メンズビューティー
  • 2019.1.9 メンズビューティー

    男性向けアイプチのおすすめ人気ランキング8選

    一重まぶたや奥二重に悩んでいるけど手術するのは抵抗があるという男性の方には、アイプチの使用がおすすめです。男がアイプチを使うなんて…と思う方もいるかもしれませんが、今はアイプチを使用しているのがわからないほど、自然な二重に仕上がるものや、夜寝ている間にクセ付けできるものまで様々あります。また、アイプチで年齢によるまぶたのたるみをリフトアップさせることもでき、腫れぼったいまぶたをくっきりとした二重に変えるだけで第一印象も大きく変わります。今回は、一重や奥二重などまぶたに悩みを持つ方のために、男性におすすめのアイプチや、選び方などについてご紹介させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

アイプチとは

「アイプチ」とは、粘着色のある糊状の液体やテープなどをまぶたにつけて、人工的に二重にするアイテムのことです。「アイプチ」という言葉は、本来、商標登録された商品名であるため、他の会社の商品には「アイプチ」という名前を使うことができません。しかし現在では、「アイプチ」というと「二重まぶた形成化粧品」の総称として多くの人に知られています。手術に抵抗がある方でも、アイプチなら、ネット通販やドラッグストアなどで手軽に購入し簡単に二重まぶたを形成することができますし、現在では男女問わず二重に憧れる方が多いということからも、人気が続くアイテムとなっています。

〈アイプチの種類について〉
アイプチといってもさまざまなタイプのものがあり、種類によって使い方や仕上がり方も異なります。まずはそれぞれの特徴についてご説明させていただきます。

■リキッドタイプ
リキッドタイプは、アイプチの中で最も多くの種類があり、糊状の液体をまぶたに塗布することで二重のラインをつくります。自分のまぶたの状態や好みに合わせて塗る量や塗る範囲を調整できるのが特徴です。リキッドタイプには、まぶたどうしをくっつけて二重を作る「接着式」と、まぶたどうしをくっつけずに二重を作る「非接着式」があります。

・接着式(粘着式)
まぶたに糊状の液体を塗り、プッシャーなどを使ってまぶたどうしをくっつけることで、二重のラインをつくります。非接着式より二重を作りやすく、接着力や二重のキープ力も高いことから、初心者の方でも扱いやすく、まぶたが厚めの方にもおすすめのタイプになります。しかし、まぶたどうしを接着していることから、まばたきがしづらく、目を完全に閉じることができないためドライアイになりやすかったり、つっぱり感が気になってしまったり、まぶたを閉じた際にアイプチをしているのがバレやすかったりなどのデメリットもあります。粘着式とも呼ばれています。

・非接着式(非粘着式、折り込み式、皮膜タイプ)
非接着式は、まぶたに液体を塗り乾かすことでそれが極薄の膜となり、目を開けた際にその薄い膜によってまぶたが折り込まれることで、二重まぶたを形成することができるタイプのものです。接着式のようにまぶたどうしをくっつけないため、皮膚が伸びてまぶたがたるんでしまうなどの心配がほとんどなく、目を閉じても自然なのでバレにくいことや、つっぱり感が気にならないなどのメリットがあります。しかし、非接着式は二重をつくるのにコツが必要で、慣れるまでに時間がかかってしまったり、まぶたが厚めの方は二重になりにくい場合があったり、接着式と比べると価格が高い傾向にあるなどのデメリットもあります。非接着式は、非粘着式や折り込み式、皮膜タイプともいわれています。

■テープタイプ
テープタイプは、シールのようになっているアイテープをまぶたに貼るだけで二重を作ることができるタイプのものです。リキッドタイプのように液を調整したり、塗った後に乾かしたりする時間も必要ないため、手軽に二重ラインを作ることができます。テープタイプには、接着面が片面だけになっている「片面接着式」や、両面が接着面になっている「両面接着式」、テープが細い糸のような形状になっている「ファイバータイプ」があります。

・片面接着式
アイテープをまぶたに貼り、目を開けた際にテープの上にまぶたが重なることで二重のラインを作ることができます。片面だけが接着面になっているため、いつものように目を開けたり閉じたりすることができ、扱いやすいため初心者の方にもおすすめです。しかし、まぶたを閉じた時やまばたきをした時にアイテープが見えてしまうことや、まぶたが厚い方は二重になりにくいことがあります。

・両面接着式
アイテープをまぶたに貼り、テープの両面でまぶたをくっつけることで二重ラインを作ります。両面接着式は接着面が両面についていることから、二重のラインをしっかり固定してくれるため、くっきりした二重を作れることや、アイテープがまぶたの奥に隠れるため、まばたきをしてもアイテープを貼っていることがバレにくいというメリットがありますが、つっぱり感が気になる場合があります。

・ファイバータイプ
粘着性のある細い糸のようなテープをまぶたにくい込ませ、まぶたに溝を作ることで二重のラインをつくります。伸縮性があり、まぶたにしっかりくい込むため、目を閉じてもバレにくく、一重や奥二重でもくっきりとした二重を作ることができます。また、接着式のアイプチよりまぶたへの負担が少なく、現在は医療用の粘着剤などを使用している商品が多いため、肌が弱い方でも安心して使用することができます。しかし、きれいな二重を作るのに慣れるまで時間がかかってしまうことや、まぶたが厚いと二重になりにくい場合があります。

■夜用アイプチ
夜用アイプチは、就寝前に液やテープをまぶたにつけ、寝ている間にクセをつけることで二重まぶたをつくるタイプのものです。夜のうちにクセをつけるため、日中はアイプチを使う必要がなく、アイプチを使用しているのがバレないか不安になることもありません。また、寝ている間はずっとつけっぱなしの状態になることから、まぶたへの負担を考え、低刺激性で肌にやさしい処方になっているものが多く、商品によっては美容成分や保湿成分などが配合され、まぶたのケアまで行えるものもあります。肌が弱い方にもおすすめです。寝ている間はまばたきをしないため、就寝中は二重のクセをつけやすいタイミングでもあり、毎日継続的に使用することにより、アイプチを使用しなくても二重まぶたになる効果も期待できます。しかし、まぶたの厚さでクセの付きやすさが変わるなど、個人差が出やすいというデメリットもあります。

男性向けアイプチを選ぶおすすめのポイント

まぶたの厚さや皮膚の柔らかさで選ぶ

アイプチはまぶたの厚さや皮膚の柔らかさで選びましょう

まぶたの厚さや皮膚の柔らかさは人それぞれです。自分のまぶたに合ったタイプのアイプチを選ぶことは、二重の仕上がりやキープ力にも影響してきます。

■まぶたの皮膚が厚い方男性
まぶたの皮膚が厚めで二重のラインが作りにくいという方には、接着式や両面粘着式のアイプチがおすすめです。皮膚が厚いとまぶたが内側にうまくくい込んでくれないため、接着式や両面粘着式のように強力な接着力があるタイプのもので、まぶたどうしをくっつけて二重をつくることが必要になります。

■まぶたの皮膚が薄い男性
まぶたの皮膚が薄めで二重のラインが作りやすいという方は、非接着式や片面接着式、ファイバータイプのアイプチの使用がおすすめです。皮膚が薄いと、皮膜やファイバーがくい込みやすいため二重のラインが作りやすく、接着力が強いアイプチを選ぶ必要もありません。
また、自然な仕上がりが好みの方は、非接着式やファイバータイプを使用すると良いでしょう。

日中アイプチを使用するのに抵抗がある方は夜用のアイプチがおすすめ

日中アイプチを使用するのに抵抗がある方は夜用のアイプチがおすすめです

非接着式はまぶたが折り込まれているだけなので、目を閉じてもアイプチを使用しているのがバレにくく自然な二重を作ることができますし、ファイバータイプもまぶたにくい込ませるように貼り付けるため、つっぱり感は気になりますがまぶたを閉じても目立ちにくいという特徴があります。しかし、非接着式やファイバータイプは使い慣れるまでにどうしても時間がかかってしまうことや、仕上がりがいくら自然なものでも日中にアイプチを使用するのはどうしても抵抗があるという男性の方や、忙しい朝の時間帯にアイプチを使用するのは大変だと感じる方も多くいると思います。そんな方には、夜用のアイプチがおすすめです。
先ほどご説明した通り、夜用のアイプチは寝ている間に二重のクセをつけるため、日中にアイプチを使用する必要がありません。また、日中に使うアイプチは二重を作ることを目的としていますが、夜用アイプチは二重のクセをつけるのが目的のため、毎日使用していればアイプチを使わなくても二重のクセがつきやすくなる場合があります。

