メンズ スキンケア
  • 2018.10.4 メンズ スキンケア

    ニキビ肌向けのメンズ洗顔料のおすすめ人気ランキング10選

    「子供のころからニキビがあって悩んでいる」「ニキビができやすいから対策しておきたい」など男性の方でも悩んでいる方は多いのではないでしょうか?男はスキンケアをしないなんて、今の時代通用しません。スキンケアをして綺麗な肌を手に入れることで素敵な毎日が送れるはずです。今回はニキビ対策に人気のある洗顔料をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ニキビができる原因

無意識にニキビを増やしていませんか?

「今までニキビはあまりできなかったのに最近できやすくなった」「ニキビがなかなか治らない」などと悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?ニキビと聞くと10代や20代の女性が多いと思われがちですが、実は男性は女性よりもニキビができやすいのです。ではなぜ男性は女性よりもニキビができやすいのでしょうか?そこには男性ホルモンが関係しているのです。男性ホルモンの主な働きとして、皮脂の分泌を増やす働きがあります。皮脂の分泌が増えるとニキビができやすくなります。また、女性はスキンケアをしている人が多く日頃からニキビ予防が自然とできていますが、反対に男性はスキンケアを徹底して行っている人が少なく、ニキビ予防ができていないからなのです。その他にも様々な原因があります。そこで、日常生活のどのようなことでニキビができやすくなってしまうのかについてご紹介します。

仕事もプライベートも忙しくてあまり眠れない

「仕事は忙しいけど、せっかくの休みは満喫したい!」「睡眠時間は短くても全然大丈夫!」などと思っている方も少なくないのではないでしょうか?ですが、睡眠不足はお肌の敵と言われているくらいですから、もちろんお肌にも良くないですし、ニキビもできやすくなってしまうのです。では、一体何がニキビの原因になるのでしょうか?
肌の修復をしてくれるターンオーバーが行われるのが寝ている間だけで、さらに肌の生成期間である28日間の間に睡眠不足になってしまうと、皮膚のバリア機能が弱い状態で新しい肌になってしまうことがあります。すると、ニキビ菌が繁殖しやすくなってしまうのです。また、古い角質が落ちずにそのまま肌に悪影響を与えてしまい、汚れや皮脂が詰まってニキビの原因へと繋がってしまいます。睡眠不足は体調を崩す原因にもなるので注意が必要です。さらに、睡眠の質が悪いと幸せホルモンであるセロトニンが分泌されず、それにより自律神経が乱れてストレスを感じやすくなってしまうので、お肌だけでなく、体や心にも睡眠不足は敵なのです。

コンビニご飯や外食ばかり

忙しくてコンビニやファストフードで済ませてしまう方、付き合いで外食が多いという方も多いかとは思いますが、乱れた食生活によってもニキビはできてしまいます。肌の皮膚はもちろん、体中の細胞は外的要因によって変わることもありますが、基本的には食事からつくられています。また、日頃食べている食品には保存料や着色料、農薬など様々な毒素と呼ばれる体に不要な成分が含まれており、それは体内に取り込まれています。こういった毒素は便として排出されないと毛穴から出そうとし、その結果ニキビに繋がってしまうのです。
また、毒素以外にもニキビの原因はあります。ニキビ細菌のアクネ菌は脂質を好んでいます。なので、脂質が多く含まれていることが多いコンビニ弁当や肉類ばかりを食べることでニキビができやすくなります。また、ビールや甘いお菓子に多く含まれている糖質や、揚げ物やスナック菓子などに多く含まれている油分は過剰摂取してしまうと皮脂の過剰分泌の元になってしまいます。

ストレスが溜まっている

ストレスもニキビの大きな原因の1つです。男性としては仕事が増え楽しくなったり家族ができて幸せにもなりますが、その分プレッシャーになりストレスを感じることもあるかと思います。人間は強いストレスを感じると緊張状態という自律神経の交感神経が優位な状態になります。そして緊張状態が続くと男性ホルモンのテストステロンやノルアドレナリンが分泌されます。すると、皮脂の過剰分泌が起き脂性肌になってしまったり、肌が硬くなり皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまいます。そして、皮脂が毛穴に詰まった状態が続くと汚れやばい菌が溜まっていき、ニキビになる細菌のアクネ菌やマラセチア菌が繁殖する原因にもなります。また、男性ホルモンの分泌量も通常の約10倍以上になるので、ニキビができやすくなってしまうのです。
さらにストレスは直接的にニキビの原因になるだけでなく、間接的にもニキビの原因になります。ストレスが続くとイライラしますよね。すると、睡眠不足や過度な飲酒・喫煙に繋がって結果的にニキビができることに繋がります。

毎日の髭剃りがニキビの原因に

男性の方だと髭剃りを毎朝する方、それ以上する方も多いかと思います。身だしなみとして大切な髭剃りですが実は肌に大きな負担をかけているのです。髭剃りをした後皆さんはアフターケアを行っていますか?髭剃りによって角質は削られてしまいます。すると、肌のバリア機能は低下し菌が侵入しやすくなってしまいます。その結果、ニキビができるのです。また、髭剃り後のバリア機能が低下したお肌は乾燥しやすいので、保湿をしっかりとしないと肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌してしまい、こちらもニキビの原因になってしまうのです。

紫外線もニキビの敵になる

最後に紫外線です。女性の場合だと夏になったら必ず紫外線対策をしていたり、1年中しっかりと対策している方も多いです。男性の場合だと、「焼けてた方が良い」「日焼け止めを塗るのがめんどくさい」などと思っている方も多いのではないでしょうか?ですが、紫外線を浴びることはニキビの原因になるのです。ではなぜ紫外線がニキビの原因になるのかをご紹介します。
肌は紫外線を浴びると活性酸素というものを発生させます。すると活性酸素によって皮脂が酸化し、毛穴に詰まってしまいます。その結果ニキビへと変わってしまうのです。また、活性酸素は肌のバリア機能を弱めたり、肌の水分を奪うことによりアクネ菌を繁殖させてしまったりします。男性は女性と違ってメイクをしないので、直接紫外線を浴びてしまう可能性が高いです。すると、ニキビのできている肌が紫外線を浴びてしまうことでニキビ跡がシミになる可能性があったり、ニキビが悪化してしまう可能性もあるので、ニキビができた時は特に紫外線対策をする必要があります。

男性のニキビ対策!洗顔料を選ぶおすすめのポイント

男性のニキビ対策!洗顔料を選ぶおすすめのポイント

それではニキビができた時や予防したい時皆さんは何をしますか?もちろん日常生活を見直すのも重要ですが、まずは毎日行う洗顔を見直してみませんか?洗顔料は男性用に絞ってみてもかなりたくさんの種類があります。それぞれ悩みに沿った洗顔料も豊富に出ており、もちろんニキビケア用の洗顔料もあります。そんなたくさんの洗顔料の中から、自分に合ったものを探すのは大変ですし難しいですよね?そこで自分に合った洗顔料を選ぶポイントをご紹介しますので、ぜひ洗顔料を選ぶ際の参考にしてみてください。

洗浄成分を確認する

洗浄成分を確認する

洗顔料の洗浄成分には界面活性剤が使用されています。あまり聞きなれない言葉だったり、良いイメージがない方もいるかもしれません。界面活性剤の働きとして、水と油を混ぜ合わせてくれる働きがあるため、化粧品にはよく使用されている成分になります。また、洗顔料の場合は汚れや皮脂など脂分を包むことで、水に混ざって洗い流しやすくなるという特徴があるので、とても便利な洗浄成分になります。しかし、この界面活性剤には2種類あります。石油成分の界面活性剤と天然成分の界面活性剤です。この2つの成分についてご紹介します。

・石油成分の界面活性剤
特徴は洗浄力が強いというところです。そのため、皮脂量が多くない方が使用すると肌に必要な皮脂も流してしまいます。なので、肌トラブルの原因にもなりかねないのであまりおすすめできません。ですが、皮脂量が多く通常の洗顔ではどうにもならないという方は、洗浄力が強い成分の洗顔料を使用してみるのもいいかもしれません。
表示例「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」

・天然成分の界面活性剤
こちらは石油成分の界面活性剤とは逆で、洗浄力が優しい成分です。また、優しいのはもちろんですが、肌の刺激になる添加物も含まれていないので安心して使用することができます。
表示例「石けん素地」「ラウリン酸Na」

ニキビ対策に有効な成分が含まれているもの

ニキビ対策に有効な成分が含まれているもの

洗顔料は顔の皮脂や汚れを落とすものなので、もちろん洗浄成分にもこだわりたいのですがそれだけでは物足りません。ニキビを治すには抗炎症作用のある成分が入っていた方が効果が出やすいのです。また、男性は女性に比べて男性ホルモンが多いため皮脂量も多いのですが、乾燥が理由でニキビができてしまうこともあるため保湿することも重要です。その他にも肌に合わせて、自分の足りていない成分を補うことができるので、そういった意味でも洗浄成分以外の成分をしっかりと確認する必要があります。ここでは成分とその効果についてご紹介します。

「グリチルリチン酸ジカリウム」「サリチル酸」…消炎効果
「クレイ」「酵素」…皮脂・汚れを排出
「ヒアルロン酸」「コラーゲン」…保湿効果

一般的に男性は女性よりも皮脂量が多く、市販されている洗顔料は洗浄力を重視している商品が多いので皮脂や汚れを取りすぎてしまい、ニキビの原因にもなりかねません。ここでご紹介した成分はどれもニキビの原因を防ぐために必要な成分ですので、自分の肌に合った成分を選んで洗顔料を選びましょう。

自分の肌質と相談する

自分の肌質と相談する

次に肌質についてです。洗顔料は基本的に皮脂や汚れを洗い流せ、保湿ができるものを選ぶのが良いのですが、人それぞれ肌質が異なります。人の肌質は大きく分けて4つになります。オイリー肌・混合肌・乾燥肌・敏感肌です。この4つの肌質別に洗顔料を選ぶ際の注意点を確認していきましょう。

・オイリー肌
一般的に男性は女性よりも皮脂量が多いため、オイリー肌で悩んでいる男性は少なくありません。皮脂量が多い場合毛穴詰まりが起きやすく、ニキビの原因にもなってしまいます。そのため洗浄力が高い成分を選んだ方が良いのですが、落としすぎてしまうと乾燥や皮脂の過剰分泌に繋がってしまうので注意が必要です。男性のほとんどがオイリー肌に悩んでいることもあって、男性用の洗顔料はオイリー肌用の洗浄力の強い商品が多く発売されていますが、洗浄力が強いだけでは改善できないのでしっかりと保湿できる成分を選ぶ方がおすすめです。

・混合肌
混合肌は、肌の中で皮脂量が多いオイリー肌と乾燥している乾燥肌の2種類を持っている人のことです。額や鼻などは皮脂量が多く、頬や顎は乾燥しやすい人が多いようです。混合肌の方は顔の部分によって皮脂量が変わってきてしまうため、洗顔料を選ぶことが難しいです。ですがその場合は洗浄力はしっかりとあり、保湿もしてくれる成分が良いでしょう。また、乾燥しやすい部分には洗顔後化粧水などで肌を整えるのもおすすめです。

