メンズ ニオイケア
  • 2019.2.15 メンズ ニオイケア

    男性向けワキガクリームのおすすめ人気ランキング10選

    仕事中隣の席から、すれ違った時に、出かけていても電車の席で隣に…など、ワキガの方って意外と多いと感じませんか?でももしかしたら自分が臭いのかも…と考えている方、ワキガを改善したいと思っている方は、ワキガクリームを一度使用してみませんか?効果を実感してしまうと、使いたくなるはずです。

ワキガクリームとは

ワキガとは

ワキガクリームについてご紹介する前に、まずは「ワキガ」について確認しましょう。ワキガには正式名称があり、「腋臭症(えきしゅうしょう)」と読みます。アポクリン線と呼ばれる汗腺から分泌される汗が、雑菌によって分解されることでニオイが発生します。これは、ワキガになりやすい体質の方、なりにくい体質の方などもあるので、同じ条件でも差はあります。そこで、ワキガになりやすい体質かどうかを簡単に確認してみましょう。

□耳垢が黄色く湿っている
□両親のどちらかがワキガ
□ベタベタする汗が出る
□服のわき部分が黄色くなっている
いかがですか?当てはまるものはあったでしょうか?

では、質問の内容を確認していきましょう。
まずは耳垢です。耳は汗をかく場所ではなく、耳垢は一見全く関係のないように感じるかもしれないのですが、アポクリン腺と呼ばれる汗を出す汗腺が耳の中にあるのです。そのため、湿っているということは汗腺が多い体質のためわきにもあるはず。そこで、ワキガ体質の可能性があるのです。実際にワキガで病院を受診した際にも確認される方法の1つなのですが、もちろん可能性があるだけで必ずワキガとは限りません。
次に両親のどちらかがワキガの場合です。ワキガの原因になるアポクリン腺は、生まれつきで数が決まっています。その数が遺伝によって決まるためワキガは遺伝するのです。確率的には、片親がワキガの場合は50%、両親ともにワキガの場合は80%の確率で遺伝するそうです。今現在ワキガで悩んでいる場合には親がワキガなのかどうか聞いてみるのも良いかもしれません。また、ワキガで悩んでいて今後結婚をして最終的に子どもが欲しいと考えている方は、子どもをワキガにしたくないと考えるかもしれません。そこで、結婚相手はワキガではない人というのを条件にするのも良いかもしれません。自分のワキガを受け入れてくれて、さらにワキガではないパートナーと、幸せな未来を作るのはいかがですか?
さらに、自分の父親の洗濯物でみたことのある方も多いかと思いますが、衣類のわきの部分が黄色くなってしまっている方もワキガになります。分かりやすいのは汗をたくさんかいた後の衣服です。黄色っぽい以外にも、茶色っぽく見えることもあるのですが、どちらもワキガの特徴です。基本的に通常の汗は水分と塩分がほとんどを占めているため、色は付きません。そのため、衣服のわき部分に色がついているか確認してみてください。
1つでも当てはまればワキガ体質の可能性があるので、ワキガ対策を行いましょう。

ワキガの原因

では、ワキガはどうするとなってしまうのでしょうか?ワキガの原因について詳しくご紹介していきます。
「ワキガとは」で、ワキガの原因になるのはアポクリン腺だとご紹介しました。では、そのアポクリン腺とは一体どのようなものなのでしょうか?そもそも汗は、2種類あります。「エクリン腺」から分泌されている汗と、「アポクリン腺」から分泌されている汗です。エクリン腺は全身にあり、このエクリン腺から出た汗は無味無臭です。アポクリン腺はわき・デリケートゾーンなど身体の一部にしかありません。ですが、このアポクリン腺から出る汗は脂質・アンモニア・糖質といった様々な成分が含まれており、ベタベタした汗になります。この汗を皮膚上で雑菌によって分解されることによって、嫌なワキガのニオイが発生してしまうのです。よく汗がくさいと感じることがあると思いますが、実はあれは汗をかいているからくさいのではなく、雑菌によって分解されているためにニオイが発生していたのです。
まず、アポクリア腺は数については遺伝によって異なるため、少ない人と多い人に分かれます。そのため、性別や年齢に関係なくワキガに悩んでいる方はいます。ですが、中でも男性はワキガで悩んでいる方は多く、ニオイも女性と比べると強いイメージを持っている男性も多いかと思います。そこには、遺伝だけではなく体質、生活習慣が関わってくるのです。
まずは、体質がワキガの原因になってしまう理由について確認していきましょう。男性は女性と比べて基礎代謝が高いため、その分腋汗もかきやすいです。また、腋毛に関しても女性は処理をしている方がほとんどですが、男性の場合腋毛を処理している方は少ないのではないでしょうか?腋毛は汗や菌の繁殖をさせてしまう役割があるため、処理をしていないとワキガに繋がる可能性があります。
次に生活習慣についてです。健康にも良くないとされている、肉類ばかりの乱れた食生活や、お酒・タバコの量について見直しましょう。意外と厄介なのがストレスです。アポクリン腺はストレスを感じた時に分泌しやすくなります。男性の場合、夜遅くまで働き、その後付き合いで飲みに行ったり、休日は家族サービスと忙しく、なかなかゆっくりと休む時間はありません。そのため、知らない間にもストレスが溜まってしまうことがあります。そうすると、ホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンの1つである、「アンドロゲン」が分泌されます。この「アンドロゲン」が汗と混ざることによって、ワキガ臭が強くなってしまうだけでなく、体臭までもが強くなってしまう可能性があります。その他にも精神的に緊張を感じた時、性的に興奮をしている時にもアポクリン腺は活発になります。
日常でも様々な状況でワキガの原因になることはあるのですが、原因について知ることでできるだけで、意識的に気を付けることもできるはずです。

ワキガクリームとは

では、ワキガクリームとはどのような効果があるクリームのことなのでしょうか?また、ワキガ対策におすすめの商品別の特徴についてもご紹介していきます。

<ワキガクリーム>
ワキガクリームはその名の通り、ワキガを抑えるための商品になります。ワキガクリームは腋に塗ることでニオイを抑えることができ、さらにテクスチャは汗で流れにくく、服の摩擦によっても取れにくい粘性のあるものになります。そのため、スプレータイプの制汗剤などと比べると、しっかりと密着して即効性もあり、持続時間も長いことで人気です。
ワキガクリームは汗に強いため、夏はもちろんスポーツが好きな男性におすすめできるのももちろんですが、それ以外にも特徴があります。それは肌に優しいということです。他のデオドラント商品と比べても、自然の成分が配合されているものはワキガクリームが多いですし、それによって保湿効果のあるクリームもあります。肌が弱く荒れてしまうのが不安な方でも、クリームなら異常が現れずに使用できる方も多いのでおすすめです。

<石鹸・ボディソープ>
石鹸やボディソープは、ワキガクリームとは使用方法が少し異なり、入浴時体を洗う際に使用します。毎日お風呂で使用することができ、様々な香りがありますし、使用直後に効果を感じることができるというメリットがあります。ですが、持続時間は短く雑菌の発生を完璧に抑えることはできないため、ワキガクリームを使用しながら、入浴時はワキガ対策効果のある石鹸やボディソープを使用することで、より効果を実感しやすくなります。
また、まだ完全なワキガではないけど、少し気になる方、今のうちから予防したいと考えている方の場合は、より効果も実感しやすいはずです。

<スプレー・ロールオン>
スプレー・ロールオンなどの場合、ワキガクリームと比較すると肌に密着しにくく、汗で流れやすいというデメリットがあります。スプレーは吹きかけるだけでできますし、ロールオンタイプも直接塗ることができるので、手軽さはあるかもしれませんが、その分きれいに塗ることが難しくなってしまうため、注意が必要です。さらに、液垂れが起きる可能性もありますし、服に擦れることで取れてしまうこともあります。
また、肌が弱いという方も注意が必要です。市販のスプレーなどには「塩化アルミニウム」と呼ばれる成分が配合されています。この成分は、汗を止めてくれる効果があるのですが、肌が弱い方の場合肌荒れの原因に繋がる可能性もあるので、肌荒れしやすい方、不安な方はできるだけ避けるようにしましょう。

<デオドラントシート>
夏場は欠かさずに持ち歩いている方も多いデオドラントシートは、汗を拭き取るために使用でき、さらに肌をさらさらにしたり臭いを消す効果があります。様々な体臭対策の商品が発売されている中でも、特に安価な商品が多く、手軽に購入することができる商品です。その反面、肌に合わない方もいますし、拭き取るだけなので持続性があまりないため、汗をかいた肌に使用してさっぱりするためにはおすすめです。

<その他>
ワキガ対策のためにサプリメントやボディミストもありますよね。
サプリメントであれば、飲み込むことで体の内側からニオイ対策をすることができますし、さらに含まれている成分によってですが、健康促進の効果も期待ができるため、まさに一石二鳥です。
ボディミストは種類も多く、自分の好きな香りが見つかりやすいのも特徴の1つで、おしゃれとしても使用することができ、気分によって変えることが可能です。また、体に使用するだけではなく、服など布にも使用できるものがあるので、染みついた嫌なニオイをごまかすにもおすすめです。

ワキガを日常で改善

ワキガクリームはワキガを抑えるためにとてもおすすめです。ですが、クリームだけを使用していても、ワキガがなくなるわけではありません。そこで、クリームでワキガを抑えると同時に、日常生活でワキガの原因になっている習慣を改善させて、内側から変えていくことも大切です。どのような習慣を改善したらいいのか、1つずつご紹介していきます。

<食生活>
まずは食生活についてです。ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗が原因だとご紹介しましたが、実はこの汗は脂質・タンパク質といった動物性の成分が多く含まれている肉類を食べすぎることで、汗が出やすくなってしまい、ニオイの原因になる可能性があります。また、チーズやバターなどの乳製品、ファストフード、コンビニ弁当などは脂質や油分が多く含まれていて、ビタミンやミネラルが少ないため、食べすぎないように気を付けましょう。体内が酸性に傾いてしまうと、活性酸素が発生しやすくなり、酸化することによってさらにニオイの原因にも繋がります。ニオイを抑えるためには酸性に傾いてしまった体内をアルカリ性の食品を食べることで戻すことも大切です。
大切なのはできるだけ栄養のバランスを考えながら食事をすることで、野菜をしっかりと食べるように気を付けましょう。特に緑黄色野菜やフルーツ類を中心に食べるように心がけることで、体はアルカリ性に近付くことができ、体臭が出にくくなります。他にも、和食で使用されることが多い味噌や漬物など発酵食品には、体臭を抑えてくれる効果があります。他にも、海藻やキノコ、梅干しはアルカリ性の食品になるので、食べることでニオイを抑えることができます。お茶にはポリフェノールと呼ばれる成分が配合されており、消臭効果があります。また、抗菌作用や抗酸化作用もあるため、ニオイの原因になる雑菌の繁殖を抑えることもできます。ここから分かるように、和食でよく出てくる食材は、汗やニオイを抑えてくれる効果のものがたくさんあります。少しでもニオイを抑えるのであれば、まずは和食を積極的に選ぶこともおすすめです。
スパイスなどの辛いものは食べて汗をかいてすっきりする男性もいるかもしれません。ですが、発汗作用のあるものは体に残りやすいだけではなく、ニオイが強く体外に出てしまうことが多いのです。それと同様に、お酒にも発汗作用があります。もちろん仕事が辛くて飲まないとやっていられない!
と思う方も多いかもしれません。適度に飲む分には特に影響はありませんが、たくさん飲むことによってアポクリン腺が刺激されてしまうため、ワキガで悩んでいる男性はさらにニオイがきつくなってしまう可能性があります。スパイスやお酒はたくさん摂取しないように気を付けましょう。

<生活習慣の改善>
食生活はワキガを改善させるためにとても大切なのですが、その他にも見直したい生活習慣はあります。それは、睡眠不足や運動不足、ストレスです。
睡眠不足は自律神経を狂わせてしまうため、ホルモンバランスが乱れてしまいます。ホルモンバランスが乱れてしまうと、ワキガの原因にもなるアポクリン腺が活発になってしまうため、ワキガの原因に繋がります。そのため、最低でも6時間は睡眠時間を確保できるように意識して、夜更かしはしないように気を付けましょう。
次に運動不足です。運動には汗がつきものです。そのため、運動をすることでたくさんの汗をかいてしまうことは、ワキガにとって良くないことのように感じる方もいるのではないでしょうか?ですが、軽く汗を流す程度の運動を定期的に行っていくことで、汗腺の働きを調整することができるため、過剰に汗が出るといったことを防ぐことができるのです。もちろん、フラフラになるまでの運動をする必要はないですが、いつも電車の通勤路を1駅分歩いてみたり、休日に散歩がてら歩いてみることで、少しずつ運動することに慣れていくのも良いでしょう。
働いている中で、仕事が思うようにうまくいかなかったり、上司などとの人間関係が良くなく、どうしてもストレスは溜まってしまうことかと思います。ですが、ストレスも睡眠不足と同様にホルモンバランスを乱してしまいます。それによって、アポクリン腺が活発になり体臭へとつながってしまうため、できるだけストレスは抱えたくないですよね。もちろん、完全にストレスを感じないようにするというのは難しいことかと思いますが、少しでも上手に発散するためにも、運動や睡眠に気を付けたり、自分の趣味に集中できる時間を作ることも大切です。

<腋を清潔にする>
ワキガの原因を少しでも抑えるためには、当然腋を清潔にする必要もあります。腋毛の処理や、入浴時に丁寧に洗うことでも変化はあるかと思います。
まず腋毛の処理です。女性の場合、腋毛を生やしたままにしている方は少ないかと思います。自分で抜いたり剃っていたり、最近では永久脱毛などを行っている方も増えてきています。ですが、男性の場合はあまり腋毛を処理している方は少ないのではないでしょうか?実は、腋毛が長かったり、生えている量が多かったりなどすると、腋の温度が上がりやすく、蒸れやすくなってしまいます。また、汚れも溜まりやすくなってしまうため、雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。これらが原因で腋のニオイが気になるようになってしまうので、腋毛の処理はとても大切な役割があるのです。
ですが、女性のようにツルツルな腋にしたくないという男性も多いかと思います。もちろんない方が良いのですが、無理に全てきれいにしてしまわなければならないというわけではありません。そういった場合には長さが短くなるようにカットしてあげましょう。今までよりも毛が少なくなることによって、肌が空気に触れやすくなるため菌が繁殖しにくくなるので、多少ワキガは抑えることができますし、さらにクリームを肌に直接塗りやすくなるため、効果も高まります。きれいに剃りたいという方はシェーバーを使用して剃るのも良いですし、お金と時間に余裕のある方であれば、脱毛サロンなどを利用することで、よりきれいに腋毛を処理することが可能になります。何度も処理するのが面倒だと感じて、毛を抜こうとしてしまう方もいるかもしれませんが、毛を抜いてしまうとアポクリン腺が刺激されてしまうため、ワキガがさらに強くなってしまうかもしれません。最も簡単なのはバリカンです。バリカンを使用すると、ツルツルにはならずに毛量を減らすこともできますし、手軽に刺激も少なく処理することができます。
腋毛の処理ができたら、洗い方も意識してみましょう。今まで体を洗う時、皆さんはどのように洗っていますか?ボディータオルを使用してゴシゴシと擦っているのではないでしょうか?特にニオイが気になる部分は力強く擦っていませんか?ですが、力任せに洗うことは、本来肌に必要な皮脂を落としすぎてしまったり、体のニオイを正常に保つことのできる菌まで洗い流してしまったり、肌を傷つけてしまう可能性もあるのでおすすめできません。体を洗う時は無理に力を入れて擦ったりしないように、できるだけ優しく洗うように気を付けましょう。
また、ボディーソープ選びも大切です。市販のボディーソープを使用している男性も多いとは思いますが、ドラッグストアなどで販売されている安価の商品は泡立ちを重視しているものが多く洗浄力が強いため、肌に本来必要な皮脂までも洗い流してしまいます。すると、肌を守っているバリア機能が薄れてしまうため、菌が繁殖しやすくなってしまいます。さらに、肌も乾燥しやすくなってしまいます。最近では抗菌・殺菌効果のあるものや、消臭効果のあるものなど、ワキガで悩んでいる方に人気の商品もたくさん発売されているので、そういった商品を選ぶと良いでしょう。
さらに、女性がメイクを落とす際に使用するクレンジングオイルを使用して、脇を洗うこともおすすめです。これは、腋に残っている皮脂や汚れなどを、クレンジングオイルで洗い流すことでニオイを抑えることができるからです。夏の暑い日のように汗をかきやすい時に試してみてください。ですが、クレンジングオイルは時間が経つと酸化してしまいます。酸化したクレンジングオイルは肌に良くなく、さらにニオイの原因になってしまう可能性もあるので、使用する際は製造日などをしっかりと確認してから使用しましょう。
男性の方の場合、湯船にしっかりと浸かるという方は少ないかもしれません。ですが、体をきれいに洗うだけではなく、実は湯船に浸かることもワキガ予防にはとても効果があるのです。お風呂で体を洗った時にきれいにできているのは、表面についている汚れです。ですが、汗腺の中に老廃物は溜めっていることがあるので、しっかりと外に出す必要があります。そこで、湯船に浸かることで老廃物を体外にしっかりと出すことができるのです。
もちろん、運動などで汗をかくことによっても、老廃物を出すことができるのですが湯船に浸かるだけでできるなら簡単だと思いませんか?最近は入浴剤も様々な種類が発売されているので、そういったものを利用していつもよりも湯船に浸かる機会を増やしてみましょう。

<衣服>
腋を清潔にするだけでは完全にワキガを防ぐことができません。そこで、衣服も意識してワキガ対策になるものを選びましょう。
皆さん服を着る際に必ずインナーを着用していますよね?インナーは腋だけではなく肌に最も接しているものになります。汗を吸い取ってくれるので、蒸れてニオイが気になるといったことはありません。ですが、インナーの種類を間違えてしまうと、汗を吸い取る効果がなく意味がなくなってしまいます。インナーを選ぶ際におすすめしたい成分は、「コットン」です。自然の素材で作られているインナーは吸水性が高いため、汗をしっかりと吸い取ることができます。もちろん、コットン100%のインナーもおすすめなのですが、コットン50%ポリエステル50%などのように、混合素材でできているインナーを選ぶと、吸水性も良く汗染みも目立ちにくくなるため、1枚で着用した時も気になりません。また、最近では脇汗パッドが付いているインナーも発売されているため、そういった商品を利用するのも良いでしょう。
インナーの吸水性高ければどれだけ汗をかいても問題ないと思う男性もいるかもしれませんが、汗をかくと菌は繁殖し、服に付着します。その服を洗濯せずに翌日にも着用してしまうと、服に付着していた菌がまた肌に付着することに繋がるため、ニオイも当然気になるはずです。そういった問題を防ぐためにも、基本的に一度着用した服は毎日洗濯をしてきれいにしましょう。最近では、ニオイを防ぐための脱臭効果のある洗剤も発売されているので、そういった商品を試してみるのもおすすめです。人によってはニオイがとれない場合や黄ばみが落ちない場合もあります。そういった場合には、塩素系漂白剤を40~50℃程度のお湯の中に入れて、衣類をつけおきしてみましょう。その後洗濯機で選択をしてあげるときれいになるはずです。また、塩素系漂白剤よりも効果は薄くなりますが、色や柄のある衣服におすすめの漂白剤が、塩素系漂白剤です。粉末タイプはお湯に溶かしてつけおき、液体タイプは直接つけてしばらく放置してあげてから、洗濯機で洗うことできれいになります。
また、汗の量が多く悩んでいる方もいるはずです。その場合、朝から着ているインナーを1日中着用し続けるのではなく、ある程度汗が出たらこまめに着替えることもおすすめです。常にインナーや衣服を持ち歩くのは少し手間かもしれませんが、そうすることでニオイを防ぐこともできます。

手術でワキガが治せる?

最後に手術についてです。最近では、ワキガを治すことのできる手術も増えてきています。ワキガを抑えるのではなく治したいと思っている方には、手術がおすすめです。まずは自分がワキガなのかどうかを確かめるためにも、皮膚科を受診しましょう。ワキガか分からない状態での手術は無駄になってしまう可能性もあります。自分でワキガだと思っていても、実はにおっていなくて精神的な病気だったという方もいるようです。
ワキガの手術方法は様々なものがあります。脂腺を取ってしまう「切除法」、切除法を進化させた「皮弁法」「剪除法(せんじょほう)」、2~3cm程度を切開し、キューレットと呼ばれる耳かきのような器具で、アポクリン腺をかき出す「皮下組織掻爬法」、腋の下に数ミリ程度メスを入れて、カニューレと呼ばれている管を差し込むことで、アポクリン腺と脂肪を吸引することのできる「皮下組織吸引法」、超音波による振動エネルギーで汗腺を破壊し、吸い取ることができる「超音波治療法」があります。
手術が成功するとワキガで悩むこともなくなるので、お金に余裕のある方は試してみても良いかもしれません。ですが、実は手術にはいくつかデメリットもあります。ここから手術のデメリットについてご紹介します。

<価格>
手術をする際に最も気になる部分でもある価格ですが、ワキガの方の中でも「腋臭症」という病気として診断をされると、形成外科での手術を保険を適用して使用することができるのですが、最近ワキガ手術というと美容クリニックで自費で治療する方が多くいます。保険適用ができると治療も3~5万円程度で済むのですが、保険が適用できない場合、手術費用は30~40万円程度になります。保険適用に比べると、保険適用外は約10倍程度も差があるので、手術をする際にはどれくらいの費用が必要なのかもしっかりと確認する必要があります。

<痛み>
次に痛みです。最初にご紹介した通り、ワキガの手術方法には様々なものがあります。基本的には少しでも腋の下を切って行うものが多いので、多少の痛みは伴います。もちろん手術する側やされる側によっても感じ方は様々ですが、肌を切って手術するということを頭の中に入れておきましょう。

<後遺症や傷跡>
後遺症や傷跡についてもご紹介します。
傷跡はできるだけ残したくないと思う方がほとんどかとは思いますが、多少メスを入れて切ってしまっているため、黒ずんでしまったり、傷跡が残ってしまう可能性は高いです。また、手術後のケアや体質によっても傷跡が残るかどうかは差があり、手術後約1週間は腕を上げないようにしたり、スポーツを避ける、さらに腋が擦れてしまう服は避けるといった指示が出るため、できるだけ安静に過ごせるような予定を組むようにしましょう。
合併症については赤く腫れる、壊死してしまうといった可能性もあります。それ以外にも腋の手術後によくある問題が、別の部分のニオイが気になるようになってくるといった問題です。腋のアポクリン腺を除去することで、別の部分の汗腺が活発化することが原因だと言われています。ですが、はっきりとした理由はないため、対策も特にありません。

<再発の可能性>
せっかく高いお金を払ったのに、再発をする可能性もあるのです。ワキガの手術はアポクリン腺を取り除くというものなのですが、このアポクリン腺をきれいに取り除くことができていれば問題はありません。ですが、少しでも残ってしまうと再発の危険性があります。また、再発する男性には若い方が多いようです。もちろん、効果があまり出なかった場合には再手術を受けることができるのですが、ワキガ手術は初めて行う時が最も効果が出やすく、2回目3回目と回数を重ねるたびに、皮膚は硬くなってしまいワキガ治療の効果が低下してしまうことも多いようです。再発をする可能性もあることを頭に入れて、手術を行う必要があるのです。

男性向けワキガクリームを選ぶおすすめのポイント

ワキガに有効な成分

男性用のワキガクリームはワキガに有効な成分が配合されているものを選びましょう

まずはワキガに有効な成分について確認していきましょう。ワキガはアポクリン腺から出た汗が、雑菌によって分解されることで嫌なニオイが発生します。そこで、汗を分解する働きをしている雑菌の対策をすることでワキガを防ぎます。主に殺菌効果のある成分が配合されているか確認してみましょう。
「イソプロピルメチルフェノール」は、殺菌効果が高いことで人気のある成分で、ニキビ対策用のアイテムにも配合されていることがあります。この成分は厚生労働省によって、アレルギーが出にくくなるように使用量が決められています。そのため、肌トラブルが不安な方でも安心して使用できる成分になります。その他にも、「Ag+」「塩化ベンザルコニウム」「グリチルリチン酸ジカリウム」「o-シメン-5-オール」といった成分があるので、まずはワキガクリームに殺菌効果のある成分が含まれているかを確認してみてください。

ワキガの原因になる汗を抑える成分

男性用のワキガクリームはワキガの原因になる汗を抑える成分が配合されているものを選びましょう

ワキガの原因になる菌を倒す成分についてはご紹介しました。では、次にその菌たちが分解をする汗の分泌を抑えることのできる、制汗効果のある成分について見ていきましょう。
制汗効果のある成分の中で代表的な成分は、「パラフェノールスルホン酸亜鉛」という成分です。汗の中に含まれているタンパク質に反応して金属塩を作ってくれます。そして、汗の出口部分にふたをする役割があり、汗の分泌を抑えることができるのです。即効性も多少期待ができるものなので、ぜひチェックしてみてください。その他にも、「クロルヒドロキシアルミニウム」「ミョウバン」も制汗効果のある成分の1つになります。
制汗効果のある成分は汗を抑えることができるだけであって、ワキガを抑えてくれるわけではありません。ですが、結果的に菌の繁殖も防ぐことができるので、殺菌効果のある成分とあわせて配合されているものがおすすめです。

その他のおすすめ成分

男性用のワキガクリームのその他のおすすめ成分

殺菌・制汗成分についてご紹介しましたが、それ以外にもワキガクリームに配合されていると良い成分はたくさんあります。
ワキガで悩んでいるということは、ニオイを消したいですよね。そんな方におすすめの成分が消臭効果です。消臭効果のある主な成分は「柿タンニン」「茶カテキン(茶エキス)」「どくだみエキス」です。これらの成分は嫌なニオイをつかまえて、無臭化させる効果をもっているため、ニオイが気になりにくくなります。また、この消臭効果のある成分の持続時間が長ければ、1日中ニオイが気にならなくなり、今までこまめにクリームなどを使用していた方でも、1日2回で済む可能性が高くなります。
ワキガは皮脂も原因の1つですが、肌が乾燥してしまうと皮脂を補おうと大量に分泌されてしまいます。すると、さらにワキガを悪化させてしまう可能性があるのです。できるだけ肌の皮脂量を一定に保つのであれば、汚れはしっかりと落としながらも、保湿力の高い成分が配合されているワキガクリームを使用することで、乾燥も防ぎましょう。

刺激の少ないもの

男性用のワキガクリームは刺激の少ないものを選びましょう

ワキガクリームには様々なものがあり、成分もそれぞれ異なります。もちろん肌に優しい成分を使用しているワキガクリームもたくさん発売されていますが、それと同じように肌の刺激になる成分が配合されているものも発売されています。そこで、刺激のできるだけ少ない成分でつくられたワキガクリームを選ぶようにしましょう。
肌の刺激になる成分はたくさんあるのでなかなか見分けるのが大変かと思います。そこで、まずは肌に優しいと間違いなく言える無添加処方のワキガクリームを選びましょう。香料や着色料、鉱物油などは、肌への刺激となってしまい肌トラブルを招く危険性もあります。そういった成分が配合されていない無添加処方のワキガクリームを選ぶことで、安心して使用ができます。
次に、アレルギーテスト済みと記載のある商品です。こういった表記があるとアレルギーの方でも必ずではないですが、アレルギー反応が現れる可能性が少なく、安心して使用できるものになります。さらに、感応性テストと呼ばれる皮膚科医が痒みや痛みなどを感じるかどうかを判定するテストも実施しているものだと、さらに安心して使用できるはずです。また、肌の弱い方でなくても使用前にパッチテストを自分の肌で行うことも大切です。
生産国についても確認しましょう。アメリカで作られているワキガクリームは、欧米人の身体に合わせて作られています。そのため、日本よりもワキガ体質の方が多いアメリカでは、強力で香りの強いものが多いのです。日本人と欧米人を比較すると、皮膚は欧米人の1/3程度薄く、刺激に敏感だそうです。そのため、海外で作られたワキガクリームを使用すると、成分が濃いため肌トラブルが起きる可能性があるのです。反対に日本で作られたワキガクリームは、海外で作られたワキガクリームよりもチェックが厳しく、様々な検査をクリアして発売されているので、安心して使用できるのです。

持続性の高いもの

男性用のワキガクリームは持続性の高いものを選びましょう

ワキガクリームは持続力の高いものを選ぶのもポイントの1つです。
ワキガクリームは基本的に朝と夜1日2回の使用を前提に販売されています。ですが、全ての商品が朝使用して夜まで持続するとは限りません。それは、汗をかいてしまったら落ちてしまう可能性もあるからです。そのため、購入したいワキガクリームの持続性がどれくらいあるのかを知ることも必要になります。スポーツをしている方はもちろん、汗をかきやすい夏に使用する際にも、持続性のあるワキガクリームを使用したいですよね。その際におすすめなのがウォータープルーフタイプのワキガクリームです。ウォータープルーフタイプであれば水や汗に強いので、簡単に落ちてしまうということも少なくなります。ですが、実際の持続性は使用してみなくては分かりません。そのため、より詳しく知るためには口コミサイトなどを参考にしてみると、より分かりやすく判断もしやすくなります。
もちろん価格の高いものの方が良いものというイメージはあるかもしれません。ですが、大切なのは効果が出るのか、そして持続性があるのかということです。特に、効果に関しては即効性のあると書かれているものを選ぶと、使用してすぐに効果を実感できますし、持続性も確認することもできます。

使用状況によって選ぶ

男性用のワキガクリームは使用状況によって選びましょう

最後に使用状況に応じて選びましょう。
ワキガクリームはチューブタイプやプッシュ式のボトルタイプ、指ですくって使用できるジャータイプのものなど、様々な種類の商品が発売されています。そのため、自分が使う場所や状況に応じて容器を選ぶと使用しやすくなるはずです。
例えば自宅で使用する場合であればジャータイプのものでも使用していて問題はないかと思います。ですが、ワキガクリームは1日に何度か塗り直したいという方もいるかと思います。そういった場合に、チューブタイプのワキガクリームであれば持ち歩きも簡単ですし、さらに塗りやすいかと思います。お出かけ用の小さめに作られたものもあるので、そういったものを選びましょう。
また、外出先で使用する場合、どうしても人目に触れる可能性があります。ですが、ワキガクリームを使用しているということは、あまり知られたくありませんよね?そこで、最近ではオシャレなデザインの容器に入ったワキガクリームもたくさん発売されています。そのため、デザインを見てあまり目立たないものを購入すると、使用するときもあまり見られずに使用できるかと思います。
最近のワキガクリームには香料が含まれており、使用した際に良い香りのするものもあります。自分の好きな香りのものを使用するのも良いですし、フレグランスなどを普段使用しているという方は、混ざって変な香りにならないように無香料のものを選ぶのがおすすめです。

男性向けワキガクリームおすすめ人気ランキング10選

第10位東京甲子社 特製エキシウクリーム

  • 東京甲子社 特製エキシウクリーム

    内容量

    30g

    価格

    1,944円

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ニオイの原因は汗と汗による菌の繁殖です。この原因を解決するために、特製エキシウクリームには、殺菌効果と制汗効果のある成分が配合されています。ワキガに悩んでいる方はもちろんなのですが、それだけではなく汗をかきやすい体質で抑えたい方などにもおすすめのクリームになります。価格もそこまで高くなく、初めてワキガクリームを購入しようと思っている方でも、手の出しやすい価格になっているのでおすすめです。

  • 成分

    乾燥硫酸アルミニウムカリウム*、酸化亜鉛*、無水硫酸亜鉛*、アラントインクロルヒドロキシアルミニウム*、白色ワセリン、ステアリン酸、流動パラフィン、パラベン、塩酸アルキルジアミノエチルグリシン液、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、香料
    *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

第9位dot. デオドラントジェル

  • dot. デオドラントジェル

    内容量

    30ml

    価格

    3,150円

    使用日数

    約1~1.5ヶ月

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ワキガの原因と言われている雑菌の増殖を殺菌効果のある成分で防ぎ、さらに制汗作用のある成分で汗の量もコントロール、嫌なニオイが発生してもバレないように消臭効果のある成分を配合しているので、気になりません。超強力消臭・瞬時消臭・長時間持続を実現したジェルなので、気になった時に塗ることですぐに気にならなくなります。ジェル特有のベタつきもないので、出先での使用も簡単に行える便利なワキガジェルです。

  • 成分

    クロルヒドロキシアルミニウム配合、精製水、エタノール、1.3-ブチレングリコール、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、I-メントール、クララエキス(1)、チャエキス(1)、ダイズエキス、アラントイン

第8位デオラボ ミョウバン配合薬用デオラボクリーム

  • デオラボ ミョウバン配合薬用デオラボクリーム

    内容量

    40ml

    価格

    3,980円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    デオドラント専門のブランドである、デオラボから発売されている、デオドラントクリームです。専門ブランドだからこそできるテクニックがたくさん含まれた商品です。ニオイの原因菌は99.999%殺菌することができるので、菌の増殖によるワキガを防ぐことができ、サリチル酸ナトリウム・ミョウバン・茶エキスを配合しているので消臭効果ももちろんあります。また、商品に自信があるからこそ行える全額返金保証も初めて使用する方にとっては人気の商品です。

  • 成分

    【有効成分】サリチル酸ナトリウミ
    【その他の成分】精製水、乾燥硫酸アルミニウムカリウム、ハッカ油、チャエキス(1)、サクラ葉抽出液、エタノール、フェノキシエタノール、1,3-ブチレングリコール、パルミチン酸イソプロピル、硬化ナタネ油アルコール、パルミチン酸セチル、2-エチルヘキ酸セチル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、ミリスチルアルコール、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、メチルポリシロキサン

第7位男デオナチュレ さらさらクリーム

  • 男デオナチュレ さらさらクリーム

    内容量

    45g

    価格

    1,242円

    使用日数

    約1.5ヶ月(1日2回使用)

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    焼ミョウバンと呼ばれる天然鉱物塩の1つである天然アルム石成分を配合しているため、抗菌効果が高く、汗を抑える効果もあります。さらに、HAPコンプレックスパウダーを配合することで、皮脂にしっかりと密着します。汗をかいても流れにくく、指でとって塗ることができるので、気になる部分には重点的に使用することもできます。ワキガで悩んでいる方におすすめなのはもちろんですが、それ以外にも全身使用することができるので、気になる部分には使用することができます。

  • 成分

    焼ミョウバン※、イソプロピルメチルフェノール※、天然ビタミンE、メントール、無水ケイ酸、ヒドロキシアパタイト、グリセリン脂肪酸エステル、イソノナン酸イソノニル、ポリエチレンワックス、セレシン、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト、シクロペンタシロキサン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
    ※は「有効成分」、無表示は「その他成分」

第6位メンソレータム リフレア デオドラントクリーム

  • メンソレータム リフレア デオドラントクリーム

    内容量

    55g

    価格

    1,490円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    腋のニオイで悩んでいる方が、もう悩まずに済むためにどうしたら良いのかを考えて作られているメンソレータムのリフレアシリーズは、リニューアルすることで2種類の有効成分によるW殺菌効果、そして水の中に入っても取れにくいほどの高密着持続処方を実現しました。高密着ですが使用感はさらっとしたクリームタイプなので、塗る時も手がべたついて不快感を感じるということもありません。リフレアシリーズは様々な種類が発売されていますが、ジャータイプを試してみませんか?

  • 成分

    【有効成分】ベンザルコニウム塩化物、イソプロピルメチルフェノール、クロルヒドロキシアルミニウム臭化セチルトリメチルアンモニウム液、シクロペンタシロキサン、ポリアクリル酸アルキル、濃グリセリン、POE・POPジメチコン共重合体、イソステアリン酸ソルビタン、エタノール、メントール、シリル化処理無水ケイ酸、イソノナン酸イソノニル、ラウリン酸ポリグリセリル

第5位リベルタ QB 用デオドラントクリーム

  • リベルタ QB 用デオドラントクリーム

    内容量

    30g

    価格

    2,808円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    QBのデオドラントシリーズはランキングでも1位を獲得しており、長い間愛されている人気の高い商品になります。気になるニオイ対策には、殺菌・制汗・保湿の3つの効果のある成分をそれぞれ配合することで、ニオイを抑えることが可能です。また、着色料やパラベン、アルミニウム、トリクロサンの4つの添加物は無添加なので、肌トラブルが不安な方でも安心して使用することが可能です。ウォータープルーフタイプなので、汗をかきやすい夏にもぴったりです。

  • 成分

    (有効成分)酸化亜鉛、イソプロピルメチルフェノール
    (その他の成分)トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、ポリアクリル酸アルキル、タルク、無水ケイ酸、メチルポリシロキサン、マイクロクリスタリンワックス、パラフィン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ホホバ油、酢酸DL-α-トコフェロール、スクワラン、アルテアエキス、エイジツエキス、ハマメリスエキス、ホップエキス、ムクロジエキス、ラベンダーエキス(1)、ワレモコウエキス、油溶性ローズマリーエキス(3)、トレハロース液、1,3-ブチレングリコール、ウーロン茶エキス、チンピエキス、オウゴンエキス、精製水

第4位オムニ メンズラヴィリン フォーアンダーアーム

  • オムニ メンズラヴィリン フォーアンダーアーム

    内容量

    12.5g

    価格

    5,616円

    使用日数

    約6ヶ月

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ラヴィリンから発売されているデオドラントクリームは、他のデオドラントクリームと違う点があります。
    通常のデオドラントクリームは毎日2回使用することが基本ですが、この商品は1度使用したら約1週間消臭効果が持続するというのです。そのため、お風呂で体を洗っていても、汗をかいたり、プールや海に行っても、成分が毛穴にしっかりと浸透しているため問題ないのです。イスラエル産のハーブを使用しており、価格は少し高いですが約6ヶ月使用できると考えるとお得です。

  • 成分

    有効成分/イソプロピルメチルフェノール
    表示指定成分/ジブチルヒドロキシトルエン、クロルフェネシン、エデト酸四ナトリウム二水塩、イソプロピルメチルフェノール、dl-α-トコフェロール

第3位勉強堂 デオドラントクリーム

  • 勉強堂 デオドラントクリーム

    内容量

    50g

    価格

    1,800円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    発売を開始してから4年間で約15000個も販売をしているワキガクリームになります。気になるワキガを抑えられるように、殺菌・制汗効果があるのはもちろん、持続力も人気の1つです。朝このクリームを使用すると、夜までしっかりと抑えてくれるので、面倒な塗り直しが必要なくなります。保湿成分も配合されているので、乾燥肌の方でも保湿をしながらニオイを抑えることができ、さらに無着色・無香料タイプのものになるので、男性が手軽に使用しやすくなっています。

  • 成分

    【有効成分】クロルヒドロキシAl,イソプロピルメチルフェノール
    【その他の成分】精製水、シクロペンタシロキサン、BG、ジメチコン、濃グリセリン、メチルフェニルポリシロキサン、ポリアクリル酸アルキル、POE・POPジメチコン共重合体、イソノナン酸イソノニル、メントール、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、EDTA-2Na、天然ビタミンE、フェノキシエタノール、パラベン

第2位MENS NULL デオドラントゲル

  • MENS NULL デオドラントゲル

    内容量

    30ml

    価格

    3,600円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    男性の悩みであるニオイを解決させるために発売されたゲルです。他のデオドラントゲルなどと比べてみても、圧倒的な消臭率で様々なニオイに対して96%以上の消臭が可能です。制汗効果のある成分が汗を抑え、抗菌効果のある成分が雑菌を抑えてくれます。さらに、チャエキスを配合することで消臭効果も含まれています。おしゃれな容器も人気の1つで、コンパクトなので簡単に外出先にも持ち運びやすいのも大切なポイントです。

  • 成分

    【有効成分】クロルヒドロキシアルミニウム
    【その他の成分】精製水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩、チャエキス(1)、ダイズエキス、クララエキス(1)、アラントイン、I-メントール、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース

第1位クリアネオ クリアネオクリーム

  • クリアネオ クリアネオクリーム

    内容量

    30g

    価格

    5,980円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    数々のランキングや賞を受賞し、口コミサイトなどでも高評価の多いクリームです。もちろん、殺菌・制汗効果のある成分は配合されており、さらにアレルギーや皮膚の刺激が起こらないかを確認するために、商品検査が行われています。放射性物質検査も行っており、国内生産をすることによって安全性は徹底している商品です。価格も割引や定期購入、セット売りなどで安く購入できることもあり、さらに返金保証もあるのでお財布にも優しい商品です。

  • 成分

    【有効成分】パラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノール
    【その他の成分】架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、メチルポリシロキサン、架橋型メチルポリシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、精製水、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、エタノール、フェノキシエタノール、1,3-ブチレングリコール、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、ウーロン茶エキス、チョウジエキス、クララエキス(1)、オウバクエキス、ラベンダーエキス(1)、カキタンニン、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、チャエキス(1)、クマザサエキス、シャクヤクエキス、ハマメリスエキス、紅茶エキス、ドクダミエキス、セージエキス、ブドウ葉エキス、ビワ葉エキス、オトギリソウエキス、カモミラエキス(1)、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、アルピニアカツマダイ種子エキス、プルーン酵素分解物、ヒメフウロエキス、ユキノシタエキス、ダイズエキス、アマチャエキス、海藻エキス(5)、加水分解シルク液、水溶性コラーゲン液(4)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、無水ケイ酸、Ι-メントール、クロルヒドロキシアルミニウム、無水エタノール

男性向けワキガクリームの使い方

商品に決められた使用量を使用する

男性用のワキガクリームは商品に決められた使用量を使用しましょう

ワキガクリームを使用する際には使用量をしっかりと確認して使用しましょう。使用量に関しては商品によって異なります。1日に何回使用して良いのか、何時間おきに使用したらいいのかは、商品ごとに記載があるはずです。記載されている回数よりも多く使用すると肌が荒れてしまう可能性もあるので、必ず使用前に使用方法について確認をしておきましょう。

清潔な体に使用する

男性用のワキガクリームは清潔な体に使用しましょう

ワキガクリームを使用する際に気を付けたいのは量だけではありません。使用する際の肌の状態です。使用する際に汗をかいていたり、汚れている場合に使用してしまうと、すでに菌が繁殖していてニオイを抑えることができなくなってしまいます。そのため、ワキガクリームを使用する際には必ず清潔な状態の肌に使用する必要があるのです。
最も塗るのに適しているタイミングは入浴後です。朝でも夜でもお風呂に入った直後の肌は、体を洗っているので清潔ですよね。その状態の肌にわきがクリームを使用することで、ワキガの原因である汗や菌のいない状態を保つことができ、さらに毛穴にしっかりとクリームの成分が密着しやすくなるのです。出かける前にシャワーを浴びるという方は、シャワー後に再度わきがクリームを使用することで、持続力も長くなります。
また、朝はシャワーを浴びずに出かける方もいますよね。でもワキガが気になるからクリームを使用したい。そんな方は、必ず使用前に腋を汗拭きシートなどで拭いて清潔にしてから塗りましょう。起きた時に特に汗をかいているような感じがしなくても、実は寝ている間に体はたくさん汗をかいているのです。寝ている間の汗によってもニオイの原因になることがあるので、それを防ぐためにもしっかりと拭いてからクリームを使用しましょう。
もちろん朝使用するときだけではなく、外出先での塗りなおしをしたい場合でも、必ず汗を拭き取ってから使用することで効果が現れます。清潔なタオルやウエットティッシュ、汗拭き用のシートも最近は発売されているので、そういった商品もわきがクリームと一緒に持ち歩くと良いでしょう。

男性向けワキガクリームのメリット・デメリット

メリット

・ニオイ対策が手軽にできる
何よりも手軽にニオイを抑えることができるということが、最大のメリットではないでしょうか?ワキガクリームは塗ると瞬間的にニオイを抑えることができます。夏場などニオイがきつくなる季節は特に周りの目が気になって、人前に出たくないと消極的になってしまう方もいます。ですが、ワキガクリームを使用すればそのような心配も必要ないですし、ワキガクリームを持ち歩くようにすれば、急に人に会うことになった場合なども、直前で対策を行うことができます。

・服にシミがつきにくくなる
ワキガで悩んでいる方はニオイと同じように、服のシミでも悩んでいるかと思います。特に毎日白いワイシャツを着用して仕事を行っている方は、腋の部分の黄ばみが気になってしまいますよね?ですが、ワキガクリームを使用することで制汗効果によって汗を抑えることができるため、汗染みや黄ばみは付きにくくなり、悩むことも減るはずです。

デメリット

・永久的な効果はない
ワキガクリームは使用するとある程度の効果は出ますし、最近では1週間も持続するものなども発売されています。そのため、段々使用しなくなってもワキガが治っているのではないかと考える方もいるかもしれません。ですが、ワキガクリームは薬ではなく、菌と汗を抑えてくれるクリームになるので一切ニオイがなくなるということはありません。そのため、定期的にワキガクリームの購入・使用が必要になってくることがデメリットと言えます。

まとめ

今回は男性におすすめのワキガクリームについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・ワキガは体質の可能性も。専門機関で診察をしてもらう
・日常生活を改善することでワキガの改善にもつながる
・ワキガに有効な成分が配合されているワキガクリームを選ぶ
・使用する際には必ず肌を清潔にしてから
ということです。

ぜひワキガクリームを使って男性のみなさんもワキガの悩みを解決し、気になる女性に近づいてみませんか?

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP