メンズ スキンケア
  • 2018.9.13 メンズ スキンケア

    メンズ乳液は必要?アイテムのおすすめの選び方や使い方を解説

    綺麗な肌を保ちたい、肌荒れや乾燥・テカリが気になってしまうなどといった悩みを持つ男性は少なくありません。男性は女性よりも肌が乾燥しやすく脂質も多いため、肌トラブルが出やすくなっています。すでに肌トラブルが起きている人は、できるだけ早く正しいスキンケアをする必要がありますし、健康な肌も加齢とともに衰えていくため正しいスキンケアの習慣をつける必要があります。肌を健康に保つために、メンズ乳液の役割や正しい選び方、使い方などを学んでいきましょう。

実はカラカラ!男性の肌が乾燥する理由

実はカラカラ!男性の肌が乾燥する理由

肌は、表皮、真皮、皮下組織という層構造になっており、肌の表面にある表皮の層構造は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層となっています。表皮の一番上に位置する角質層は、ブロック状に重なった角質細胞を細胞間脂質がつなぎ合わせており、肌から水分が蒸発したり、外部からの刺激を守ってくれたりする役割を果たしています。この角質層のバリア機能が何らかの原因で機能していないと、保湿能力も低下し乾燥肌になってしまうのです。

乾燥肌は女性の悩みだと思う人も多いかもしれませんが、実は女性よりも男性の方が乾燥肌になりやすくなっています。男性ホルモンの関係上、女性よりも皮脂の分泌量が多くオイリーな見た目をしています。しかし、男性の肌の水分量は女性の水分量の半分ほどしかなく、水分蒸散量も男性の方が早いため、保湿力も低く乾燥しやすくなっているのです。角層細胞の面積も女性と比べると小さくなっており、ターンオーバーが早いため、バリア機能が弱いことも乾燥の原因の1つになっています。

肌の水分量や水分蒸散量だけではなく、男性の日々の習慣も肌の乾燥する原因となっています。男性は髭剃りをしますが、これも肌を乾燥させる原因の1つです。髭剃りの際に肌の角質層を傷つけてしまうことでバリア機能が崩れてしまい、乾燥へ繋がってしまいます。また、男性は紫外線対策をする習慣も少なく、紫外線によるダメージが蓄積してしまいます。

近年では男性用化粧品も増えてきましたが、まだまだ男性のスキンケアの習慣は根付いていません。洗顔によって必要な皮脂まで洗い流してしまうため、洗顔後のスキンケアの習慣がない男性は、肌の水分量を適切に保てずに乾燥などによる肌トラブルを引き起こしてしまいます。

男の肌質はそれぞれ!肌タイプについて知ろう

男の肌質はそれぞれ!肌タイプについて知ろう

男性の肌質は4つのタイプにわけることができます。肌質を知ることで、多く現れる肌トラブルだけでなく、適切なスキンケアの方法を知ることができます。

皮脂量と水分量が多く、顔がすぐにベタついたり、テカリが出てしまったりするオイリー肌は、自覚している人も多い肌質になります。皮脂の分泌は男性ホルモンの一種であるテストステロンや、ステロイドの一種であるアンドロゲンが担っています。そのため元々男性はオイリー肌になりやすいのですが、生活習慣やストレス、遺伝子的な要因などによりホルモンバランスが乱れてしまうと皮脂が過剰分泌されてしまうのです。オイリー肌は皮脂の出口である毛穴が開いて目立ちやすくなってしまい、毛穴に皮脂が詰まり細菌が繁殖することによって、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうため注意が必要です。

皮脂量が多く、表面はテカリやベタつきが目立つ場合でも、実は水分量が少ない場合もあり、そんな状態の肌をインナードライ肌と呼びます。

肌の部位によって皮脂が多い部分と乾燥する部分に分かれてしまう肌のことを混合肌と呼びます。顔には、皮脂の分泌が多いTゾーンと乾燥しやすいUゾーンがあります。ストレスなどによる皮脂の過剰分泌に加え、紫外線やエアコンなどによる乾燥が原因です。混合肌は部位によってケアの方法が変わるためケアが難しくなります。皮脂が原因のニキビや毛穴の詰まりなどの肌トラブルだけではなく、乾燥が原因のシワなどのトラブルにも繋がってしまうため注意しましょう。

皮脂量と水分量が少なく、洗顔後に肌が突っ張ってしまったり、カサカサしてしまったりする肌を乾燥肌と呼びます。ストレスや生活習慣、エアコンや紫外線などによって、角質細胞をつなぐ細胞間脂質が不足して水分が蒸散してしまうことが原因です。皮脂の分泌量も少ないため、ちょっとしたことで角質層へ刺激が伝わりやすくなり、敏感肌を引き起こしてしまうことがあります。

化粧品や洗顔によって肌が荒れてしまう肌を敏感肌と呼びます。ストレスや生活習慣、間違ったスキンケアや、花粉やハウスダストなどのアレルギーなどによって肌が敏感になってしまうことが原因です。化粧水や洗顔料がしみる、すぐに肌が赤くなってしまう、髪などが触れて痒くなるなどの症状が出る場合は敏感肌の可能性があります。

男の肌にも乳液は必要?

男の肌にも乳液は必要?

男性の肌は皮脂が多いため、油分が多く含まれる乳液は必要ないと思っている人もいるかもしれませんが、男性にも乳液は必要になります。皮脂と汗などの水分によってできる皮脂膜と呼ばれる薄い膜が、肌の水分の蒸散を防いでくれたり細菌の侵入を防いだり、肌を守っています。しかし、この皮脂膜は洗顔などによって洗い流されてしまうのです。洗顔後につける化粧水はほとんどが水分でできていますが、皮脂膜が洗い流されているため、化粧水をつけても成分はすぐに蒸散してしまいます。そのため、乳液で化粧水の成分が蒸散しないよう防ぐ必要があるのです。

乳液には油分が20~30%含まれていますが、この油分には化粧水などの成分を肌に閉じ込める役割があります。それだけではなく、洗顔などによって洗い流された皮脂膜が再び出来るまでのつなぎとして、外部の刺激から肌を守る役割があるのです。

乳液には、セラミドと呼ばれる角質層の潤いを保つための成分や、保湿力の高いヒアルロン酸と呼ばれる成分が入っており、肌を乾燥から守ってくれます。オイリー肌の人はベタつきが気になり、化粧水はつけても乳液はつけないという人もいるかもしれません。しかし、乳液を避けてしまうと肌に必要な水分が蒸散して、皮脂が過剰に分泌される原因となってしまいます。その結果、インナードライ肌になってしまう可能性があります。肌のバリア機能をサポートしてくれるため、オイリー肌の人も乳液は必要です。肌質に合わない間違った乳液選びや使い方をすることで肌トラブルを起こしてしまう可能性があるため、乳液の選び方や付け方には注意が必要になります。

保湿効果が高いメンズ乳液を選びたい

保湿効果が高いメンズ乳液を選びたい

乳液には油分・乳化剤・保湿成分などが含まれています。その中でも注目したい成分が保湿成分です。主にヒアルロン酸、セラミドといった成分が保湿成分として乳液には含まれており、保湿効果が高い乳液を選ぶ際はこの成分について知っておく必要があります。

ヒアルロン酸とは、アミノ酸糖分が重なり合ってできているムコ多糖類と呼ばれる成分です。ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在し、細胞を繋ぎ止める役割やクッションのような役割を担っています。皮膚の中では真皮に多く含まれており、肌の潤いや弾力を保つ役割を果たしているのです。ヒアルロン酸は加齢や紫外線などが原因で減少していき、乾燥によるシワやたるみ、肌荒れやカサつきなどの肌トラブルを引き起こしていきます。ヒアルロン酸は1gで6Lの水を保持できると言われているほど保湿力が高く、刺激も少ないためどんな肌質にも使いやすい成分です。リーズナブルな価格のため、化粧水や乳液などで気軽に補える成分です。

セラミドとは脂質の一つであり、角質層の角質細胞間脂質に多く存在しています。角質層の細胞間脂質は、水分を逃さないように、水分と脂質が交互に重なり合うことで成り立っており、この重なり合った構造はラメラ構造と呼ばれています。このラメラ構造を支えている主な成分がセラミドであり、セラミドが不足すると細胞間脂質が水分を保持することが難しくなってバリア機能が低下してしまうため、乾燥をはじめとする様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。セラミドは肌の角質層にもともと含まれている成分になるため、敏感肌の人も安心して使うことが出来る保湿成分です。セラミドは加齢とともに少しずつ減少していくため、減少したセラミドを乳液などの化粧品で補うことが大切になってきます。

正しいメンズ乳液の使用方法とは?

正しいメンズ乳液の使用方法とは?

メンズ乳液は正しい使用法をしなければ、ニキビなどの肌トラブルの元になるため、注意が必要です。基本的な使用方法は、洗顔の後に化粧水をつけ、その後に乳液を使います。

化粧水を付けた後、1~2分待つと化粧水が肌になじむので、化粧水がなじむのを待ってから乳液を付けます。基本的には、中心から外側に伸ばすように付けていき、乾燥しやすい口元や目元にはたっぷりと付けるようにしましょう。反対に油分が多いおでこや鼻などのTゾーンは乳液を少なめに付けることで、皮脂が毛穴に詰まることを防ぐことができます。浸透させようとして、肌に擦るように付けると、肌を傷つけてしまうことになるため、手のひらで押さえるように付けることが大切です。

トロッとした粘り気のあるメンズ乳液を付ける場合は、コットンではなく手で付けると、乳液が手の体温で温まることにより浸透力が高くなります。ただ、肌の目に見えない凹凸に乳液が上手く入らず、ムラになってしまうことがあります。

さらっとした水分が多いメンズ乳液を付ける場合は、コットンで付けると肌の隅々まで乳液を付けることができます。容器に手が直接触れないため、清潔に使うことができます。ただし、コットンによる摩擦で肌を傷つけてしまうことがあるため、注意が必要です。

乳液の種類や自分の肌の状態によって乳液のつけ方や量を変えることが大切になってきます。

メンズ乳液を選ぶ時の注意点

メンズ乳液を選ぶ時の注意点

乳液にはさまざまな種類があり、自分の肌のタイプに合ったメンズ乳液を選ぶことが必要になります。

オイリー肌の人は、皮脂の過剰分泌が原因で肌トラブルを引き起こしてしまうことがあるため、油分が多く含まれているメンズ乳液は避けるようにしましょう。油分が10~15%のさらっとした乳液を使うことでべたつきを抑えることができます。皮脂が多いおでこや鼻などのTゾーンには薄く付けるようにしましょう。

混合肌の人は、油分が少ないさらっとしたメンズ乳液と、油分が多めのしっとりとしたメンズ乳液を使い分ける必要があります。皮脂の分泌が多くなるおでこや鼻のTゾーンには油分が少ないさらっとした乳液を使い、乾燥しやすい口周りなどのUゾーンには油分が多いしっとりとした乳液を使うようにしましょう。

乾燥肌の人は、皮脂の分泌が少ないため油分が多めのしっとりとしたタイプのメンズ乳液がオススメです。セラミドが含まれた乳液でしっかりと保湿を行うことで、肌トラブルを防ぐことができます。乾燥肌は肌が敏感になっていることも多いため、乳液が合わない場合は敏感肌用のメンズ乳液を試してみましょう。

敏感肌の人は、アレルギー反応を起こしてしまう成分や、香料や着色料、アルコールやエタノールなどの成分を避ける必要があります。敏感肌の人用のメンズ乳液もありますので、保湿成分を重視して肌に合わないメンズ乳液を使い続けないようにしてください。

メンズ乳液は高価なものもたくさん出ていますが、必ずしも高くて質の良いものを付けなければいけないのではなく、自分に合った乳液を付けることが重要です。また、毎日続ける必要があるため、買い続けることができる価格帯のメンズ乳液を選ぶようにしましょう。

メンズ乳液でしっかり保湿

メンズ乳液でしっかり保湿

肌は第一印象にとても影響があります。男性はスキンケアの習慣がない人が多く、肌トラブルで悩んでいる人も多くいます。ニキビや乾燥、敏感肌などが酷い場合は自己判断をせずに皮膚科など受診することが必要な場合もあるため注意が必要です。

男だから化粧水や乳液はいらないと使用を避けていると、どんどん肌の状態が悪くなっていきます。スキンケアを行なったことがあるけど、悪化したという人は、化粧品や使用方法が間違っていた場合があります。もう一度自分に合う化粧品や使用方法を探してみましょう。

男性の肌は女性の肌よりも水分が少なくなっているため、しっかりとスキンケアを行わなくては健やかで綺麗な肌を保つことができません。近年では男性のスキンケアが注目されており、男性用化粧品などのスキンケア商品も増えてきています。そのため、自分に合ったメンズ乳液選びにこだわることもできます。自分に合った化粧品を見つけ、正しく使うことで肌は綺麗に保つことができます。綺麗な肌を手に入れ、第一印象を良くするためにも、生活習慣を見直すとともにスキンケアの習慣をつけてみましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

PAGE TOP