メンズ ヘアケア
  • 2018.9.14 メンズ ヘアケア

    メンズにおすすめの”髭”スタイルで人気もアップ!モテる”髭”特集!

    髭はメンズの身だしなみを整えるために、剃るのが一般的だとも言われています。しかし、手入れがされて形の整った髭は男性らしさをアピールし、女性からも人気があるでしょう。清潔感のある髭はセクシーであり、ワイルドな雰囲気を出してくれます。昔に比べ、髭を生やしても良い職業というのも増えているので、ぜひ一度自分に似合う髭スタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。今回はメンズに人気のある髭デザインの紹介と、その手入れ方法などを詳しく紹介します。

メンズのシンプルな顎髭スタイル

メンズのシンプルな顎髭スタイル

顎髭スタイルは、口周りの髭などは剃り、顎のまわりだけを中心に髭を生やしたスタイルです。初心者でも挑戦しやすいデザインであり、顔の形や特徴などに関係なく、多くの人が似合うものでしょう。髭を生やしたいと思うなら、まずはこの顎髭スタイルに挑戦するのがおすすめです。下あごの中心部分だけを伸ばすとさりげない男らしさを印象付け、顎の全域を伸ばすと男らしいワイルドな印象を出すことができます。

メンズの顎髭スタイルの手入れ方法は、口周りの髭をしっかりと剃り、頬や首周りの髭も短く剃ることが大事です。顎髭部分だけを残すことがポイントで、それ以外の髭が中途半端に残っていると、無精髭が生えているように見えてしまいます。また、唇の中心部分を基準とし、なるべく左右対称になるよう顎髭を整えましょう。しかし、左右対称を意識しすぎて剃りすぎてしまうこともあるので、注意が必要です。顎髭スタイルは程よい清潔感のある髭なので、スーツスタイルやジャケットなどにも良く合います。また、髪の毛は長髪よりも短髪が似合います。全体的に短くスッキリと見せることで、清潔感のある男らしい印象を出すことができるでしょう。

セクシーに見えるメンズの顎髭と口髭スタイル

セクシーに見えるメンズの顎髭と口髭スタイル

女性から見て、男らしくカッコイイ髭スタイルと言えば、この「顎髭と口髭スタイル」が定番かもしれません。オシャレなカフェや、アパレルショップの男性店員などが、この顎髭と口髭スタイルをしているのをよく見ます。年齢を問わず多くのメンズが似合うスタイルであり、オシャレのための髭スタイルとして、とても人気のあるデザインです。顔の形や雰囲気などを選ぶことがないスタイルですが、どちらかと言えば丸顔の人よりも、ベース型といった頬骨がしっかりと見える人におすすめです。頬骨があるメンズは普段からワイルドさがありますが、顎髭と口髭を生やすことにより、もっと男らしさをアピールすることができるでしょう。

お手入れ方法は、まず、首元や頬、もみあげの髭を目立たないようにしっかりと剃りましょう。唇の下に生えている髭は生やしても良いですが、ないほうが全体的にスッキリとして、清潔感を出すことができます。顎髭は唇の下に中心を取り、少し山になるよう軽く剃ります。そして、鼻下の髭と、顎髭の長さを同じくらいにするのがポイントです。顎髭は横に広がるデザインにしても良いですが、鼻下の髭と同じ幅にすることにより、スタイリッシュで若々しいイメージを出すことができます。

爽やかなショートコンチネンタルスタイル

爽やかなショートコンチネンタルスタイル

ショートコンチネンタルスタイルは、欧米人に比べると彫りの薄い日本人に似合う髭スタイルです。ベリーショートのメンズの髪型にもマッチし、スポーツマンのような爽やかなイメージを出したいメンズにおすすめです。ショートコンチネンタルスタイルは、髭を伸ばすというより、髭を数日伸ばしたような感じをアピールするデザインです。そのため、数日毎にしっかりと髭をトリミングする方法がおすすめです。方法としては、髭全体を一度すっきりと剃ります。その後髭が少し伸びてきたら、伸びすぎている部分を軽くトリミングし、全体のバランスを整えます。しかし、首元の髭は毎日しっかりと剃りましょう。首にある髭と顔髭の濃さを調整することにより、しっかりと清潔感を出すことができます。

ショートコンチネンタルスタイルは、髭全体がうっすらと主張しているデザインです。そのため、まずは髭を伸ばしてみたい初心者や、休日にだけ髭スタイルを楽しみたいといった方にもおすすめです。また、丸顔や卵形といった優しい顔立ちの人でも似合うでしょう。髭特有のワイルドさはそれほどないため、優しい雰囲気がありつつも、さりげない男らしさをアピールできるデザインです。

ダンディなメンズにぴったりな扇形スタイル

ダンディなメンズにぴったりな扇形スタイル

扇形スタイルは、メンズの口周りの髭と顎髭をしっかりと整え、上下の髭が扇形になっているような男らしい髭スタイルです。ダンディで男性らしさをアピールできるため、色黒に日焼けをしている方や、彫りの深い男らしい男性に似合います。若い男性が好むスタイルですが、白髭が混じった初老の男性でもダンディさをアピールできるため、年齢を問わず楽しむことができるでしょう。また、上下に扇方の髭があるため、口元の印象が強くなり、笑った時の表情を特に明るくさせてくれる効果があります。

扇形スタイルは、口髭をしっかりと伸ばし、顎髭も適度に存在感をアピールできるよう伸ばします。顎髭は、もみあげにかけて少しラインを残しておいても良いでしょう。そして、鼻下の髭の長さよりも少し長めに残し、きれいな扇形をキープできるよう整えます。長い顎髭のラインがあるほうがセクシーさをアピールできますが、短くすると若々しい印象を出すこともできるでしょう。口元の髭は、右下と左下部分を整え、左右対称の長さに整えましょう。口元を「イ」の形に伸ばし、左右にできたほうれい線を基準にカットすると手入れがしやすいです。

扇形スタイルは、首元の髭と頬の髭をしっかりと整え、顎髭と口元の髭をアピールすることがポイントです。口元と顎髭のきれいな髭のラインを強調することが大事なので、毎朝の手入れは欠かせないでしょう。

スマートに見える薄い扇形スタイル

スマートに見える薄い扇形スタイル

メンズの薄い扇形スタイルは、ショートコンチネンタルスタイルと扇形スタイルの中間にある髭デザインと言えるでしょう。ショートコンチネンタルスタイルよりは髭をアピールしたい、しかし、扇形のようなクッキリとした感じには抵抗がある、そんな人におすすめのスタイルです。扇形スタイルよりも髭の印象は薄いため、カッコよさとスマートな印象を出すことができるデザインです。扇形は色黒で彫りの深い男性の方が似合いますが、こちらは彫りが薄い色白男性でも挑戦しやすいデザインでしょう。また、伸びてきた髭を手入れすることで上手に仕上げることもできるので、髭の濃いメンズにもおすすめです。

お手入れ方法は、まず、首元や頬以外の髭を、全体的に伸ばしていきます。髭が伸びてきたと感じるようになったら、口元にある左下と右下の髭をしっかりと剃ります。こうすることで、鼻の下にある髭と、顎周りの髭の存在をアピールすることができます。そして、もみあげにつながる髭を細目に整え、顎下の髭と鼻の下にある髭の長さを同じになるよう整えます。薄い扇形スタイルはショートコンチネンタルスタイルと似ていますが、顎下と鼻下部分の髭の存在がやや強いため、ショートコンチネンタルよりもワイルドさを出すことができるでしょう。手入れがきちんとされたオシャレ感をアピールすることもできるので、女性からも人気の高い髭スタイルです。

外国人風な囲み髭スタイル

外国人風な囲み髭スタイル

メンズの囲み髭スタイルは、欧米人を中心に人気の髭スタイルです。彫りの深い欧米人は、無精髭が顔全体に生えていてもワイルドに見えるため、数日髭を剃らずに囲み髭を伸ばしても似合う人が多いでしょう。しかし、日本人の場合は髭が黒く目立ち、なおかつ彫りが浅いため、髭の主張が強くてなかなか囲み髭スタイルは似合わないことの方が多いかもしれません。しかし、目鼻立ちがクッキリしている、彫りが深いといったメンズには、ぜひ挑戦してほしい髭スタイルです。

外国人風な囲み髭スタイルは、別名無精髭スタイルとも言います。このスタイルは頬と首元の髭は剃るものの、それ以外はバランスよく伸ばしておくのがコツです。髭の長さは2~6mm程度伸ばしておくのが良いでしょう。それ以上短いと青髭が生えているイメージになりますし、逆にそれ以上長いと、髭の主張が強すぎて少し怖いような印象になってしまいます。髭剃りにトリミングコームなどをつけ、髭の全体がバランス良い長さになるよう手入れをしましょう。ある程度のコントラストをつけるために、頬と首元の髭はしっかりと剃ることが大事です。

ビジネスにも使える口髭スタイル

ビジネスにも使える口髭スタイル

口髭スタイルは、名前の通り口元の髭だけを活かすスタイルです。鼻の下にある髭だけをオシャレに伸ばすので、主張しすぎず、ビジネスシーンにおいても許容されることがあるでしょう。このスタイルなら童顔のメンズにも似合うことが多く、鼻下の存在を軽く主張することで、男らしさを演出することができます。年齢を問わず、初心者でも挑戦しやすいことから昔から人気のある髭スタイルです。

お手入れ方法は、毎日の髭剃りにおいて鼻の下の髭だけは剃らず、一定の長さを保つトリミングケアをします。頬周りの髭や顎髭は丁寧に剃るようにしましょう。ただ、鼻の下の髭だけ伸ばしておくと、そこだけが妙に主張してしまうこともあります。そんなときは薄く顎髭をプラスして残しておきましょう。こうすることでバランスが保たれ、オシャレで清潔感のある髭スタイルになります。

また、口髭スタイルは髪型にも左右されることが多いです。ベリーショートのような、爽やかなスポーツ刈りには似合わないことが多いです。ミディアムパーマのような、おしゃれな髪型に合わせるのが良いでしょう。また、口髭はメガネとの相性も良いです。顎にうっすらと髭を残すとバランスも良く、オシャレなメガネスタイルを楽しむこともできるでしょう。

与えたい印象に合わせて選んでみよう

与えたい印象に合わせて選んでみよう

髭スタイルは、伸びるまでどうなるか分からないドキドキ感があります。伸ばし始めた頃は、どうしても無精髭が生えているイメージになり、似合わないのではと不安になるメンズも多いでしょう。しかし、伸ばした髭を整えるうちに、きっと自分に合ったスタイルを見つけることができるはずです。

まずは、長期間の休みがあれば、思い切って髭を伸ばしてみましょう。髭は思った以上に自分のイメージを変え、今よりもずっと自分をオシャレに変身させてくれるアイテムです。ワイルドさを出したいときは扇形スタイルを選んでみたり、爽やかなメンズの印象を出したいときは口髭だけを整えてみたりと、与えたい印象に合わせて髭スタイルを楽しんでみましょう。

Share on

Share on

PAGE TOP