・乾燥肌
男性の乾燥肌の場合、Uゾーンと呼ばれている顎のラインの乾燥に悩んでいる方が多いかと思います。男性は皮脂量が多くオイリー肌になりやすい一方、肌表面の角質層にある細胞は水分量が少ないため、乾燥しやすいのです。乾燥肌で悩んでいる方は、洗浄力は強すぎないもので皮脂を取りすぎないようにし、さらに保湿成分がたくさん配合されているものを選びましょう。また洗顔後に化粧水などでしっかり保湿してあげると乾燥をさらに防げます。

・敏感肌
肌が弱く、洗顔料を選ぶ時も合わないものが多くて大変な方もいますよね。そんな方は敏感肌用の洗顔料がおすすめです。市販されている洗顔料の多くは、界面活性剤や添加物が含まれています。そして敏感肌の人がそういった洗顔料を使用すると、肌への刺激になり肌荒れを起こす原因になってしまいます。その肌への刺激を防ぐためには、添加物が入っていない無添加なものや、天然成分を中心にして作られている洗顔料を選びましょう。
洗顔料で良く使用されている添加物の表示例をいくつかご紹介します。

「メチルパラベン」「プロピルパラベン」「オルトフェニルフェノール」…防腐剤
「タール系色素」…合成着色料
「アニスアルデヒド」「フェネチルアルコール」…合成香料

肌質については人それぞれ違いますし、年齢を重ねるにつれ肌質が変わってくることもあります。そのため、自分の肌質をしっかりと知り、自分の肌質にあった洗顔料を選んでいきましょう。

豊富な形状から自分の好みを見つける

豊富な形状から自分の好みを見つける

洗顔料と一言で言っても形状は固形タイプ・クリームタイプ・泡タイプ・パウダータイプと様々です。それぞれの特徴を確認していきましょう。

・固形タイプ
固形タイプは洗浄力が強いものが多いため、皮脂量の多い方にはおすすめです。泡切れや洗い上がりに関しても文句なしの仕上がりなので、さっぱりしたい方、オイリー肌の方にはおすすめです。保湿成分が配合されているものも多いのですが、つっぱり感のある洗い上がりの物が多いため乾燥肌の方は使用の際は気を付けましょう。乾燥肌の方でなくても、洗顔後の保湿ケアはしてあげる必要があります。

・クリームタイプ
このクリームタイプは洗顔料の中で最も一般的で、商品数も多いです。価格帯も低価格のものから高価格のものまで幅があります。また、固形タイプの石鹸よりも泡立てやすいのも魅力の一つです。保湿成分がしっかりと配合されている商品が多いのも人気の理由の一つですが、様々な添加物が配合されているものが多いため、敏感肌の方は使用する前に添加物についてしっかり確認をしてから使用しましょう。

・泡タイプ
プッシュすると洗顔料の必要量が泡状で出てくるので、泡立てるのが苦手な人や面倒に感じる人、また時間を節約したい人にはおすすめです。ですが、泡立っているためにそれ以上細かい泡を作るということが難しくなるので、自分で泡を作って、よりきめ細かい泡で洗いたいという方は控えた方が良いかもしれません。

・パウダータイプ
パウダータイプの洗顔料はあまり販売されておらず、見かける機会は少ないかもしれません。しかし、無駄なものが含まれていない低刺激な商品が多いのが特徴で、無添加にこだわっている商品も多数発売されています。敏感肌や混合肌でどの洗顔料を使用していいか悩んでいる方でも安心して使用することができます。しかし、パウダータイプは使い慣れるまで使用量や泡立て方などに難しさを感じる方が多く、最初は苦手意識を持つ方も多いかもしれません。また、パウダー状なので湿気の多い場所は避けて保管するようにしましょう。

使用する形状はそれぞれの好みで選べます。泡立ちやすいものや泡立てが不要なもの、持ち運びしやすいものなど様々ですので、自分がどんな状況で使用することが多いか、どんな風に使用したいかによって選びましょう。また、泡立てが苦手な方でも今は100円ショップなどで簡単に泡を作れる泡立てネットなども販売されているので、泡を作ることも楽になっています。どの形状の洗顔料が良いのか分からない方は一度タイプの異なる商品を使用してみて、自分が一番使いやすいと思ったものをしようするのが良いでしょう。

口コミや自分で試して使用感の合うものを探す

口コミや自分で試して使用感の合うものを探す

洗顔料は毎日使用しますので、使用感は自分の気に入る物の方が良いですよね?例えば泡立ちが良くないと洗顔をするのも適当になってしまい、洗顔料の効果を最大限に発揮できない可能性もあります。その他にも、洗い上がり・香りなど実際に使用してみてわかることもあるかと思います。もちろん今は実際に使用した方の口コミが多数存在するので、それを参考にするのも良いかと思います。ですが、口コミを書いている方とあなたの肌質は全く同じというわけにはいきません。洗顔料の使用感は肌質によって異なってくることもあるので、全てを信じて購入するのはやめましょう。最終的には自分に合うかどうかなので、お試しセットで試してみるのもおすすめです。

男性のニキビ対策!洗顔料のおすすめ人気ランキング10選

男性のニキビ対策!洗顔料の人気おすすめランキング10選

洗顔料がニキビを改善するために重要だということをご紹介しましたが、種類の多い男性用洗顔料。その中から自力で探し出すのは大変ですよね?そこで数ある洗顔料の中からニキビに悩む男性に人気の10商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ洗顔料選びの参考にしてみてください。

第10位メンズビオレダブルスクラブ洗顔 / 花王

  • メンズビオレダブルスクラブ洗顔 / 花王

    内容量

    130ℊ

    価格

    358円(楽天参考価格)

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    とにかく低価格でコスパの良い商品です。洗顔料を探しているけどあまり高い値段は出せないと思っている方でも安心の価格です。黒白2色のダブルスクラブですが、あまり刺激を感じないスクラブなので、スクラブが苦手な方や初めての方でも試しやすいです。黒いスクラブは毛穴汚れを吸着してくれて、白いスクラブは皮脂を洗浄してくれます。メントールを配合しているので洗い上がりはとてもサッパリします。また、泡立てネットでしっかりと泡立てるとスクラブのツブツブ感をあまり感じなくなるので、苦手な方はネットでしっかりと泡立ててから使用するのもおすすめです。香りもシトラスグリーンの香りで、サッパリ感にさらに爽やかさも出してくれます。夏など汗でべたべたしがちな季節もこの洗顔料ですっきりできます。

  • 成分

    水、グリセリン、ソルビトール、ステアリン酸、パルミチン酸、DPG、ベヘン酸、エトキシジグリコール、ミリスチン酸、水酸化K、ラウリン酸、コーンスターチ、セルロース、メントール、フルオロケイ酸(Mg・K)、(マレイン酸・ビニルアルコール)コポリマーNa、ポリクオタニウム-7、PEG-6、酸化鉄、酸化チタン、EDTA-2Na、エチドロン酸、香料

第9位武装ソープ / MEN’S SOAP BUSO

  • 武装ソープ / MEN'S SOAP BUSO

    内容量

    100ℊ

    価格

    2,808円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ネットでのみ購入できる石鹸タイプの洗顔料になります。石鹸タイプの洗顔料は泡立てるのが難しくて面倒だと思ったことはありませんか?わざわざ洗顔ネットを購入するのも手間だと思いますが、こちらの石鹸は1つ買うともれなく泡立てネットが1つおまけとしてついてくるので、購入したその日からストレス0で洗顔することができます。出来上がるまでに3ヶ月もの時間をかけて丁寧につくられた石鹸で、洗顔料に重要な保湿成分がたくさん配合されています。主成分であるフルボ酸は、有用成分は吸収しやすいような形に変えてくれ、逆に不要物は吸収されにくくし排出してくれます。また、防腐剤や着色料といった化学合成添加剤は不使用なので、添加物が心配な敏感肌の方でも安心して使用することができます。

  • 成分

    石ケン素地、水、スクロース、グリセリン、ソルビトール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、カキタンニン、チャカテキン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ハチミツ、セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、タチジャコウソウエキス、メリッサエキス、オノニスエキス、スギナエキス、セロリエキス、フキタンポポ花エキス、尿素、フルボ酸、カワラヨモギエキス、ドクダミエキス、イソプロパノール、フィチン酸、エタノール、BG

第8位オキシー ディープウォッシュ / ROHTO

  • オキシー ディープウォッシュ / ROHTO

    内容量

    130ℊ

    価格

    473円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    この商品の特徴は超極小の炭とスクラブです。炭の力で皮脂を吸着し、スクラブで毛穴の奥にある汚れや古い角質をしっかりと落としてくれて、肌をツルツルにしてくれます。洗い上がりの突っ張った感じもあまりせず、引き締め成分として「セージ葉エキス」「アルゲエキス」も配合しているので、お肌がすっきりします。また、メントールも配合されているので洗顔中や洗顔後はスーッとひんやり、皮脂でべたついていた顔もサッパリします。ゼラニウムの香りも爽やかさを出してくれるので、気持ちが良いです。毛穴汚れが気になっている方はもちろん、オイリー肌の方も満足出来る商品です。ですが、しっかりと汚れを落としてくれる商品になるので、洗い終わった後はしっかり保湿をして、お肌のケアも忘れないでくださいね。

  • 成分

    水、グリセリン、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ミリスチン酸、ステアリン酸、シリカ、ソルビトール、炭、メントール、セージ葉エキス、アルゲエキス、バンブサアルンジナセア茎、BG、ミネラルオイル、PEG-40水添ヒマシ油、EDTA-2Na、香料

第7位MEN+CARE クリーン コンフォート泡洗顔 / Dove

  • MEN+CARE クリーン コンフォート泡洗顔 / Dove

    内容量

    130㎖

    価格

    495円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    この洗顔料は泡タイプになるので泡立てる必要がありません。泡もただの泡ではなくきめの細かいしっかりとした泡なので、洗顔中消えずにしっかり残ってくれます。また、洗顔料に必要な洗浄力とマイクロモイスチャーの保湿力の両方に着目しているため、汚れや皮脂を毛穴の奥までしっかりと洗い流しながら保湿をすることが可能になっています。さっぱりと綺麗になった感覚もありながら、保湿をして肌を潤してくれているのでしっとりとしています。男性用洗顔料によくあるメントールもこちらの商品は配合していないので、メントールのスース―とした感覚が苦手な男性にもおすすめです。

  • 成分

    水、ココイルグリシンK、PG、グリセリン、ラウロアンホ酢酸Na、水酸化K、クエン酸、硝酸Mg、EDTA-2Na、BHT、メチルパラベン、プロピルパラベン、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

第6位メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ / 石澤研究所

  • メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ / 石澤研究所

    内容量

    100ℊ

    価格

    1,404円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ニキビ改善に特化している洗顔料です。キメの細かい薬用の泡で毛穴の奥までしっかり浸透し、皮脂だけでなくニキビ菌までもしっかり洗い流してくれます。ニキビができる原因は毛穴の奥に皮脂が溜まり、それを餌にニキビ菌が繁殖することで起きます。それを防ぐために薬用有効成分を使用しています。イソプロピルメチルフェノールはニキビ菌を殺菌してくれます。さらにグリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があるので炎症も防ぐことができます。また、ティーツリーの精油を使用することによって、皮脂を防ぎテカリを予防することもできるので、皮脂量が多くて困っている男性必見の商品です。無香料のため香りは成分に含まれているハーブ系の香りなので好き嫌いは別れるかもしれませんが、刺激に弱い方でも安心して使用できます。

  • 成分

    イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム、ミリスチン酸、ステアリン酸、親油型モノステアリン酸グリセリン、ラウリン酸ミリスチン酸ジエタノールアミド、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、濃グリセリン、水酸化K、BG、ソルビット液、銅クロロフィリンNa、ラウロイルグルタミン酸Na、無水エタノール、フェノキシエタノール、ラベンダー油、ローズマリー油、ユーカリ油、ティーツリーオイル、オレンジ油、シラカバエキス、クマザサエキス、チョウジエキス、ドクダミエキス、カムカムエキス

第5位Dスキン メン ワイルド&クールウォッシュ / アンファー

  • Dスキン メン ワイルド&クールウォッシュ / アンファー

    内容量

    100ℊ

    価格

    2,000円

    使用日数

    約2ヶ月

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    スカルプDシリーズで有名なアンファーからでている洗顔料になります。沖縄県の中南部でのみ採れるパワーイオンクレイを使用しており、皮脂や汚れ、菌などを高い吸着力でしっかりと吸着し、洗い流してくれます。また、100%天然成分で作られたバイオマッサージスクラブも配合しており、肌に優しいスクラブで、マッサージするとつぶれていきます。さらに、ビタミンEを配合することによって皮脂によるベタつきを防ぐことができます。泡立ちも良く洗い上がりもさっぱりとしていてオイリー肌の方でも安心して使用することができます。価格はドラッグストアで販売されているものよりも高価ですが、使用されている成分を見ると十分なほど贅沢な成分を使用しているので、満足出来る洗顔料です。

  • 成分

    水、ミリスチン酸、グリセリン、ラウリン酸、水酸化K、PEG-6、パルミチン酸、ステアリン酸、コカミドプロピルベタイン、結晶セルロース、ステアリン酸グリセリル、ココイルグルタミン酸TEA、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-2、ヒトオリゴペプチド-11、ヒトオリゴペプチド-13、加水分解レピジウムメイエニ根、メントール、海シルト、ポリクオタニウム-64、セルロース、グンジョウ、酢酸トコフェロール、ヒドロキシプロピルセルロース、ポリクオタニウム-7、マルトデキストリン、BG、ダイズ油、水添レシチン、オレイン酸Na、ラウラミドDEA、エチドロン酸、EDTA-4Na、EDTA-2Na、香料

第4位ボタニカル オイルコントロール&フェイスクレンザー / クワトロボタニコ

  • ボタニカル オイルコントロール&フェイスクレンザー / クワトロボタニコ

    内容量

    120ℊ

    価格

    1,944円

    使用日数

    約2~3ヶ月

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    オイリー肌の方に向けた洗顔料です。沖縄の海で取れた海泥「くちゃ」を配合しており、毛穴の奥の汚れや皮脂をしっかり吸着してくれます。さらに泡がきめの細かい密着泡なので、肌を傷つけずに洗ってくれます。この洗顔料はただ汚れや皮脂を落とすだけでなく、肌の水分や油分のバランスを考えてくれます。バランスを整えるために配合されているのは4種類の植物エキスです。「オウゴン根エキス」は皮脂によるテカリ・べたつきなど毛穴トラブルを解決してくれます。そのほかにも「ビルベリー葉エキス」「チャ葉エキス」「チガヤ根エキス」を配合することによって、それぞれお肌に良い働きをしてくれます。そして、7種類の果実エキスを配合することにより、肌のくすみやごわつきの原因となっている古い角質をケアし、つるつるすべすべのお肌にしてくれます。香りはベルガモット&ローズマリーの香りなので、アロマのように優しく落ち着けます。

  • 成分

    水、ミリスチン酸、グリセリン、水酸化K、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、パルミチン酸、BG、オウゴン根エキス、ビルベリー葉エキス、チガヤ根エキス、チャ葉エキス、オレンジ果汁、ライム果汁、リンゴ果実エキス、レモン果汁、グレープフルーツ果実エキス、ナツメ果実エキス、サンザシエキス、海シルト、サンゴ末、ベルガモット果実油、ローズマリー油、マンダリンオレンジ果皮油、ステアロイルグルタミン酸Na、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10/PEG-8/ポリクオタニウム-10、カルボマー

第3位マルチアクション フェースウォッシュ / アラミスラボ

  • マルチアクション フェースウォッシュ / アラミスラボ

    内容量

    100㎖

    価格

    4,104円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    忙しい男性のためにつくられた洗顔料になっています。この洗顔料で洗顔をすると、「明るく清潔な肌」「なめらかで透明感のある若々しい肌」「ヒゲを剃りやすい肌」の3つの効果を得ることのできる多機能洗顔料です。泡立ちはとても良いのでしっかりと泡立ててから使用するのが良いでしょう。スクラブ入りなので洗い流すとさっぱりしますが潤いも残るので、乾燥せずにしっかりと皮脂は取ることができます。オイリー肌の方はもちろんですが、混合肌の方や乾燥肌の方でも使用している方は多く、中には敏感肌の方も使用している方がいるので、様々な肌質にあった洗顔料になっているようです。価格は少し高い洗顔料ですが、一度試していただきたい商品です。

  • 成分

    水、ミリスチン酸、グリセリン、ベヘン酸、ココイルメチルタウリンNa、パルミチン酸、BG、水酸化K、ポリエチレン、ラウリン酸、ステアリン酸、ジステアリン酸PEG-3、ヒドロキシエチルセルロース、カプリリルグリコール、パンテノール、EDTA-2Na、アセチルグルコサミン、メントール、パンテチン、ローマカミツレ花油酢酸トコフェロール、フィトスフィンゴシン、ウルソル酸Na、ヘキシレングリコール、ハッカ油、緑201、フェノキシエタノール、デヒドロ酢酸、ソルビン酸

第2位マイルド リニューイング クレンザー / プロアクティブ

  • マイルド リニューイング クレンザー / プロアクティブ

    内容量

    120㎖

    価格

    3,456円

    使用日数

    60日

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    ニキビケアでお馴染みのプロアクティブの洗顔料です。プロアクティブと言えば、ニキビを治すことで有名ですが、みなさんも一度は聞いたことありますよね?この洗顔料には4つの特徴があります。まず、肌にやさしいソフトスクラブ入りで、古い角質はもちろん、汚れや余分な皮脂をしっかりと洗い流してくれます。また、有効成分としてサリチル酸を配合しているのでアクネ菌を殺菌してくれ、ニキビのできにくい健康的な肌へと導いてくれます。さらに、植物エキス配合でしっかりと保湿もしてくれるので、洗い上がりにつっぱる感じもありません。そして、敏感肌の方でも安心して使用できるようやさしい成分で作られているので、様々な肌タイプの方が安心して使用することができる洗顔料になっています。

  • 成分

    サリチル酸、水、ホホバ油、チャエキス(1)、アロエ液汁、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液、ポリエチレン末、セタノール、モノステアリン酸エチレングリコール、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(3E.O.)、ポリオキシエチレンセトステアリルエーテル、BG、セトステアリルアルコール、塩化ナトリウム、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルグァーガム、TEA、エデト酸二ナトリウム、香料、水酸化クロム、安息香酸ナトリウム、フェノキシエタノール、パラベン

第1位クレンジングフォーム / 資生堂メン

  • クレンジングフォーム / 資生堂メン

    内容量

    130ℊ

    価格

    2,160円

    使用日数

    楽天で購入する
    Amazonで購入する
    Yahoo!で購入する

  • 商品の特徴

    洗顔料として必要な皮脂や汚れを洗い流すだけではなく、汗や皮脂によるべたつきを抑えたり、健康的な肌には必要のない古い角層を取り除くことができる洗顔料になります。泡立ちは文句なくきめの細かい泡で、シェービングフォームとして使用しても肌あたりが柔らかくなるので肌を傷つけません。洗い上がりも皮脂が洗い流されてさっぱりしますが、保湿性も高いのでつっぱる感じもなくしっとりしたお肌が手に入ります。また、この資生堂の洗顔料は利用者が多いだけでなく、使用している方は長年愛用している方が多いというのも特徴の1つかもしれません。お値段は少し高いですが、ニキビで悩む生活から離れたい方、少しでも肌質を改善させたいと考えている方にはおすすめの洗顔料になります。

  • 成分

    グリセリン、水、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、水酸化K、PG、ラウリン酸、ステアリン酸グリセリル(SE)、ラウリルグリコール酢酸Na、ミツロウ、PEG・PPG-14・7ジメチルエーテル、ココイルメチルタウリンNa、ハッカ油、グリチルリチン酸2K、クララエキス、EDTA-3Na、アラニン、BG、EDTA-2Na、香料

男性のニキビ対策!洗顔料の使い方

男性のニキビ対策!洗顔料の使い方

皆さんは洗顔を正しくできているでしょうか?ニキビ対策をするために洗顔料を選ぶのも大切ですが、正しく洗顔をできていなければ、ニキビなど肌トラブルの原因になることもあります。そのため、正しい洗顔方法を身に着けてしっかりと洗顔をしていきましょう。また、皮脂量が多い男性の方だと1日に3回以上洗顔する方もいます。しかし、洗顔のしすぎは敏感肌や乾燥肌の原因にもなってしまいます。基本的には、朝夜の2回行ってニキビ対策をしていきましょう。

まずは手洗いから

まずは手洗いから

外から帰ってきたらまず手洗いをしますよね?なぜなら手には見えない菌がたくさん付いているからです。では菌がついたままの手で洗顔をしたらどうなるでしょうか?顔に菌が付着して、肌トラブルの原因になってしまいます。そのため、洗顔する際必ず手をしっかりと洗い、綺麗な手で洗顔をするようにしましょう。

洗顔料をしっかりと泡立てて洗う

洗顔料をしっかりと泡立てて洗う

しっかりと手を洗えたらぬるま湯で顔を濡らしてあげて洗顔料を使って洗っていきます。洗顔料を使用する際、顔を洗ううちに泡立つからと直接洗顔料を顔に付けたり、少し泡立てたらすぐに顔に付けて洗い始めたりする方がいます。ですが、洗顔料は泡が命といっても過言ではありません。洗顔料を使用して洗顔する際は、必ずしっかりと泡立てて使用しましょう。きめの細かい泡で洗うことにより、毛穴の奥にまでしっかりと泡が入り、皮脂や汚れをしっかりと洗い流してくれるので毛穴つまりを予防することができます。
洗顔をする際、どうしてもしっかり洗おうと思ってゴシゴシと強い力で洗ってしまう方もいます。ですが、実はそれは逆効果になってしまいます。強い力で洗ってしまうと、肌に必要な分の皮脂まで洗い流してしまうだけでなく、肌を傷つけてしまうこともあります。また、既にニキビができている場合は刺激によってニキビ跡になってしまうこともあるので、注意が必要です。それを防ぐためには、直接肌に手を触れないように泡で洗顔することを意識しましょう。泡を顔全体に転がしていくようなイメージで洗顔してあげると、肌も傷つけずにきれいにに顔を洗うことができます。

すすぎはしっかりと

すすぎはしっかりと

次にすすいでいきます。すすぎはお湯で泡を流せばいいと思っていませんか?実はすすぎは洗顔の中でかなり重要な作業なのです。まずお湯の温度はぬるま湯にしましょう。顔は腕などの皮膚と違い薄いため、35℃程度の、手で触ったときに少し冷たいと感じる程度の温度にしましょう。そして、しっかりと洗顔料を落としていきます。洗顔料のすすぎ残しがあると、皮脂腺や汗腺を詰まらせてしまい、そこからニキビができてしまうこともあります。なので、必ずしっかりとお湯で洗い流していきましょう。目安としては20回以上、少し多いと思うくらいすすいであげるのが理想的です。

きれいなタオルで水気をとる

きれいなタオルで水気をとる

しっかりと顔が洗えたら最後は顔を拭いていきますが、ここでも注意が必要です。まず、タオルは必ず清潔なものを使用してください。同じタオルを顔を拭くだけだからと何日も使いまわしていませんか?実は濡れているタオルは菌が繁殖しやすいので、そのままにしていると翌日使う時は雑菌だらけ。そのまま使用してしまうとせっかくきれいに洗ったのに顔にまた菌が付いてしまうことも…。それを防ぐために必ず使用するタオルは清潔なものにしましょう。
また、できるだけ柔らかいタオルを使用し、擦らずに優しく押さえるようなイメージで顔の水分をとっていきましょう。ゴシゴシと擦ってしまうと肌はデリケートなので傷ついてしまいます。そのため、柔らかいタオルで刺激をなるべく与えないように拭きましょう。

ニキビを増やさないために日常生活を変える

ニキビを増やさないために日常生活を変える

ここまで洗顔についてご紹介してきましたがいかがでしたか?次にご紹介するのは、日常でできるニキビ対策になります。この記事の最初で毎日の生活習慣によってニキビができる原因についてご紹介しました。ここでは、その原因に対する対策についてご紹介していきます。

質の良い睡眠でニキビ対策

睡眠に関して以前は22時から2時までがお肌のゴールデンタイムと呼ばれていて、その間に眠っていた方が良いと言われていました。ですが最近では、入眠してから3時間の間のノンレム睡眠と呼ばれている深い睡眠時に、お肌を助けてくれる成長ホルモンが活発になると言われているため、質の良い睡眠をとることが大切だと言われています。質の良い睡眠をとれているかどうかはなかなか自分で判断するのは難しいですが、これからご紹介することをやっていくと、目覚めも変わると思うのでぜひ実践してみてください。また、睡眠時間は最低7時間程度とるのが理想的なので、心がけてみてください。

・お風呂で温まる
38~40℃程度の湯船に20分程度入って温まると、活発だった交感神経は静かになり、代わりにリラックス作用のある副交感神経が働きます。すると、リラックス効果もありスムーズに眠ることができるので、質の高い睡眠をとることができます。仕事などで忙しいかもしれませんが、シャワーだけで済ませずにしっかりと温まりましょう。

・部屋は暗くし無音にする
質の良い睡眠をとるためには脳内を睡眠モードにすることが必要なのですが、明るかったり周りで音がしているとうまく切り替えることができなくなってしまいます。その結果浅い睡眠になってしまい、疲れが取れなくなってしまうこともあるので眠るときは部屋を真っ暗にし、無音にして寝ましょう。

・寝る直前にスマホやテレビを見ない
最近ではブルーライトという言葉を良く聞くようになったかと思います。では、ブルーライトを夜見てしまうと何がいけないのでしょうか?実はブルーライトの光は脳に覚醒作用を起こし興奮させてしまうのです。さらに夢中になってしまうと夜更かしになってしまい、睡眠不足になってしまうこともあります。質の良い睡眠をとるためには、眠る前にスマホやテレビなどを見ないようにしましょう。

・寝具やシーツを清潔にする
直接睡眠には関わらないのですが、寝具やシーツが汚れているとダニや菌が繁殖してしまい、そこに顔が触れることでニキビの原因になることがあります。それを防ぐためにはしっかりと寝具やシーツを洗濯し、清潔に保つ必要があります。また、干した後のお布団や枕はふかふかで気持ちが良いですよね?それによって気持ちも落ち着き寝やすくもなります。

バランスのとれた食生活でニキビ対策

食生活を改善させると聞いても、どんなものを食べたらいいのか分かりませんよね?ニキビや肌に良い食べ物をご紹介します。

・ビタミンを摂る
ビタミンを摂るのは肌に良いとよく聞きませんか?実はビタミンは肌荒れを防止するだけではなく、皮脂の過剰分泌も抑えることができるのです。すると、ニキビの原因になっている男性ホルモンのバランスを整えてくれるので、ニキビ予防に効果的な成分なのです。また、ビタミンの種類ごとに効果が変わってくるので、それぞれの作用をご紹介します。
 ・ビタミンA…抗菌化作用、ターンオーバー促進、毛穴詰まり解消
        よく含まれている食品:人参、ほうれん草、かぼちゃ、レバー、うなぎなど
 ・ビタミンB…皮脂分泌抑制、新陳代謝促進、肌修復
        よく含まれている食品:卵、乳製品、レバー、まぐろ、鶏のささみ、納豆、さつまいもなど

 ・ビタミンC…肌バリア機能生成、抗炎症作用、抗酸化作用、コラーゲン生成、ストレスを和らげる
        よく含まれている食品:緑黄色野菜、キウイ、イチゴ、オレンジなど
 ・ビタミンE…抗酸化作用、ビタミンCをサポート
        よく含まれている食品:うなぎ、かつお、イクラ、アーモンドなど
 ※特にビタミンEはビタミンCをサポートする効果があるので、ビタミンCを摂る際ビタミンEを一緒に取ってあげると効果的です。

・亜鉛を摂る
 亜鉛は新陳代謝を促進してくれて、活性酸素を除去することもできます。ですが、お肉など脂質の多いものに亜鉛が含まれていることが多いので、脂質の摂りすぎに気を付けながら摂取していきましょう。
 よく含まれている食品:牡蠣、牛肉、豚レバーなど

・タンパク質を摂る
 私たちの体の皮膚・筋肉・骨・髪の毛などを構成しており、私たちの体にはなくてはならない非常に重要な成分です。そのため肌のターンオーバーにも大切な成分なのです。
 よく含まれている食品:肉類、魚類、乳製品、大豆製品、卵など

・ミネラルを摂る
 ミネラルにはホルモンバランスを整える、ターンオーバー促進の効果があります。ホルモンバランスを整えることにより、皮脂の過剰分泌も改善されることがあるのでしっかりと摂取していきましょう。
 よく含まれている食品:乳製品、昆布、カシューナッツなど

ニキビに良い食べ物をご紹介しましたが、大切なのはどれか1種類だけを食べるのではなく、どの成分も摂れるように均等に摂取する必要があるということです。また、腸内環境を整えることもニキビ改善には重要なことでなので、しっかりと腸内環境を整えていきましょう。また、油分の多いものやお菓子類はできるだけ控えるようにしましょう。

ストレス解消でニキビ対策

ストレスを解消させるには様々な方法があります。基本的には自分がした時に「楽しい」「落ち着く」と思えるものなら何でも大丈夫です。映画鑑賞やライブに出かけたり、釣りをしたりと自分の趣味に集中することもストレス解消になります。また、有酸素運動はリラックス状態にしてくれますし、運動不足の解消にもなるので、おすすめです。寝る前の軽いストレッチだけでも十分です。
様々な解消法で気持ちをリフレッシュさせると、ストレスだと感じていたこともストレスだと思わなくなったり忘れることができるので、自分の心のためにもぜひストレスは取り除いてあげましょう。

正しい髭剃りでニキビ対策

髭剃りでもニキビの対策をすることはできます。髭を剃る前に必ず確認したいのが、剃り刃が傷んでいないかどうかです。傷んでいる場合は新しい刃に変えて剃っていきましょう。傷んでいる刃で髭を剃っていると、肌を傷つける原因になりニキビだけでなく様々な肌トラブルのに繋がります。また、髭を柔らかくして剃りやすくすることでダメージが減るので、入浴時や入浴後に沿ってあげるのがおすすめです。朝剃る場合は蒸しタオルなどでしっかり柔らかくしてあげましょう。
髭を剃っていく際シェービングフォームを使用するかとは思いますが、ニキビができている場合は必ずジェルタイプのシェービングフォームを使用していきましょう。そして、髭剃りは逆剃りの方がしっかりと剃れるので逆剃りしてしまう方が多いかと思いますが、それは肌へかなりの負担になってしまいます。そのため、髭を剃る際は必ず毛の流れに沿って剃っていき、どうしても気になる部分だけ逆剃りをするようにしましょう。

紫外線を防いでニキビ対策

紫外線対策には様々な種類のものがあります。毎日するのはめんどくさいと思う方も多いかとは思いますが、出来るだけ外出する際は日焼け対策を行うと良いでしょう。
それでも面倒な方は、紫外線が特に強い日や外で長時間遊ぶ日など、紫外線の影響を受けやすい時だけでも対策してあげるといいです。

・日焼け止め
 日焼け止めにはたくさんの種類のものがあります。物によっては落とす際にクレンジングが必要なものもあります。男性が使用する場合は、クレンジングが不要なものを使用すると時間短縮にもなるのでおすすめです。

・UVカット効果のあるサングラスや帽子を身に着ける
 紫外線対策で毎日日焼け止めを塗るのがめんどくさいという方におすすめなのが、UVカット効果のあるサングラスや帽子です。全身を防ぐのは難しいですが、外に買い物に行きたい時や、外を移動することが多い日などにはおすすめのアイテムです。男性用の商品もたくさん発売されているので、ぜひ利用してみてください。

・ビタミンCを摂取する
 ビタミンCのは抗酸化作用があります。紫外線を浴びると活性酸素が増え老化の原因にもなるのですが、抗酸化作用があるビタミンCを摂取すると、活性酸素を除去してくれるので紫外線対策に繋がります。

・飲む日焼け止めサプリ
 現在日焼け止めは塗るタイプだけでなく、飲んで体内から対策するサプリタイプの物もあります。効果もしっかりとあるようなので、塗るのが面倒な方にもおすすめです。また、しっかりと紫外線対策をしたいと思っている方は、塗るタイプと飲むタイプ両方を使用するのがおすすめです。

まとめ

まとめ

今回は男性のニキビに効く洗顔料をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

大事なポイントは
・悩みや肌質に合った洗顔料を使用する
・洗顔をする際は強い力で洗わずに、優しく泡を転がすようにして洗う
・生活習慣の見直しをしてみる
ということです。

自分に合った洗顔料を探すことは簡単ではないかもしれませんが、ニキビ顔とは早くお別れしたいですよね?ランキングを参考に自分に合った素敵な洗顔料を探して、素敵な毎日を過ごしませんか?

Share on

Share on

RANKING

ランキング

PAGE TOP