レディース スキンケア
  • 2018.6.26 レディース スキンケア

    ニキビ跡を消す塗り薬とは?おすすめ人気ランキング10選

    赤みや色素沈着のあるニキビ跡ができてしまい、メイクでも隠せなくなってしまうと、外に出かけるのが億劫になってしまうことありますよね。鼻の下などに跡が残ってしまえば、不潔にみられやすくなるなど、恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。しかし、ニキビ跡を治すには時間が掛かってしまう為、スキンケアだけではなかなか治らないということもあります。そこで今回はスキンケアやボディケアと一緒に使用するとニキビ跡を治す働きを手助けしてくれる塗り薬を、ランキング形式でご紹介したいと思います。皮膚科などで行うレーザーによる治療によって、ニキビ跡を消す即効性のある方法もありますが、ホームケアだけでも改善が期待できる場合もある為、是非、試してみてください。

ニキビ跡におすすめの塗り薬を選ぶポイント

症状に合ったもの

塗り薬はニキビ跡の症状に合ったもの

ニキビ跡にも症状によって効果が期待できる成分が違うので、自分の症状に合った成分が配合されているものを選びましょう。赤みのあるニキビ跡なら炎症やアクネ菌の繁殖を抑制してくれるもの、色素沈着でシミ化してしまっている茶色のニキビ跡ならシミを薄くしてくれるものやメラニンを抑制してくれるもの、クレーター状のニキビ跡なら肌の再生機能を促してくれるものや肌にハリを与えてくれるものなど、症状によって効果的な成分は違います。ここでは、ニキビ跡に効果的なおすすめの成分について一例をご紹介したいと思います。塗り薬を選ぶ際の参考にしてみてください。

【ニキビ跡におすすめの成分の一例】
◆赤みのあるニキビ跡
・グリチルリチン酸2K(炎症を抑える)
・サリチル酸(殺菌作用)
・ビタミンC誘導体(余分な皮脂を抑えターンオーバーを促すなど)
・ビタミンE(ターンオーバーを促す)

◆色素沈着した茶色のニキビ跡
・ハイドロキノン(肌の漂白剤ともいわれている高い美白効果)
・トラネキサム酸(メラニンの生成抑制)
・アルブチン(メラニン色素の生成を抑制)
・エラグ酸(メラニンの生成を抑える)
・ビタミンE(ターンオーバーを促す)

◆クレーター状のニキビ跡
・レチノイン酸(ターンオーバーを促す)
・レチノール(ターンオーバーを促す)

保湿成分が配合されているもの

ニキビ跡の塗り薬は保湿成分が配合されているもの

乾燥している肌だとターンオーバーの働きが悪くなってしまう為、いつものスキンケアによる保湿にプラスして、乾燥を抑えてくれる保湿成分が配合されている塗り薬を選んでみるのも良いでしょう。肌にうるおいがあれば、乾燥による皮脂の過剰分泌によってできやすいニキビを防ぐことにもつながります。今回、ランキングでご紹介している商品の中には、保湿成分が含まれている商品もある為、選ぶ際のポイントにしてみるのもおすすめです。

ニキビの予防効果のあるもの

ニキビ跡の塗り薬はニキビの予防効果のあるもの

ニキビ跡ができてしまった際のケアは大切です。しかし、まずはこれ以上ニキビ跡を増やさない為にも、ニキビが出来ないように、予防することも大切です。ニキビ跡におすすめの塗り薬の中には、ニキビ予防効果が期待できるものもあります。繰り返してしまうニキビの不安も和らげてくれる為、おすすめです。イオウ系成分の配合は、皮脂の過剰分泌を抑えてくれたり、サリチル酸成分の配合は、ピーリング効果や角質を柔らかくしてくれるのに効果的です。また、グリチルリチン酸は炎症を鎮静化する働きもある為、選んでみるポイントにしてみても良いでしょう。

添加物が少ないもの

ニキビ跡の塗り薬は添加物が少ないもの

市販の塗り薬では添加物が入っているものもあり、場合によっては、肌に刺激を与えてしまうものもあります。肌トラブルやホルモンバランスの乱れに影響を及ぼす可能性もある為、特に、肌がもともとデリケートな方はできるだけ添加物が少ないものか、あるいは、無添加のものを選んでみるのもおすすめです。

長持ちするもの

ニキビ跡の塗り薬は長持ちするもの

一般的に、ほとんどの塗り薬が、開封後の使用期限が2ヶ月~半年になっています。必要な時にだけ塗りたいという方には、2ヶ月間では短かすぎることもあります。また、肌へ使用する範囲によっては、開封後から使用期限内に使い切れない場合もあります。開封後の使用期限が長めのものであれば、一時的に使用を休んでいても、いざ、使いたい時に使えるものもある為、このような場合は、長持ちするものを選んでみるのも良いでしょう。長く使えた方がコスパ面で考えてもおすすめです。

ニキビ跡に効果的な塗り薬おすすめ人気ランキング10選

第10位メラノCC

  • メラノCC

    内容量

    20mℓ

    価格

    1,056円

    1回の継続使用期間

    毎日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    商品名にCCと入っているようにビタミンCを主成分として作られた美容液です。もともと低いビタミンCの吸収率を独自の研究で高め角質層の奥まで届かせてくれるので、殺菌成分でニキビを抑えてくれるだけでなく潤いも届けてくれます。美白成分も入っているのでメラニンの生成を抑制し、しみやそばかすも防いでくれます。

  • 成分

    アスコルビン酸(活性型ビタミンC)、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)、グリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノール、ビタミンCテトライソパルミテート、エトキシジグリコール、アルピニアカツマダイ種子エキス(アルピニアホワイ)、BG、エデト酸塩、粘度調整剤、香料

第9位メンソレータム アトキュア

  • メンソレータム アトキュア

    内容量

    20ℊ

    価格

    1,300円

    1回の継続使用期間

    5~6日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ヘパリン類似物質とビタミンA油の2つの有効成分を配合したことで、血流を改善し新陳代謝を上げて肌のターンオーバーを促してくれます。また、硬くなってしまった皮膚を柔らかくしてくれるのでごわつきやすいひざやかかとにも使用できます。ただこちらは顔には使用できないため、背中ニキビ跡など顔以外にできてしまったニキビ跡におすすめです。

  • 成分

    ヘパリン類似物質、ビタミンA油、グリセリン、エタノール、オレフィンオリゴマー、パルミチン酸イソプロピル、ジメチルポリシロキサン、セタノール、ポリソルベート60、ステアリン酸ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、トコフェロール酢酸エステル、BHT、パラベン、エデト酸Na、トリエタノールアミン、香料、黄色4号(タートラジン)

第8位アクネス25

  • アクネス25

    内容量

    16ℊ

    価格

    1,200円

    1回の継続使用期間

    5~6日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ストレスやホルモンバランスの乱れでできてしまう大人ニキビに着目して開発された治療薬です。殺菌成分や抗炎症成分を主成分としているので、炎症を起こしている赤ニキビや赤みのあるニキビ跡に効果が期待できます。手に出すと白いクリームですが肌に塗ると透明になるのでメイクにも影響しないのは嬉しいポイントです。

  • 成分

    イブプロフェンピコノール、イソプロピルメチルフェノール、1,3-ブチレングリコール、パルミチン酸イソプロピル、セバシン酸ジエチル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エタノール、グリセリン、ステアリン酸ソルビタン、スクワラン、カルボキシビニルポリマー、トリエタノールアミン、ニコチン酸アミド、大豆レシチン、コレステロール、クロロブタノール、パラベン、エデト酸Na

第7位テラコートリル

  • テラコートリル

    内容量

    6ml

    価格

    1,000円

    1回の継続使用期間

    5~6日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    普通の市販薬ではなかなか配合されていないオキシテトラサイクリン塩酸塩など、市販薬の中では比較的強い成分が配合されています。専門医で処方される「ミノマイシン」と成分の系統が同じなので、ニキビの増殖を防いでくれる効果が期待できます。

  • 成分

    オキシテトラサイクリン塩酸塩、ヒドロコルチゾン

第6位チョコラザーネプラス

  • チョコラザーネプラス

    内容量

    60ℊ

    価格

    1,490円

    1回の継続使用期間

    5~6日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    皮膚がもともと持っている保湿成分の尿素を配合することで、硬くなってしまった皮膚やガサガサしているところを柔らかくしてくれます。角質層にまで浸透し直接働きかけてくれるので、肌のターンオーバーの促進にも活躍してくれるクリーム。顔や全身に使えるだけでなく赤ちゃんにも使えるのでこれ1つで家族全員使えるのも◎

  • 成分

    尿素、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)、グリチルリチン酸ニカリウム、クエン酸、セトステアリルアルコール、ラノリン、DL-アラニン、L-アルギニン、還元麦芽糖水アメ、キサンタンガム、グリシン、グリセリン、コレステロール、シリコーン樹脂、スクワラン、ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸プロピレングリコール、大豆レシチン、d-トコフェロール、乳酸Na、ミリスチン酸オクチルドデシル

第5位イハダプリスクリードa

  • イハダプリスクリードa

    内容量

    12ℊ

    価格

    1,800円

    1回の継続使用期間

    1~2週間

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    比較的副作用の低いウフェナマートの抗炎症成分がニキビやニキビ跡に働きかけてくれるので安心して使えるクリームです。乾燥でのガサガサやかぶれなど顔湿疹や皮膚炎などにも効果的。花粉などで肌が荒れてしまった時などにもおすすめです。資生堂から発売されているため化粧品のようなパッケージなので、女性には手に取りやすくて嬉しいですね。

  • 成分

    ウフェナマート、ビタミンA油(レチノールパルミチン酸エステル)、トコフェロール酢酸エステル、流動パラフィン、ワセリン、マイクロクリスリンワックス、ジメチルポリシロキサン、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、1,3-ブチレングリコール、グリセリン、マクロゴール、硬化油、ミリスチン酸イソプロピル、トリイソオクタン酸グリセリン、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、ステアリン酸グリセリン、クエン酸、水酸化K、クエン酸Na、エデト酸Na、BHT、パラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸Na、カルボキシビニルポリマー、フェノキシエタノール、その他1成分

第4位ケロコート

  • ケロコート

    内容量

    15ℊ

    価格

    3,700円

    1回の継続使用期間

    60~90日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    アメリカで開発されたものでまだ日本ではまだ知らない方もいますが、アメリカでは一般に使われている塗り薬です。3種類のシリコンが凸凹の皮膚に働きかけて滑らかな肌へと生まれ変わらせてくれるため、傷跡や手術跡だけでなくクレーター状のニキビ跡にも効果が期待できます。口コミでは患者にこの塗り薬を勧めている医者もいるとのことです。

  • 成分

    シクロペンタシロキサン、ジメチコン、二酸化シリコン、ジメチコンクロスポリマー

第3位ペアアクネクリームW

  • ペアアクネクリームW

    内容量

    14ℊ

    価格

    950円

    1回の継続使用期間

    約1ヶ月

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    アクネ菌による面皰の生成を抑えて炎症を鎮めるイブプロフェンピコノールや、アクネ菌などを殺菌してくれるイソプロメチルフェノールが主成分として配合されているため、赤ニキビなどを抑えてくれます。さわやかな植物系の香りと滑らかに伸びるクリームで、その上からメイクをしても影響がないのでお出掛け前でも安心して使えます。

  • 成分

    イブプロフェンピコノール(IPPN)、イソプロピルメチルフェノール(IPMP)、ステアリルアルコール、ポリソルベート60、エデト酸Na、パラベン、ジイソプロパノールアミン、オクチルドデカノール、1,3-ブチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、香料

第2位アットノンEXクリーム

  • アットノンEXクリーム

    内容量

    15ℊ

    価格

    1,404円

    1回の継続使用期間

    5~6日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    様々な傷跡や炎症に着目して開発されたクリームで、抗炎症作用やターンオーバー促進の働きがある主成分の他にも「アラントイン」という肌に優しい成分が含まれており、敏感肌の方でも使用できます。また、皮膚科で処方される「ヒルドイド」と成分が似ていると言われているので皮膚科に受診できない人たちが代替品として使用する方もいます。

  • 成分

    ヘパリン類似物質、アラントイン、グリチルリチン酸ニカリウム、セタノール、ステアリルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、スクワラン、ミリスチン酸イソプロピル、ジメチルポリシロキサン、自己乳化型ステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリソルベート60、カルボキシビニルポリマー、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、パラベン、エデト酸Na、トリエタノールアミン

第1位ケシミンクリーム

  • ケシミンクリーム

    内容量

    30ℊ

    価格

    1,944円

    1回の継続使用期間

    毎日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    メラニンの生成を抑えてくれるビタミンC誘導体や、血行を促進するビタミンEも配合されています。シミ・そばかすなどをケアしてくれるだけでなく、ニキビ跡にも効果的です。また、保湿成分のプルーン酵素分解物とホオノキ抽出液の複合成分(バージニアホワイト)を含んでいる為、塗った後もしっとりとした肌へと導いてくれます。こちらのシリーズは、ケシミン浸透化粧水も販売されている為、一緒に使用すれば、さらに効果を高めてくれます。

  • 成分

    L-アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル、サラシミツロウ、ステアリン酸、流動パラフィン、硬化油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、親油型モノステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、吸着精製ラノリン、メチルポリシロキサン、パラオキシ安息香酸プロピル、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、パラオキシ安息香酸メチル、N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、キサンタンガム、クエン酸、水酸化カリウム、油溶性甘草エキス(2)、ホオノキ抽出液、プルーン酵素分解物、フェノキシエタノール、グリセリンモノ2-エチルへキシルエーテル、精製水

ニキビ跡におすすめの塗り薬の使い方

清潔な肌に塗る

ニキビ跡の塗り薬は清潔な肌に塗る

塗る際は、必ず洗顔後やお風呂上がりなど、肌が清潔にしてから塗るようにしましょう。毛穴や皮膚の隙間に古い角質や汚れなどがあると浸透しづらくなってしまい、効果が薄れてしまうことがあります。雑菌などがついた状態の肌に塗ってしまうと、雑菌が増殖させる原因を作ってしまう可能性があります。肌の状態が悪化してしまえば、結果として、新たな肌トラブルを招いてしまうこともある為、必ず洗顔等などを行い、肌を清潔にしてから塗るように心がけましょう。

使用量を守る

ニキビ跡の塗り薬は使用量を守る

使用するにあたって必ず使用量が決まっています。多く塗ったからといって効果が高まるということはないですし、クリームには油分が多く含まれているものがほとんどなので肌に過剰に塗ってしまうとベタついてしまったりすることもあります。かといって使用量を少なくしても十分な効果が得られなくなってしまうので使用量はきちんと守りましょう。

ニキビ跡におすすめの塗り薬の注意点

治らない場合は皮膚科へ

ニキビ跡の塗り薬を使っても治らない場合は皮膚科へ

商品によって1回の使用期間があります。短いものでは5~6日、長いものだと60~90日などあります。中にはその期間継続し続けても治らなかったり、むしろ悪化してしまったりという方もいます。その場合、ニキビ跡ではない可能性や、自分の体質に合わない成分が配合されていたということも考えられます。更なる肌トラブルを起こしてしまうことを防ぐためにも、少しでも違和感を感じた場合は、すぐに使用を中止し、皮膚科へ受診するようにしましょう。

まとめ

今回は、顔や体にできてしまったニキビ跡に効果的な塗り薬の選ぶポイントやおすすめの商品をランキングでご紹介しましたが、いかがでしたか。

男女問わず、長年にわたって増えしまったニキビ跡は簡単には治しにくく、時間もかかり、場合によっては、確実に治すことが難しいこともあります。また、思春期ニキビに比べて、大人ニキビは、ニキビ跡になりやすい為、しっかりと根元から治していくことが大事になってきます。
すぐに、皮膚科へ行ってレーザー治療という選択肢もあります。早くニキビ跡をケアできるかもしれませんが、金額もかかる為、難しい場合もあります。ホームケアによって、ある程度ケアしていくことはできる為、是非、今回紹介した塗り薬で本来のキレイな素肌をめざしてみてくだいね。

Share on

Share on

PAGE TOP