レディース 脱毛・除毛
  • 2019.1.23 レディース 脱毛・除毛

    脱毛器のおすすめ人気ランキング8選

    女性にとって大きな悩みである「ムダ毛」。毛深かかったり、せっかく処理してもすぐに生えてきたり、繰り返すムダ毛処理で肌が傷ついてしまったりと、困っている方も多いはずです。そんな方には、自宅で手軽に脱毛処理ができる「家庭用脱毛器」の使用がおすすめ。自分の好きな場所や好きなタイミングでできるので、脱毛したいけど、仕事で忙しくてなかなかサロンやクリニックに行く時間が取れない方や、値段が高くてクリニック通いを断念してしまった方、体を見せることに抵抗があるという方でも、「家庭用脱毛器」であれば、気軽に脱毛処理を行うことができます。
    そこで、今回は、おすすめの家庭用脱毛器や、選ぶポイントなどについてご紹介したいと思います。各商品を比較しながら、選ぶ参考にしてみてください。

「脱毛」と「除毛」の違い

ムダ毛の処理方法は、大きく分けて、「脱毛」と「除毛」があります。この2つの大きな違いは、毛を毛根から取り除くか(脱毛)、表面に出てきた毛を取り除くか(除毛)です。
自宅で行える脱毛方法には、今回紹介する家庭用脱毛器以外にも、ピンセットやブラジリアンワックス、脱毛テープ、電動毛抜きを使った方法などがあります。ピンセットやブラジリアンワックスなどを使用して毛を抜いてもまた毛が生えてきてしまうのは、毛をつくる「毛母細胞」が毛穴の中に残った状態のままが原因です。ですが、家庭用脱毛器を使った脱毛方法は、「毛母細胞」や毛母細胞に栄養を届ける「毛乳頭」にダメージを与えることで、毛が生えてくる力を弱めさせるというという仕組みなので、少し時間はかかりますが、ムダ毛が生えにくくなってきたり、毛が細くなってきたり、肌がチクチクしないなどの効果を期待することができます。また、カミソリと違って肌への刺激も抑えられているため、肌を傷つける心配がないという特徴もあります。

除毛には、カミソリや除毛クリーム、電気シェーバーなどを使用する方法があります。カミソリなどの除毛は気になった時すぐにムダ毛の処理を行うことができますが、家庭用脱毛器のような「抑毛」や「減毛」の効果はないため、時間がたてばすぐに生えてきてしまうことや、生え始めの毛がチクチクするのが気なってしまうことがあります。電気シェーバーはカミソリや除毛クリームと違い、肌に刺激を与えるリスクが少ない除毛方法になります。

家庭用脱毛器・脱毛サロン・レーザー脱毛の違い

まず、家庭用脱毛器、脱毛サロンでの光脱毛(エステ脱毛)、医療クリニックで行われるレーザー脱毛(医療脱毛)の中で、一番効果が実感できるのはレーザー脱毛になります。
レーザー脱毛は、毛母細胞を破壊するほどの威力があり、定期的に施術を行うことで体毛が生えてこなくなる「永久脱毛」の効果が期待できます。「永久脱毛」は医療行為であり、医療機関のみでしか施術することができません。レーザー脱毛は高い効果が期待できる分、痛みが強く、費用が高いことや、完全に生えてこなくなるまで何回かクリニックに通う必要があります。
脱毛サロンは、毛母細胞にダメージを与えて毛を生えにくくする脱毛方法になります。エステティシャンや脱毛専門のスタッフが施術を行います。毛母細胞を破壊するまでの威力はないため、レーザー脱毛ほどの脱毛効果はありません。家庭用脱毛器と比べるとやはり費用がかかることや、通う必要があること、医療脱毛より施術の回数が多いなどのデメリットもあります。
家庭用脱毛器は、自宅でも安全に使用できるよう、エステ脱毛や医療脱毛と比べると威力は弱めで、効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。しかし、自分の好きなタイミングや好きな場所で施術ができるため、サロンやクリニックに通うのが難しい方や、通うのが面倒な方、人に体を見せるのに抵抗があるという方には、家庭用脱毛器の使用がおすすめです。家庭用脱毛器は効果が現れるまでに時間がかかるだけで、正しく使用すればサロン並みの効果を実感することも期待できます。通販だけでなく、市販でも購入できる家庭用脱毛器もあります。

脱毛器を選ぶおすすめのポイント

脱毛器の種類で選ぶ

脱毛器は種類で選びましょう

家庭用脱毛器には、主に、フラッシュ式とレーザー式があります。

・フラッシュ式(光脱毛)
フラッシュ式(光脱毛)の家庭用脱毛器は、毛のメラニン色素に光を当てることで毛根にダメージを与えていく脱毛方法で、脱毛サロンでもよく用いられている方法です。レーザー式と比べると出力が弱いため、脱毛の効果を感じるまでに時間がかかります。ですが、レーザー式より痛みや肌への負担が抑えられており、1回に照射できる範囲も広いため、短時間で処理を終わらせることができるというメリットもあります。敏感肌の方や、処理に時間をかけたくないという方にもおすすめのタイプです。フラッシュ式(光脱毛)には主にSSC方式とIPL方式の2種類があります。
SSC方式は、肌にジェルを塗り、ジェルに含まれている抑毛成分を光で浸透させることにより脱毛効果を得る仕組みで、IPL方式は、キセノンランプから照射される光で毛のメラニン色素に熱エネルギーを与え、毛母細胞にダメージを与えることで毛が生える力を弱らせます。家庭用脱毛器のフラッシュ式(光脱毛)はIPL方式で、太く濃いムダ毛にも高い効果を発揮し、使用されているキセノンランプには、シミや黒ずみ、くすみ、シミなどを薄くする美肌効果も期待できます。

・レーザー式
レーザー式の家庭用脱毛器は、メラニン色素にレーザーが反応して、毛根にダメージを与えるという仕組みです。レーザー脱毛は、本来、クリニックや医療機関でしか導入できない脱毛方法であるため、家庭用の脱毛器は、疑似レーザーを使用した脱毛器になります。仕組み医療脱毛と同じです。もちろん医療脱毛と比べると威力はかなり弱まりますが、レーザー式の家庭用脱毛器は、フラッシュ式(光脱毛)よりも高い脱毛効果を期待することができます。ピンポイントに当てていくため、照射範囲が狭く脱毛処理に時間がかかることや、痛みを強く感じるなどのデメリットもあります。剛毛で悩んでいる方におすすめです。

ランニングコストがどのくらいかかるか

脱毛器はランニングコストがどのくらいかかるかで選びましょう

脱毛器は、一度購入したら終わりではありません。フラッシュ式の家庭用脱毛器は、使用していくうちに発行ランプが光らなくなるため、光る部分である「カートリッジ」を定期的に交換する必要があります。カートリッジを交換する回数が多いと、いくら本体の価格が安くても結果的にお金がかかってしまうことになります。カートリッジの価格とカートリッジのショット数から、1ショットにかかる値段を計算することでカートリッジのコストを比較したり、照射範囲が広いとその分照射する回数も減るため面積が広いものを選ぶようにしたりと、本体価格以外にかかるランニングコストにも配慮して商品を選ぶようにしましょう。また、なかにはカートリッジの交換ができず、本体ごと交換する必要がある脱毛器もあるため、購入前に必ず確認するようにしましょう。

自分で照射レベルを設定するタイプか、オートタイプか

脱毛器は自分で照射レベルを設定するタイプか、オートタイプかで選びましょう

脱毛器は、照射レベルを自分で設定できるものと、自動で調整できるものがあります。照射量が弱いと脱毛の効果が弱まったり、強すぎると肌にダメージを与えたりする可能性があるため、初心者の方や慣れない方は、自動で調整してくれるものを選ぶのがおすすめです。また、自分で照射レベルを設定できる脱毛器には、強さが5段階のものから10段階に設定できるものまであります。どこまで細かく設定できるかも選ぶポイントの一つになります。また、自分で設定する機能と自動で調整できる機能がどちらも搭載されている脱毛器もあります。

使用できる個所と使用できない箇所の確認

脱毛器で使用できる個所と使用できない箇所の確認をしましょう

脱毛器の使用可能部位は商品によって異なります。家庭用脱毛器の中には、デリケートな顔などに使用できないものもあります。せっかく購入しても脱毛したい箇所に使用できなければ意味がないため、使用できる部位はどこなのかチェックするようにしましょう。

保証期間があるものが安心

脱毛器は保証期間があるものが安心です

脱毛器の価格はピンからキリまでありますが、けっして安い買い物ではありません。実際に購入して使ってみないと分らないこともあります。保証内容などはしっかり確認して、肌にトラブルなどが起きた場合でもしっかり対処できるようにしておきましょう。

脱毛器のおすすめ人気ランキング8選

第8位ZKOEE 光脱毛器 ホワイト S1

  • ZKOEE 光脱毛器 ホワイト S1

    内容量

    価格

    19,999円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    目の周りや、額以外の顔、Vライン、Iラインまで、ほぼ全身に使用することができます。カートリッジの交換も可能。IPL技術を採用しているので、脱毛しながら美肌を叶える効果も期待できます。毛質に合わせて照射レベルを5段階に設定することもできます。肌に接触していないと作動しない、安全機能も搭載されています。

第7位アイリスオーヤマ 家庭用光脱毛器 エピレタ(epilata)EP-0115-P

  • アイリスオーヤマ 家庭用光脱毛器 エピレタ(epilata)EP-0115-P

    内容量

    価格

    17,800円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    光の照射と超音波の振動による2つの作用で、肌をやさしくいたわりながら脱毛できる特許技術、「光技術HPL」を採用。乾燥肌や肌のくすみ、毛穴の開き、肌のたるみに悩んでいる方にもおすすめです。照射を繰り返すたびに毛穴が引き締まり、透明感のある肌に導いてくれます。

第6位2PS 脱毛器 オールインワンセット

  • 2PS 脱毛器 オールインワンセット

    内容量

    価格

    49,800円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    照射レベルは8段階まで調整でき、自動照射(オート機能)も搭載されています。VIOラインすべてに対応した、全身脱毛可能な脱毛器です。消音機能もあるため、深夜でも使いやすくなっています。美顔用カートリッジもあり、脱毛以外にスキンケアも行うことができます。

第5位ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5006(プレミアムモデル)

  • ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5006(プレミアムモデル)

    内容量

    価格

    75,384円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    部位ごとに肌の色に合わせて、最適な照射量をフラッシュごとに自動調整してくれます。そのため、照射量が弱すぎることにより効果を得ることができなかったり、強すぎて肌を傷つけるなどの心配なく、初めての方でも安心してムダ毛の処理をすることが可能です。また、肌や照射する部位に合わせて、4つのフラッシュモードを使い分けることができます。医療機関テスト済みで安全性が高いだけではなく、エステサロンと同じ、クオリティの高い脱毛ケアを手軽に行うことが可能なブラウンの家庭用脱毛器です。

第4位トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

  • トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

    内容量

    価格

    54,800円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    日本の厚生労働省にあたる公的機関「FDA(アメリカ食品医薬品局)」の認可を唯一受けた家庭用レーザー脱毛器です。また、医療クリニックで使われているダイオードレーザーの技術を応用しており、高い安全性がありながら、プロ並みの脱毛を自宅でお好きな時間に行うことができます。カートリッジの交換や脱毛器使用後のアフターケアも必要もないため、コスパも抜群。1台あれば全身の脱毛が可能です。

第3位スムーズスキン bare

  • スムーズスキン bare

    内容量

    価格

    30,240円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    家庭用光脱毛器のパイオニアであるCyDen社により開発されました。電源を入れて肌に当てるだけなので、脱毛器初心者の方でも操作しやすくなっています。独自のスキントーンセンサーが搭載されており、お手入れが必要な部分を自動で感知。IPL光エネルギーが、角質を傷つけずに毛根へ働きかけ、肌のうるおいを保ちながらムダ毛のないツルツルの肌へと導きます。照射回数が約100万回と多いのも特徴です。1照射わずか0.6秒とかなり速いため、約10分の短い時間で全身(脚、ビキニライン、ワキ)のケアが可能です。

第2位FASIZ 光脱毛器

  • FASIZ 光脱毛器

    内容量

    価格

    19,999円

    使用寿命

    15年間

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    光脱毛の中でも1番効果が高いとされている「IPL脱毛」で、剛毛で悩んでいる方にもおすすめの脱毛器です。また、脱毛しながら、ニキビやシミ、黒ずみのケアも行えるため、美肌効果も期待できます。顔にも使用でき、目の周りや額以外のほぼ全身に使用することが可能です。照射レベルが5段階あり、自分の肌質や照射する部位に合わせて強さを変えることができます。

第1位家庭用脱毛器 ケノン

  • 家庭用脱毛器 ケノン

    内容量

    価格

    98,000円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ケノンのフラッシュ式の家庭用脱毛器。強さが10段階にも分かれており、自分の肌に合わせて設定ができる他、高感度センサーによる肌の状態に応じた「オート照射」機能も付いています。さらに、脱毛器の専門家が開発した特殊発酵テクノロジーで肌への負担が最小限に抑えられているため、敏感肌の方も安心して使用することができます。カートリッジの種類も豊富で、体のパーツごとに使い分けたり、美顔器として使用することも可能です。1度に広範囲の照射をすることができるため、時間をかけずにお手入れできるところも嬉しいポイントです。

脱毛器の使い方

脱毛する前日に毛を剃っておく

脱毛器で脱毛をする前日に毛を剃っておきましょう

脱毛器は、毛根の一番下の膨らんでいる部分「毛球」の先端にある「毛乳頭」や「毛母細胞」にダメージを与えることで、毛を生えにくくします。脱毛器は、黒い部分(毛のメラニン色素)に作用する性質がありますが、ムダ毛が長いと、伸びている部分にまで反応してしまい、毛根に熱が伝わりにくくなるため脱毛の効果が薄れてしまいます。また、伸びている部分が発熱することにより皮膚がやけどしてしまうなど、肌にダメージを与えてしまう可能性もあります。肌トラブルを予防し、毛根に熱が伝わりやすくなるようにするためにも、脱毛器を使用する前日までには、照射する部分の毛は剃っておくようにしましょう。電気シェーバーはカミソリと比べると肌を傷つけにくいため、毛を剃る時に使用するのがおすすめです。ただし、先ほどもご説明した通り、脱毛器は黒い色素に反応する性質を持っているため、カミソリで深剃りしたり、ピンセットやワックスを使用して毛を抜いたりするのも脱毛器の効果が薄れてしまう原因になります。毛を剃るタイミングだけでなく、処理方法にも注意するようにしましょう。

照射する前と照射した後は冷やす

照射する前と照射した後は冷やす

脱毛器は、毛根に作用することから痛みを感じやすくなっていますが、肌を冷やすことにより脱毛器による痛みを和らげることができます。また、照射後は肌が軽いやけどを起こしている状態になっているため、照射した後にまた冷やすことで、肌の炎症を抑えることができます。脱毛したい箇所に保冷剤や濡れタオルなどを約5秒~10秒当てて、冷やした部分を照射→照射した後にまた冷やすというのを繰り返し行いながら、脱毛器を使用していくのがおすすめです。また、保冷材の水滴などで肌が濡れたまま脱毛器を使用してしまうと、脱毛の効果が薄れてしまいます。冷やすことも大切ですが、肌が濡れたら水滴をしっかり拭き取るようにしましょう。

脱毛器を使用する際はサングラスをかける

脱毛器を使用する際はサングラスをかけましょう

脱毛器は強い光を発し、何回も照射することから、目に負担がかかります。さらに黒色の色素に反応してしまうことから、目を保護するためにサングラスをかけながら脱毛器を使用するようにしましょう。商品によってはサングラスも一緒に付属されているものもありますが、ない場合は自分で用意しておくようにしましょう。

自分の肌や部位に合わせて強さを調整する

脱毛器は自分の肌や部位に合わせて強さを調整しましょう

脱毛器の照射レベルを自分で設定できる場合は、自分の肌の状態や部位に合わせて照射の強度を調整していきます。まずは一番弱い設定から徐々に強くしていき、自分が痛みを感じない程度のレベルに設定するのがおすすめです。照射のレベルが強いほど脱毛の効果は高くなりますが、その分肌への刺激も強くなり、肌荒れのリスクも高くなります。肌質は人それぞれで、季節や生活習慣、ホルモンバランスなどで肌の調子もその時によって変わります。自分の体調に合わせて強さを調整していくようにしましょう。また、ワキやひざ下などの太い毛が生えている部分は強めの設定に、顔や背中、腕などの細くやわらかい毛や、デリケートゾーンの部分は弱めの設定にするのがおすすめです。

