健康食品
  • 2018.8.28 健康食品

    ケール青汁のおすすめ人気ランキング10選

    「緑黄色野菜の王様」とも言われている非常に栄養価が高い「ケール」の青汁。健康維持だけでなく、便秘解消や美肌、老化・病気予防にも効果があるため、老若男女問わず普段の食生活に取り入れる方が増えてきています。「苦い」「まずい」のイメージがあるケール青汁ですが、最近は改良され飲みやすくなったものが多くあります。一度青汁を断念してしまった方や飲んでみようか迷っている方のためにも、今回はケール青汁についてご紹介させていただきます。

ケール青汁を選ぶおすすめのポイント

自分好みの味を選ぶ

ケール青汁は自分好みの味を選ぶ

人によって味の好みは様々です。ケール特有の強い苦みや青臭さが苦手な方もいれば、逆にそれが好きという方もいます。毎日摂取するものだからこそ、自分の好みの味を選ぶことも大切です。最近のケール青汁は味も改善されて飲みやすくなってきていますが、それでもどうしても苦みやクセのある香りが気になる方は、「大麦若葉」などケール以外の青汁原料もブレンドされているものや、抹茶や蜂蜜・オリゴ糖・果物などを加えて飲みやすくしてあるものを選んでみるのもおすすめです。公式サイトやショッピングサイトの口コミには、青汁を飲んだ実際の味の感想等が書かれているものもある為、チェックしてみても良いでしょう。苦手な味を無理して続けるより、自分が飲みやすいと感じる味を選んだ方が毎日継続しやすくなります。

青汁原料以外の成分もチェック

ケール青汁原料以外の成分もチェック

ケール青汁は、ケールのみが使用されているものもあれば、乳酸菌やプラセンタなど青汁原料以外の成分が含まれているものもあります。ケールだけでも充分な栄養や効果を得ることができますが、プラスアルファの効果が欲しいという方は自分が欲しい栄養成分や美容成分が含まれているものを選んでみるのもいいでしょう。

青汁のタイプで選ぶ

ケール青汁のタイプで選ぶ

青汁は粉末タイプのものや冷凍タイプ、開けたらすぐに飲めるペットボトルや缶になっているタイプのものがあります。
粉末タイプは、水に溶く手間がありますが、持ち運びに便利なことや保管がしやすいという点があります。また、アレンジがききやすいので、ヨーグルトにかけて食べたり、パンケーキやクッキーなど青汁を使ったお菓子作りやスープやパスタなどに混ぜて料理に一工夫加えることもできます。
冷凍タイプは、解凍するだけなので粉末タイプと違って粉っぽさを感じることはなく、鮮度を保ったままの製法によりフレッシュさのある味わいになっています。しかし、その分青汁独特の風味が強いことや、冷凍庫での保管にスペースをとってしまうこと、解凍しなければいけないので飲むまでに時間がかかるという点があります。味や飲むタイミングなどを考えて自分に合ったタイプのものを選ぶようにしましょう。

品質に見合った、続けやすい価格のものを

ケール青汁は品質に見合った、続けやすい価格のものを

飲みやすさや原材料・品質の良さ・安全性を考慮したうえで、継続的に購入できる無理のない価格のものを選ぶようにしましょう。継続的に摂取することが大切なので、期間を空けずに購入できるものがいいですね。

ケール青汁のおすすめ人気ランキング10選

第10位山本漢方 ケール粉末100%

  • 山本漢方 ケール粉末100%

    内容量

    3ℊ×44包

    価格

    3,024円

    使用日数

    約22日~44日分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    冬場に収穫した甘みの強いケールをそのまま乾燥させて微粉末加工。苦みやクセもなく飲みやすい青汁です。手軽に野菜不足を補うことができ、体の健康が気になる方におすすめです。自社栽培で残留農薬検査済みの中国産ケールを使用しています。

  • 原材料

    ケール粉末

第9位キューサイ はちみつ青汁

  • キューサイ はちみつ青汁

    内容量

    210ℊ(7ℊ×30本)

    価格

    3,909円

    使用日数

    15日分

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    はちみつ入りのケール青汁でほんのり甘く、ゴクゴク飲める美味しさです。野菜の1日の目標量である350ℊを毎日補うのは難しいという方でも、野菜不足を手軽にカバーすることができます。熱や酸に強い有胞子性乳酸菌も含まれており、生きたまま腸に届いてお腹の調子も整えます。

  • 原材料

    国産ケール、はちみつ、有胞子性乳酸菌、ビタミンC、ビオチン

第8位青汁三昧

  • 青汁三昧

    内容量

    3.3ℊ×60包

    価格

    6,000円

    使用日数

    およそ30日~60日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    偏りのない栄養バランスになるように、国産のケール・大麦若葉・ゴーヤーをブレンドして配合。採れたての状態で粉末状にし、残留農薬検査や放射性物質検査、目視での検査など、厳しい基準が通ったものだけを出荷しています。大人だけでなく子供もおいしく飲める抹茶風味。

  • 原材料

    還元麦芽糖水飴、難消化性デキストリン、大麦若葉粉末、ゴーヤー粉末、ケール粉末/ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸Ca、甘味料(アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、葉酸、ビタミンB12

第7位輝きの青汁

  • 輝きの青汁

    内容量

    90ℊ(3ℊ×30包)

    価格

    999円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    美容や健康をサポートするプラセンタや乳酸菌などを配合。合成甘味料・着色料・香料・保存料は一切使われていません。残留農薬も不検出で、安心・安全の品質に徹底的にこだわっています。青汁原料は、ケール以外に大麦若葉も配合されているので飲みやすく、価格もお手頃なので無理なく続けることができます。

  • 原材料

    デキストリン、大麦若葉、ケール末、抹茶末、ゴーヤ末、水溶性食物繊維、イソマルトオリゴ糖、プラセンタエキス末(シクロデキストリン、環状オリゴ糖)、乳酸球菌、アラニン、アルギニン、アスパラギン酸Na、シスチン、グルタミン、グルタミン酸Na、ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン塩酸塩、メチオニン、フェルニアラニン、ブロリン、セリン、トレオニン、トリプトファン、チロシン、グリシン、オルニチン塩酸塩、シトルリン、バリン

第6位ヤクルト まろやかケール

  • ヤクルト まろやかケール

    内容量

    135ℊ(4.5ℊ×30包)

    価格

    2,700円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    農薬や化学肥料不使用で素材にこだわったケール青汁。新鮮なまま搾るため、香りが良く飲みやすいです。粉が溶けやすく、まろやかでコクがあるのが特徴で、ヨーグルトや豆乳など他の食品と混ぜても美味しく取り入れることができます。

  • 原材料

    ケールエキス末(デキストリン、ケールエキス)、水溶性食物繊維、ビタミンC

第5位健康道場 おいしい青汁

  • 健康道場 おいしい青汁

    内容量

    160ℊ

    価格

    216円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    砂糖・食塩・香料・保存料無添加。りんごとレモンを絶妙なバランスで加え、すっきりとして飲みやすい味と香りを実現しました。一部の原料はピューレ製法になっていて、栄養価は損なわずに野菜本来の美味しさを味わえます。缶タイプで溶かす手間なくすぐ飲めます。

  • 原材料

    ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜、りんご、レモン【アレルギー物質:りんご】

第4位ヤクルトの国産ケール青汁

  • ヤクルトの国産ケール青汁

    内容量

    120ℊ(4ℊ×30袋)

    価格

    2,160円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    フレッシュマイルド製法で溶けやすく飲みやすい、“毎日続けたくなる青汁”です。栄養価はそのままでケール特有の青臭さを低減しています。素材の風味を壊さないように香料・保存料・着色料不使用。スープやヨーグルトと一緒に食べるなど、自分流にアレンジしてみるのもおすすめです。

  • 原材料

    ケール、デキストリン、水溶性食物繊維

第3位キューサイ ケール青汁(冷凍タイプ)

  • キューサイ ケール青汁(冷凍タイプ)

    内容量

    630ℊ(90ℊ×7袋)×5セット

    価格

    5,655円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    酸化を防ぐための「低酸素 新鮮クリア製法」 と、新鮮なうちに絞った農薬・化学肥料不使用の国産ケールを約マイナス40℃で急速冷凍することでケールの苦みや渋みを抑えながら高い鮮度と栄養価を保った冷凍タイプの青汁です。フレッシュな味を手軽に楽しめます。

  • 原材料

    国産ケール(農薬・化学肥料不使用)、ビタミンC

第2位本搾り青汁ベーシック

  • 本搾り青汁ベーシック

    内容量

    4.5ℊ×30本

    価格

    2,911円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    化学農薬不使用でミネラル農法により栽培された国内産ケールを100%使用。ケールをまるごと粉末にしているのにも関わらず、強い苦みや青臭さもなくスッキリとした味わいで、お子さんや青汁が苦手な方にもおすすめです。着色料・保存料・香料・食塩無添加の良質な青汁。

  • 原材料

    ケール(国内産)、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、植物性ツイントース(オリゴ糖)

第1位ヤクルト 青汁のめぐりケール

  • ヤクルト 青汁のめぐりケール

    内容量

    225ℊ(7.5ℊ×30袋)

    価格

    3,240円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    腸まで届く「オリゴ糖」や「食物繊維」が含まれていて、腸内細菌をサポートし栄養素を体中に巡らせます。オリゴ糖により青汁特有の苦味や後味をおさえたほのかに甘みのある味です。農薬・化学肥料を使わずに育てた国産の良質なケールを使用しています。

  • 原材料

    ケールエキス末(デキストリン、ケールエキス)、ガラクトオリゴ糖、グァー豆酵素分解物(食物繊維)

ケール青汁の飲み方

継続的な摂取を心がける

ケール青汁は継続的な摂取を心がける

青汁は薬ではないので、毎日摂取することがとても重要です。1回きりの摂取や飲んだり飲まなかったりすると効果を発揮することができません。毎日欠かさず続け、症状の改善や健康維持を目指していきましょう。

自分の好きなタイミングで飲む

ケール青汁は自分の好きなタイミングで飲む

青汁はこの時間に飲まなければいけないという決まりは特にありません。自分の食生活に合わせた摂取を心掛けるようにしましょう。栄養不足が気になる方や、朝どうしても食欲がなく食べる量が少ない場合には、朝飲むことをおすすめします。栄養補助の役割はもちろん、食物繊維も豊富なので腸の調子を整えてくれます。食後の血糖値を抑える効果もあるため、夕食時に飲んだり、おやつ代わりとして間食に取り入れるのもおすすめです。

ケール青汁の注意点

過剰摂取は控え、薬との飲み合わせに注意する

ケール青汁の過剰摂取は控え、薬との飲み合わせに注意する

青汁は摂取する量が多ければ多いほど体に良いというわけではありません。食物繊維が豊富なため、飲みすぎることによりお腹がゆるくなったり、栄養素の種類によっては過度な摂取によって起こる「過剰症」になる場合があるため注意が必要です。更に、体が吸収できる栄養素の量には限界があるので、過剰に摂取しても吸収されずそのまま排出されてしまいます。各メーカーが記載した1日の目安量は必ず守るようにしましょう。また、血液をサラサラにする抗凝固薬などは青汁と飲み合わせが悪いため、薬を服用している場合は必ず控えるようにしましょう。

まとめ

今回は、ケール青汁をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・続けていける味を選ぶ
・好みの形状を選ぶ
・過剰摂取は控え、薬との飲み合わせに注意する
ということです。

私たちのカラダは食べたものでできています。今だけでなく、将来の健康・美容のためにも、栄養満点のケール青汁を取り入れて根本的な体質改善を目指していきましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP