レディース ボディーケア
  • 2019.2.6 レディース ボディーケア

    着圧ソックスのおすすめ人気ランキング10選

    女性の多くが悩んでいるむくみ。仕事上ずっと座りっぱなしや立ちっぱなしなどでどうしても足はむくんでしまいます。ですが、細くてきれいな脚を目指したいと思っている方も多いはず。自宅でこっそりマッサージなどをしていて、少し面倒だと感じている方もいるのではないでしょうか?今回は、むくみ解消にとても役に立つ着圧ソックスについてご紹介していきます。ぜひ着圧ソックスを使用して、きれいな脚を目指しましょう。

着圧ソックスとは

着圧ソックスの効果とは

今回着圧ソックスをご紹介していくのですが、その前に皆さんは着圧ソックスにはどのような効果があるかご存知ですか?なんとなく良いというイメージを持っている方、脚痩せ効果があると思っている方、むくみをとる効果があると思っている方、皆さん着圧ソックスに対する認識は様々かと思います。そもそも着圧ソックスという名前にもある通り、着圧ソックスは着用していると脚に圧力を加えてくれる靴下のことを言います。脚に圧力を加えることで血液の循環を促し、むくみを解消することができるのです。本来、着圧ソックスは医療目的として開発されました。ですが、最近では美容目的として使用されることが多く、一般的に使用できる着圧ソックスが多数発売されているのです。着圧ソックスでかけられる圧力は、脚の部位によって異なります。足首部分が最も圧力がかかっていて、ふくらはぎ、太ももと上に上がるにつれて徐々に圧力は下がります。こうすることで、それぞれの部位に最も適している圧力をかけることができるのです。着圧ソックスはむくみをとる靴下として人気ですが、実はそれ以外にも様々な効果があります。

<リンパの流れを良くする>
着圧ソックスは、脚の血流を良くしてくれるだけではなく、リンパの流れも良くしてくれます。リンパの流れが悪いと、老廃物などを排出しにくくなってしまい、そこからむくみへとつながってしまいます。それを防いでくれる効果があるので、体内の老廃物を排出しやすくなります。さらに、リンパの流れが悪くなると足先まで血が行かず、冷え性にもなってしまいます。そこで、リンパの流れを良くすることで、血が足の先まで巡りやすくなり、冷え性の改善にもつながります。女性の場合は特に冷え性で悩んでいる方も多いかと思います。冷え性改善という意味でもおすすめです。

<代謝アップ>
脚に圧力をかけることで血液の循環を促すと説明しましたが、血液の循環を促すことで血の巡りが良くなり、それによって代謝も上がります。

<脚周りのサイズダウン>
脚がむくんでしまっていると、足のサイズが大きくなったように感じたり、脚が太く見えてしまいがちです。ですが、着圧ソックスを使用して血行の促進やリンパの流れを良くすることで、むくみがとれて脚がほっそりと痩せたように見せることができます。そのため、モデルや芸能人など様々な分野の方が、使用しています。

<疲労回復>
着圧ソックスには、ただむくみをとるだけではなく、疲労回復の効果もあるのです。脚がむくんでしまうと脚のだるさや痛みなどを感じた経験のある方はいませんか?そんな時にも着圧ソックスがおすすめです。だるさや痛みを感じた脚に着圧ソックスを使用してあげると、むくみをとることですっきりと脚の疲労をとってくれます。長時間同じ姿勢でいることが分かっている場合などには、履いておくのも良いかもしれません。

<時間短縮>
着圧ソックスは、履いているだけで良いので時間短縮をしたい方にもとても人気です。ジムやマッサージに通う時間やお金がないという方、短時間で脚を細くしたいと思っている方にはとてもおすすめで、一度購入してしまえばしばらく購入する必要もないですし、仕事や就寝前に履くだけで良いので、とても手軽に試しやすいはずです。
この他にも、ヒップアップ効果や骨盤矯正、脂肪燃焼など様々な効果があります。商品によって強化している効果は異なることもあるので、ぜひ一度確認してみてください。

むくみの原因

着圧ソックスの効果についてご紹介しましたが、なぜむくんでしまうのでしょうか?そもそも血液は心臓から動脈へ、そして体内を巡って再び心臓に戻るようになっています。心臓に血液を送るための大切なポンプのような働きをしているのが、脚の筋肉なのです。ですが、脚に疲労が溜まってしまうと、このポンプの働きができなくなってしまいます。すると、脚がむくんでしまうのです。それでは、具体的にどのようなことで脚がむくんでしまっているのか、原因を見ていきましょう。

<長時間同じ姿勢>
これは最も有名な理由で知っている方も多いのではないでしょうか?血液は重力の関係で、脚などに溜まりやすくなります。心臓から離れている部位ほど筋肉によるポンプ作用は低下してしまうため、脚は血流が悪くなってしまうのです。そのため、デスクワークや立ったままの仕事をしている方の場合、どうしても脚がむくみやすくなってしまいます。

<塩分の過剰摂取>
味が濃い食べ物はとてもおいしいですよね。ですが、塩分の過剰摂取はむくみだけではなく、健康にも良くありません。塩分は体内に入るとナトリウムへ変化します。そして、体内の塩分濃度が濃くなるため体内の塩分濃度を正常値に戻そうと、水分で薄めようとします。水分で薄めるためには水分をできるだけ排出せずに溜め込もうとします。それによって、細胞の外に水分が溜まってしまうことで体がむくんでしまいます。
塩分の過剰摂取によって起こるむくみは、脚だけではなく顔や手など様々な部分に現れます。朝起きるといつもより顔がむくんでいる日はありませんか?そういった日は前日に味の濃い物を食べている可能性があるので、思い出してみてください。外食やコンビニのご飯を食べることの多い方は特に注意が必要です。

<アルコールの過剰摂取>
アルコールは飲むと体が温かくなります。そのため、血流を良くする効果はあります。ですが、アルコールを飲むとその分、血管から水分を排出する効果もあるのです。飲みすぎず適量であれば問題がないのですが、飲みすぎてしまうと脚だけではなく顔もむくんでしまうことがあるので、飲みすぎないように注意しながら飲むようにしましょう。

<冷え性>
女性の場合悩んでいる方も多いのが冷え性です。この冷え性はむくみにとても関係があります。冷え性で悩んでいる方の場合、冬だけではなく夏場の冷房で冷えている部屋などでも、手先や足先はついつい冷たくなってしまいますよね。体が冷えてしまうと、筋肉も固まってしまうのですが、そうすると血を流す役割のあるポンプの働きもうまくできなくなってしまいます。触ってみた時に冷たくなっていると、筋肉が固まってしまっている証拠なので、注意しましょう。

<水分過不足>
水分を摂りすぎてしまうと、血管から過剰に排出されてしまうため、むくみに繋がってしまうので気を付けている方はいるかと思います。実際に、1回にたくさんの量の水分を摂取した場合や、1日に2リットル以上の水分を摂取した場合はむくみに繋がってしまいます。
ですが、それと反対に水分をあまり摂っていない水分不足の場合にもむくんでしまいます。体は必要な水分量の基準値が決まっています。ですが、その基準値を下回りそうになると、危険を感じて水分をできるだけ体内に溜め込もうとします。そうして水分を溜め込むことでむくみに繋がってしまうのです。
カフェインの摂取が多い方や、妊娠中の方は特に注意が必要です。

<筋肉量の低下・疲労>
血液を心臓に送っているポンプの働きをしているのが、筋肉です。そのため、筋肉が発達している人の場合血液をより強く送ることができるのです。
ですが、反対に筋肉量が少ないと一度に送れる血液は少なくなってしまいます。少量ずつ流していくと、だんだんと遅れが出て最終的に血流が悪くなってしまい、むくんでしまうのです。そのため、普段運動をあまりしない方や、瘦せすぎていて脚が細い方の場合に特に多い原因です。また、女性の場合は男性と比べると皮下脂肪が多く筋肉量が少なくなっています。男性と比べるとむくみやすくなっているので気を付けましょう。
睡眠不足の場合は自律神経をゆっくりと休めることができていないため、血管が収縮した状態のままになりその結果、血流が悪くなってむくんでしまいます。

<ストレス>
生きている以上、なかなか切っても切れない関係なのがストレスです。仕事や家庭、人間関係など様々な部分でストレスを感じることがあります。ストレスがかかると、コルチゾールと呼ばれる成分の分泌が増えます。このコルチゾールが増えると、体内の水分を上手に排出することができず、体内に水分が溜まりやすくなってしまいます。その結果、むくみに繋がるのです。

むくんでいるとどうなる?

むくんでしまうことで、体には様々な異変が現れます。まず最も多いのが脚のだるさです。むくんでいる状態の脚は、血の流れも悪く老廃物が溜まっている、悪い状態になります。そのため、脚にだるさを感じることもあり、ひどい場合は痛みを感じることもあります。また、靴や靴下がきつくなるのもむくみの特徴の1つです。日中に同じような姿勢でずっと過ごしてしまうと、重力によって足元に溜まってしまいむくみに繋がります。すると、夜になって靴を履くと朝よりも少しきつくなっているといった問題が起きてしまう可能性もあります。また、同様にむくんでいる部分には水分が過剰に溜まってしまっているため、むくんでいる脚とむくんでいない脚を見比べると、むくんでいる脚が太く見えてしまいます。

日常でできるむくみ対策

むくみを解消するためにおすすめなのが着圧ソックスなのですが、着圧ソックスを履いていれば絶対にむくまないというわけではありません。むくみは日頃の習慣も影響をしているため、そういった部分を改善していくことも大切になります。では、どのような部分に気を付けると良いのでしょうか?
次は、日常でできるむくみ対策についてご紹介していきます。

<水分>
むくみの敵である水分。水分は摂りすぎるとむくんでしまいますが、摂らなすぎても水分即と感じて体に溜め込んでしまいます。そのため、むくみを防ぐためには適度に水分を摂ることが重要です。人間の体に必要な1日の水分量は、体重×30mlとよく言われます。例えば体重が50kgの方の場合、50×30で1500、つまり1.5リットルの水分を摂る必要があるのです。ですが、水は味もなくなかなかたくさんの量を飲むことはできないと思う方もいるかもしれません。水の代わりにお茶やコーヒー、ジュースなどで代用しようとするかもしれません。ですが、お茶やコーヒーの場合カフェインが含まれているため、利尿作用があり飲んだ分出やすくなってしまうので、水分を補給することは難しくおすすめできません。さらにジュース類も甘くておいしいですが、その分糖分が含まれているためあまりおすすめできません。また、アルコールも水分を排出する作用があるので、飲みすぎないように気を付けましょう。

<食事>
食事で気を付けたいのは塩分です。塩分については身体に水分を溜め込もうとする結果むくんでしまうので、過剰に塩分を摂取するのは気を付けたいのですが、ではどのような食品に塩分が多く含まれているのでしょうか?塩分が多く含まれているのは、梅干し・ラーメン・漬物・ハムなどです。どれも食べた時に味が濃くしょっぱいと感じることのあるものです。もちろん、一切食べないというのは難しいかと思います。ですが、少しでも食べる頻度を減らしたり、一度に食べる量を調整することで塩分の摂りすぎを防ぎましょう。
また、むくみを改善するためにおすすめの食品もあります。栄養素の中ではこれからご紹介する5種類がおすすめです。カリウム(塩分を体の外へ排出する)はアボカド・バナナ・ほうれん草・フルーツ類・海藻類・きゅうり、クエン酸(体の中の老廃物を分解して排出する)はグレープフルーツ・レモンなど、ビタミンE(体の中のナトリウムを尿として排出する)はアボカド・プルーン・モロヘイヤ、サポニン(体の水分量を調節する)は小豆・きゅうり・ごぼう・にんにくなど、ビタミンB6(ホルモンバランスを整えて生理前のむくみを防ぐ)は牛レバー・まぐろ・かつお・大豆などに含まれています。これらの食品を意識的に摂ることで、むくみを改善することができます。

<運動>
普段移動は車、仕事中はデスクワークで座りっぱなしという方の場合、ついつい動かなくなってしまい運動不足になってしまいます。ですが、筋肉は血液を循環させるためのポンプのような役割があり、運動不足になったりずっと同じ姿勢でいると筋肉が落ちてしまい、ポンプの役割が十分にできなくなってしまうということをご紹介しました。そのため、むくまないためには適度に運動をすることで筋肉をつけ、それを維持していく必要があります。まずは散歩をするなど軽く歩くことも良いですし、何か好きなスポーツをするのも良いかもしれません。自分に合う運動を見つけてみてください。
ただし、いきなり無理をしてしまうとけがをしてしまったり、やる気が続かなくなってしまうこともあるので気を付けましょう。いつもならエレベーターやエスカレーターを使用していた部分を階段にしてみたり、普段ハイヒールを履いている方は、ふくらはぎの筋肉を動かしやすくするためにスニーカーや低めのヒールなどにすることも効果的です。
デスクワークの方の場合、集中しているとあっという間に時間が過ぎていて、気付いたら半日トイレにも行っていないという方もいるかもしれません。
トイレを我慢してしまうのは無意識でも良くないですし、やはりずっと同じ姿勢での仕事はむくみにもつながります。そのため、できるだけ1時間に1度はトイレに行くように意識をすると良いでしょう。トイレを我慢することもなくなりますし、さらに立ち上がってトイレまで歩くことで足を動かすこともできます。そこまでトイレに行っている時間がないという方の場合は、座ったままでもつま先を上げ下げすることでふくらはぎの筋肉をできるだけ動かすように意識してあげましょう。
立ち仕事の方の場合は、歩く時の重心を意識しましょう。1日中歩いていればふくらはぎの筋肉を使っていることになるので、むくむことはありません。ですが、それなのにむくんでしまう方は一体どうしてむくんでしまうのでしょうか?そこで関係するのが歩く時の重心です。歩くときに重心が前になっていると脚の筋肉全体を使用することができず、一部分だけ使いすぎてしまうことがあります。その結果筋肉が硬くなってしまい、リンパの流れが悪くなってしまうのです。それを避けるためには歩くときの重心をかかとの真ん中になるように意識することです。股関節から脚を動かす、必要以上に踏みしめて歩かないといったことを意識することで、立ち姿勢や歩き姿勢は正しくなり脚の筋肉が正しく使われるのでむくみにくい脚になります。立ち仕事でも歩き回るよりも同じ姿勢で立っていることが多くあまり歩かないという方は、歩く時の重心はかかとの真ん中ということを意識しつつ、定期的に脚を動かすことも忘れずに行いましょう。

<マッサージ>
マッサージやストレッチも脚のむくみには効果的です。むくみが気になった時に急いでしてもすぐになくなるというわけではないので、定期的にマッサージやストレッチをする習慣を身に付けられると良いでしょう。マッサージは行うことで、血行促進や筋肉をほぐす効果があります。より効果的なマッサージをするためには、お風呂上がりがおすすめなのでぜひ試してみてください。ですが、間違ったマッサージを行ってもむくみは改善しません。
そこで、簡単に行えるマッサージを1つご紹介します。それは「膝の裏を押す」ということです。膝の裏はリンパが集まりやすく、溜まりやすくなっています。そこで、膝の裏を押すことで溜まっているリンパを流すことができます。やり方は簡単で、片方の膝を両手で左右から持ちます。そして、中指で膝の裏をやさしく押してあげましょう。この時、効果が出ると思って強く押しても意味はありません。痛みを感じない程度、気持ちよく感じる程度の強さで押してあげましょう。簡単にできるのでぜひ試してみてください。
また、ストレッチもむくみにはとても効果的です。ふくらはぎの緊張をほぐすストレッチを行うことでむくみを改善させることができます。ストレッチもマッサージと同様に、体が柔らかくより効果が出やすいお風呂上がりに行うと良いでしょう。
さらに、ご褒美としてマッサージに行くのもおすすめです。プロの方にマッサージをしてもらうと、日頃の疲れも取れますし、話しながら施術もしてくれるのでストレス解消にもなります。鍼治療もむくみにはおすすめで筋肉の疲れを取ることができます。興味がある方はぜひむくみを改善したいと相談してやってもらうと、スッキリできるので試してみてください。

<入浴>
お風呂は朝に入ると決めている方や、いつも時間がなくてシャワーだけで済ませてしまっている方もいうのではないでしょうか?ですが、お風呂でしっかりと温まることもむくみの改善にはとても有効です。湯船に浸かってゆっくりすることで、体が温まり血液の循環が良くなります。さらに、老廃物の排出を促すこともできます。水圧によってリンパの流れが改善されることもあり、むくみの解消も期待することができます。忙しくてどうしてもゆっくり湯船に浸かっている時間がないという方の場合は、入浴後にマッサージをするのもおすすめです。

着圧ソックスを選ぶおすすめのポイント

自分に合ったサイズ

着圧ソックスは自分に合ったサイズを選びましょう

着圧ソックスを選ぶ際に最も重要なポイントと言っても良いのが、サイズ感です。着圧ソックスのサイズが合わずに小さいサイズを使用してしまうと、きつく感じるため血流が悪くなり、その結果さらにむくみが悪化してしまいます。皮膚にも負担をかけることになってしまうので痒みを感じることもあります。反対に大きいサイズを使用してしまうと、圧がしっかりとかからなくなってしまうので、通常の靴下と同じくむくみに効果が出なくなってしまいます。メーカーによってはサイズがないということもあるので、購入前にしっかりと確認しましょう。また、サイズ表記がある商品に関しても、サイズにはメーカーによって差があります。表記を確認して自分の脚のサイズに合うものを購入しましょう。万が一サイズが合わない場合でも、着圧ソックスを2枚重ねて履くと痒みなどの不快感を感じる原因になるため、やめましょう。

締めつけ感をチェック

着圧ソックスは締めつけ感をチェックして選びましょう

サイズ感を確認することができたら、次に締め付け感もチェックしましょう。まずは理想的と言われている着圧についてです。着圧ソックスは一定の圧がかかるのですが、これは脚の部位ごとに異なるようきできているものがほとんどです。なぜなら、部位によって理想的な圧は異なり、強ければその分効果が出るというわけでもないからです。着圧ソックスの圧の強さはhPa(ヘクトパスカル)で表されます。数字が大きくなればなるほど、圧も高くなっていくと考えてください。部位ごとの理想的な圧の目安は、足首が20~30hPa、ふくらはぎが10~20hPa、太ももが5~15hPaです。日常生活での軽いむくみは、8~20hPa、日常的にむくみの症状が重く改善をしたい方は、20~30hPa、リンパ浮腫や下肢静脈瘤などの病気や、エコノミー症候群を予防する時には医療用と同じくらいの効果がある30~50hPaがおすすめです。脚痩せや足のむくみをとることが理由なのであれば、10~20hPaの着圧ソックスで十分な効果は得られるので、無理はしないように気を付けましょう。

自分の用途に合わせたタイプ

着圧ソックスは自分の用途に合わせたタイプで選びましょう

自分の用途を考えてあげましょう。仕事中に履きたいのか、プライベートで遊ぶ時に使用したいのか、または、就寝中に使用してむくみを改善したいのか、様々な用途があるかと思います。その用途に合わせて着圧ソックスを購入して使用することで、より効果が出るようになるはずです。

<長さ>
着圧ソックスには様々な長さの商品があります。膝下丈のショートタイプ、太ももまであるロングタイプ、お尻までケアすることのできるスパッツタイプ、その他にもレギンスタイプやトレンカのようにつま先が空いているタイプのオープントゥタイプがあります。どの部分に圧をかけたいのか、またどのタイプが履いていて違和感やストレスがないかによって自分の好きなタイプを見つけましょう。タイプごとに特徴をご紹介します。

・ショートタイプ
ショートタイプはハイソックスのような感覚で手軽に履くことができるものです。移動時間などが長く、その間に使用したい方にもおすすめですし、今まで着圧ソックスを使用したことのない方や、ふくらはぎのむくみが気になっている方にもおすすめのタイプです。ですが、手軽な反面膝上の着圧効果がないため、太もものむくみが気になっているという方にはあまりおすすめできません。

・ロングタイプ
ロングタイプは太ももまでを覆うことができるので、太ももから足首まで全体的に引き締めることができます。そのため、夜用の着圧ソックスで最も多く発売されているタイプがこのロングタイプになります。着脱はショートタイプと比べると少し時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてしまえばそこまで大変ではありませんし、さらに太ももまでケアできることが人気の1つです。また、種類が多いことで着圧の強さも豊富なため、自分に合う着圧ソックスを見つけることができます。

・スパッツタイプ
スパッツタイプはお尻まで覆うことのできるタイプなため、ヒップアップ効果や骨盤のケアを期待できる着圧ソックスが多数発売されています。下半身全身を覆うことができるため、全体的に下半身を細くする効果や、おなかや骨盤を引き締める効果もあります。着脱は少し手間もかかりますし、トイレなどでは毎回脱ぐ必要があるので少し面倒かもしれませんが、着圧効果はほかのタイプの中でも最も高いのでおすすめです。

・つま先あり
ショートタイプ・ロングタイプ・スパッツタイプをご紹介しましたが、その中でもつま先があるものとないもので分けることができます。つま先まであるものは足先までしっかりと保湿することができます。そのため、乾燥肌の方などにおすすめです。また、足先が冷えやすい冷え性の方や、冬の寒い日などにはつま先があるのとないのでは温かさが変わってきます。そういった時にはつま先ありのものを使用すると良いでしょう。

・つま先なし(オープントゥ)
つま先のないものはオープントゥと呼ばれています。靴下を履いていると知らない間に汗をかいていて蒸れてしまっている経験はありませんか?オープントゥタイプならそういった心配がいらないので、仕事中に使用しても快適に過ごすことができます。また、靴下で破れやすい指先がないので、敗れる心配もありません。パンプスなどによくあるつま先部分が空いている靴を履いても、オープントゥタイプならきれいに見せることができますし、ネイルやマッサージなどもしやすく便利です。

<昼用・夜用>
・昼用
仕事やお出かけの多い昼間に使用したいという方には、昼用の着圧ソックスがおすすめです。夜用と比べると着圧はやや高めで、外出しやすいように通常の靴下のようなデザインになっているものが多いです。さらに、最近では薄めの着圧ソックスも人気があり、脚を引き締めることできれいに見せてくれるため、デートなどでも使用しやすいものになります。また、立ち仕事でも使用できるように、立ち仕事が多い人用の着圧ソックスも発売されています。立っているとついついふくらはぎがむくんでしまうのですが、それを抑えることができるので、立ち仕事の方はぜひ試してみてください。

・夜用
眠るときに使用したい方は、夜用の着圧ソックスを選びましょう。就寝用は着圧も強すぎず締め付け感も昼用と比べると弱めなので苦しくなく、さらに脚のむくみや疲れを寝ている時にとることができます。血行促進の効果も高い商品が多いため、冷え性で悩んでいる女性の方でも冷え性を改善してくれる可能性があり、人気の高い商品になります。

<医療用着圧ソックス>
着圧ソックスは医療目的として開発されたものが元で、一般的には「弾性ストッキング」と呼ばれます。この弾性ストッキングは医師医療機関が監修して作られているもので、市販されている着圧ソックスと比べる地、圧力も高いものになります。そのため、医師の診察を受けて、自分の脚のサイズや形に合ったものを使用します。治療をするために作られているものなので、脚の痛みがある方に使用することがほとんどです。ですが、診察をしてもらわないと購入できず、着圧が強いため履きにくく、さらに価格も高いものだと1万円を超えるものもあるため、あまり手軽には購入できないものになります。体の不調などどうしても治したいときに行くと良いかもしれません。

<むくみ改善以外の機能>
着圧ソックスにはむくみの改善以外にも様々な機能があります。これはメーカーごとに異なりますし、さらに商品ごとにも異なります。通常の着圧ソックスは、ナイロンやポリウレタンを素材として使用することができるのですが、シルクが入っている着圧ソックスを使用すると、美肌効果を感じることができます。さらに、カシミヤが入っている着圧ソックスは保温効果があるので、冬や冷え性の方にはおすすめです。その他にも脚痩せ・骨盤サポート・ヒップアップ・クール効果・消臭効果など様々な機能があるので、むくみをとってさらにどんな効果があると嬉しいのかを考えて、着圧ソックスを選ぶのもおすすめです。

色やデザインも様々

着圧ソックスは色やデザインも様々あります

女性なら着圧ソックスのカラーやデザインにもこだわりたいと思っている方も多いのではないでしょうか?
着圧ソックスを履いて仕事に行きたい、おでかけしたいと考えているならば、できるだけ違和感なくばれないようなデザインのものの方が良いですし、洋服に合わせやすい色・デザインのものを履きたいですよね。仕事などでも履いていけるように着圧ソックスは黒のものが多かったり、ストッキングタイプなども充実しているので、好みに合わせて選ぶことができます。デザインも様々で、ドットやストライプ、レースなどがあるので見えても可愛いですね。また、デニールも種類があり、ストッキングのように透けている感じを出したいのであれば、60デニール以下のものを、そこそこの透け感で良い方は70~80デニールを、さらに冬の寒い日に防寒も兼ねて履きたい方は110デニール以上のものを選ぶと、履いた時に自分の求めている脚に近づくはずです。
自宅で使用することのできる着圧ソックスの場合は、自宅で使用するということからカラーもパステルカラーのものが多く、なかなか私服で合わせることはできないものです。ですが、部屋着に合わせてみると合いやすい可愛いものが多く発売されています。色は豊富で自分の部屋着に合う色を選ぶのも良いですし、気分によって色を使い分けて履くのも毎日が楽しくなりそうですね。

定期的に購入できる

着圧ソックスは定期的に購入できます

着圧ソックスは使い捨てではないので、何度も繰り返して使用することができます。ですが、毎日使用するのであれば1足ではなく複数持っていないと清潔な着圧ソックスを使用することができないですし、さらに繰り返して使用していくうちに少しずつダメージも受けるため、買い替える必要も出てきます。そのため、1足としての価格で考えるよりも、まとめて購入したい時や買い替えなくてはいけなくなった時に、無理せずに購入できる金額かどうかを見極める必要があります。高価な着圧ソックスは安価な着圧ソックスよりも効果的な機能もありますが、その機能が購入したいと思えるものなのかどうか、またその価格で購入しても良い機能なのかどうかも、しっかりと確認してから購入しましょう。

着圧ソックスのおすすめ人気ランキング10選

第10位SLIM WALK 美脚タイツ あったか満足 ストレスフリー

  • SLIM WALK 美脚タイツ あったか満足 ストレスフリー

    価格

    897円

    サイズ

    S~M、M~L

    カラー

    ブラック

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    冷え性の方や冬でも着圧タイツを使用したいと思っている方が履いたら暖かいと感じるように、おなかまわりは120デニールのパイル地にし、おなか周りのしめつけ感を約40%軽減することで、ストレスを感じずに1日を過ごすことができる着圧タイツです。足先もパイル地で暖かく、吸湿発熱加工で脚は暖かく過ごすことができます。消臭効果のある繊維も使用しているので、蒸れることによって発生するニオイも気にならなくなります。

第9位ドクターショール おそとでメディキュット ボディシェイプ 骨盤サポート付き

  • ドクターショール おそとでメディキュット ボディシェイプ 骨盤サポート付き

    価格

    1,089円

    サイズ

    M、L

    カラー

    ブラック

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    着圧ソックスで人気の高いメディキュットですが、この商品はただむくみを摂るだけではなく、骨盤のケアまでしてくれます。骨盤3Dサポートテーピングと呼ばれる技術で、おなか、骨盤周り、お尻をしっかりとサポートしてくれます。段階圧力設計を採用しているので、脚の場所ごとに丁度い締め付け感を実現してくれます。秋冬限定でタイツも発売されているので、冷え性の方などはそちらも見てみてはいかがでしょうか?

第8位SLIM WALK 足指セラピー ショートタイプ

  • SLIM WALK 足指セラピー ショートタイプ

    価格

    2,551円

    サイズ

    S~M、M~L

    カラー

    マーブルピンク

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    タムヤーンと呼ばれる素材を使用しており肌ざわりは柔らかく気持ちの良い着圧ソックスです。ショートタイプなので履きやすく、ふくらはぎのむくみを改善してくれるのはもちろん、足の指を開くようにして履けるため、パンプスなどで閉じてしまっている足先を気持ちよく広げることができます。足の指が開くようになっているため、そのままペディキュアをするのもいいですし、リラックスするにも抜群の着圧ソックスになります。

第7位ビアンカ パエンナスリム

  • ビアンカ パエンナスリム

    価格

    4,298円

    サイズ

    F

    カラー

    ブラック

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    Amazonのランキングでも1位を獲得したことのあるパエンナスリムは、特殊繊維によって下半身全体を形状記憶で瞬間的に補正することができる着圧ソックスです。独自に開発されたスリムになることができる5つのツボを加圧でき、気になる骨盤の歪みやヒップアップにも効果的です。ゲルマニウムやチタンを使用しているので、むくみによって冷えてしまいがちな下半身全体を、効果的に燃焼させてくれ、短期間で美脚を目指すことができます。

第6位Angellir キュッとルームソックス

  • Angellir キュッとルームソックス

    価格

    3,758円

    サイズ

    F

    カラー

    ブラック

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    名前の通り、おうちで、就寝時に使用することのできる着圧ソックスになります。長さは太ももまであり、ムレを防止するためにオープントゥタイプになります。そのため、寝るときに履くと翌朝もスッキリとした脚のまま目覚めることができ、さらにストレスなくきつすぎない丁度良い締め付け感で、スリムアップ効果も期待することができます。また、シアバターやオリーブオイルなどが生地や糸に練りこまれているため、美容効果も期待することができます。

第5位SLIM WALK Beau Acty 燃焼シェイプレギンススポーツ用

  • SLIM WALK Beau Acty 燃焼シェイプレギンススポーツ用

    価格

    1,868円

    サイズ

    S~M、M~L

    カラー

    ブラック

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ヨーロッパで生まれたレッグケアの短買い圧力設計を参考にし、足首から太ももへと徐々に圧が低くなっていて、脚を細くさせる効果があります。また、太ももからお尻までの筋肉に抵抗して負荷を与えられるようにしたテーピングレイアウト構造で、消費カロリーを増やし、脂肪燃焼の手助けをしてくれます。骨盤サポートとおなか周りを抑えてくれるWシェイプ設計が、さらに理想の体型へと近づけてくれるはずです。

第4位JINGU MARKET エクスレッグスリマー

  • JINGU MARKET エクスレッグスリマー

    価格

    5,378円

    サイズ

    M~L、L~LL

    カラー

    ブラック

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    皆さんはパーソナルトレーナーとは何かご存知ですか?運動分野のトレーニングについてのプロで、健康増進やアスリートの競技力向上など専門的な分野まで、様々な指導を行ってくれる人のことです。一般社団法人パーソナルトレーナー協会の公認商品として認められている着圧ソックスになります。最近ではテレビや動画などでもおすすめされている商品なので、気になっている方や大きめサイズの着圧ソックスを使用したいという方にはおすすめです。

第3位ドクターショール 寝ながらメディキュット ヒップシェイプアップスパッツ

  • ドクターショール 寝ながらメディキュット ヒップシェイプアップスパッツ

    価格

    2,618円

    サイズ

    M、L

    カラー

    ブラック

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    これを履いて寝るだけで、ついつい垂れてしまいがちなお尻をキュッと最大なんと2cmも上がる、むくみを解消するだけではなく、ヒップアップのことも考えて作られた着圧ソックスになります。しっかりと圧をかけられるくらいのきつさはありますが、おなか周りは締め付けるとどうしても体調が悪くなってしまったり、脱ぎ着が面倒だったりしてしまいます。そこで、おなか周りは他よりもゆったりと余裕をもたせた作りになっています。

第2位エクスラリアプレミアム

  • エクスラリアプレミアム

    価格

    5,378円

    サイズ

    M~L、L~LL

    カラー

    ブラック

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    発売から2年で70万枚販売している大人気の着圧タイツタイプの商品です。肉体改造のプロであるパーソナルトレーナー協会にも認められており、さらに有用性評価試験も行っているため、使用する際に安心感もある商品です。様々なファッション誌などにも取り上げられており、ミスユニバース沖縄大会の公式商品にもなっています。世界を目指す女性のための大会の公式商品なので、信頼もでき効果も存分に期待できる商品になります。

第1位ドクターショール 寝ながらメディキュット ボディシェイプスパッツ 骨盤サポート

  • ドクターショール 寝ながらメディキュット ボディシェイプスパッツ 骨盤サポート

    価格

    4,298円

    サイズ

    M、L

    カラー

    ブラック

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    寝ている間に骨盤ケアをしてくれる着圧スパッツはとても大人気です。日頃同じ姿勢で仕事をしている、ついつい足を組んでしまう、荷物を持つ手が決まっている方は、気付かないうちに骨盤が歪んでしまっている可能性もあります。ですが、このスパッツを履くことで、寝ている間に骨盤のサポートをしてくれます。さらに、太ももからつま先までと脚全体を、場所ごとに異なる圧力で引き締めて、むくみの解消もしてくれるとても便利な商品です。

着圧ソックスの使い方

正しい履き方で効果アップ

着圧ソックスは正しい履き方で効果アップします

着圧ソックスを使用する際に、まずは履き方を意識してみましょう。着圧ソックスは部位によって圧力が異なります。それは部位によって丁度良い圧力が異なっているからです。着圧ソックスはそういった圧力を計算して作られているため、正しく履けていないと脚に負担となってしまう可能性もあります。
履くときはつま先、かかととしっかりと合わせてから、しわやたるみなどができないように太ももまで上げていきましょう。特に膝下や膝裏は伸ばしにくい部分なので意識して上げるようにします。最後にスパッツやストッキングタイプのものは、腰回りや股下・ウエスト部分を確認したら終了です。
通常の靴下と比べると、着圧ソックスは生地が伸びにくいため履きにくさを感じることがほとんどかと思います。そのため、無理はせず、また正しく履けるように丁寧に履きましょう。

長時間の飛行機にもおすすめ

着圧ソックスは長時間の飛行機にもおすすめです

着圧ソックスはお出かけ用や就寝用など様々なものがあります。おうちでむくみケアをするのはもちろんですが、仕事中などに履いている方も多いかと思います。そんな中で、意外と知られていないのが飛行機で履くということです。飛行機の機内では重力がかかるため、体内の水分や血液も重力によって、一気に足へ溜まってしまいます。その結果、むくみや疲労、ひどい場合はエコノミー症候群にもなってしまうのです。その対策としておすすめなのが、着圧ソックスです。着圧ソックスを履くことでふくらはぎには圧がかかります。すると、血流の速度が上がり、血栓予防にも繋がります。
着圧ソックスは飛行機での着用も推奨していて、日本旅行医学会でも着圧ソックスや医療用の弾性ソックスの着用が推奨されているのです。着圧ソックスと弾性ソックスはどちらを着用してもふくらはぎを加圧できるものであれば問題ないのですが、長さは膝下のハイソックスタイプのものがおすすめです。膝上まであるロングタイプやスパッツタイプは危険な状態になってしまう可能性もあるため、機内での使用は避けましょう。

着圧ソックスの注意点

夜に昼用、昼に夜用を使用しない

着圧ソックスは夜に昼用、昼に夜用を使用しないようにしましょう

着圧ソックスには、昼間お出かけ用や仕事用に使用できるものと、夜寝る時に使用するものの2種類があります。昼間使用できる着圧ソックスは圧が夜用と比べて強く、活動している際に使用できるものになります。また、商品によって異なるのですが、昼用の着用ソックスには消費カロリーを上げる効果のある商品もあるため、昼用の着用ソックスを夜履いてしまうと、血行が悪くなる可能性があります。反対による用は圧は弱いので、じっとしている就寝中におすすめになります。
昼間は昼用の着圧ソックスを使用して、夜お風呂から出たら夜用の着圧ソックスに履き替えて…という繰り返しが面倒だと思っている方、また2種類も購入して使用するのはお金がもったいないと思っている方も、多少はいるのではないでしょうか?ですが、正しく使用しないことで脚へ負担をかけてしまうことになるので気を付けましょう。さらに、夜寝る前に履いた着用ソックスを、そのまま脱がずに日中仕事へ行っていませんか?着用ソックスは長い時間履いていればその分むくみが取れるというわけではありません。反対に、長時間着用ソックスを履いてしまっていると足本来の機能が衰えてしまって、むくみやすくなってしまうのです。むくみを改善するための着用ソックスで、さらにむくみやすくなってしまうのは避けたいですよね。
そこで、できるだけ長時間履き続けないように気を付けましょう。

妊娠中の使用

着圧ソックスの妊娠中の使用

妊娠中は体がむくみやすくなり、どうしてもむくみが気になるという方がたくさんいます。では、妊娠中に着圧ソックスは使用しても良いのでしょうか?妊娠中でも使用して問題ありません。ですが、使用方法を間違えると体の負担になってしまうこともあるので、使用方法に気を付けて使用するようにしましょう。

重ね履きは危険

着圧ソックスの重ね履きは危険です

着圧ソックスは脚に圧をかけることで、むくみなどを解消してくれる靴下です。そのため、できるだけメリットを高めたいと思って重ね履きをしてしまう方もいるかと思います。重ね履きをすることで当然締め付けは強くなります。ですが、過度に締め付けてしまうと脚はうっ血してしまい、打撲をしたかのような肌の色になってしまいます。もちろんそうなってしまうと見た目も痛々しく見えてしまいますし、それだけではなく血流も悪くなってしまうため、さらにむくんでしまう可能性もあります。むくみをしっかりととるのであれば、重ね履きなど脚に負担となるようなことはせずに、正しく履いて過ごしましょう。

身体に異変が出たら使用を中止する

着圧ソックスは身体に異変が出たら使用を中止しましょう

着圧ソックスによって締め付け感はそれぞれです。そのため、締め付け感が強すぎるものやサイズがあまり合っていないと感じるもの、さらに素材によっては痒みや違和感を感じる方もいるかもしれません。着圧ソックスの選び方については最初にご紹介しましたが、使用してみたら少し違っていたということもあるので、万が一サイズが違っている場合は無理をせずにすぐに脱ぎましょう。無理をしてもいい結果は得ることはできませんし、万が一の場合悪化してしまう可能性もあることを頭に入れておきましょう。

まとめ

今回は着圧ソックスをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分のサイズに合った着圧ソックスを選ぶ
・用途に応じて使い分ける
・異変を感じたらすぐに使用をやめる
・日常生活も改善する
ということです。

ぜひ着圧ソックスを使ってみなさんもむくみのないきれいな脚を目指しましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

PAGE TOP