メイク道具・ケアグッズ
  • 2019.3.11 メイク道具・ケアグッズ

    花粉対策メガネのおすすめ人気ランキング7選

    徐々に温かくなり過ごしやすい季節になってくると同時に、花粉症に悩まされる方も増えてくる時期となりました。花粉症の辛い症状のせいで、仕事や学業、日常生活に支障をきたしてしまっている方も多いはずです。そんな花粉症の症状を軽減するさまざまな対策グッズの中から、今回は「花粉対策メガネ」をご紹介させていただきます。目には血管がたくさんあるため、アレルギーの症状が特にあらわれやすい部分です。辛い目のかゆみや充血などの症状に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

花粉対策メガネとは

花粉対策メガネはメーカーによって形状が異なるものもありますが、一般的には、メガネのテンプル(つる)部分に保護カバーが付いており、顔とフレームの間にすき間をつくらないようにすることで、花粉などのアレルゲンの侵入を防ぐことができるアイテムのことを指します。花粉対策メガネを使用することで、目の周りや眼球に付着する花粉の量を抑えることができるため、マスクでは防げない目のアレルギー症状を予防、または軽減することができます。花粉対策メガネはゴーグルのようなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、今はデザインも豊富にあり、通常のメガネのように見た目が自然でおしゃれなものも多く、紫外線カットなど、複数の機能を兼ね備えているものもあります。

〈花粉症とは〉
花粉症とは、植物の花粉が原因で引き起こされるアレルギー疾患の一つで、主な症状には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎や、目の痒み、涙眼、充血などのアレルギー性結膜炎があります。10~50代と幅広い年代の方が発症しており、辛い花粉症の症状は、思考力の低下や睡眠障害、イライラなどにも繋がって生活の質を著しく低下させます。その他にも、喉の痒み、喉の痛み、喉のイガイガ、皮膚炎、下痢、頭痛などの症状を伴う場合もあります。風邪の症状と似ていますが、花粉症の場合は、連続しておこるくしゃみや、透明でサラサラしている鼻水が特徴になります。

花粉症を引き起こす原因として知られる植物(花粉)の種類は、日本だけでも約60種類あるとされており、その中でも特に「スギ花粉」や「ヒノキ花粉」をアレルゲンとする花粉症患者が、国内では多くの割合を占めています。これは、加工しやすくさまざまな用途に使えるなどの理由で大量に植林されたスギやヒノキが、伐採されずに放置されたことが理由として考えられています。
花粉症は一定の季節にだけ引き起こされることから、医学用語では「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれていますが、植物の種類によって開花時期や飛散時期が異なるため、花粉症を引き起こす原因となっているアレルゲン(植物(花粉)の種類)はどれなのかで、人により症状がでる時期が異なってきます。また、花粉のピークを過ぎても症状が長引いているように感じる場合は、複数のアレルゲンを持っている可能性があります。

〈アレルギーの仕組み〉
私たちの体には、体内に細菌やウイルスなどの「抗原」が侵入してくると、それを排除する「抗体」をつくり抗原を排除する「免疫」という防御システムが備わっています。
しかし、この免疫機能が、体に無害であるはずの花粉や食品、ダニなどにも過剰に反応してしまうことがあり、その結果、体にとってマイナスな症状を引き起こしてしまうことを「アレルギー反応」といいます。

アレルギーの原因となる抗原には、以下のようなものが挙げられます。

・花粉
・食品(食物タンパク)
・ハウスダスト
・ダニ
・フケ
・ペットの毛
・薬品(化学物質)
・金属 など

代表的なアレルギー性疾患には、花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー、蕁麻疹、アナフィラキシーなどがありますが、症状のあらわれ方も程度もそれぞれです。長期的にQOL(生活の質)に影響を及ぼします。
人間の身体には、抗体が全部で5種類(IgG、IgM、IgA、IgE、IgD)ありますが、そのうち花粉症や蕁麻疹などのⅠ型アレルギー(即時型アレルギー)は「IgE」が関与しており、鼻水や下痢、息苦しさなどの症状がすぐに現れるのが特徴です。アレルギー疾患は、もともとアレルギーを引き起こす原因となる抗体をたくさん作りやすい体質であることや、アレルゲンが多い生活習慣や生活環境が関わっているといわれています。体質が大きく関わっているため、完治させることは難しいですが、お薬による治療や生活習慣の改善などで、アレルギー発生を回避したり、アレルギーの症状を軽減したりすることは十分可能になります。

花粉対策メガネをはじめとする花粉対策グッズを使用した対策を積極的に行うことも、アレルギー疾患の一つである花粉症の予防や症状の低減に繋がります。

花粉対策メガネを選ぶおすすめのポイント

花粉をどのくらいカットしてくれるか

花粉対策メガネは花粉をどのくらいカットしてくれるかで選びましょう

花粉対策メガネを選ぶ際は、花粉のカット率がどのくらいあるのかを気にしながら商品を選ぶのがおすすめです。花粉カット率はメーカーの独自テストによるものなので、数字だけで他のメーカーの製品との比較はしづらいかもしれませんが、そのような試験を行っているということや、「花粉カット率〇%」などのデータを公表している製品かどうかを確認しておくだけでも、商品を選ぶ際の参考になります。

自分の顔にフィットするもの

花粉対策メガネは自分の顔にフィットするものを選びましょう

自分の顔にすき間なくしっかりフィットするものを選ぶことがとても重要になります。メガネのフレームと顔との間にすき間が少ないものほど花粉をブロックする効果が高まるため、ゆるすぎずきつすぎない、自分の顔のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。また、お子さんの場合は、「キッズ用」と記載された子ども用のメガネを選ぶのがおすすめです。

機能性で選ぶ

花粉対策メガネは機能性で選びましょう

花粉対策メガネは花粉の侵入を防ぐだけでなく、レンズに、UV(紫外線)カット機能や、PCやスマートフォンなどのディスプレイから発するブルーライト(可視光線)をカットする機能、曇り防止機能がついているものもあります。外出先でのちょっとした紫外線対策や、仕事でPCでの作業が多い方などは、花粉カット機能以外にもこだわって商品を選んでみるのがおすすめです。特に曇り防止機能は、マスクを着用する花粉症の方にとってはとても便利な機能になります。また、花粉カット率のように、有害光線を何%カットできるのかをチェックしておくのも良いでしょう。

デザイン重視か、機能重視か

花粉対策メガネはデザイン、機能を重視して選びましょう

花粉対策メガネは、主に、デザインを重視したものと花粉をカットする機能を重視したものがあります。デザインを重視した花粉対策メガネは、通常のメガネをかけているように見えるほど見た目が自然で、仕事や学校、外出先でも装着しやすくなっています。さらにカラーバリエーションも豊富で、自分に合う色や好みの色から選ぶこともできます。機能を重視した花粉対策メガネは、花粉をカットする機能に優れているため、見た目よりも効果を重視したいという方におすすめのタイプです。デザイン重視のメガネと機能重視のメガネどちらも揃えて、シーンによって使い分けるのも良いでしょう。最近では、デザインの良さと高い花粉カット効果の両方を兼ね備えた花粉対策メガネも増えてきています。

視力が悪い場合は度付きのレンズに変更できるものを

花粉対策メガネは視力が悪い場合は度付きのレンズに変更できるものを選びましょう

視力が悪い方で、普段コンタクトをしないという方もいると思います。その場合は、花粉対策メガネのレンズを、度が入っているものに交換できるものを選ぶようにしましょう。

花粉対策メガネのおすすめ人気ランキング7選

第7位ピスタ 医師が考えたハイドロ銀チタンメガネ

  • ピスタ 医師が考えたハイドロ銀チタンメガネ

    内容量

    価格

    5,400円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    医師の発想により開発された花粉対策メガネです。メガネのフレーム表面に配合された「ハイドロ銀チタン」が、目の周りに付着する花粉や、ハウスダスト、カビ、汗、ニオイののタンパク質を分解し、水や二酸化炭素等に変えます。

  • 素材

    フレーム:TR-90

第6位花粉メガネ プロテクトフィット

  • 花粉メガネ プロテクトフィット

    内容量

    価格

    1,480円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    花粉や粉塵などの侵入を防ぎ、ドライアイも予防。UVを99%以上、ブルーライトを25%カットするため、PCでの業務や紫外線対策での使用におすすめです。ブラウンとブラックの2色があり、男女兼用のフリーサイズ。収納ポーチがついているため、外出先にも持っていきやすくなっています。

  • 材質

    プラスチック

第5位FEEL LIFE EYE WEAR  花粉対策メガネ FI7068

  • FEEL LIFE EYE WEAR  花粉対策メガネ FI7068

    内容量

    価格

    1,350円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    男性でも女性でも使いやすいデザインのおしゃれなデザイン。折りたたみ式のため、コンパクトになり持ち運びも便利です。曇り止め機能が付いたレンズで、スギやヒノキなどの花粉やハウスダストをカットします。「ブラック×クリア」と「ブラウンクリア×クリア」の2色があります。

  • 素材

    フレーム:プラスチック

第4位アイケアグラス EC-03-C3

  • アイケアグラス EC-03-C3

    内容量

    価格

    2,589円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    フレームやレンズが衝撃に強い「ポリカーボネート」という素材でできており、頭を振っても落ちにくい形状のため、スポーツ時の使用にもおすすめです。
    さらに、超軽量で顔の大きさに合わせてフィットするので、鼻への負担も軽減され、花粉や紫外線などの侵入を防ぎます。

  • 材質

    ポリカーボネート(フレーム・レンズ)、ラバー

第3位アイリルプロテクト

  • アイリルプロテクト

    内容量

    価格

    1,980円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    顔にピタッとフィットする特殊設計のフレームで、花粉や粉塵などの飛散物の侵入を防ぎます。ブルーライトを約40%、UVを約99%以上カットし、悪影響を与える光から目・肌を守ります。仕事でパソコンの画面をよく見る方にもおすすめです。

  • 素材

    レンズ:プラスチック
    テンプル:プラスチック

第2位花粉症 メガネ FD8001

  • 花粉症 メガネ FD8001

    内容量

    価格

    980円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ゴーグル部分が透明になっているため、見た目は普通のメガネに見えるシンプルなデザインです。さらに紫外線カット率99%以上のUVカットレンズで、眼と肌を守ります。フレームカラーも5種類あり、自分の好みのカラーを選ぶことができます。

  • 素材

    プラスチック、合成樹脂、ニッケル合金

第1位スカッシー スマート2 スタイルレギュラー 花粉防止

  • スカッシー スマート2 スタイルレギュラー 花粉防止

    内容量

    価格

    1,480円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    花粉問題対策のシンボルであるJAPOCマーク認証の花粉対策メガネです。
    目に入る花粉を、通常のメガネの約1.7倍もカットします。くもり止めコート付きのレンズで紫外線も防止。フードがテンプル(耳にかかる部分)より内側についていることにより、見た目も自然です。

  • 素材

    ポリカーボネート(フレーム)

花粉対策メガネの使い方

メガネをかける時、はずす時は両手で

花粉対策メガネをかける時、はずす時は両手で持つようにしましょう

花粉対策メガネをかけたりはずしたりする際は、必ず両手で右と左のテンプル(つる)部分を持つようにしましょう。片手だけでメガネをかけたりはずしたりを繰り返すと、フレームが変形し、左右のバランスが悪くなってかけ心地が悪くなります。

お手入れの方法

花粉対策メガネのお手入れの方法

①花粉やチリ、ホコリ、皮脂などの汚れがレンズに付着した状態で乾拭きをしてしまうと、レンズを傷つけてしまうことになります。まずは流水で洗い流すようにしましょう。お湯はレンズのコーティングが剥がれやすくなってしまうため、メガネを洗う際はお湯の使用は控えるようにします。また、水だけで汚れが落ちない場合は、薄めた中性洗剤(食器用洗剤など)やメガネ専用洗剤をレンズにつけ、やさしい力加減を意識し、指で軽くこすりながら洗っていくのがおすすめです。洗剤を使用した場合は、洗剤がレンズに残らないよう、ていねいに洗い流すように心がけていきましょう。

②メガネを洗ったら、やわらかい布(メガネふきやガーゼなど)を使って押さえるようにやさしく水分を拭き取っていきます。目が粗い布はレンズに傷をつけてしまうため、お手入れする際はタオルやハンカチなどの使用は控えるようにしましょう。また、水分が残っていると、メガネの金属(ネジ)部分がサビる原因になるため、拭き残しがないよう注意するようにしてください。

花粉対策メガネの注意点

各製品の使用上の注意点をチェック

花粉対策メガネは各製品の使用上の注意点をチェックしましょう

花粉対策メガネのレンズは、コーティングが剥がれてしまうのを防ぐために、水洗いや洗剤での洗浄、メガネ専用のクリーナーや曇り止め効果のあるスプレー、アルコール液などの使用が禁止されているものもあります。各製品の使用方法や使用上の注意は必ず確認するようにしておきましょう。

レンズを下にして置かない

花粉対策メガネはレンズを下にして置かないようにしましょう

外した花粉対策メガネを置く際は、レンズを上にして置くようにしましょう。レンズを下にすると傷がつく原因となります。また、メガネは熱に弱いため、直射日光が当たる場所は避けるようにしてください。特に車中のダッシュボードなどに置きっぱなしにするのはとても危険です。

ケガに注意

花粉対策メガネをかけている際はケガに注意しましょう

花粉対策メガネは、花粉の侵入を防ぐためにテンプル部分にカバーが付いているため、通常のメガネよりもフレームと顔の距離が近くなっているのが特徴です。
そのため、衝突や転倒をした際、通常のメガネよりカバーの部分が顔に強く押し付けられやすいことから、目の周辺のケガのリスクが高くなっています。特にお子さんは注意が必要です。運動を行う際は花粉対策メガネを外すようにする、花粉対策メガネを使用する場合は激しい運動を控える、またはスポーツ用の花粉対策メガネを装着するなど、花粉対策メガネによるケガや事故のリスクも配慮するようにしましょう。

花粉の症状を緩和させる方法

①冷えたタオルで目を冷やす
目のかゆみなどの症状がひどい場合は、目をつぶった上から、冷えたタオルやタオルでくるんだ保冷剤をしばらく当てておくことで、症状を緩和することができます。

②蒸しタオルで鼻を温める
蒸しタオルで鼻を温めることにより、血流が良くなるため鼻づまりが一時的に緩和されます。蒸しタオルは、水で濡らしたタオルを軽く絞ってラップにくるみ、500~600Wの電子レンジで約1 分温めるだけという簡単な方法で作ることができます。温めすぎには注意するようにしましょう。

③ハーブティーを飲む
ハーブティーには抗ヒスタミン作用があるため、花粉症などのアレルギー症状を抑えてくれる効果が期待できます。

おすすめのハーブ
・鼻づまり:ペパーミント、ネトル
・鼻水、くしゃみ:エルダーフラワー
・目のかゆみ:アイブライト、ローズヒップ、エルダーフラワー
・花粉症全般:カモミール
・花粉症予防:ネトル、エルダーフラワー

ハーブティーはアレルギー症状の緩和だけでなく、さまざまな美容効果やリラックス効果も期待できるため、仕事でストレスや疲労が溜まっている男性や、美容に興味のある女性にもおすすめの飲みものになります。

④ツボを押す
・清明(せいめい)
鼻の付け根の部分と目頭の間にあるツボで、目のかゆみや充血に効果的です。右手と左手の人差し指で両側を押し込むように指圧します。

・承泣(しょうきゅう)
瞳孔の真下にあるツボで、目の周りにある骨のきわにあります。目のかゆみや充血に効果的です。下から上に押し上げるように指圧します。

・迎香(げいこう)
小鼻の左右にあるへこんだ部分にあるツボです。鼻づまりに効果的。

・鼻通(びつう)
迎香(げいこう)のやや上、小鼻の上のくぼんでいる部分にあるツボ。少し痛みを感じる程度に指圧します。鼻水やくしゃみ、鼻づまりに効果的です。

花粉症対策のポイント

①内服薬、点眼薬は花粉が飛散する2週間前から使用する
花粉症の薬には、「抗ヒスタミン薬」と「抗アレルギー薬」があります。抗アレルギー薬は副作用が少ない分即効性がないため、花粉が飛散する2週間くらい前から内服、点眼をしておくことで、花粉の量が多い時期でも症状が強く出てしまうのを抑えたり、花粉症の症状が出ている期間を短くしたりすることができます。抗ヒスタミン薬は、すでに出てしまっている症状に対して効果が期待できる薬になります。

②マスクをすき間なく着用する
花粉症の方にとってマスクはかかせないアイテムになりますが、ただつければ良いというわけではありません。マスクの効果を発揮させるためには、正しく着用することがポイントになってきます。顔とマスクの間にすき間があるほど花粉が侵入しやすくなってしまうため、自分の顔に合ったサイズのマスクを選ぶようにし、着用時は、鼻の付け根部分から顎の下までぴったりフィットさせるようしっかり調整していくようにしましょう。

③衣服の素材はツルツルしたものを
セーターやニットなどのウール素材は花粉が付着しやすい生地のため、花粉の時期は着用を控えるのがおすすめです。ポリエステルや革、ナイロンなどの素材は花粉が付着しにくいため、花粉症の方はツルツルした素材のものを上から羽織るようにするだけでも花粉の付着を抑えることができます。ただし、静電気が発生しやすいものは花粉がくっつきやすくなるため、注意するようにしてください。

④花粉が多い日や時間帯を把握する
花粉が多くなる日や時間帯は、
・晴れた日
・湿度が低い日
・風が強い日
・雨が降った翌日
・昼前後(スギは午前中に開花して花粉を放出するため)
・日没前後(気温が下がることで上空に舞った花粉が落ちてきたり、地上に落ちていた花粉が舞い上がったりするため)

があります。花粉の飛散量が多くなりやすい日や時間帯を把握しておくことにより、外出や洗濯物を干すタイミングを調節できるなど、花粉症対策に有利になります。

まとめ

今回は花粉対策メガネをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・自分の顔のサイズにぴったり合うものを選ぶ
・デザイン重視か、機能性重視かで選ぶ
・他の花粉対策グッズと併用して万全な対策を行う
ということです。

花粉対策メガネは装着するのに抵抗があるという方もいるかもしれませんが、最近はスタイリッシュでおしゃれなデザインのものもどんどん増えてきており、男性も女性も使用しやすいものばかりになっています。花粉症で特に目のつらい症状に悩んでいる方は、今回ご紹介した選び方やおすすめの商品をぜひ参考にして、対策グッズの一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

Share on

Share on

PAGE TOP