メンズ ニオイケア
  • 2019.2.22 メンズ ニオイケア

    メンズ汗脇パッドのおすすめ人気ランキング9選

    暑い季節はもちろん、通勤中や通学中、満員電車の中、プレゼンなどの緊張する場面ですぐ脇汗をかいてしまうと悩んでいる男性の方は多いと思います。脇汗は、汗ジミや黄ばみ、ニオイなどの原因にもなるため、とにかく周りの目が気になりますし、清潔感がない人というイメージを持たれてしまうのも嫌ですよね。そこで今回は、汗ジミに悩む男性のために、「メンズ汗脇パッド」についてご紹介させていただきたいと思います。脇や服にパッドを貼ったり当てたりするだけで、手軽に汗ジミや黄ばみを予防することができるアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。

汗脇パッドとは

汗脇パッドとは、脇汗で衣服に汗ジミができたり、黄ばみができたりするのを防ぐことができるアイテムです。吸水性のあるパッドやシートなどを、脇に当てたり肌に直接貼り付けたりすることで汗を吸収し、衣服に脇汗が染み込んでしまうのを予防します。商品によっては、汗を吸収するだけでなく、消臭効果や抗菌・殺菌効果が期待できるものもあり、脇汗のニオイが気になるという方にもおすすめです。

〈汗脇パッドのメリット〉
・脇汗による衣服の汗ジミ、黄ばみを予防できる
・脇汗のイヤなニオイが衣服に移るのを防ぐことができる
・汗をかいてもサラサラした状態を保つことができる
・ニオイを抑える効果が期待できるものもある

〈汗脇パッドのデメリット〉
・汗の量を抑える効果はない
・一日に何回か取り換える必要がある

■メンズ用とレディース用の違いとは
汗脇パッドには、メンズ用とレディース用があります。どちらも性別関係なく使用することができますが、メンズ用はレディース用と比べるとパッドのサイズが大きめで、給水量も多くなっているのが特徴です。男性は女性よりも発汗の量が多いとされており、体も大きいため、男性は男性向けに作られた商品を使用した方が安心感があるかもしれません。もちろん、サイズと給水量が違うだけなので、男性が女性向けの商品を使用しても特に問題はありません。

脇は汗をかきやすい部位

汗は、皮膚内部にある汗腺というところから分泌されます。汗には、体温を調節する他、皮脂と混ざり合うことで「皮脂膜」を形成し皮膚を保護する役割もあります。

脇下は汗腺が集中しているため、他の部位と比べても特に発汗量が多いのが特徴です。
汗腺は、唇以外の全身に分布する「エクリン汗腺」と、脇の下や外耳道、外陰部、おへそなど、特定の部位にだけ分布する「アポクリン汗腺」があります。

暑い日や運動した時などに分泌される汗は「エクリン汗腺」によるもので、上昇した体温を下げるために発汗を促します(温熱性発汗(体温調節性発汗))。エクリン汗腺から分泌される汗の成分は99%以上が水分で、残りはほぼ塩分です。ニオイもなくサラサラしているのが特徴になります。また、温熱性発汗(体温調節性発汗)とは関係なく、緊張や不安など精神的ストレスで汗をかいてしまう「精神性発汗」や、刺激物などを食べた際に発汗が促される「味覚性発汗」もあります。

「アポクリン汗腺」は体温調節には関係のない汗腺で、多くの方は思春期に発達します。
アポクリン汗腺から分泌される汗の成分は、水分以外にもタンパク質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分など、強いニオイを発生させる原因となる成分が多く含まれており、黄色や乳白色でベタついているのが特徴です。汗自体にニオイがあるわけではなく、汗に含まれているタンパク質や脂質などが皮膚の常在菌に分解されることによってニオイを発生させます。「ワキガ(腋臭症)」体質は、アポクリン汗腺の数が多いのが原因です。また、精神的ストレスによる「精神性発汗」は、エクリン汗腺と一緒にアポクリン汗腺も刺激されてしまうため、緊張による汗は臭いやすいとされています。

脇下は、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の両方が存在している場所なので、発汗が起こりやすくなるということです。さらに、緊張しやすい性格の方や、栄養バランスが偏った食生活、睡眠不足、運動不足、肥満などが原因で汗をかきやすくなっている方は、脇汗の量が多くなります。

〈脇汗の量を抑える生活習慣とは〉
脇は汗腺が多いため、もともと汗をかきやすいうえに、バランスの悪い食生活や運動不足、不規則な生活を送っていると、さらに汗をかきやすくなってしまいます。脇汗の量が多く悩んでいる方は、一度日頃の生活習慣などを見直し、改善できるところがあれば改善していくようにしましょう。

①バランスの良い食生活で発汗を促してしまう食品には、

・肉類
・牛乳、乳製品などの動物性脂肪
・インスタント食品
・揚げ物
・カフェイン(コーヒー、お茶など)
・香辛料(唐辛子、胡椒、山椒、ニンニク、生姜など)
・辛い料理
・アルコール

などがあります。

これらの食品を摂取することで、体温が上がったり、汗の分泌を促す交感神経が刺激されたりして、発汗が促されてしまいます。また、動物性タンパク質や動物性脂肪を多く含む食品などを過剰に摂取してしまうと、汗のニオイが強くなる原因になります。

脇汗のケアには、栄養バランスの取れた食生活を心がけたうえで、汗の量を抑える効果が期待できる食品を積極的に摂取するのがおすすめです。

・大豆製品(豆腐、納豆、厚揚げ、豆乳など)
大豆に含まれているイソフラボンには、身体がリラックスしている時に働いている「副交感神経」を刺激する作用があるため、汗の分泌を抑える効果が期待できます。

・植物性エストロゲンを多く含んだ食品
女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があるとされている「植物性エストロゲン」には、汗の分泌を促すなどの働きがある「交感神経」と、身体がリラックスしている時に働いている「副交感神経」のバランスを整える効果が期待できるため、植物性エストロゲンを含む食品(アボカド、もやし、大葉、山芋、ザクロなど)の摂取がおすすめです。

・カリウムを多く含んだ食品
カリウムには、不要な水分と一緒に体内の熱を放出するため、発汗を抑える効果が期待できます。カリウムを多く含む食品には、キュウリやナス、サトイモ、アボカドなどがあります。

・ハーブ類
カモミールやジャスミン、ラベンダーなどのハーブには、自律神経(交感神経や副交感神経)を整える作用があるため、リラックス効果により発汗を抑える効果が期待できます。ストレスや緊張している時にもおすすめです。

②適度な運動習慣
運動不足などで汗をかく習慣がなくなると、エクリン汗腺が衰えてしまい、ミネラルの再吸収がうまくいかず、水分が蒸発しにくいベタベタした汗が分泌されるようになってしまいます。さらに、ちょっと気温が上昇したり運動したりするだけで汗をかきやすくなります。また、運動不足により肥満体型になってしまうと、皮下脂肪により体内の熱を外に放出するのが妨げられてしまうため、発汗の量が増えてしまったり、酸素を取り込む力が弱くなるため、酸素がない状態でエネルギーを生成する「解糖系」により乳酸が増加して汗のニオイが強くなったりする原因になります。

運動は週150分を目安にし、きついと感じない中程度の運動(ウォーキングや軽いジョギングなど)を、1回30分、一週間に何回か分けて行う習慣をつけるようにしましょう。

③充分な睡眠をとる
睡眠不足は自律神経のバランスが崩れる原因となるため、交感神経が優位な状態になってしまい、心身に悪影響を及ぼします。仕事でなかなか睡眠時間を確保できないという男性もいるかもしれませんが、なるべく1日6時間以上の睡眠をとるようにし、お風呂に浸かるようにしたり、寝る前の30分以上はスマートフォンをいじらないようにするなど、質の良い睡眠も心がけるようにしましょう。

メンズ汗脇パッドを選ぶおすすめのポイント

汗脇パッドのタイプで選ぶ

メンズ汗脇パッドはパッドのタイプで選びましょう

汗脇パッドにはいくつかタイプがあります。自分の肌質や体質、好みの使用感などに合わせて種類を選ぶのがおすすめです。

■衣類に貼り付けるタイプ
シールになっており、衣服の内側の脇が当たる部分にパッドを貼り付けることで、汗ジミや黄ばみを予防します。使い捨てタイプのものがほとんどです。

〈メリット〉
・商品によってパッドのサイズや厚さがそれぞれ異なるため、自分の体質に合ったものを選ぶことができる。
・使い捨てのため、衛生的に使用することができる。
・貼るだけなので手軽に脇汗対策を行うことができる。
・カラーバリエーションがいくつかあり、着る服に合わせてパッドの色を選べる。

〈デメリット〉
・シャツなど薄い生地の服を着用している場合は、汗脇パッドが透けて目立ってしまうことがある。
・1日に何回か取り換える必要がある。
・コストがかかる。
・パッドを剥がす際に、衣服を傷めてしまう場合がある。

■再利用できるタイプ
布製のパッドのため、洗うことで繰り返し使用することができます。肩にストラップをひっかけ、脇にパッドが当たるよう装着することで、汗ジミや黄ばみなどを予防します。

〈メリット〉
・洗えば繰り返し使用することができるため、使い捨ての汗脇パッドと比べるとコストがかからず、経済的で環境にもやさしい。
・貼り付けるタイプではないため、衣類や肌に負担がかからない。
・パッドが厚めのものが多く、汗を吸収できる量が多い。

〈デメリット〉
・使用するたびに洗わなければならないため、お手入れに手間がかかる。
・吸水性が高い分、洗った後、乾くのに時間がかかってしまうものもある。
・汗脇パッドを脇に固定するためのストラップやベルトなどが原因で、肌トラブルを起こしてしまう可能性もある。

■肌に直接貼り付けるタイプ
シールになっており、肌に直接貼り付けることで汗ジミや黄ばみ、ニオイを予防します。

〈メリット〉
・ベージュや透明の目立たないカラーがほとんど。
・肌に直接貼り付けるため、分泌された汗を瞬時に吸収でき、汗の嫌なニオイを閉じ込めることができる。
・パッドがズレてしまう心配がなく、ピンポイントの汗脇対策が可能。
・足などの脇以外にも使用することができる。
・ハサミで好みの長さにカットすることができるロールタイプもある。

〈デメリット〉
・肌が弱い方や敏感肌の方は、肌に直接使用するため、粘着部分で皮膚がかゆくなるなどの肌トラブルを起こす可能性がある。
・ムダ毛があると肌に密着しにくくなり剥がれやすくなったり、剥がす際に毛が引っ張られて痛みを伴ったりするため、脇毛がある男性には使用が向いていない。

服に馴染みやすい色を

メンズ汗脇パッドは服に馴染みやすい色を選びましょう

汗脇パッドには、ホワイトやベージュ、ブラックといったカラー展開があるため、着用する服の色に合わせてパッドの色を選ぶことで、汗脇パットを目立ちにくくすることができます。
その日着る服に合わせて使い分けられるように、何色か持っておくのが良いでしょう。

消臭成分や殺菌・抗菌作用がある成分が配合されたもの

消臭成分や殺菌・抗菌作用がある成分が配合されたメンズ汗脇パッドを選びましょう

汗脇パッドには、消臭成分や殺菌・抗菌成分が配合されているものもあります。雑菌の繁殖を防いで脇を清潔に保ち、汗のニオイを抑える効果が期待できるため、汗ジミだけでなくニオイ対策も行いたいという方や、汗脇パッドをこまめに取り替えることができないという方には、消臭機能や殺菌・抗菌機能がついた汗脇パッドの使用がおすすめです。

香料があるかないか

メンズ汗脇パッドは香料があるかないかで選びましょう

汗脇パッドには、香り付きのものと無香料のものがあります。香りが苦手という方はもちろん、汗のニオイが強い方や香り付きの制汗剤を併用する場合も、汗脇パッドの香りと混ざることでニオイが余計にひどくなってしまうことがあるため、無香料タイプの汗脇パッドの使用がおすすめです。

メンズ汗脇パッドのおすすめ人気ランキング9選

第9位CREAL(クレール) 脇汗パッド

  • CREAL(クレール) 脇汗パッド

    内容量

    左右1組

    価格

    1,780円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    洗って繰り返し使える、肩にかけるタイプのメンズ汗脇パッドです。吸収速乾で抗菌、殺菌効果が期待できる多重構造のパッドが、脇汗による汗ジミや黄ばみ、ニオイを抑えます。黒、白、ベージュの3色から選べます。

  • 素材

    表側生地/メッシュ地
    内部生地/吸水パイル・防水布 他
    肌側生地/エアロタッシュ

第8位アイメディア ワキに直接貼る汗とりシートロール

  • アイメディア ワキに直接貼る汗とりシートロール

    内容量

    (約)ヨコ5.5×300cm

    価格

    1,841円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    肌に直接貼るロールタイプの汗脇パッドです。貼りたい部分に合わせて好みの長さにカットすることができます。汗や湿気をしっかり吸収しながらも、通気性が良いムレにくい素材です。伸縮性があり、ワキにフィットしやすく、抗菌加工により、メンズの汗のニオイを抑える効果も期待できます。

  • 素材

    綿、ポリウレタン

第7位アポロン 男性用 脇汗パッド 無香料

  • アポロン 男性用 脇汗パッド 無香料

    内容量

    20セット(40枚入)

    価格

    2,980円

    使用日数

    20日分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    約15mlの吸収力と、抗菌・防臭作用があるメンズ汗脇パッド。通気性にも優れた特殊3層構造の薄型パットが、衣類にしっかりフィットしながら汗ジミと黄ばみを予防します。ワキのゴワゴワも気にならず、服を着た際も目立ちにくくなっています。

  • 素材

    記載なし

第6位吸水・防汚パット ベージュ

  • 吸水・防汚パット ベージュ

    内容量

    100枚入

    価格

    1,480円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    強粘着タイプで、どの素材の服にもしっかり貼り付けることができます。強くつきすぎるのが不安なメンズは、手のひらなどに1、2回ほど貼り付けて粘着力を抑えてから使用するのがポイントです。少し大きめのサイズに抜群の吸収力で、長時間でも安心して使用することができます。ベージュ、ホワイト、ブラックの3色があります。

  • 材質

    不織布

第5位Cadi わき汗パット ちょっと大きめサイズ

  • Cadi わき汗パット ちょっと大きめサイズ

    内容量

    100枚(10枚×10パック)

    価格

    1,922円

    使用日数

    50日分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    衣類に貼り付けるタイプで、大きめのサイズが特徴のメンズにおすすめの汗脇パッド。広範囲の汗ジミをカバーできるため、安心感があり、脇汗の量が多い方にもおすすめです。保存に便利なチャック付きのパッケージで、持ち運びもしやすくなっています。

  • 材質

    不織布

第4位コジット サラフィッティ ソフトエアリー

  • コジット サラフィッティ ソフトエアリー

    内容量

    20枚入

    価格

    1,598円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    肌に直接貼るタイプの汗脇パッドです。柿渋成分(柿タンニン)が配合されており、汗のニオイを抑える効果も期待できます。従来品より吸収力が1.8倍にアップした通気性のあるシートが、脇汗を素早く吸収し乾燥させます。つけ心地の良いソフトな肌触りです。

  • 材質

    ポリエステル

第3位KIWAMADE(キワメイド) 男のワキ汗パット

  • KIWAMADE(キワメイド) 男のワキ汗パット

    内容量

    40枚(2枚1組包装)

    価格

    1,480円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    15mlの脇汗を吸収できる大きめサイズのメンズ汗脇パッド。3層になったパッドが汗を素早く吸収します。抗菌・防臭作用でニオイも気にならず、通気性にも優れているためサラサラの状態が続きます。やわらか素材のためゴワゴワも気になりません。2枚ずつ包装されているため、衛生的ですし、持ち運びにも便利です。

  • 材質

    ポリエステル、ポリプロピレン

第2位小林製薬 Riff あせワキパット ブラック

  • 小林製薬 Riff あせワキパット ブラック

    内容量

    20枚(10組)

    価格

    561円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    スーツのジャケットなどに馴染みやすいブラック。ドット形状のり採用で、ズレにくく、剥がす時は衣服を傷めにくくなっています。凸凹表面シートが汗をすばやく吸い込み、長時間しようしてもサラサラな状態が続きます。イオン抗菌により脇汗のニオイを防ぐ効果も期待できます。

  • 材質

    表面主材/ポリエステル・レーヨン

第1位小林製薬 メンズRiff あせワキパット

  • 小林製薬 メンズRiff あせワキパット

    内容量

    20枚(10組)

    価格

    561円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    メンズの汗量に対応した、3層構想の吸引シートを採用。汗をすばやく吸い込んで、サラサラの状態をキープします。イオン抗菌による消臭効果とさわやかな柑橘系のデオドラントオイルで、脇汗のニオイもしっかり予防。ゴワゴワしにくい薄型シートで、目立ちにくくなっています。

  • 材質

    表面主材/ポリプロピレン

メンズ汗脇パッドの使い方

肌を清潔な状態にしてから使用する

メンズ汗脇パッドは肌を清潔な状態にしてから使用しましょう

汗脇パッドは、肌を清潔な常態にしてから肌や衣類に使用するようにしましょう。
汗は汗自体にニオイがあるのではなく、皮膚の常時菌で分解されることによりニオイを発生させます。汗脇パッドで汗ジミを予防できても、脇が不衛生なままだと、雑菌が繁殖してニオイが発生しやすくなったり、ベトつきが気になったりする原因となります。汗脇パッドを取り換える際も、制汗剤シートなどで脇の雑菌をしっかり拭き取ってから交換するようにしましょう。

肌に貼るタイプを使用する場合は脇毛を剃る

肌に貼るタイプのメンズ汗脇パッドを使用する場合は脇毛を剃りましょう

肌に直接貼るタイプの汗脇パッドの使用を考えている方は、脇毛があるとシートが肌に密着しにくくなり、剥がれやすかったり、剥がす際に毛が引っ張られて痛みを伴ったりします。汗をしっかり吸収させるためにも、使用前に必ず脇毛の処理を行うようにしましょう。

シワにならないように貼り付ける

メンズ汗脇パッドはシワにならないように貼り付けましょう

衣服に貼り付けるタイプの場合は、服のシワをしっかり伸ばし、パッドの体側→袖側の順で片方ずつ貼っていきます。脇汗は前側に流れやすい傾向にあるため、背中側よりちょっと前の位置でつけるのがおすすめです。前日のうちに準備しておくのが良いでしょう。

メンズ汗脇パッドの注意点

長時間の使用は避ける

メンズ汗脇パッドは長時間の使用は避けましょう

長時間の使用は雑菌が繁殖しニオイが発生する原因となります。特に消臭作用や抗菌作用がない汗脇パッドは注意が必要です。パッドは常に持ち歩くようにし、常に清潔な常態を保つように意識しましょう。

再利用できるタイプはしっかりケアを

再利用できるタイプのメンズ汗脇パッドはしっかりケアをしましょう

洗って繰り返し使用できるものは、その日の汗の量に関係なく、使用後すぐに洗うようにしましょう。洗わずに何度も使ったり、使用後そのまま放置したりするなどして、ケアを怠らないようにしましょう。

その他の脇汗対策について

■制汗剤を使用する
汗脇パッドは、汗を吸収し、服の汗ジミや黄ばみを予防するのが主な目的ですが、制汗剤は、分泌される汗の量を抑える効果や、消臭効果が期待できるアイテムです。
汗脇パッドのみの使用が不安という方や、ニオイもしっかり抑えたいという方は、汗脇パッドと一緒に制汗剤を併用するのが良いでしょう。

■「精神性発汗」にはツボ押しがおすすめ
緊張やストレスなどによる発汗を抑えるには、ツボ押しもおすすめです。

①労宮
手を握ったときに中指が当たる部分に、「労宮(ろうきゅう)」というツボがあります。
その部分を、ゆっくり息をしながら指圧で約5秒間押すというのを繰り返すことで、リラックス効果を得ることができます。

②合谷
手の甲の親指と人差し指の付け根の、少し一指し指寄りにあるくぼみに「合谷(ごうこく)」というツボがあります。このツボは、身体の水分量を調整し、汗を抑える効果が期待できます。

③陰郄
手のひらを上側にし、小指側の手首の付け根より約1.5㎝下の部分にある「陰郄(いんげき)」という部分も、汗を抑える効果が期待できるツボになります。

■医療機関を受診する
日常生活に支障が出るほどの大量の汗に悩んでいる方は、専門の医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ

今回はメンズ汗脇パッドをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・肌質や体質、使用感なども踏まえて汗脇パッドのタイプを選ぶ
・消臭成分や、殺菌・抗菌成分が配合されているものがおすすめ
・つけっぱなしにせずこまめに取り換えるようにする
ということです。

汗ジミのせいで周りの目が気になると、それだけでストレスになりますし、気にしすぎると余計に脇汗がひどくなってしまい、悪循環に陥ってしまいます。ぜひ汗脇パッドを活用して、シミも黄ばみも気にならない快適な生活を送れるようにしていきましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP