メンズ 日焼け止め・UVケア
  • 2019.2.14 メンズ 日焼け止め・UVケア

    メンズアフターサンケアのおすすめ人気ランキング10選

    夏は外で遊ぶ機会が増えると同時に、日焼けによる肌トラブルも多くなる季節です。最近は、メンズの美意識もどんどん高くなってきていますが、普段から紫外線対策に気を遣っているという方はまだまだ少ないのではないでしょうか。紫外線を長時間浴びてしまうのは肌に悪い影響を及ぼすため、普段から日焼け対策を心がけることはとても大切なことです。しかし、うっかり日焼けをしてしまったという場合でも、日焼けした後にケアをするかしないかで肌の状態は大きく変わってきます。今回は、日焼け後のスキンケアアイテムとしておすすめの「メンズアフターサンケア」についてご紹介させていただきます。

アフターサンケアとは

アフターサンケアとは

アフターサンケアは、紫外線でダメージを受けてしまった肌をお手入れするためのアイテムです。主に、保湿成分や整肌成分などが配合されており、日焼けによる肌の炎症を抑えたり、火照りを鎮めたりするなどの効果が期待できます。日焼け止めを塗るのを忘れてしまった時や、日焼け止めを塗ったはずなのに肌が赤くなってしまった時などにおすすめのアイテムです。

日焼けした後の肌をそのまま放っておくと

強い紫外線や長時間紫外線にさらされることにより日焼けした肌は、火傷と同じ状態です。火照りやヒリヒリした痛みなどの症状があり、熱により水分が奪われ、皮膚が極度に乾燥して皮膚のバリア機能が低下しています。日焼け後の肌をケアせずにそのまま放置しておくと、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が乱れる原因となり、肌の再生が遅くなるだけでなく、シミやそばかすなどの色素沈着を起こしたり、肌表面がザラザラ・ゴワゴワしたり、ニキビなどの肌荒れを起こしやすくなったりします。そのため、日焼けした後は素早くケアを行うことがとても大切です。

紫外線は肌にどのような影響を及ぼすのか

紫外線は肌にどのような影響を及ぼすのでしょうか

肌の老化は、「加齢」よりも「紫外線」による影響が大きいとされています。地表に降り注ぐ紫外線は、主に「紫外線A波(UV-A)」、「紫外線B波(UV-B)」の2種類があり、それぞれ肌に与える影響も異なります。

・紫外線A波(UV-A)
紫外線A波は、波長320~400nmの長波長紫外線です。波長が長いため、皮膚の奥(真皮)にまで到達し、肌のハリや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンを破壊・変性させるので、シワやたるみの原因になります。また、表皮の一番下に存在する色素形成細胞(メラノサイト)を活性化させ、メラニンの生成を促します。
紫外線A波は、地表に降り注いでいる紫外線の約9割を占めています。雲や窓ガラスも透過するため、季節や天候に関係なく一年中降り注いでおり、屋内や車内にいてもダメージが蓄積されてしまうことから、うっかり日焼けの原因にもなります。エネルギーが弱いため、肌にすぐ症状が現れるわけではありませんが、ダメージがどんどん蓄積されていき、肌の老化を促進させます。

・紫外線B波(UV-B)
紫外線B波は、波長280~320nmの中波長紫外線です。紫外線は波長が短いほどエネルギーが強いため、皮膚の奥まで到達することはありませんが、肌表面に強力なダメージを与えます。肌の炎症、乾燥、シミなどの原因となり、皮膚の細胞内にあるDNAも傷つけるため、皮膚がん発症のリスクも高くなり、免疫力の機能も低下します。雲や窓ガラスを透過することはできませんが、人体に与える影響が大きいため、紫外線B波によるダメージはすぐに症状として現れるのが特徴です。

メラニンの役割

日焼けで皮膚の色が黒くなるのは、紫外線の影響でメラニン色素が生成されるためです。メラニンは紫外線によるダメージから皮膚の細胞を守るために作られるもので、保護機能としての役割を持っています。しかし、紫外線によるダメージで肌のターンオーバーが乱れメラニンの排出がうまくいかなくなると、肌内部にメラニン色素が蓄積され、シミやそばかすなどの色素沈着を起こす原因となってしまいます。日焼け後のスキンケアで肌の状態を整えることは、シミやそばかすを防ぐためにも重要なケアとなります。

日焼けにも種類がある

日焼けにも種類があります

日焼けには、皮膚が赤くなる「サンバーン」と、皮膚の色が黒くなる「サンタンニング」の2種類があります。人によって皮膚の色や肌質はそれぞれなので、肌が赤くなりやすく黒くなりにくい方や、肌が赤くなりにくく黒くなりやすい方、肌が赤くなってから数日後に黒くなるなど、日焼けのタイプも異なります。ですが、どのタイプの方も基本的には「サンバーン」と「サンタンニング」の両方に注意する必要があります。

・サンバーン
「サンバーン」は、紫外線B波によって引き起こされるものです。皮膚が紫外線にさらされてから数時間後に肌が赤くなり、ヒリヒリとした痛みが伴います。ひどい場合は、水ぶくれができることもあります。医学的には「日光皮膚炎」と言われており、火傷と同じ状態です。8時間~24時間くらいで症状がピークになり、数日間炎症が続きます。サンバーンを起こしてから約3~4日後に症状が引き始め、皮が剥がれてきます。メラニンの生成量が少ない色白の方や皮膚が薄い方は、サンバーンを起こしやすい傾向にあります。

・サンタンニング
「サンタンニング」は主に「紫外線A」波によって引き起こされるものです。皮膚が紫外線にさらされてから数日後にあらわれ、日焼けにより褐色になった皮膚の状態が数週間~数ヶ月続きます。また、肌内部にすでにできているメラニンが紫外線に当たり酸化することで起きる「即時型黒化」もあります。サンタンニングは「良い日焼け」といわれており、メラニンが生成され皮膚の細胞や細胞内にあるDNAを保護する役目を果たします。

メンズアフターサンケアを選ぶおすすめのポイント

テクスチャーで選ぶ

メンズアフターサンケアはテクスチャーで選びましょう

アフターサンケアには、さまざまなテクスチャーのものがあります。ローションタイプや乳液タイプなどさまざまなテクスチャーがあります。好みの塗り心地や肌のタイプに合わせて選ぶのがおすすめです。

・ローションタイプ
化粧水のような感覚で付けられ、さっぱりとした使用感が特徴。メントールなどのひんやりとした成分が配合されている商品も多く、日焼けで火照ってしまった肌への使用もおすすめです。

・乳液(ミルク)タイプ
乳液のようなテクスチャーで伸びが良く、肌にやさしく馴染むため、敏感肌のメンズにもおすすめです。みずみずしく、しっとりとした使用感になっています。肌を乾燥などから保護する効果などもあり、効果が持続しやすいです。

・ジェルタイプ
ジェルタイプは、ミルクタイプより軽いつけ心地が好みというメンズにおすすめです。肌にピタッと密着し水分を閉じ込めますが、ベタつき感があまり気にならず、サラッとしているのが特徴です。

香りで選ぶ

メンズアフターサンケアは香りで選びましょう

アフターサンケアは試供品がある商品がほとんどなく、実際に使用してみないとわからない部分もあります。特に香りは好みが分かれやすく、肌に直接つけるということもあり、女性向けに作られた香りが苦手という男性の方や、香りを気にせずに使いたいという場合は無香料タイプのものを選ぶのがおすすめです。

日焼け後の肌の状態で選ぶ

メンズアフターサンケアは日焼け後の肌の状態で選びましょう

メンズアフターサンケア用品には、植物由来の成分を中心に配合した低刺激性タイプのもの紫外線に当たった時間や紫外線の強さで日焼け後の肌の状態が異なるのはもちろん、もともとの肌質やメラニン色素を作る能力の違いによっても日焼けの状態が変わってくるため、肌トラブルに合わせて使用するアフターサンケアを選ぶことも大切です。

・痛みはないが肌が火照っている場合
特に痛みがない場合には、メントールなど肌がひんやりする清涼成分が配合されたアフターサンケアを使用することで、日焼けによる肌の火照りを効率的にクールダウンさせることができます。ただし、ただれや水ぶくれがひどい場合は使用を控えるようにしましょう。

・ヒリヒリとした痛みがある場合
日焼けで皮膚がヒリヒリする場合には、肌が炎症を起こしている状態のため、「アロエベラエキス」や「カミツレエキス」、「グリチルリチン酸2K」などの抗炎症作用のある成分が配合されているものを選ぶようにし、ステロイドなどの刺激が強い成分が使用されていないものを選ぶようにしましょう。

・かゆみがある場合
かゆみが生じているのは、紫外線により皮膚の水分が蒸発し、肌が乾燥しているのが原因です。保湿成分である「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」、「アロエベラエキス」、「モモの葉」、「カミツレエキス」などが配合されたものを選ぶようにしましょう。

容量が多いものを

メンズアフターサンケアは容量が多いものを選びましょう

特に暑い季節は肌を露出する機会も増えるため、その分日焼けする可能性がある範囲も広くなります。また、メンズアフターサンケアは一つの商品で全身のケアができるものがほとんどなので、お手入れが楽な分、一度に使用する量も多くなります。また、もったいないからといって塗る量を少なくするとケアが不十分になってしまうため、容量が多く、気兼ねなく使えるものを選ぶようにしておきましょう。

使いやすい形状のものを

メンズアフターサンケアは使いやすい形状のものを選びましょう

アフターサンケアには、チューブタイプ、スプレータイプ、ジャータイプ、ポンプタイプなど、さまざまな形状のものがあります。使用感や配合されている成分はもちろん、持ち運びや使いやすさにも着目して、自分が続けやすいと思う形状のものを選ぶようにしましょう。

メンズアフターサンケアのおすすめ人気ランキング10選

第10位FRESH(フレッシュ)アフターサンミルク

  • FRESH(フレッシュ)アフターサンミルク

    内容量

    100ml

    価格

    2,916円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ケミカル成分が一切配合されていない、100%植物由来でできた乳液タイプのアフターサンケアです。肌に優しく、敏感肌の方や生後12ヶ月の赤ちゃんから安心して使用することができます。アロエベラ・ローズヒップオイル・セントジョーンズワートなどの美容成分が贅沢に配合されており、紫外線でダメージを受けた肌にたっぷりうるおいを与えて、メンズの肌の調子を整えます。

  • 成分

    水(天然水)、プロパンジオール、グリセリン、アーモンド油、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、ハマメリス水、ホホバ種子油※、アボカド油※、カニナバラ果実油(ローズヒップオイル)※、月見草油(イブニングプリムローズオイル)※、セイヨウオトギリソウ油(セントジョーンズワートオイル)※、アロエベラ液汁末※、ダイズ油、ラベンダー油※、キサンタンガム、アラキルグルコシド、サリックスニグラ樹皮エキス、ニンジン根エキス、リン酸アスコルビルMg(ビタミンC 誘導体)、エタノール、クエン酸
    ※…Australian Certified Organic 認定オーガニック

第9位WAIKIKI(ワイキキ) ハワイマックス

  • WAIKIKI(ワイキキ) ハワイマックス

    内容量

    227g

    価格

    1,944円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    保湿力たっぷりの100%オーガニックアロエジュレが、皮膚にサラッと馴染んで皮膚の角質層まですばやく浸透。日焼け後の肌にうるおいを与え、火照りを鎮めます。また、顔や髪を含めた全身の保湿ケアとしても使用することが可能です。

  • 成分

    水、アロエベラエキス液汁末、カルボマー、水酸化Na、PG、EDTA-2Na、カプリリルグリコール、メチルイソシアゾリノン

第8位MC アイスジェル

  • MC アイスジェル

    内容量

    125g

    価格

    4,615円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    メキシカンアロエ100%抽出液をゼリー状にした、全身に使用できるメンズにおすすめのアフターサンケアです。ジェルが肌に薄い膜をつくることで、保湿や肌荒れ改善などさまざまな作用があるとされているアロエの効果をさらに持続させることができます。

  • 成分

    アロエベラエキス-1、カルボマー、メチルパラベン

第7位ブラックコング モイスチャライジングジェル

  • ブラックコング モイスチャライジングジェル

    内容量

    180g

    価格

    1,080円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ジェルタイプのアフターシェーブローション。ベタつかず、サラッとした使用感でよく馴染みます。保湿効果抜群のアロエが肌にうるおいを与え、乾燥や肌荒れを予防するだけでなく、日焼けによるシミやソバカスも防ぐ効果が期待できます。

  • 成分

    水、エタノール、BG、グリセリン、PEG-8、PEG-20ソルビタンココエート、青江ベラ液汁、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、トレハロース、グリチルリチン酸2K、アラントイン、カルボマー、水酸化K、水酸化K、フェノキシエタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、香料、黄4、青1

第6位シーブリーズ アンティセプティック 全身薬用ローション

  • シーブリーズ アンティセプティック 全身薬用ローション

    内容量

    230ml

    価格

    1,156円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    2種類の有効成分と天然植物香油成分を配合。日焼け後のメンズの火照った肌をクールダウンさせるだけでなく、汗をかいた後のベタつきを取り除きたい時や、ニキビ、あせも、しもやけなどのスキントラブルにもさまざまなシーンで活躍してくれる全身薬用ローションです。

  • 成分

    dl-カンフル*、安息香酸*、精製水、エタノール、水酸化ナトリウム、香料
    *は「有効成分」 無表示は「その他の成分」

第5位明色カラミンローション

  • 明色カラミンローション

    内容量

    155ml

    価格

    702円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    高い肌荒れ防止効果が期待でき、日焼けによるほてりも抑えるカラミンパウダー配合。アロエエキスやモモの葉エキスなど天然由来の保湿成分が、紫外線の影響で乾燥してしまったメンズの肌にうるおいを与え、引き締めます。オイルや界面活性剤、香料、着色料は一切不使用。

  • 成分

    【有効成分】カラミン、シメン-5-オール
    【その他の成分】ゲラニオール変性アルコール、BG、無水ケイ酸、クロルヒドロキシAl、d-カンフル、アロエエキス-1、桃葉エキス、無水エタノール、パラベン

第4位ホロホロアフターローション

  • ホロホロアフターローション

    内容量

    200ml

    価格

    1,500円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ヒアルロン酸やコラーゲン、3種の混合植物エキスなどが配合された、ローションタイプのアフターサンケア。日焼け後の火照りを鎮め、紫外線によるダメージをケアし、肌にみずみずしさや弾力、ツヤを与えます。グリチルリチン酸2Kが配合されているため、炎症を抑える効果も期待できます。

  • 成分

    水、エタノール、グリセリン、BG、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、ユキノシタエキス、ボタンエキス、カッコンエキス、フェノキシエタノール、メチルパラベン、グリチルリチン酸2K、スクワラン、ハッカ油、メントール、グアイアズレン

第3位SEVEN FORCE CL-7 マルチスキンケアローション

  • SEVEN FORCE CL-7 マルチスキンケアローション

    内容量

    価格

    3,700円

    使用期間

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    赤ちゃんから大人、敏感肌の方まで使用できるスプレータイプのスキンケアローションです。天然成分である「フムスエキス」を配合。「フムスエキス」は、古代の植物や魚介類などの遺骨が、長い年月をかけて微生物により分解・発酵を繰り返されてできた腐植土から抽出されたもの。栄養分が豊富で、皮膚のターンオーバーの促進や抗酸化作用などの効果が期待できます。

  • 成分

    フムスエキス、水、グレープフルーツ種子エキス

第2位華密恋 ナチュラルスキンローション

  • 華密恋 ナチュラルスキンローション

    内容量

    120ml

    価格

    4,104円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    100%天然由来成分の化粧水で、国産カミツレエキスを贅沢に配合。保湿効果や抗炎症作用などが期待できるカモミールが、日焼けによる肌の乾燥や肌荒れを防ぎ、皮膚のターンオーバーを促します。さっぱりとしたテクスチャーはメンズにおすすめ。長時間しっとり潤います。

  • 成分

    水、エタノール、グリセリン、カミツレエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、リゾレシチン、クエン酸、ローマカミツレ油*、ベルガモット果実油*、香料*(天然香料:アトラスシーダー)*
    ※*印はオーガニック原料を使用

第1位大正製薬 コパトーン アフターサン オイルフリージェル

  • 大正製薬 コパトーン アフターサン オイルフリージェル

    内容量

    140g

    価格

    1,080円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    アロエエキスとメントールが配合されたジェルタイプのアフターサンケアです。オイルフリーのため、ベタつきが気にならないメンズに嬉しい使用感となっています。日焼けで火照った肌をひんやり冷やしながらしっかり保湿。無香料で香りも気にならず、チューブなので海などのレジャーでも使いやすいです。

  • 成分

    水、変性アルコール、アロエベラ液汁、カルボマー、TEA、メントール、青1、黄4

メンズアフターサンケアの使い方

使用前に日焼けした部分を冷やす

メンズアフターサンケアの使用前に日焼けした部分を冷やしましょう

日焼けは火傷と同じ状態のため、アフターサンケアを使用する前に日焼けした部分を冷やしていきます。乳液タイプのアフターサンケアは肌馴染みが良い分、火照った肌を冷やさずに使用してしまうと、そのまま熱を閉じ込めてしまうことになります。日焼けした部分に冷たいタオルや保冷剤、氷水がはいったビニール袋などを当て、まずは肌の火照りを落ち着かせるようにしましょう。

清潔な肌に使用する

メンズアフターサンケアは清潔な肌に使用しましょう

アフターサンケアは、清潔な肌に使用するようにします。汗や皮脂、汚れ、日焼け止めの成分が肌に残っている状態で塗ってしまうと、アフターサンケアの効果が半減してしまいます。水で軽く洗い流すと、肌を冷やすこともできるためおすすめです。もしシャワーを浴びる場合は、日焼けで肌が刺激に弱い状態になっているため、お湯の使用は避け、少し冷たいと感じるくらいの低温に設定し、水圧を弱くして洗い流すようにしましょう。また、身体を冷やさないよう、短時間でシャワーを済ませるようにしましょう。

手のひらでやさしく塗る

メンズアフターサンケアは手のひらでやさしく塗りましょう

特にローションタイプのアフターサンケアを使用する際、コットンを使用して塗る方も多いと思いますが、コットンは肌を傷めやすいため、日焼け後の肌には手を使って塗るのがおすすめです。適量を手に取ったら、擦りこまないようにやさしく肌を抑えるようにして馴染ませていくようにしましょう。

冷蔵庫で冷やすのがおすすめ

メンズアフターサンケアは冷蔵庫で冷やすのがおすすめです

アフターサンケアを冷蔵庫で保管し冷やしておくことで、肌の火照りをより効果的に冷やすことができます。また、ひんやり感が増すため、清涼感が強いものが好みのメンズにもおすすめです。

メンズアフターサンケアの注意点

症状がひどい場合は使用を控える

日焼けの症状がひどい場合はメンズアフターサンケアの使用を控えましょう

水ぶくれができているなど症状がひどい場合は、アフターサンケアの使用を控え、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。火傷と同じ症状なので、適切な処置を行わずに放置してしまうと、跡が残ったり、感染症にかかりやすくなったりします。十分注意するようにしましょう。

アフターサンケアだけで安心しない

メンズアフターサンケアだけで安心しないようにしましょう

うっかり日焼けなどにおすすめのアフターサンケアですが、紫外線対策は基本的に、日焼けの予防と日焼け後のケアをセットで行うことが大切です。メンズは、髭を剃ったりメイクをしない方が多かったりなどの理由で、紫外線の影響を受けやすくなっています。日頃から日焼け止めを塗るようにし、肌の健康や美容を保つようにしておきましょう。

体の内側からもケアを

メンズアフターサンケアは体の内側からもケアをしましょう

メラニンの生成は、紫外線を浴びてからおよそ72時間で行われるため、日焼け後3日間のケアはとても重要になります。アフターサンケアを使って肌の調子を整えるだけでなく、食事や睡眠などで身体の内側からのケアを心がけることも大切です。

十分な睡眠をとる

寝ている間は、身体のさまざまな組織の修復・再生を行う成長ホルモンが分泌されるため、ダメージを受けた肌の修復や皮膚のターンオーバーが活発になります。ターンオーバーが促進されることでメラニンの排出も促されるため、睡眠をしっかりとることは、炎症を起こした肌を回復し、シミやそばかすの予防にも繋がります。

ビタミンCを摂取する

ビタミンCには、メラニンの生成を抑制したり、メラニン色素の排出を促したり、すでにできているシミなどの色素沈着を薄くしたりする効果が期待できる栄養素です。また、コラーゲン生成を促す作用によるシワの改善や、抗酸化作用によるニキビの予防など、さまざまな美容効果が期待できます。サプリメントから摂取するのもおすすめです。
ビタミンCを多く含む食品には、赤ピーマン、モロヘイヤ、イチゴ、アセロラ、グレープフルーツ、オレンジなどがあります。ただし、グレープフルーツやオレンジなどの柑橘系やアセロラなどには、「ソラレン」という光毒性のある成分が含まれているため、ソラレンを含んだ食品を摂取してしまうと、紫外線の影響を受けやすくなります。夜に摂取するのがおすすめです。また、ビタミンCは過剰に摂取しても身体に吸収される量が決まっており、蓄積することもできないため、一気に摂取るのではなく、こまめに取り入れるようにするのが良いでしょう。

水分補給する

水分補給は、日焼け直後の脱水症状を回復させるだけでなく、身体の内側から肌を保湿することに繋がります。また、こまめな水分摂取を心がけることで代謝が活発になり、皮膚の回復も促されます。

〈ダメージを悪化させてしまうケア〉
・美白化粧品を使用する
美白化粧品には、肌に刺激のある成分が含まれています。日焼け直後の肌はバリア機能が低下しており、刺激に弱い状態になっているため、炎症を起こしている時に美白化粧品を使用すると、肌の状態を悪化させてしまう可能性があります。美白化粧品は、サンバーンによる症状が落ち着いた後に使用するようにしましょう。

・剥がれかけている皮をはがす
日焼けによる炎症が落ち着くと皮が剥がれてくるようになります。剥がれてきた皮は、紫外線によりダメージを受け機能しなくなった皮膚の細胞ですが、無理に剥がしてしまうと、下にある新しい皮膚まで剥がしてしまうことになり、跡が残ったり、紫外線が当たることでシミになったりする可能性があります。自然に剥がれ落ちるまで待つようにしましょう。また、ピーリングなども行わないようにしましょう。

まとめ

今回は、メンズアフターサンケアについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

大事なポイントは、
・好みの使用感で選ぶ
・ヒリヒリした痛みがある場合は低刺激性のものを使用する
・症状がひどい場合は医療機関を受診する
ということです。

日焼け対策に失敗しても、日焼け後のケアをきちんと行えば、紫外線によるダメージはかなり軽減されます。日焼け止めなどによる予防だけでなく、メンズアフターサンケアを使用した日焼け後のケアも忘れずに行い、いつまでも若々しく健康な肌を保てるようにしていきましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP