メンズ スキンケア
  • 2018.9.14 メンズ スキンケア

    ”濃い”髭を何とかしたい!髭が濃くなる”原因”とおすすめの対処法まとめ

    髭が濃いことは、日常生活のさまざまな場面でネックになる悩みといえます。たくましく男性らしいイメージもある反面、年上に見えたり清潔感がなく見えたりなど、イメージが悪くなることもあるでしょう。髭の濃さは、女性に与える印象や仕事場での評価を左右することもあるため、何とかしたいと思うのも当然です。髭が濃くなる原因には、遺伝的なものや日々の行動、シェービングの仕方などさまざまなものがあります。このコンプレックスを解消するには、原因に合わせた適切な対処が必要です。濃い髭のケアには今日結果が出るものもあれば、時間はかかっても根本的に改善できるものもあります。ここでは、髭が濃くなってしまう原因とその対処法について解説します。

髭が濃い人にありがち!コンプレックスあるあるをご紹介

髭が濃い人にありがち!コンプレックスあるあるをご紹介

髭の濃さにコンプレックスを持つ人には、思わず「あるある」と頷いてしまう共通の悩みがあります。まず1つは、朝ていねいに髭剃りをしても、夕方には口周りが青くなってしまうことです。仕事中は髭を剃り直すこともできず、仕事後に予定が入っていると憂鬱な気持ちになってしまいます。また、何かにつけて「髭が濃いね」と言われてしまうのも代表的なコンプレックスあるあるです。知り合ったばかりの人に言われるだけでなく、日常でもネタとしていじられるなど、ことあるごとに髭の濃さが話題になります。髭が濃いと実年齢より年上に見られることも多く、年齢を聞いて驚かれることもあるでしょう。

毎日の髭剃りが大変なのも、髭が濃い人あるあるといえるでしょう。髭の濃い人は首筋や頬など広い範囲を剃る必要があり、とくに髭が濃い口周りは何度も重ねてのシェービングが必要です。それが1日10分とすると、1カ月では5時間を髭剃りに費やしていることになります。遅刻寸前でも髭剃りを省略することはできず、時間のロスにいらいらすることも日常茶飯事です。カミソリやシェーバーを何度もあてることでカミソリ負けしやすくなり、肌荒れや痛みにも悩むことになるでしょう。濃い髭についての悩みは、見た目だけでなく時間のロスや肉体的な苦痛も伴うため、何とかしたいと切実になるのも当然のことといえます。

どうしてこんなに髭が濃いの?髭が濃くなる原因

どうしてこんなに髭が濃いの?髭が濃くなる原因

男性の髭の濃さにはなぜこんなにも個人差があるのでしょうか。その大きな理由として、髭が濃い人は5aリダクターゼという酵素の分泌が多いことがあります。5aリダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換する酵素です。髭が濃くなってしまう直接の原因はジヒドロテストステロンなのですが、このホルモンの増減を決める鍵となっているのは5aリダクターゼであるといえます。

5aリダクターゼには1型と2型があり、2型5aリダクターゼがジヒドロテストステロンを生成するといわれています。2型5aリダクターゼは毛根の下の毛乳頭に多く存在するため、この分泌が多い人は髭や体毛が濃くなりやすいのです。さらに、2型5aリダクターゼの与える影響は髭が濃くなるだけではありません。2型5aリダクターゼが生成したジヒドロテストステロンが毛乳頭の男性ホルモン受容体に結びつくと、正常な発毛サイクルが狂い、頭髪が薄くなってしまうのです。つまり、2型5aリダクターゼの分泌が多いと、髭が濃くなるうえに薄毛になる可能性が高くなってしまうといえ ます。この5aリダクターゼの分泌量を決めるのは、遺伝的要素が大きいとされています。

5aリダクターゼの分泌量が多くなるのはなぜ?

5aリダクターゼの分泌量が多くなるのはなぜ?

青髭を解消するためには、原因を取り除いていかなければなりません。たとえば、髭の断面を太くしないためにはどうしたらよいのかを考えてみましょう。毛先が細くなるように剃ることができればそうするのが一番ですが、表面に残らないように髭を斜めにカットすることはできません。ですから、髭自体を太くしないようにする必要があります。男性ホルモンの過剰分泌を抑えるためには、不規則な生活習慣を見直すことが大事です。特に、ストレスを溜めないこと、肉食やジャンクフード中心の食生活を見直すこと、睡眠時間をしっかり取ることがポイントになります。健康のためとはいえ、過度な筋トレも男性ホルモンの過剰分泌を引き起こすのでやりすぎには注意が必要です。

誤った髭剃りで皮膚に刺激を与えることも髭を濃くする原因になります。正しい髭剃りの方法を覚えましょう。蒸しタオルで顔の皮膚を温め、毛穴を開いておくと刺激を与えずに奥まで剃れます。皮膚への刺激を少なくするために、髭剃りの際にはシェービングフォームを使うようにすることも有効です。電気シェーバーではなく、3枚刃のT字カミソリで剃るようにすると、皮膚の表面を削らずに深剃りできます。髭剃り後はしっかりシェービングフォームを洗い流し、ローションなどで保湿することも大事です。ただし、時間が経つと青髭になってしまうので、根本的な解決にはなりません。

肌の色が白いために青髭が目立っている人は、日焼けすることで一時的に青髭を目立たなくすることは可能です。髭の色が黒いので肌が褐色になればその分目立ちにくくはなります。しかし、日焼けすることはそれだけ肌トラブルの原因にもなるということを忘れてはいけません。青髭が目立つほど色白の人が急激に日焼けをすると、肌トラブルが起こり、しばらく髭剃りができなくなってしまう可能性もあります。日焼けの状態を維持するのにも限界があるので、これも根本的な青髭対策とは言えないでしょう。色白な人が、青髭対策をするのであれば、コンシーラーを使う方が手入れは楽かもしれません。根本的な青髭の解決にはなりませんが、即効性はある方法です。

根本的な解決方法としては、抑毛ローションを使って髭が生えにくい状態にする方法があります。即効性はありませんが、徐々に生えてくる毛を細く生えにくくするので、有効な方法のひとつです。もっと即効性を求めるのであれば、髭脱毛がよいでしょう。髭の永久脱毛をしてしまえば、皮膚から透けて見える髭がなくなるので青髭は根本解決できます。

5aリダクターゼを減少させることはできる?

5aリダクターゼを減少させることはできる?

5aリダクターゼの分泌量が遺伝で決まるものとはいっても、ある程度抑制することは可能です。たとえば、ミネラルの一種である亜鉛には、5aリダクターゼの働きを抑制する効果が期待できます。これはレバーやしじみ、生牡蠣などに多く含まれるミネラルです。亜鉛は体内で生成できないミネラルのため、これらの食材を積極的にとっていきましょう。それと同時に、加工食品やアルコールのとりすぎなど、体内の亜鉛を消費してしまう食生活を避けることも重要です。また、シュウ酸の多い野菜と一緒にとると、亜鉛の吸収が妨げられてしまいます。

さらに、ミカンなど柑橘類の皮に含まれるd-リモネンというファイトケミカルも、5aリダクターゼ抑制の効果を期待できます。皮の部分に多く存在するため、果肉を食べても効果はあまり期待できません。皮をジャムなどにして摂取するなら、なるべく農薬の影響しないオーガニックのものを選びましょう。d-リモネンのサプリメントも販売されています。アロエの表皮に含まれる「アロイン」という成分にも5aリダクターゼを阻害する作用が期待できます。アロインはその効能から、育毛剤にも多く配合されている成分で、医薬品としても登録されています。

また、フィナステリドという医薬成分にも5aリダクターゼのはたらきを抑制する効果があることが分かっています。フィナステリドは男性型脱毛症AGAの治療薬である「プロペシア」に配合されており、入手するには医師の処方が必要です。医薬品には副作用もあるため、使用の際はあくまで医師と相談のうえ、指導に沿って服用することが必須となります。

髭が濃いのはもう嫌だ!テストテロンの分泌量が少ないとどうなるの?

髭が濃いのはもう嫌だ!テストテロンの分泌量が少ないとどうなるの?

髭の濃さを改善するには、5aリダクターゼのはたらきを抑制することが有効です。しかし、医薬品の使用などで5aリダクターゼを過剰に抑制することにはデメリットもあります。5aリダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンを補助する大切な酵素です。そのため、5aリダクターゼを抑制しすぎるとテストステロンのはたらきに悪影響が出てしまいます。テストステロンは精巣で作られているホルモンで、骨や筋肉を増強し、精子の生成や性欲上昇といった性機能を維持しています。

それだけでなく、動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を予防するはたらきがあるため、アンチエイジング効果のあるホルモンといえるでしょう。身体面だけでなく、モチベーションや幸福感、集中力などメンタル面のコンディションも良くしてくれます。テストステロンは、男性の「若々しさ」を維持するホルモンなのです。

このようなはたらきをサポートする5aリダクターゼを抑制してテストステロン量が下がると、健全な肉体と精神を維持することができなくなってしまいます。肉体面では筋肉量の低下や太りやすさ、疲れやすさなどがあらわれるでしょう。性機能にも不調が生じ、勃起不全や性欲の低下が起こる可能性があります。精神面ではやる気の低下や憂うつな気持ちが起こり、集中力や記憶力のレベルが下がってしまいます。テストステロン分泌の減少は、男性を老けさせてしまうのです。

また、5aリダクターゼを過剰に抑制することは長期的にみると、濃い髭の原因になるジヒドロテストステロンを増加させてしまう可能性があるのです。ジヒドロテストステロンは、テストステロンよりも強力な作用を持つ男性ホルモンです。5aリダクターゼを抑制してテストステロンの量が減少すると、身体はジヒドロテストステロンへの変換を促進しようとします。より強力なヒドロテストステロンを増加させることで、テストステロンの減少を効率よく補うことができるからです。つまり、5aリダクターゼを抑制することは濃い髭改善に一定の効果が期待できますが、テストステロン量に影響するほど抑制すると、かえって逆効果の可能性があるといえます。

髭が濃いと仕事にも悪影響?驚くべき理由とは

髭が濃いと仕事にも悪影響?驚くべき理由とは

ビジネスパーソンにとってもっとも気になるのは、髭の濃さが仕事に影響することではないでしょうか。残念ながらいくつかのケースでは、仕事に悪影響が出る可能性もあります。人と対面する仕事の場合、顔の印象が暗く見えてしまい、自信がなく、覇気がないイメージを与えてしまうのです。企画書やプレゼン資料が完璧でも、担当者の雰囲気が相手に与える印象を左右することもあります。朝きちんと髭を剃っているのに午後には生えてきてしまうため、清潔感がないというイメージを抱かれることもあるでしょう。髭が生えてくると疲れた印象になり、モチベーションが低く見られることもあるかもしれません。

スキルアップなどで転職する際も、髭が濃いことがネックになるケースがあります。年齢よりも年上に見えるため「老けている」という印象を与えてしまうのです。髭が濃いとカミソリ負けしやすいので肌が荒れていることも多く、老けたイメージを増強させてしまいます。採用側にも、新しく入ってくる社員は若くてフレッシュであるというイメージがあるため、若々しく見えないことが採用に影響してしまうのです。

さらに、履歴書用の証明写真はフラッシュが強いため、より青髭が目立ってしまいます。写真の印象がよくないと書類選考の段階で不利になってしまい、面接まで進めないという可能性もあるでしょう。能力が高くしっかりとした実績があっても、外見が与えるイメージは選考に大きく影響するといえます。ビジネスシーンの多くの場で、髭が濃いことが不利にはたらいてしまうのです。

遺伝だけじゃない?髭が濃くなる行動とは

遺伝だけじゃない?髭が濃くなる行動とは

髭の濃さを左右するのは5aリダクターゼという酵素の分泌量であり、それはおもに遺伝によって決定されます。しかし、日常生活でテストステロンが必要以上に分泌されるような習慣を持っていると、濃い髭がさらに濃くなってしまう可能性が高いのです。テストステロンの分泌を誘発するような要因のひとつに、攻撃性や闘争心、競争心が強いことが挙げられます。一説には、テストステロンに骨や筋肉を増強する作用があるのは、危機に陥ったときに自分や家族を守る役割を果たすためです。テストステロンは戦いに備えるためのホルモンともいえるでしょう。闘争心や競争心など、日常的に戦いの精神状態でいると、テストステロンが分泌されやすくなってしまいます。

負荷の高い、過剰な筋トレも同じ理由でテストステロンを分泌させます。激しいウェイトトレーニングの際、ウェイトに押しつぶされてしまうような危機を感じることで、身体がそれを戦闘と勘違いしてしまうのです。また、ストレスを多く感じていることもテストステロンが過剰に分泌される要因となります。私たちの自律神経には活動モードの交感神経と、リラックスモードの副交感神経があります。長くストレスに晒されていると、このふたつのモードをうまく切り替えることができず、交感神経ばかりが優勢になってしまうのです。自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位になると、テストステロンの分泌が促されるといわれています。ストレスだけでなく、睡眠不足が続くことでも自律神経のバランスが同様に乱れてしまい、テストステロン過剰の要因になります。

また、肉の割合が多い食生活もテストステロンの分泌を促進します。テストステロンの原料は脂質に含まれるコレステロールであり、たんぱく質の摂取は分泌を促す要因です。肉を多く食べることは、テストステロンの原材料と分泌の促進作用、両方の影響を受けることになってしまいます。そして、過剰な性行為や自慰行為もテストステロンを分泌させる要因です。性的興奮を覚えると、勃起に伴ってテストステロンはどんどん上昇するという研究結果があります。その上昇は射精直前まで続き、射精をピークにして下降します。つまり日常の中で過剰に性行為や自慰行為をすると、テストステロン量を何度も 上昇させることになってしまうのです。

さらに、髭の濃さを改善しようと毛抜きなどで抜いていると、より濃くなってしまう要因となります。髭には肌を守るという役目がありますが、抜いて刺激を与えることで防衛システムがはたらき、防御を強化しようとさらに太くなって生えてくるケースがあるのです。また、毛抜きで抜くことで炎症が起き、メラニン色素の作用で肌に色素が沈着することで、ますます髭が濃く見えてしまう可能性もあります。

濃い髭をすぐに隠したい!実践できる方法とは

濃い髭をすぐに隠したい!実践できる方法とは

1日でも早く濃い髭を隠したいなら、いくつかの対策法を実践してみましょう。髭の生えているエリアに、抑毛効果を期待できるローションを塗るのもひとつの方法です。髭が濃くなるのは男性ホルモンが関連していますが、抑毛ローションには女性ホルモンであるイソフラボンが配合されているため、毛の成長を遅くし、細く、抜けやすくする効果を期待できます。イソフラボンは植物由来の成分なので、刺激が少なく肌に優しいのが特徴です。しかし、効果が出るには何カ月か使用を継続する必要があります。

もっと早く髭の濃さを隠したいなら、日焼けをするという方法もあります。顔の中で青髭が目立ってしまうのは、肌の色とのコントラストが大きいことが原因のひとつです。日焼けをして肌のトーンを小麦色にすることで、髭とのコントラストを小さくし、目立たなくさせるという効果があるでしょう。日焼けによって顔がひとまわり小さく見えるというメリットもあります。もっと即効性のあるカモフラージュ方法なら、ファンデーションやコンシーラーを塗るというものがあります。自分の肌の色にマッチしたファンデーションやコンシーラーなら、塗るだけで剃り跡の青さを隠すことができるでしょう。それだけでなく、午後にうっすらと見えてきてしまう髭もカバーしてくれるという効果もあります。触れた際に感じとれない、毛穴の中に収まる長さの髭なら、メイクで十分カバーすることができるのです。

脱毛サロンやクリニックで脱毛をする!メリットについて解説

脱毛サロンやクリニックで脱毛をする!メリットについて解説

髭が濃いという悩みを根本的に解決するなら、脱毛サロンやクリニックで施術を受けるのが効果的な方法です。レーザーや光、細い針などで毛根から毛を取り除くため、髭そのものをなくし、悩みを本質的に解決することができます。髭をなくすのではなく、自然な薄さにしたり、好みのデザインにしたりするなど、希望に合わせて脱毛できるのも大きなメリットです。脱毛クリニックであれば、医師や資格を持った専門の技術士が医療行為として施術するので、万が一、トラブルが起こっても安心です。毎日の髭の手入れも楽になり、ロスしていた時間を有意義に使うことができます。

濃い髭は何度も剃らなければならず、カミソリ負けなど肌へのダメージも深刻です。脱毛サロンやクリニックで脱毛することで、髭だけでなく肌の悩みも解決に向かうでしょう。濃い髭を脱毛すると、若々しく清潔感があるイメージになり、仕事場だけでなく女性へ与える印象も良くなります。何より、悩みが解決することで自信がつき、生き生きとした毎日を送れるようになるのは大きなメリットです。

知らないと損してしまう!脱毛にはデメリットもある

知らないと損してしまう!脱毛にはデメリットもある

髭が濃いという悩みを根本的に解決してくれるとはいえ、脱毛は毛穴にある組織を破壊するものです。脱毛にはメリットだけでなくデメリットがあることもきちんと知っておきましょう。針脱毛は毛穴に刺した針に電気を流しておこなう脱毛で、脱毛効果は恒久的で非常に高いといわれています。しかし、針を刺すため痛みが大きく、まれに電気によって火傷を起こしてしまうことがあります。クリニックで受ける針脱毛であれば麻酔を使用することができますが、脱毛サロンでは麻酔を使うことができません。

また、火傷を起こした場合にすぐ適切な処置ができるのもクリニックといえます。針脱毛を受ける際には専門のクリニックを選び、トラブル対処についてじっくりカウンセリングを受けるのが重要です。

レーザー脱毛も恒久的な脱毛効果がある方法です。針脱毛ほどではありませんが、痛みや火傷のリスクを伴います。また、まれに毛が濃くなる硬毛化や、毛が増えてしまう増毛化などのトラブルが起こります。これはレーザー照射を続けて解消できるとされていますが、トラブルが起きた場合の追加費用などについて事前の確認が必要です。光脱毛は、針脱毛やレーザー脱毛に比べて痛みや皮膚トラブルが少ない特徴があります。しかし、出力が弱いため脱毛効果は高くありません。さらに、レーザー脱毛や光脱毛は毛のメラニン色素に反応させて脱毛するため、日焼けしていたり、ホクロがあったりする箇所は脱毛できないという特徴があります。

どの脱毛方法も、毛の生え変わり周期に合わせて施術を繰り返すため、完全に脱毛するには15~20回通う必要があります。また、光脱毛は永久脱毛ではないため、その後も時間が経つと生えてくる可能性が高いでしょう。脱毛に伴う費用は6~7万円程度と高額なことも知っておきましょう。サロンやクリニックによって、1回ずつ料金がかかるものや、コース内なら何度でも施術が受けられるものなど費用設定もさまざまです。脱毛しきれない場合や皮膚トラブルの際にかかる料金など、費用については納得いくまでカウンセリングを受けることが重要です。

さらに髭が濃くなる原因に!NGなシェービング方法

さらに髭が濃くなる原因に!NGなシェービング方法

髭が濃くなる原因は、ホルモンや食生活だけではありません。毎日のシェービング方法が、髭を濃くする一因になっていることもあるのです。髭は肌を防御するために生えているものですが、髭を剃る際に肌を傷つけるような剃り方をしていると、防御を強化するため生える毛が太くなるといわれています。肌を傷つける剃り方のひとつに、いきなり逆剃りをすることがあります。逆剃りは肌表面の角質層にダメージを与えやすい剃り方です。まずは毛の流れに沿ってカミソリをあて、どうしても剃り残しがあるようなら逆剃りをするようにしましょう。カミソリを肌に当てる回数が少なくて済むよう、効率的な剃り方をするのもポイントです。

シェービング剤を使用しないと、肌とカミソリの摩擦が大きくなってしまい、肌がダメージを受けやすくなります。また、シェービング剤には髭を柔らかくする効果もあるので、省略すると剃りにくい髭になってしまい、何度もカミソリをあてることになるでしょう。さらに、いつまでも同じ刃を使い続けていると、カミソリに汚れがたまったり欠けたりしてしまいます。こういった刃で髭を剃ると肌荒れがおきやすくなり、髭が濃くなる事態につながるのです。濃い髭を改善しようと自分で髭を抜くことは、肌だけでなく、毛そのものにも強い刺激を与えることになります。これは身体により強い防御反応を引き起こす可能性が高いため、避けるべきといえます。

濃い髭を少しでも薄く!コンプレックスを克服しよう

濃い髭を少しでも薄く!コンプレックスを克服しよう

髭が濃くなってしまう理由にはさまざまなものがあります。髭の剃り方を工夫することで緩和しようとするだけでなく、抑毛効果のあるスキンケアアイテムや、シェービング剤など細かい部分を見直すことも重要です。髭の濃さを根本的に解決するなら、髭が濃くなるメカニズムを理解して対処するとよいでしょう。テストステロンを5aリダクターゼがジヒドロテストステロンに変換することが直接の原因です。5aリダクターゼはミネラルやファイトケミカルの効果である程度抑制することができます。しかし、5aリダクターゼやテストステロンは健康にとって重要なホルモンのため、過剰に減らせばいいというものではありません。テストステロンを過剰にする行動を避けるなどで、分泌のバランスを保つのが重要です。

髭が濃いという悩みを効果的に解消するなら、サロン脱毛やクリニック脱毛を検討するとよいでしょう。針やレーザー、光など脱毛には色々な方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。痛みや火傷の危険があるだけでなく、期間や費用も状況によって変わるため、事前のカウンセリングで納得いくまでの相談が必要です。濃い髭が薄くなれば、周りに与える印象がよくなるだけでなく、自分も自信を持って行動することができます。生き生きとした毎日を送るために、自分に合った方法でコンプレックスを解消していきましょう。

Share on

Share on

RANKING

ランキング

PAGE TOP