メンズ 香水・フレグランス
  • 2018.8.23 メンズ 香水・フレグランス

    メンズ香水のおすすめ人気ランキング10選

    美容に高い関心を持ち、身だしなみに気を遣うメンズが増えてきてますね。肌や髪などの見た目も大事ですが、ニオイも自分の印象を変える一つです。異性にアピールしたい・気分を変えたい・いつもとは違う自分を演出したいなどの理由で香水を使い始めてみようか考えている方もいるのではないでしょうか。すれ違った時や近づいた時にふといい匂いのする男性はやはり好印象ですよね。今回は、たくさんある香水ブランドの中から、ビジネスやプライベートにもおすすめしたい売れ筋のメンズ用香水をランキング形式でご紹介したいと思います。さりげない優しい香りや清潔感を与える爽やかな香り、男性ならではの色気を演出してくれる魅惑的な香りのメンズ香水もあります。もちろん、定番品もありますので選ぶ際の参考にしてみてください。

メンズ香水を選ぶおすすめのポイント

香水には種類がある

メンズ香水には種類がある

香水は大きく4つのタイプに分けることができます。各ブランドやつける量によっても差は出てきますが、基本的には香料の濃度が高いほど香りが強く香りの持続時間も長くなり、値段も高くなる傾向にあります。香水をつけていく場所や目的に合わせて匂いの強さを選んだり使い分けたりすると良いでしょう。

①EDC(Eau de Cologne):オー・デ・コロン
香料の濃度は2%~5%、持続時間は約1~2時間。
4種類の中で最も濃度が薄く、きつい香りが苦手な方におすすめです。

②EDT(Eau de Toilette):オー・ド・トワレ
香料の濃度は5%~10%、持続時間は約2~5時間。
香りの強さと持続時間が適度で価格もお手頃のため、香水初心者の方も扱いやすいです。

③EDP(Eau de parfum):オー・ド・パルファム
香料の濃度は10%~15%、持続時間は約5~12時間。
オー・ド・トワレより強めでパルファムよりは少し控えめの香りの強さ。

④p(parfum):パルファム
香料の濃度は15%~30%、持続時間は約5~12時間。
4種類の中で最も濃度が濃く、結婚式やパーティーなどのフォーマルな場につけていくのが向いています。

時間が経つと香りは変化する

メンズ香水の時間が経つと香りは変化する

香水はずっと同じ香りが続くわけではありません。香水は香料をアルコールに溶かしたもので、それぞれの香料の揮発(液体が空気に変わること)の速度によって香りが少しずつ変化していきます。この揮発速度のことを「ノート」と言います。香水をつけて一番初めに感じる香りを「トップノート」、つけてから約30分~1時間たつと「ミドルノート」、最後に残る香りを「ラストノート」と言います。特にミドルノートはその香水の特徴が最も現れている部分であり、お店で試しに嗅いでみた時と購入した後で香りの印象が違うと感じる方は、香水の好みをトップコートで判断している可能性があります。初心者の方や香水選びが苦手な方は、お店で試しにつけた後30分ほど待ってみるか、購入する時に容量が少ない小さいボトルをいくつか選んで比べ、自分好みの香りを探してみることをおすすめします。

香りにはどんな種類があるか

メンズ香水の香りにはどんな種類があるか

実際に嗅いでみないと分らないところではありますが、少しでも香りが想像しやすいよう、ベースになる香りの系統をいくつかご紹介させていただきます。

①フローラル系
ローズ、ジャスミン、スズラン、ユリなど、甘い花の香りを感じさせる匂いです。これに柑橘系やハーブ系の香りを合わせることにより、「フローラル フルーティ」や「フローラル グリーン」など、それぞれ印象が違うフローラル系の香りに変化します。可愛らしさや上品さがあり、女性向けの香水に多い香りです。

②シトラス系
グレープフルーツ、レモン、オレンジなどの柑橘系の匂いで男女共に使いやすい香りです。揮発速度が速いため、トップノートで感じやすく持続性はありません。

③フゼア系
ラベンダー、オークモス、ゼラニウム、クマリン、ベルガモットなどの香料をベースにハーブや森林のような清涼感のある爽やかな香りが特徴。渋い匂いで知的で落ち着きなある男性へと仕上げてくれます。甘くない香りが好みの方にもおすすめ。

④シプレ系
「オークモス(オークという木に付くコケ)」をベースにシトラス系やラベンダーの香りと合わせたものがシプレ系。男性向けの香水に使われることが多いです。上品な香りでフォーマルな場で使うのがおすすめ。

⑤オリエンタル系
「ムスク」などがあり、エキゾチックで個性的な香りが特徴。普段使いより特別な場に使うのが向いています。香りの持続性も高いです。  

匂いの嗅ぎ比べをする時は

メンズ香水の匂いの嗅ぎ比べをする時は

多くの香水ブランドの中から、一番気に入ったメンズ香水を探そうとして、何種類もの香りを嗅ぎ続けていると、嗅覚疲労を起こして匂いを感じにくくなります。テスターする香水は3~4種類までにし、どのような香りがする香水をつけたいのか前もって絞っておくか、どうしても比べたい場合は少し時間を置いて鼻を休ませてからまた嗅いでみるといいでしょう。

最終的には自分が好きな香りを

メンズ香水も最終的には自分が好きな香りを

香水の種類や香りによって持続時間が異なったり、男性向けや女性向けの匂いがあったりと様々ですが、最終的には自分のイメージにマッチしたものや自分が好きだなと思う香水を選ぶことが一番です。百貨店等で購入することもできるハイブランドの高い香水から、市販でリーズナブルな試しやすい価格の香水などありますが、自分にマッチした香りの香水を選ぶことができれば、周囲からもセンスが良いと、プラスの印象を与えることができます。口コミ等も気になるところですが、ネットの意見だけに左右され過ぎないように、香水を選ぶようにしましょう。

メンズ香水のおすすめ人気ランキング10選

第10位カルバンクライン エタニティ フォーメン EDT

  • カルバンクライン エタニティ フォーメン EDT
  • 商品の特徴

    柑橘系の香りとハーブの香りがちょうどいいバランス。甘さ控えめで癖がない爽やかさのカルバンクラインのメンズ香水です。時間がたつにつれほんのりと香ります。年齢性別に関係なくずっと使える飽きない洗練された香りです。

  • 成分

    変性アルコール、香料、水、サリチル酸ベンジル、ブチルフェニルメチルプロピオナール、(アクリル酸アルキル/オクチルアクリルアミド)コポリマー、オキシベンゾン-3、ベンジルアルコール、安息香酸ベンジル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ケイヒアルコール、シトロネロール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、サリチル酸エチルヘキシル、オイゲノール、ゲラニオール、加水分解ホホバエステル、ヒドロキシシトロネラール、ヒドロキシイソヘキシル-3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒド、イソオイゲノール、リモネン、リナロール、PG、赤504、黄4

第9位シャネル エゴイストプラチナム EDT

  • シャネル エゴイストプラチナム  EDT
  • 商品の特徴

    最初はフローラル系の華やかな印象ですが、徐々に男らしい香りへと変化していき、社交性のある男性を演出してくれます。自信に満ち溢れた雰囲気を演出したいメンズにおすすめの高級ブランド〝シェネル〟のメンズ香水です。

  • 成分

    変性アルコール、水、香料、リモネン、リナロール、シトラールクマリン、シトロネロール、ゲラニオール、イソオイゲノール、ヘキシルシンナマル、サリチル酸ベンジル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、サリチル酸エチルヘキシル、黄5、黄4、青1

第8位プラウドメン グルーミング シトラス EDT

  • プラウドメン  グルーミング シトラス EDT
  • 商品の特徴

    トップノートからきつすぎない全体的に優しい香り。レモンとマンダリンの爽やかなシトラス系の香りからラストのムスク系の香りも強すぎず、控えめに香らせたいメンズにおすすめのプラウドメンの香水です。

  • 成分

    記載なし

第7位アランドロン サムライ EDT

  • アランドロン サムライ EDT
  • 商品の特徴

    見た目のように香りもクールな爽快感がある香りです。多くの年齢層からの支持もあり、オフィスで使うメンズも多いのも特徴です。年代問わず愛用されている人気の定番香水です。

  • 成分

    変性アルコール、水、香料、ヒドロキシイソヘキル-3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒド、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、サリチル酸エチルヘキシル、青1、赤227、黄4

第6位ジバンシイ ウルトラマリン EDT

  • ジバンシイ ウルトラマリン EDT
  • 商品の特徴

    ウルトラマリンという名前だけあって香りも夏っぽく、ベルガモットやウォーターフルーツの爽やかさからミントやカルダモンのフレッシュな香りで気持ちが引き締まります。大人な男性を演出したい方におすすめのジバンシイの香水です。

  • 成分

    変性アルコール、水、香料、他

第5位カルバンクライン シーケーワン EDT

  • カルバンクライン シーケーワン EDT
  • 商品の特徴

    メンズ用ですが、柑橘系の香りで女性にも好まれやすい〝カルバンクライン〟の人気の香りです。さっぱりしているので、甘さがある香りが苦手な方におすすめなナチュラルな仕様。 気分もリフレッシュできます。

  • 成分

    変性アルコール、水、香料、EDTA-4Na

第4位アランドロン サムライダズル EDT

  • アランドロン サムライダズル EDT
  • 商品の特徴

    甘すぎないほんのり香るイランイランやアダクスルのオリエンタルな香りが、思わず近寄りたくなるセクシーな大人の男性を演出。オリエンタル系なのにとても爽やかな色気溢れるアランドロンの“モテ香水”です。

  • 成分

    記載なし

第3位ブルガリ ブループールオムEDT

  • ブルガリ ブループールオムEDT
  • 商品の特徴

    付けた瞬間の香りは強めでスパイシーな感じですが、時間がたつにつれ落ち着きのある柔らかい甘い香りに変化していきます。香りが馴染んできた頃に出かけるのがおすすめです。清涼感があり持続性の高い、ブルガリのメンズ香水。女性から男性へのプレゼントにもおすすめです。

  • 成分

    変性アルコール、香料、水

第2位プレミアムパヒュームジーノストーリア

  • プレミアムパヒュームジーノストーリア
  • 商品の特徴

    “女性に好まれる香り”をコンセプトに、女性を対象としたモニター調査を繰り返し行い、100種類以上の中から選ばれた香りを採用。グリーンティと柑橘系の爽やかな香りから、フローラルな甘く優しい香り、そしてラストノートはムスクの男らしい香りに変化し女性を魅了していく、&ジーノのメンズ香水です。

  • 成分

    エタノール、香料、BG、BHA、オキシベンゾン-3

第1位ブルガリプールオム EDT

  • ブルガリプールオム EDT
  • 商品の特徴

    香りがきつすぎず、柑橘系とダージリンティのすっきり爽やかな匂いが主張しすぎない程度にふわりと漂います。場所を選ぶことなくオフィスからフォーマルな場まで、どこでも活用できる使いやすいブルガリの香水。メンズ用ではありますが、男女問わず絶大な人気を誇っています。

  • 成分

    変性アルコール、香料、水、ヒドロキシイソヘキシル-3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒド、リモネン、ヒドロキシシトロネラール、リナロール、シトラール、ゲラニオール

メンズ香水の使い方

香水は出かける直前につけない

メンズ香水は出かける直前につけない

香っている時間を少しでも長くするために、でかける直前で香水をつけるのはおすすめできません。つけたばかりの最初の匂いはきつく、いかにも「香水をつけてます」感を出すのは周りの人が不快な思いをしたり、その香水が本来持っている香りの良さを生かしきれてないことになります。香水の本体とも言われている「ミドルノート」がほのかに香るくらいを狙って、あらかじめ30分前にはつけて香りを馴染ませておくといいでしょう。

つける量と場所

メンズ香水のつける量と場所

香水の量は1プッシュで充分です。自分に匂いがついているのかわからないくらいがちょうどいい強さで香るポイント。つける場所としては、まず清潔な肌に直接つけてください。香水の成分は体温に温められることによって揮発し香り立ちます。また、つけている人の匂いと混ざってその人だけの香りを演出することができるのです。服につけると変色の原因になったり生地が傷む可能性があるのであまりおすすめできません。香りは人の体温で温められると下から上へと立ち上ってくるため、お腹やウエスト部分につけるとほどよい強さで香ってくるでしょう。血管が多く通っている部分は体温が高い場所なので、太ももの内側やひざの裏につけるのもいいですが、男性は女性より基礎体温が高めなので香りが強くなりすぎてしまうこともあり注意が必要です。

メンズ香水をつける時の注意点

使用量を守る

メンズ香水の使用量を守る

香水は、時と場所に応じて香りの種類や強さを変えたり、場合によっては使用を控えるなどしてマナーを守ることが大切です。病院や飲食店・お葬式・妊婦さんがいる家庭・電車や教室などの密閉された空間など、香水のにおいをぷんぷんさせるのはただの迷惑行為です。TPOをわきまえながら香りを楽しむようにしましょう。

まとめ

今回はメンズ用香水をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・香りには種類があり、時間が経つごとに変化していく
・「良い匂い」と思われるか「香水臭い」と思われるかは使い方次第
・使う場所や周りに配慮する
ということです。

とにかくつけすぎないということをポイントにして香水を上手に使い、見た目だけでなく香りでも人を魅了させる素敵なメンズを目指しましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP