レディース 脱毛・除毛
  • 2019.1.24 レディース 脱毛・除毛

    脱毛クリームのおすすめ人気ランキング9選

    カミソリによるムダ毛処理は肌を傷つけてしまうリスクが高く、生えかけのチクチクが気になったり、毛抜きは時間がかかってしまったり、脱毛サロンや医療脱毛に通うとなると、時間やお金がなかったり、痛みに耐えられるか不安だったり…と、ムダ毛の処理方法に悩んでいる女性は少なくありません。そんな悩みを持った方におすすめしたいのが、「脱毛クリーム」です。脱毛クリームは、痛みを伴わずに毛の処理することができ、カミソリや毛抜きなどでは届きにくい部分や処理できない部分も自宅で簡単にケアすることができます。今回は、市販や通販で手軽に購入できる、おすすめの脱毛クリームをランキング形式でご紹介したいと思います。

脱毛クリームとは

「脱毛クリーム」は、ムダ毛が気になる箇所に直接クリームを塗り、しばらく置いた後、塗った部分を拭き取ったり水で流したりすることで毛の処理ができるクリームです。脱毛クリームは「除毛クリーム」とも言われており、商品によって名称が異なりますが、名前が違うだけで毛を処理する仕組みは同じです。ほとんどの脱毛クリーム(除毛クリーム)には、除毛成分として「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の有効成分が配合されています。

毛の主成分である「ケラチン」は、18種類のアミノ酸が結合したタンパク質で、爪や皮膚の角質層を形成する成分でもあります。ケラチンを構成するアミノ酸の中で最も多くの割合を占める「シスチン」というアミノ酸は、「システイン」というアミノ酸が2つ結合したもので、除毛成分である「チオグリコール酸カルシウム」には、この結合を切断する働きがある為、除毛に効き目があると言われています。
この結合を切断することで毛は毛の状態を保つことができなくなり、脱毛クリームを塗った部分を除毛することができるのです。

※除毛成分である「チオグリコール酸カルシウム」は、厚生労働省に除毛効果があると認められた有効成分で、この成分が配合されている脱毛クリームは医薬部外品の扱いとなります。

脱毛クリームのメリット・デメリット

ムダ毛を処理する方法はさまざまありますが、脱毛クリーム(除毛クリーム)を使用するメリットとしては、

・カミソリなどでは処理が難しい部分も簡単に除毛することができ、肌を傷つける心配がない。
・1度に広範囲を処理することができる。
・毛を溶解して除毛するという仕組みのため、毛の断面が丸く、カミソリ処理後と比較するとチクチクしない。
・抑毛成分が配合されているものが多く、除毛効果が長続きしやすいため、除毛処理を行う頻度が減る。
・脱毛サロンや医療脱毛のように人に体を見せる必要がなく、費用をかけずに除毛を行うことができる。
・ピンセットや脱毛テープ、医療脱毛のように毛を処理する時の痛みがない。
・短時間で手軽に処理することができる。

などがあります。

ただし、脱毛クリームによる除毛効果は一時的なもののため、ムダ毛のない肌を目指すなら、処理を定期的に行う必要があります。また、除毛成分である「チオグリコール酸カルシウム」は、厚生労働省に認可されている成分ということもあり、除毛効果が認められ、肌への刺激を極力抑えた安全な成分ではありますが、肌に全く刺激がないというわけではありません。皮膚の主成分も毛と同じ「ケラチン」でできています。皮膚のケラチンと毛のケラチンは含まれているアミノ酸の種類が異なり、脱毛クリームは毛のケラチンに特化して作用する仕組みになっているため、皮膚も毛のようにどんどん溶けていくということはありませんが、同じタンパク質ということには変わりないため、少なからず皮膚も影響を受けます。特に敏感肌の方は、除毛効果の高い脱毛クリームを使用するとその分肌への刺激も強くなるため、成分が肌に合わないと、赤くなったりしてかゆみが出たり、肌荒れや湿疹ができてしまうなど、肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。ひどい場合は、やけどのようにただれてしまったり、痛みを伴い炎症を起こしたりしてしまう可能性もあります。脱毛クリーム使用者すべてが、このような症状が出るわけではありませんが、例え安全な成分と言われていても、すべての女性に肌トラブルが起こらないという保証はありません。その為、トラブルを予防するためにも、脱毛クリームのデメリットもしっかり理解したうえで、自分に合った脱毛クリームを選べるようにしておきましょう。自分の体質に合ったものを選び、正しく使用すれば、脱毛クリームによるトラブルを予防しながら、ムダ毛が気にならないきれいな肌を目指すことができます。

脱毛クリームを選ぶおすすめのポイント

自分の肌質を考慮して選ぶ

脱毛クリームは自分の肌質を考慮して選びましょう

重大な肌トラブルを避けるためにも、自分の肌質や体質に合った脱毛クリーム(除毛クリーム)を選ぶことはとても重要なポイントです。除毛効果が高いとその分肌へのダメージも強くなり、肌が炎症を起こしてしまっては毛の処理すらできなくなってしまいます。脱毛クリームは、保湿成分や肌荒れ防止成分がなるべく多く配合されているものを選ぶことで、除毛による肌のダメージを抑えることができます。また、女性の場合、ホルモンバランスの影響で肌の調子が変化しやすいため、前に使用したことがある商品でも、使う時期によっては肌に合わないと感じる場合があります。そういった点からも、美容成分がなるべく多く配合されているものがおすすめです。また、肌が弱いという方は、敏感肌用とかかれた脱毛クリームを選ぶようにしましょう。ただし、敏感肌用とかかれている商品だからといって、すべての女性の肌に合うとは限りません。肌に優しい仕様だからと安心せずに、敏感肌用や低刺激とうたった脱毛クリームを選んだとしても、使用前のパッチテストは忘れずに行うようにしましょう。思わぬ肌トラブルを起こすリスクを減らすように心がけることが大切です。

脱毛クリームのニオイが気になる場合は香り付きのものを

脱毛クリームのニオイが気になる場合は香り付きのものを選びましょう

ほとんどの脱毛クリームに配合されている有効成分、「チオグリコール酸カルシウム」は、パーマ液にも使用されている成分で、鼻につくツンとした特有のニオイがします。特にお風呂場で使用する場合には、ニオイがこもってしまうため、人によってはムダ毛処理中に体調が悪くなる場合もあります。脱毛クリームのニオイが気になるという方は、フローラル系や柑橘系などの香り付きで、脱毛クリーム特有のツンとした匂いが抑えられている商品の使用がおすすめです。使い続けやすいものを選ぶようにしましょう。

脱毛クリームが使用できる部位はどこか

脱毛クリームが使用できる部位はどこか確認しましょう

脱毛クリームが使用できる部位は商品によって異なります。自分がお手入れしたい部分に使えるかどうかを必ず確認するようにしましょう。また、脱毛クリームは、どんなに低刺激なものでも顔には使えないものがほとんどです。顔のムダ毛を処理したいという場合には、基本的に脱毛クリームの使用は控えるようにしましょう。また、特に女性で悩むことが多いデリケートゾーンの処理ですが、VIOに対応していない脱毛クリームも多くあることや、商品によってはVラインのみ使用可能でIOは対応していないというものもあるため、使用可能な箇所は細かくチェックしておくようにしましょう。

クリームを塗った後の放置時間

脱毛クリームを塗った後の放置時間

商品によって差があります。また、放置時間が長いと、その分肌への負担もかかりやすくなります。もちろん、自分の肌に合う成分が配合されている脱毛クリームを使用することが大切ですが、なるべく短い時間で処理を済ませたいという場合には、クリームを塗った後の放置時間で脱毛クリームを選ぶのもおすすめです。

脱毛クリームのおすすめ人気ランキング9選

第9位セシルマイア インバスリムーバー

  • セシルマイア インバスリムーバー

    内容量

    200g

    価格

    3,218円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    クリームを塗ってからの置き時間が最速約1分という短さで、短時間で処理を行うことができます。マイクロメガ粒子製法により、超微粒子化した除毛成分が短いムダ毛にも密着。また、ナノ化した美容成分もたっぷり配合され、除毛による肌への負担も抑えられています。特殊ウォータープルーフ仕様なので、バスルームでの使用が可能です。

  • 成分

    有効成分:チオグリコール酸カルシウム
    その他の成分:海藻エキスー5、ヒアルロン酸Naー2、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、水添大豆リン脂質、大豆エキス、タイムエキスー2、濃グリセリン、スクワラン、アロエエキスー2、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、桃葉エキス、シャクヤクエキス、オウゴンエキス、ブクリョウエキス、サンザシエキス、タイソウエキス、トリエチルヘキサン酸グリセリル、BG、アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール、水酸化Na、キサンタンガム、セテアリルグルコシド・セテアリルアルコール、POEセチルエーテル、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、POE(20)POP(4)セチルエーテル、流動パラフィン、ワセリン、無水エタノール、エタノール、パラベン、香料、黄203、赤102

第8位エピラット 除毛クリームキット 敏感肌用

  • エピラット 除毛クリームキット 敏感肌用

    内容量

    150g

    価格

    878円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    セラミド、カモミールエキス、海藻エキスのうるおい保護成分が配合されており、肌への負担を抑えながら根元からしっかり除毛します。敏感肌の方でも使いやすい処方です。処理した後の毛の断面も丸いため、チクチクが気にならず、カミソリでの除毛より効果が持続しやすい、市販されているエピラットの脱毛クリーム(除毛クリーム)です。値段が手ごろなところもおすすめ。

  • 成分

    有効成分:チオグリコール酸
    その他の成分:水、セテアリルアルコール、水酸化Ca、POE(25)ラウリルエーテル、POEセチルエーテル、水酸化Na、パラフィン、香料、海藻エキス-1、カモミラエキス-1、BG、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸デカグリセリル、グアイアズレンスルホン酸Na、ステアロイル乳酸Na、(2S,3R)-2-オクタデカノイルアミノオクタデカン-1,3-ジオール、緑201

第7位パイナップル豆乳除毛クリーム

  • パイナップル豆乳除毛クリーム

    内容量

    100g

    価格

    2,808円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    7種類のハーブエキスなどの天然成分が配合されていることにより、肌への負担が抑えられた除毛クリームです。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た作用があるといわれており、美肌効果も期待することもできます。お手入れを続けることで、ツルツルした肌が持続しやすくなります。

  • 成分

    有効成分:チオグリコール酸Ca
    その他の成分:海藻エキス-5、ヒアルロン酸Na-2、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、水添大豆リン脂質、大豆エキス、タイムエキス-2、濃グリセリン、スクワラン、アロエエキス-2、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、桃葉エキス、シャクヤクエキス、オウゴンエキス、ブクリョウエキス、サンザシエキス、タイソウエキス、トリエチルヘキサン酸グリセリル、BG、アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ ベヘニルアルコール、水酸化Na、キサンタンガム、セテアリルグルコシド・セテアリルアルコール、POEセチルエーテル、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、POE(20)POP(4)セチルエーテル、流動パラフィン、ワセリン、無水エタノール、エタノール、パラベン、香料、黄203、赤102

第6位maina 除毛クリーム

  • maina 除毛クリーム

    内容量

    150g

    価格

    3,280円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    顔以外の全身に使用することができます。VIOにも対応しており、デリケートゾーンの処理に悩んでいる女性の方にもおすすめです。肌荒れ防止成分や保湿成分が贅沢に配合されているため、処理後も肌がうるおいます。脱毛クリーム特有のイヤなニオイが抑えられており、ローズの香りが漂います。

  • 成分

    有効成分:チオグリコール酸カルシウム
    その他の成分:グリチルリチン酸2K、サクラ葉抽出液、大豆エキス、アロエエキス-2、カッコンエキス、クロレラエキス、尿素、流動パラフィン、セタノール、POE(6)ステアリルエーテル、POE(20)セチルエーテル、POE(30)オレイルエーテル、POE(40)セチルエーテル、ステアリルアルコール、ラウリルアルコール、オレイン酸ソルビタン、ミリストイルメチルタウリンNA、炭酸NA、水酸化NA、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、BG、メチルパラベン、香料(ラベンダー油)

第5位moomo 除毛クリーム

  • moomo 除毛クリーム

    内容量

    120g

    価格

    3,689円

    使用日数

    約1ヶ月分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    高い保湿力がある高級シアバターなどの美容成分が配合されており、ムダ毛を処理しながら肌のケアを行うことができる、ムーモの脱毛クリーム(除毛クリーム)。すね毛・脇毛・腕毛・背中毛・腹毛・指毛を放置時間5分で簡単除毛してくれます。(顔やvioなどのデリケートな部分は使用不可)本場フランスから取り寄せた、リラックス効果があるラベンダーの香りに癒され、ツンとしたニオイも気になりません。

  • 成分

    有効成分:チオグリコール酸カルシウム
    その他の成分:シア脂、ダイズエキス、シソエキス(1)、水酸化カルシウム、1,3-プロパンジオール、1,2-ペンタンジオール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ステアリルアルコール、パラフィン、流動パラフィン、水酸化ナトリウム、1,3-ブチレングリコール、香料

第4位エピ プレミアムクリーム DX

  • エピ プレミアムクリーム DX

    内容量

    500ml

    価格

    2,820円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    大容量なので、量を気にせずたっぷり使用することができるコスパの良い商品です。脱毛クリームでは珍しいポンプ型で、塗る時に手間がかからないところもおすすめのポイント。保湿成分が含まれているため、使用後も肌がしっとりします。

  • 成分

    有効成分:チオグリコール酸カルシウム
    その他成分:ポリオキシエチレンセチルエーテル、親油型モノステアリン酸グリセリル、ポリオキシプロピレングリセリルエーテル、パルミトイルメチルタウリンナトリウム、モノオレイン酸ソルビタン、α-オレフィンオリゴマー、ミリスチルアルコール、植物性スクワラン、ホホバ油、尿素、ダイズエキス、チャエキス、カルベノキソロン二ナトリウム、ベヘニルアルコール、セタノール、水酸化カリウム、銅クロロフィリンナトリウム、香料

第3位ヴィート 除毛クリーム チューブフィット 敏感肌用

  • ヴィート 除毛クリーム チューブフィット 敏感肌用

    内容量

    100g

    価格

    905円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    クリームを片手で簡単に塗ることができる、チューブタイプの除毛クリームです。
    チューブの先がドーム型になっているため、処理しづらいビキニラインやワキの短いムダ毛も、根元の部分からしっかり取り除くことができます。クリームは水に流れにくい性質があるため、水がかかっても除毛効果が続いており、お風呂場での処理にも向いています。

  • 成分

    有効成分:チオグリコール酸
    その他の成分:セテアリルアルコール、POEセトステアリルエーテル、流動パラフィン、POPステアリルエーテル、VP・ヘキサデセン共重合体、酢酸トコフェロール、PG、水酸化Ca、グルコン酸Na、ケイ酸Mg、尿素、無水ケイ酸、アロエエキス-2、pH調整剤、粘度調整剤、酸化Ti、香料

第2位ヴィート バスタイム除毛クリーム 敏感肌用

  • ヴィート バスタイム除毛クリーム 敏感肌用

    内容量

    150g

    価格

    718円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    クリームを塗ったところに多少水がかかっても除毛効果が続く、バスタイム専用除毛クリームです。5分経過したら、付属のスポンジを使いながらシャワーで洗い流すだけ。付属の専用スポンジが肌にフィットし、ムダ毛をやさしく効率よく除去してくれます。価格も安い為、ムダ毛が気になり始める中学生や高校生にも購入しやすくおすすめです。

  • 成分

    有効成分:チオグリコール酸
    その他の成分:セテアリルアルコール、POEセトステアリルエーテル、流動パラフィン、濃グリセリン、タルク、水酸化Ca、ケイ酸Mg、グルコン酸Na、尿素、酢酸トコフェロール、アロエエキス-2、酸化Ti、PG、ソルビトール液(小麦由来)、pH調整剤、粘度調整剤、香料

第1位WHITH WHITE レディース 除毛クリーム

  • WHITH WHITE レディース  除毛クリーム

    内容量

    150g

    価格

    3,240円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    剛毛や埋もれ毛などの悩みも、クリームを塗り、たった5分待つだけでスベスベ美肌を目指せます。顔以外の全身に使用できるため、vioの処理に悩んでいる方にもおすすめです。サクラ葉・甘草・アロエの3つの美容成分による肌荒れの予防や保湿効果も期待できます。ISO9001品質基準の生産管理で、品質にもこだわっています。

  • 成分

    有効成分:チオグリコール酸カルシウム
    その他の成分:グリチルリチン酸2K、サクラ葉抽出液、大豆エキス、アロエエキス-2、カッコンエキス、クロレラエキス、尿素、流動パラフィン、セタノール、POE(6)ステアリルエーテル、POE(20)セチルエーテル、POE(30)オレイルエーテル、POE(40)セチルエーテル、ステアリルアルコール、ラウリルアルコール、オレイン酸ソルビタン、ミリストイルメチルタウリンNa、炭酸Na、水酸化Na、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、BG、メチルパラベン、香料(ラベンダー油)

脱毛クリームの使い方

脱毛クリーム使用前に皮膚を清潔な状態にする

脱毛クリーム使用前に皮膚を清潔な状態にしましょう

肌に日焼け止めや保湿クリーム、オイル、汗や皮脂などの汚れが残っていると、脱毛クリームの成分が浸透しづらくなり、毛を処理する効果が薄れてしまう場合があります。また、脱毛クリームを使用することで、肌は少なからずダメージを受けますが、肌が汚れている状態のままで脱毛クリームを使用すると、脱毛クリームでダメージを受けた皮膚に雑菌が侵入してしまう可能性があり、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。除毛したい箇所は、必ず肌をきれいに洗って清潔な状態にし、洗った後は、水分をしっかり拭き取って、乾いた肌に脱毛クリームを塗るようにしましょう。

使うタイミングはお風呂上り

使うタイミングはお風呂上り

お風呂上がりは肌が清潔な状態になっているだけでなく、皮膚も毛も柔らかくなっており、毛穴が開いてムダ毛の処理がしやすい状態になっています。お風呂から上がったタイミングで、体が冷える前にバスタオルで体の水分を拭き取り、すぐに脱毛クリームで処理するのがおすすめです。また、商品によっては、バスタイム中に使用できる脱毛クリームもあります。その場合も、体が温まってきてじんわりと汗がにじみ出る頃に使うのがおすすめです。使用前には、体の皮脂や汚れはきれいに洗い流しておくようにしましょう。

指定された放置時間を必ず守る

脱毛クリームは指定された放置時間を必ず守りましょう

脱毛クリームは、クリームを塗った後の放置時間が長いほど除毛の効果を高めることができますが、放置時間が長くなる分肌への負担も大きくなります。産毛や、細く柔らかい毛の場合は置く時間を短めにしたり、剛毛などの太めで硬い毛の場合は長めに置いたりと、毛質や自分の肌の状態に合わせて脱毛クリームを置く時間を調整するのがおすすめです。また、説明書に記載されている最大放置時間よりも長くクリームを置いてしまうのは、肌トラブルを引き起こす原因になるため、説明書の内容はしっかり守るようにしましょう。

脱毛クリームは一度に大量に塗らない

脱毛クリームは一度に大量に塗らないようにしましょう

脱毛クリームは、厚く塗りすぎても肌に負担をかけてしまうだけで、塗る量が多ければ、除毛効果が高まるということではありません。説明書に書いてある使用量を守ることが大切です。クリームを塗る際は、付属のヘラなどを使用し、毛と肌が隠れるくらいの適度な量を均一に塗っていくようにしましょう。

脱毛クリーム使用後はしっかり冷やす

脱毛クリーム使用後は、処理した部分に冷えているタオルや保冷材などをしばらく当てて、除毛による肌の炎症を抑えるようにします。また、肌を冷やすことにより、開いた毛穴を引き締める効果もあります。

保湿ケアを行う

脱毛クリーム使用後は保湿ケアを行いましょう

除毛した後の肌は非常にデリケートな状態になっています。また、肌の乾燥は皮膚のバリア機能低下にも繋がり、炎症を起こしやすく、肌トラブルの原因にもなります。保湿成分が配合されている脱毛クリームも、除毛による肌への負担を抑えることができますが、除毛後の保湿ケアとしては不十分です。脱毛クリーム使用後、肌を冷やしてクールダウンさせた後、化粧水やボディクリームなどを使用してしっかり保湿を行うようにしましょう。

除毛効果をさらに上げる方法

・クリームを塗った後にラップを巻く
脱毛クリームを塗った部分にラップをかぶせ、時間を置くことにより、成分が毛に浸透しやすくなり、除毛の効果をさらに高めることができます。ですがその分肌にも浸透しやすくなるため、長く放置することは避けるようにしましょう。また、ラップをかぶせた後に肌がヒリヒリしたりかゆくなったりした場合は、すぐにラップを外して洗い流すようにしましょう。

・抑毛ローションを使用する
脱毛クリームによる除毛効果は長くて1週間、短くて3日間程度しか持続しないこともあります。除毛効果を持続させるためには、抑毛ローションの併用がおすすめです。抑毛ローションは、その名の通り毛が生えてくるスピードを遅くする、毛を細くするなどの効果が期待できるもので、もちろんスキンケアとしても使用することができます。脱毛クリーム使用後の保湿ケアのタイミングで抑毛ローションを使えば、これから生えてくる毛の成長を遅らせ、除毛効果を長持ちさせるなどの効果を期待することができます。

脱毛クリームの注意点

パッチテストを行ってから使用する

脱毛クリームはパッチテストを行ってから使用しましょう

脱毛クリームを使用する前に、必ずパッチテストを行うようにしましょう。また、肌や身体の調子は常に同じというわけではないため、同じ商品を使用する場合でも、使うたびにパッチテストを行うのがおすすめです。脱毛クリームは、一回で広範囲のムダ毛処理を行うことがメリットの一つですが、自分の肌に合わないことを知らずに広範囲に使用してしまうと、その分肌トラブルの範囲も広くなってしまいます。まずはパッチテストを行い、今の自分の肌の状態に合うかどうかを確認しておくのが、重大な肌トラブルやアレルギー症状を防ぐことに繋がります。

〈簡単なパッチテストの方法〉
①脱毛クリームを、二の腕の内側に、10円玉くらいの大きさで薄く塗る
②各商品の放置時間に合わせてしばらく時間を置く
③塗った箇所を洗い流す
④24~48時間の間にアレルギー症状などが出なければ使用OK

肌や体の調子が悪い時は使用を控える

生理中や、風邪、睡眠不足などの体調不良で皮膚の免疫力が落ちている時、肌に傷や湿疹がある時、日焼けをして肌が炎症を起こしている時などは、脱毛クリームの使用を控えるようにしましょう。刺激に弱くなっているため、肌のトラブルが起こりやすくなっています。また、無理に使用し肌がダメージを受けると、治りも悪くなります。

脱毛クリームで肌が荒れてしまった場合の対処法

除毛クリームで肌が荒れてしまった場合の対処法

脱毛クリームを使用して肌が荒れてしまったら、症状が軽い場合は市販薬の軟膏などを使用して様子を見ます。症状がひどい場合や、市販薬を使用してもなかなか良くならないという場合は、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

抑毛効果が期待できる食品を取り入れてムダ毛の予防

抑毛効果が期待できる食品を取り入れてムダ毛の予防をしましょう

女性で、体毛が濃くなったり増えたりする原因の一つに、男性ホルモンの増加が挙げられます。ホルモンバランスは、不規則な生活習慣や偏った食生活、ストレスなどの影響で崩れやすく、ホルモンバランスが乱れることで女性ホルモンが少なくなり、男性ホルモンが増え、毛が濃くなったり増えたりするなどの「男性化」が起きてしまいます。規則正しい生活を送り、ストレスを溜めないように心がけるのはもちろんですが、日々の食生活で女性ホルモンと似た働きをする食品の摂取するように心がけることで、乱れたホルモンバランスを整え、抑毛効果を期待することができます。

抑毛効果が期待できる食品や成分には、女性ホルモンと似た働きをする「大豆製品」や、ホルモンバランスを安定させる働きがある「ビタミンE」などがあります。大豆に含まれている「大豆イソフラボン」には、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」と似た作用があり、女性ホルモンを増やすことで抑毛効果に繋げることができます。大豆イソフラボンを多く含む食品には、豆腐や納豆、油揚げ、きなこ、豆乳などがあります。また、「ビタミンE」には抗酸化作用などもあり、体内の脂質の酸化予防や、美肌効果も期待できるため、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。ビタミンEが多く含まれている食品には、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類、モロヘイヤ、赤ピーマン、カボチャ、アボカドなどがあります。

また、動物性タンパク質や亜鉛、ビタミンB群には男性ホルモンを増やす作用があるため、牛肉や豚肉、牡蠣などの過剰摂取は控えるようにしましょう。

まとめ

今回は脱毛クリームをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分の肌に合うものを使用する
・脱毛クリーム特有のニオイが気にある方は香り付きのものを選ぶ
・抑毛ローションとの併用や抑毛効果のある食品の摂取で、除毛効果を高める
ということです。

脱毛クリームは、使用方法も簡単で、手軽にムダ毛の処理を行うことができる便利なアイテムです。ぜひ自分の肌に合う脱毛クリームを見つけて、ムダ毛に悩まないツルすべ肌を目指していきましょう。

Share on

Share on

PAGE TOP