メンズ スキンケア
  • 2018.9.13 メンズ スキンケア

    毎日の洗顔でメンズも健康肌に!おすすめの洗顔方法をご紹介

    男性でもスキンケアに気を遣う人が増えてきています。肌の美しさにこだわる女性は多いですが、男性にだって肌の悩みはあります。実際に、ニキビや肌のかさつきといった肌のトラブルに悩まされている人もいるのではないでしょうか。肌荒れやニキビは肌を汚くし、見た目を悪くするだけでなく、肌の健康という意味でもマイナスです。もちろん、清潔感のある大人の男性を目指すためにも、肌のきれいさは重要です。健康的できれいな肌は、自分に自信を与えてくれます。健やかできれいな肌を作るためには毎日のスキンケアが大切です。このコラムでは、これからスキンケアを始めるという男性陣のために、正しいスキンケアのやり方や化粧品の選び方を紹介します。

メンズの肌の特徴について知ろう

メンズの肌の特徴について知ろう

男性と女性では、肌の質に大きな違いがあります。具体的なスキンケアのやり方について考える前に、男性ならではの肌事情について知っておきましょう。

男性の肌の特徴は、皮脂の量が多いことです。一般的に男性の肌は女性よりも皮脂の分泌が多く、量は女性の約3倍といわれています。また、女性とは違い、年齢を重ねても皮脂の分泌量が減りません。そのため年齡に関係なく、Tゾーンのベタつきやテカリに悩まされやすい傾向があります。

一方、肌の水分量については女性の約半分と少なめです。つまり、もともとの肌質からして男性は乾燥肌になりやすいのです。さらに、もともと乾燥しやすいだけでなく、男性の場合は髭剃りによって乾燥が悪化してしまうケースも多いです。髭剃りは少なからず肌にダメージを与える行為です。髭を剃るときに肌の水分を保持している角質層を一緒に削ってしまうため、ますます肌が乾燥しやすくなってしまいます。あごから頬にかけてのUゾーンが乾燥しやすいと感じたら、それは毎日の髭剃りが原因である可能性があります。

肌トラブルが起きる原因の1つは、肌の油分・水分量のバランスが崩れることです。男性の場合、女性のように化粧品で肌トラブルをカバーする方は、まだまだ少ない為、だからこそ、毎日のスキンケアで肌の油分・水分量のバランスを整え、肌を健康的に維持する必要があるのです。

メンズの肌にはメンズ用のケアを!その必要性とは

メンズの肌にはメンズ用のケアを!その必要性とは

ここまで見てきたように、男性の肌には皮脂の量や水分量の面で女性とは大きく違います。したがって、同じスキンケアでも女性とはまた違ったやり方が求められるといるでしょう。

メンズ向けのスキンケアのポイントは2つです。1つは過剰な皮脂をとりのぞくこと、もう1つは適度にうるおいを補うことです。

同じ男性でも実際にはオイリー肌・乾燥肌・敏感肌とさまざまな肌タイプの人がいますが、まずはこの2点の基本方針を押さえたうえで、自分に合ったケア方法を考えていくとよいでしょう。

男性が肌を綺麗にするといいことたくさん

男性が肌を綺麗にするといいことたくさん

男性が肌をきれいに保つことは、自分への自信につながります。皮脂によるテカリやベタつき、乾燥によるカサカサ肌や粉吹きは、見た目の印象を考えるうえではマイナスです。さらに、こうした状況を放っておくことは、大人のニキビやシミ、シワといったさらなる肌のトラブルにもつながります。

日頃から正しいスキンケアを行うことで、肌の状態は変わります。肌のトラブル改善のために、さまざまな洗顔料を試している人もいるかもしれませんが、肌の調子を整えるためには洗顔料以外のケアも重要です。必要なケアが分かれば、使うアイテムも最小限に絞ることができるので、結果的に無駄な出費もなくなります。

自分に合ったスキンケア方法を見つけて、清潔感のある大人の男性を目指しましょう。

男の肌タイプは1つではない!肌の特性を知ろう

男の肌タイプは1つではない!肌の特性を知ろう

肌の特性は人によっても変わります。一般的に、皮脂量が多く水分量が少ないといわれる男性の肌ですが、そのなかでも個性があるのです。自分に合ったスキンケアの方法を見つけるためにも、まずは肌のタイプを把握しましょう。肌のタイプは、オイリー肌(脂性肌)・乾燥肌・混合肌・敏感肌の4タイプに分類できます。

オイリー肌はメンズに多いといわれる肌タイプです。このタイプのメンズは皮脂の量が全体的に多く、皮脂の分泌が特に活発なTゾーンを中心に、肌のテカリが目立つ傾向があります。また、皮脂の過剰分泌によるニキビ、皮脂腺が大きくなることによって起こる毛穴の開きといったトラブルに見舞われやすいのも特徴です。オイリー肌の人の場合、余分な皮脂を落とし、保湿ケアで乾燥を防ぐことが重要になります。乾燥は皮脂の分泌を招くので、顔の洗いすぎなどによる皮脂の落としすぎにも注意しましょう。

乾燥肌は肌の表面にある角質層が薄くなり、肌の水分量が減ってしまった状態です。このタイプの肌のメンズは肌が乾燥しやすく、かさつきやすくなったり、小じわができやすくなったりします。また、肌の乾燥は肌のバリア機能を低下させるため、かゆみやシミ、シワといった肌トラブルが起きやすいのも特徴です。肌が乾燥すると肌の新陳代謝も乱れ、健康な角質層ができません。そのため、乾燥がいっそうひどくなるという悪循環に陥りがちです。洗顔後の保湿ケアや髭剃りのやり方に気をつけ、早めに乾燥肌からの脱出を図りましょう。
混合肌は部位によって脂性肌と乾燥肌が混じった状態の肌をいいます。Tゾーンのように皮脂の分泌が盛んなところにはニキビなどの吹き出物ができる一方、皮膚が薄く、皮脂の分泌が比較的少ないところは乾燥します。もし、洗顔後に顔が一部分だけ突っ張るなどの自覚症状があったら、混合肌の可能性があります。皮脂の量が多いところは多いため、オイリー肌と勘違いされがちですが、ここでオイリー肌と同じケアをしてしまうと肌の乾燥がひどくなってしまいます。Tゾーンはオイリー肌用、乾燥しやすいUゾーンは乾燥肌用、と部分に合わせてケア方法を変えていくようにしましょう。

敏感肌は、肌の乾燥や間違ったスキンケア、ストレスなどが原因で肌のバリア機能が低下し、外からの刺激に弱くなってしまった状態です。ちょっとした刺激にも肌が反応し、赤みやかゆみなどの症状が出ます。この肌タイプのメンズは、とにかく肌への刺激を避けつつ、肌のバリア機能を高めるようなケアを行うことが重要です。化粧品による肌のトラブルを避けるためにも、ケアにあたっては低刺激のアイテムを選ぶのがおすすめです。

アイテム選びのポイントを解説

アイテム選びのポイントを解説

スキンケアを行うためには、洗顔料や化粧水、日焼け止めなどさまざまなスキンケアアイテムが必要になります。これらのスキンケアアイテムを選ぶとき、どのようなポイントに気をつけるべきなのでしょうか。主なポイントを4つ紹介します。

1つ目は、年齢や肌の状態に合わせることです。年齡や肌の悩みによって、スキンケアアイテムに求められる成分は変わってきます。ある程度の年齢になったらアンチエイジング成分、ニキビなら炎症を抑えてくれる成分など、必要な有効成分が違うのです。アイテムを選ぶときは、自分の年齢や肌のタイプも考えて選ぶようにしましょう。

2つ目は使用感がよいことです。いくらよい商品でも、肌につけたときの感触や匂いが合わないと使うのがストレスになってしまいます。気持ちよく使い続けるためにも、自分にとって好ましいと思える使用感の製品を探しましょう。

3つ目は継続可能な値段であることです。スキンケアは一時的にではなく、ずっと継続して行うものです。したがって、高価すぎるアイテムを選んでしまうと続けるのが経済的に大変です。無理なく続けられるように、予算に合わせてアイテムを選ぶことをおすすめします。

4つ目は、入手が簡単であることです。買えるお店が限られるなど入手しづらい製品を選んでしまうと、急に切れてしまったときにすぐに買いに行けません。また、途中で買うのが面倒になってしまい、スキンケアを続けること自体を挫折してしまう可能性があります。長く続けるためにも、店舗や通販で手軽に買えるアイテムを選びましょう。

優しく洗って!正しい洗顔方法を紹介

優しく洗って!正しい洗顔方法を紹介

洗顔はスキンケアの基本です。洗顔には皮脂やほこりといった肌の汚れを落とし、肌を清潔な状態に保つ役割があります。特に皮脂の分泌量が多い傾向のある男性にとって、洗顔で余分な皮脂を落とすことは肌の健康維持のためにはとても重要なことです。

しかし、一方で洗い方によっては、肌の持つうるおい成分まで洗い流してしまう、摩擦による刺激で肌を傷つけてしまうといったリスクもあります。間違った洗顔は肌によいどころか、かえって肌トラブルの原因になります。肌を守るためにも、まずは正しい洗顔方法を押さえましょう。

正しい洗顔のコツは2つあります。1つは低めのぬるま湯を使うこと、もう1つは肌をこすらないことです。

まず、気をつけたいのがすすぎなどに使うお湯の温度です。熱いお湯を使うと肌のうるおい成分を落としすぎてしまい、肌が乾燥する原因になります。一方、冷水だと皮脂汚れが落ちにくく、洗顔の効果が出づらくなります。もし、顔を洗うのであれば、皮脂が溶け出す30~35度のぬるめのお湯を使うのがベストです。顔を洗うときは、このお湯を使うようにしましょう。また、肌をこすらないことも大切です。肌を手やタオルでこすってしまうと肌の角質層を傷つけてしまいます。顔を洗うときは、直接指が肌に触れないように気をつけましょう。また、タオルでごしごし拭くのも避けてください。

それでは、実際に正しい洗顔のやり方について具体的な手順を見ていくことにしましょう。

まずは顔をぬるま湯で濡らします。次に洗顔料をしっかり泡立て、Tゾーンに泡をのせて泡を転がすようにして洗います。次に、Uゾーンに泡を伸ばし、最後は顔全体に洗顔料の泡を行き渡らせます。その後、すぐにぬるま湯を手にすくい、顔をすすぎます。すすぎ残しがないように、丁寧にすすぐようにしましょう。すすぎ終わったら清潔なタオルで、肌を押さえるようにして拭きます。

実はNG!男性がやりがちなスキンケア

実はNG!男性がやりがちなスキンケア

普段何気なくやっている行動が、肌を傷める原因になっていることを知っていますか。ここでは、ついメンズがやってしまいがちな、肌を傷める間違った習慣について紹介します。

まず、避けてほしいのがおしぼりなどで顔をごしごし拭いてしまうことです。顔をごしごし拭いてしまうと、摩擦による刺激で傷ついてしまいます。乾燥が悪化したり、シミになったりする可能性もありますので、顔の皮膚はなるべくこすらないようにしましょう。

また、使い回しのタオルで顔を拭くのも避けるべきです。使い回しのタオルには雑菌が繁殖している可能性があり、それが原因で肌にトラブルが起きるおそれがあります。タオルに限らず、寝具や化粧品、カミソリなど肌に触れるものの衛生状態には十分気をつけるようにしましょう。

逆に、清潔感にこだわりすぎて、洗顔シートで頻繁に顔を拭いたり、顔を1日に何度も洗ったりするのも問題です。顔の洗いすぎは肌が乾燥する原因になります。乾燥肌・敏感肌の人はもちろん、テカリが気になる脂性肌の人も過度の洗顔は禁物です。乾燥すると皮脂が過剰に分泌されてしまい、かえって脂性肌の症状が悪化します。

その他、日焼け止めを塗らずにアウトドアで出かける、洗顔後の保湿ケアをしないといったことも、肌を傷める原因になります。過剰なケアも肌にはNGですが、正しい洗顔・保湿ケア・日焼け止めという最低限のケアを忘れずに続けることが大切です。

洗顔の後のスキンケアも大切!

洗顔の後のスキンケアも大切!

洗顔をした後は保湿ケアを忘れないようにしましょう。洗顔後は肌から皮脂、セラミドといったうるおいの維持に必要な成分が失われ、乾燥しやすい状態になっています。肌を乾燥から守るためにも保湿ケアは欠かせません。

保湿ケアには、化粧水、乳液・クリームといったアイテムを使います。化粧水には肌に水分を補う、水溶性の有効成分を届けるといった働きがあります。また、乳液・クリームには肌に蓋をして水分の蒸発を防ぐ、油溶性の有効成分を届けるという役割があります。

さらに人によっては化粧水・乳液のほかに、美容液を使うケースもあります。美容液は保湿成分などの有効成分が特に多く配合された基礎化粧品です。美容液によって得意とする分野が違うので、それぞれの肌の悩みに合わせたアイテムを選びましょう。それぞれのアイテムをつける順番については、化粧水、美容液、乳液・クリームというのが一般的です。

なお、同じ種類のアイテムでも、製品によって配合されている成分が異なります。原材料表示をよく読み、自分の肌のタイプに合った製品を選ぶようにしましょう。基本的にはメンズの肌は、皮脂の量が多く水分量が少ない傾向があるので、油分が少ないさっぱりとしたタイプのスキンケアアイテムを選ぶのがおすすめです。

また、肌タイプによっても具体的なスキンケアのポイントは異なります。それぞれの肌タイプにおけるスキンケアのコツは次のとおりです。

脂性肌や混合肌で顔がテカりやすい人は、油分を補いすぎるとテカリが悪化します。皮脂分泌の盛んなTゾーンへの乳液の使用は避けるようにしましょう。

肌が乾燥しやすい乾燥肌・敏感肌の人は、肌のバリア機能を高めるセラミドを含むアイテムがおすすめです。角質層に含まれるセラミドは、肌の水分保持機能に大きな役割を果たしています。乾燥肌、敏感肌の人は肌の中のセラミドが少なくなっている傾向があるので、化粧品で積極的に補うとよいでしょう。その他、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分もおすすめの成分です。なお、敏感肌、乾燥肌の人は、外からの刺激に弱くなっていることも多く、化粧品にかぶれやすい傾向があります。肌トラブルを防ぐためにも、パラベンなどの添加物を避け、低刺激のアイテムを選ぶようにしましょう。

紫外線対策を忘れないで

紫外線対策を忘れないで

メンズがうっかり忘れてしまいがちなのが、紫外線対策です。肌の健康を守るためには、紫外線対策はとても重要です。紫外線は肌の細胞を傷つけ、皮膚がんや肌の老化の原因になります。また、肌のバリア機能の低下による乾燥も心配です。肌トラブルを防ぎ、健康な肌を維持するためにも、紫外線の害から肌を保護することが重要になります。

日焼け止めの紫外線防御効果はSPF、PAという2つの数値で表されます。実は紫外線はその波長によって、A波・B波・C波の3つに分類されます。そのうち紫外線A波は肌の奥まで届き、シミやシワといった老化現象を引き起こす原因になります。紫外線B波はいわゆる日焼けの原因となる紫外線で、肌に炎症を引き起こします。紫外線C波は紫外線のなかでももっとも害が強く、皮膚がんなどのリスクが指摘されている紫外線です。通常はオゾン層に遮られて地上には届かないといわれていますが、オゾンホールの出現により一部地域では地上に届きつつあります。日本ではこれまでのところあまり心配がいらないと考えられている紫外線ですが、今後の悪影響が懸念されている紫外線です。

紫外線と聞くと「直射日光を浴びなければ安心」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、それは誤りです。紫外線のうち、直射日光を避けることで対策できるのは紫外線B波だけです。紫外線A波は曇りの日でも、室内にいても届きます。ですから、天気や現在いる場所に関係なく、昼間に活動するのであれば紫外線対策は必須といえるでしょう。

自分でできる紫外線対策としては帽子やサングラス、日焼け止めといったものがあります。そのうち、特にメンズが忘れてしまいがちなのが、日焼け止めです。日焼け止めには紫外線A波・B波両方を防ぐ効能があるため、こまめに塗ることで紫外線の害から全身の肌を守る効果が期待できます。

日焼け止めの紫外線防御効果は、SPF、PAという2つの効果指数で表されます。SPFは紫外線B波を何も塗らない状態と比べてどれだけ長い時間防御できるかということを表す数値で、1~50+の段階があります。そして、数値が大きいほど、紫外線B波を防ぐ効果が高くなります。一方、PAは紫外線A波をどれだけ長い時間防御できるかを表す数値で、+~++++の4段階で表されます。+の数が多いほど、紫外線A波に対する防御効果が高いということになります。日焼け止めを選ぶときは、このSPF、PAという2つの数値がどうなっているかをよく確認するようにしましょう。

紫外線防御効果は高ければ高いほうがよいと考える人もいるかもしれませんが、一方でSPF、PAの数値が高い日焼け止めには肌への負担が大きいというデメリットもあります。したがって、普段使いならSPF25、PA++程度の日焼け止めで十分です。SPF、PAの高い日焼け止めは、アウトドアや海に行くとき、屋外でスポーツをするときに使うとよいでしょう。

日焼け止めを効果的に使うためには、実はSPF、PAの数値よりも、こまめに塗り直すことのほうが大切です。時間の経過とともに日焼け止めの効果はなくなってきますし、さらに汗などで日焼け止めの成分が落ちてしまうリスクも考えられます。SPF、PA値の高い日焼け止めを塗りっぱなしにするよりも、低めの日焼け止めをこまめに塗り直したほうが結果的に効果的と考えられるのです。

なお、日焼け止めのなかにはクレンジングを使わないと落とせないものがあります。メンズはクレンジングを使わないことが多いため、普段は石鹸で落とせるタイプのものを使用すると楽です。海に行く場合などの事情で落としにくいウォータープルーフの日焼け止めを使った後は、必ずクレンジングを使うようにしましょう。日焼け止めの成分が肌に残ってしまうと、肌荒れの原因となるおそれがあります。また、日焼け止めのなかには肌への刺激が強い成分が含まれている製品もあります。肌が敏感な人は紫外線吸収剤フリーの日焼け止めやベビー用といった低刺激の日焼け止めを使うのがおすすめです。

メンズの洗顔にまつわる疑問のお答え

メンズの洗顔にまつわる疑問のお答え

スキンケアの基本ともいわれる洗顔ですが、なかには「今まで適当にやってきた」という人もいるかもしれません。そんな洗顔初心者の男性向けに、この段落ではメンズの洗顔に関する素朴な疑問に回答します。

1つ目の疑問は、顔を洗う回数に関するものです。顔の洗いすぎは乾燥のもとという話をしてきましたが、具体的に1日の洗顔回数は何回が理想なのでしょうか。

洗顔の回数については1日に1~2回が適当、具体的には朝晩の2回が理想的です。これ以上は洗いすぎとなり、肌を傷めてしまう原因となります。洗顔シートの使いすぎも含め洗顔のやりすぎには十分に気をつけましょう。

2つ目の疑問は洗顔料の値段についてです。洗顔料にも安いものから高級なものまでさまざまな製品があります。せっかく洗顔料を購入するのであれば、なるべく値段が高い製品を選んだほうが肌にはよいのでしょうか。

一概にはいえませんが、化粧品類の値段と含まれている成分は比例する傾向があります。値段がそれなりに高価な洗顔料の場合、極端に安い製品よりは高品質である可能性が高いといるでしょう。また、製品の品質を見極めるためにも、原材料表示をよく読み、成分を確かめて買うことも重要です。

3つ目の疑問は顔のすすぎ方についてです。夜の洗顔は入浴のついでに行うことがどうしても多くなりますが、なかには湯船に入らず、シャワーしか浴びないという人もいるかもしれません。そうした場合、身体を洗うときと同じように、顔もシャワーで直接すすいでしまってもよいのでしょうか。

これについては、NGだと考えられます。シャワーの水圧で肌が傷ついてしまう可能性があるからです。水でふやけた状態の肌はいつも以上に刺激に弱い状態になっています。余計な刺激を避けるためにも、必ずお湯を手にとってすすぐようにしましょう。

最後に紹介するのは、水洗顔に関する疑問です。水洗顔をすすめる美容法がありますが、効果的なのでしょうか。洗顔料には皮脂やほこりといった汚れを落とす働きがありますが、一緒に肌のうるおいも奪ってしまいます。乾燥が気になる人であれば、水洗顔はおすすめです。洗顔料を使うのは夜だけにして、朝は水洗顔にしてみましょう。また、混合肌の人の場合については、朝はテカリの気になるTゾーンだけに洗顔料を使い、乾燥が気になるところは水洗顔にするというやり方もあります。

自分の肌の性質を知りメンズ洗顔料を選ぶ

自分の肌の性質を知り洗顔料を選ぶ

健康的できれいな肌は毎日の地道なケアから生まれます。まずは、肌を傷めないような正しい洗顔方法を押さえ、肌を清潔に保つよう心がけましょう。また、洗顔以外の保湿、紫外線対策も肌のトラブルを避けるためには重要になってきます。自分の肌タイプや目的に合った化粧品を選び、日々コツコツとスキンケアを続けましょう。

これまでスキンケアの経験がなかったメンズにとって、化粧水をつけたり、日焼け止めをいちいち塗ったりするのは最初のうちは面倒に感じるかもしれません。しかし、ちょっとした手間が数カ月後、数年後の肌の状態を左右します。正しいスキンケア習慣で、男を磨きましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

PAGE TOP