照射が終わったら肌を保湿する

脱毛器の照射が終わったら肌を保湿しましょう

脱毛器は肌に熱を与えているため、脱毛器使用後は摩擦や乾燥で肌の水分が不足している状態です。保湿ケアはしっかり行うようにしましょう。肌に水分を与えるためにも、化粧水や油分が少なめの基礎化粧品の使用がおすすめです。また、脱毛した後の肌はデリケートな状態になっているため、低刺激性のものを選ぶと良いでしょう。現在では、敏感肌のために作られた基礎化粧品もたくさん出ているため、その中から選んでみるのもおすすめです。また、脱毛した範囲が広いとその分化粧水の使用量も増えるため、大容量の化粧水やボディ用のローションを選ぶと量を気にせずに使用することができます。化粧水を使用した後は、せっかく肌に与えた水分が蒸発しないように、ボディクリームなどを使用して水分を閉じ込めておくことも大切です。また、普段から肌を保湿するように心がけることも、脱毛効果を高めることに繋がります。乾燥している状態の肌よりも、健康的な肌の方が脱毛効果をよりいっそう高めることができます。ただし、乾燥しているからといって使用前にクリームなどを使用すると、クリームが毛穴に入って脱毛の効果が薄れてしまうため、脱毛処理を行う前の乾燥ケアは控えるようにしましょう。

2週間に1回のペースがおすすめ

脱毛器の使用は2週間に1回のペースがおすすめです

脱毛器を毎日使用したからといって、脱毛の効果が早く現れるわけではなく、肌にダメージを与えるだけになってしまいます。毛には、毛が成長して抜け落ち、また成長する「毛周期(成長初期→成長期→退行期→休止期)」というサイクルがあります。脱毛器は、毛母細胞の分裂が止まっている退行期や、毛が抜けている休止期に使用しても脱毛効果を発揮することができないため、毛母細胞が活発になっている成長期のタイミングで使用するのがポイントです。家庭用脱毛器の使用頻度は商品にもよりますが、毛周期に合わせて2週間に1回のペースで使用することで、肌への余計なダメージを抑えながら脱毛の効果をムダ毛に効率よく与えることができます。

脱毛器の注意点

肌荒れしている際は脱毛器の使用を控える

肌荒れしている際は脱毛器の使用を控えましょう

脱毛器は、敏感肌の方でも安心して使用できる低刺激なものも多くありますが、基本的に肌荒れ中は使用を控えるようにしましょう。脱毛器を使用することで、日常生活では当たることのない熱や光が肌に当てられるため、肌にまったく負担がかからないというわけではありません。肌荒れ中は普段より刺激を受けやすい状態になっているため、肌が炎症を起こしている時や傷がある時、出血をしている時、皮がむけている時など明らかな肌トラブルを起こしている場合は、症状が落ち着くまで脱毛器の使用を控えるようにしましょう。

脱毛中は日焼けしないように注意する

脱毛器で脱毛中は日焼けしないように注意しましょう

日焼けで肌が赤くなっている時は、軽いやけどを起こしているのと同じ状態のため、脱毛器を使用することができなくなります。また、赤くなっていた肌がだんだん黒くなり炎症が落ち着いてきても、肌の色の状態によっては、脱毛器が使用できない場合があります。皮膚が紫外線に当たると、メラノサイトという細胞が、皮膚を守ろうとしてメラニン色素を作り出します。これが、紫外線に当たると肌の色が黒くなる原因です。脱毛器はメラニン色素に反応するという作用があるため、日焼けして黒くなってしまった肌に脱毛器を使用してしまうと、ムダ毛だけでなく、肌のメラニン色素にも反応して皮膚がやけどしてしまう可能性があります。肌が黒くなっている時は脱毛器の使用を控えなければいけなくなるため、脱毛中は日焼け対策をしっかり行うようにしましょう。

まとめ

今回は脱毛器をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分の毛や肌質などに合わせて脱毛器の種類を選ぶ
・本体価格だけではなく、ランニングコストにも着目する
・脱毛中は日焼けをしないようにする
ということです。

さまざまな理由で脱毛を諦めていた方も、家庭用脱毛器があれば自分のペースで脱毛ケアを行うことが可能です。ぜひ自分に合ったものを見つけて、ムダ毛に悩まない憧れのスベスベ肌を目指してみてはいかがでしょうか。

Share on

Share on

PAGE TOP