持ちがいいものを選ぶ

アイプチは持ちがいいものを選びましょう

せっかくきれいな二重にしても、すぐにとれてしまっては意味がないですし、落ちやすいと見た目も気になってしまいますよね。アイプチはキープ力も重要です。しかし、二重をどのくらいキープしてくれるかは、まぶたとの相性にもより実際に使用してみないと分らない部分でもあります。まずは商品の口コミやレビューなどをみて、実際に使用した方の感想などを参考にしてみると、商品を選びやすくなるでしょう。また、汗や水、皮脂に強いウォータープルーフタイプのものは、アイプチがとれやすくなるのを防ぐことに繋がるため、時間が経っても取れにくく、スポーツをする時や汗をかきやすい季節の使用にもおすすめです。

アレルギー体質の方や肌が弱い方は配合成分も確認

アレルギー体質の方や肌が弱い方はアイプチの配合成分も確認しましょう

アレルギー体質の方や肌が弱い方は、リキッドタイプのアイプチに使用されていることが多い「ゴムラテックス」や「アクリル粘着剤」などの接着成分に反応して、アレルギー症状や肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。必ず症状が出るというわけではありませんが、心配な方は、肌への刺激が少なく、安全性が高い接着成分「コポリマー」が使われているリキッドタイプのアイプチや、医療用の粘着剤が使われているアイテープを使用するのがおすすめです。また、防腐剤など、接着成分以外にも肌に刺激のある成分が配合されている場合があるため、植物由来の成分や、美容成分・保湿成分などが配合された肌にやさしい商品を選ぶようにし、安価な成分を使っている可能性が高い、あまりにも安い商品の購入は避けるようにしましょう。

男性向けアイプチのおすすめ人気ランキング8選

第8位アイトーク ハイブリッドフィルム

  • アイトーク ハイブリッドフィルム

    内容量

    4ml

    価格

    1,620円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    液体タイプと片面アイテープのそれぞれの良さを併せ持ち、塗る量や範囲を自由に変えながらまぶたを接着せず、まるで本物のような二重を作ります。
    皮膜の硬さにこだわり、少量でもしっかりまぶたを持ち上げます。まぶたが厚めの男性にもおすすめの処方です。

  • 成分

    ゴムラテックス、水、(スチレン/アクリレーツ)コポリマーアンモニウム、フィトステリルグルコシド/グルコシルセラミド、加水分解ヒアルロン酸、フェノキシエタノール、ペンチレングリコール、カプリリルグリコール、オレイン酸Na、ラウリン酸ポリグリセリル-5、安息香酸Na

第7位D-UP ワンダーアイリッドテープ エクストラ

  • D-UP ワンダーアイリッドテープ エクストラ

    内容量

    120枚

    価格

    1,080円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    0.09㎜という極薄の両面クリアテープが、超強力な粘着力でくっきりした二重をつくり、水や汗、皮脂にも強いため、二重をかっちり固定して1日中キープします。医療用の接着剤を使用しているため、粘着力が高いにも関わらず肌にやさしい素材です。

  • 材質

    記載なし

第6位アイビューティー フィクサー WP

  • アイビューティー フィクサー WP

    内容量

    8ml

    価格

    1,296円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ウォータープルーフ処方で、クレンジング+泡洗顔をしないと落とせないくらいの強い接着力があり、夏の季節や運動する時などにもおすすめです。水に濡れても白くなる心配がなく、長時間二重をキープすることができます。肌が弱い男性は、落とす際に強い力でこすらないように気を付けましょう。

  • 成分

    水、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム、エタノール、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、キョウニン油、ミネラルオイル、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール

第5位D-UP オリシキ アイリッドスキンフィルム

  • D-UP オリシキ アイリッドスキンフィルム

    内容量

    4ml

    価格

    1,620円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    塗って乾かすだけの非接着式整形フィルムです。塗った部分が透明な人工皮膜となり、目を閉じても自然な状態のまま二重をつくることができます。
    2度塗りするとさらにくっきりとした二重に。うるおい成分であるヒアルロン酸、コラーゲンも配合。

  • 成分

    ゴムラテックス、水、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、ラウリル硫酸Na、オレス-15、オレス-50、デヒドロ酢酸Na、BG、クオタニウム-73、アンモニア水、フェノキシエタノール

第4位FD ブリッジファイバーII クリア 1.6mm

  • FD ブリッジファイバーII クリア 1.6mm

    内容量

    100本

    価格

    1,080円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ブリッジファイバーⅡは、まぶたのタイプや好みで色や太さが選べ、1.6㎜は一重でまぶたが薄い男性におすすめです。ファイバータイプの二重まぶた形成テープで、グッとまぶたにくい込みます。医療用グレードのテープで安全性も高く、乾燥肌や荒れてしまっている肌にもしっかり密着してくれます。

  • 材質

    紙,ポリエチレン,皮膚用アクリル粘着剤

第3位ローヤルプチアイムSII(スーパーハードII)

  • ローヤルプチアイムSII(スーパーハードII)

    内容量

    4ml

    価格

    3,024円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ローヤルアイムシリーズの中でも二重まぶた効果と速乾性に優れており、きれいでくっきりとした二重をつくることができます。保湿成分であるユズエキスやアロエベラエキスを配合。皮膜タイプなので、つっぱり感があまり気になりません。
    自然な二重まぶたを長時間キープし、水や汗に塗れても取れにくくなっています。

  • 成分

    ゴムラテックス、(スチレン/アクリル酸アルキル)コポリマーアンモニウム、水、PG、エタノールアミン、アンモニア水、グリチルリチン酸アンモニウム、メチルパラベン、プロピルパラベン、BG、PVP、クオタニウム-73、赤227、アロエベラエキス-1、ユズエキス

第2位メジカライナー ナイト&ハード

  • メジカライナー ナイト&ハード

    内容量

    2ml

    価格

    1,625円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    寝ている間に二重のクセをしっかりつける、夜用の二重まぶた美容液です。
    44種類の植物エキスを配合し、肌にやさしい接着成分が使われていますが、強力な粘着力で二重ラインをしっかりキープします。プッシャー代わりになっている先端からまぶたに直接液体を塗布することができるため、初心者の男性でも簡単に使用することができます。日中、アイプチを使用するのに抵抗があるという方にもおすすめです。

  • 成分

    水、エタノール、(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、プラセンタエキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、グリチルリチン酸2K、マグワ根皮エキス、オタネニンジン根エキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、ローヤルゼリーエキス、ハトムギ種子エキス、ビルベリー果実エキス、サトウキビエキス、サトウカエデエキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ソルビトール、イチョウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、パリエタリアエキス、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、ゼニアオイ花エキス、クララ根エキス、ノイバラ果実エキス、アロエベラ葉エキス、チャ葉エキス、アロエベラ液汁、セイヨウニワトコ花エキス、アーチチョーク葉エキス、ナギイカダ根エキス、トウキンセンカ花エキス、ブドウ葉エキス、ホップ花エキス、ダイズ種子エキス、ハマメリス葉エキス、スギナエキス、ヤグルマギク花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ヒバマタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、キュウリ果実エキス、ローマカミツレ花エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ソメイヨシノ葉エキス、シアノコバラミン

第1位ルドゥーブル

  • ルドゥーブル

    内容量

    2ml

    価格

    1,620円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    乾くと透明になるため白浮きする心配もなく、ベタつきも気になりません。また、非接着式なのでまぶたを閉じてもバレにくい、自然な二重を作ることができます。まぶたが伸びないためたるみにくく、つっぱりも気になりません。ウォータープルーフタイプなので、汗や水に塗れても二重を1日中しっかりキープ。
    メイクの上からでも使用できるため、男女年齢問わず人気のアイテムです。たるんだまぶたや重ためのまぶたも、すっきりとしたぱっちり二重に仕上げます。

  • 成分

    ゴムラテックス、(スチレン/アクリル酸アルキル)コポリマーアンモニウム、水、PG、エタノールアミン、アンモニア水、グリチルリチン酸アンモニウム、赤色227、水溶性コラーゲン、エチルパラペン、プロピルパラペン、クオタ二ウム-73

男性向けアイプチの使い方

アイプチを使用する前に、まぶたをきれいにする

アイプチを使用する前に、まぶたをきれいにしましょう

まぶたに水分や油分があるとアイプチの粘着力が低下するため、液体やテープがつきづらくなるのはもちろん、取れやすくなる原因にもなります。まずはまぶたの水分・油分を、コットンなどを使ってきれいに拭き取り、まぶたを清潔な状態にしておきましょう。乾燥がどうしても気になる男性は化粧水を使用しても構いませんが、まぶたが湿っている状態ではなく、化粧水が肌(まぶた)にしっかり浸透してからアイプチをつけるようにしてください。

プッシャーなどを使って二重にしたいラインを決める

アイプチはプッシャーなどを使って二重にしたいラインを決めましょう

まぶたに糊を付けた後、またはテープを貼りつける際にプッシャーを使用しますが、アイプチをいきなりまぶたにつけるのではなく、まずは二重にしたいラインを付属のプッシャーなどを使って確認していきます。二重幅が大きいと不自然な印象になってしまい、アイプチが取れやすくなる原因にもなるため、二重になりやすいラインを見つけて二重幅を欲張らないようにするのが、自然な二重をつくるポイントになります。

決めた二重ラインに沿ってアイプチをつける

決めた二重ラインに沿ってアイプチをつけましょう

二重にしたいラインを決めたら、そのラインに沿って液やテープをつけていきます。

■リキッドタイプの場合
きれいに仕上げるため塗りすぎに注意するようにし、ムラにならないよう薄く均一に液を伸ばしていきます。重ね塗りする場合は、しっかり乾かしてから上から重ねていくようにしましょう。液が半透明になり半乾きの状態になったら、プッシャーを使って二重の形を整えていきます。接着式も非接着式も、液が乾いていない状態でまぶたをいじると二重をうまく形成することができないため、液が半透明になるまで乾かすことがポイントになります。また、プッシャーを使う際に強い力でまぶたを押し込むと、プッシャーに液がくっついて二重が崩れてしまったり、仕上がりが汚くなってしまったりすることがあります。また、まぶたの筋肉を損傷させてまぶたがたるんでしまう可能性もあるため、プッシャーなどでまぶたを押し込む際は、力加減にも注意するようにしましょう。

■テープタイプの場合
片面接着式の場合は、二重にしたいラインの真下に合わせてテープを貼り、指で軽く押さえて馴染ませたら、付属のプッシャーなどを使ってテープを奥に押し上げるように目をゆっくり開きながらまぶたをテープにかぶせていくと、二重の完成です。両面接着式も基本的に片面接着式と使い方は同じですが、最後に、プッシャーの先がとがったほうの部分で二重のラインを整えていくと、二重をきれいに仕上げることができます。ファイバータイプの場合は、テープの両端をもって左右にゆっくり引き伸ばしながら、先に決めた二重ラインに合わせて押し付けるようにテープを貼り、テープをピンと張った状態のまま、黒目の上→目頭→目尻の順に貼り付けていき、まばたきしながらくい込ませたら、両端の余った分のテープをはさみでカットします。最後にプッシャーや指で、テープの両端の浮いた部分をまぶたに馴染ませて完成になります。

男性向けアイプチの注意点

アイプチはやさしく落とす

アイプチはやさしく落としましょう

アイプチを落とす際は、強い力でこすったり無理に剥がそうとしたりすると、肌荒れを起こしたり、まぶたのくすみや腫れ、たるみなどの原因になったりします。
洗顔料やクレンジングを使って洗う前に、まずは37℃~39℃くらいのぬるま湯にたっぷり浸したコットンをぬるま湯が垂れてこない程度に軽くしぼり、まぶたの上に乗せてアイプチをふやかしておくことで、無理に剥がすことなく簡単にアイプチを落とすことができます。また、ウォータープルーフタイプのものや粘着力が高いものは、ぬるま湯だけで十分に落とすことができないため、クレンジングオイルを使用します。クレンジングオイルがしみ込んだコットンをまぶたに軽く当て、少しだけ時間を置いてまぶたに馴染ませることでアイプチが落としやすくなります。ただしクレンジングオイルは肌への負担が大きいため、長時間肌にのせないよう注意するようにしましょう。また、まぶたはとても乾燥しやすくデリケートな部分でもあるため、アイプチを落とした後はアイクリームなどを使用してしっかり保湿ケアも行うようにしましょう。

肌に異常が現れた場合はすぐに使用を中止する

アイプチで肌に異常が現れた場合はすぐに使用を中止しましょう

目元はデリケートで刺激に弱い部分でもあるため、アレルギー体質や敏感肌の方はもちろん、肌が弱いと感じたことがない方でも、まれにアイプチの接着成分などに反応して、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。肌に異常が現れた場合は無理に使わずすぐに使用を中止し、保冷材などで炎症部分を冷やしたり、症状がひどい場合は皮膚科や眼科を早めに受診するようにしましょう。

まとめ

今回は男性におすすめのアイプチをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分のまぶたの皮膚の厚さや柔らかさに合わせて選ぶ
・日中にアイプチを使用するのに抵抗がある男性は、夜用アイプチがおすすめ
・まぶたはデリケートなので、配合されている成分は必ずチェックする
ということです。

アイプチは女性が使っているイメージが強い男性も多いかもしれませんが、現在、アイプチの使用者は男性にも広がっています。二重まぶたにすると印象が変わるだけでなく、気持ちも前向きになり自信に繋がります。一重や奥二重で悩んでいる男性も、ぜひ自分にあったアイプチを見つけて、憧れの二重を目指してみてはいかがでしょうか。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP