サプリメント
  • 2018.8.23 サプリメント

    おすすめの”HMBサプリメント”で女性は食べないダイエットから卒業!選び方や飲み方をご紹介

    食べる量を減らして痩せることができても、すぐにリバウンドしてしまうという方はいませんか。ただ体重を落とすだけではなく、ほどよい筋肉をつけて体を引き締めれば、見た目が美しいだけではなく、食事制限をしなくても代謝がよくなりリバウンドしづらく痩せやすい体になります。そこで今回は、女性のボディメイクの強い味方「HMBサプリメント」の選び方や飲み方についてポイントをご紹介したいと思います。

女性用HMBサプリメントとは

HMBとは、タンパク質の構成成分であるアミノ酸「ロイシン」の代謝産物で、筋肉の増強・筋肉の分解抑制・損傷した筋肉を回復させるなどの働きがあります。ロイシンは体内で合成できない・体内で必要量生成することができない必須アミノ酸の一種なので、摂取するには食物から取り入れる必要があります。更にロイシンから生成されるHMBはたったの5%程度のため、食物だけでHMBを必要量摂取するにはかなりの量を食べることになります。そこでHMBサプリメントを活用することにより、HMBを簡単に効率よく摂取することができるのです。同じトレーニングでも、HMBを摂取するのとしないのとでは効果に大きな差が出てきます。ただし、HMBサプリメントはあくまで筋肉合成を補助するものであり、飲むだけで体型が変化するわけではありません。必ず日頃の運動やトレーニングと並行して使用するようにしましょう。また、筋肉は常に分解されているので、特に運動をしなかった日でも継続的に摂取することで、筋肉の分解が抑制され、筋肉のおかげで代謝が上がりリバウンドも防げるといった効果も期待できます。

女性用HMBサプリメントを選ぶおすすめのポイント

HMBの含有量を確認する

HMBサプリメントのHMBの含有量を確認する

HMBの一日の推奨摂取量はおよそ1,000㎎~3,000㎎で、HMBが最も高い効果を発揮するのは一日3,000mgと言われています。もちろん飲んだだけでムキムキになるわけではありませんが、運動やトレーニングの効果をより高めるためには含有量にこだわって商品を選ぶようにしましょう。また、値段が高いわりにHMBを摂取できる量が少ないものもありますので、価格と照らし合わせてみることも大切です。女性の場合はダイエット目的で摂取する方が多いと思うので、その場合は最低でも1,000mg~1,500mgの量が配合されている商品を選ぶといいですね。また、 HMBの含有量を確かめる際に「HMBカルシウム (HMBCa)」と記載されているのが気になる方もいると思いますが、これはサプリメント用の材料としてHMBとカルシウムを結合させたもので、HMBとまったく違う働きをする成分というわけではありません。HMBカルシウム配合と記載されている場合は、そのうちの約8割がHMBの含有量と考えるといいでしょう。

男性向けと女性向けの違い

HMBサプリメントの男性向けと女性向けの違い

男性向けのHMBサプリメントは筋肉量の増加や筋肉の維持を目的としたものが多いですが、女性用は美容成分やダイエットサポート成分、栄養補助成分、乳酸菌など、HMB以外の配合成分にもこだわっているものが多いのが特徴です。基本的にはどちらも性別関係なく摂取することはできますが、美容成分が多めに入っている女性用は男性用と比べHMBの含有量が少ないものもあるため、本格的に筋肉肥大を目指している方には効果がいまいちかもしれません。

HMB以外の成分にも注目

HMBサプリメントのHMB以外の成分にも注目

先ほども言ったように、女性向けのサプリメントはHMB以外の配合成分にもこだわっているものが多いので、どの商品にしようか迷ってしまった場合は、他の成分に注目してそれぞれの商品の特徴を知ると選びやすくなるかもしれません。

①クレアチン
クレアチンはアミノ酸の一種です。即効性があり持久力の増加や運動中のパフォーマンス向上に効果を発揮するので、HMBと一緒に摂取すると、いつもよりハードな運動やトレーニングを行いながら筋肉合成を促進させることができます。

②BCAA
必須アミノ酸である「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の総称です。筋タンパクの分解を抑制しながら筋タンパクを合成する働きがあり、運動中のエネルギーとしての役割もあるため持久力を上げることができます。運動前や運動中、運動後のどのタイミングで摂取しても効果を発揮します。バリン・ロイシン・イソロイシンを「1:2:1」の割合で摂取することが最も効果的です。

③グルタミン
グルタミンは運動やトレーニングによる筋肉の分解を抑制する働きがあります。筋トレを行っても、グルタミンが不足していると筋肉は分解されてしまうのでトレーニングの効果が現れません。HMBと一緒に摂取することで、筋肉の分解を抑制しながら筋肉の合成や修復を促し効率よく回復することができます。

④EMR
ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があります。運動をすることで発生した活性酸素を減らし、タンパク質の合成を助けます。

⑤EAA
必須アミノ酸全9種類のこと。

品質や安全性が高いものを

HMBサプリメントの品質や安全性が高いものを

サプリメントの安全性や品質を確かめる判断要素の一つに、パッケージに「GMP」のマークが記載されているかどうかがあります。GMPとは、原材料の受け入れから製造、出荷まで、商品が一定の品質と安全性を確保できる製造工程であると厚生労働省が認定したものです。毎日口にするものですから、原料にもこだわって品質の高い商品を選ぶようにしましょう。

成分や内容量に見合ったものを

HMBサプリメントの成分や内容量に見合ったものを

HMBサプリメントは、値段が安いものから高いものまで様々です。HMBの含有量・内容量・配合されている成分が価格に見合っているかどうか・一日に摂取できるHMBの量のチェックや、一袋の値段から一日あたりの金額をだしてみて他の商品と比較してみるといいですね。また、毎日継続して摂取するためにも、無理のない価格のものを選ぶようにしましょう。

女性用HMBサプリメントの飲み方

一日数回にわけて摂取する

HMBサプリメントを一日数回にわけて摂取する

HMBサプリメントを摂取するときは、一日分の使用量を一気に摂取するのではなく、何回かにわけて飲むようにしてください。少しずつ飲むことで効率的に吸収することができ、HMBの効果も持続します。薬ではないため摂取するタイミングが特に決まっているわけではありませんが、運動する30分前、運動中に取り入れるとHMBの吸収率が上がり筋肉の分解が抑制されます。運動後30分以内の摂取は、筋肉の分解を抑制しながら筋肉の合成と回復に効果を発揮します。トレーニング以外では、食後に摂取すると消化管の働きが活発になっているため吸収率が上がります。

水で摂取する

HMBサプリメントを水で摂取する

HMBは飲み合わせが悪い飲み物は今のところ無いとされていますが、HMB以外の配合成分と相性が悪い飲料があるため注意が必要です。特に女性用はHMB以外の成分も多く含まれている商品が多いので、カフェインやジュースなどで摂取するのは控えるようにしましょう。

女性用HMBサプリメントの注意点

摂取量に気を付ける

HMBサプリメントの摂取量に気を付ける

HMBは過剰に摂取しても効果が高まるわけではありません。一日3g以上を摂取しても効果はあまり変わらないどころか、過剰に摂取することでHMBの効果が下がってしまうという実験データもあります。効率よくボディメイクをするためには、摂取量を守るということも大事です。

まとめ

今回は、女性向けのHMBサプリメントを選ぶおすすめのポイントなどについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・HMBの含有量や成分で選ぶ
・品質で選ぶ
・効果的なタイミングで摂取する
ということです。

HMBサプリメントは、トレーニングの効果をより良く高めてくれる、優れたサプリメントです。継続的に摂取して運動することにより、見た目だけでなく、リバウンドしづらく痩せやすい体へと導いてくれます。毎日のトレーニングにHMBサプリメントを取り入れて、食事制限をせずに、美ボディを目指してみてはいかがでしょうか。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP