レディースビューティー
  • 2019.3.28 レディースビューティー

    ヘアマニキュアのおすすめ人気ランキング10選

    ヘアカラーをしたいけど、なかなか美容院へこまめに通うのは面倒、お金をあまりかけたくない、1回にかかる時間を短くしたい、ヘアカラーでは様々な悩みを持っている方がいるかと思います。そこで、今回はヘアマニキュアについてご紹介いたします。様々な種類の商品が発売されているので、どんなヘアマニキュアを使用したらいいのか、また正しい使用方法についてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ヘアマニキュアとは

ヘアマニキュアとは

今回はヘアマニキュアについてご紹介するのですが、最初にヘアマニキュアとは何なのか、どのような効果を期待できるのか、また通常のヘアカラーとは何が違うのかを見ていきましょう。もしかすると、ヘアカラーよりもヘアマニキュアを使用した方が良いということもあるかもしれません。
ヘアマニキュアは、髪の表面に色を付けることで、髪の毛が染まったと感じさせるアイテムです。そのため、髪の毛を傷めることなく、表面だけをきれいに染めることができます。どうして髪の毛を傷めることなく染めることができるのでしょうか?その秘密は染料にあります。髪の毛は酸性なのですが、実はヘアマニキュアに使用されている染料も酸性でできています。そのため、髪の毛に負担がかかりにくくなっています。さらに、髪の表面にあるタンパク質はプラスイオンで、染料はマイナスイオンになっているので、それぞれがイオン結合することによって髪の毛に色を付けることができるのです。さらに、傷んでいた髪の毛のキューティクルの間に入り込むことができるので、指通りがよくなるだけではなく、髪の毛がツヤツヤしたり、ハリやコシが出たように感じることもできるのです。
ヘアマニキュアの色の染まり方は様々で、1回でしっかりと染まるものもあれば、2回3回と回数を重ねるごとに段々と髪の毛が染まるものもあります。これらは、自分の使用方法に合わせて選ぶと良いでしょう。ヘアマニキュアは髪の毛の表面に付くことで染まるため、基本的に暗い髪に使用しても明るくはなりません。ですが、ヘアマニキュアの中には、黒髪を明るく染めてくれるものも発売されています。ですが、実はこれらはヘアマニキュアという名前ではありますが、ヘアカラー剤を含んでいるヘアマニキュアなのです。もちろん、最近では通常のヘアカラー剤よりもダメージの少ないヘアカラー剤が発売されているため、今までと比較すると多少ダメージを抑えることもできます。多少のダメージであれば許せるという方でしたら、そういった商品を使用すると、通常よりもきれいに染まりやすくなるのでおすすめです。
また、ヘアマニキュアには通常のカラー用と白髪染め用があります。通常のカラー用のものは髪色を変えるために使用するものですが、白髪染め用は、通常の髪の毛と違い白い部分にも色が入りやすいようにできている商品になります。白髪染め用の場合、他の部分と元々の髪の毛の明るさも違うため、あまり明るい色に染めてしまうと、白髪だけが明るくなってしまうことも多いので、できるだけ他の髪の毛と馴染むような自然な色を選ぶことをおすすめします。白髪染め用のヘアマニキュアの場合、徐々に染まっていくものが多いため、こまめに使用する必要があります。しっかりと商品の説明などを見てから購入するようにしましょう。

ヘアカラーとの違い

ここまでヘアマニキュアについてご紹介しましたが、実際にヘアカラーと比べると何が違うのでしょうか?では、ヘアカラーの染め方についても見ていきましょう。
ヘアカラーは髪の毛の内部に入り込み、メラニン色素を分解していきます。メラニン色素を分解していくことでできるのです。脱色を行いながら同時に色を入れていくことで、染料と髪の毛の分子を結びつけることで、きれいに髪の毛が染まるようになるのです。
もちろん、しっかりと髪の毛が染まることによって、髪の毛が伸びてきた時に髪色の差が目立ってしまい、汚く見えてしまうこともあるので、定期的に染め直す必要があります。また、髪の毛の内部のメラニン色素を分解しているため、髪の毛へのダメージもあります。髪色を長持ちさせたい、しっかりと色を入れたいと思っている方にはおすすめですが、まだ悩んでいる方にはあまりおすすめできません。
また、ヘアカラーと同じ内側に浸透させることで髪の毛を染めることのできる白髪染めもあります。この白髪染めは、1剤と2剤と呼ばれる染料2種類を使用して髪の毛を染めることができるのです。通常の髪の毛は基本的にキューティクルが閉じている状態ですが、これを1剤を使用して無理矢理開くことで、2剤である染料を髪の毛の内部にしっかりと浸透させて、染めることができるのです。
ヘアカラーはここまでですが、その他にも間違えやすいカラー剤があるため、そちらも紹介していきます。それが、カラートリートメントです。カラートリートメントやカラーシャンプーは除染性染毛料と呼ばれており、これらは入浴時シャンプーやトリートメントの代わりに使用することで、髪の毛を染めることのできる商品になります。こちらもヘアマニキュアと同じように、髪の毛の表面に定着して染めることができるもののため、髪の毛の傷みを気にせずに使用することができます。ただ、1回できれいに髪の毛を染めるということはできない商品のため、白髪で悩んでいる方が、1度できれいに染めたいと思っている場合、仕上がりが想像と違っていることもあるのですが、毎日ケアをする中で徐々に染めていきたいと考えている方にはとてもおすすめです。もちろん使用をやめてしまうと元に戻ってしまいますが、トリートメントやシャンプーの成分も一緒に入っているため、毎日のケアとして使用しやすいのではないでしょうか?肌が敏感な方でヘアカラーはできないという方にもおすすめです。

ヘアマニキュアを選ぶおすすめのポイント

普通の髪色用と白髪用

ヘアマニキュアには普通の髪色用と白髪用があります

ヘアマニキュアには、おしゃれとして楽しむための普通の髪色用のものと、白髪を自然に隠すために使用する白髪用のものがあります。また、使用後すぐに髪の毛が染まるものや、何度も使用することで段々と理想の髪色に近づくことができるものもあります。例えば白髪を染めたいけどあからさまに染めたとバレたくはないと思っている方であれば、段々と染まっていくタイプのものを使用すればバレにくくなりますし、明日すぐに染めた髪の毛で出かけたいと思っている方であれば一度できれいに染まるタイプのものを使用すると良いでしょう。
また、生え際や根元だけなど、白髪やカラーをした後に使用したい場合は、ブラシの付いている細かい部分が塗りやすいタイプのものを使用することで、よりきれいに染めることができるはずです。ヘアマニキュアは種類が豊富なため自分にピッタリな商品を見つけやすくなっている反面、選び方を間違えてしまうと染めた後に不満に感じることもあるので気を付けましょう。
では、普通の髪色用のものと白髪用の違いについて、それぞれ見ていきましょう。

<普通の髪色用>
まず普通の髪色に使用したいと思っている方の場合は、どのような髪色にしたいかを決めてから選ぶ方が多いかと思います。ヘアマニキュアのカラーの種類はとても多いため、自分の好みの髪色になれる商品を見つけることも簡単かもしれません。ですが、ヘアマニキュアは黒い髪の毛へ色を入れるのがとても苦手です。そのため、元々髪の毛を染めていて髪の毛がある程度明るい方や、ブリーチをしたことのある方でないと、きれいに髪の毛を染めることは難しいため注意しましょう。
また、普通の髪用の場合、カラー目的ではなく髪質の改善のために使用する方も多いため、透明なヘアマニキュアも発売されています。透明なためカラーとしての役割はありませんが、髪の毛を保護してくれるのでツヤを与えることができます。そのため、髪の毛のツヤを出したいけどカラーはできないという方でも、透明のヘアマニキュアを使用することできれいな髪の毛を取り戻すことができます。

<白髪用>
次に白髪用のヘアマニキュアについてですが、これは名前の通り白髪を隠したい、目立たないようにしたいと思っている方が使用する商品です。白髪を染めたいけど明るい髪色にしたいと思っている方は特に気を付けてほしいことが、基本的にヘアマニキュアには髪の毛の脱色をする効果はありません。そのため、白髪自体にはきれいにヘアマニキュアの色が出るためきれいに染まったように見えるのですが、白髪ではない通常の黒い髪の毛の部分は元が暗いため白髪と比べると暗く染まってしまいます。そのため、ほとんど白髪という方以外はまだらな染まり方になってしまうので、白髪を隠したいという方はあまり明るい色ではなく、黒に近い色を選ぶと目立たずに染まることができて良いでしょう。
また、白髪染め用のカラーでは黒にも様々な種類のものがあります。真っ黒なものはもちろんですが、ダークブラウンやナチュラルブラウンと呼ばれる少し茶色っぽいものもあります。地毛の色は人それぞれ異なりますので、自分の髪色と比べて違和感のない色、差があまりない色を選ぶと自然な色に染めることができるので、白髪染めをしていることも気付かれにくいためおすすめです。

トリートメント効果

トリートメント効果のあるヘアマニキュアもあります

ヘアマニキュアにはトリートメント効果のある商品も発売されています。トリートメント効果のあるヘアマニキュアは、触り心地もツルツルとしていて、髪の毛の表面の傷んでいる部分に膜を張ることができます。そのため、髪の毛を染めたいけど触り心地の良い髪の毛もキープしたいと思っている方は、ぜひトリートメント効果のあるヘアマニキュアを使用してみてください。

色のバリエーション

ヘアマニキュアの色のバリエーション

ヘアマニキュアには様々なカラーバリエーションがあります。自分のなりたい髪色を選ぶのも良いですし、どんな髪色にするか悩んでいる方は、自分の肌に合った髪色にしたり、季節に合わせた髪色にしてあげるのも良いかもしれません。
例えば、髪色を明るくしたいと思っている方もいるかと思いますが、ただ明るければ若いイメージを与えることができるとは限りません。10~20代の年齢の方の場合、明るい色に髪の毛を染めることで、明るく華やかな印象を与えることができますが、反対に30代から段々と年齢を重ねていくうちに、明るくしてしまうと肌のくすみが目立ってしまったり、老けて見えてしまうこともあります。そのため、自分の肌がブルーベースなのか、イエローベースなのかなど、自分に合う髪色に染めるのも良いですし、自分が染めたいと思っていた色に染めるのも良いかと思います。ブルーベースの肌の方であれば、青や緑系統、イエローベースの肌の方であれば、赤やオレンジ系統の色の髪色がおすすめです。

価格は無理をしない程度

価格は無理をしない程度のヘアマニキュアを選びましょう

ヘアマニキュアは、最初にご紹介した通り一度使用しても定期的に使用しないと色がどんどんと落ちてしまいます。目安としては、通常サロンでカラーをしてもらった際の約半分程度の期間しか色もちしないため、髪色をキープしたいと思っている方はマニキュアの場合頻繁に使用しなくてはなりません。そこで、価格が自分の負担にならない程度のものかをしっかりと見分けましょう。
また、髪の毛全体に使用したいと思っている方の場合は、容量が少ないものだとすぐに使い切ってしまう可能性が高いので、自分の使用目的や使用頻度に合った量と金額の商品を見つけていきましょう。容量の目安としては、髪の毛全体に使用したいと考えている方は最低でも100g以上あるものを選ぶようにしましょう。容量が少ないものはその分価格も安くはなりますが、コスパがあまり良くないこともありますし、すぐに使い切ってしまうためこまめに買い足す必要も出てきます。手軽に使用するという意味でも、容量や価格の確認は大切になります。
ちなみに、生え際だけなど髪の毛のリタッチをしたいという方や、毛先だけ髪色を変えたいなどと考えている方の場合は、少量でも十分に染めることができます。

口コミサイトも参考にする

ヘアマニキュアは口コミサイトも参考にして選びましょう

最後に口コミサイトも確認してみましょう。ヘアマニキュアには様々な種類の商品が発売されています。そのため、その中から自分の髪の毛に合う商品を見つけるのはなかなか難しいですよね。もちろん、使用してみなければ分からないことも多いのですが、そんな時には口コミサイトを参考にしてみてください。口コミサイトには様々な髪質や目的をもった方が投稿をしているため、自分の髪質に合うものや、目的に合ったものを見つけやすくなります。また、髪の毛や頭皮に対してどれほどのダメージになるかも確認することができるので、ぜひ一度覗いてみてください。
また、口コミサイトを参考にする際には、評価の良いものだけではなく、悪いものも平等に見て、商品ごとのメリットとデメリットを見つけていきましょう。

ヘアマニキュアの人気おすすめランキング10選

第10位MANIC PANIC Hair Color Cream

  • MANIC PANIC Hair Color Cream

    内容量

    118ml

    価格

    3,024円

    カラー

    45種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    カラーバリエーションが豊富で、その数はなんと40種類以上にもなります。また、発色が良いことでも人気の高いアイテムで、ブリーチをしている方であれば大抵の髪色は実現が可能です。また、色の種類が豊富なため2種類を混ぜて使用することでも、別のカラーを作ることができるので、様々な髪色になりたいと思っている方におすすめです。

  • 成分

    水、セタノール、ステアリルアルコール、セトリモニウムクロリド、PG、アロエベラ葉エキス、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、塩基性青9、塩基性紫4、塩基性青99

第9位エンシェールズ カラーバター

  • エンシェールズ カラーバター

    内容量

    200g

    価格

    2,880円

    カラー

    25種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    こちらもカラーバリエーションが豊富で人気のアイテムです。長期の休みの間だけ派手な髪色にして遊びたいと思っている方はもちろんおすすめなのですが、ブラウンやブラック系の色も発売されているため、トリートメントとしてケアをしながら茶髪をキープすることもできるのです。透明なタイプも発売されており、他のカラーバターと混ぜることで自分の好みの色に近づけることが可能です。

  • 成分

    水、ステアリルアルコール、グリセリン、水添ナタネ油アルコール、ヒマシ油、ジメチコン、セタノール、脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル)、ラノリン脂肪酸オクチルドデシル、テオブロマ グランディフロラム 種子脂、グリコシルトレハロース、加水分解コムギタンパク、加水分解コムギデンプン、加水分解水添デンプン、グリチルレチン酸ステアリル、ステアルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド、アモジメチコン、ポリクオタニウム-10、イソプロパノール、オレス-50、セテス-20、エタノールアミン、リン酸、パルミチン酸アスコルビル、レシチン、トコフェロール、ソルビン酸K、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、イソブチルパラベン、エチルパラベン、香料、(+/-)HC 赤 3、HC 青 2、HC 黄 2、HC 黄 5、塩基性 赤 2、塩基性 赤 46、塩基性 赤 76、塩基性 青 3、塩基性 青 99、塩基性 紫 1、塩基性 紫 2、塩基性 紫 14、塩基性 黄 57、塩基性 茶 16、赤
    227、青 205、紫 401

第8位サスティ 利尻ヘアカラートリートメント

  • サスティ 利尻ヘアカラートリートメント

    内容量

    200g

    価格

    3,240円

    カラー

    4種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    白髪を染めながらトリートメント効果も期待のできる、髪の毛に優しいアイテムです。白髪染めなので派手な色はありませんが、白髪以外の髪の毛にも馴染みやすいようにカラーは4種類あります。美容成分がたくさん含まれており、うるおい成分はなんと28種類と十分すぎるほどです。また、髪の毛や肌に優しい無添加なので、お肌が弱い方でも安心して使用することができます。

  • 成分

    水(特殊水)・ベヘニルアルコール・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ミリスチルアルコール・パルミチン酸エチルヘキシル・ミツロウ・リシリコンブエキス・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン・カキタンニン・乳酸・乳酸Na・水添ヤシ油・ローマカミツレ花エキス・ローズマリーエキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナエキス・カワラヨモギエキス・カミツレエキス・オランダカラシエキス・オドリコソウ花エキス・オタネニンジンエキス・オクラエキス・エタノール・イソペンチルジオール・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・PEG-40水添ヒマシ油・オオウメガサソウ葉エキス・ユズエキス・キトサン・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン・システイニルプロアントシアニジンオリゴマー・PVP・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルグルコシド・ポリ-γ-グルタミン酸Na・加水分解コンキオリン・水酸化K・BG・ポリクオタニウム-10・フェノキシエタノール・水溶性アナトー・クチナシ青・シコンエキス・ウコンエキス・4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・HC黄4・塩基性青99

第7位ナンバースリー パーフェットカラー

  • ナンバースリー パーフェットカラー

    内容量

    150g

    価格

    1,212円

    カラー

    30種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    カラーを大きく5種類に分けて分類し、色調ごとに選びやすくしています。また、明度がすぐに分かるように10段階に数値化しています。そのため、この色に染めたいけど明るくなりすぎると浮いてしまうなど、髪色で悩むことも少なくなるはずです。定番の茶系も種類豊富なので、リタッチ用に使用しても良いかもしれません。

  • 成分

    ベンジルアルコール、パラベン、香料、紫色401号、赤色227号

第6位ホーユー アシュレー カラートリートメント

  • ホーユー アシュレー カラートリートメント

    内容量

    230g

    価格

    1,620円

    カラー

    7種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    髪の毛を大切にいたわりながら、染めることのできるヘアカラーアイテムです。その中でも、パールプロテインとハーブエキスを配合しています。パールプロテインは、髪の毛の傷みを抑えてハリやコシのある髪の毛にしてくれます。また、ハーブエキスはモイスチャーバランスを整えてくれるので、髪の毛のツヤや潤いを与えてくれます。

  • 成分

    水、セタノール、ベンジルアルコール、BG、ステアリン酸、ジメチコン、乳酸、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、アルブミン、ウイキョウエキス、カミツレエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウヤドリギエキス、ホップエキス、メリッサエキス、ステアラミドMEA、エチルPABA、ラウレス硫酸Na、エタノール、クエン酸、リン酸2Na、香料、(+/-)赤106、橙205、黄4、黄203、黄403(1)、紫401、黒401

第5位ホーユー グラマージュ ヘアマニキュア

  • ホーユー グラマージュ ヘアマニキュア

    内容量

    150g

    価格

    1,291円

    カラー

    36種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    同じヘアマニキュアでも、スタンダードシリーズと呼ばれる酸性のヘアマニキュアと、テクスチャーシリーズと呼ばれる弱酸性のヘアマニキュアがあります。テクスチャーシリーズはスタンダードシリーズと比べて、色味も薄く、パーマやカラーで傷んでいた髪の毛の質感を調整することもできるシリーズです。スタンダードシリーズももちろん納得の色持ちで、とてもおすすめです。

  • 成分

    水、エタノール、ベンジルアルコール、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、乳酸、ジグリセリン、イソヘキサデカン、PCA、カルボマー、ポリソルベート80、エチドロン酸、タウリン、キトサンサクシナミド、香料、(+/-)赤102、赤106、赤227、橙205、黄4、黄203、緑204、青1、紫401、黒401

第4位フォードヘア ルーチェントコスメ

  • フォードヘア ルーチェントコスメ

    内容量

    150g

    価格

    1,365円

    カラー

    33種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ヘアマニキュアはどうしても色落ちが早く、せっかくきれいに染まってもすぐに元通りになってしまいます。ですが、このヘアマニキュアは、イオン結合と疎水結合のダブル結合システムによって、染着力を従来よりもアップしており、色落ちの可能性を軽減させています。また、毛髪補修成分も配合されているので、髪の毛のダメージが気になる方にもおすすめのヘアマニキュアです。

  • 成分

    水、エタノール、ベンジルアルコール、グリコール酸、カルボマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、グリコシルトレハロース、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ステアラミドプロピルジメチルアミン、クオタニウム-33、ジメチルPABAエチルヘキシル、加水分解水添デンプン、アモジメチコン、ペンテト酸5Na、HEDTA-3Na、(C12-14)パレス-12、エチドロン酸、DPG、BG、TEA、香料、(+/-)黒401、橙205、紫401、黄4、赤106、赤227、赤102、赤2、青1、緑204

第3位アンナドンナ エブリ ヘアマニキュア

  • アンナドンナ エブリ ヘアマニキュア

    内容量

    120g

    価格

    1,728円

    カラー

    7種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    7種類のカラーバリエーションで、自分に合った髪色を目指すことができます。内容量は120gと少し少なめに感じる方もいるかもしれませんが、前髪の内側やメッシュのように部分的に、毛先だけなどと様々なアレンジでカラーを楽しむことができます。発色は鮮やかで、さらに髪の毛に優しい成分をたっぷりと配合しています。

  • 成分

    水、エタノール、ベンジルアルコール、グリコール酸、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、オリーブ油、加水分解シルク、加水分解ダイズタンパク、キサンタンガム、水酸化K、ローヤルゼリーエキス、BG、香料、赤106、黄5

第2位ナプラ HB ジュエライズ

  • ナプラ HB ジュエライズ

    内容量

    190g

    価格

    1,190円

    カラー

    26種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    クリーム状のヘアマニキュアで、初心者でも簡単に使用できるように硬すぎず柔らかすぎない、丁度いいテクスチャを実現しました。液だれもしにくいため、簡単に理想の髪色になることができます。保湿成分や毛髪の保護効果のある成分であるハーブエキスをたくさん配合しているため、髪の毛を染めながら髪の毛のケアも可能になります。ナチュラルハーブの香りで癒しも与えくれます。

  • 成分

    水、ベンジルアルコール、エタノール、乳酸、水添ポリイソブテン、カルボマー、ポリアクリルアミド、メチルピロリドン、グリセリン、BG、(C12-14)パレス-5、(C12-14)パレス-7、(C12-14)パレス-12、ラウレス-7、(アミノエチル アミノプロピルジメチコン/ジメチコン)コポリマー、水酸化Na、オキシベンジン-4、エチドロン酸、HEDTA-3Na、メチルパラベン、香料、セイヨウオトギリソウエキス、カミツレエキス、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス(+/-)黒401、紫401、橙205、緑3、緑204、青1、青205、黄403(1)、黄406、黄4、赤227、赤102、赤106、赤2

第1位イリヤ カラーコート デコレ

  • イリヤ カラーコート デコレ

    内容量

    160g

    価格

    1,312円

    カラー

    27種類

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    オイル成分が配合されているため、髪の毛をきれいに染めることができると同時に、髪の毛にツヤも与えることのできる商品です。少しの量できれいに染まり、色落ちも抑えることができるので、とても満足のできる商品です。ジェルとクリームを足したようなテクスチャなので、髪の毛がきしみにくく、しっとりとした触り心地の良い髪の毛に近付けます。

  • 成分

    水、ベンジルアルコール、エタノール、乳酸、メチルピロリドン、ポリアクリレート-13、ポリイソブテン、紅藻エキス、BG、カルボマー、ポリソルベート20、カプリリルグリコール、リン酸、酒石酸、香料、(+/-)黒401、橙205、紫401、赤2、赤102、赤106、黄4、黄203、黄403(1)、青1、緑3、緑204

ヘアマニキュアの使い方

シャンプーで汚れを落とす

ヘアマニキュアの使用前にシャンプーで汚れを落としましょう

ヘアマニキュアは、髪の毛の表面に使用することで色を付けることができます。ですが、髪の毛の表面に汚れや皮脂、ワックスなどの整髪料が付着していると、思うように色が入らなかったり、まだらになってしまったり、色落ちが早くなってしまう原因にも繋がってしまいます。そのため、まずはしっかりと付着物を落とすために髪の毛をしっかりと洗いましょう。ヘアマニキュアはお風呂でトリートメント代わりとして使用することもできるので、シャンプーをした後にそのままお風呂場で使用することも可能です。理想の色に近付くためにも、しっかりとシャンプーをしてきれいな状態の髪の毛に使用しましょう。

サランラップを巻いて放置

ヘアマニキュアはサランラップを巻いて放置しましょう

シャンプーをして髪の毛がきれいになったら、実際にヘアマニキュアを使用していきましょう。塗り方に関してはそれぞれ商品によって異なるので、使用方法をしっかりと確認してから使用するようにしましょう。染めたい部分に万遍なく塗ることができたら、サランラップを使って髪の毛全体を包むようにしましょう。きっちりと包む必要はなく、ふわっと乗せるようなイメージで保温をしてあげます。
ヘアマニキュアは色が入るまでに時間がかかるため、放置時間が決められています。その際にサランラップを巻いておくと、通常よりも色が定着しやすくなるためおすすめです。

すすぎはしっかりと

ヘアマニキュアはしっかりとすすぎましょう

放置時間が経過したら、巻いておいたサランラップを外してすすいでいきましょう。最初は流している間、色のついた水が出てくるはずです。この色のついた水が出なくなるまでしっかりとすすぐように意識しましょう。万が一すすぎがしきれていないと、乾かす際に使用するタオルはもちろん、衣服などに色が付いてしまう可能性もあるので気を付けましょう。目安としては、色のついた水が出なくなったと感じてから、もう一度洗い流してあげるとより確実にすすぎが行えるはずです。

暖かいところで行うと効果アップ

ヘアマニキュアは暖かいところで行うと効果アップします

ヘアマニキュアはヘアカラーと同様に、温度や放置時間によって発色が変わってきます。そのため、寒いところで使用すると通常よりも染まりにくくなってしまうので、冬場などは特に暖房器具がなく温度が低くなりやすい、洗面所やお風呂などでの使用には注意が必要です。そのため、先ほどご紹介したサランラップで髪の毛を巻くのももちろんですが、シャワーキャップを利用するのもおすすめですし、ドライヤーで髪の毛を全体的に当てることで髪の毛の温度を高くすることもおすすめなので、ぜひ行ってみてください。

染まりが悪い場合は少し長めに

ヘアマニキュアの染まりが悪い場合は少し長めに放置しましょう

ヘアマニキュアは初めて使用する際には思ったよりも染まらないということもあります。ヘアマニキュアの種類によっても異なりますが、段々と染まっていくものもあるため、そういったタイプのものは効果を実感するまでに時間がかかることもあるのです。ですが、何度使用しても染まらない場合や、一度で発色するものでも効果を感じない場合は、表記されている時間よりも少しだけ長めに放置をしてみましょう。あまりに放置しすぎてしまうのは髪の毛にもあまり良いことではありませんが、数分であれば染まりが変わる可能性もあるので試してみる価値はあります。

ヘアマニキュアの注意点

手や顔についた場合落ちにくいものもある

ヘアマニキュアは手や顔についた場合落ちにくいものもあります

通常のヘアカラーを自宅で行った際に、おでこや耳などに付いてしまってなかなか落ちないといったこともありますよね。実はヘアマニキュアも同じように肌についてしまうと、なかなか落ちないということがあります。特に色の濃いものの場合、落ちないと目立ちやすくなってしまうので、できるだけ付かないように気を付けたり、耳やおでこなどの付きやすい部分はクリームなどを使用して保護してあげましょう。
また、肌についてしまった場合には、落とすためのリムーバーを使用したり、化粧を落とすためのクレンジングなどを使用するときれいに落ちやすくなるのでぜひ試してみてください。また、万が一衣類に付着してしまった場合は、漂白剤を使用することで目立たなくなる可能性もあります。また、手で直接塗っていくと当然手にも色が付いてしまうこともあるので、それを避けるためには薄手の手袋などを使用して塗っていくと良いでしょう。

浴槽にも色がついてしまうことがある

ヘアマニキュアは浴槽にも色がついてしまうことがあります

ヘアマニキュアをお風呂場や洗面所で使用する場合、気を付けるのは肌や衣類の他にもあります。洗面台やお風呂場でも気が付かない間に色がついてしまっているということもあるので、万が一使用中に飛んでしまった場合はできるだけすぐに洗い流すように意識しましょう。

カラーチェンジは色落ちしてから

ヘアマニキュアが色落ちしてからカラーチェンジしましょう

ヘアマニキュアは手軽に使用できるため、ちょっとしたイメチェンとしても人気の商品です。ですが、カラーチェンジしたいと思った際にすぐに変更ができません。なぜなら、ヘアマニキュアはしっかりと髪の毛に付着するため、自然に色が落ちるのを待ってからでないと、色を変えてもきれいに染まらない可能性が高いからです。とにかくすぐに変えたいという方でもできるだけ時間をおいてから、カラーチェンジをしましょう。

ヘアマニキュアのメリット・デメリット

メリット

<髪の毛が傷まない>
ヘアマニキュアの最大のメリットと言っても過言ではない、髪の毛が傷まないというメリット。ヘアマニキュアはヘアカラーと比べて違う部分があります。それが、髪の毛の脱色を行わないということです。通常のヘアカラーは髪の毛の内側にしみこませているのと反対に、ヘアマニキュアは髪の毛の表面に色が付くため、髪の毛そのものにダメージを与えることがないので、ヘアカラーよりも手軽に、そして気軽にカラーをすることができます。

<手軽に使用できる>
先程ご紹介した通りダメージが少ないのはもちろん、香りの面でもヘアカラーと異なり独特の強いニオイもほとんどなく、反対に良い香りの商品も増えているため、とても手軽に利用することができます。なかなかまとまって長い時間をとることが難しく、美容院でゆっくりカラーを行う時間のない方や、カラーをキープするために部分的に使用する方など、様々な方の悩みに合わせて使用することができるところも、メリットの1つとなります。

<使うたびに色が入る>
ヘアマニキュアの種類によっても差はありますが、一度でしっかりときれいに色が入るものもあれば、使用していく度に段々と色が入るものもあります。段々と色が入っていくヘアマニキュアに関しては、自分のなりたい髪色になるまで使用し続けることで近づくことができ、満足のいく色になったら使用をやめることで数週間はキープすることができます。もちろん、髪の毛が明るい方や髪の毛が細い方は色が入りやすいのですが、基本的に暗すぎない髪色であれば色が入った実感を感じることができるはずです。

<お風呂でトリートメント代わりに使用ができる>
ヘアマニキュアの中には、トリートメントの成分が配合されている商品もあります。そういった商品をシャンプー後に使用すれば、髪の毛のカラーができるだけではなく、髪の毛をコーティングしてくれるためツヤを手に入れることも可能になります。また、髪の毛の表面をコーティングするため髪の毛を保護する効果もあるため、紫外線などのダメージを受けにくくなることでも人気です。

デメリット

<色落ちしやすい>
デメリットとして最初に挙げられるのは、色落ちのしやすさです。通常のヘアカラーであれば、一度髪の毛を染めると2ヶ月程度はもつのですが、ヘアマニキュアは2~4週間程度だと言われています。ヘアマニキュアは髪の毛の表面に色を付けているため、何度もシャンプーをしていくうちに段々と色が落ちてくるからです。コスパ的にも、こまめに塗りなおすことを考えると割高だと感じてしまう方もいるかもしれません。
また、染めてすぐの濡れている髪の毛はもちろん、汗や雨などで濡れてしまっても、染めて数日の間は色が落ちやすくなっているため、衣類などについても大丈夫なように、目立ちにくい暗い色の衣類を着るなどの工夫をしましょう。

<暗い色の髪の毛には色がつきにくい>
また、暗い髪の毛の方の場合は、ヘアマニキュアを利用しても理想通りの髪色になることが難しくなります。そもそもヘアマニキュアは、本来の自分の髪色よりも明るい色にすることは苦手としているため、暗い髪の毛を緑や青など今よりも明るい髪色にしたいと思っても、表面を覆うだけなので染まらないのです。例えば、黒い画用紙に絵の具で色を塗っても、本来のきれいな明るい色は出ないですよね。それと同じだと考えてみてください。黒髪にどんな明るい色を入れてもきれいに発色することは難しいのです。

まとめ

今回はヘアマニキュアをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・ヘアカラーとの違いを知る
・目的に合わせてヘアマニキュアを選ぶ
・好みの色がなければ混ぜて使う
・暖かい場所で使用することで効率アップ
ということです。

ぜひヘアマニキュアを使ってみなさんも気分転換をしてみませんか?

Share on

Share on

RANKING

ランキング

PAGE TOP