メンズ スキンケア
  • 2018.9.14 メンズ スキンケア

    アフターシェーブローションを選ぶおすすめのポイントや使い方ついて

    男性のみなさんは髭剃り後の肌を、きちんと手入れしていますか?とりあえず髭を剃ったら見た目は整うので、何もしていないという方も多いのではないでしょうか。アフターシェーブローションは、髭剃り後の肌を優しく整えてくれるものです。髭剃りでダメージをうけた肌を優しくカバーしたり、乾燥した肌にうるおいを与えたりします。毎日使うことで肌質が良くなったり、ほどよい清涼感が朝のやる気を引き出してくれたりすることもあるでしょう。今回はアフターシェーブローションの使い方やメリット、選び方などを詳しく紹介します。

アフターシェーブローションってどんなローション?

アフターシェーブローションってどんなローション?

アフターシェーブローションは、簡単に言うと男性が髭剃り後に顔につける化粧水です。カミソリ後の肌を優しく保護したり、乾燥を防いだりする役割があります。アフターシェーブローションの多くは男性用として作られており、爽快感のある刺激や男性に人気のさわやかな香りが楽しめます。商品によって違うものの、一般的には水とアルコール、グリセリンといった成分でできています。

ある調査によると、アフターシェーブローションを使っている男性は全体のおよそ4割と言われています。男性のおよそ2人に1人が、髭剃り後にしっかりと保湿ケアをしていることになり、とくに若い男性を中心に利用者は増えているようです。しかし、逆に言えば全体のおよそ半数以上の男性は髭剃り後の肌に何もしていません。髭剃り後の肌はダメージを受けていることが多く、何もしないと肌が赤く腫れてヒリヒリしたり、乾燥してカサついたりすることもあるでしょう。時間が経てば慣れてくるものの、こうした肌の状況を放っておくと肌は乾燥を繰り返し、カミソリ負けを起こしたり、皮脂の過剰分泌を起こしたりして肌トラブルに発展することにもなります。そうした状況にならないためにも、アフターシェーブローションを毎日使うことが大切です。

アフターシェーブローションの効果

アフターシェーブローションの効果

アフターシェーブローションの効果は、大きく分けて2つあります。まず1つ目は「肌を保湿する」ことです。髭を剃った後の男性の肌は、肌の表面の皮質も削られてしまうことが多く、とても乾燥しています。髭剃り後の肌をよく見てみると、白く粉を吹いているような状態になっていることもあるかもしれません。それは肌表面の角質が削られ、削られた角質の残りが肌に付着しているからです。また、髭はそもそも肌を守るために生えていることもあり、それを剃ると必然的に肌が外気にさらされ、乾燥状態になります。こうした肌の乾燥状態を防ぐために、髭剃り後はアフターシェーブローションをつけることが大切です。肌につけることにより外気による乾燥を防ぎ、乾いた肌を保湿してくれる効果があります。

もう1つの効果は「炎症を抑える」ことです。髭を剃ると、表面の角質がそぎ落とされ、目に見えない傷が肌表面に無数についてしまうことにもなります。特に乾燥肌や敏感肌で肌が弱い人は、髭剃り後に肌がヒリヒリするといったこともあるでしょう。これはカミソリ負けとも呼ばれ、毎日髭を剃ることにより症状を悪化させることにもなります。アフターシェーブローションは、こうしたカミソリ負けを起こした肌を優しく保護し、保湿しながら炎症を抑える効果もあります。とくに、カミソリ負けに悩んでいるといった方は、炎症効果の高いアフターシェーブローションを選ぶと効果的です。

ローションを使用しないとどうなる?

ローションを使用しないとどうなる?

では、アフターシェーブローションを使用しないとどうなるのでしょうか。正直なところ、目に見えるような大きなデメリットはありません。毎日使い続けている人と、そうでない人を比べた場合、使い続けている人の方が極端に肌は美しいといったこともないでしょう。

しかし、ローションには「保湿」と「炎症を抑える」という大きな効果があります。髭剃りは、毎日肌の表面にある角質も削るため、行うたびにカミソリ負けを起こしたり、肌が乾燥したりするデメリットがあります。ローションを使用しないと、毎日肌の乾燥が進むことにもなるでしょう。また、ローションを使わずにカミソリ負けを起こした肌は、治りかけたとたん翌日にはカミソリを当てられてしまい、いつまでたっても肌は傷ついた状態のままです。炎症効果のあるローションを使用すれば、カミソリ負けの肌は保護され、傷ついてヒリヒリする肌をカバーしてくれる効果もあります。

男性の中には「べたつく」「面倒くさい」といった理由でアフターシェーブローションを使わない人も多いようです。しかし、ローションを使わない肌は乾燥が進み、その結果肌は保湿をしようと余計な脂質を生み出し、ニキビやベタつきといったトラブルを起こすこともあります。ローションで日々ケアをすることにより、肌は適度に保湿され、ベタつきのないきれいな肌をキープすることができるでしょう。

アフターシェーブローションを選ぶおすすめのポイント

アフターシェーブローションを選ぶおすすめのポイント

アフターシェーブローションにはさまざまな種類があり、どれを選んで良いか分からないこともあるでしょう。そこで選ぶポイントとしては4つあります。この4つのポイントを重視して、自分に合ったローションを選んでみましょう。

まず1つ目は「保湿成分」があるかどうかです。多くのローションにはヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が含まれていますが、商品の中には爽快感を重視し、あまり保湿成分が含まれていないものもあります。とくに肌の乾燥がひどいという方はこの保湿成分を重視してローションを選んだ方が良いでしょう。

2つ目は「その商品特有の効果」です。アフターシェーブローションの中には「抑毛効果」「美肌効果」など、その商品ならではの特徴があるケースもあります。髭が濃くて悩んでいる方は抑毛効果のある商品を、カミソリ負けで悩んでいる方は美肌効果のローションを選ぶなど、それぞれの特徴を選んでも良いでしょう。

3つ目は「なるべく肌に刺激の少ないもの」を選ぶことです。特に敏感肌であったり、カミソリ負けがひどかったりすると、刺激の強いローションを使用することがかえって肌に負担を掛けてしまうことにもなります。刺激の少ない商品は、香料や保存料、アルコールやメントールなどが含まれていないものが多いでしょう。パッケージに「敏感肌にもおすすめ」と書いてあるものは、成分に刺激物があまり入っていないケースが多いです。

最後に「使い心地」もローション選びのポイントです。アフターシェーブローションは、使用するとスーッとした冷感があったり、しっとりスベスベに仕上げてくれたりと、使い心地は商品によって違いがあります。自分はどのようなタイプが良いのかを考えて選びましょう。夏には冷感ローションを選んだり、冬には保湿を重視するものだったりと、季節によって使い分けるのもおすすめです。

このように、アフターシェーブローションにはタイプによってさまざまな違いがあり、値段も数百円~数千円と幅があります。まずは刺激が少なく保湿効果の高いローションを選び、徐々に自分に合ったものを選んでいくと良いでしょう。

アフターシェーブローションの使い方

アフターシェーブローションの使い方

アフターシェーブローションは、基本的に「髭剃りの後に使う」ものです。洗顔後に髭を剃り、その後アフターシェーブローションを手のひらにとって肌に優しくのせます。髭剃り後の部分に使う場合は、手のひらに10円硬貨程度の量を出して、軽く頬をたたくように使いましょう。そうすることで髭剃り後の毛穴を引き締めたり、肌に保湿効果を与えたりします。

ちなみに、アフターシェーブローションは髭剃り後の保湿化粧水という意味合いが強いのですが、髭のない「おでこ」や「鼻」など、顔全体にも使うことができます。顔全体にローションを塗る場合は、手のひらに500円玉硬貨くらいのローションをたっぷりと出し、顔全体を軽く叩いてなじませましょう。特に冬場は髭まわりだけでなく、顔全体の乾燥も気になる時期です。ローションをしっかりと顔につけることにより肌が保湿され、ひび割れや小じわといった乾燥トラブルも防ぐことができるでしょう。

乳液と合わせるとより効果的

乳液と合わせるとより効果的

肌への保湿効果が期待できるアフターシェーブローションですが、冬の乾燥した季節では、ローションだけでの保湿効果はあまり期待できません。とくに、乾燥肌に悩んでいたり、空気か乾燥する冬の時期に使ったりするときは、「乳液」との併用がおすすめです。

女性が使う基礎化粧品は、化粧水以外にも必ず「乳液」や「クリーム」といったものがあります。これは、化粧水で肌に水分を補った後、そのうるおいを逃さないよう、乳液やクリームでうるおいをカバーするためです。男性のアフターシェーブローションも化粧水のように肌にうるおいは与えるものの、そのままにしておくとつけた水分が蒸発し、冬場は乾燥がひどくなることもあります。カサついた肌をカバーしたいのであれば、アフターシェーブローションの後には乳液をつけるようにしましょう。アフターシェーブローションには「乳液タイプ」のものも売られています。また、オールインワンといったローションと乳液の機能がセットになったようなものもあるので使用してみても良いでしょう。

肌を守りたいなら積極的に使おう

肌を守りたいなら積極的に使おう

全体的に女性の化粧水に比べると、男性のアフターシェーブローションの使用率は、まだまだ低いと言えるかもしれません。しかし、一度ローションを使ってみた男性の多くが、その後も日常的にアフターシェーブローションを使いだすとも言われています。それほどアフターシェーブローションはつけ心地が良く、髭剃り後のダメージを受けた肌をカバーし、保湿効果などに期待ができるからです。男性の肌は女性よりも強いイメージがありますが、実際のところはそうでもありません。毎日の髭剃りに加え、化粧をしない分直接紫外線を浴び、外気にさらされている分シミやシワができやすい状況になっています。

しかし、毎日アフターシェーブローションを使えば肌は保湿され、商品によっては肌トラブルの改善につなげてくれるものもあるでしょう。肌のダメージを防ぎ、見た目も若々しくありたいと思うならば、毎日のアフターシェーブローションは欠かせません。そのためには自分に合ったローションを選び、積極的に使って肌のうるおいをキープしていきましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

まだデータがありません。

PAGE TOP