メイク道具・ケアグッズ
  • 2019.3.15 メイク道具・ケアグッズ

    使い捨てマスクのおすすめ人気ランキング10選

    季節問わずマスクを付けている方が多いですが、その中でも花粉シーズンやインフルエンザが流行している時は付ける人が増えますよね。マスクにも様々な種類がありますが、最近主流なのは使い捨てマスクなのではないでしょうか?とても楽なので使用する方も多いので、そんな使い捨てマスクについて今回はご紹介をしていきます。正しい付け方などもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

マスクの役割とは

マスクの役割

マスクと聞くと以前は風邪対策に使うためのものというイメージでした。ですが、最近では様々な理由でマスクをつけている方がいます。そこで、最初にマスクの役割についてみていきましょう。

<風邪>
まずは基本でもある風邪対策のためのマスクです。風邪の原因は約80~90%程度がウイルスによるものだとされています。その中で、マスクをすることによって咳やくしゃみといったウイルスの飛沫感染を防ぐことが可能になります。また、会話をしている時にもウイルスは飛んでいるので、そういったウイルスに関してもしっかりと予防をしておきましょう。
また、マスクの役割はただウイルスを防ぐだけというわけではありません。それが、喉や鼻の保湿効果です。人は喉や鼻が乾燥してしまうと、本体ウイルスに対抗することのできる免疫機能が低下してしまいます。そこで、マスクをつけることによって喉に繋がる口や鼻を覆うことができるため、保湿をすることが可能になります。

<花粉症>
花粉症の方は年々増えてきています。昨年までは何ともなかった人でも、今年急に症状が出たなんてこともあるようです。また、花粉症は一度発症するとなかなか完治することは難しいため、花粉シーズンになると気持ちが落ち込んでしまう方もいるのではないでしょうか?
花粉症の方にもマスクはおすすめです。花粉症は、体内に花粉が入ることで抵抗するためにアレルギー症状が出てしまうのですが、花粉はウイルスなどに比べると大きいことが多いので、マスクで防ぐことが可能です。マスクをすることで花粉が口や鼻から体内に入り込むことを防ぐことができるのです。

<タバコの煙>
禁煙が主流となってきている世の中で、タバコを吸わない非喫煙者にとっては、ニオイが気になりますし、煙も嫌ですよね。また、タバコには主流煙と副流煙が存在し、喫煙者が吸っている煙である主流煙よりも、タバコの先から出ている副流煙の方が、有害な物質が多く含まれているため、健康のためにも防ぎたいですよね。
副流煙は主流煙よりも粒子が細かいためなかなか完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、それでもマスクを使って防ぐのと防がないのとでは差が生まれてしまいます。自分の健康を守るためにもマスクはおすすめです。

<防寒>
寒さ対策のためにもマスクを使う方が増えています。地域にもよりますが、冬に風が強い地域、気温が低い地域の方の場合、外に出ると顔に冷気が触れて寒さや痛みを感じることもあるかと思います。そういった際にマスクを使用することで、顔の約半分を覆うことができるので、多少寒さをしのぐことができます。
また、冬に流行りやすい風やインフルエンザの予防にもなるので、まさに一石二鳥です。

<すっぴん隠し>
女性の場合に多いのですが、朝寝坊をしてしまってすっぴんなのを隠すためにマスクを使用している方も多いのではないでしょうか?芸能人では、プライベートで顔がばれないようにマスクを使用している方もいるほど、マスクを使用すると顔が分かりにくくなります。マスクを使用すると鼻から下はすべて隠すことができるので、ちょっとした買い物など化粧をするのが面倒な時に、とても便利なアイテムとされています。最近ではマスクの種類も増えており、白だけではなく様々な色や柄、生地のものがあるので、おしゃれの1つとして使用することもできます。

<その他>
数年前に話題になった、PM2.5や原発事故の影響などでマスクをつける方も最近では増えてきています。また、中高生など若年層に多いのが、他人から話しかけにくくする目的で、マスクをすることが増えてきているそうです。確かにマスクを使用することで表情や感情が分かりにくくなるので、知らない人に対して話しかけにくいですよね。現在、様々な目的でマスクは使用されるようになっているのです。

使い捨てマスクと洗えるマスク

マスクには種類があります。使い捨てマスクと洗うことで繰り返し使用できるマスクです。それぞれメリットもデメリットもあるので、そちらをご紹介していきます。

<使い捨てマスク>
使い捨てマスクのメリットは衛生面です。基本的な使い捨てマスクは1日に1枚を使用することをおすすめしているので、翌日はまた新しいマスクを使用します。そうすることで、常に清潔なマスクを使用することができるのがメリットとなります。また、洗えるマスクを使用するよりも1枚当たりの価格も安く済むので、様々な用途のマスクを使い分けながら使用することも可能です。
次にデメリットですが、安価のために質感があまり良くないこともあります。顔に触れる部分がざらついていたり、チクチクとあたっているような気がしたりと不快に感じる方もいるようです。それによって肌荒れや乾燥を招くこともあるので、使い捨てマスクを使用する際には、素材などにも注目して選びたいですね。

<洗えるマスク>
洗えるマスクのメリットは、もちろん経済的ということです。洗うことで繰り返して使用することができるので、使い捨てマスクと比較して長い目で見ると、こちらの方がより経済的と言えます。また、デザインも様々なものがあり、女性向けの可愛いものから、キャラクターの形をしたものまであるので、ぜひ見てみてください。
デメリットは、洗うことによって段々とマスク本来の機能性が失われてしまうということです。また、洗い方に関してもマスクの種類によって異なるので、洗う作業が面倒に感じてしまう方もいるのではないでしょうか?使い捨てマスクを今まで使用していた方の場合は特に、手軽さを感じられなくなってしまうようです。

使い捨てマスクを選ぶおすすめのポイント

好きな形を見つける

使い捨てマスクは好きな形を見つけましょう

マスクには様々な形状のものがあります。そのため、自分の好きなマスクの形状を選んだり、普段の使用シーンに応じて選ぶことが大切になります。
使い捨てマスクの形には大きく分けて、プリーツタイプと立体タイプの2種類があります。それぞれの特徴をご紹介していきます。

<プリーツタイプ>
プリーツタイプはマスクがプリーツ状になっているマスクで、市販されている使い捨てマスクの中でも最も販売数が多く使用している方も多いはずです。販売数が多いため価格も安いものが多く発売されており、大容量のものを使用したいと考えている方はもちろん、家族でマスクを使用したいと考えている方にもおすすめのタイプです。プリーツ状になっていることで、顔の形に合わせたサイズ調整も可能です。また、持ち運ぶ際にはプリーツを広げないことでコンパクトにすることができるので、場所もとらずに手軽に持ち運べます。
また、プリーツタイプのマスクは、口が動く際にプリーツも一緒に動いてくれるので、話しづらさを感じさせないマスクになっています。そのため、人と話すことが好きな方や、人と話すことが多い方にもおすすめのタイプになります。

<立体タイプ>
立体タイプは病院へ行くとお医者さんがつけているイメージのある方も、多いかと思います。保湿効果やウイルス対策をするのにとても効果のあるタイプで、鼻周りから顎にかけてを隙間なくしっかりとフィットするため、プリーツタイプと比べると効果が高いのです。また、口周りにはスペースがあるので、呼吸をしても息苦しさを感じることがなく、さらに保湿効果もあるので乾燥肌の方にもおすすめです。
また、立体タイプは女性の人気も高く、理由は口がマスクに付かないという点です。女性の場合、毎日化粧をしていながらも、花粉やウイルス対策としてマスクを使用している方が多いかと思います。そこで、口が直接触れない立体タイプのマスクを使用すると、口紅も付きにくいのでメイク落ちの心配も少なくて済むのです。

用途に応じた素材

用途に応じた素材の使い捨てマスクを選びましょう

タイプが決まったら次に素材です。マスクはパッと見ただけでは違いも分かりにくいのですが、よく見ると素材が異なるのです。そこで、自分の肌に合う素材、また人気の素材を見つけることで、付け心地も変わってくるのです。

<不織布>
まずは不織布です。不織布とは、繊維同士を織らずに絡み合わせることで布状にしたものになります。別名では「サージカルマスク」と呼ばれており、通気性が良いので呼吸がしやすいという特徴があります。基本的にポリプロピレンと呼ばれる柔らかい質感の素材が使われることが多く、そこにコットンやポリエチレンを組み合わせることで肌触りやフィルター機能を高めてくれます。こちらは、使い捨てマスクの中でも最も一般的に使用されている素材になります。そのため、できるだけ安価のマスクを使用したいと考えている方に人気のマスクとなります。最も種類が多いため、自分の顔に合うものや機能を重視したいときなどに理想通りのマスクを選びやすいのも特徴です。

<ポリウレタン>
ポリウレタンはスポンジのように伸縮してくれるので、柔らかいながらも顔にしっかりとフィットしてくれるので、とても人気のある素材です。フィット感を重視したいと思っている方だけでなく、マスクがずれやすいと感じている方にもおすすめです。また、ポリウレタンが素材のマスクの場合、ピンクやブルー、グレーといった様々な色に着色をしている種類のマスクも多く発売されています。そのため、かわいいマスク、かっこいいマスクを使用したいと思っている方、マスクもファッションの一部として取り入れたいと思っている方にも人気が高い素材になります。

<肌トラブルを避ける>
マスクを使用する際に、肌が弱い方の場合は時に肌トラブルを招きやすくなりますよね。通常マスクには保湿効果もあるので、鼻や喉もしっかりと保湿をしてくれるのですが、逆にマスクが蒸れやすくなるとも言えます。マスクの中が蒸れてしまうことで雑菌が繁殖しやすくなるのです。また、肌触りが悪いマスクを使用してしまうと肌が擦れてしまう原因にもなり、それが原因でニキビになってしまう可能性もあるので、肌触りの柔らかいものを選ぶようにしましょう。
素材は同じでも柔らかさには差があり、一度使用してみないと判断はしにくいかと思います。また、インターネットで購入する際には実物も見ることができないので、ネット上での評価や口コミなどを参考に選ぶようにしましょう。

<睡眠時に使う>
マスクは外出時用だけではなく、夜寝るときにつける方もいるかと思います。乾燥しやすい時期や喉の痛みを防ぎたいという方は、乾燥対策としてマスクを使用しているかと思うのですが、この際に注目したいのが呼吸の妨げにならないかどうかです。普段使用している時に呼吸のしにくさを感じるようなマスクであれば、寝ている時も呼吸をしにくいと感じるため、安眠をするためにも呼吸については確認しておきましょう。
また、外出時に使用するマスクであればフィット感は重視したいのですが、睡眠時に使用するマスクに関しては、目的は保湿が中心になるかと思います。息苦しさをなくすためにもフィット感はそこまで強くなく、少しゆるいと感じる程度のマスクを使用しましょう。耳のひもに関しても同様で、紐が硬いと顔に跡が付いてしまうということもあるので、柔らかい紐や幅の広い紐のマスクを選ぶようにしましょう。睡眠中に外れてしまうことがある、また外れてしまわないか不安という方の場合は、紐の付いていない頬に貼り付けることのできるマスクも発売されているので、そちらを試してみるのも良いかもしれません。

様々な機能で選ぶ

使い捨てマスクは自分の求めている様々な機能で選びましょう

使い捨てマスクといっても様々なマスクがあります。その中で、様々な機能をもつマスクが存在します。そこで、自分の求めている機能はどのようなものなのか、またそれを実現しているマスクの選び方を知ることで、自分に合ったマスクを見つけることができます。

<花粉やウイルスのカット効果>
マスクの本来の目的と言っても過言ではない、花粉やウイルスのカット効果があるものを選びましょう。まず、空気中に浮遊する粒子は大きいものから順に、花粉・黄砂・PM2.5・インフルエンザウイルスとなります。つまり、「PM2.5カット効果あり」と書かれているものは、PM2.5だけではなく花粉や黄砂もカットすることができ、インフルエンザウイルスはカットすることができないということになります。基本的にくしゃみや咳といった飛沫の場合は、通常のマスクをつけているだけで約95%程度はカットできていると言われています。ですが、空気感染の可能性のあるウイルスなどに関してはしっかりとカット効果のあるマスクをつける必要があります。
また、マスクには「N」・「BFE」と呼ばれる表示があります。「N」は0.1~0.3μmの微粒子と呼ばれる物質を何%除去することができるかを示しています。基本的に、「N」の横に数字が書かれており、この数字が%を表しています。例えば、「N95」という表記があるものであれば、微粒子を全体の95%以上を除去することができるということになるのです。
次に、「BFE」は細菌を含んだ粒子をどの程度除去することができるのかを示しています。「BFE」も「N」と同様に次の数字が除去の性能を表しています。つまり、数値が大きければ大きいほど効果があるということです。花粉を予防したいという方や、風邪などを予防したいと考えている方は、「N」と同様に「BFE」にも注目しましょう。
また、これらはしっかりとフィルターを通しているということが前提となっています。顔とマスクが密着していない場合には隙間から侵入する可能性が高いため、しっかりと確認して正しくマスクをつけましょう。

<保湿効果>
マスクは基本的にこもりやすくできているため保湿効果はある程度あるのですが、それでも喉の風邪を引いている方や、花粉を吸いこんでしまって喉が痛くなってしまっている方も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが保湿効果のあるマスクです。保湿効果のあるマスクは、マスクの内側にポケットが付いており、その中に保湿シートを入れることで保湿効果を得られることができます。保湿効果のあるマスクについては何種類かタイプがあるので、1つずつご紹介していきます。
1つ目は保湿シートが付属しているものです。あらかじめ保湿液が染みこんでいるシートが付属しているので、購入してすぐに使用することができます。また、出先で使用したいときでも、水が必要ないので手軽に使用できるのです。
2つ目は自分でシートを用意するものです。シートが付属していないマスクの場合は、自分で濡らすことで保湿マスクとして使用することができます。そういったタイプのマスクは、ガーゼや綿が使われていることが多いため、洗うことで繰り返し使用できるので毎日保湿マスクを使いたいと思っている方におすすめのマスクです。価格は少し高めですが、繰り返し使用できるのでコスパは良いマスクです。
3つ目は素材の力で保湿をしてくれるマスクです。このマスクは先にご紹介した2つのマスクとタイプが異なり、水分が必要のないマスクになります。
マスクに使用している素材にこだわりがあり、自然に保湿する効果のある成分を使用して、乾燥を防ぐことができるのです。素材にこだわっている使い捨てマスクなので、割高になってしまいます。ですが、水分を使用していないので、湿っている感覚がないだけではなく水分による重みもないマスクなので、違和感なく普通のマスクと同じように使用することができます。
実際に使用してみると分かるかと思うのですが、水分が必要な保湿マスクの場合よくあるのは不織布素材のマスクです。軽くて通気性もありますが、濡らしたシートを挟んで使用すると薄いマスクだとどうしても液垂れが気になってしまうことが多いようです。さらに、あまり薄いマスクを使用すると保湿シートが透けて見えてしまうので、あまりきれいには見えません。見た目や液垂れのことを考えると、マスクは厚手のものを使用すると良いでしょう。また、睡眠時の使用もおすすめの機能です。


すっぴんを隠すためにマスクをしている方、また少しでも日焼け対策を行いたいと思っている方におすすめなのが、UVカット効果のあるマスクです。
もちろん日焼け止めに比べると多少は劣ってしまいますが、日焼け対策に人気の機能です。また、通常の日焼け止めはクレンジングで落とさなければならなかったりと面倒に感じることも多いのですが、マスクであれば外すだけで良いのでとても手軽にUVカットをすることができるのも、人気の秘密です。

<曇りにくい>
眼鏡をかけている人がマスクをする際に気になるのが、眼鏡の曇りではないでしょうか?マスクを押さえるように眼鏡をかけてみても、会話をしているうちに段々とずれてきて曇ってしまうなどで、見えにくくなってしまうこともありますよね。そういった方のためにおすすめなのが、曇り防止用マスクになります。曇り防止用のマスクは一度使用すると曇らなさにびっくりするはずです。

<女性におすすめ>
マスクをつけた時に、顔が大きく見えてしまうという悩みをもつ女性も多いのではないでしょうか?そういった方におすすめなのが、小顔に見せてくれる小顔効果のついているマスクです。プリーツ型でもしっかりと顔にフィットしてくれて、通常のマスクではついつい広がってしまうために大きく見えていた顔が、小さく見えるようになるため、特に女性に人気のマスクになります。
また、メイクをしてマスクを付けている女性の場合、どうしてもメイクが落ちてしまうのが気になってしまいますよね。ですが、最近ではメイクが落ちにくいマスクも発売されており、通常のマスクよりもメイクの落ち、崩れなどの心配がないマスクもあるため、化粧をしているけどマスクをしたいという方はぜひ使用してみてください。

<鼻部分のワイヤー>
使い捨てマスクを日頃使用している方であれば、マスクの鼻部分にワイヤーが入っているものを使用したことのある方もいるかと思います。実はこのワイヤーはとても大切な役割をしていて、鼻の部分でしっかりとワイヤーを折ることでマスクを固定してくれて、ずれにくくしてくれるのです。さらに、鼻の隙間から外気が入り込んでしまうことを防ぐこともできるので、とても便利なものなのです。
ですが、眼鏡を使用している方の場合、ワイヤー部分が鼻に強く当たってしまって痛みを感じることもあるなので、痛いのが気になるという方の場合はワイヤーのないマスクを使用すると痛みをなくすことができます。

<耳にかけるゴム部分>
マスクを使用している中で、耳にかけているゴムの部分が痛いと感じたことのある方は意外と多いはずです。マスクは基本的に長時間つけていることを前提に作られています。それでも、長時間マスクをつけていることでゴムが皮膚を圧迫してしまったり、摩擦が起きてしまうことで痛みを感じることも多いようです。さらに人によっては頭痛がすることもあるので、ゴム部分も意外と重要なポイントになってきます。
基本的に痛みを防ぐために気を付けたいのが、ゴムの柔らかさです。できるだけ柔らかいゴムのマスクを使用することで、嫌な締め付け感も軽減でき、様々なトラブルも解決することができます。
柔らかさ以外にも、ゴム部分の幅が広くなっているものや、マスクとゴム部分が一体化しているタイプのものを使用することで、耳への負担を減らすことができますので、ぜひ試してみてください。

<香り付き>
マスクは基本的に無臭ですよね。ですが、そんなマスクも香り付きのものが発売されています。使用してみると、ハーブやラベンダーなど様々な香りがほのかに香るので、香りに癒されながらマスクをすることができます。そのため、睡眠時に使用すると安眠効果も得られることがあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

サイズは合っているか

使い捨てマスクはサイズが合っているものを選びましょう

マスクには様々な種類が発売されているだけではなく、サイズもそれぞれ異なったものになります。そのため、自分の顔のサイズに合っているもの、顔にしっかりとフィットして隙間を作らないものを選ぶようにしましょう。サイズの合わないマスクを使用していると、どんなに機能性の高いマスクを使用したとしても、その効果を存分に得ることができなくなってしまいます。例えば、大きすぎるマスクの場合、顔とマスクの間に隙間ができてしまうので、花粉やウイルスなどの本来マスクで防ぐことができるものが防げなくなってしまいます。反対に小さすぎるマスクを使用してしまうと、隙間はなくなるかもしれませんが、密着することで保湿効果が高まりすぎて息苦しくなってしまいます。また、耳の痛みにもつながるので気を付けましょう。
自分の顔に合うサイズのマスクを見つけるためには、まず自分の顔の大きさを知るところから始めてみてください。この時、1人で定規やメジャーを使用して測るのは難しいかと思います。そこで、簡単に測ることのできる方法をご紹介します。まずは手の親指と人差し指でL字を作ります。そして、耳の上の付け根部分から鼻の付け根までを指で確認し、その指を測ってみてください。12cm以下の方は小さいサイズを、12~14cmの方は普通サイズを、そして14cm以上の方は大きいサイズを選ぶとちょうどいいサイズのマスクを使用することができるはずです。

コスパも大切

使い捨てマスクはコスパも大切です

使用頻度にもよってきますが、花粉症の方なら花粉シーズンは毎日、風邪対策をしたい方であれば流行っている時期はずっとつけるかもしれません。
そうなった時に注目したいのがコストパフォーマンスです。使い捨てマスクは基本的に1日使ったらそのまま捨てて、翌日にはまた新しいマスクを使用します。そのため、1ヶ月毎日使い続けると最低でも30枚は使用することになるのです。現在、使い捨てマスクには様々な種類のマスクが発売されています。その中で、大容量タイプのマスクなどマスクが30枚以上入っているタイプのマスクを購入することで、こまめに購入する手間も省けますし、1枚あたりの価格も安く済むのでおすすめです。
ですが、1枚あたりの価格が安くなるということは、その分マスクとしての機能性も低いものの可能性が高くなってしまいます。そのため、自分の求めている機能性が守られた上でさらに価格にも注目するようにしてあげると、コスパの良いものに出会える可能性も高くなるはずです。

使い捨てマスクのおすすめ人気ランキング10選

第10位ユニ・チャーム 超快適マスク プリーツタイプ・ふつうサイズ

  • ユニ・チャーム 超快適マスク プリーツタイプ・ふつうサイズ

    サイズ

    H90mm×W175mm

    価格

    398円

    入数

    7枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    プリーツタイプのマスクで、ウイルス飛沫のテストをしていて、約99%のカット効果があるマスクです。
    ウイルスカットができるため、PM2.5や花粉のカットにも優れており、様々な対策に使用できる万能なマスクです。シルクを配合したシルクタッチフィルタで付け心地も抜群で、さらに気になるマスクのゴム部分はやわらかいため耳の痛みも感じません。さらに、鼻部分の固定だけでなく、頬にもぴったりとフィットするので、隙間を作らないマスクです。

第9位アズフィット 日本品質 息らくらく 不織布マスク ふつうサイズ

  • アズフィット 日本品質 息らくらく 不織布マスク ふつうサイズ

    サイズ

    約17.5×9cm

    価格

    475円

    入数

    50枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    名前の通り、日本で作られているマスクなので、品質に関しては安心のできるマスクになります。また、つい息苦しくなってしまうこともあるマスクですが、国産の薄型フィルターを使用することで呼吸もしやすくマスク使用時のストレスも減らすことができます。さらに、フィルターを三層構造にすることで、BFEは98%カット、さらに花粉は99%カットすることに成功しています。耳にあたるゴム部分は中を空洞にすることで、耳への負担を減らしています。

第8位kowa 三次元マスク ふつうMサイズ ホワイト

  • kowa 三次元マスク ふつうMサイズ ホワイト

    サイズ

    幅175mm

    価格

    271円

    入数

    7枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    三次元シリーズのマスクは種類も豊富なため、皆さん一度はドラッグストアで見かけたこともあるのではないでしょうか?三次元マスクは高性能のフィルターを使用しており、微粒子をカットする捕集フィルターや、抗菌フィルターなどの5層構造となっています。鼻部分はしっかりと形をキープして鼻にフィットするため、鼻の隙間から入ってしまうことのある花粉を防ぐとともに、眼鏡をかけている時に気になる眼鏡の曇りも解決することができます。

第7位タマガワエーザイ フィッティ 7DAYSマスクEX

  • タマガワエーザイ フィッティ 7DAYSマスクEX

    サイズ

    約16.5cm×9cm

    価格

    324円

    入数

    7枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    従来でも人気のあった7DAYSマスクですが、どうしても気になる耳にかけるゴム部分を改良した新バージョンです。幅を広く、さらに柔らかくすることで耳への負担を減らし、長時間マスクを使用していても気にならなくなりました。花粉から風邪のウイルスまでしっかりとカットしてくれる安心のフィルター機能で、様々な目的の方から需要があります。また、サイズ展開も子ども用から大きめまで4サイズあるので、自分の顔に合ったマスクを見つけやすいはずです。

第6位メディコム セーフマスク プレミア ホワイト

  • メディコム セーフマスク プレミア ホワイト

    サイズ

    89×178mm

    価格

    378円

    入数

    7枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ASTM F2100-11に対応している、医療用としても使用することのできるサージカルマスクになります。また、高ろ過精度を持っている高性能のフィルターを使用しています。また、三層構造になっているので耐水性にも優れており、様々なシーンで使用することが可能になります。気になる耳にかけるゴムに関しては平ゴムを使用しているため、痛くなりにくいので長時間の使用も可能です。さらに、カラーも多数あるため、好みのカラーのマスクを選ぶこともできるので女性にも人気のマスクです。

第5位白元アース 快適ガードプロ プリーツタイプ レギュラーサイズ

  • 白元アース 快適ガードプロ プリーツタイプ レギュラーサイズ

    サイズ

    H90×W175mm

    価格

    538円

    入数

    5枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    普段眼鏡を使用している方は、マスクを使用する際の曇りが気になることもありますよね?このマスクは、鼻にあたる部分にノーズクッションが付いています。そのため、通常のマスクだとできてしまいがちなマスクと鼻の間の隙間を埋めることができるのです。また、クロスプリーツ構造にすることによって、顎周りの隙間もしっかりと埋めることができ、隙間のないマスクにすることが可能になりました。もちろん、ウイルスのカットフィルターもあるため、特に眼鏡を使用している方におすすめです。

第4位白元アース 快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ

  • 白元アース 快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ

    サイズ

    ヨコ165×タテ90

    価格

    267円

    入数

    7枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    0.1μmの微粒子や、花粉、ウイルスなどを99%カットすることに成功したフィルターは、特殊な静電フィルターとなっています。特殊なプリーツ加工で口元に空間をつくり、マスク特有の息苦しさを感じないようにしています。また、ノーズフィッターと再度密着加工によって、マスクと顔の隙間をつくらないように徹底し、鼻から顎にかけてしっかりと密着、フィットしてくれます。耳ひもも幅が広く柔らかいので、使用感も抜群です。

第3位ARAX PITTA MASK

  • ARAX PITTA MASK

    サイズ

    価格

    512円

    入数

    3枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ここ最近で人気が出始めているマスクがPITTA MASKです。立体構造のため、呼吸もしやすくメイクが落ちにくいのですが、花粉を99%もカットしてくれるというのは、花粉症の人にとってはとても嬉しい商品ではないでしょうか?ポリウレタン素材なので顔に密着して隙間をつくらず、耳への痛みもない使い心地がとても良い商品です。カラーバリエーションも豊富で、気分に合わせて選ぶこともでき、さらに使い捨てマスクなのに3回までは洗って使用することができるという便利なマスクです。

第2位Ci TR3コンフォートマスク ホワイト

  • Ci TR3コンフォートマスク ホワイト

    サイズ

    約94×約175mm

    価格

    348円

    入数

    50枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    歯科医院で使用されている業務用のマスクになります。3層構造でBFE(細菌ろ過率)は99%以上になります。そのため、ウイルス対策だけではなく、花粉対策にもとてもおすすめのマスクになります。自分の顔に合わせてフィットさせることのできるノーズワイヤーも入っています。また、気になる耳かけ部分のゴムについても、幅の広い平ゴムでできているため耳が痛くなりにくいのです。カラーはホワイト以外にもピンク・ブルー・イエローがあるので、ぜひ好きな色のマスクを選んでみてください。

第1位ユニ・チャーム 超立体マスク かぜ・花粉用 ふつうサイズ

  • ユニ・チャーム 超立体マスク かぜ・花粉用 ふつうサイズ

    サイズ

    70×135mm

    価格

    398円

    入数

    7枚

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    花粉やウイルスを99%カットすることのできるカットフィルターと、顔に触れた時に肌触りの良いなめらかフィルターも含めた3層構造になったマスクで、呼吸を楽に、そして話しやすくするための立体マスクになっています。口元には空間があるので、女性が化粧をした後に使用しても、口紅がマスクに移りにくくなります。さらに、保湿効果も高いので乾燥を防ぐ効果があるところも人気です。サイズも3つあるので、自分に合うサイズのマスクを簡単に見つけることができます。

使い捨てマスクの使い方

手は清潔に

使い捨てマスクを使用する際手は清潔にしましょう

マスクを使用する際に意外と大切なのが手洗いです。マスクをつけるだけなのに手洗いをする必要はあるのか、疑問に感じる方もいるかもしれません。
ですが、万が一清潔ではない手でマスクを付けてしまうと、花粉やウイルスがマスクの内側に付着する可能性があります。すると、せっかくマスクを付けてもすでに内側にいるので意味がありません。しっかりと花粉やウイルスを対策したいと考えているのであれば、しっかりと手を洗って清潔な状態でマスクを付けるようにしましょう。

表裏、上下を確認

使い捨てマスクは表裏、上下を確認しましょう

知っている方も多いかと思いますが、マスクには裏表や上下があり、決められています。基本的には箱や袋に記載されていることが多いため、その場合は指示に従って付けるようにしてください。人によってはひもの付き方を確認し、付いている面が裏だと思って使用している方も多いようですが、実はマスクのひもが表にくるマスクもあるため、ひもだけで判断するのはやめましょう。
まず上下についてですが、これはとても分かりやすいですよね。現在販売されているマスクのほとんどが、ノーズフィッターと呼ばれる鼻部分に空間ができないためのワイヤーが入っています。そのため、ワイヤーが入っている方が鼻側、つまり上向きになるということになります。また、鼻部分のワイヤーが入っていないマスクの場合、プリーツの向きで判断することもできます。1方向に向かっているプリーツの場合、プリーツが下を向いている状態で上下を判断することができるのです。簡単に考えると、花粉やウイルスが上から降ってきた時に、プリーツが上を向いているとプリーツの間の溝に花粉やウイルスが溜まってしまうからなのです。
表裏に関してもプリーツをヒントに考えましょう。プリーツが中心に向かってできている場合は、真ん中のプリーツが最も前に出ている状態が表です。
また、ノーズフィッターが付いているマスクで、プリーツが下向きになっているものが表だと判断することもできます。その他にも袋に入っている状態のものは、袋に入っている状態で紐部分が折りたたまれている方が裏という判断もできるので、ぜひ見てみてください。

鼻や顎部分のマスクを調整

使い捨てマスクは鼻や顎部分を調整しましょう

上下・裏表が分かったら次はマスクを付けていきます。マスクを付けるときはひもを持って耳にかけていきましょう。鼻部分はワイヤーをしっかりとフィットさせることで、鼻とマスクの間の隙間をなくすことができるので、しっかりと鼻の形に合わせて押さえるようにワイヤーを変形させていきましょう。
鼻部分をしっかりと固定することができたら次は顎部分です。顎部分にかかるマスクはしっかりと下までプリーツを伸ばしてフィットさせていきます。
ついつい途中までで止めてしまいがちですが、顎部分をしっかりと覆うことで下からの侵入も防ぐことができるのでおすすめです。

マスクを外す

使い捨てマスクを外す際は耳にかけているひもを持って外しましょう

マスクを使用している際に、途中で外さなくてはならない時もありますよね。そんな時に気を付けたいポイントがあります。マスクを捨てる際には、表のフィルター部分を触らないということです。よくマスクを外す際に、表のフィルター部分を触って外す方もいるかと思います。ですが、実はこれは間違いなのです。表部分は付けている間ずっと花粉やウイルスから顔を守ってきていたため、どうしても花粉やウイルスが付着しています。そこで、外す際には耳にかけているひもを持って外すことで、手に花粉やウイルスを付けずにマスクを外すことができるのです。

マスクの保管方法

使い捨てマスクの保管方法

マスクの保管方法も様々です。マスクは1枚ずつ個包装されているタイプのものや、箱にまとめて入っているタイプなど、様々なタイプのものがあります。個包装されているマスクであれば、持ち運ぶ際にも清潔な状態で持ち運ぶことができますし、保管も心配ありません。箱にたくさんのマスクが入っているものも、基本的には蓋がついているため清潔ではありますが、気になる方やおしゃれに保管したいと思っている方は、蓋が付いているマスクを使用することできれいに保管することができます。
また、数枚持ち運びたいと考えている方は、マスクケースと呼ばれるクリアファイル状のケースも発売されているので、そういったものを使用して持ち運ぶときれいにしようすることができるので、ぜひ試してみてください。

使い捨てマスクの注意点

顎マスクは危険

使い捨てマスクの顎マスクは危険です

食事をする時や鼻をかむ時に、わざわざマスクを外すのは面倒だと思ってついついマスクを顎までおろした状態にする方を見かけます。用事が済んだら元通りにマスクを戻すかと思うのですが、実はこれは間違っているのです。顎マスクをすることで、顎の下のマスクで覆われていなかった部分にマスクが触れることになります。そうすると、花粉やウイルスがマスクの内側に付着してしまうことがあります。その状態でまた元通りにマスクを戻すとどうなるでしょうか?マスクの内側についていた花粉やウイルスが口や鼻に入りやすくなってしまうのです。また、顎にマスクをつけた状態で食事をしたり人と話すのはマナーとしてもあまり良いものではないので、しっかりと外すようにしましょう。
一度顎マスクをしてしまうと内側に花粉やウイルスが付着している可能性は高くなるので、より清潔な状態でマスクをしたいと思っている方は、顎マスクをしていたマスクは捨てて新しいマスクを使用するようにしましょう。そうすることで、今までよりも花粉やウイルスを防ぐことができるはずです。

繰り返して使用しない

使い捨てマスクは繰り返して使用しないようにしましょう

使い捨てマスクはあくまで使い捨てです。稀に洗うことで数回繰り返して使用することができるマスクもありますが、基本的に再利用はできません。
一度使用したマスクには、菌やウイルス、花粉などがたくさん付いています。そのため、再利用はおすすめできません。たまに使い捨てマスクを洗って使用するという方もいますが、洗うとよれてしまったりと、本来のマスクの働きができない可能性もあるので気を付けましょう。
また、食事の時などにマスクを外すことがあるかと思います。そういった際には内側に花粉やウイルスが付かないように気を付けましょう。よく、カバンの中にしまったり、ポケットに入れている方もいます。ですが、カバンやポケットの中が絶対に清潔とは言えません。そこで、マスクケースと呼ばれる使用中のマスクを入れておくことのできるケースなどを利用して、清潔な状態を保てるようにしましょう。
また、1日1枚の使用がおすすめなのですが、それは最低でも1日1枚ということです。食事で外す際に使用していたものは捨てて、新しいマスクを使用するというのも、清潔な状態を保つためには大切なことです。
さらに、保湿マスクを使用する方もいるかと思いますが、実は保湿マスクを使用している際のマスク内は、常に加湿をされている状態になります。そのため、菌が繁殖しやすくなっており、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを招くこともあります。そのため、保湿マスクの種類によっては10時間程度効果のあるものもありますが、こまめに交換をすることで肌を守りましょう。保湿マスクは1枚あたりの価格も高いですが、大切な肌を守るためにも気を付けましょう。

まとめ

今回は使い捨てマスクをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・マスクの役割をしっかりと理解する
・マスクの機能に注目して選ぶ
・意外と大事なサイズ感を意識する
・正しく使うことでマスクの効果をアップさせる
ということです。

ぜひ使い捨てマスクを使ってみなさんも花粉やウイルスから身を守り、楽しい毎日を過ごしましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP