メンズ スキンケア
  • 2018.9.12 メンズ スキンケア

    メンズにおすすめのスキンケアの基礎知識と選び方を徹底解説

    肌トラブルに悩んでいても、どのようにスキンケアをすれば良いのかわからないという男性も多いのではないでしょうか。肌トラブルがあったときに仕事やプライベートなどで人と顔を合わせるなどの用事がある場合は、憂鬱に感じてしまう人もいるでしょう。正しいスキンケア方法を理解して実践することで素早く肌の炎症を鎮め、肌トラブルを早く治すことができます。30代以降になると、肌のたるみやシミなどが気になる人もいるでしょう。肌のアンチエイジングは女性だけではなく、男性も身だしなみとして気をつかうことが大切です。この記事では、メンズの肌に関する基礎知識とスキンケアの選び方について紹介します。

実はトラブルが多い?男性の肌

実はトラブルが多い?男性の肌

男性の肌質は、実は女性よりもトラブルを抱えがちなことが特徴です。オイリー肌にみえる人でも肌内部の水分量が少なく、乾燥しやすいという悩みを抱えているケースがあります。毎日ヒゲをシェービングすることで、日常的に肌はダメージを受け続けています。また、日焼け止めを塗る習慣がない男性が多く、紫外線のダメージも受けやすいといえるでしょう。常日頃から肌のお手入れをしている女性よりも、スキンケアを行っていない男性は肌へのダメージは蓄積されやすくなります。その結果、シミやニキビなどの肌トラブルを招いてしまうことになります。一般的に男性の皮脂量は男性ホルモンの影響によって女性の肌の約3倍といわれていますが、肌内部の水分量は少ないことが特徴的だといえるでしょう。

水分量が女性の50%以下である男性の肌は、乾燥しやすいためにより多くの皮脂を分泌しようとしてしまいます。このような肌質から毛穴が塞がりやすくなり、毛穴の黒ずみやニキビ、吹き出物などに悩まされる原因となってしまいます。 皮脂の分泌量が多いために、シワやたるみなどの原因にもなりかねません。また、男性の皮膚は厚く女性よりも丈夫な肌質であるといえるでしょう。肌の皮膚が厚いことで、キメの細かさは女性には劣ります。皮膚が薄いほど、密度が高くなるため肌のキメは細かくなります。これは、男性の肌と女性の肌の手触りを比較してみるとわかりやすいでしょう。

このように、男性の肌質は女性よりもオイリー肌であり、ダメージを蓄積しやすいため、常日頃のスキンケアは大切だといえます。日頃からスキンケアを行うことで、ニキビやたるみなどの肌ケアをしていくことができます。

メンズスキンケアの必要性

メンズスキンケアの必要性

メンズには、メンズの肌質に合ったスキンケアを行っていくことが必要です。皮脂量が多く乾燥が進みやすいという特性に加えて、スキンケアをする習慣がないため、メンズの肌は乾燥がしやすいことが特徴です。皮脂を落とすために顔を洗いすぎる、拭きすぎるなどの間違ったスキンケアをすることで肌の乾燥がさらに進みやすいといえるでしょう。洗顔料などをしっかりと泡立てずに使用した場合は、余分な皮脂を十分に取り去ることはできません。また、オイリー肌が気になる人は1日に何度も洗顔料で洗顔する人もいますが、やりすぎてしまうと肌にとって必要な皮脂を失ってしまいます。スキンケアをする際には、正しい知識を得てから実践することを心がけましょう。

メンズの肌は、毎日の髭剃りによって肌が傷みやすい状況になっています。その結果、皮脂が過剰に分泌されても肌はカラカラに乾燥してしまいます。スキンケアをすることは大切ですが、女性用のスキンケアアイテムは油分が多すぎるために肌に合わない場合もあるでしょう。メンズの肌には、メンズ用のスキンケアアイテムを選ぶのが無難な選択といえます。

また、肌の老化を最もすすめてしまう要因は紫外線だといわれています。紫外線は夏に多くなるイメージですが、実際には1年中降り注いでいます。紫外線による光老化を防ぐためにも、紫外線対策は1年中行う必要があるといえるでしょう。

美肌であることは清潔感をもたらし、初対面の人にも好印象を与えられます。そのため、普段からのスキンケアや紫外線対策も必要不可欠だといえるでしょう。

メンズの肌に必要なケアとは

メンズの肌に必要なケアとは

メンズの肌は皮脂量が多く、肌内部の水分量が少ないインナードライ傾向にあるため、油分が少なく水分量が多いスキンケアアイテムを選ぶ必要があります。油分が多いスキンケアアイテムを使用すると、毛穴が塞がってしまいニキビや吹き出物などのトラブルに見舞われることもあります。また、日常生活で併せて紫外線対策を行うことも大切だといえるでしょう。油分が少ないジェルタイプやウォータータイプの日焼け止めがおすすめです。具体的には、SPF25~30程度のものがデイリー使いに向いています。紫外線量のピークは5月くらいになるので、その時期にはSPF50くらいの日焼け止めを使用すると良いでしょう。

オイリー肌のメンズは洗顔後に化粧水だけでスキンケアを済ませてしまいがちです。しかし、それでは化粧水で補った水分に「フタ」をすることができないため十分なスキンケアとはいえません。肌に化粧水をつけただけでは、もともと肌にあった必要な水分まで化粧水と一緒に蒸発してしまいます。化粧水で補った水分に美容液や乳液などで「フタ」をすることで、肌の水分量は上昇し過剰な皮脂の分泌を防ぐこともできます。肌の水分量が上昇することで、細菌の増殖を防ぐことができ、ニキビ予防にも効果を発揮します。また、特に皮脂の分泌が気になるメンズは肌の引き締め効果がある収れん化粧水を利用すると良いでしょう。毛穴を引き締め、余分な皮脂の分泌を防ぐことにも効果を発揮します。

メンズスキンケア用品もさまざまなものが販売されており、どれを選べば良いのかわからないという人はオールインワンタイプを選んで見るのも良いでしょう。化粧水や乳液、美容液などの効果が1本に集約されているものであれば、手軽にスキンケアを始めることができます。

自分のお肌のタイプを見極めよう

自分のお肌のタイプを見極めよう

肌にはさまざまなタイプがあるため、スキンケアをする前にまずは自身の肌のタイプを見極める必要があります。肌質には、オイリー肌・混合肌・乾燥肌・敏感肌・普通肌・インナードライ肌の6種類があります。肌トラブルに見舞われやすいのが、皮脂の分泌が多く肌の水分量が少ないオイリー肌だといえるでしょう。ニキビができやすい思春期だけではなく、食生活や生活習慣に乱れがある30~40代にも多くみられる肌質といわれています。内的な要因によって起きやすいオイリー肌ですが、こまめに脂とり紙で皮脂をオフしたり食生活を改善したりすることがスキンケアのポイントだといえるでしょう。

乾燥肌とオイリー肌が混じる混合肌は、男性の約半分を占めるといわれています。混合肌の人はTゾーンの皮脂が目立ち、目元や口元が乾燥するケースが多くみられます。皮膚がめくれている状態で、赤ら顔や肌荒れなどを招きやすいのが乾燥肌です。乾燥肌の人は、肌の保湿を心がけたスキンケアをするようにしましょう。敏感肌は、アレルギー体質の人やアトピーの人に多い傾向があります。スキンケア用品が肌にしみるなどの症状が特徴であるため、深刻な肌荒れに悩んでいる場合は皮膚科を受診してみると良いでしょう。普通肌の人は比較的肌トラブルが少ないことが特徴といえますが、夏にはオイリー肌寄りになったり冬には乾燥肌寄りになったりする場合もあります。

インナードライ肌は、テカリが目立つ肌質でありながら肌の内側が乾燥してしまっている状態のことをいいます。これは肌のターンオーバーが正常に行われていないために起こる現象で、シワやシミなどの肌トラブルを招きやすい肌質ともいえるでしょう。

メンズスキンケアで失敗しない!選ぶべきアイテム

メンズスキンケアで失敗しない!選ぶべきアイテム

メンズのスキンケアの基本は、まず「洗顔」で汚れを落とし、「化粧水」で保湿し、「乳液」で保湿を維持することです。そのため、自身の肌質に合った洗顔料と化粧水、乳液などを用意するようにしましょう。洗顔料にはフォームと固形石鹸の2種類があります。固形石鹸は洗浄力が強すぎず肌に優しいものが多いので、肌トラブルが多い人は試してみると良いでしょう。また、固形石鹸は洗浄成分が肌に残りにくいため化粧水などの浸透力を高めることも特徴です。化粧水はセラミドなどの成分が配合されていると肌が潤いやすく、保湿力が高いものを選ぶことがおすすめです。

乳液を選ぶ際には、油量よりも保湿成分(セラミド、プラセンタ、ヒアルロン酸)が豊富に含まれているものを選ぶようにしましょう。スキンケアの時間を短縮したい人には、オールインワンタイプが向いています。肌への刺激が少ないことが特徴ですが、化粧品としての効果が弱いことがデメリットといえます。乾燥肌の人は洗顔後に化粧水や乳液などで保湿したあとに、クリームや美容液を使用して水分と油分をしっかり肌に補給しましょう。混合肌の人は口元や目元のみにクリームや美容液を使用し、Tゾーンには使用しないといったスキンケア方法にすることで皮脂の余分な分泌を防げます。

日中の日焼け対策として女性に広く使用されているBBクリームは、肌を綺麗にみせる効果もあるので男性も試してみると良いでしょう。BBクリームには男性用も販売されています。使用することで保湿効果を得られ、肌の赤みなどを抑えてくれます。BBクリームを使用したあとは、洗顔料でしっかりと落とすように心がけましょう。

スキンケアアイテムの正しい使い方とは

スキンケアアイテムの正しい使い方とは

必要なスキンケアを購入したら、スキンケアアイテムを正しく使うことが大切です。朝はヒゲそり後に洗顔し、化粧水と乳液を付けるようにしましょう。乾燥肌の人は、朝は洗顔料を使用せずにぬるま湯だけで洗顔することで肌への負担を軽減することができます。夜は洗顔後、化粧水・乳液の順で行います。洗顔をする時は、まずぬるま湯で下洗いをします。洗顔料は2cmほど使用することを目安にして泡立てネットを使い、しっかりと泡立てることで肌に洗顔料が残りづらくなります。泡立てネットを使うのが面倒だと感じる人は、泡立てる手間がないポンプ式の泡タイプ洗顔料を使用すると良いでしょう。

洗顔料で肌をゴシゴシとこするのではなく、優しく円を描くようなイメージで洗いましょう。洗顔後は清潔なタオルで顔優しく拭き、化粧水を塗ります。洗顔後に使用するタオルは、手拭き用のタオルなどと分けて毎日取り換えるように心がけましょう。化粧水を塗る際には肌を叩くように塗るのではなく、優しくじっくりと浸透させるように塗ることがポイントです。その後に乳液を塗りますが、化粧水がしっかりと肌に浸透してから塗る必要があります。肌の表面が濡れている状態では、化粧水が十分に浸透した状態とはいえません。化粧水が肌に浸透したことを確認してから、乳液を両手に広げ顔全体になじませていきましょう。

この際、手のひらの温度で乳液を肌に浸透させるイメージでつけるとより肌の奥深くまで浸透させることができます。女性用の乳液は油分が多いものが一般的であるため、男性用の乳液を使用することで肌トラブルを防げます。

化粧水は手で付けるのが正解?

化粧水は手で付けるのが正解?

化粧水を付ける際に手で塗るものなのか、コットンで付けるものなのか迷ってしまう人もいるでしょう。コットンを使うメリットとしては、洗顔後、顔を拭いたときについた「タオルの繊維」を取りのぞきキレイな状態にできることが挙げられます。デメリットはお肌の凹凸に密着しにくく、細かく化粧水をつけることができないところだといえます。コットンを使用する際にはコットンの裏側までひたひたになるくらいに、たっぷりと化粧水を染み込ませることがポイントだといえるでしょう。コットンは人さし指と薬指か、人さし指と小指で挟んで使用します。肌を叩くのではなく、優しく押しあてるようにコットンで塗るようにします。

手で付けるメリットは、肌のすみずみまで化粧水を塗れることが挙げられるでしょう。デメリットは手で付けた場合、タオルの繊維を完全に取りのぞくことができません。化粧水によっては、使用方法が決められているものもあります。化粧水を使用する前に、使用方法は必ず確認しておくようにしましょう。手で付ける際には、必ずハンドソープなどで洗った清潔な手で付けるように心がけます。化粧水を両手にとったら、手のひらの体温で温めてから塗るようにしましょう。一度に大量の化粧水を塗りこむのではなく、2~3回にわけてじっくりと塗ることで肌への浸透力を高めることができます。化粧水を顔全体に塗り終わったら、顔を包みこむように10~15秒ほどハンドプレスすることがポイントです。

ハンドプレス後に肌を触り、手が肌に吸い付くような感覚があれば肌に化粧水がしっかり浸透したというサインになります。

男性が勘違いをしている!NGなケア方法とは

男性が勘違いをしている!NGなケア方法とは

男性が勘違いしやすいNGなスキンケアの代表的なものは、洗顔フォームを手に出しさほど泡立てずに肌に使用することが 挙げられます。また、お風呂のお湯を使って洗顔してしまう人も多いでしょう。お風呂のお湯は40度前後で肌には温度が高めであるため、必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。そのため、洗顔をする際には人肌程度のぬるま湯を使用することがポイントだといえます。毛穴を引き締めたいからと冷水を使用すると、洗顔料で洗う前に毛穴が閉じてしまうため汚れがキレイに落ちません。また、男性がやりがちなNGな洗顔は洗顔フォームを顔の上で泡立てることです。

これは、肌を必要以上にこすってしまい傷つけてしまう可能性があるのでやめるようにしましょう。肌に必要以上に摩擦を与えてしまうことで、メラニンを増やしシミの原因になることもあります。洗顔に2分以上かけてしまうと肌に必要な潤いや皮脂まで奪われてしまうこともあります。1分ほどを目安に行うことで、肌に負担をかけずに洗顔ができるでしょう。ぬるま湯で20回ほどすすぐイメージで、洗顔料はしっかりと落としきることがポイントです。また、スクラブ入りの洗顔料でガシガシと乱暴に洗顔するのも肌を傷めてしまう原因となります。スクラブ入りの洗顔料を使用する場合は、力を入れずに優しく肌をなでるイメージで洗顔しましょう。

洗顔後にスキンケアを行うまでに時間が空いてしまうと、乾燥してしまい肌にダメージを与える原因となってしまいます。そのため、洗顔後はすぐにスキンケアができるように準備しておきましょう。

メンズスキンケアと併せて!食事にも気を使おう

メンズスキンケアと併せて!食事にも気を使おう

健やかな肌を維持するために必要なのは、正しいスキンケアとバランスのとれた食事だといえます。正しいスキンケアをしていても、揚げ物やお菓子などを大量に摂取していると肌荒れの原因となってしまうでしょう。食事は、タンパク質とビタミン類をバランスよく摂取するのが望ましいといわれています。タンパク質は牛の赤身・豚のヒレ肉・鶏むね肉・大豆などに豊富に含まれています。ニキビを改善するためにはビタミンB2やビタミンB6が豊富に含まれた食材を摂取するようにしましょう。ビタミンB2は牛乳やアーモンドなどに含まれ、ビタミンB6は卵や魚類などに含まれています。

ビタミンB2やビタミンB6と一緒に摂取することで効果を発揮しやすくなるのが、ビタミンCです。ビタミンCは肌に透明感を与え抗酸化作用が高いといわれており、柑橘類やイチゴ、サツマイモなどに豊富に含まれていることが特徴です。ビオチンは、粘膜や肌を健やかに保つ成分であるため積極的に摂取するようにしましょう。また、乾燥肌の人はフカヒレなどのヒアルロン酸を多く含む食材を摂取することで肌の潤いを保つことができます。亜鉛は肌の新陳代謝を活発にする栄養素であり、牡蠣やホタテなどに含まれています。また、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果を発揮するのはタンパク質やビタミンCです。

反対に肌トラブルを招いてしまうのは、ファストフードなどの油分の高い食事やビタミンを体外へ排出してしまうコーヒーなどです。お菓子などの糖分が多く含まれている食べものは、肌を酸化させ老化を招く原因にもなってしまうでしょう。

クリーンな肌をキープしたいなら生活習慣の見直しも大切

クリーンな肌をキープしたいなら生活習慣の見直しも大切

美しい肌を保つためには、十分な睡眠時間をとることが最も大切だといわれています。忙しい人でも、毎日最低6時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。しっかりと睡眠をとることで、肌だけではなく全体の細胞が修復・再生されます。特に、眠り始めの約3時間は成長ホルモンの分泌が盛んになるため、良質な深い睡眠をとることも美肌へつながる秘訣だといえるでしょう。22時から4時は成長ホルモンが特に活発に分泌される時間であるため、早く眠るように心がけましょう。ストレスをためないことも美肌を保つためには効果的です。そのため、週1回以上の定期的な運動も美肌を保つうえで効果的です。

運動不足の人はニキビができやすくなる傾向にあり、くすみやクマなどの原因にもなりかねません。また、ストレスが多い人はニキビができやすいためストレス発散のために半身浴やマッサージなどで、心と体をリラックスさせましょう。ハーブティーを飲んだりアロマセラピーをしたりするなど、自身がリフレッシュできる方法を見つけておきましょう。食生活を改善して美肌を目指したい人は、緑黄色野菜を温野菜にして食べることで効果的に栄養素を補給することができます。サラダでは身体を冷やしてしまう原因になり肌に栄養補給しづらいため、お鍋やスープなどで温かい状態で野菜を摂取するようにしましょう。過剰に食事を食べ過ぎてしまうと、肌を老化させてしまう原因になることもあります。

腹8分を目安に、3食バランス良く食事するように心がけましょう。

メンズスキンケアにまつわる素朴な疑問を解決

メンズスキンケアにまつわる素朴な疑問を解決

メンズのスキンケアに関して、初めて使用する人は疑問に思う部分もあるでしょう。化粧品はライン使いすることで、保湿力の高さを発揮します。値段が高い化粧品ほど効果があるように感じる人が多いですが、ブランドに捉われすぎないようにしましょう。さまざまな化粧品を試してみて、自分の肌に合った「洗顔料」「化粧水」「乳液」を見つけることが大切です。学生のように高額なスキンケア用品を揃えられない場合は、市販のプチプラ化粧品を選ぶ人もいるでしょう。高額な化粧品を少しずつ使用するよりも、プチプラの化粧品をたっぷりと使用して肌に浸透させた方が効果は出ることもあります。

また、男性でも美白ケアはできるのかと疑問を抱く人もいるでしょう。美白ケアをするためには根気強く長い期間をかけて保湿をし、紫外線ケアをしっかりと行うことが大切です。化粧品のなかにはアルコールが含まれているものもあります。敏感肌の人は、アルコールフリーの化粧品を選んだ方が良いのか悩む場合もあるでしょう。化粧品に含まれているアルコールは「エタノール」であり、安全性を向上させたり、製品の防腐効果を高めたりするために含まれています。敏感肌の人は、このアルコールの影響で肌荒れを引き起こしてしまう可能性もあります。肌荒れしやすい人は、ネット上の口コミを参考にするなどしてアルコールが入った化粧品は慎重に選ぶようにしましょう。

スキンケア用品は量を多く使用するほど、肌に効果があると考える人もいるでしょう。夏場などにTゾーンにクリームや美容液を塗ってしまうと、皮脂が過剰に分泌されてしまうケースもあります。肌の部位や季節などに合わせて使用量も変えるようにしてみましょう。

綺麗な肌の男はモテる!スキンケアでワンランク上の美肌を手に入れよう

綺麗な肌の男はモテる!スキンケアでワンランク上の美肌を手に入れよう

綺麗な肌になるためには、自分の肌に合ったアイテムを選び正しく使うことが重要です。綺麗な肌になることで自信をもつことができ、女性に好印象を与えるきっかけにもなるでしょう。仕事をするうえでは、美肌になることで仕事相手に清潔感を与えることもできます。スキンケアは、短期間ですぐに効果が表れるものではありません。長い期間をかけて丁寧に肌を手入れすることで、美肌へ近づくことができます。季節や肌の状態に合わせたスキンケア方法を積極的に行うことも大切です。スキンケアをする際には、手間をおしまず優しく丁寧に行うということを心がけましょう。すぐに自分の肌に合ったスキンケア用品に出会うことは難しいかもしれません。しかし、根気強く肌に合ったスキンケア用品を探し、手入れをすることが美肌への近道だといえるでしょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

PAGE TOP