メイク道具・ケアグッズ
  • 2019.1.8 メイク道具・ケアグッズ

    夜用アイプチのおすすめ人気ランキング7選

    ドラッグストアやネット通販などで簡単に購入することができ、いつでも手軽に二重まぶたにすることができる「アイプチ」は、一重や奥二重で悩んでいる方、整形手術に抵抗があるという方には欠かせないアイテムです。しかし、二重を作るのにどうしても時間がかかってしまったり、アイプチを使用しているのがバレてしまうのが心配だったりなどの悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、「夜用アイプチ」です。夜用のアイプチは、寝ている間に二重のクセ付けができるため、いつものアイプチを使用する際に二重まぶたが作りやすくなったり、夜用アイプチを継続して使用することで、アイプチを使わなくても自然な二重を手に入れることが期待できます。今回は、おすすめの夜用アイプチについてご紹介させていただきます。

夜用アイプチとは

ここでは、まぶたにテープや糊状の液体などをつけてまぶたを折り込み接着することにより、人工的に二重まぶたを形成するアイメイク用品を総称して「アイプチ」と呼んでいますが、実は「アイプチ」は商標登録されている商品名のため、他社の商品には「アイプチ」という言葉が使われておりません。一重まぶたが多い傾向にある日本人は、ぱっちりした二重に憧れる方が多いことや、手術をしなくても手軽に二重にすることができるなどの理由から、アイプチは人気のアイテムとなっています。

「夜用アイプチ」は、夜寝る前につけることで眠っている間に二重のクセをつけることができるアイテムです。寝ている間にクセをつけることで次の日にアイプチを使用する手間が省けたり、日中用のアイプチを使用する際も二重まぶたが作りやすくなり時間の短縮に繋がったり、毎日使用することでアイプチを使わなくても本当の二重になるなどの効果が期待できます。また、日中用のアイプチはコツをつかむのに時間がかかったり、アイプチをしているのがバレないか周りの視線が気になったりすることもあると思いますが、夜用アイプチは寝ている間につけるものなので、見た目を気にする必要がありません。それだけではなく、寝ている間はまばたきをしないため、二重のクセがつけやすいというメリットもあります。夜用のアイプチは寝ている間つけっぱなしのため、長時間使用することを考えてまぶたへの負担を抑えたやさしい成分で作られており、商品によっては美容成分や保湿成分などが配合されている、目元のケアまで行えるものもあります。夜用といっても日中に使用してはいけないというわけではなく、低刺激性のため就寝時以外でも使うことができます。ただし、日中用のアイプチは夜用のように二重のクセをつけることが目的ではなく、二重をつくることが目的のアイテムなので、二重をキープするために接着力が強力で、まぶたに大きな負担がかかるものが多くあります。そのため、日中用のアイプチを夜寝るときに使用するのはおすすめできません。むくみや肌荒れなどを起こしてまぶたの状態を悪化させないためにも、就寝時は夜用のアイプチを使用するように心がけましょう。また、アイプチで二重のクセをつけることはまぶたをリフトアップすることにも繋がるため、たるみやすいまぶたをリフトアップする効果も期待できます。

夜用アイプチを選ぶおすすめのポイント

アイプチの形状で選ぶ

夜用アイプチはアイプチの形状で選びましょう

夜用のアイプチには、大きく分けてリキッドタイプとテープタイプがあります。

・リキッドタイプ
リキッドタイプは、糊状の液体を二重にしたい部分に塗布し、まぶたの皮膚どうしをくっつけることで二重をつくることができるタイプのものです。初心者の方でも挑戦しやすくなっています。リキッドタイプは皮膚どうしを接着させるため、二重をしっかりキープすることができますが、配合成分によっては、肌が荒れやすくなったりまぶたがつっぱりやすくなったりします。また、まぶたが厚いとはじかれる可能性が高く、せっかく二重にしてもまぶたの重さで一重に戻りやすいなどのデメリットもあります。

・テープタイプ
二重にしたい部分にテープを貼るだけで二重まぶたをつくることができます。リキッドタイプと違って液の量を調整したり乾かしたりする必要がなく、自分のまぶたの厚さに合わせてテープの種類を選ぶこともできます。テープタイプには、接着面が両面のものと片面だけのものがあり、両面接着式のアイテープは、テープの両面にまぶたをくっつけることができるため二重のラインを固定しやすく、厚めで重ためのまぶたでも二重を強力にキープすることができます。片面接着式は接着面が片面だけのため、肌にやさしく、まぶたが薄めの方に向いています。しかし、テープは一度剥がすと粘着力が弱まるため、一度失敗してしまうと張り直しがきかず、新しいテープを使う必要があります。

まぶたの厚さに合ったものを

夜用アイプチはまぶたの厚さに合ったものを選びましょう

まぶたの厚さは人によりさまざまです。どんなに評判の良い商品を選んでも、自分のまぶたに合わないアイプチを使用しては意味がありません。自分のまぶたが厚いか薄いかは、まぶたが腫れぼったく感じる・まぶたがすっきりしているなど、見た目で判断する方がほとんどだと思いますが、目をつぶって黒目を動かした際に、目が動いているのがわかりづらければまぶたが厚い人、目が動いているのがわかればまぶたが薄い人と判断する方法もあります。先ほどご説明したように、アイプチはまぶたの厚さごとに使いやすいタイプがあり、まぶたが薄く軽い方はリキッドタイプ、厚く腫れぼったい方には両面接着式のテープタイプがおすすめです。しかし、商品によって粘着力などが異なるため、最終的には自分のまぶたと相性が良い商品を選べるようにしましょう。また、まぶたが厚くなるほど粘着力が高いアイプチを使用するのがおすすめですが、粘着力が高くしっかりクセ付けできる分、肌への負担が大きくなるため、肌が弱い方は特に注意が必要です。

まぶたに負担がかからないものを

夜用アイプチはまぶたに負担がかからないものを選びましょう

夜用アイプチは長時間使用することを考え、低刺激性で肌にやさしい成分や素材でつくられているものが多くありますが、二重のクセをつけるためにまぶたどうしをくっつけるという特性上、まぶたにまったく負担がかからないというわけではありません。低刺激性のものでも、接着成分などが自分の肌に合わなければ、肌荒れやかぶれなどのトラブルを起こす原因にもなってしまいます。また、ぱっちりとした二重に憧れてつい強力にクセ付けできるものを選んでしまいがちですが、アイプチは接着力が高いほど肌への負担が大きくなります。特に夜用は寝ている間はずっとつけっぱなしにするということもあり、なるべく刺激の強いものは避けたいところです。
夜用アイプチを選ぶ際は、配合されている成分や使われている素材などはしっかりチェックするようにし、リキッドタイプの場合は、美容成分や保湿成分、抗炎症作用や収れん作用がある成分などが豊富に配合され、まぶたの負担を軽減しまぶたをケアする効果が期待できるものや、肌にやさしい植物由来の成分が多く使われているもの、合成着色料や香料、界面活性剤などの添加物がなるべく配合されていないなど、肌への刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。テープタイプの場合は、医療用の低刺激粘着テープを使用しているものがおすすめです。特にアレルギー体質の方は、リキッドタイプのアイプチに配合されていることが多い接着成分(アクリル粘着剤やゴムラテックスなど)や防腐剤などの添加物に反応してアレルギー症状を引き起こす可能性があるため、心配な方はテープタイプの使用がおすすめです。しかし、人によって体質は違うため、テープタイプが必ずしも肌に合うというわけでないですし、最近はリキッドタイプでも肌への刺激になる成分が抑えられ、敏感肌の方でも使いやすい処方になっているものもあります。例えば、接着成分である「コポリマー」は、高い粘着力がありながら肌への刺激が少ない成分で、アレルギー症状や肌トラブルを起こす危険性も低いです。

価格があまりにも安いものは避ける

夜用アイプチは価格があまりにも安いものは避けましょう

まぶたの厚さは人によりさまざまです。どんなに評判の良い商品を選んでも、夜用アイプチは、お手軽な価格で購入できるものから、5,000円以上するものまでさまざまあります。値段が高いものが必ずしも良い商品とは限りませんが、価格が安い商品はその分安い原料を使っているなど配合成分に問題がある場合があり、肌トラブルを起こす危険性が高くなります。また、通常価格よりもかなり安い値段で売られている商品は、古い商品という可能性があります。特にリキッドアイプの商品は成分や品質が劣化している可能性があるため、注意が必要です。夜用アイプチは継続的に使用することが大切ですが、だからといって安価な商品を選んでしまうと、肌に大きな負担をかけてしまうだけでなく、効果がいまいち感じられないという場合もあります。アイプチは肌に直接使うものですし、目元は特にデリケートな部分です。あまりにも安い価格の商品は購入しないようにし、安心して使用できるものを選ぶようにしましょう。

夜用アイプチのおすすめ人気ランキング7選

第7位ふたえナイトパック リッチ&ハード

  • ふたえナイトパック リッチ&ハード

    内容量

    15g

    価格

    1,728円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    デリケートな目元をいたわる保湿成分が配合されており、ノンアルコール・ノンラテックスで肌にやさしい処方になっています。肌が敏感という方にもおすすめです。寝ている間にしっかりクセづけし、クッキリした二重まぶたを目指すことができます。

  • 成分

    水、エタノール、ポリビニルアルコール、グリセリン、フェノキシエタノール、リン酸Na、レシチン、ダイズ油、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、加水分解ローヤルゼリータンパ
    ク、ハナスゲ根エキス、水添ポリイソブテン、トコフェロール、ヘスペリジンメチルカルコン、ステアレス-20、ジペプチド-2、パルミトイルテトラペプチド-7、ソルビン酸K、グルコン酸クロルヘキシジン、フラーレン、PVP、BG、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、メチルパラベン、アセチルヒアルロン酸Na、キハダ樹皮エキス、カルボマーK

第6位コジット ふたえ用アイリキッド夜用

  • コジット ふたえ用アイリキッド夜用

    内容量

    4.5ml

    価格

    1,620円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    初心者の方でも使いやすいプッシャー付きです。寝ている間にしっかりクセをつけて、気づかれにくい自然な二重にします。保湿効果のあるオトギリソウエキスやヒアルロン酸Na、肌を柔軟に保つセイヨウキズタエキスやハマメリスエキス、肌を健やかに保つグリチルリチン酸2Kが配合されています。

  • 成分

    水、エタノール、BG、(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP、(ビニルピロリドン/VA)コポリマー、変性アルコール、(アクリル酸アルキル/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマー、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、ハマメリスエキス、セイヨウキズタエキス、オトギリソウエキス、AMP、ラウリル硫酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

第5位プレビュート 夜用ふたえメイク

  • プレビュート 夜用ふたえメイク

    内容量

    5ml

    価格

    1,058円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    内容成分の50パーセント以上に植物由来の成分や保湿美容液成分が配合されており、肌が弱い方でも使いやすい処方になっています。まぶたの負担を抑えながら、寝ている間に自然できれいな二重にクセづけすることができます。

  • 成分

    エタノール、(ジメチルアクリルアミド/アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリル酸メトキシエチル)コポリマー、水、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー、レシチン、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA、PCA-Na、グリチルリチン酸2K、BG、クエン酸、クエン酸Na、乳酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

第4位コジット ふたえ用 アイテープ 夜用

  • コジット ふたえ用 アイテープ 夜用

    内容量

    2mm幅テープ1巻、プッシャー1本、ハサミ1本

    価格

    723円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    医療用粘着剤を使用した幅2mmの極細のアイテープで、寝ている間に二重のクセをつくります。弱めの粘着力のため、一晩中つけても肌に負担がかかりません。初心者の方でも二重の位置づけがしやすい、特殊プッシャーになっています。

  • 材質

    マテープ:和紙、粘着剤(医療用)
    プッシャー:ポリプロピレン
    ハサミ:ステンレス(取っ手:ABS樹脂)

第3位トミーリッチ アイエッポ・ナイト

  • トミーリッチ アイエッポ・ナイト

    内容量

    10ml

    価格

    2,060円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    美容先進国の韓国で考案された、水溶性コラーゲン、ローズマリーエキス配合の二重まぶた液です。無合成着色料、無香料、無鉱物油で肌にやさしい処方になっています。まばたきしない睡眠中に、自然なふたえにしっかりクセづけします。

  • 成分

    水、エタノール、アクリレーツコポリマー、(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー、ペンチレングリコール、メチルパラベン、BG、グリチルリチン酸2K、カミツレエキス、キダチアロエエキス、ポリクオクタニウム-51、エブリコエキス、PEG-40水添ヒマシ油、ローズマリーエキス、カニナバラ果実エキス、水溶性コラーゲン

第2位StreeTrend ナイトアイボーテII

  • StreeTrend ナイトアイボーテII

    内容量

    3ml

    価格

    5,280円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    刺激を最小限に抑えながら、二重まぶたにクセ付けする成分を高配合。さらに、美容成分や美肌成分も配合されているため、次の日の朝に目がむくみにくく、まぶたがかぶれにくいため、長時間の接着による肌負担も軽減されています。

  • 成分

    記載なし

第1位メジカライナー ナイト&ハード

  • メジカライナー ナイト&ハード

    内容量

    2ml

    価格

    1,625円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    プッシャー不要のスパチュラタイプで、容器の先端からまぶたに直接塗ることができます。目を閉じた状態でもしっかりクセづけできる強い粘着力で、くっきりした理想の二重を目指せます。44種類の植物エキス配合で肌に嬉しい処方になっています。

  • 成分

    水、エタノール、(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、プラセンタエキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、グリチルリチン酸2K、マグワ根皮エキス、オタネニンジン根エキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、ローヤルゼリーエキス、ハトムギ種子エキス、ビルベリー果実エキス、サトウキビエキス、サトウカエデエキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ソルビトール、イチョウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、パリエタリアエキス、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、ゼニアオイ花エキス、クララ根エキス、ノイバラ果実エキス、アロエベラ葉エキス、チャ葉エキス、アロエベラ液汁、セイヨウニワトコ花エキス、アーチチョーク葉エキス、ナギイカダ根エキス、トウキンセンカ花エキス、ブドウ葉エキス、ホップ花エキス、ダイズ種子エキス、ハマメリス葉エキス、スギナエキス、ヤグルマギク花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ヒバマタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、キュウリ果実エキス、ローマカミツレ花エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ソメイヨシノ葉エキス、シアノコバラミン

夜用アイプチの使い方

夜用アイプチを使用する前に

夜用アイプチを使用する前に

①まぶたのむくみを取る
まぶたがむくんでいると、二重のクセが付きにくくなります。夜用アイプチを使用する前にまぶたのむくみが気になる場合は、まずはむくみを取るようにしましょう。まぶたのむくみを解消するには、蒸しタオルを使用する方法や、ツボを押すなどの方法があります。蒸しタオルは、水に濡らしたタオルを軽く絞ったあと、そのまま耐熱皿に乗せるかタオルをラップでくるみ、500W~600Wの電子レンジで約1分温めるだけで簡単に作ることができます。蒸しタオルをまぶたに当てると血行が促進されるため、むくみを解消することができおすすめです。また、こめかみや目頭、眉頭は、まぶたのむくみを解消するツボの部分です。2秒押したら2秒空けるを1セットとし、各部分5セットずつ行うのがおすすめです。このツボはむくみを解消するだけでなく、目の疲労を回復させたり、まぶたのたるみを改善させたりする効果も期待できるため、腫れぼったいまぶたに悩んでいる方にはむくみが気にあらない時でもおすすめのツボになります。

②アイプチを使用する前にまぶたの汚れを落とす
メイクをする際に使用することが多い日中用のアイプチとは違って、夜用アイプチは就寝前に、素肌に直接使用します。まぶたに皮脂や汗、メイクなどの汚れが付着したままだとリキッドやテープが付きづらくなるため、洗顔でしっかり汚れを落としてから肌に使用するようにしましょう。洗顔した後は、化粧水で肌を整えます。乳液は油分が含まれているため、まぶたには塗りすぎに注意するようにしましょう。まぶたは乾燥しやすい部分ではありますが、もし洗顔した後もまぶたの皮脂が気になる場合は、拭き取り化粧水を使ってコットンで余分な油分を拭き取るのもおすすめです。目元はデリケートな部分なので、やさしい力で拭き取るようにしてください。まぶたが湿っている状態だとリキッドやテープが付きづらくなるため、化粧水がしっかり浸透し肌が乾いてきたら、アイプチを使用します。

③二重にしたい部分を確認する
リキッドやテープを使用する前に、まずは二重にしたいラインを決めておきます。二重のタイプは奥二重の他に、二重幅が一定で欧米人に多い「平行型」や、奥二重に近く目尻の二重幅が広い「末広型」があります。平行型の二重の方が目がぱっちりしていて大きく見えますが、人によっては平行型の二重だと不自然で似合わないという場合もあります。また、目を大きく見せようとして二重の幅が広すぎても、皮膚どうしがくっつきにくいため二重が取れやすくなり、失敗の原因になります。自分の憧れの二重ラインや、自分の顔に合う二重のタイプはどれか、アイプチを使用する前に、プッシャーを軽く当てながら目を開けたり閉じたりしていろいろ試してみるのがおすすめです。二重のラインが決まったら、二重にしたいラインに沿って糊をつけたりテープを貼り付けたりしましょう。リキッドタイプの場合は、糊のつけすぎに注意するようにしてください。

プッシャーを使用する際は強い力で押し込まない

夜用アイプチのプッシャーを使用する際は強い力で押し込まないようにしましょう

まぶたに糊を付けた後、またはテープを貼りつける際にプッシャーを使用しますが、二重をしっかり作ろうとしてプッシャーをまぶたに強く押し当ててしまうと、目を傷つけたり、まぶたの筋肉を損傷させ、たるみの原因になったりします。また、特にリキッドタイプの場合だと、強く押し当てることでプッシャーにアイプチがくっついてしまい、汚く仕上がったり、よれやすくなったりします。プッシャーはやさしく押し込むようにし、約10~20秒間そのままキープして二重を固めていきます。二重のクセ付けが終わったらプッシャーを使って二重全体を整えます。目尻と目頭は取れやすいため、プッシャーを数回軽く当てていくのがポイントになります。

まぶたが厚い場合は重ね塗りがおすすめ

まぶたが厚い方でリキッドタイプを使用する場合は、二重にしたいラインに沿ってアイプチを薄く塗って乾かした後、その上からアイプチを薄く塗ってまた乾かすという工程を2、3回ほど繰り返すと、二重をきれいにキープしやすくなりおすすめです。

夜用アイプチの落とし方

夜用アイプチの落とし方

朝起きたらアイプチを落とします。アイプチを落とす際に無理に落とそうとして強くこすったりすると、肌への刺激になってまぶたがかぶれたり腫れてしまったり、落ちたアイプチが目に入ったりする場合があります。また、まぶたへの強い刺激はたるみの原因にもなります。ゴシゴシ洗わないように、洗顔料などを使ってやさしく落としていくようにしましょう。洗顔前に、お湯に浸したコットンをまぶたの上に乗せてアイプチをふやかし、コットンで軽く拭き取ってから洗うと、まぶたの負担を抑えながら落とすことができるためおすすめです。また、アイプチを使用した後は肌の水分や油分が不足しまぶたが乾燥しやすい状態になっているため、保湿ケアはしっかり行うようにしましょう。

夜用アイプチの注意点

二重になるまでに時間がかかる

夜用アイプチは二重になるまでに時間がかかります

夜用アイプチは、毎日継続して使用することで、アイプチを使用しなくても二重になる効果が期待できるのが特徴の一つですが、まぶたの特徴は人それぞれ異なるため、二重のクセがつくまでに短い人でも1ヶ月以上、長い人で3年以上かかる人がいます。特に日本人の8割が持っていると言われる「蒙古ひだ」は、目頭を覆うひだのことを言いますが、クマや目のシワができにくいというメリットがある反面、二重のラインを作りにくい原因の一つになっています。西洋人は目のクマやシワができやすく東洋人より老けて見えますが、西洋人に二重の方が多いのは蒙古ひだがないためです。二重のクセをつける期間をできるだけ短くしたい方は、先ほど紹介した蒸しタオルやツボ押しで日頃からまぶたのむくみケアを心がけたり、まぶたの脂肪を落とすエクササイズを行うのもおすすめです。まぶたの脂肪を減らす眼輪筋エクササイズの一つで、二重に必要な筋力を鍛えるトレーニングの一つに、まず、リラックスした状態で目を閉じた後、目を閉じながら上を見るようにまぶたに力を入れます。そのまま、眉をなるべく動かさないように目を開き、開いたときに二重になった状態でそのまま5秒キープします。これを続けることで目の筋力を鍛え、二重のクセをつける期間を短くすることにも繋がります。

肌に異常が現れた場合はすぐに使用を中止する

夜用アイプチで肌に異常が現れた場合はすぐに使用を中止しましょう

どんなにやさしい成分のものでも、使う人によっては肌荒れやアレルギー症状を起こしてしまう可能性があるため、夜用アイプチを使用する前に、まずはパッチテストを行うことをおすすめします。まぶたに使用してから自分の肌に合わないと気付くよりは、肌トラブルを最小限に抑えることができます。パッチテストを行いかゆみや赤みなどの症状が出た場合は使用を中止するようにしましょう。

まとめ

今回は夜用アイプチをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分のまぶたの厚さにあったものを選ぶ
・配合されている成分などを確認して、まぶたになるべく負担がかからないものを選ぶ
・二重のクセがつくのに時間がかかる場合がある
ということです。

夜用アイプチは、寝る前につけるだけで手軽に二重のクセづけをすることができ、自然な仕上がりも期待できます。一重や奥二重に悩んでいる方で、これからアイプチを使用しようと考えている方だけでなく、日中用のアイプチでバレないようにきれいな二重を作ることが難しいと感じる方や、朝の忙しい時間にアイプチを使用するのが大変という方にもおすすめのアイテムです。ぜひ自分に合った夜用アイプチを見つけて、憧れのぱっちり二重を目指してみてはいかがでしょうか。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP