうか?実はビタミンCはレモンよりも赤ピーマンなアセロラなどの方が多く含まれているのです。また、料理としても取り入れやすいので、ぜひ積極的に食べるようにしましょう。緑茶にもたくさん含まれているので、コーヒーを飲む代わりに緑茶にしてみると良いかもしれません。また、ビタミンEには活性酸素を除去し、ターンオーバーを安定させる効果があります。緑黄色野菜やフルーツにビタミンは多く含まれていることが多いので、普段からできるだけ食べるように習慣にしましょう。
次に、魚・肉・乳製品です。これらにはメラニンを輩出してくれる働きのあるメチオニンが含まれています。もちろん肉や魚ばかり食べていてはだめですが、緑黄色野菜などと一緒にバランスよく食べるようにしましょう。実はナッツ類もとてもおすすめです。ナッツ類はビタミンEが豊富に含まれていますが、低カロリーな食品なのです。ナッツはおやつ代わりにもおすすめなので、仕事の合間の休憩にも手軽に食べられます。いきなり全てを変えるのは難しいかと思いますが、少しずつ生活を見直すと良いでしょう。

<睡眠不足>
睡眠不足はお肌の敵です。男性の場合は特に仕事が忙しく、朝早くから夜遅くまで働いている…という方もいるかと思います。その中で、睡眠時間を確保するのはとても難しいことかもしれませんし、自分の趣味を優先したいがために、睡眠時間を削っている方もいるかもしれません。ですが、睡眠をしっかりととれていない場合、体調に影響してしまいます。免疫力が低下してしまうのもその1つで、肌の細胞も自然と弱ってきてしまいます。すると、活性酸素が大量に発生し、そばかすの原因でもあるメラニンが集まってきてしまうのです。また、体力の低下にもつながってしまうので、体全体の不調にもつながります。そばかすの予防だけでなく、健康な体を手に入れるためにも睡眠はしっかりととるようにしましょう。
睡眠時間は最低でも6時間程度はとれると良いです。また、ただ6時間眠ればいいというわけではなく、睡眠の質を高めることも必要になってきます。そのため、寝る前にはパソコンやスマートフォン、テレビなどをなるべく見ないようにしたり、体を暖めてから寝たり、寝具やパジャマを清潔なものに変えてあげることで、より良質な睡眠をとることができます。

<ストレス>
働いている男性は、仕事面で様々なストレスを感じることも多いかと思います。また、プライベートでも友人や家族との間でのトラブルがあった場合に、ストレスを感じる方は多いのではないでしょうか。このストレスが溜まってしまうと、精神的な部分だけではなく、体にも変化が現れることがあります。よく言われているのが、皮膚の新陳代謝に影響を及ぼすということです。皮膚の新陳代謝に影響が出ると、皮膚を生まれ変わらせる効果のあるターンオーバーに影響が出てしまいます。すると、新しい細胞になりにくくなってしまうため、そばかすが肌に出やすくなってしまうのです。
ストレスを感じないというのは難しいかと思います。ですが、ストレスを発散させることはできるかと思います。軽い運動ももちろん、自分の趣味に没頭する時間を作ったり、睡眠をとるなど、自分1人の時間を作ってあげることで、ストレスを発散することができるはずです。

<喫煙>
最近では喫煙者よりも非喫煙者の方が増えてきています。ですが、それでも喫煙をしている方はいるかと思います。
タバコはお肌や体に良くないとよく言われています。実はそばかすもタバコが原因で改善できていないことがあるのです。ビタミンCはそばかすの原因であるメラニンの生成を抑制することができるとご紹介しました。そのため、そばかすを予防・改善のためにビタミンCを積極的に摂取しようと考えている方も多いのではないでしょうか?そこで1つ注意してもらいたいのが、タバコはビタミンCを破壊してしまうということです。どんなにたくさんのビタミンCを摂取しても、タバコを吸ってしまうと破壊されしまうため、意味がないのです。ビタミンCを破壊されてしまうと当然メラニンの生成を抑制することができるため、メラニンは増加して最終的にそばかすのできやすいお肌になってしまうのです。また、タバコに含まれているニコチンも体内に入ると活性酸素を大量に発生させてしまいます。
そばかすを増やさないためだけではなく、将来の自分の身体のことを考えても禁煙はおすすめです。禁煙外来なども最近は増えてきているので、ぜひこの機会に禁煙や本数を減らす努力をしてみてはいかがでしょうか。

男性のそばかす対策に!日焼け止めを選ぶおすすめのポイント

そばかす対策におすすめの紫外線対策。そんな紫外線を対策するために簡単にできるのは、日焼け止めを使用するものです。ですが、現在日焼け止めの数は増えており、様々な種類の日焼け止めが発売されています。たくさんある日焼け止めの中から自分の理想の日焼け止めを探すには、どういったポイントに注目したら良いのでしょうか?そこで、日焼け止めを選ぶ際のおすすめのポイントをご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

SPFとPAを見よう

紫外線対策に効果的な日焼け止めはSPFとPAを見て選びましょう

日焼け止めに必ず記載しているSPFとPAとはどういったもののことなのか、皆さんはご存知でしょうか?何気なく見ている中で、数字が大きいもの、+の多いものが良いと思って選んでいる方も多いのではないでしょうか?もちろん間違ってはいないのですが、効果が高くなる分お肌への負担も大きくなってしまいます。そこで、肌質や用途によって適切な数値はそこで、まず最初に自分の必要に応じたSPFとPAの値について見ていきましょう。肌質や用途に応じて適切な値の日焼け止めを使用することで、効果もある程度あり、さらにお肌へのダメージが少ないものを選ぶことができます。


SPFとは、Sun Protection Factorの略で、3種類ある紫外線の中のUVBを防ぐ効果があります。防ぐと言っても一切日焼けしないようにしてくれるわけではなく、何も対策をしていない肌と比べた時に、紫外線が当たり始めてから日焼けするまでの時間がどれくらいになるかの目安として表記されています。通常紫外線が当たりだしてから日焼けするまでの時間は、紫外線の強さによって多少の差はでますが10~20分程度と言われています。つまり、SPFが40のものの場合は日焼けするまでの時間が通常の40倍になるということなのです。例えば日に焼けるまでの時間が10分であれば、その40倍なので400分、6時間40分になるということです。
日常生活で通勤時に外へ出るけど仕事はデスクワークという方はSPFが10~20、多少の外出をする方は20~30、レジャーでマリンスポーツを行うなど長時間外にいる方は40以上のものを使用すると良いでしょう。


PAは、Protection Grade of UVAの略で、名前の通りUVAを防ぐ効果のあるものです。PAはSPFと違い、表記が+になります。この+は1つから4つまであり、数が多ければ多いほど効果は高くなります。このPA値もシーンによって使い分けると良いでしょう。
日常生活や屋外でのスポーツなどは、PA++程度のものを、海などのレジャーで1日紫外線を浴びる場合はPA+++以上のものを選ぶのがおすすめです。

お肌に嬉しい成分

紫外線対策に効果的な日焼け止めはお肌に嬉しい成分が含まれているものを選びましょう

日焼け止めにはもちろん紫外線カット効果のある成分が十分に含まれているものが良いのですが、それ以外にも入っていると嬉しい成分があります。その中でもおすすめしたいのが保湿成分です。男性にも意外と多いのが乾燥肌の方です。乾燥肌の場合、肌荒れがしやすくなってしまったり痒くなったりと、お肌に異常が現れることが多くなります。そこで、乾燥肌の対策として重要なのが保湿なのです。保湿をすることでお肌の乾燥を防ぐことができるので、紫外線を防ぎながら乾燥対策も可能になります。主に、「ヒアルロン酸」や「セラミド」が保湿成分として配合されていることが多いので、ぜひ配合成分もチェックしてみてください。

自分の肌に合う使用感

紫外線対策に効果的な日焼け止めは自分の肌に合う使用感のものを選びましょう

女性の場合、日常的に化粧をしている方が多いので、日焼け止めも化粧の際に使用している方が多いはずです。そのため、自分の好きな日焼け止めなどが決まっていることが多いかと思います。ですが、普段化粧をする習慣のない男性はどうでしょうか?普段顔に何かを付けて外出する習慣がない方は、日焼け止めの使用感によっては違和感を感じる場合があるかもしれません。そこで、使用感にもこだわってみましょう。市販のものであれば使用感を試すことのできるテスターが置かれています。また、インターネットでのみ販売している商品に関してはなかなか試すことは難しいのですが、お試し用の小さいサイズのものを購入してみるのも良いですし、口コミなどを参考にしてみるのも良いでしょう。最近では様々な種類が発売されていることによって、様々なタイプの日焼け止めが販売されています。日焼け止めと聞いて、乳液タイプ・クリームタイプのものを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?それ以外にも、ローションタイプのものやスプレータイプのものなども発売されているので、自分の使用したい場所なども考えながら選びましょう。それぞれのタイプの特徴についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

<乳液・クリームタイプ>
最もメジャーなタイプの日焼け止めになります。使用感は少しベタつくような感覚のものも多く、使用量などを間違えて塗りすぎてしまう可能性もあります。ですが、配合されている成分は紫外線をカットするもの以外にも豊富で、保湿成分などが配合されていると乾燥肌の方でも安心して使用することができるのでおすすめです。

<ローションタイプ>
ローションタイプの日焼け止めは乳液・クリームタイプに比べてサラサラとした使用感になっています。そのため、普段のスキンケアを化粧水だけで済ませている方などでも、さっぱりと違和感なく使用することができるので人気です。

<スプレータイプ>
スプレータイプの日焼け止めは他の日焼け止めと比べると種類も多くないのですが、手軽に使用できるのが人気の1つです。名前の通り、スプレーで吹きかけるだけで日焼け止めの成分が肌につくため、あまり人前で日焼け止めを塗っている姿を見せたくないと感じている方や、外でのスポーツをしている際にサッと使用したいという方にも人気です。

落としやすい日焼け止め

紫外線対策に効果的な日焼け止めは落としやすいものを選びましょう

日焼け止めは実は様々な落とし方があります。お湯だけで落とせるものや、洗顔料やボディーソープで落とすことのできるもの、クレンジングが必要なものです。日焼け止めはお湯や洗顔料で落とすことができると思っている方も多いかと思いますが、女性が使用している下地代わりにもなるもの、汗や水に強く落ちにくいものの場合は、クレンジングを使用する必要があります。そのため、夫婦や恋人同士など男女で日焼け止めを一緒に使用している方の場合、まずはその日焼け止めの落とし方をしっかりと確認しておきましょう。万が一クレンジングが必要な場合、お湯や洗顔料などで洗うついでに落としていると思っていても、しっかりと落とせていないことが多く、毛穴に詰まってしまったりと肌荒れの原因にもなってしまうのです。また、クレンジングは落とすためには必要ですが、お肌への負担にもなってしまいます。お肌が弱い方の場合は、お湯や洗顔料など普段使用しているもので落とすことができる日焼け止めを選ぶようにしましょう。

コスパは必ずチェック

紫外線対策に効果的な日焼け止めのコスパは必ずチェックしましょう

ここまでで日焼け止めを選ぶ際に注目したいポイントについてご紹介しましたが、最後のポイントはコスパです。普段日焼け止めをあまり使用していない方だと日焼け止めが大体いくらくらいなのか、相場の検討はつきにくいですよね。ドラッグストアなどで販売されているものは、1,000円以下のものが多いですが、インターネットでのみ販売されている商品には、1,000円を超えるものもあります。もちろん、高ければ良いというわけではないのですが、高いということはそれなりの成分が配合されているということです。反対に安いと良くないというわけでもなく、高価なものと比べた時に差が出てしまうことがあるということなのです。例えば、持続性や付け心地、肌への負担などです。日焼け止めは毎日使用するものです、定期的に購入できなければ意味がないので、自分が定期的に購入することができる金額の日焼け止めを選ぶようにするのが一番です。ですが、直接肌に使用するものなので、乾燥肌や敏感肌の方は特に慎重に選ぶ必要があります。お肌に合うか不安な方は肌への負担が少なくなるように作られている、少し高価な日焼け止めを使用しても良いかもしれません。

男性のそばかす対策に!日焼け止めのおすすめ人気ランキング10

男性人気の日焼け止めおすすめランキング

そばかす対策や改善をするためには紫外線の対策が必要不可欠です。そこで、日焼け止めを選ぶ際のポイントをご紹介しました。ですが、現在発売されている日焼け止めはたくさんの種類があるため、なかなかその中から自分に合う日焼け止めを1つだけ選ぶということは難しいかと思います。そこで、男性に人気の日焼け止めをランキング形式でご紹介していきます。成分なども一覧になっているので、ぜひ選ぶ参考にしてみてはいかがでしょうか?

第10位NOV UVミルクEX

  • NOV UVミルクEX

    内容量

    35g

    価格

    2,160円

    SPF/PA

    SPF32/PA+++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    お湯で落とすことのできる敏感肌の方におすすめの日焼け止めです。使用感はとても軽く、付け心地が良いだけではなく、お肌への負担も少ないので人気の商品です。香料や着色料は不使用、紫外線吸収剤も使用しておらず、ノンコメドジェニックテスト済の商品なので、男性だけではなくお子様でも使用できるため、親子で一緒に使用することも可能です。女性には化粧下地としても使用することができるので、カップルでも家族でも様々なシーンで使用することができます。

  • 成分

    水、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、BG、ステアリン酸ソルビタン、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、PEG-10ジメチコン、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、トコフェロール、メタクリル酸メチルクロスポリマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、スクワラン、ハイドロゲンジメチコン、ベヘニルアルコール、ポリソルベート60、ヤシ脂肪酸スクロース、メチルパラベン

第9位キュレル UVローション

  • キュレル UVローション

    内容量

    60ml

    価格

    1,620円

    SPF/PA

    SPF50+/PA+++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    セラミドの働きを助け、効果的に潤いを与えるセラミドケアを行いながら、紫外線から守ってくれるそばかす対策におすすめの日焼け止めです。そのため、乾燥性敏感肌の方には特におすすめの商品です。肌に使用した際にとても伸びやすく、さらにしっとりと馴染んでくれる乳液タイプです。植物由来の消炎剤も配合されているため、日焼け後のほてりなども防いでくれる効果もあるので、夏の日焼けしやすい時期でもこの日焼け止めを使用すれば悩みが減るかもしれません。

  • 成分

    グリチルレチン酸ステアリル*、ジメチコン、低温焼成酸化Zn、シクロジメチコン、水、流動イソパラフィン、酸化Zn、アスナロエキス、酸化Ti、BG、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、POE・ジメチコン共重合体、ヘキサデシロキシPG ヒドロキシエチルヘキサデカナミド、グリセリン、シリコン被覆タルク、シリコン被覆酸化亜鉛(S)、メチルシロキサン網状重合体、メチルハイドロジェンポリシロキサン、タルク、水酸化Al、ステアリン酸、ユーカリエキス、ワセリン、パルミチン酸デキストリン、架橋型ジメチコン、ステアリン酸POE ソルビタン
    *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

第8位POLA B.Aプロテクター

  • POLA B.Aプロテクター

    内容量

    45g

    価格

    11,880円

    SPF/PA

    SPF50/PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    紫外線・近赤外線カットする効果のある成分を配合し、太陽からお肌を守るだけではなく、潤いやハリを与えることのできるそばかす対策におすすめの商品です。肌にすっと溶け込むような自然な感触のクリームが、しっかりとお肌を守ってくれます。様々な独自成分を配合して作られている日焼け止めなので、男性でも満足ができる商品かと思います。ほかの日焼け止めと比べると価格が高いため、無理をせずに購入できる方は一度試してみませんか?

  • 成分

    水、BG、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、グリセリン、水添ポリイソブテン、オリーブ油、ベヘニルアルコール、ワセリン、硫酸Ba、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ヒドロキシアルキル(C16-18)ヒドロキシダイマージリノレイルエーテル、水添ナタネ種子油、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ラウロイルリシン、イガイグリコーゲン、チョウジエキス、シャクヤクエキス、アルニカエキス、ヘチマエキス、レンゲソウエキス、イザヨイバラエキス、ゴレンシ葉エキス、マヨラナ葉エキス、加水分解コンキオリン、クララ根エキス、ヨモギエキス、スギ
    ナエキス、加水分解シルク、ステアリン酸、ベヘン酸、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、カルボマー、キサンタンガム、エタノール、水酸化K、ポリアクリル酸Na、トコフェロール、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-5、酸化チタン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ココグリセリル硫酸Na、水酸化Al、ミリスチン酸Mg、酸化亜鉛、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

第7位ビオレ UVアクアリッチ ウォータリーエッセンス

  • ビオレ UVアクアリッチ ウォータリーエッセンス

    内容量

    50g

    価格

    797円

    SPF/PA

    SPF50+/PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    汗や水に強いスーパーウォータープルーフタイプの日焼け止めになります。そのため、真夏の汗をかきやすい天気の日でも、スポーツでたくさん汗をかく日でも、いつもよりも日焼け止めが落ちにくくなるはずです。また、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは落とす時にクレンジングが必要かと思っている方も多いのではないでしょうか?ですが、こちらの商品はせっけんや洗顔料で落とすことができるので、簡単に使用しやすいのもポイント。そばかす対策におすすめの商品です。

  • 成分

    水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、(メタクリル酸ラウリル/メタクリル酸Na)クロスポリマー、安息香酸アルキル(C12-15)、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ジメチコン、エチルヘキシルトリアゾン、ジメチルシリル化シリカ、DPG、キシリトール、パルミチン酸デキストリン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ポリシリコーン-9、ステアリン酸グリセリル、AMP、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、カンテン、イソセテス-20、アルキル(C30-45)メチコン、ポリビニルアルコール、オレフィン(C30-45)、水酸化Na、BG、PG、ヒアルロン酸Na、ローヤルゼリーエキス、オレンジ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、レモン果実エキス、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、BHT、香料

第6位DHC MEN オールインワン UVプロテクションジェル

  • DHC MEN オールインワン UVプロテクションジェル

    内容量

    80g

    価格

    1,193円

    SPF/PA

    SPF27/PA++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    男性に人気のDHC MENから発売されているそばかす対策におすすめの日焼け止めになります。こちらは商品名にある通り、アフターシェーブ・化粧水・美容液・乳液・日焼け止め・ボディークリームの6役をこなしてくれる優れものになります。洗顔後にこのジェルを塗ると、すべてのスキンケアを済ませることができ、お肌への潤いもしっかりと与えてくれます。SPF・PA値はともに低く感じるかもしれませんが、あまり外へ出ない場合はこれくらいの値でも十分ですので、日常生活で使用したい方にもおすすめです。

  • 成分

    水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エタノール、(ビニルジメチコン/ メチコンシルセスキオキサン) クロスポリマー、ラウロイルサルコシンイソプロピル、グリセリン、エチルヘキシルトリアゾン、BG、ユビキノン、トレハロース、ウメ果実エキス、チャ葉エキス、加水分解コラーゲン、(アクリレーツ/ アクリル酸アルキル(C10-30)) クロスポリマー 、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、水酸化K、香料

第5位ニベアメン UVプロテクター

  • ニベアメン UVプロテクター

    内容量

    40ml

    価格

    749円

    SPF/PA

    SPF50+/PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    強力な紫外線をカットし、さらに汗や水で落ちにくいウォータープルーフタイプ。そばかす対策にも人気の日焼け止めになります。日が出ている中でのスポーツや、マリンスポーツなどが好きな方にはおすすめの日焼け止めです。さらに皮脂吸着成分を配合しているため、男性に多いテカリやベタつきを抑えながら紫外線を防ぐことができます。使用感も嫌なベタつき感がなくさらっと使用でき、白く残りにくいので日焼け止めを塗っているのがバレたくない方にも人気です。

  • 成分

    水、シクロペンタシロキサン、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化亜鉛、トリシロキサン、ジメチコン、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、イソノナン酸イソノニル、タルク、ポリメチルシルセスキオキサン、オクテニルコハク酸デンプンAl、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、トリエトキシカプリリルシラン、エチルヘキシルトリアゾン、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、ヒドロキシアパタイト、アセチルヒアルロン酸Na、(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー、マイカ、酢酸トコフェロール、硫酸Mg、BHT、フェノキシエタノール、香料

第4位サンメディックUV薬用サンプロテクト EX a

  • サンメディックUV薬用サンプロテクト EX a

    内容量

    50ml

    価格

    2,268円

    SPF/PA

    SPF50+/PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    そばかす対策だけでなく、シミや肌荒れ、乾燥の原因にもなるメラニンの生成を抑えてくれる成分を配合しています。使用感はとにかく肌なじみが良いと人気で、伸びも良く使用後にはサラサラとした触り心地になっています。無添加処方・アレルギーテスト済といった結果で、お肌の弱い方でも安心して使用することのできる日焼け止めを発売していますオールインワンとして使用することができるので、普段スキンケアを行っていない方でも日焼け止めを使用するついでにスキンケアを行うことができます。

  • 成分

    トラネキサム酸*,タイムエキス(1),ウコンエキス,ユビデカレノン,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,精製水,デカメチルシクロペンタシロキサン,パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル,1,3-ブチレングリコール,メチルポリシロキサン,濃グリセリン,ジプロピレングリコール,含水ケイ酸,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,α-オレフィンオリゴマー,デカメチルテトラシロキサン,ポリプロピレングリコール, フェニルベンズイミダゾールスルホン酸,2,4-ビス-[{4-(2-エチルヘキシルオキシ)-2-ヒドロキシ}-フェニル]-6-(4-メトキシフェニル)-1,3,5-トリアジン, イ
    ソステアリン酸,トリエタノールアミン,キシリット,2-[4-(ジエチルアミノ)-2-ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステル,ヘキサメチレンジイソシアネート/トリメチロールヘキシルラクトン架橋ポリマー,架橋型N,N-ジメチルアクリルアミド-2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸ナトリウム共重合体,セスキイソステアリン酸ソルビタン,サクシノグルカン,クエン酸,ジブチルヒドロキシトルエン, エデト酸二ナトリウム, 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース,無水ケイ酸,クエン酸ナトリウム,トリメチルシロキシケイ酸,フェノキシエタノール,低温焼成酸化亜鉛
    * は「有効成分」無表示は「その他の成分」

第3位アネッサ パーフェクトUVスキンケアミルク

  • アネッサ パーフェクトUVスキンケアミルク

    内容量

    60ml

    価格

    2,678円

    SPF/PA

    SPF50+/PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    夏になるとCMで見かけることもあるアネッサの日焼け止めは、UV防御力が高いだけではなく、スキンケア成分を50%配合して作られています。また、汗をかいたり水に触れるとUVブロック膜がさらに強力になる「アクアブースター技術」で、お肌を紫外線からしっかりと守ってくれます。そのため、外での仕事やスポーツ、海などに行く機会が多い方のそばかす対策におすすめの日焼け止めです。さらに、石鹸で落とすことができるのも魅力の1つです。

  • 成分

    ジメチコン,水,酸化亜鉛,エタノール,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,タルク,ミリスチン酸イソプロピル,メタクリル酸メチルクロスポリマー,シクロペンタシロキサン,イソドデカン,オクトクリレン,酸化チタン,PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル,グリセリン,セバシン酸ジイソプロピル,(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー,シリカ,パルミチン酸デキストリン,キシリトール,トリメチルシロキシケイ酸,ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン,PEG/PPG-14/7 ジメチルエーテル,塩化Na,チャエキス,サクラ葉エキス,カニナバラ果実エキス,アセチルヒアルロン酸Na,トルメンチラ根エキス,アロエベラ葉エキス,水溶性コラーゲン,PPG-17,トリエトキシカプリリルシラン,イソステアリン酸,ジステアリルジモニウムクロリド,ジステアルジモニウムヘクトライト,水酸化Al,ステアリン酸,EDTA-3Na,BHT,トコフェロール,イソプロパノール,BG,ピロ亜硫酸Na,フェノキシエタノール,香料

第2位ZIGEN UVクリーム ジェル

  • ZIGEN UVクリーム ジェル

    内容量

    50g

    価格

    3,240円

    SPF/PA

    SPF21/PA++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    男性のスキンケア商品で人気の高いZIGEN から発売されているそばかす対策におすすめの日焼け止めは、男性の肌のことを考えられています。そのため、男性に多いテカりやすい・ベタつきやすい肌でも気にせずに使用できるように、吸水性のある成分を配合。さらに、日焼け止めはついつい塗った直後に肌がベタつき勝ちですが、この日焼け止めは塗った直後からサラサラな肌を実現してくれます。また、白浮きをしないようにアミノ酸処理をしているため、日焼け止めを付けていることが気にならないはずです。

  • 成分

    水/酸化亜鉛/ネオペンタン酸イソデシル/イソノナン酸イソノニル/プロパンジオール/ペンチレングリコール/酸化チタン/(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー/スクワラン/ラウロイルグルタミン酸Na/水酸化Al/含水シリカ/ポリソルベート60/リシン/塩化Mg/グリチルリチン酸2K/BG/ヒアルロン酸Na/ゲンチアナ根エキス/フェノキシエタノール/酸化鉄/イソステアリン酸ソルビタン/ウェランガム/セスキイソステアリン酸ソルビタン

第1位クワトロボタニコ ボタニカルデイトリートメント&UVブロック

  • クワトロボタニコ ボタニカルデイトリートメント&UVブロック

    内容量

    30g

    価格

    1,998円

    SPF/PA

    SPF50+/PA++++

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    SPF・PA値ともに国内で最高値のため、とにかく紫外線を対策したいと思っている方、長時間外にいることの多い方や、スポーツをしている方にはおすすめの日焼け止めになります。紫外線をカットするだけではなく、紫外線を受けてダメージを負ってしまった肌をケアするための美容成分も配合されています。皮脂によるテカリは約8時間抑制することができる優れものなので、男性特有の肌の悩みを抱えている方にぜひ使用してもらいたい商品です。

  • 成分

    水/シクロペンタシロキサン/酸化亜鉛/メトキシケイヒ酸エチルヘキシル/ネオペンタン酸イソステアリル/BG/ジメチコン/PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン/酸化チタン/グリセリン/ポリメチルシルセスキオキサン/ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン/ビルベリー葉エキス/オウゴン根エキス/チガヤ根エキス/チャ葉エキス/サトウカエデ樹液/ユキノシタエキス/ベルガモット果実油/ローズマリー油/パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na/グリチルレチン酸ステアリル/ジメチルシリル化シリカ/(アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー/ハイドロゲンジメチコン/シリカ/ステアリン酸 / 塩化Na / 水酸化Al / ジステアルジモニウムヘクトライト / PEG-10ジメチコン /(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル/PEG-8/カルボマー/(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー/ナイロン-12/フェノキシエタノール/エタノール

男性のそばかす対策に!日焼け止めの使い方

そばかす対策用の自分の肌に合う日焼け止めは見つかりましたか?日焼け止めを選んだら使ってみましょう。ですが、ここでもポイントがあります。日焼け止めは塗ればいいと思っている方も多いのではないでしょうか?もちろん、塗って使用するものではあるのですが、塗る際にも注意するポイントがいくつかあります。そこで、次に日焼け止めの使い方について確認していきましょう。普段何気なく使用していた日焼け止めでも、使い方を正しくするだけで効果が変わってくるはずです。

日焼け止めの使用方法

紫外線をしっかりカットする日焼け止めの使用方法

そばかす対策のために日焼け止めを使用する前にまずは化粧水でお肌を整えます。日焼け止めは刺激の少ないものも増えてきていますが、全く刺激がないと言ったら嘘になります。そこで、できるだけお肌に負担をかけないように、塗る前に化粧水で保護をしてあげましょう。
しっかりと保護ができたら日焼け止めを塗っていきましょう。日焼け止めを塗る際に心がけたいのが、「ムラと隙間をなくす」ということです。特に顔は凹凸が多い部分であるため、ついつい塗りムラが出てしまったり、塗り忘れてしまうこともあります。特に忘れてしまいがちなのが、鼻の脇・髪の生え際・耳です。ここは普段意識をしていないとついつい忘れてしまって日に焼けてしまったということもあるので気を付けましょう。翌日顔を見て日に焼けてしまった部分は注意をして日焼け止めを塗るようにすると、紫外線を防ぎやすくなるはずです。
落とす時も必ず忘れずに落としましょう。落とし方は日焼け止めによって異なるので、しっかりと説明に従って落としてください。どうせ汗で落ちていると思っていても、ところどころ残っていることは多いので、気を付けましょう。
また、お肌が弱くていきなり日焼け止めを使用するのは不安という方は、まずはパッチテストをしてみてください。パッチテストを行うことで自分の肌に合わないものかどうかを確認することができるので、安心して使用することができます。万が一肌に異常が現れてしまった場合は、使用せず医療機関で診察してもらいましょう。

日焼け止めの効果を持続させるコツは?

紫外線をしっかりカットする日焼け止めの効果を持続させるコツは?

日焼け止めは一度塗れば一日もつというものではありません。そこで、こまめに塗りなおす必要があります。理想的なのは2~3時間おきです。また、塗りなおす際には汗や皮脂を一度落としてから使用すると効果的なので、脂取り紙などで軽く皮脂を取ってから使用してあげましょう。また、スポーツなどの場面では、どうしても時間をかけたくないという方も多いかと思います。そのような場合には、スプレータイプの日焼け止めを使用するとサッと日焼け止めを塗りなおすことができるので、おすすめです。このように利用するシーンに合わせて日焼け止めの種類を変えるとさらに対策がしやすくなります。

まとめ

今回は男性のそばかす対策におすすめの日焼け止めをご紹介しましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・SPF とPA 値は必要に応じて選ぶ
・使用方法に合わせて日焼け止めの種類を決める
・こまめに塗りなおすことで効果をキープする
ということです。

そばかす改善のためには実は紫外線対策が効果的ですが、それだけではなく日常生活でも改善できる部分は改善をし、少しでも自分のお肌にプラスになるような生活に変えていくことが大切です。ぜひ今日から紫外線対策や日常生活の改善を始めてみませんか?

Share on

Share on

PAGE TOP