コスメ
  • 2018.8.1 コスメ

    マスカラのおすすめ人気ランキング10選

    目は、人の印象を決める上で重要なパーツと言われており、その中でも、まつ毛は目元の印象を変えるための大切な役割を果たしています。マスカラは、目力を強くしたい、目を大きく見せたい、そんな願望を叶えてくれます。マスカラありとマスカラなしではメイクの仕上がりもかなり違ってきますよね。そこで、今回は、数あるブランドの中からおすすめのマスカラをランキング形式でご紹介したいと思います。薬局などでも取り扱っている学生も気兼ねなく試しやすいプチプラのマスカラもあります。是非、自分のお気に入りの一本を見つけてみてください。

マスカラを選ぶおすすめのポイント

自分が欲しいタイプ別

自分が欲しいタイプ別のマスカラ

マスカラの効果は主にロング・ボリューム・カールの3タイプあり、それぞれの効果によってどんな印象の目元になるかが変わってきます。自分の理想とする目元がどれに当てはまるかを理解して選んでいきましょう。

【ロング】
ロングタイプは、上まつ毛・下まつ毛を長く伸ばすことで上下の長さから目を大きく見せることができます。長さを伸ばすだけなので派手にならず、つけ方によってはナチュラルな仕上がりにすることができる為、ビジネスにもプライベートにも使えます。まつ毛が短い人や目元を大きく見せたい人におすすめ。メイク初心者の方にも比較的扱いやすいマスカラタイプです。まつげが短くみえてしまう奥二重の方にも人気のタイプです。ただ、メガネをかけている方は、レンズにまつげがぶつかってしまう場合があります。
【ボリューム】
ボリュームタイプは、根元からまつげを覆って太く魅せることで密度を上げて、目力をアップしてくれます。そのため、まつ毛が薄い人や細い人、目元の印象を強くしたいと思っている方におすすめ。
【カール】
カールタイプは、まつ毛を根元から上向きにして持続してくれます。そのため、まつ毛が下がってしまいがちな人や直毛の方におすすめです。また、仕事などでなかなか化粧直しができない方にもおすすめ。まぶたが重たく見えがちな一重の方にも人気のタイプです。

使いやすいブラシ別

使いやすいブラシ別のマスカラ

マスカラはブラシの形も様々あり、つき方によって目元の印象が変わります。自分にとって使いやすいものや使いにくいものなどもあるのでまずは試してみることが一番です。

【ワイヤー】
ワイヤーブラシは一番オーソドックスな形状で、360°塗れるので初心者の方でも扱いやすくなっています。
【ゴムブラシ】
ゴムでできているブラシなので柔らかく、まつ毛との密着度が高くマスカラ液も均一についてくれるのでダマになりにくいです。
【コーム】
くし状のブラシ。細かなギザギザがあり、まつ毛を1本1本分かれやすくしてくれるためまつ毛がくっつかず繊細な仕上がりになります。セパレート力は高いのでキレイに広がります。
【コイル】
切れ目が入っている棒状のブラシ。一番細く、扱いやすいので下まつ毛には一番塗りやすいです。

自分好みの効果別

自分好みの効果別のマスカラ

海などで遊んでいるときや、外でスポーツをしている時などメイクが落ちてしまったら困りますよね。そんな時は、汗や水に強いマスカラがおすすめです。また、洗顔が苦手という方には、お湯で簡単に落とせるものもあるため、それぞれの特徴を知った上で、マスカラを選ぶようにしましょう。

【ウォータープルーフ】
ウォータープルーフは汗や水・皮脂に強くにじみにくいので海やプールなどのアウトドアにおすすめ。しかし、水に強いため、基本的にはお湯だけでは洗い流せません。専用のリムーバーやクレンジング剤を使用して落とすようしましょう。しっかりと落とさなければ、毛根が弱ってしまったり、色素沈着や結膜炎の原因となってしまう場合がある為、気を付けましょう。
【フィルム】
耐水性のフィルムでまつ毛をコーティングするので水や皮脂に強くにじみにくいのに、専用のリムーバーなどを使わなくても簡単にお湯で落とせます。ウォータープルーフタイプと比較すると、刺激が少なく肌に優しい仕様です。しかし、お湯で落とせる反面、猛暑の時期などは汗によって落ちる場合があります。
【ファイバー(繊維)】
マスカラの液の中に細長いファイバー(繊維)が入っており、繊維がまつ毛につくことでまつ毛に長さやボリュームをだし、自然な仕上がりになります。しかし、ウォータープルーフやフィルムのタイプと比較すると、難易度が少し高い為、メイクが初めての方は慣れるまで時間が掛かるかもしれません。

カラーで印象に変化を

マスカラのカラーで印象に変化を

マスカラは主に黒のイメージがありますが、他にも多数のカラーがあります。主要となっているカラーは黒や茶色。黒は目元をはっきりさせてくれるので目力がアップし強い印象を作れます。茶色は黒のようなはっきりした色ではなくふんわりとした優しい色のため、つけてみても目力を強くせず、抜け感のあるナチュラルな目元が作れます。どちらかというと可愛らしい女性のような印象に仕上がります。最近では様々なブランドが黒や茶色だけでなく、レッド・ネイビー・ボルドーなど遊び心のあるマスカラも販売しているため、自分に合ったカラーのマスカラを選ぶのもおすすめです。

口コミ・評価も大事

マスカラの口コミ・評価も大事

ウォータープルーフだと売り出されていても、口コミではにじみやすい・落ちやすいなどと評価されているものも多数あります。使っている方の扱い方や個人差などもありますが、にじんでパンダ目のように黒くなってしまうのは良くないですね。働いていると化粧直しができない方も多く、夕方気が付くと黒くなっているということがあると困ります。そのため口コミなども確認し、にじみやすい・落ちやすいと言われているものは避けましょう。

マスカラのおすすめ人気ランキング10選

第10位ヒロインメイク ロング&カールマスカラ スーパーWP

  • ヒロインメイク ロング&カールマスカラ スーパーWP
  • 商品の特徴

    5㎜のロングエクステファイバーを配合したことにより、ヒロインメイクの中でも最長のロングまつ毛を作りだしてくれるプチプラマスカラ。また、スーパーウォータープルーフなので、汗や水だけでなく皮脂やこすれにも強く落ちにくいため夏でも安心して過ごせます。漆黒ブラックは、黒目がちアイを演出してくれます。

  • 成分

    イソドデカン、トリメチルシロキシケイ酸、ジステアルジモニウムヘクトライト、マイクロクリスタリンワックス、セレシン、(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン、炭酸プロピレン、水添ポリイソブテン、ナイロン-66、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、カニナバラ果実油、スクワラン、ローヤルゼリーエキス、PTFE、ジステアリン酸Al、イソステアリン酸グリセリル、ポリメチルシルセスキオキサン、(メタクリル酸ジエチルアミノエチル/HEMA/メタクリル酸パーフルオロヘキシルエチル)クロスポリマー、シリカ、タルク、酸化鉄、酸化チタン

第9位ランコム グランディオーズ ウォータープルーフ

  • ランコム グランディオーズ ウォータープルーフ
  • 商品の特徴

    目とまつ毛を研究し尽くし、25°のカーブブラシが綺麗にまつ毛を広げてくれるランコムのマスカラ。目の形にフィットするように作られたカーブがあることで難しいまつ毛の際も塗りやすくなっています。またボリュームと長さの両方をだしてくれるのでよくばりさんにおすすめ。

  • 成分

    水、(スチレン/アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、ホホバ脂、ステアレス-20、ミツロウ、アラビアゴム、カルナウバロウ、変性アルコール、セチルリン酸K、ステアレス-2、パラフィン、(VP/エイコセン)、コポリマー、PEG/PPG-17/18ジメチコン、バラエキス、ラウレス-12 硫酸Na、EDTA-2Na、レーヨン、プロパンジオール、ヒドロキシエチルセルロース、カプリリルグリコール、EDTA-4Na、BG、ソルビン酸K、メチルパラベン、デヒドロ酢酸Na、フェノキシエタノール、プロピルパラベン、香料

第8位ヘレナルビンスタイン ラッシュクイーン セクシーブラック01

  • ヘレナルビンスタイン ラッシュクイーン セクシーブラック01
  • 商品の特徴

    セクシーブラックと名付けられている通り見た目もブラックレースであしらわれたゴールドに輝く1本。コスメポーチに入れればテンションUP間違いなし。ほどよいカールで色気のある魔性のまなざしにしてくれるマスカラです。こちらはヘレナルビンスタインの中でもカール力とボリューム重視のものなので、目力の印象を上げることができます。

  • 成分

    水、パラフィン、セチルリン酸K、ミツロウ、カルナウバロウ、アラビアゴム、セタノール、グリセリン、PEG/PPG-17/18ジメチコン、ステアレス-20、ポリメタクリル酸Na、フェノキシエタノール、フェニルエチルアルコール、EDTA-2Na、ヒドロキシエチルセルロース、水添ホホバ油、水添パーム油、パンテノール、ポリクオタニウム-10、(+/-)酸化鉄

第7位フローフシ モテマスカラNATURAL1

  • フローフシ モテマスカラNATURAL1
  • 商品の特徴

    モテマスカラのブラシはそれぞれの種類の相性を考え完全オーダーメイドでこだわりが感じられるフローフシのマスカラ。美容成分も配合しているので、マスカラしながらアイケアもこなせてしまうためつけていても不安はありません。またウォータープルーフなのにお湯でオフできるので簡単に落とせるのも嬉しいポイント。

  • 成分

    水、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、カルナウバロウ、アクリレーツコポリマー、ミツロウ、DPG、ワセリン、ナイロン-12、ペンチレングリコール、窒化ホウ素、BG、ガーネット末、キャンデリラロウエキス、トリステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリソルベート60、ヒドロキシエチルセルロース、ヒアルロン酸Na、PVP、ジメチコン、 タルク、セテス-20、ステアリン酸ソルビタン、ナイロン-6、AMP、パラフィン、パンテノール、シリカ、酸化チタン、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、カーボンブラック

第6位ランコム ヴィルトゥーズ ドールアイ

  • ランコム ヴィルトゥーズ ドールアイ
  • 商品の特徴

    独自に開発された2種類のファイバーと形状記憶をしてくれる新世代のポリマーを配合することで、人形のような長くてスッと上向きになるまつ毛を作りだしてくれるランコムのマスカラ。ブラシも日本の女性の目元にぴったり合うようにデザインされているので、使いやすくしっかり塗れるようになっています。

  • 成分

    水、(スチレン/アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、ミツロウ、PG、カルナウバロウ、PVP、レーヨン、ステアレス-20、ステアリン酸ソルビタン、(TDI/無水トリメリト酸) コポリマー、ステアリン酸、ラウレス硫酸Na、パルミチン酸、AMPD、EDTA2Na、ヒドロキシエチルセルロース、カプリリルグリコール、EDTA-4Na、BG、ソルビン酸K、メチルパラベン、デヒドロ酢酸Na、フェノキシエタノール、シトロネロール、ヘキシルシンナマル、ベンジルアルコール、サリチル酸ベンジル、香料、(+/-)、カーボンブラック

第5位オペラ マイラッシュ アドバンスト01

  • オペラ マイラッシュ アドバンスト01
  • 商品の特徴

    センイをなくし、配合された特殊粒子が下まつ毛や短い毛にも1本1本にしっかりとつくことで自然なロングまつ毛になり、目元の印象を際立たせてくれるオペラのプチプラマスカラです。さらにお湯で簡単に落とせるのにこの価格はコスパ重視の方におすすめです。

  • 成分

    水、アクリレーツコポリマーアンモニウム、ミツロウ、カオリン、マイカ、PG、シリカ、ステアリン酸、ベヘン酸、ステアロイルグルタミン酸Na、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ポリビニルアルコール、加水分解シルク、オタネニンジンエキス、パンテノール、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸ステアリン酸ロジン酸)ジペンタエリスリチル、モモ葉エキス、リンゴエキス、ローズマリーエキス、AMP、BG、エタノール、スクワラン、ステアリン酸ソルビタン、ヒドロキシエチルセルロース、ヘクトライト、ポリアクリル酸Na、ポリイミド-1、ポリソルベート60、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、酸化鉄

第4位ヘレナルビンスタイン ラッシュクイーン コブラブラックWP

  • ヘレナルビンスタイン ラッシュクイーン コブラブラックWP
  • 商品の特徴

    ロング・ボリューム・セパレート全てを兼ね備えたラッシュクイーンコブラブラック。まつ毛を根元から立ち上げてくれ、コブラのような印象付ける目元を作りだしてくれます。価格は高めですが、一度使うとリピートしてしまう人が続出するほど虜になるマスカラです。

  • 成分

    イソドデカン、ミツロウ、カルナウバロウ、ジステアルジモニウムヘクトライト、水、(ステアリン酸アリル/VA)コポリマー、コメヌカロウ、パラフィン、変性アルコール、ポリラウリン酸ビニル、(VP/エイコセン)コポリマー、炭酸プロピレン、タルク、合成ミツロウ、ステアリン酸PEG-30グリセリル、ローヤルゼリー、パントテン酸Ca、キャンデリラロウ、メチルパラベン、オレアミドオクタデカンジオール、プロピルパラベン、加水分解コンキオリン、(エチレンジアミン/ダイマージリノール酸ステアリル)コポリマー、[+/-]酸化鉄

第3位デジャヴュ ファイバーウィッグ ウルトラロングF

  • デジャヴュ ファイバーウィッグ ウルトラロングF
  • 商品の特徴

    たっぷりとフィルム液とファイバーをつけることで塗るたびに長くなるロングマスカラ。ファイバーが1本1本につくことでどれだけ重ねてもダマができることなく、セパレートしてくれます。とにかく長さが欲しい人におすすめです。

  • 成分

    【ピュアブラック】
    水、(アクリル酸アルキル/VA)コポリマー、ミツロウ、PG、ナイロン-66、カルナウバロウ、PVP、ステアリン酸、加水分解シルク、リンゴエキス、AMP、BG、PEG-40水添ヒマシ油、シリカ、ステアリン酸ソルビタン、ハチミツ、ヒドロキシエチルセルロース、ヘクトライト、ポリアクリル酸Na、ポリソルベート60、ミネラルオイル、ラウレス-21、ワセリン、デヒドロ酢酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、酸化チタン、カーボンブラック

第2位スカルプDボーテ ピュアフリーマスカラ

  • スカルプDボーテ ピュアフリーマスカラ
  • 商品の特徴

    スカルプシャンプーで有名なスカルプDから発売されているマスカラ。ロングマスカラとしてはもちろん、まつ毛のことを考えて28種類もの美容成分をたっぷり含んでいます。目元への負担を少なくし守ってくれるので、つければつけるほど美まつ毛にしてくれます。

  • 成分

    水、ポリウレタン-35、ミツロウ、カルナウバロウ、ステアリン酸PEG-15グリセリル、カオリン、プルラン、BG、ベヘニルアルコール、ペンチレングリコール、ベントナイト、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、ビオチノイルトリペプチド-1、オクタペプチド-2、オリゴペプチド-20、アセチルデカペプチド-3、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、シスチン、オタネニンジン根エキス、サリチル酸シランジオール、シクロヘキサン-1,4ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ポリクオタニウム-51、パンテノール、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、セラミド3、加水分解コラーゲン、グリチルリチン酸2K、白金、グルタミン酸、グリセリン、酢酸トコフェロール、トコフェロール、ステアリン酸、トリエチルヘキサノイン、炭酸水素Na、ジステアリン酸スクロース、フェノキシエタノール、AMP、TEA、酸化鉄

第1位クリニーク ラッシュパワーマスカラ ロングウェアリングフォーミュラ

  • クリニーク ラッシュパワーマスカラ ロングウェアリングフォーミュラ
  • 商品の特徴

    発売から13年経った今でも人気で愛されているマスカラです。根元を太くしつつ毛先を細長くしてくれるので、普通に生えているまつ毛のような自然感を演出してくれます。クリニーク独自の処方を使っており汗や皮脂などにも強くにじみにくいので、長時間持続してくれます。

  • 成分

    水、アクリレーツコポリマー、カオリン、ミツロウ、シリカ、BG、ステアリン酸PEG-15グリセリル、エタノール、カルナウバロウ、水添ナタネ油アルコール、ポリビニルアルコール、ベントナイト、トコフェロール、ホホバ種子油、ジメチコン、シメチコン、ステアリン酸、ジステアリン酸スクロース、AMPD、AMP、酸化スズ、EDTA-2Na、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、[+/-]マイカ、酸化チタン、酸化鉄、マンガンバイオレット、黄4、酸化クロム、水酸化クロム、カルミン、オキシ塩化ビスマス、青1、グンジョウ(ILN36743)

マスカラの使い方

まつ毛を整える

マスカラでまつ毛を整える

マスカラをきれいにつけるためにはまつ毛をしっかりと整えておかなければなりません。洗顔後や雨の日などの湿気が多い日にまつ毛が濡れていたり湿っていると、ビューラーで上げても下がってきてしまったり、マスカラもダマになるなどきれいにつかなくなってしまいます。そのためまつ毛がちゃんと乾いている状態か、確認しましょう。また、なにかの拍子でまつ毛に変な癖がついてしまっている場合もあるのでその時にはスクリューブラシなどで整えてあげるとマスカラもきれいにつきやすくなります。

ビューラーで根元を上げてから

マスカラはビューラーで根元を上げてから

上向きまつ毛をキープしておくには、最初にビューラーでまつ毛を上げておきましょう。ビューラーをしないでマスカラをしてもカールタイプで上向きキープしてくれるものはありますが、長時間のキープにはマスカラ前にビューラーの使用がおすすめです。

タイプ別塗り方

マスカラのタイプ別塗り方

ロングタイプのマスカラでワイヤーブラシやゴムブラシの場合は、長さを出すためにまつ毛にそってまっすぐとかすように塗りましょう。下まつ毛を塗る際はブラシを横にしたままだと上手くつかないので、ブラシを縦に持ち1本1本を塗るようにつけていきましょう。
コームブラシは、上まつ毛も下まつ毛も横向きのまま、まっすぐ塗ることがおすすめです。ただし、コームブラシの場合は他のブラシと違ってマスカラ液がつきすぎてしまうことがあるので、塗る前に少しティッシュで落としてから塗るとダマにならずにきれいにつけることができます。
ボリュームタイプのマスカラはまつ毛を根元から太くさせなければならないので、ロングタイプと違いまっすぐではなく、ブラシを左右に揺らしながら持ち上げていくようにジグザグに塗るとまつ毛1本1本に繊維がつきやすくなります。下まつ毛はロングタイプと同じように縦に持って1本ずつ塗っていくことでしっかりついてくれます。

マスカラの注意点

古いものは使わない

マスカラの古いものは使わない

マスカラは一度開けてしまうと酸素が入って劣化が進んでしまいます。そのため古いものは、固まってダマになりやすくなったり、キレイに塗れなくなってしまうだけでなく、菌も繁殖してしまうこともあるので気を付けましょう。マスカラが安心して使える期間は1ヶ月~3ヶ月とされていることが多いので、3ヶ月以上経っているものは注意が必要です。

コンタクトはマスカラの前に

コンタクトはマスカラの前に

今はコンタクトをつけている方はとても多いです。視力が悪くてつけている人はもちろん、おしゃれでカラーコンタクトをつける方もいます。そこでコンタクトをつける方々に気を付けてほしいのが、コンタクトはマスカラをする前につけるということです。マスカラをつけてからコンタクトをしてしまうと、マスカラの繊維が目に入って目を傷つけてしまう可能性があり、トラブルを起こすこともあります。そのためコンタクトはマスカラの前というよりはメイクを始める前につける方が良いでしょう。

まとめ

今回は人気のマスカラをランキングでご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・タイプやブラシ別で選ぶ
・まつ毛を整えてからでないとキレイにつかない
・タイプやブラシによって塗り方が違う
ということです。

マスカラ1本でも目の印象が大きく変わってきます。初対面の人に会う時などには良い印象を与えたいですよね。是非、今回ご紹介したマスカラはを使って、まつ毛と一緒に自分の印象をグッと上向きにしましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

まだデータがありません。

PAGE TOP